No Room For Squares !

レンズ越しに見えるもの または 見えざるもの

ひこうき雲

2019-10-21 | 街:秋田
ラグビーW杯。予選リーグを無敗で突破した日本代表が、南アフリカの前に力尽きる。日本中を熱狂の渦に巻き込んでくれたことに感謝する。この期間、僕も実に沢山のビールを飲んだ。ちょっと人にいえない位の量を飲んだけど、良しとしよう。

さて、写真だけど、これは「ひこうき雲」です。見つければ脊髄反射で撮っている。特にテーマはない。澄み渡る秋の空、見上げればそこに、ひこうき雲。それだけだ。


LEICA M MONOCHROME(CCD) / ELMAR M24mm F3.8 ASPH
コメント

喜多方ファイナルはモノクロームで

2019-10-20 | 街:福島






喜多方三部作の最後。ブルー、レッドときて、最終回はモノクローム。だまし討ちのようであり、予想されたパターンのようでもある。しとしと雨が降り続け、濡れた喜多方の町は一層美しさを増す。でもこれから来る台風のことを考え、自宅へと急がなければならない。喜多方滞在時間は、およそ30分。無念である。ちなみに雨に濡れても今回のカメラとレンズは防塵防滴対応。そのまま撮影を続けても全く平気そうである。むしろズボンと靴下が濡れた僕の方が根を上げるかもしれない。などとと思いつつ、その先の道路が災害になる危険性も考え撤退なのである。さらば喜多方。

X-PRO2 / XF23mm F2.0R WR

コメント (2)

喜多方レッド

2019-10-19 | 街:福島





台風から逃げるように、会津東山から自宅へ帰る。その途中に少しだけ立ち寄った喜多方の町。前回は喜多方で見つけた「ブルー」なもの。続いて今回は、「レッド」だ。このあとイエロー、グリーン、ピンクと続けば、喜多方ゴレンジャーみたいで楽しいが、次回が最終回。さて次回の色は?

X-PRO2 / XF23mm F2,0R WR
コメント

枯れ尽きた花に陽があたる

2019-10-18 | 風景・自然



紫陽花が枯れている。「枯れ尽きた」という表現がしっくりくる。緑の葉は、まだ瑞々しく見える。幾つかの花びらは鮮やかな色を留めている。それでも、この完膚なき枯れ方は見事だと思う。動物と植物の違いはあれど、生命として尊敬する。


 X-PRO2 / XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS

コメント (2)

喜多方ブルー

2019-10-17 | 街:福島






土曜日の朝、会津東山の旅館を出る時点では小雨状態で、風も吹いていなかった。とはいえ、天候が悪化してくることは明白で、早めに帰宅しなければならない事情もあった。僕は会津若松の町が好きで、そこを散策して写真を撮ることを楽しみにしていた。泣く泣く断念して、帰路へついた。途中、喜多方の町に少しだけ立ち寄った。昼食にも早すぎる時間で(喜多方ラーメン、食べたかった)、ほんの短時間歩いただけだ。その僅かな時間の写真を3回に分けて掲載する。今回のテーマは「ブルー」。喜多方の町で見かけた青いものたち。喜多方ブルーは褪せた感じが素敵だ。時間がなく、条件が悪いと、町は余計に魅力的に見えるから厄介である。

X-PRO2 / XF23mm F2.0R WR


コメント (2)