植物によるがん治療のお手伝い 聡哲鍼灸院日記

植物で心身を癒す施術の日々。そこから感じたこと、学んだことなど。。。

悪性リンパ腫の治療

2009年10月30日 23時19分54秒 | 癌治療・緩和ケア
 夜、西所沢在住のT細胞性悪性リンパ腫の方を往診した。

 前回来院されてびわの葉温灸を施したところ、帰りに立ち寄ったファミレスでは、食事がおいしく摂れたとのことだった。

 それまで放射線治療のために唾液が出なくなっていて、食事が辛かったのに医師からもしょうがないと言われていたそうだけれども、びわの葉温灸をしてから唾液がでるようになったらしい。好物のおせんべいもぽりぽり食べれているとか。

 良かったですね。

 そのあとに、「びわの葉温灸のお蔭ですね。ありがとうございます」と言って頂けると、もっと良いことが起きていくと思いますよ^^ かぜさんから心の使い方を教えて頂いているので、そんなことを思いました。
コメント

11/7,8 かぜさんお話会の個別相談について

2009年10月30日 16時01分09秒 | かぜさんのお話会
 11月7日、8日に予定しているかぜさんのお話会ですが、今回、個別相談の時間を設ける旨、ご案内しました。

 この個別相談は、かぜさんと1対1で話せる機会ではありますけれども、個室ではなく、ブースを仕切った空間でもなく、まわりに大勢の方がいらっしゃる場での相談となります。

 プライベートなことでほかの人には聞いてほしくない相談などはちょっと難しいと思いますので予めご了承ください。

 説明不足がありましたならばご容赦ください。
コメント

11/8 お話会のキャンセル出ました。

2009年10月30日 15時55分44秒 | 癌・病気の意味
先にご案内している11月7日、8日のかぜさんのお話会ですが、8日(日)午後1時~3時の会(第3回)で3人キャンセルが出ました。

参加ご希望の方はどうぞお申し出ください。

なお現在、7日(土)午後5時~7時の第二回は4人、8日同時間の第四回は7人の空きがあります。奮ってご参加ください。
コメント (1)

9 to 9

2009年10月29日 00時07分26秒 | 癌治療・緩和ケア
今日は、今までで一番患者さんが多い日。朝9時から夜9時半まで。途中、昼ご飯は食べられたけど夕食はなし。さすがに疲れる。明日が休みで良かった。

最近思うのはやっぱり僕は気持ちを楽にしてあげたい、ということ。一時期、メンタル面のカウンセリングのようなことはきちんと学んでいないし、責任を持ちきれないと思って、治療以外の面はあまり踏み込まないようにしたけど、それは違うかなあと思っている。

聞き方を学びに、また鈴木秀子先生のところに行こう。
コメント (4)

お話会から変わった患者さん

2009年10月21日 19時44分48秒 | かぜさんのお話会
患者さんのKさんは、福岡のかぜさんのお話を今年の6月末に聞いてから変わりました。
膵臓がんの抗がん剤治療に苦しんでいて、痛み止めも飲んでいたのに、いまは抗がん剤をやめ、痛み止めも飲んでいません。
彼の日記をご紹介します。

いま、病にある人が、気持ちを変えるだけで変わっていくのです。
以下、Kさんの日記です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


かぜさんと初めてお会いしたのは今年の6月末。

そうてつ先生のご紹介が縁だった。

その当時は抗がん剤の副作用で、まともに食事も取れない状態でした。

そんな状態で参加したお話会。

自己紹介をすると、突然苦しみだし、「何で僕がガンなんて言われなきゃならないんだ」と僕が飲み込んだ言葉を話されます。

その後も僕の心を軽くする言葉を沢山下さいました。

その日、家に帰り、一眠りして起きると、無性にお腹が空いていて、久しぶりにしっかりご飯が食べられました。
この日以来、抗がん剤をしても食欲がなくなる事はありません。

それからもお話会への参加や、個別にお電話させていただく事が続きます。

特に痛みが出始めたこの1ヶ月は、深夜にも関わらず、何時間もお電話で話をしてくださったり、痛みがある時は親身になって、痛みがなくなる様に心配りをしてくださったり。

そのおかげで、何度痛みがなくなったかわかりません。

わずか数回あっただけの人に、こんな事ができるでしょうか?

かぜさんは何時も関わる人に、責任と愛を持っていらっしゃいます。

適当な事は決して言わないし、本当に重要な選択の時は、決して結論を押し付けない。
でも、正しい選択が出来た時は、全力で支えてくれます。

僕達夫婦は、かぜさんと出会えた事で、いろんな事を学び、心が豊かになり、病院と病気に囚われていた頃とは比べ物にならないくらい、良い人生を歩めています。

かぜさん、ありがとうございます。

そして、これからも宜しくお願いします。
コメント

名古屋でのかぜさんのお話会

2009年10月20日 08時15分57秒 | かぜさんのお話会
 先日、目黒でかぜさんのお話会二日目がありました。その会に参加された名古屋から来られたご夫婦が、地元名古屋でもかぜさんをお呼びしてお話会を開きたいと考えていらっしゃいます。

 ご主人さんが日記に書かれた、その思いをお伝えします。もし、名古屋方面でかぜさんのお話会をしてほしい方がいらっしゃいましたら、どうぞ僕にご連絡ください。そのご夫婦へお繋ぎいたしますので、どうぞ協力されて、ぜひ名古屋でのかぜさんお話会を実現して頂きたいと思います。

聡哲へのメール: soutetsu☆yhc.att.ne.jp(☆を@に変換してお送りください。スパム防止のため)

以下、あずきさんご主人「タヌキの舞い」さんの日記です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以下のメッセージは先日のお話し会に参加した主人がかぜさんに名古屋でもお話し会を開催して頂けたらとの思いのメッセージです。
ひとりでも多くの方にこの想いを届けたくて書き込みました。
主人と同じような想いの方がほかにも居るのではとの想いからです。


                                   

 『私は風さんのパワーを未だ理解していません、でも理解はしていないが否定をするものではありません。私に理解力が無いから理解が出来ないのでしょう。

 しかし、風さんがやろうとしてる事は理解出来ます。ですから理解していない私が何が出来るかを考えた場合は行動力でしかありません。

 私は思います。 風さんのパワーを100%かそれ以上に引き出すのは風さん一人では無理だと思います。風さんのパワーを遺憾なく発揮させるには私や私達と言えば良いかな?行動力、風さんを後押しをするパワーが必要ではないか、風さんにおんぶに抱っこでは風の持つパワーは半減する事でしょう。

 私のような健康な人間が今ここで行動力と言うパワーを出して風さんを支援すれば風さんの持つパワーは倍増する事と思います。すでに女房から風さん宛てにメールが行ったと思いますが是非とも名古屋にも来て頂けたらと思います。

 私に風さんの言うパワーがあるのか無いのか分かりませんが行動力と言うパワーはあると思います。大したパワーじゃないですが(汗)風さんがやろうとしている事の支援をさせて頂けばと思います。皆で支え合い皆でより良い生活が出来るようにするには風さん一人のパワーだけではなく皆の持つそれぞれのパワーが必要であると思います。』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 実はタヌキの舞いさんは、当初参加されることを躊躇されていたそうです。それはなんか怪しいんじゃないか、と(笑)。
 タヌキの舞いさんは生産現場にいらして、毎日が厳しい現実の世界にいらっしゃいます。そんな世界にいらっしゃるので「鉄鋼クレーンのワイヤが切れて大惨事になるときに、心で祈ればワイヤが元通りになるのか?」といった挑発的な質問をなさいました。
 この、あえて挑発的な意見を言った時に、かぜさんが怒らないで淡々と押し付けがましくなくお応えするところを見聞きされてでしょうか、かぜさんを信用されて、このような力強いサポーターになってくださいました。

 僕はとっても嬉しいです。かぜさんの話をみんなに聞いて頂きたい!という方が現れて。
 これからも各地で、新潟で、広島で、お話会をしたいという方現れて、ぞくぞくと会が開催されていくことを望んでいます。


コメント

かぜさんお話し会の感想

2009年10月17日 23時15分00秒 | かぜさんのお話会
先日の連休中に行われた、第3回目のかぜさんのお話会に参加された方からのメールが届きました。会の様子がお分かりいただけると思います。Oさん、掲載のご許可をありがとうございました。

---------------------------------------------------------------

そうてつ様

Oです。
先日は、かぜさんのお話会に参加させていただき
本当にありがとうございました。とても素敵な会でした。
大変お忙しい中、お手配等大変でしたでしょう。
心より御礼申し上げます。

夫は、参加前、同じ姿勢を長時間していることで尾てい骨が痛くなることを
心配しておりました。(家で寝ているときや、座っているときに
同じ姿勢がある程度続くと必ずひどい痛みが出るのです。)

しかも、家を出る数時間前まで39度の熱があり、
参加できるのか微妙な様子でした。

しかし、驚いたことに、長時間参加したにもかかわらず痛みは出ませんでした。
(お布団を貸していただいたこともあると思いますが、
いつもでしたらあんなに長い時間じっとしていられないと思います。
また、お食事の時に痛みなく座っていられて本人はびっくりしていました。)

それらは、かぜさんの持つ不思議な力のおかげなのでしょうね。

帰宅後、夫は久々に眠剤を飲むことなく、ぐっすりと寝ることができました。
そして、朝には汗をたくさんかいて、熱が下がっていました。
(今まで、熱が出ても、そんなに汗をかけず、熱が下がりにくかったのです。)

私もかぜさんのおかげで、考え方を変えることができ、
とても清々しい気持ち、身体が軽くなりました。

まだまだ、不安定で眠れなくなったり、熱や痛みが出たりしていますが、
先日の会での教えていただいたことを思い出して、考え方を切り替えていこうと思います。
話すことで心をほぐし、病気になった原因を取り除いていきたいと思います。
(昨晩話していて、実際には私の予想以上に深く重い思いがあることが
わかりましたので。。。)

お礼が遅くなりまして申し訳ありません。
本当に、ありがとうございました。

また次月も参加させていただけると嬉しいです。
そのときは、お布団なしでもきっと大丈夫!と夫は申しておりました。

                       
M.O
コメント

09/10/13 シルバーバーチの霊訓 読書会ご案内

2009年10月06日 07時46分00秒 | 守護霊、前世、過去世、スピリット
自由が丘でシルバーバーチの読書会を開催しています。

 『シルバーバーチの霊訓』やスピリチュアリズムのことなど語りあいたい、聞いてみたい、というかたはどうぞ奮ってご参加ください。

【日時】2009年10月13日(火)18:00~20:00
   
【場所】読書空間みかも
    東京都世田谷区奥沢2ー33ー2
    TEL 03-3718ー2011
    (自由が丘の駅から歩いて8分くらいです。 南口改札口を出て前の道を左にまっすぐ進み、東急ストアを左に見ながら突き当りまで歩きます。突き当たりのT字路を右に曲がり(この道を「自由通り」といいます)、坂を上がって行きますと信号があり、そこの角が奥沢幼稚園・教会です。 奥沢幼稚園・教会の横の道を入っていくと突き当たりの古民家が読書空間みかもです)
  

【参加費】500円

【持参するもの】筆記用具
        シルバーバーチに関連する本 、できれば「霊訓1巻」
 *シルバーバーチ関連本は多岐にわたります。「これを皆で読みたい!」というお勧めの本があれば、どうぞご持参ください。

【定員】10名 くらい  (今のところ、4名参加予定です。)

【募集期限】定員になり次第、締め切らせて頂きます。

【参加希望の方】下記のコメント欄に参加希望の表明と、読みたい本の名前をお書きください。お願いいたします。
コメント

キャンセル出ました

2009年10月04日 10時12分41秒 | かぜさんのお話会
かぜさんのお話会でキャンセルが2名出ました。

10月12日(月祝)目黒さつき会館での、午後1時からの回です。

参加希望の方は、どうぞコメントを入れてください。

→お二人の参加申し込みをありがとうございました。

 定員となりましたので、閉め切らせて頂きます。

 かぜさんのお話会は11月7日、8日にも予定しておりますので、今回、ご参加できなかった方はどうぞ次回に奮ってご参加くださいませ。
コメント (4)

家族の心構え、患者の心構え

2009年10月04日 07時00分58秒 | かぜさんのお話会
かぜさんの日記を読んでいて、参考になると思ったので、UPしました。

心はエネルギーだから、家族の心配や不安、自己否定の気持ちが患者さんの痛みに繋がっており、また、患者さん本人が自分に痛みや症状があっても、家族への思いやりをもつことで、自分の身体が楽になるとか。

家族の方、患者さん本人に参考になるのではないでしょうか?

以下、かぜさんの日記です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


昨日も、すーべるぴっぽさん夫妻から電話したい

深夜1時半、電話に出ると胸が苦しく呼吸も困難で、身体は肋骨周辺が酷い激痛に襲われます。

この激痛は、彼が抱えている心の問題を教えるチカラなのですから、
最初はうめき声意外には、話す言葉の欠片を出すことも不可能です。
その状態から、どんな心がこの激しい痛みの原因、胸の痞えの原因なのかを探していくわけです。

この探すという行為は、ただ感覚で受け取るのみなのです。
人間には知覚というものがある訳ですから、それをフルに活かすといった感じです。

さっき、書き上げた記事が消えたので、部分的にアップしつつ書いていきますね。

胸の苦しさは
「『わからない、わからない、どうしたらいいのか分からない』そういう心があるようですよ」
伝えると
「妻が今日は一日、そうだったみたいです」

そうなんですね、妻が持っている心も夫の苦しさの原因になる訳です。
こんな子とは、ほぼ誰の知識にも無いと思います。
夫自身は、自分の身体の苦しさを持って、妻の心の痛みを知る。
「そんなに痛まなくてもいいよ」と言ってあげられればいいのですが

つい、自分を病人にしたままだと、病気の症状の所為だと錯覚してしまいますから、相手の心を解きほぐすことなど忘れてしまうのですね。

このことから考察すると
患者さん自身も、自分を患者にしたままにしないこと
自分の心の痛みにばかりはまらないことが大切ですね。家族も自分がどうすればいいか分からない心の痛みを持っていることを知り、支える心も必要になってくるわけですね。
決して 自分一人を悲劇の主人公にしてしまわないことが大切なんですね。

家族の心に安心を与えようとする、思いやりの心は自分の身体を楽にもするわけです。

心はエネルギーであり、人と人の間に、心は行き交っているわけですから
相手の心を軽くする思いやりの行動が出来ることで、自ずと自分の身体が楽になるわけです。

様々なことを午前三時近くまで、電話しているうちに、彼は楽になられました。

でもでも、今日のこにたんさんの日記を読むと、また朝ご主人はきつかったそうです。

実は そうなることは判っていました。
何故かと言うと、最後は充電器に繋がっているのに、電話はイキナリ通話不能になりました。
楽になる言葉を言って差し上げてから 電話を切ろうとしたのですが
その言葉を言う前に、電話は通話不能になりました。

なぜ通話が不能になったのか
何度も、電源を入れようとしても入らない

そんなままに通話が終わったので、なにかしら心に残る物がある
自分で充分な報恩の心になっていなかったことを、自分を最低だと思われた。
それでは、身体はきつくなってしまいます。

もしも、自分のダメな所を気付いたとして
ダメな所に気づけたことを、良かったこととして、ありがとうの心に出来ることが大切です。

自分のダメな所を見る、気付く時
心をムダに落ち込ませたままではいけません、決して身体によくはないのです。
気付かないままより 気付けたことが良かったことなのです。

気付くことで、変わって行き易くなるのです。

自分をダメだと落ち込んだままの心も、実は自己中な心なのですよ。

(以上、かぜさんのミクシー日記(2009/10/4)より)

かぜさんのブログ こころころころ風吹くままに
かぜさんのサイト 風のつぶやき 心と身体の事を体験学習したHP
コメント