植物によるがん治療のお手伝い 聡哲鍼灸院日記

植物で心身を癒す施術の日々。そこから感じたこと、学んだことなど。。。

ヨガ&ヒプノセラピーワーク やりました

2015年03月11日 19時22分00秒 | 癌を癒す心の勉強会&ヨガヒプノセラピー

 昨日、近所の熊野神社脇の住区センターでがん患者さんのためのヨガ&ヒプノセラピーワークを初めて開きました。参加者は2名でした。

 

 はじめ講師の宇野真奈さん、参加者の方の自己紹介があり、そのままゆるゆるヨガに入っていきました。ヨガと言ってもきついポーズをとるものではなくて、呼吸法と合わせたストレッチという感じでした。「気持ちよく伸ばせた~」と参加者の方も言っていました。そんな軽いヨガでも僕にとってはピキッという感じではありましたが(笑・汗)

 

 1時間くらいヨガをしてからそのまま仰向けに寝転がってヒプノセラピーへ。宇野さんが語りで誘導してくれます。僕は完全に寝てしまいました。すみません しかし参加されたSさんは「始めは暗い空間しか思い浮かべられなかったのだけれども、あとから明るい場所に変わった」など初めてのつかみとしてはいい感じだったようです(^^♪。

 

 畳の部屋で気持ちいい空間でした。ただこの日は始めは晴れていたのに寒冷前線の通過があって急に冷え込んだりしました。エアコンをしても下の方は温かい空気が降りてこないのでヒプノセラピー時にはブランケットが必要でした。幸い用意していたから良かったですが、気持ちよく過ごすには用意がかかせませんね。

 

 12時には終わりまして、近くのT’sレストランで食事をして帰りました。参加者Nさんが前に習っていたジャズダンスの先生と宇野さんが友達だった、などとまたまた繋がっていることが判明したりして、仲間の輪が広がってうれしいことです(^^♪

 

 この企画は月一回ペースでやっていこうと思っています。次回は4月7日(火)午前9時45分から同じ場所で行います。またご案内いたします。

  宇野真奈先生のブログ

コメント

病気を治したいときの祈り方

2013年11月10日 09時57分42秒 | 癌を癒す心の勉強会&ヨガヒプノセラピー

 友人であり僕のカウンセリングの師匠でもあるす~ちゃんこと白鳥澄江さんがブログで「祈り」についてとても為になることを書かれています。

 

 ご自身やご家族、あるいは友人、知人の病気を治したいと祈る時、どうすればその祈りが通じるか?

 自身の難病も癒し、ずっと祈り続けて来られた方の体験から出る言葉はとっても貴重であり、私たちにたくさんのことを気付かせてくれます。

 

 ぜひ、ご覧ください。

 シャーマン流 祈りのコツ1

 シャーマン流 祈りのコツ2 「願いと祈りの違い」

 シャーマン流 祈りのコツ3 「ネガティブを横におく」

 生と死の祈り

コメント

2013/5/8 癌を持っている患者さんとご家族のための「がんを癒す心の使い方」勉強会 第7回

2013年05月05日 00時25分56秒 | 癌を癒す心の勉強会&ヨガヒプノセラピー

癌を持っている患者さんとご家族のための「癌を癒す心の使い方」勉強会

昨年の11月から当院に通われているがん患者さんとご家族のために、「癌を癒す心の使い方」の勉強会をしています。七回目のご案内です。

 

講師の白鳥澄江さんがご自身のブログでUPされた記事をもって紹介させて頂きます。

 

 昨日は毎月恒例で講師をさせてもらっている聡哲鍼灸院主催の癌を持っている患者さんとご家族のための「癌を癒す心の使い方」勉強会でした。正味2時間弱の勉強会なんだけど、毎回ゆるゆると全力投球です。・・・・って、どっちなんだって感じだけど(笑)。参加してくださったみなさま、ありがとうございました。

 この勉強会はこれまで小規模で開催していたのですが、3月からはどなたでもご参加いただける形になりました。
 わたしや主催者の聡哲さんが大切にしているのは、たんに知識を伝えるのではなく、勉強会という「場」そのものが機能することです。共感や受容、シェアや質問など、参加者どうしがそれぞれの話を聴く、聴いてもらうプロセスを通して、ダイナミックに場の力が働き、そこから人間が本来持っている癒しの力が働くのではないかと思っています。


          記

【タイトル】癌を持っている患者さんとご家族のための「第6回癌を癒す心の使い方」勉強会

【日 時】2013年5月8日(水)10:00~12:00

【場 所】国分寺市立いずみホール 和室
     

【内 容】 
1 心と生命エネルギーと健康の関係
2 本来の自分とは何か
3 症状は心のエネルギーの自己表現
4 「わたし」はたくさんの「わたし」でできている
5 未来は、いま、この瞬間、あなたの中で創られる
       

【講 師】白鳥澄江(略歴は下記*へ)

【地 図】いずみホールの地図

【交通手段】
 JR中央線、武蔵野線 西国分寺駅南口下車徒歩2分

【会 費】3000円

【主 催】聡哲鍼灸院

【申込み方法】「第7回 心の勉強会 参加希望」と書いて、聡哲鍼灸院宛てメールをお送りください。
         soutetsu★me.com ←★を@に替えて送信してください。
 
【締 切】5月7日(火)まで
 

*白鳥澄江さん略歴

株式会社オフィス・ルテラムウ代表取締役。1962年 北海道生まれ。
サイコシンセシス(統合心理学)をはじめ最新の心理学ツールを使いこなす現実的な経営者兼コーチであると同時に大地の声を聴き、気を操るシャーマンでもある。

1983年、文京女学院医学技術専門学校卒業後、臨床検査技師として検査センター勤務。出産を機に退社。育児のかたわら、天性の霊感・予知能力を駆使して占い師として活躍。1999年独立開業。電話、カフェなどでの対面セッションがメインで、当時まだあまり一般的に認知されていなかったヒーリングを全面に出して支持を得る。

占いをとおして、人間の本質ともいえる、誰もが持っている生きる痛みに触れるなかで、お客様がより自分らしく生きるサポートをしたいと思い、体系的に心理学を学ぶ。カウンセリングセッションをするかたわら、国内各地を歩き回る。

2004年、米国サンフランシスコ・サイコシンセシス研究所の認定資格をもつ伊藤雄二郎氏に師事。心理カウンセリングサロン「ルテラムウ」設立

2010年、株式会社オフィス・ルテラムウ設立

2011年、東日本大震災を機にゲノム医療学会認証医の中山孔壹氏、船越康弘の弟子でもある食のスペシャリスト佐藤研一氏と共に、食・遺伝子・祈りと心という3つのアプローチで被曝を考える『祈りの被曝ヒーリング勉強会』を立ち上げ、東京・福島・愛知・兵庫・広島など各地で開催。
また子育てママ向け「セルフケア勉強会」など、日本全国を飛び回っている。

サイコシンセシス(統合心理学)・交流分析・認知行動療法・フォーカシング・NLPなどの心理療法、そしてヨガ・気功系のエネルギーワークをベースにした独自の人間力アップのためのクリエイティブエネルギーロジックCEL講座を展開中。

日本応用カウンセリング審議会/ 認定心理カウンセラー
日本認知療法学会/ 日本認知療法学会会員
日本交流分析協会/ 一級交流分析士
全米NLP協会 & 一般財団法人 日本NLP協会 / 認定マスタープラクティショナー
日本臨床衛生検査技師会/ 臨床検査技師
日本ホリスティック医学協会/ 専門会員

白鳥澄江さんのサイト オフィス・ルテラムウ

白鳥澄江さんのブログ ヒーリングソウル

コメント

4/3 癌を持っている患者さんとご家族のための「癌を癒す心の使い方」勉強会

2013年04月01日 21時27分21秒 | 癌を癒す心の勉強会&ヨガヒプノセラピー

癌を持っている患者さんとご家族のための「癌を癒す心の使い方」勉強会

昨年の11月から当院に通われているがん患者さんとご家族のために、「癌を癒す心の使い方」の勉強会をしています。六回目のご案内です。

 

講師の白鳥澄江さんがご自身のブログでUPされた記事をもって紹介させて頂きます。

 

ミイとサブパ 昨日は毎月恒例で講師をさせてもらっている聡哲鍼灸院主催の癌を持っている患者さんとご家族のための「癌を癒す心の使い方」勉強会でした。正味2時間弱の勉強会なんだけど、毎回ゆるゆると全力投球です。・・・・って、どっちなんだって感じだけど(笑)。参加してくださったみなさま、ありがとうございました。

 この勉強会はこれまで小規模で開催していたのですが、3月からはどなたでもご参加いただける形になりました。
 わたしや主催者の聡哲さんが大切にしているのは、たんに知識を伝えるのではなく、勉強会という「場」そのものが機能することです。共感や受容、シェアや質問など、参加者どうしがそれぞれの話を聴く、聴いてもらうプロセスを通して、ダイナミックに場の力が働き、そこから人間が本来持っている癒しの力が働くのではないかと思っています。


          記

【タイトル】癌を持っている患者さんとご家族のための「第6回癌を癒す心の使い方」勉強会

【日 時】2013年4月3日(水)10:00~12:00

【場 所】国分寺市立いずみホール 和室
     

【内 容】 
1 心と生命エネルギーと健康の関係
2 本来の自分とは何か
3 症状は心のエネルギーの自己表現
4 「わたし」はたくさんの「わたし」でできている
5 未来は、いま、この瞬間、あなたの中で創られる
       

【講 師】白鳥澄江(略歴は下記*へ)

【地 図】いずみホールの地図

【交通手段】
 JR中央線、武蔵野線 西国分寺駅南口下車徒歩2分

【会 費】3000円

【主催】聡哲鍼灸院

【申込み方法】「第六回 心の勉強会 参加希望」と書いて、聡哲鍼灸院宛てメールをお送りください。
         soutetsu★me.com ←★を@に替えて送信してください。
 
 

*白鳥澄江さん略歴

株式会社オフィス・ルテラムウ代表取締役。1962年 北海道生まれ。
サイコシンセシス(統合心理学)をはじめ最新の心理学ツールを使いこなす現実的な経営者兼コーチであると同時に大地の声を聴き、気を操るシャーマンでもある。

1983年、文京女学院医学技術専門学校卒業後、臨床検査技師として検査センター勤務。出産を機に退社。育児のかたわら、天性の霊感・予知能力を駆使して占い師として活躍。1999年独立開業。電話、カフェなどでの対面セッションがメインで、当時まだあまり一般的に認知されていなかったヒーリングを全面に出して支持を得る。

占いをとおして、人間の本質ともいえる、誰もが持っている生きる痛みに触れるなかで、お客様がより自分らしく生きるサポートをしたいと思い、体系的に心理学を学ぶ。カウンセリングセッションをするかたわら、国内各地を歩き回る。

2004年、米国サンフランシスコ・サイコシンセシス研究所の認定資格をもつ伊藤雄二郎氏に師事。心理カウンセリングサロン「ルテラムウ」設立

2010年、株式会社オフィス・ルテラムウ設立

2011年、東日本大震災を機にゲノム医療学会認証医の中山孔壹氏、船越康弘の弟子でもある食のスペシャリスト佐藤研一氏と共に、食・遺伝子・祈りと心という3つのアプローチで被曝を考える『祈りの被曝ヒーリング勉強会』を立ち上げ、東京・福島・愛知・兵庫・広島など各地で開催。
また子育てママ向け「セルフケア勉強会」など、日本全国を飛び回っている。

サイコシンセシス(統合心理学)・交流分析・認知行動療法・フォーカシング・NLPなどの心理療法、そしてヨガ・気功系のエネルギーワークをベースにした独自の人間力アップのためのクリエイティブエネルギーロジックCEL講座を展開中。

日本応用カウンセリング審議会/ 認定心理カウンセラー
日本認知療法学会/ 日本認知療法学会会員
日本交流分析協会/ 一級交流分析士
全米NLP協会 & 一般財団法人 日本NLP協会 / 認定マスタープラクティショナー
日本臨床衛生検査技師会/ 臨床検査技師
日本ホリスティック医学協会/ 専門会員

白鳥澄江さんのサイト オフィス・ルテラムウ

白鳥澄江さんのブログ ヒーリングソウル

コメント

今後の日程

2013年02月12日 20時56分55秒 | 癌を癒す心の勉強会&ヨガヒプノセラピー

今 後 の 日 程

 

 

3月2日(土)~4日(月)湯河原温泉で湯治と梅園

宿泊健康スポット おあしす

(神奈川県足柄下郡湯河原町土肥1-13-3 TEL 0465(62)5334)

(JR東海道線湯河原駅下車徒歩10分)

 *マクロビオティックのご飯、温泉めぐり、梅園歩き

 

3月6日(水)10:00-12:00  第五回 がんを癒す心の使い方勉強会

 セシオン杉並 第一&第二和室

(杉並区梅里1丁目22番32号 TEL03-3317-6611)
○丸ノ内線東高円寺駅下車徒歩5分または新高円寺駅下車徒歩7分
○関東バス(中野⇔五日市営業所・吉祥寺)杉並車庫前下車徒歩5分
○都営・京王バス(阿佐ヶ谷⇔渋谷)セシオン杉並前下車徒歩2分
○関東バス・京王バス(永福町⇔高円寺)新高円寺駅下車徒歩7分

 *講師:白鳥澄江さん

  

3月22日(金)10:30-14:00 がんと心を癒す重ね煮料理教室

メサ・グランデ 

(川崎市中原区新城5-2-13 プリマSK武蔵新城1階 TEL044-872-9795 

 JR南武線武蔵新城駅下車徒歩3分

*講師:佐藤研一(サトケン)さん

申し込み締め切り 3月15日(金)

 

4月3日(水)10:00-12:00 第六回 がんを癒す心の使い方勉強会

 いずみホール 和室 (JR中央線・武蔵野線西国分寺駅下車徒歩2分)

東京都国分寺市泉町3丁目36−12 TEL 042-323-1491

  *講師:白鳥澄江さん

 

 

5月8日(水)10:00-12:00 第七回 がんを癒す心の使い方勉強会

 いずみホール 和室 (JR中央線・武蔵野線西国分寺駅下車徒歩2分)

東京都国分寺市泉町3丁目36−12 TEL 042-323-1491

  *講師:白鳥澄江さん

コメント (4)

第四回 癌を癒す心の使い方勉強会 メモ

2013年02月07日 21時18分35秒 | 癌を癒す心の勉強会&ヨガヒプノセラピー

2013-2-5 10:00-12:00 読書空間みかもにて。参加者12名

講師:白鳥澄江さん

「がんを体に作る人には特徴がある。それは心の力がすごく強い人。力には肉体の力、精神の力とかいろいろあるけど、悪性新生物と言われるようながんを体の中に作ってしまう人の心はとっても強いと言えると思う。

 強いクリエイティブな力、ものごとを創造する力を持っている。それががんという形で表現されているだけ。だったらその表現方法をがん以外のものに変えることもできるんじゃないかな。その力をどう使うか、というのが今日のお話のテーマ。

 

『心と生命エネルギーと健康の関係』という図を描きました。この図は癌に特化した心理療法のサイモントン療法に基づいて描いたものです。サイモントン博士は文章で表したけどそれをフローチャートにしてみました。(白鳥澄江さんオリジナル)

 

 題の“生命エネルギー(気)”というのは肉体に関わるエネルギーです。“心のエネルギー”ではないです。

 

不健康なサイクル

病気→本来の自分らしくない状態→喜びを感じない→生命エネルギー(気)の低下→免疫力低下→病気

左の「不健康なサイクル」の中の「本来の自分らしくない状態」から話をしてみましょう。例えばがんを治すために一生懸命、努力して玄米菜食をしているとします。どうしても玄米がおいしく食べれない、という状態。そういう状態というのは本来の自分らしい状態ではないでしょう?だから玄米が嫌いな人がこういう生活を長くしていると喜びを感じない生活をしていることになります。

 

 そうすると生命エネルギー(気)が低下し、そしてその状態が続くと「免疫力の低下」となります。そしてそれが「病気」になる…。このように“悪循環”してしまうのが「不健康なサイクル」です。

 

 頑張らなきゃってぐっと詰まってやっている時って自分らしくないよね?喜びを感じないよね?

 

 心の状態って一日の間にも変動がある。今日は何か玄米がおいしいなって感じるかもしれない。一日の中で暗く苦しい時間がみっちりすべてあるわけではないよね?お風呂入って気持ち良くなれば気持ちも楽になるよね。

 

 心は常に動いています。図の左の不健康なサイクルに入っている時もあるけど、私達の心の色は一定ではないんです。私達はいつも不健康なサイクルを回っているわけではありません。

 

 では「本来の自分らしい状態」ってどんな状態だろう?それは「納得できる状態」かな。

 病気って本当に辛いことばかりだろうか?もしかしたらギフトとしてもらっている人がいるかもしれない。

 すごく働き詰めで大変な時、インフルエンザに罹って強制的に出社停止になって欠勤せざるを得なくなった時って会社に行けないのは不幸だけど、疲れた身体を休める日がもらえたと考えれば幸せだしラッキーと言えるよね。

 たとえば仲間たちと喫茶店に行ったとき、ほかのみんなはコーヒーを頼んだから本当は自分は紅茶を頼みたいのに気を遣って自分もコーヒーにしてしまう…、こういうのって「本来の自分らしく」はないよね。

 家族関係でも本来の自分の気持ちを家族に伝えられていない人って本当に多いよ。カウンセリングしてて思う。

 じゃあ、本来の自分って何?

 それを話す前に。「人生の目的は幸福を体験することで、幸福になることではない」です。

 「幸せでいること」と「幸せになること」は大きな違いだよ。幸せという未来の目標があるということで今を頑張るというのは、今はそこに到達できていない、だから幸せではない、ということだよね。

 

 人生の目的は幸せになることではなくて、幸せでいること

 この世界に幸不幸というものはない。癌になったから不幸と捉えればそうだろうけれども、得られるものもあるのでは?これまでの生き方を変えるチャンスかもしれない。

 

 癌を作っている人は強い心のエネルギーを行動や生き方に振り向けられずに身体にそれを向けてしまったためでは?そんな強いエネルギーを持っているんだからそれを他に向けてみませんか?

 もしかしたら自分の心が喜ぶ生き方、行動をしてなかったかもしれないね。ささいな行動の変化がそれを変えていきます。

 

 つまり、癌ってある意味、自己表現の一つなんだよね。癌を作るという自己表現をしているに過ぎない。であれば癌を作るという自己表現でなくて自分らしい生き方をするという自己表現をしてもいいのでは?そうすると癌を作るエネルギーが他に回って振り向けられて癌が小さくなる、消えるということが起きてくる。

 癌細胞って基本的には弱い細胞って言われています。通常の細胞よりはね。

 

 これはうちの旦那さんが言っていたんだけど「癌という漢字は『品物を山ほどつくる力がある』という風にも取れるね」と。そう、がん患者さんは山ほど今生の人生でやること、できることがあるのでは?

 

 ここで参加者の方から質問。

Q.抗がん剤など自分にとってつらい治療をすることはどう捉えればいいのでしょう?「これをやれば絶対治る」とは思えないんだけど、抗がん剤治療を頑張らないと治らないと言われて・・・

 

A.納得できるかどうか、本来の自分らしいかどうか、ですね。治療の選び方は生き方を選ぶ、ということ。こうしなければいけないというのは一切ないです。ドクターであっても他人の人生の、生き方の責任はとれない。自分の人生の責任は自分しか取れない。自分が決めていいんです。だからその治療を自分が心から信じられるかということでしょうね。今、この瞬間の納得があれば。

 

Q.この先生は信用できるというのは?一見先生に頼っているようだけどその先生を信じたという点で自分が納得していればいいですか?

A.そうです。納得していることが大事です。その先生を選んだことが自分が納得していれば。

 

(続く)

 

コメント

3/6(水) 癌を持っている患者さんとご家族のための「癌を癒す心の使い方」勉強会

2013年02月06日 23時47分49秒 | 癌を癒す心の勉強会&ヨガヒプノセラピー

癌を持っている患者さんとご家族のための「癌を癒す心の使い方」勉強会

昨年の11月から当院に通われているがん患者さんとご家族のために、「癌を癒す心の使い方」の勉強会をしています。昨日その四回目があった訳ですが五回目のご案内です。

 

講師の白鳥澄江さんがご自身のブログでUPされた記事をもって紹介させて頂きます。

 

ミイとサブパ 昨日は毎月恒例で講師をさせてもらっている聡哲鍼灸院主催の癌を持っている患者さんとご家族のための「癌を癒す心の使い方」勉強会でした。正味2時間弱の勉強会なんだけど、毎回ゆるゆると全力投球です。・・・・って、どっちなんだって感じだけど(笑)。参加してくださったみなさま、ありがとうございました。

 この勉強会はこれまで小規模で開催していたのですが、3月からはどなたでもご参加いただける形になりました。
 わたしや主催者の聡哲さんが大切にしているのは、たんに知識を伝えるのではなく、勉強会という「場」そのものが機能することです。共感や受容、シェアや質問など、参加者どうしがそれぞれの話を聴く、聴いてもらうプロセスを通して、ダイナミックに場の力が働き、そこから人間が本来持っている癒しの力が働くのではないかと思っています。


          記

【タイトル】癌を持っている患者さんとご家族のための「第5回癌を癒す心の使い方」勉強会

【日 時】2013年3月6日(水)10:00~12:00

【場 所】セシオン杉並 第一&第二会議室
      杉並区梅里1-22-32 TEL03(3317)6611

【内 容】 
1 心と生命エネルギーと健康の関係
2 本来の自分とは何か
3 症状は心のエネルギーの自己表現
4 「わたし」はたくさんの「わたし」でできている
5 未来は、いま、この瞬間、あなたの中で創られる
       

【講 師】白鳥澄江(略歴は下記*へ)

【地 図】こちら

【交通手段】
○丸ノ内線東高円寺駅下車徒歩5分または新高円寺駅下車徒歩7分
○関東バス(中野⇔五日市営業所・吉祥寺)杉並車庫前下車徒歩5分
○都営・京王バス(阿佐ヶ谷⇔渋谷)セシオン杉並前下車徒歩2分
     渋谷→阿佐ヶ谷行なら「セシオン杉並前」下車 渋谷から40分
  阿佐ヶ谷→渋谷行なら「高井戸陸橋」下車 阿佐ヶ谷から10分
○関東バス・京王バス(永福町⇔高円寺)新高円寺駅下車徒歩7分

【会 費】3000円

【主催】聡哲鍼灸院

【申込み方法】「第5回 心の勉強会 参加希望」と書いて、聡哲鍼灸院宛てメールをお送りください。
         soutetsu★me.com ←★を@に替えて送信してください。
 
【締 切】先着26名 2月28日(木)まで
 

*白鳥澄江さん略歴

株式会社オフィス・ルテラムウ代表取締役。1962年 北海道生まれ。
サイコシンセシス(統合心理学)をはじめ最新の心理学ツールを使いこなす現実的な経営者兼コーチであると同時に大地の声を聴き、気を操るシャーマンでもある。

1983年、文京女学院医学技術専門学校卒業後、臨床検査技師として検査センター勤務。出産を機に退社。育児のかたわら、天性の霊感・予知能力を駆使して占い師として活躍。1999年独立開業。電話、カフェなどでの対面セッションがメインで、当時まだあまり一般的に認知されていなかったヒーリングを全面に出して支持を得る。

占いをとおして、人間の本質ともいえる、誰もが持っている生きる痛みに触れるなかで、お客様がより自分らしく生きるサポートをしたいと思い、体系的に心理学を学ぶ。カウンセリングセッションをするかたわら、国内各地を歩き回る。

2004年、米国サンフランシスコ・サイコシンセシス研究所の認定資格をもつ伊藤雄二郎氏に師事。心理カウンセリングサロン「ルテラムウ」設立

2010年、株式会社オフィス・ルテラムウ設立

2011年、東日本大震災を機にゲノム医療学会認証医の中山孔壹氏、船越康弘の弟子でもある食のスペシャリスト佐藤研一氏と共に、食・遺伝子・祈りと心という3つのアプローチで被曝を考える『祈りの被曝ヒーリング勉強会』を立ち上げ、東京・福島・愛知・兵庫・広島など各地で開催。
また子育てママ向け「セルフケア勉強会」など、日本全国を飛び回っている。

サイコシンセシス(統合心理学)・交流分析・認知行動療法・フォーカシング・NLPなどの心理療法、そしてヨガ・気功系のエネルギーワークをベースにした独自の人間力アップのためのクリエイティブエネルギーロジックCEL講座を展開中。

日本応用カウンセリング審議会/ 認定心理カウンセラー
日本認知療法学会/ 日本認知療法学会会員
日本交流分析協会/ 一級交流分析士
全米NLP協会 & 一般財団法人 日本NLP協会 / 認定マスタープラクティショナー
日本臨床衛生検査技師会/ 臨床検査技師
日本ホリスティック医学協会/ 専門会員

白鳥澄江さんのサイト オフィス・ルテラムウ

白鳥澄江さんのブログ ヒーリングソウル

コメント