僕の好きなラーメン とか

始めたころはツーリング記とか載せてましたが、今ではたまに更新。美味しいラーメン食べたらアップします。

久しぶりのますたに

2019年07月15日 | ラーメン東京
この日は夕方から埼玉県の本庄で打合せがありました。新幹線もあるんですけど、お客さんとの待ち合わせ時間に丁度いい新幹線がないので、東京駅から上野東京ラインの高崎線直通の電車で行きましょう。

お昼過ぎに事務所出て東京駅へ向かう途中、そうだ!「ますたに」でラーメン食べて行こう!と閃きました。久しぶりに日本橋のますたにラーメンにやってくると、あれ?様子が変!

並びの向きが変わってるし、店頭に自動券売機があるじゃないですか! システム変えたんですね。


券売機で「ラーメン券」を購入し、列の後ろに並びます。なんとなく、値上がったような気がしますね。店員さんがやってきたので、券を渡して「固め・ご飯普通」と注文。5分ほど待って店内に案内されそれほど待たずにカウンター席へ着席。

ほどなく、ラーメンとご飯が登場。


コショーふって、久しぶりのますたにラーメン啜ります。んまっ!午後、お客さんと打合せなければニンニクをドバっと入れるんですけど、今日はコショーだけにしときましょ。


ごちそうさまでした。食後会計よりこっちのシステムのラーメン屋さんらしくていいかもしれませんね。そのあと、腹いっぱいのお腹抱えて東京駅まで歩いて、高崎線直通電車にのりました。1時間ぐらいは寝ていきましょう。お腹苦しっ。
コメント

立石でラーメン

2019年07月14日 | ラーメン東京
鬱陶しい梅雨の季節がなかなか終わりません。そんな湿度と気温の高い、朝から雨がシトシト降ってる日に、お客さんとの打ち合わせで京成立石まで行ってきました。ここ、僕は初めて訪れる街です。

打合せが終わって、傘さして京成電車の駅へ向かうと、こんなアーケードのある商店街がありました。それもここ1本じゃなく、たくさんあるみたい。さすが東京の下町、立石!でもお昼だったからか、シャッター通りですね。


スマホのGoogleMapで立石駅周辺でラーメン屋さんを探して、お昼営業してるなかであまり雨にも濡れずにいけそうな、でもそれなりに美味しそなお店を選びました。それがここ、ケン暴です。


傘を畳んでお店に入って自動券売機で右上のラーメン券と半ライス券を購入して、カウンター席に座りました。この時期特有の湿気の多い蒸し暑さによる汗が、一層噴き出してきます。ここ、ラーメン屋さんっぽくないカウンターですね。奥行きがありません。多分、焼き鳥屋さんからの居抜きですね。

このお店はお兄さんがひとりでやってるようで、お兄さんが僕のラーメン券をとりにきたのは、カウンター席に座ってからタップリ5分は掛かってました。

それから10分掛からずに、ラーメン登場。おっ、見た目は違いますけど、これ二郎系に近いですね。


スープもそうですけど、この麺もまるで二郎インスパイアですね。まあ、旨みというより脂身を楽しむラーメンですね。正直、僕はあまり好みじゃありません。


こういう脂ぎったチャーシューもダメですね。スープに沈めて1枚は残しました。


ごちそうさまでした。このラーメン屋さんにあまり良い印象が残らなかったのは、鬱陶しい季節のせいかもしれません。
コメント

直久の塩

2019年06月26日 | ラーメン東京
これは豊洲で飲み会があった日なので、6月中旬の月曜日のことです。豊洲から京急線に乗るためには、有楽町まで有楽町線に乗って、山手線で品川駅に行くのが普通のルート。でなければ、有楽町線の新富町で降りて浅草線の東銀座まで歩くか。どっちもめんどくさいな、なんて考えてたら「ゆりかもめ」があるじゃないですか。時間が掛かりますけど、豊洲始発で新橋に行けばすぐに浅草線に乗ることができます。

それで新橋までやってきたとき、小腹が空てるのに気づきました。そうだ!直久でラーメン食べて行こう。と閃きました。時間は既に22時20分、閉店してたら我慢するか。なんて考えながらお店の前まで来ると、まだ営業中じゃないですか。良かった。で、早速お店に入りました。


「いらっしゃいませ!おひとりさまですか?カウンター席へどうぞ」と云うので、勧められた席へ着いて「醤油ラーメン下さい」と云おうとしましたけど一応メニューみましょう。すると妙に塩ラーメンが食べたくなりました。そういえば、ここ直久で塩ラーメン食べたことありません。それで迷わず塩ラーメンを注文。


麺もスープも美味しいんですけど、組み合わせとしてはイマイチ。この麺はやはり醤油スープに合うと思いますし、この塩ダシスープにはもっと柔らかい麺が合うと思います。ただ、酔っ払ってるからそう感じただけかも知れませんけど。


でも、何だかんだ云って綺麗にここまで食べました。ごちそうさまでした!


このあと浅草線新橋駅から京急線直通三崎口行きで帰りました。新橋からでは座れませんでしたけど、横浜で座れました。でも寝過ごさなかったですよ。
コメント

トナリのタンメン、上野

2019年06月24日 | ラーメン東京
この日は出張で茨城の水戸に行くことになってました。上野から水戸まではノンストップの特急電車、13時丁度発のひたち号。上野駅に到着したのは12時10分頃。JRの特急券販売機で乗車券+特急指定席券を購入するのに約5分。発車までは、まだ45分あります。さあ、どこでラーメン食べましょうか。

GoogleMapでこの付近のラーメン屋を調べると、色々ありますね。そんななかにトナリを見つけました。おおっ、久しぶりにあの太麺のタンメンが食べたいっ!で、Mapを頼りに駅構内にあるはずのトナリにやってきました。ここです。先客は2名が並んでます。「券を買ってから並べ」と表示があったので、お店に入ってタンメンと小ライス券を購入し、先客について並ぶこと約3分。


日本語の上手なお姉さんに呼ばれて、入口に近いカウンター席に着席。カウンター内の店員さんに券を差し出すと、「ショウガですか?ニンニクですか?」と聞いてきます。さすがに午後も仕事があるので、「ショウガダブルで」とお願いしました。

待つこと数分で、久しぶりの「トナリのタンメン」登場! いいっすね~、このテンコ盛りの野菜。唾液噴出。


そうそう、トナリって、こういう太縮れ麺でしたね。ズズーッツと啜って、モグモグ食べるタイプ。んっ、熱くて美味いっ!モヤシもシャキシャキ。麺と野菜を口いっぱいに頬張り、食感と味とのど越しを楽しみます。で、お冷をゴックン。最高ですね。


次は、少量の野菜を口の中に放り込み、ご飯を掻き込みます。いいっすね~、この腹にラーメンと野菜とライスが溜まってく快感。

食べ終ったら額に大汗。美味かった。ごちそうさまでした。

お店を出たらまだ電車の発車まで15分ありました。ドトールに喫煙席で煙草吸ってから、ひたちの発車する8番線に向かいましょう。
コメント

晴弘の塩!

2019年04月27日 | ラーメン東京
ふと思い出すと、無性に門前仲町と木場の間にある晴弘の塩ラーメンが食べたくなりました。

地下鉄東西線を木場駅で降りて、暫く門前仲町方面に歩いてって、10分掛からずに晴弘到着。時間はちょうど11時45分。


お店に入ってカウンター席の真ん中に着席。注文を取りに来た店員さんに「塩と半ライス、パクチー抜き」と注文。店員さんは東南アジア系のお兄さんでしたけど。普通に僕の日本語を理解してくれました。

待つこと約5分で、食べたかった晴弘の塩ラーメン登場!


アツアツでうまっ!鶏ダシがキッチリとれてる塩スープは最高ですね。細縮れ麺もいい味だしてます。そうそう、この塩ラーメンのチャーシューは牛肉だと思います。これも旨いっ!


あっという間に完食。旨かった!


帰りは門前仲町駅まで歩きました。おっ、富岡八幡じゃないですか。最近売り上げ戻ったのかな?そうでもなさそうですね。

コメント

しんば

2019年04月20日 | ラーメン東京
これはいつのことだったか、門前仲町のお客さん先へ行ったときのこと。11時過ぎに仕事は終わり、お昼ご飯のラーメン屋さんを探して永代通りを木場方面へ歩いてました。そうだっ!久しぶりに晴弘行こうかと閃いた瞬間、あれっ?新しいラーメン屋さん発見。なかなかいい雰囲気で美味しそうじゃないですか。今日はここでラーメン食べましょう。


お店に入ると券売機があり、左上の法則からするとここは塩ラーメンが自信作のようです。でも僕は初めてのお店で食べるのは醤油ラーメンに決めてるので、醤油ラーメンと小ライス券を購入。蕎麦屋さんみたいな雰囲気のテーブル席に腰かけました。

店員さんに券を渡して5分ほどで僕の醤油ラーメンが出来上がりました。見た目、かなりしょっぱそう。


まずは麺を持ち上げてズズズッツっと啜ります。んっ!なかなかいい味出してるじゃないですか!麺は最近流行りの自家製麺っぽいやつ。出汁の旨さより醤油のキレが強いですね、ここのラーメン。


ご飯も美味しかった。なかなかいいお店が門前仲町にできましたね。レパートリーが広がりました。モクモクと食べて完食。ごちそうさまでした。

今度は塩ラーメン食べてみます。
コメント

タンメン!

2019年04月07日 | ラーメン東京
三月下旬の天気のいい暖かかった日のこと、打合せで門前仲町に行きました。何ていう川か名前は忘れましたけど、川岸に咲き誇る桜が綺麗でしたね。


打合せが終わったた11時ちょっと過ぎなんで、中華屋さんに入ってタンメンを注文しました。これがそのタンメン。


黄色い細麺がなんともいえず、町の中華屋さんです。アツアツだし野菜のダシとれてるし、なかなか美味しい一杯でした。


しかし、最近はこういうサッパリ系のラーメンばかり食べてるような気がします。歳のせいですかね?
コメント

上野の大勝軒、ラーメン

2019年04月07日 | ラーメン東京
以前、記事にもしましたが、上野の大勝軒で食べたくもない、もりそばを注文してしまいましたが、そのリベンジに行ってきました。やはりラーメンは熱々のスープに浸かった麺を食べるのが王道だと思ってますので。


今度は間違えず、券売機で「もりそば」でなく「ラーメン」を選択。それで、食べたかった大勝軒のラーメンが登場しました。ボッ、ボリュームありますね。ここ大勝軒のラーメン食べるとき、ライスは不要です。


いいですね、この太麺。僕は普通どちらかというと中細縮れ麺が好きなんですけど、たまには歯応えのある太麺もいいものです。だいたい、ここのラーメンは太麺に合うスープですしね。


一生懸命、モグモグ食べて完食。スープはこれ以上胃袋に入りません。超お腹いっぱい!


大勝軒のラーメンって、たまに食べたくなるのはボリューミーなラーメンを体が欲するのでしょうか。でも次郎系には全く食指は動きません。僕の場合。
コメント

上野の大勝軒、もりそば

2019年02月23日 | ラーメン東京
先日仕事で上野に行きました。といっても、仕事先はもっと北。銀座線で上野駅について、JRに乗り換えるまで、30分ほど時間があったのでラーメンでも食べようかと駅前へ出てみました。ちょうどお昼時でしたし。

昔のバイク街の方に歩いていけばラーメン屋さんの1軒や2軒あると思います。すると大勝軒があるじゃないですか。じゃここでラーメン食べていきましょう。


お店に入るとほぼ満席。自動販売機で右上の法則にしたがい「もりそば」ボタンを何も考えずに押してしまいました。その位置っててっきりラーメンだと思ってたので。

カウンターの端の席が空いて、そこに座ってオバサンに食券渡し、スマホをツラツラ見ながらラーメンの出来上がりを待つこと数分。「お待ちどうさまでした」といって、オバサンが持ってきてくれたのは何とつけ麺じゃないですか! そうだっ、大勝軒って元々つけ麺で有名で、それを「もりそば」って云うんだっけ! こりゃ、失敗しましたね。


この期に及んで「間違えました。換えてください」なんて云えないので、このもりそばを戴きましょう。


まあ、美味しいんですけどね。熱々の汁が冷たい麺を付けて食べているうちに、汁が温くなるのが許せない。最初は良かったんですけど、そのうち汁は温かさがなくなり、太麺のボソボソ感だけを感じるようになりました。最後は、大量に盛られた麺を食べきれず、2割ほど残してしまいました。それでも超満腹です。

「ごちそうさまでした」と云って、お店を出ました。久しぶりにラーメン屋さんで後悔しましたね。券売機でボタン押す前に何で再度確認しなかったんでしょう。再発防止策として、これからはボタン押す前に注文するものを声に出して読み上げ、指差呼称でもしましょうか。
コメント

また、吉田屋

2019年02月10日 | ラーメン東京
本当は、晴弘に行くつもりでした。

門前仲町の駅に停車したのは11時ちょっとすぎ。そのとき、晴弘の塩ラーメンが何故か閃きました。わざわざ門前仲町の駅で降りて、富岡八幡さまの前通って、晴弘の前までやってきました。すると、「休み」じゃないですか! 晴弘は毎週火曜日が定休日だそうです。スマホで調べとけばよかった。

その代わりにやってきたのが、ここ吉田屋です。確か去年の暮れにきたばかりなので、約二ヶ月ぶりです。


今日はラーメン券とサービスライス100円券を購入し、カウンター席に着席。「お好みは?」に対して「普通」と回答。それから数分後にラーメンとライス登場!


ここの家系ラーメン、何となく好きなんですよね。どちたかというとコッテリではなくアッサリ家系です。あまりボソボソしてない麺も僕の好みです。


このお店はライス頼むと何とお代わり自由。若者にはたまらないサービスでしょうね。オジサンにはあまり関係ありません。

ごちそうさまでした。それじゃ、午後の仕事に向かいますかっ。
コメント

品達、中本

2019年02月09日 | ラーメン東京
この日は駒場東大前のお客さん先で打合せがありました。それが終わったのは12時半頃。駅前でお昼ご飯を食べようと思ったんですけど、あいにくマックしかありません。それじゃ、電車に乗って渋谷で美味しいラーメン屋さんでも探しましょうか。


井の頭線でふた駅で終点の渋谷へ到着。スマホのgoogleMapでラーメン屋さんを検索すると、色々あるじゃないですか。どこがいいかな?なんて悩んで、本当はいけない歩きスマホしてるとすぐに山手線改札。そうだ、品達に行ってラーメンにしようか!品川に着いたら13時を過ぎてるので空いてるはず。最近食べてない蒙古タンメンが頭に浮かんだら、無意識に渋谷駅中央改札へ向かう階段を登ってました。

品川駅で山手線を降りて一目散に品達にやってきました。おっ、蒙古タンメンの中本に行列はないじゃないすか、キマリですね。


お店に入って券売機で蒙古タンメンと半ライス券を購入。あれ?おつりの額が違う。良く見ると蒙古タンメンじゃなくて、冷やし蒙古タンメンの券を買ってしまいました。目が悪くなったもんですね。それからちょっと待ってると、店員さんにカウンター席へ案内されました。券を渡すとき、「すいません、間違って券買っちゃったんですけど、蒙古タンメンに変えてくれませんか?」とお願いすると、すんなり「いいですよ」と回答戴きました。それで差額の60円もらって、暫く待ちます。

「お待ちどうさまでした!」と云って店員さんがカウンター越しに蒙古タンメンとライスを差し出してくれました。うっ、うまそーっ!


早速戴きます。 そうそう、中本のタンメンってこういう麺でしたね、中太の縮れ麺。ズズーッツと啜ると、辛っ! 当たり前ですけどね。


刺激を求めて、さらに唐辛子を投入して黙々と蒙古タンメン啜ってライスをモグモグ。あっという間に完食です。熱くて辛いので、額には大粒の汗。ごちそうさまでした!


まあ、満足したんですけど、品達で辛いラーメンというと、蒙古タンメンよりニュータンタンメンの中辛の方が僕の好みかな?


コメント

まるきんラーメン

2019年01月13日 | ラーメン東京
これはいつのことだったか、午前中に木場へ行ったときのこと。仕事が終わったら丁度正午になったので、まるきんに九州ラーメン食べに行きました。ここも久しぶりですね。数年ぶりかな?


お店に入ってカウンター席についてランチタイムのメニューを眺めると、九州とんこつではなく醤油ラーメンがあるじゃないですか。今日はこっちにしましょう。高菜ご飯とのセットを注文。

手持無沙汰で、店内をツラツラ眺めてると、こんな貼り紙がありました。昔、中国に暫く住んでたことがあるので、何となく意味は分かります。


おしらせ
本店では酒類も含めて飲食品は持ち込み禁止です。もし持ち込んだ場合は、持ち込み料として日本円で700円を負担頂きます。ご理解いただけたら感謝します。それではゆっくり食事を楽しんでください。
  みたいな感じですね。夜は中国人がグループでやってきて、長時間盛り上がるんでしょうか?

そうこうしてるうちに、僕の醤油ラーメンと高菜ご飯セットができあがりました。けっこう美味しそうなラーメンじゃないですか!


麺は中細のほぼストレートの麺。九州とんこつとは明らかに別の麺を使ってます。まあ、のど越しいい麺ですね。スープも熱し、いいと思います。具も極めてオーソドックス。コショーとニンニクを入れて戴きました。


高菜ご飯、けっこう美味しかった。それにかなりボリュームがあります。かなりお腹イッパイになりました。


ごちそうさまでした。今度またお昼ご飯食べにくる機会があったら、高菜ご飯でなく、明太子ご飯とトンコツラーメンにしましょう。
コメント

谷やん

2019年01月13日 | ラーメン東京
久しぶりに、木場の谷やんラーメンに行ってきました。永代橋のそばから移転してきて、3年半ほど経ちます。よく見ると、ラーメン本体ではなくサービスライスと九条ネギを売りにしたいようです。錦鯉の写真などもあるので、主人は山古志出身かもしれません。


お店に入って券売機で「特製」700円。この店変わってて、普通のラーメンは特製ラーメンです。メニューの種類はこれに大盛りにするかチャーシューをもっと乗せるか。厨房を取り囲むようなカウンター席に着くと「サービスライスは?」と聞かれます。当然「お願いします」

ライスに続いてラーメン登場。見た目は雑ですけど、中にはゆで卵も入ってます。固めのチャーシューと看板の九条ネギがたっぷり。


麺は、黄色い縮れ麺。ちょっよ弾力がありすぎて、輪ゴムみたい。でも、まあまあ美味しいですよ。ちょとしょっぱいですけど。


たまに戴くと美味しい食べ応えのあるラーメンです。ごちそうさまでした。
コメント

吉田屋

2018年12月17日 | ラーメン東京
久しぶりに門前仲町のお客さん先に打合せに行きました。終わったのが11時半頃で門前仲町駅に向かって歩いてる途中で、スマホで美味しそうなラーメン屋を探します。晴弘でもいいんですけど、今日は何となく家系が食べたい気分。それで、ここ吉田屋にやってきました。ここのラーメンは家系ですけど家ではなく屋です。


まだ12時前なので先客はおひとり。自動販売機で普通のラーメン券を購入してカウンターに着席。固めでお願いしました。待つこと5分ほどで家系ラーメン登場!  なかなか美しい家系じゃないですか。


コショー降って、擦り降ろしニンニクをちょっとだけ入れて、ドンブリもって戴きます。んっ、熱っ! 合格ですね、けっこう美味しいっ!ムシャムシャ食べて、あっと云う間にごちそうさま。

けっこう満足しましたね。ご飯も食べれば良かったかな? また門仲で家系食べたいと思ったら、ここで食べましょう。ごちそうさま!
コメント

ラーメン八房

2018年10月31日 | ラーメン東京
これは神田のお客さん先に午前中に行ったときのこと。2週間ほど前だったかな?お客さん先は岩本町に近いところなんですけど、事務所に帰るのに銀座線に乗りたかったので、神田駅目指して歩いて行って、東京メトロの駅へ降りる階段の前に新しいラーメン屋さんを見つけました。時計を見ると11時30分、これはここでラーメンを食べろということですね。


お店に入ると細長いカウンターだけのお店で、先客は真ん中あたりにおひとり。券売機で醤油ラーメン券を買って入口に近いカウンター席に着席。カウンター内のラーメン職人さんに券を渡して出来上がりを待ちます。

5分ほどで美味しそうなラーメンが登場しました。こりゃ独創的なラーメンですね。ノーマルラーメンなんですけどワンタンものってますし、水菜がアクセントですね。


麺は自家製麺っぽい中太の軽い縮れ麺。歯応えはいいですね、この麺。スープも出汁の深みがあります。けっこう美味しいラーメンだと思います。


好みだと思いますけど、魚粉の香りはないほうがいいと思います。ごちそうさまでした。なかなか美味しかったですよ。創作系ラーメンとしては完成度高いと思います。でもちょっと高いか。
コメント