僕の好きなラーメン とか

始めたころはツーリング記とか載せてましたが、今ではたまに更新。美味しいラーメン食べたらアップします。

麻布ラーメン、久しぶりっ

2016年09月29日 | ラーメン東京
実はこの日のお昼は、懐かしい田町の駅前ビルの地下にある札幌ラーメン屋さんで醤油ラーメン食べようと思ってました。それで、山手線内回りを田町駅で降りてそのラーメン屋さんのあるビルの地下へ、エスカレーターで降りて行きます。あれっ?レストラン街に札幌ラーメン屋さんがないっ!ひと回り歩いてみましたが、その場所はお弁当屋さんになってました。残念です。

それじゃちょっと歩きますけど、慶応の前の国道沿いにある麻布ラーメンに行きましょうか。

相変わらずの雑踏ですね、慶応通り。時間は正午ちょっと前なので、どのお店もお客さん待ち状態。もしかしたら、慶応通りに新しい魅力的なラーメン屋さんがあるかもしれない、とも思ってたんですが期待外れ。

久しぶりにやってきました、麻布ラーメンです。以前は立喰いのラーメン店だったんですけど、数年前に今の店舗へ移転して、普通のテーブル席とカウンターのお店になりました。


入口入って右にある券売機で醤油ラーメン券購入。750円だったかな?ランチタイムサービスでライスかサラダが付くのは昔のまんま。カウンター席に腰かけて、醤油ラーメンの出来上がりを待ちます。

空いてたので、5分ほどで醤油ラーメン登場! ライスも付いてます。おおっ、美味しそうっ。


このお店は薬味の刻み葱は自分でのせるタイプ。加えて、キムチ食べ放題。そのキムチはご飯にのせました。ちょっと写真ボケちゃったかな?


これこれ、中太縮れ麺とアツアツのトンコツスープが微妙に絡み合って、相乗効果を出してるのが麻布ラーメンの魅力。美味しいっ!それにキムチも変に甘くなくて辛くて旨みがあって、美味しいっ。


あっと云う間に完食です。午後仕事じゃなかったら、ニンニクたっぷり入れるんですけど、それは止めときました。


さっ、午後の仕事も頑張りましょう。ごちそうさまでした。
コメント

麺屋 翔

2016年09月26日 | ラーメン東京
あるお客さん先に朝から行って打合せ。それが終わったのが10時半。今から駅まで歩いて山手線のれば、品川駅で降りて品達いったらちょうど11時じゃないですか。そう思ったら駅への道を速足で歩いてました。

品達ついて、「今日はどこで食べようか」って悩みます。奥へ向かって歩いていくと、おっ、新しいお店があるじゃないですか。ここ、昔は旭川ラーメン屋さんだったところですね。翔というお店です。


券売機の前に立つと、左上は塩ラーメン800円。このお店は塩がイチオシなんですね。それにしても800円とは強気の価格設定。塩ラーメンでも良かったんですが、僕は始めて食べるラーメン屋さんでは醤油が基本。ふたつ下のボタンに醤油ラーメン800円がありました。券売機に1,000円札を投入して醤油ラーメン券を購入。

お店に入ると、店員さんがカウンター席にお水を置いて迎えてくれました。お客さんは5人程でカウンターにはおふたりがラーメン啜ってます。このカウンターって、以前の旭川ラーメン屋さんのものじゃないでしょうか。限りなく居抜きですね。

数分でラーメンが供されました。おおっ、最近流行りの「神奈川淡麗系」というジャンルじゃないでしょうか?見た目は美しいラーメンです。でもレンゲはオプションにしてほしいな。


麺は、これもまた小麦産地にこだわった自家製麺風。ずずっと啜ると、キリッとした醤油の味と色々な材料でブレンドした旨い出汁の風味と、麺の美味しさが調和してます。なかなか美味ですね。


そういえば、昨日テレビ東京でテレビチャンピオンのラーメン王になった3人を集めて、ラーメン大王選手権やってましたね。これ見て、またラーメン食べたくなった。ラーメン王の条件って、記憶力ですね。

話を翔に戻すと、このラーメンは熱も十分ありますし、メンマやチャーシューも美味しいっ。いつものようにドンブリ持って最後の麺1本まで啜りました。


美味しいラーメンでしたけれど、ここで醤油ラーメンはもういいですね。800円はちょっと高いと思います。まあ、それなりに原価高い材料使ってるんでしょうけど。

ごちそうさまでした。今度来たときは塩を試してみます。
コメント

ちばき屋 塩

2016年09月24日 | ラーメン神奈川
この日は小田原方面へ出張でした。東京の事務所から通勤経路の京急で横浜まで帰ってきて、横浜から東海道線を下ります。東京から東海道線乗ってもいいんですけど、貧乏性なので。

京急が横浜駅へ到着すると11時。小田原で昼食でもいいんですけど、ちばき屋でラーメン食べていきましょう。以前に、ちばき屋へ行ったのは1年前のこと。そのときは醤油ラーメン食べたので、今日は塩にしてみましょう。カウンター席に座ってお水持ってきてくれたお姉さんに塩ラーメンとライスを注文。

ちばき屋の塩ラーメンです。塩味のほうがスープの旨みを感じますね。鶏とか昆布などの旨み。美味しいです。


この細めの縮れ麺がいいですね。美味しい塩スープが麺にのってきます。それにアツアツ。


最後までアツアツのラーメンでした。カウンター席から見てて、その熱さの秘密はドンブリの温め方にありました。ラーメンの茹で鍋に覆いかぶせるようにドンブリを置いて温めてます。


ごちそうさまでした。美味しかった。
コメント

城門ラーメン!

2016年09月22日 | ラーメン三浦
これは先週の土曜日のこと。午後からぶらっと車で三浦半島を一周してきました。東京湾沿いに平成町・三春町・走水・観音埼・鴨居・浦賀と走り、久里浜でラーメンでも食べようと思ってたんですけど、何故か急に城門ラーメンが食べたくなってきました。まだ食べたことない、風和梨で食べようと思ってたんですけどね。またの機会にします。

それから野比の海岸沿いの道走って、国道134号線。三浦海岸のちょっと手前の、目指すラーメン屋さんに到着。


お店に入ると、先客は一組のみ。お店のお姉さんが「どうぞ、お好きな席へ」と仰るので、海沿いのテーブル席に座りました。メニューなど確認せずに、お水持ってきてくれたお姉さんに、「城門ラーメン」と注文しました。すると「細麺ですね?」と確認されました。「はい」と答えましたが、城門ラーメンに太麺あったのかな?

外には東京湾の海が広がってるんですけど、最近ずっと天気よくないですね。


しばらくして、お姉さんが城門ラーメン持ってきてくれました。これこれ、この玉子で覆われた熱々のラーメンが食べたかった。


麺を引っ張り出して、ズズズ-ッと啜ります。熱っ! 口の中、ヤケドしそう。それが、城門ラーメンの魅力。時々お水飲みながら食べないと本当にヤケドします。


僕が食べてる間に二組のお客さんが入ってきましたけど、注文するのはみなさん城門ラーメン。

最後まで、熱々の麺とスープでした。美味しかった。この穴あきレンゲって昔からあったっけ。ちゃんと具の玉子・ザーサイ・ひき肉を残さず食べることができます。


お店を出て煙草を一服。やはりヤケドしましたね、口の中がひりひりします。

そのあとは油壷の観潮荘行って、お風呂入ってスッキリして帰りました。
コメント

上大岡の清和楼

2016年09月20日 | 中華屋
先日の日曜日に上大岡までお墓参りに行ってきました。台風が近づいてるので首都圏は雨が降ったりやんだり。「とりあえずお墓まで行って雨が降ってたら、ご飯食べて時間潰そうか」なんて云って、家内とお袋を車に乗せて行ってみると、ちょうど雨は降ってません。それで、急いでお墓参りを済ませました。本当はお彼岸の中日がいいんでしょうけどね。

時間は午後の2時頃。そのあとは遅いお昼ご飯にします。「どこで何食べようか」なんて話してて、ほぼ六ッ川のロ麺ズに決めた直後、ある中華屋さんの前を通ったとき、「ここにしようか」と家内に云うと、「新規開拓もいいかもね」だって。それで、ここで食べることにしました。清和楼というお店です。


お店に入ると、このお店の方々は中華料理本場の方々とお見受けしました。期待が膨らみます。メニューを見て色々迷いましたが、僕はサンマーメンと半チャーハン。普通のラーメンにしようか迷いましたけど、たまにはサンマーメンもいいかな。家内とお袋は同じもので、かた焼きそば。それに餃子を一枚。

まずは、餃子が供されました。大きめですね。ひとつ食べてみると餡はかなり美味しかった。でも熱がありません。やはり餃子は熱々で戴きたい。


家内とお袋のかた焼きそば。具だくさんで美味しそう。ちょっと味見しましたけど、なかなか美味しいっ。今の季節は白菜じゃなくてキャベツなんですね。僕がキャベツ炒めると変に甘くなるんですけど、そういうこともなく美味しい、これ。


僕のサンマーメンがやってきました。おおっ、久しぶりですね、こういうラーメン食べるの。モヤシだけだと思ったら、豚肉がけっこう入ってます。


麺は普通の中華麺ですけど、美味しいっ、これ。熱々ですし。欲をいうともうちょっとコクのある味付けだったらなおよし。


最後にチャーハン登場。作りたてのアツアツ本格チャーハンは美味しいっ。これは、日本の中華屋さんのチャーハンにはない味。中国深セン行ってたときに同じような味を感じた記憶があります。何でしょうね、この香辛料。でも、美味しいですよ。


かなり満腹になりました。ごちそうさまでした。食べ終わって、メニューを改めてみると日曜日はラーメン100円引きだって。ちょっと後悔。
コメント

小坪、魚佐次

2016年09月17日 | おいしかったもの
実は義父が横須賀市民病院に入院しました。それで先週の日曜日の夕方に家内とふたりでお見舞いに行ってきました。前日の土曜日の夜にも行ったんですけどね。それで帰り道、夕日が綺麗なので、なんとなく海沿いを逗子方面まで走りました。葉山の森戸神社前などを通って。逗子で買い物して帰ろうかと思ってたんですけど、家内が「小坪の食堂やってるのかな?」と云うので、「小坪行ってみてやってたら、そこで夕ご飯食べよう」ということになりました。その店は「魚佐次」と云って、何度かお昼に行ってお刺身定食を食べたことがあります。

小坪の街にやってくると、既に暗くなってしまいましたが、その魚佐次は営業中のようで、早速家内がお店に入って食事ができるか確認。OKだそうです。


座敷とテーブルは満席で、みなさんお酒を飲みながら食事を楽しんでます。逗子マリーナに住んでる人たちかな?それとも別荘に使ってるのかな?なんて考えながら、空いてるカウンター席に座りました。


僕は鮪の赤身定食で、家内は普通のお刺身定食。注文したら暫く待つかと思いましたが、以外にも早く定食はやってきました。これが僕の赤身定食。


赤身は以前食べたときより美味しく感じました。季節の関係でしょうか、それとも仕入れがたまたまよかったのか。美味しかった。


家内のお刺身は鮪の中トロと秋刀魚、それにハマチだったかな? 秋刀魚は一切れもらって食べましたが、脂のってますね。美味しいかった。もう秋刀魚の旬なんですね。


車で来てるのでビール飲めないのが残念でしたけど、美味しいお刺身はビールなどのお酒を飲みながら食べるより、ほっかほかのご飯とお茶のほうが、より美味しく感じると思って納得しました。ごちそうさまでした。
コメント

渋川の地鶏ラーメン屋さん

2016年09月17日 | ラーメンその他
先日の会社が休みの日のことすけど、ちょっと新潟まで行ってきました。新潟と云っても南魚沼ですけどね。十日町とか六日町でラーメン食べたかったんですけど、訳あって午前中に三国峠を越えて上州で、ちょうどお昼時は渋川でした。

そうそう、渋川の市街に入る前の利根川沿いを走る国道17号線の脇に「永井食堂」というのがあり、「車の出入りが多いのでお注意ください」みたいな看板がありました。早朝に通ったとき、「おっ、なかなかいいコマーシャルじゃないか」と思いましたが、帰りに通ったお昼時、本当に駐車車両で混んでます。衝動的に僕も車停めようかと思ったんですけど、行列ができてるのでやめました。人気店なんですね、今度行ってみたいと思います。

それじゃ、渋川で美味しいラーメン屋さんを探しましょう。スマホで色々調べて気に入ったお店がここ。地鶏ラーメンのしぶ家です。


10人もお客さんは入るといっぱいになるぐらいの小さいお店。オバサンとオジサンと二人でやってるお店です。カウンター席に座ってメニューを眺めて、醤油にしようか塩にしようか迷いましたけど、醤油ラーメンと半ライスを注文。すると半ライスはなくて普通ライスだけだそうです。まあ普通でいいか。

5分ほどで醤油ラーメン登場。なかなかいい色のスープですね、おいしそう。ドンブリ持ってスープ啜ってみると、いい味出してますね、この地鶏スープ。


麺もいいですね、シンプルな旨みのあるこのスープに合ってますし、喉越しのいい麺です。


美味しかった。

そういえば最近「神奈川淡麗系」というジャンルがあるそうで、湯河原の飯田商店などが代表だそです。そういえば、そういうラーメン屋さん神奈川県内には多いですね。厚木の山奥のZUND-BARとか。

話を戻して、ここ渋川の地鶏ラーメン、これもなかなか美味しかった。ごちそうさまでした。
コメント

平八

2016年09月17日 | ラーメン横須賀

横須賀では有名な煮干しラーメン専門の「平八」。先週の日曜日に始めて行ってきました。ある方のブログ記事に載ってた住所を頼りに行ってみると、以前の場所と違いますね。以前、平八で煮干しラーメン食べようと前あったお店に行って、残念ながら昼休みだったのを覚えてます。あれっ?塩ラーメンの錦太朗と間違えてるかな?


注文は当然煮干しラーメン。濃いいのとかありましたけど、まずはノーマルの味を確認します。煮干しスープの旨み凄いですね。香りは独特です。以前、煮干しラーメンの本場弘前で食べた煮干しラーメンより煮干しの香りが強いと思います。


麺は家系みたいな麺で、かなりボソボソ感じが強いですね。個人的な感想ですけど、この美味しい煮干しスープには太さも含めてもっとよく合う麺があると思います。


しかし、煮干しスープはホント美味しかった。完食です。


ごちそうさまでした。
コメント

元祖ニュータンタンメン本舗

2016年09月16日 | ラーメン東京
これはいつのことだったか。そうだっ、横浜へ出張して、というか立ち寄って東京の事務所へ戻る途中、11時をちょっと過ぎた頃だったので品川で途中下車しました。行き先は当然品達です。なんつっ亭から奥へ入って行って、どのラーメン屋さんの前通ってもどうも「このラーメン食べたいっ」という気分には、なれませんでした。

そうだ、ラーメン以外にドンブリ屋さんもあったんだっけ。たまにはドンブリもいいかと、さらに奥へ進んでいくと、何とドンブリ屋さんのなかにニュータンタンメン本舗がありました。今日はここで食べましょう。むかしこのお店では、戸塚で食べたことが一度だけあります。


券売機で購入したのは、当然ニュータンタンメンと半ライス。お店に入ってカウンター席に座ってお姉さんに券渡すとき「辛さは?」と聞かれ、「普通でお願いします」と答えました。僕のニュータンタンメンが出来上がるまで、何人かの新しいお客さんは入ってきて、「大辛」とか「中辛」と云って注文してます。みなさん、辛いの好きなんですね。というか、そういう方がこの店来るんですね。

僕のニュータンタンメン普通辛が完成。レンゲでかっ!


熱々で辛々で、美味しいですね。あっ、ニンニク効いてる!これ、午後の仕事に差し支えるかな?


僕にとっては十分辛いニュータンタンメンでした。そのおかげで汗が止まりませんし、口の中はヤケドしたように感覚がありません。慣れてくると、こういうラーメンは癖になるんでしょうね。

まあ、美味しかった。ごちそうさまでした。
コメント

金ちゃんヌードル、塩と醤油

2016年09月11日 | カップ麺
夏休みのドライブで伯方島行ってラーメン食べたとき、待ち時間があったので、Aコープに行って、色々地元のものを見て廻りました。


収穫はこれ、金ちゃんヌードル。これって僕の住んでる横須賀では手に入らないと思います。作ってるのは徳島製粉株式会社。


先日飲み会があった日、うちに帰ってきて小腹が空いたので、シャワー浴びてから何か食べようとキッチンの戸棚を開けてみると、金ちゃんヌードルがありました。伯方島土産です。今日はこれ食べましょうか。家内も食べるというので、醤油と塩。

これが、僕の食べたノーマル金ちゃんヌードル。つまり醤油味です。


麺は日清のカップヌードルに似てますが、ちょっと違いますね。でも、美味しい麺です。でもスープは日清に軍配があがるかな?


家内の食べた塩味をちょっと食べてみましたが、これはスープ美味しかった。金ちゃんヌードル食べるなら、塩あじの方がいいと僕と家内は思いました。
コメント (2)

福山SAの尾道ラーメン

2016年09月11日 | ラーメンその他
夏休みのドライブ旅行の帰りは、やはりラーメン。尾道までやってきて尾道ラーメン食べない訳にはいきませんよね。しかし、僕たちが尾道に着いたときは既に夜。めぼしいラーメン屋さんは1軒も営業してませんでした。

帰りの山陽道のSAとかPAだったら、美味しい尾道ラーメン食べられるかもしれないと思って、福山西ICから山陽道に入りました。それで、すぐにあった福山SAにピットイン。ちゃんと尾道ラーメンを出してくれるお店がフードコートにありました。尾道ラーメン一杯650円は、最近高めのSAラーメン価格設定からすると、良心的ですね。


券売機で買ったラーメン券をオバサンに渡すと、代わりにポケベルみたいなものを戴きました。それが鳴りだしたのは席についてから5分も掛かりませんでした。

その尾道ラーメンです。ほんとうはこの日、お昼に伯方の塩ラーメン食べたんですけどね。


この尾道ラーメンはなかなか本格的ですね、実は今年5月に尾道の老舗、朱華園でラーメン食べたんですけど、それに近い感じ。背油の具合とか麺の質とか。


冷房強めでちょっと寒いSAのフードコートで熱々のラーメンは美味しかった。ごちそうさまでした。これから朝まで走り続けて横須賀へ帰ります。
コメント

伯方の塩ラーメン

2016年09月11日 | ラーメンその他
瀬戸内海に浮かぶ伯方島は塩の産地として有名で、その美味しい塩を使った塩ラーメン屋さんがあると聞きました。それも絶品だそうです。せっかくしまなみ海道を今治から尾道まで走るので、その伯方島で降りてその名物の塩ラーメンを食べていきましょう。

そのラーメン屋さん「三和」に到着してみると、凄い人気に驚きました。閑散とした伯方島で、このラーメン屋さんの周りだけ人が群がってます。


駐車場は満車でしたが、ラーメン屋さんの向かいの家のオバサンがたまたま出てきて、停める場所で困ってそうな僕を見て、「うちの車の前に停めていいよ。今日は出ないから」みたいなことを伊予弁で仰いました。お言葉に甘えて停めさせて戴きました。

まずは、お店へ行って整理券貰って、それからこの辺りの散歩に出掛けました。


お店に入場できたのは整理券貰ってから1時間15分後でしたね。けっこう待ちました。ここが僕たちが案内されたテーブル。食後に撮った写真ですけど。


伯方の塩ラーメンと伊予の貝めしを注文。ラーメンができるまで、メニューに載ってた伯方島の塩ラーメン物語を読んで過ごします。僕は知らなかったんですけど、塩に対する国内政策の大転換があったんですね。安定した塩の供給を目指すのは分かりますけど、昔から作り続けてきた製法で塩を作れなくしたって、凄い歴史があったんですね。


伯方の塩ラーメン登場!見た目は美しいし、超美味しそう。


この細麺が塩スープによく合います。喉越し最高。スープも深い塩の味わいがあります。


塩ラーメンもさることあがら、この伊予の貝めしがまた美味かった。


瀬戸内海の旨みを凝縮した2品でしたね。この小さい伯方島にたくさんのお客さんがやってきて、この瀬戸内の味を求める気持ちは分かるような気がします。

ごちそうさまでした。
コメント

うどんバカ一代

2016年09月04日 | そば・うどん

久しぶりにうどんを食べに讃岐にやってきました。今回食べるうどん屋さんは、時間の制約から朝6時からやってるお店一カ所のみ。早朝営業のお店はいくつかあったんですが、そのなかからこのお店を選びました。「うどんバカ一代」です。

6時10分頃、お店に到着すると既にお店は満席で、行列もすごいっ。駐車場に車入れる前に家内が車を降りて並びます。


お店に到着して並び始めてからここまで20分。


その数分後、お店の中に入ることができました。凄いですね、壁一面に飾られた有名人の色紙。


何を注文するかは、あらかじめ決めてました。僕は基本の「かけ」、家内は「釜玉」です。うどんを食べる予定なのはここ1軒なので、ともに二玉ずつ。

トレイ持ってお冷のコップおいて、口頭で発注。注文したものはともに暫く待ちました。その間に美味しそうな鶏唐ふたつとお会計。すると「かけうどん二玉」と、お店の方が声を掛けてくれました。うどんを戴いて、薬味のネギとショウガをトッピング。先に席に着いてた家内の隣に着席。

どうです?美味しそうでしょ。


見てください、このうどん。光ってますよ。


家内の釜玉です。まるでカルボナーラ。一口もらいましたが、これも美味しいっ。


しかし、食べ進むうちに飽きてきましたね。出汁に比べてうどん多すぎ。これ失敗しましたね。ひと玉だったら最後まで美味しく戴けて、「もっと食べたい」という状況でごちそうさま。このほうが良かった。

ここまで食べるのに苦労しました。お腹いっぱい。


ごちそうさまでした。大変美味しいうどんでしたが欲張ったせいで、美味しかった印象はかなり薄れました。家内も同じ意見。反省します。
コメント

天スタ

2016年09月04日 | ラーメンその他
昔から色々な方のラーメンブログ見てきて、よく目にしたのが天理スタミナラーメン。その通称「天スタ」を一度たべてみたいと常々思ってました。今年の夏のドライブ旅行は四国に決めたので、その途中で天理寄って食べてみようと計画を立てました。

名阪国道をひた走り、その終点の天理についたのは夜の10時すぎ。高速道路のような名阪国道降りてからスマホで場所を確認しようと思ってましたが、その必要はありませんでした。そのお店は名阪国道を天理で降りたところにありました。


お店に入ると、タッチパネル式の自動券売機があって、天理スタミナラーメン(小)2杯とライス券を購入してカウンター席に座ります。ひとりで2杯食べる訳じゃないですよ、家内と2人前。

店内は、カウンターとテーブル席と大きめの小あがり席。この時間にしてはけっこうお客さん入ってますね。


それで、待望の天理スタミナラーメンがやってきました。これで(小)ですよ、ボリュームありますね。具は豚バラ肉と白菜がタップリと、ニラが少々。


まずはドンブリ持ってスープをひとくち。と思いましたが、ドンブリが熱くてもてません。しかたなくレンゲでスープを啜ってみると、「熱くて辛いっ」これは想像通りですね。いい感じです。

麺は少々太目のストレート麺。このスープにはあってると思います。縮れ麺だったら、熱くて食べられません。


辛さの基は豆板醤が中心のようですね。鷹の爪なんかも入っててなかなか辛いっ。白菜と豚バラもいい感じに辛くて熱いっ。なかなか美味しいと思って食べ進むうち、ちょっと飽きてきたかな?

原因は冷めてきたからだと思います。多分主要因は辛さの奥に仕込んだコクが少ないからじゃないでしょうか。要するにダシなどの旨み成分。

スープは残しました。辛い味しか感じなかったので。


ごちそうさまでした。長年の夢が叶いました。天理スタミナラーメン。暫く経つと、また食べたくなるような気がします。
コメント