僕の好きなラーメン とか

始めたころはツーリング記とか載せてましたが、今ではたまに更新。美味しいラーメン食べたらアップします。

小川家のラーメン、横須賀の林

2015年02月28日 | ラーメン横須賀
先週の土曜日のことですが、三浦半島西海岸を三崎方面へ向けて車で走りました。実は油壷の観潮荘の日帰り露天風呂に行ったんです。海水を沸かしたお風呂で気持ちいいんですよね。ちょっとお腹が空いてたので、三崎のずいずいでも寄ってラーメン食べてこうと思ってました。

芦名から林の街中へ入ってきて、横須賀市民病院と林の交差点の真ん中ぐらいに、「小川家」という駐車場のある食堂を見つけました。ここでラーメン食べて行きましょうかね。美味しラーメン屋さんのリピートもいいんですが、この辺りのお店も新規開拓しないと。ずいずいは、スープ切れかもしれませんし。


小川家といっても、明らかに横浜家系ではなく小さな町の食堂という感じ。お店に入ると2時をまわってるんですがけっこう混んでるじゃありませんか。メニューを見るまでもなく、「醤油ラーメンと小ライス下さい」と注文。ちょうど僕の前に二組のお客さんが入ったところで、「こりゃ時間掛かるかな?」と思いました。何気なくメニューをパラパラめくってみると、何と醤油ラーメンは450円じゃありませんか!驚きです。横須賀一安いんじゃないでしょうか。


意外にもはやく、5分ぐらいでラーメンと小ライスが運ばれてきました。ちょっと背油の浮いた美味しそうな醤油ラーメン。ドンブリもって啜ってみると、スープは鶏ガラ主体ですね。さっぱりしてて熱くて美味しいっ。


麺はちょっと細めの縮れた黄色いたまご麺。量も普通にあります。ナルトがいいですね、昭和のラーメン風。


味が確認できたら、コショーを適量投入してモクモクと食べます。ご飯も炊き立てっぽくてけっこう美味しいっ。ラーメン専門じなくて食堂ですもんね。チャーシュー・メンマの味も良かった。

ラーメン到着から6分で完食。ごちそうさま、美味しかった。スープはちょっと残しましたけど。


こういう食堂系のラーメンもなかなかいいですね。食べ歩いてみましょうか。
コメント

チョコレート貰いました。

2015年02月15日 | おいしかったもの
昨日のバレンタインの日、どういう風の吹き回しか出掛けてる娘からLINEで連絡がありました。「冷蔵庫にチョコ入ってるから食べていいよ」だって。どうやら僕にチョコをくれるというのです。毎年手作りでチョコレート作ってたのは知ってますが、娘からチョコ貰うのは幼稚園生のとき以来じゃないでしょうか。

これがそのチョコレート。金曜日の晩に遅くまで掛かって作ってたやつです。本命の彼に作って、余ったからくれたんでしょうが、それでも嬉しいですね。


ひとつ、ありがたく頂きました。あとは冷蔵庫にしまいました。ウイスキーでも買ってきて、チビチビ飲みながらこのチョコ頂きましょうかね。

それから夕食のとき、家内がこれもくれました。


なんでも、有名なパテシエが作ったチョコレートだと云います。これも何年ぶりでしょうか、以前にチョコ貰った記憶って結婚以前に遡らなければ思い浮かびません。

開けてみるとこれもちっちゃなチョコレートが幾つか入ってます。これ、高そうですね。ひとつだけ戴きました。やはりあとは冷蔵庫へ。


今年は何か変ですね、天変地異でも起きるんじゃないでしょうか? 来月お返ししなきゃいけないのかな?でも、何となく忘れそうな予感がします。
コメント

久しぶりの、ますたに

2015年02月12日 | ラーメン東京
この日は横須賀で用事があったので、午前中会社は休みました。10時に用事は終了し京急の上り電車に乗りました。快特の青砥行に乗って、日本橋で10時半頃。久しぶりにますたにラーメンでも食べてから会社行きましょうか。

青砥行の電車を日本橋で降りてコレドを通って、ますたにラーメンにやってきました。あれっ、こんな幟あったっけ?


入店したのは11時ちょっと前。僕のほかにオジサンひとりがカウンターでラーメン食べてました。こんな空いてるますたには始めて。注文はいつものラーメン固めとライス普通盛り。同時に注文したのは僕ひとりだったので、固めのラーメンはすぐにできあがり。


どんぶり持って熱々の背油スープを啜ると、んっこの味、久しぶりです。麺を啜るとほどよい固め。薄めにスライスされたチャーシューも、シャキシャキの九条ネギも美味しいですね。ここで、コショーを投入。ニンニクはちょっと止めときました。これから仕事があるんで。

僕がラーメン食べ始めた頃、続々とお客さんが入ってきました。オーダーを聞いてるとやはり「ラーメン固めで、それとライス半分」って云うお客さん多いですね。

このラーメンは食べ進むうちにピリッとしてくる三層になったスープ。ご飯との相性もバッチリですね。もっとお腹すいてたらご飯大盛りでもらったのに。炭水化物おかずに、炭水化物だなんてと、色々云う人もいますが、僕はラーメンにはライスが合うと思います。やめられませんね。

僕がラーメン食べ終わったとき、カウンターは8割ほど埋まってました。相変わらず繁盛してますね。

久しぶりのますたにラーメンは美味しかった。あれっ?そう云えば今年正月明けに日本橋で新年会があって、その帰りにここでラーメン食べたっけ。酔っ払ってたので忘れてました。
コメント

鰹のタタキ(冷凍)、最高ッ!

2015年02月08日 | おいしかったもの
平成町のave行くと時々見かける鰹のタタキ(冷凍)を買ってきました。これの何がいいかって、そのコストパフォーマンス。鰹ひとさくが200円代で売ってます。こんな安く売ってるってことは人気無いんですね。

でもこうやって食べるとホント美味しいですよ。


大皿に鰹のタタキを並べてって、大蒜スライスをのせてポン酢と醤油をさらっとかけます。その上に刻んだ九条ネギと手で千切った大葉を散らして完成。

どうです、美味しそうでしょ?


鰹って昔は夏しかなかったですね。冷凍技術もあまり発達してなかったし、何より鰹を季節外に食べるニーズって無かったんでしょうね。それにすぐ鮮度が落ちるので大蒜醤油とかで臭味を消さないと美味しく食べられなかった。

最近では、本場高知とか枕崎で新鮮なうちにタタキにして、即冷凍したものが広く出回るようになりました。嬉しいですね。それにこの時期から春先にかけては在庫処分のため、いっそう安くなります。毎週食べると飽きますけど、また買ってきてたべましょう。

コメント

ほっともっと!

2015年02月06日 | お弁当系
先日、帰りの電車に乗ってると、家内からLINEで連絡がありました。「従兄の▲さんに電話して。よくない話らしい。」とのこと。ちょうど僕の降りる駅に電車が到着したのですぐに発信。すると▲さんのお姉さん、従姉の○さんが急に亡くなったとの連絡。とりあえず、「すぐ行く」と云って電話を切りました。

うちに帰ってすぐ家内とふたり、車で横浜へ向かいました。既にお姉ちゃん(僕はそう呼んでました)は葬儀屋さんに居り、そこで変わり果てたお姉ちゃんに会いました。お線香をあげて合掌。久しぶりに会った▲さんとそのご家族との話もそこそこに、既に遅い時間なので直ぐに帰宅。

その帰り、「お腹空いたし、うち帰っても何もないね」ということになり、「夕ご飯買ってこうよ」ということになりました。国道16号線を横須賀に向かって走って、思いついたのが追浜のオリジン弁当とやはり追浜の吉野家。帰宅途中の子供とも連絡をとり、子供の意見が尊重されてオリジン弁当に決定。

追浜駅前を左折して、すぐ右側にあったはずのオリジン弁当が見つかりません。「あれっ、閉店しちゃったのかな?」そのまま夏島方面へ1kmほど走り、右側にあったホカベン屋さんで夕ご飯を調達することにしました。「ほっともっと」です。


店内に貼りだしてあったメニューから、家内はのりタルタル弁当、僕はから揚げ弁当、それから子供には焼肉弁当を選択。


家に帰ってきて、お風呂入って三人で買ってきたお弁当を食べました。


まあ期待はしてませんでしたが、それなりの味。気のせいか、昔の「ほっかほっか亭」の方が美味しかったように感じます。昔の頃だから正確な記憶ではありませんけど。でも、唐揚げは絶対昔の方が美味かったと確信しますね。

東戸塚が勤務地だった頃、休日出勤したらだいたいお昼はほっかほっか亭でした。そのころ、唐揚げ弁当とスポーツ弁当を交互に食べてました。当然大盛りで。だから唐揚げの味はちゃんと覚えてます。もっとカリッと揚がってる衣に旨みのある唐揚げでした。

そうだっ、「ほっかほっか亭」って「ほっともっと」に変わったんじゃなくて、お家騒動で「ほっともっと」が分家したんでしたね。じゃ、今でも「ほっかほっか亭」の唐揚げは美味しいのかもしれませんね。
コメント

西山の醤油

2015年02月01日 | 西山ラーメン
今日2月1日の日曜日は、うちで仕事しようと思ってました。会社からPCもって帰ってきて会社のサーバーに接続しようとしましたが繋がりません。メンテナンスか何かでしょうか。仕事は諦めましょう、天気いいですしね。明日始発で会社行って仕事します。

午前中はそれからずっとテレビ観てました。いやな事件ですね、もうこれ以上犠牲者が出ないことを祈ります。

お昼すぎに、ラーメン食べることにしました。家内もお腹空いてきたというので。遅くまで寝ててさっき朝ごはん食べたばかりの子供に「ラーメン食べる?」と聞くとやはり「今はいい」との返事。じゃ二人分作りましょう。

今日はこれ、西山ラーメン伝の醤油。野菜はニラとモヤシです。


鍋と薬缶でお湯を沸かし、ドンブリを温めます。それから中華鍋にラードを投入。やはり札幌系のラーメンにはラードです。


中華鍋からラードの香りがたってきたらモヤシを投入し、シャカシャカ炒めます。ちょっとしんなりしてきたらニラを投入。同時に麺をゆで始めます。


それからドンブリを温めたお湯を中華鍋に入れてスープを作ります。西山ラーメン伝に添付の出汁と醤油ダレを投入。ちょうどそのころ麺のゆで時間は2分30秒。スープも沸騰してきました。


すかさず中華鍋の火を弱め、麺を湯切りしてドンブリに盛り、アツアツのスープと野菜を入れてラーメンのできあがり。


テーブルに持ってって胡椒を振り掛けアツアツの西山ラーメンを啜ります。いやっ、いつ食べても美味しいっ。


いいですね、黄金色に輝く西山のラーメン。


やはり美味しいですね西山ラーメン。こういう美味しい札幌系醤油ラーメン屋さんって、近所にほしいですね。そうだ大公の醤油ラーメンってこんな感じかもしれません。今度食べに行ってみます。
コメント

マルタイの棒ラーメン 高級グレード

2015年02月01日 | 即席ラーメン
会社が休みの土曜日のこと、お昼ごはんはラーメンにします。いつだったか平成町のaveで買った棒ラーメンが、キッチンの引き出しに残ってました。今日はこれ食べましょうかね。鍋ひとつでできるし。このとき食べたラーメンとおなじあごだしラーメンです。

鍋ひとつで作ったとは思えない、出来栄え。乾燥ネギとメンマが付いてるのもいいですね。何てったって、マルタイ棒ラーメンの最高級品。


ラーメンを持ち上げてみると、棒ラーメン特徴の細ストレート麺。この麺でもあごだしスープの旨みが濃いから、啜ると美味しいラーメン。


このラーメンは袋麺と同じ作り方なので、卵入れてみました。だから白っぽい灰汁みたいなのがあったんです。


いや美味しいですね、生ラーメンと違い鍋ひとつってのがいいですね。また気が向いたら買ってきて食べます。
コメント