僕の好きなラーメン とか

始めたころはツーリング記とか載せてましたが、今ではたまに更新。美味しいラーメン食べたらアップします。

えきめんや

2019年02月10日 | 立食い
金曜日の夜は、また深酒してしまいました。1軒目は8人ぐらいで居酒屋で盛り上がり、その後、後輩の一人が「もう一軒行きましょうよ」と云います。それで、日高屋で飲み直しました。で、気付くと日付が変わってるじゃありませんか!後輩は「僕はまだ電車ありますから」だって、ムカつく!

で、僕は漫喫泊。東京から横須賀までタクシーで帰ると25,000円ぐらい掛かりますもんね。

朝暗いうちに目が覚めて、それから電車で横須賀へ戻りました。満喫を出ると、何と雪が積もってるじゃないですか!どうりで寒いはずです。品川始発の特急三崎口行に乗ってると、やっと明るくなってきましたね。すると空腹を感じてきました。金沢八景を発車したとき、そうだ、追浜に立ち食いそば屋さんあったっけ。

そう思うと、どうしても暖かい「かけそば」が食べたくなってきました。で、7時ちょっと前だったか、追浜で下車。改札口脇のえきめんやに到着。


自動販売機でかけそば券300円をパスモで購入。お店に入ると先客は3人もいらっしゃいます。スタッフはオバサンおひとり。暫く待って、僕のかけそばが出来上がりました。


お腹空いてたので、美味しかったですね、熱々で。でも客観的にみて、やはりえきめんやは品川駅が一番美味しいと思います。


食べ終って冷水を一気飲み。それでオバサンに「ごちそうさま」と云ってお店を出ようとすると「いってらっしゃいませ!」だって。そうか、これから仕事へ行くサラリーマンだと思われたんですね。飲みすぎて朝帰りなんですけど。
コメント

えきめんや、品川

2017年12月03日 | 立食い
実は、先週の木曜日は寝坊しました。最近、スマホの調子が良くなく、いつもの5時55分に一度はアラーム鳴ったんですけど、その後スマホはフリーズ。3分後の二回目と6分後の三回目が鳴らず、気付いたら何と7時半。こりゃ、遅刻確実。

それで、支度して家を出たのが8時過ぎ。それで歩きながら会社へ「急に横浜の事務所に出ることになったので、事務所着は11時」と連絡入れました。ほんとうに用事があったので、横浜の事務所に出ようとも思ったんですが、説明資料もPCも持ち合わせてないので、やめときました。

金沢文庫駅から増結車両に乗って品川駅ついてのは9時半頃。朝ごはんちゃんと食べてなかったので、ふと、えきめんやでかけそば食べることを思いつきました。

300円だったかな?券売機でかけそば・うどん券を購入して「そば下さい」と注文。すぐに出来上がりました。


唐辛子を少々振って戴きます。んっ、熱は十分ですね。でも汁の旨みが減ったような気がします。代わりにみりんか何かの甘味が増えましたね。個人的にはレベルダウンを感じました。朝と午後とでは、出汁の煮詰まり方で味変わるのかな?

その後、10時半には、まるで寝坊したことなど微塵も感じさせず、事務所に出社しました。
コメント

青砥そば

2016年11月23日 | 立食い
久しぶりに仕事で成田空港行ってきました。いつもだったら会社の車で東関道走っていくんですけど、この日は電車で行きました。成田スカイアクセス線というやつに、僕は始めて乗りましたね。その帰りのことです。

成田空港発の京成電車は、京成本線経由の特急上野行き。その電車のって約1時間の青砥で下車。ここから北総線からやってくる京急直通電車に乗り換えるため。


乗り換えは高砂でも良かったんですけど、ここで立ち食い蕎麦食べたかったから。「青砥そば」です。ここは昔ながらの立ち食いそば、最近では当たり前の券売機などはなく、メニューも最近流行りのゴテゴテしたものは一切ないシンプルな蕎麦屋さん。


10年ほど前までは仕事でよく千葉ニュータウン行ってたんで、帰りによくここで蕎麦食べたんですけど、久しぶりにここで蕎麦が食べたくなりました。

お店に入ってオジサンに「かけそば下さい」って注文。310円だったかな?お金と引き換えにかけそば登場。ちょっと一味を振ってドンブリ持って戴きます。おおっ、美味しいっ。それに温まります。ちょっと少なめの量もちょうどいいですね。


あっという間に完食。ごちそうさまでした。久しぶりに懐かしい蕎麦を戴くことができました。 朝の通勤時間帯は、ここで朝食って方多いんでしょうね。

食後は京急線直通の久里浜行き。ここから1時間半掛ります。


念のため改札階に降りて、トイレ行ってから電車に乗りました。乗ってる時間が長いんで。
コメント

えきめんや、横浜

2016年06月04日 | 立食い
この日は午後から横浜で仕事でした。仕事といっても打ち合わせなんですけどね。16時頃に終わって、本当だったらそのまま横須賀まで帰りたかったんですが、この日は事務所近くで飲み会の予定があったので、東京まで戻らなくてはいけません。めんどくさいんですけど、しょうがないですね、会社のお付合いも大切です。

ちょっとだけお腹空いたので、ここで軽くお蕎麦でも食べていきましょうか。京急横浜駅内にある「えきめんや」です。ここ、あまり僕の口に合わないんですよね。不思議と美味しいと思ったことのないお店。この日までに2~3回ここで蕎麦食べたことがありましたけど、「食べなきゃよかった」と毎回思ってました。


今日は、久しぶりの挑戦です。昔と変わらず麺も出汁も美味しくなかったら、今日が最後と心に決めて券売機で「かけ」を購入。

さあ、そのかけそばが登場しました。どうでしょうか。


おっ、麺変えましたね。美味しくなりました。以前は全く魅力を感じない輪ゴムのような麺でしたが、ちゃんと蕎麦の食感と味がします。でも、出汁はまだイマイチですかね。以前よりは良くなってますが、まだ醤油が強すぎます。というか、旨みが醤油に頼り切り。味醂などで甘くする必要はありませんが、出汁の旨みがもうちょっとほしいですね。

以前食べたときと比べ、格段に良くなってると思いますけど、もうちょっと頑張らないといけないですね。でも薬味ネギの質は良かったし、熱も十分だったので、お腹空いてたらまた食べてもいいかな?
コメント

えきめんや 品川、リニューアル

2015年10月10日 | 立食い
これは、今週の月曜日のこと、久しぶりに8年ほど前まで飲み友達だった先輩と会い、品川で飲みました。昔の楽しい話で盛り上がりましたね。何故かその先輩を知ってる部下の女性も連れてったもんで、2次会はカラオケ。久しぶりに楽しかったです。

それで、10時過ぎになって、先輩たちとはJR改札前で別れ、僕ひとりは京急品川駅へやってきました。すると、改装工事中だったえきめんやがオープンしてるじゃありませんか。ご祝儀代わりに一杯食べて行きましょう。


かけそばですけど。


リニューアル後も美味しいですね、ここのかけそば。酔ってるせいか、以前よりも、より美味しくなった感じがします。


えきめんやのなかでもここ品川駅だけ、何故ダントツで美味しいのか。多分扱い量が他のえきめんやと違うからじゃないでしょうか。だから、材料はすぐに入れ替わっていつも新鮮。出汁も麺も具も。そんな気がします。

空腹が見たされホロ酔い気分で、本日最後の12両編成、京急久里浜行始発快特を待って座って帰ります。

その一本前の22時30分発、都営線からの快特三崎口行き。混んでるので、僕は乗りません。


品川始発の電車に乗って、座ったら何となくスマホでネットフレックス見始めてしまいました。昔のドラマの「結婚できない男」、阿部寛主演のやつ。第一話から見入ってしまいました。癖になりそう。
コメント

えきめんや 品川

2015年07月10日 | 立食い
昨日、会社のとある先輩たちに呼び出され、東京の丸の内で会食することになりました。先輩と云うより上司ですかね。その丸の内ビルに僕は始めて入りましたね。そのなかにあるハイカラなレストランでビールとビールにあう料理をアラカルトで戴きました。どれも美味しかったですよ。でも日本のとある地方の素材を使った欧州風の料理なので、どちらかというと脂っこく、あまり僕は好きではありません。まして同席したのは上司たちなので、好きなもを適当に注文できる環境じゃなかったし。

ビールも食事も特に不満はありません。むしろ美味しいと思いましたが、上司3人といっしょに食事するのって、あまりいいもんじゃないですね。多分、僕がたくさんの話題を持っていて、その場を盛り上げられれば良かったんですが、あいにく、そのような話術は持ち合わせておりません。

2時間ほどの食事を終え、丸の内口のJR改札前で彼らと別れてから、僕は唯一知ってる喫煙場所へ行って数時間ぶりに煙草を吸いました。丸ビルのレストランはおしゃれだから、食事しながらの喫煙はNGだったようです。

東京駅から山手線に乗って品川駅について京急ホームに着くと、始発快特発車まで15分ほどあります。時間があると思うと、さっきまで脂っこいものでお腹いっぱいでしたが、小腹が空いてきました。

「えきめんや」で、かけそばを食べて帰ることにします。

京急の下りホームにある「えきめんや」のかけそば、270円です。


今日は普通のかけそばにしました。関西風でなく。


ほろ酔いだったのいで、いつも以上に美味しく感じましたね。ここ品川駅の「えきめんや」は他の「えきめんや」と比べて美味しいと、食べるたびに思います。
コメント

神田、吉そば

2015年07月04日 | 立食い
昨日の金曜日は神田で飲み会でした。集合時間は18時30分でしたが、秋葉原での打合せが17時過ぎに終わったので神田には早くつきすぎてしまいました。パチンコやってもお金の無駄遣いになりそうですし、先に一人で飲んでても寂しいですし、何して時間潰しましょうか。

そうだっ、悪酔いしないように何か軽くお腹に入れときましょう。「小諸そば」でもりでも食べようかと思いましたが、神田の「小諸そば」の場所が思い浮かびません。駅のそばに確か「富士そば」がありましたね。じゃそこ行きましょう。その「富士そば」へ行ってみると、何と「吉そば」に変わってるじゃありませんか。


今から15年ほど前のことですけど、会社の事務所が日本橋にあった時代、三越前の「吉そば」にはお世話になりましたね。二日酔いのときの昼食とか、残業してるときの夜食とか。確か大盛りにしてもらっても料金は同じなんですよね。

お店の前の券売機で「かけそば」を購入して、お店に入って「かけそば下さい」ってお願いすると「大盛りにしますか?」と聞いてくれました。嬉しいですね、このサービスは変わってません。

久しぶりですね、「吉そば」のかけ。熱もあるし、蕎麦も食感がいいもの使ってると思います。少なくとも「富士そば」よりは美味しいと思います。


余談ですが、僕は「小諸そば」の場合もり系、それ以外のお店ではかけ系にしてます。もりは小諸が一番美味しいと思いますが、逆に小諸のかけ系の汁は僕には甘すぎます。他の店舗は逆で、必ずかけ系。変な拘りですね。

「吉そば」には結局10分も居ませんでした。時間潰しになりませんでしたね。
コメント

電車寝過ごして立ち食いソバ

2015年06月21日 | 立食い
金曜日の夜は久しぶりに飲み会でした。場所は昔の事務所があった田町。飲んだお店は、これまた懐かしい慶応通りのとある居酒屋さん。いや、飲みましたね。生ビール何杯飲んだか記憶にないぐらいです。

田町駅前でJRで帰る皆さんと別れ、僕は都営浅草線の三田駅から京急久里浜行快特電車に乗りました。金曜のまだ早い7時半頃の時間ですが、青砥始発のその電車に当然座ることは出来ません。つり革につかまって30分ほどでしょうか、横浜で座れました。するとすぐに僕は寝てしまったようで、京急久里浜駅で車掌さんに起こされました。まだ良かったですね、久里浜で。

今週はずっと終電での帰宅、加えてこの日は昼食抜き。雨降ってたんで食べに行くの億劫だったんで、飲み会には体調が悪すぎました。

上り電車までまだ10分ほどあるんで、ちょっと「えきめんや」でかけそばでも食べましょうか。入口の券売機でかけそば券をパスモで購入、たしか300円だったかな?誰もいないお店にはいってオバサンに「かけそば下さい」ってお願いしました。

ここでかけそば食べるの何年ぶりでしょうか?


たまに食べる品川駅の「えきめんや」とは明らかに違う蕎麦の味。蕎麦の風味はあるような気がしますが、麺のボソボソ感があまり僕の趣味に合いません。でも、お腹空いてたんでそれなりに美味しかったですよ。


ちょっと億劫でも改札口出てちゃんとしたラーメン屋さんに行った方が良かったかも。

上り電車は京急イエローハッピートレインでした。


何がハッピーだか良くわかりませんが、ともかく家に帰りつくことができました。
コメント (2)

関西風のかけそば

2014年03月15日 | 立食い
京急品川駅1番線にある「えきめんや」の関西風かけそばです。


このホームからは羽田空港へ10分に1本ぐらいの割合で電車が発車していきます。だから関西の方の利用も多いため、関西風の薄口醤油の出汁も用意してます。食券を渡すとき「関西風」というと、いつもと違う見た目薄い汁のそばが出てきます。色が薄いからといって味も薄いわけではありません。むしろ塩味がきついですよ。旨みは昆布出汁。けっこう美味しいです。

でもやはりこの出汁にはうどんが合うんでしょうね。
コメント

名古屋駅、新幹線ホームのきしめん

2014年01月17日 | 立食い

久しぶりに新幹線で名古屋へ行きました。いつ以来でしょうか、2009年の5月に行った記憶はあるので、5年ぶりぐらいでしょうか。のぞみで名古屋駅に到着したときちょっと小腹が空いてたので、何か軽く食べたいな。

そうだっ、新幹線ホームにきしめん屋あったっけ。


昔何度も食べたことありますが、とりわけ美味しかったという印象はありません。されどまずかったという記憶もありません。どんな味だったか確認するため、きしめんを食べることにします。それにあまり時間もなかったので。

券売機で「きしめん」を購入して店内へ。300円ぐらいだったかな?最近の券売機はフェリカが使えるので、いくらだったか記憶が残りません。カウンターのなかのお姉さんに渡して「きしめん下さいっ」

おおっ、久しぶりですね。


結果、可もなく不可もなく。まあ、こんなものでしょう。きしめんの歯応えって、あまり好きじゃないこと思い出しました。それに出汁、旨みを感じません。その代わりのカツオブシでしょうか。個人的な意見ですが、カツオブシを掛けるのって好きじゃありません。冷奴ぐらいならまだいいですが、うどんとかタコヤキとかに掛けるのってどうも・・・

食べ終わったあと、歯にカツオブシが着いてそうで、トイレの鏡で確認しました。

コメント

梅とろろこんぶ 並み

2013年07月20日 | 立食い
新橋駅で山手線から都営浅草線に乗り換えるとき、お腹がすいたので「ラーメンでも食べようかって」思いました。JRの烏森口改札を出て横断歩道を渡り、その辺をぐるっと一周してきて、ここで食べたいっていうラーメン屋はありません。「まあいいか」と思った時、目の前のさぬきうどん屋さんに食指が動きました。

NRE&めりけんやというお店です。実はこの写真、googleから借用しました。


昔、讃岐に行って釜玉うどん食べて感動したっけな。ここもそのぐらい美味しいのかな?ってメニューを眺めてて、「高っ」って思いました。讃岐で食べたうどんって、この半額ぐらいだった記憶があります。場所代かなって思います。

それで「梅とろろこんぶ」に目が止まりました。並みでオーダー。450円。


とろろこんぶと梅は別として、うどんと出汁は期待したほどではありませんでした。でもそこそこに美味しかったですよ。
コメント

上野駅ホームの立食いそば

2013年03月08日 | 立食い
先日、久しぶりに東北線方面に出張に行きました。そうそう、最近は宇都宮線っていうんだっけ。

帰りの電車は上野駅の高いホームに到着。今でも電車が上野駅に到着してドアーが開くと「上野っ、上野っ」ってアナウンスが流れるんですね。肉声ではありませんが。何故か懐かしさを感じます。上野って。

ホームを歩いているとありましたね、立食いそば屋さん。

京急のえきめん屋もそうですが、最近の立食いそば屋さんは昔と雰囲気が違うところばかり。品川駅なんかも今でもあるのかな?「常盤軒」がホームで営業してましたが、最近は「エキナカ」と云われるエリアでハイカラな立食いそば屋さんばかり。

昼下がり上野駅高いホームは、電車が到着して数分も経つと誰もいなくなります。ついつい懐かしくて、券売機で「かけそば」券260円を購入してしまいました。


お店に入ると、50歳代のオバサンがひとりで仕込みやってました。券を渡し「かけそば下さい」ってお願いしました。すぐに仕込みの手を休め、トンブリに入ってたそば玉を深ザルに入れて茹で始めました。茹でながらドンブリを温めてくれて、5秒ぐらいかな?湯切りしてそばをドンブリに戻し、真っ黒い関東風だし汁をかけて、刻みネギをのせたら「かけそば」の完成です。


割り箸わって、左手でドンブリ持ってそばをすすります。取り立てて美味しいそばと汁ではありませんが、満足です。熱もちゃんとありました。いったん、ドンブリ置いて七味を少々。こういうところの七味って吉野家と違って辛いんですよね。

最後まで美味しく、かけそばを頂きました。食器返却口の脇の冷水機からコップいっぱいのお水。一気に飲み干し、食器を返却口へ。「ごっそさん」

オバサンは仕込みに集中してて、返事してくれませんでした。僕の声が小さかったかな?

いつのころからでしょうか、立食いそば屋さんが今のような多彩なメニューをそろえる様になったの。昔は、「うどん」か「そば」かに加え、バリエーションは「かけ」・「天ぷら」・「天玉」しかありませんでしたね。
コメント