らいちゃんの家庭菜園日記

家庭菜園、家庭果樹栽培及び雑学日記

山の神

2019-10-22 | 雑学

先日のことです。
菜園仲間のH氏と畑で雑談していたのですが、ふと、そこに奥様がいないことに気付きました。
そこで、「ところで、今日は奥様は来ていなのですか?」と尋ねたところ、周りを見回しながら「いま、山の神が来た。来た。」と、奥様が来られたことを教えてくれたのです。

T氏は70代前半の方ですが、久しぶりに「山の神」なる言葉を聞きました。
「山の神」とは、年配の方はご存じだと思いますが、自分の妻を卑称して使われる言葉です。
嘗ては、年配の人がよく使用していましたが、最近ではほとんど耳にすることがなくなりました。

でも、なぜ自分の妻を「山の神」というのか、今日はその由来を調べることにしました。

「山の神」とは、山を領する神として農・山・漁民などに広く信仰されてきた神です。
自然と共に生きてきた日本人は、昔から「山」を神聖なものとしてあがめてきました。
畑が豊作に恵まれるのは山の神のおかげであり、洪水や土砂崩れなどの自然災害は山の神を怒らせたためだと信じられていました。
この神様はところにより男神又は夫婦神とされていますが、一般には女神であると考えられています。
それは、人々の精神に多大な影響を与える「山」は、万物を生みだす源であり、すべてを受けいれる「母」のような存在であることから、「山の神=女性神」として信仰されてきたようです。

この女神様は非常に恐ろしい神様で、機嫌をとるのが難しく、嫉妬深くて醜いなどと伝えられており、そうした文化的な背景から、口やかましい妻のことを、ちょっぴり皮肉も交えて「うちの“山の神”が…」などと呼ぶようになったようです。

 ・山の神にお供えされる「オコゼ」です。(ネットより)


「山の神とオコゼ」
山の神様はなぜか醜い魚のオコゼを好むようです。
魚貝類など庶民の日常食糧について解説した江戸時代中期の本草書(ほんぞうしょ)「本朝食鑑」には、時化(しけ)で漁の出来ない時には、漁師がオコゼを山の神に供えて「風が穏やかに波が静かで、釣網の便あらしめたまえ」と祈ると、翌日、海上の風波は必ず収まり、漁の獲物が多くなると記されているそうです。
古川柳にも、「山の神 オコゼばかりを 食につけ」と詠まれているように、 信仰されている「山の神」はオコゼと言う醜い魚を好むのだそうです。

「現代の山の神」
若い人の間では、「山の神」と言えば箱根駅伝の往路5区の山登りだと思います。
往路の最終区間となる5区は、高低差が800m以上にもなる、まさに山登りのハードなコースです。
このコースを走り、好記録を出して最初の「山の神」となったのが、2005年(平成17年)に走った順天堂大学の今井正人選手です。
その後、2009年(平成21年)〜2012年(平成24年)の東洋大学の柏原竜二選手や、青山学院大学の神野大地選手など、5区を快走したランナーを「山の神」と呼ぶようになっています。


コメント (1)

秋の味覚「栗」

2019-10-20 | 家庭果樹

今月の初めまで真夏日が続いていた大阪泉州地方もようやく秋らしくなりました。
16日には最低気温が13度まで下がり、一気に冬のような寒さを感じて身震いするほどでした。
この分では今年の秋は短かそうですね。

さて、秋と言えば、「味覚の秋」と言われるように、おいしい食べ物がたくさん出回ります。
秋の味覚をネットで見ていたら、「秋の味覚人気ランキング」というページがありました。
それによると、第1位は、「秋刀魚」、第2位は「松茸」第3位は「栗」でした。
ランキングは紹介しているページによって異なると思いますが、このページでは「栗」が3位に入っていました。
栗は秋を代表する味覚の一つのようです。

その栗が先日、実家から届きました。
ということで、今日は栗について調べることにしました。

・送られてきたこの栗は、花の咲いている下の画像の栗の木から収穫したものです。


「栗の花」
栗の木には雌花と雄花があり、受精した雌花が実をつけます。
もともと雌花にはトゲがあって、これが実をつけたときにイガになります。
イガは他の果物でいう皮に当たり、その中にある栗が果肉と種です。

「栗のイガに実が3個」
雌花にあるトゲの部分は総苞(そうほう)といい、その中には将来、種となる子房が、通常3つずつ入っています。
受精すると総苞はイガになり、子房が栗となります。そのため、一般的な品種ではイガの中に3個栗ができる「3つ栗」です。

・左側が雄花、右側が雌花です。雌花には既にイガになるトゲがあります。(2014年6月撮影)


一般的に栗の皮だと思われている鬼皮が、他の果物の果肉にあたる部分で、表面の皮(鬼皮)をむいた渋皮つきのものが種になります。
私たちが食べているの栗の実と言われているものは、実は栗のタネの部分なのです。

・鬼皮のついた栗の実と鬼皮を剥いだ栗の実です。
 鬼皮は他の果物の果肉にあたる部分で、 中央と左側の鬼皮を剥いだ渋皮と中身が栗のタネに当たります。


・前記のイラストです。
 イガは他の果物の皮に当たり、鬼皮が果肉で、渋皮と中身は種に当たります。(以下、農水省のHPより)
みんなが食べている部分は種

「美味しい栗の見分け方」
・鬼皮(外側の硬い皮)に張りがある。
・鬼皮の茶色が濃い。
・指で押してもブカブカしていない。
・白いブツブツがついていない。
・座(底の部分)に黒っぽい箇所がない。
・座がベトベトしていない

「鬼皮の剥き方」
(1)生栗を熱湯に10分つけておく。
(2)包丁で座から頭に向け、切り込みを入れる。
(3)手で鬼皮をむく。

「渋皮の剥き方」
(1)沸騰した湯に鬼皮をむいた栗を入れる。
(2)1分から2分ゆでる。
(3)火を止めて鍋から出す。
(4)手で触れるくらいに温度が下がるまで待つ。
(5)手で渋皮をむく。

「モンブランと栗の関係」
なお、ケーキに栗を乗せたケーキはモンブランとして知られていますが、栗とは全く関係ないそうです。
フランス語で“モン”は山、“ブラン”は白という意味です。
ケーキが山のような形をしていることから、イタリアとフランスの国境にあるアルプス最高峰の山“モンブラン”にちなんで名付けられたといわれています。

以上、今日は秋の味覚「栗」について農水省のHPからご紹介しました。
ご参考になれば幸甚です。


コメント

イチゴの畝作りと定植

2019-10-18 | 家庭菜園

今年もイチゴの定植時期がやってきました。
今回、定植したイチゴは来年5月頃に収穫するもので、ゴールデンウィークにやってくる孫たちが楽しみにしているものです。

「畝作りと定植」
今年植えるイチゴの場所は西瓜の後の畝に植えるのですが、その畝の後片づけが先月下旬になってようやく終わったところであり、例年に比べて畝作りの準備が大幅に遅れました。
更に、夏の猛暑の厳しさが10月初めまで続いたため、イチゴの苗がたくさん枯れたことなどから、6畝分の苗が確保できるのかどうかとても不安でした。

しかし、例年通り6畝を準備することにしたので、その畝作りをご紹介します。

・西瓜を片付けた後の畝です。この場所にイチゴの畝を6畝作ります。


畝作りでは、今年は1畝に2条植えで30株を植えるように作りました。
まず、畝幅60㎝を目安に畝の中央部分の土を片方に寄せ、浅い窪みを作ります。
その窪地に、石灰、油粕、ようりん、配合肥料、牛糞、化成肥料を入れて小型テーラー(耕運機)で耕します。

・耕す前に肥料を入れた状態の畝です。


テーラーで耕した後、もう一度ようりんを入れます。
ようりんは甘いイチゴを作るための必須肥料と思っているので少し多めに入れました。
次にロープを張り、それに沿って土を戻し、畝幅60㎝の畝を完成させます。

・幅60㎝の畝が完成しました。


その作業を繰り返して6畝完成させます。
畝の完成後、雨が降るのを待ってからイチゴの植え付けをします。

・上記と同様に施肥と耕運を繰り返し、6畝完成させました。


昨年まではたくさん苗が採れたのですが、今年は冒頭に書いたように暑さの関係でランナーが出ず、十分育った苗が少なく、細い株を含めて180株を確保しました。

 ・定植用株の一部です。


畝作りから10日ほど後に台風19号が雨を降らせてくれたので定植することにしました。
定植が例年より少し遅れたので、降雨の翌々日、まだ十分乾いていない状態の畝に植え付けることにしました。

画像の左端の畝にはアスカルビー30株を、右端の畝にはアキヒメ30株を、その内側の4畝にはトヨノカ120株を植え付けました。
まだ乾く前の柔らかい畝でしたが、何とか10月中旬までにすべて植え付けが終わり、ひとまず安心した次第です。
この後、除草や追肥、マルチ張りを行い、来年4月ころに防獣・鳥鳥網を設置して収穫を待ちます。

・細い苗も含めて6畝に定植ができたイチゴ畑です。



コメント (1)

「逃げ水」の原理

2019-10-16 | 雑学

NHK-BS放送に、毎週月曜日から金曜日までの午前7時45分から8時まで放送している「こころ旅」という番組があります。
この番組は視聴者から募集したその人の心の風景を、俳優の火野正平さんが自転車で尋ねるものです。

先週は福井県の旅でした。
収録日は数週間前だったのでしょう。とても暑い日だったように感じました。
その暑さの関係で「逃げ水」現象が現れているのを正平さんが見つけていました。
同行している撮影隊もその現象を撮影して数秒間見せてくれました。

逃げ水現象は実際に見たことがありますが、今回テレビを観て、”何故起きるのか?” という疑問が湧き、その発生原理について調べることにしました。

・道路上に水を撒いたような「逃げ水」現象です。(ネットより)


「逃げ水」
逃げ水とは、あたかも地面に水があるかのように見える現象のことです。
風のない、良く晴れた暑い日に起こる現象で、実際には水などないにもかかわらず、少し先に水が溜まっているよう見えます。
近づいてもそこに水はなく、さらに先に同じようなものが見えるだけのため、まるで水が逃げていくように感じられるということから「逃げ水」と言われ、「地鏡」とも呼ばれます。

 「逃げ水の発生原理」
1.逃げ水の発生原理は下の画像をご参照ください。
2.暑い日のアスファルトの上には空気に温度差が生まれます。
3.光は暖かい空気と冷たい空気の境目で曲がる性質があるため、空の光が上向きに曲がります。
4.遠くにある空の光が道路の近くで上向きに曲がると、目に届いてなかった空の光が、人の目に入ってきます。
5.その結果、曲がった部分で道路に空が映り、水が浮いたように見えるのです。
 
・「逃げ水の原理」(ネットより)


自然界にはいろいろと不思議なことがたくさんあります。
子供さんたちが自然科学に興味を持ってくれれば嬉しいですね。


コメント

油断大敵

2019-10-14 | 雑学

「油断大敵」という熟語があります。
「油断」は「気を抜くこと」や「注意を怠ること」を、「大敵」は「強く手強い敵」をそれぞれ意味していることから、「油断こそが手強い敵」であり、「思わぬ失敗につながる」との意味になり、「気をぬいてはいけない」、「注意を怠ってはいけない」と言う戒めの言葉として使われます。

今日はこの語源について調べました。

「語源」
油断大敵の語源は、一説に仏教に由来すると言われています。
今からおよそ1200年前、天台宗を開いた伝教大師・最澄が、比叡山の山中に根本中堂を建立し、大師自ら薬師如来のご本尊を彫り、「明らけく、後の仏の御世までも、光伝えよ法の灯しび」と、御心を込めて点灯された尊火があります。
この灯が最澄が灯して以来、1200年間一度も消えることなく燃え続けている「不滅の法灯」です。
この灯りは全国数か所に分燈されており、その中に山形県の通称・山寺「立石寺」があります。

「不滅の法灯」も長い歴史の中で一度消えたことがあります。
それは、1571年に織田信長による比叡山延暦寺の焼き討ちの時です。
しかし、以前、山形県の立石寺に分灯していたことから、これを活かして再び光を取り戻しました。

この「不滅の法灯」は毎日、僧侶の手によって菜種油が補充されることで火は燃え続けているのですが、もし、気を抜いて注ぐことを忘れたりすると1200年の灯火が消えてしまいます。
ここから油断大敵という言葉ができたという説があります。

他には、原始仏教の経典「北本涅槃経(ほくほんねはんぎょう)」にある逸話が語源とも言われています。
逸話では、インドの王様が家臣に対し「油を入れた鉢を持って街の中を歩くよう」命じ、油が一滴でも鉢からこぼれたときには処刑すると告げたというものです。
鉢いっぱいに入れた油が一滴でもこぼれないように歩くのは極めて難しいことであり、このことが「注意を怠ると命取りになる」の意味の「油断大敵」の語源とされる説です。

更に、古語「ゆたに」が語源とされる説もあるようです。
「ゆたに」とはのんびりとした様子を表す語で、万葉集にも使われている古い言葉です。
その「ゆたに」が変化して「油断」となり、「油断大敵」の言葉が生まれたという説です。

いずれにしても、「気の緩み」や「注意を怠けること」により、思わぬ失敗や危険をまねくことがあることから、「油断大敵」の言葉は戒めの言葉として肝に銘じておきたいものです。

コメント

煮詰まる

2019-10-12 | 雑学

先日、読売新聞のコラム欄に次のような記事が載っていました。

<会社で、部下が上司に仕事の進み具合を聞かれて、「煮詰まっています」と答えました。
部下は仕事が難航する状況を伝えたつもりですが、上司は「仕事が最終的な段階にさしかかった」と受け止めた。>
という内容です。

コラムのこの記事は、医療実績の少ない公立病院の統廃合について、じっくり議論を煮詰めてほしいということを主眼に書いているのですが、その中で冒頭の会話を例えて、正反対の意味に用いられる「煮詰まる」について考察されているものです。

皆様は「煮詰まる」についてどのようにご理解されているでしょうか?

「煮詰まる」の本来の意味は、意見が出尽くして結論を出す段階になることですが、30代より若い人は7割以上の人が本来の意味ではない、「(議論が行き詰まってしまって)結論が出せない状態になること」と反対の意味で理解しているそうです。

「平成19年度の国語に関する世論調査」
このことは、文化庁が行っている平成19年度の「国語に関する世論調査」にも表れています。
調査では、「七日間に及ぶ議論で計画が煮詰まった。」という例文を挙げて、「煮詰まる」の意味を尋ねたところ、次のような結果がでているのです。
(下線を付したものが本来の意味。)

(ア)(議論が行き詰まってしまって)結論が出せない状態になること・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 37.3%
(イ)(議論や意見が十分に出尽くして)結論の出る状態になること・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・56.7%
(ウ)(ア)と(イ)の両方 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1.2%
(エ)(ア)、(イ)とは全く別の意味 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 0.2%
(オ)分からない ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4.6%

この調査から、全体では本来の意味である「(議論や意見が十分に出尽くして)結論の出る状態になること」を選択した人の割合が高くなっていますが、年代別の結果では、40代を境にして「結論の出る状態になること」と「結論が出せない状態になること」を選んでいる人の割合がはっきりと逆転しています。

「本来の意味ではない年齢別割合」
本来の意味ではない「結論が出せない状態になること」を選んでいる人の年齢別割合は下記のとおりです。
・16~19歳・・・76.3%、
・20代・・・・・・・ 69.5%、
・30代・・・・・・・ 73.0%、
・40代・・・・・・・ 50.3%
・50代・・・・・・・ 20.4%
・60代以上・・・ 16.2%

つまり、若い世代では「結論が出せない状態」、年配の世代では「結論の出る状態」というように、正反対の意味でこの言葉を使っている可能性があるということです。

 「煮詰まる」を 広辞苑で調べると、
①煮えて水分がなくなる。
②転じて議論や考えなどが出尽くして結論を出す段階になる。
と説明しています 。

辞書が示すように「煮詰まる」の本来の意味は、意見が出尽くして結論を出す段階になることですが、近年では、「議論が行き詰まり、結論が出せない」という意味で使用されるケースが多いということです。

使う人によって,正反対の意味で用いられることのある言葉は,コミュニケーションの上で、重大な誤解を生む危険があるので注意が必要ですね。

コメント

空心菜の花

2019-10-10 | 家庭菜園

先日、空心菜の茎の先端の方にアサガオのような真っ白い花が咲いているのを見つけました。
「こんなところにアサガオを植えた覚えはないのに、どうして・・・?」と思いながら、よく見ると空心菜の茎から咲いているではありませんか。
「空心菜にも花が咲くのか?」
珍しい発見をしたことから、早速撮影しました。

ということで、今日は空心菜の花をご紹介します。

・空心菜の茎の先端部分に咲いた朝顔のような花です。


空心菜はヒルガオ科サツマイモ属のつる性植物で、中国南部から熱帯アジアが原産地と言われており、日本には古くは沖縄県方面を経て九州に渡来しました。
茎が空洞になっていることから、中国語で空心菜(コンシンツァイ)や通菜(トンツァイ)とも呼ばれており、漢名の「空心菜」を日本語読みして俗にクウシンサイといわれています。

・蕾もアサガオによく似ています。


空心菜の花は アサガオのような淡紫色または白色の花を付けるため、朝顔菜(あさがおな)の別名もあるようです。
別名、朝顔菜と言われるだけあって、本当にアサガオによく似ています。

・上から見た空心菜の花です。


空芯菜は、短日になると花芽が形成されるため、日本では、沖縄県など冬が温かい地方だけで種の自家採種が可能なようです。
今年の大阪地方は10月になっても季節外れの温かさが続いていたことから、花芽が付いたのかもしれません。

・横から見ても朝顔によく似ています。


空心菜は暑さに強く、緑黄野菜が不足する夏場の貴重な野菜となっています。
茎がシャキシャキして歯ざわりがよく、さっと加熱して食べたり、油炒めやおひたし、あるいは、味噌汁やスープの具などでも美味しく食べられます。
そして、ビタミンやミネラルを豊富に含んでいることから、夏バテ防止にも効果的ということです。

コメント

アライグマ捕獲

2019-10-08 | 家庭菜園

一昨日、久しぶりにアライグマを捕獲しました。
今年は3月にアライグマを1匹、そして5月にアナグマを2匹捕獲した後、6月には捕獲用の檻を役場に返却することになったことから、8月にはブドウやマクワウリなどにアライグマによる被害が発生しました。
今月になって再び捕獲用の檻を借りることができたので仕掛けていたところ、一昨日さっそく捕獲できた次第です。

・捕獲したアライグマです。


ネットの情報によれば、アライグマは繁殖力が強く、妊娠率はほぼ100%に近いと言われ、2年で性成熟し、1回の出産で3~6頭の子供を産むそうです。
日本には猛禽類等の天敵がいないため、人間に捕まらない限りは増えていく一方であり、既に、47都道府県で存在が確認されていることから、アライグマによる農業被害は全国で生じる可能性があります。
現在、農業関係者のアライグマの食害で受ける年間被害総額は3億円とも4億円とも言われています。

アライグマは、平成17年に「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」に基づき「特定外来生物」に指定されていることから、今回捕獲したアライグマはかわいそうですが行政によって処分されることになります。


コメント

フジバカマ

2019-10-06 | 

秋の七草の一つ「フジバカマ(藤袴)」が咲きましたのでご紹介します。
「フジバカマ(藤袴)」はキク科フジバカマ属の多年生植物で、原産地は中国といわれています。
日本には、奈良時代に香料として渡来し、その後、野生化して日本各地の河原などに群生していました。
しかし,現在ではその数を減らし、環境省の準絶滅危惧種に指定されています。

・畑のフジバカマです。


藤袴の名前の由来は、新井白石が書いた「東雅(とうが)」に「その花淡紫色、藤といふ色に似て、その弁の筩(つつ)が袴に似たるところあれば藤袴といひし」とあるように、花の色が藤の花に似ていて、花弁の形が袴に似ていることから「フジバカマ」の名称になったとのことです。

・名前の由来となった花弁の形が、袴に見えるでしょうか?

藤袴は10月~11月にかけて小さなピンク色の花をたくさん咲かせます。
このフジバカマにはアサギマダラ蝶が必要とする”ピロリジジンアルカロイド”という成分があります。
この”ピロリジジンアルカロイド”という成分は、アサギマダラ蝶のオスのフェロモンの原料になっており、成虫はフジバカマに集まって、フジバカマの蜜に含まれているこの成分を摂取して敵から攻撃されないようにしているのだそうです。
このようなことから、アサギマダラ蝶はフジバカマに集まってきやすいのですが、私の畑のフジバカマにはまだ一度も来たことがありません。
アサギマダラにはぜひ一度来てほしいものです。

・フジバカマの蕾です。


ところで秋の七草をご存知でしょうか?
覚え方は
「ハギ(萩)キキョウ(桔梗) クズ(葛)フジバカマ(藤袴)オミナエシ(女郎花) オバナ(尾花)ナデシコ(撫子)秋の七草」と、5,7,5,7,7の和歌の口調で覚えると覚えやすいようです。

この秋の七草は、すべてが日本原産の花と思われがちですが、唯一、中国原産なのがフジバカマ(藤袴)です。
なお、キキョウ(桔梗)は環境省の絶滅危惧Ⅱ類に、フジバカマは 準絶滅危惧 種に指定されています。
絶滅しないように大事に育てたいですね




コメント (1)

秋桜

2019-10-04 | ナツメロ

関西地方では昔から「暑さ寒さも彼岸まで」と言われていますが、今年は10月に入っても季節外れの暑い日が続いています。
一向に秋らしさが感じられない大阪泉州地区ですが、こんな気温でも植物は確実に秋を感じ取っているようです。
先日ご紹介した彼岸花は彼岸の中日には満開となり、そして、私の畑ではコスモスが秋の到来を告げるかのように咲き誇っています。

コスモスと言えば、42年前に山口百恵が歌ってヒットした懐かしい曲がありました。
今日はいつまでも続く蒸し暑い夏日を忘れて頂き、秋空のような清々しい歌声の持ち主、山口百恵のヒット曲「秋桜」をお聴きいただきたいと思います。

どうぞお聴きください。



・秋を感じて咲き誇る、畑のコスモスです。



コメント