首里城を襲った不幸の報に接し、深く哀悼の意を表させていただきます

Je déclare que je conçois la plus grande fureur et haine pour les personnes responsables de cette tragédie.
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

La musique pour le Japon des jeunes

"Certes, les sommets (nulle part égalés) du snobisme spécifiquement japonais que sont les théâtre Nô, la cérémonie du thé et l'art des bouquets de fleurs furent et restent encore l'apanage exclusif des gens nobles et riches. Mais, en dépit des inégalités économiques et sociales persistantes, tous les Japonais sans exception sont actuellement en état de vivre en fonction de valeurs totalement "formalistes", c'est-à-dire, complètement vidées de tout contenu "humain" au sens "historique". (Alexandre Kojève)

Le voyage de Kojève au Japon c'était en 1959. Je crois qu'il a quelque peu exagéré les choses. Tout ce qu'il a vu en Japon c'est le Japon des samouraï. Le Japon n'est pas que le pays des samouraï.

Heureusement, après, un développement économique est survenu, beaucoup plus de jeunes peuvent rêver à un moment de vie au campus et s'acheter un instrument (pour le choeur a cappella on n'a même pas besoin d'en acheter un). Si les jeunes rockeurs arrivent à S'exprimer plus ou moins, j'appelle ça "humain" et "historique".

... Seulement le jazz risque de tomber dans le côté de Nô, thé, fleurs, et la musique du monde, autrement dite la diversité planétaire de la musique n'est pas encore dans "l'apanage" des générations à venir du Japon. Il faudrait créer un sâkuru pour la World music...
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ハリルホジッチ監督にやっと署名をお送りできました。

みなさま

少し前にハリルホジッチ監督へ、監督を支持する運動であつまりました署名とコメントをお送りしました。

監督は、この運動を始めてから一度も日本にこられず、わたくしもフランスに渡る
機会がなくて、そのうち監督が訴訟を取り下げられて、署名をお渡しする機会を失した形になっておりました。
数も思ったほどは伸びず、少々気落ちもしておりました。

しかし、詳しくは申し上げませんがあるルートで集まりました署名とコメントを監督にお送りすることができました。
署名をお届けした際、監督からコメントをいただきたかったのですが、これはかなわず、皆様へはいまごろご報告することになってしまいました。
たび重なる怠慢をお許しください。
でもとりあえずわたくしも肩の荷をおろさせていただきました。

虫のいい考え方かもしれませんが、案外このタイミングがよかったかとも思います。
ご存知の通り、ハリルホジッチ監督は先日モロッコのナショナルチーム監督に就任されました。
日本での解任は残念なことでしたが、世界的には監督の実力はしっかり評価されていることがあきらかです。
監督自身、日本からのエールを受けてもいい心境におられるものと思います。

日本でのことは、何かの間違いなのだと思われます。
わたくし個人的には、まだこれからハリルホジッチ監督の名誉が日本でほんとうに回復される機会は、ありうると考えております。そういう機会があればのがさずとらえたいと存じます。

ただこの署名キャンペーンは、今月末をもって閉めさせていただきます。
今日から9月末日までの署名は、それだけまとめて監督にお送りします。

みなさまのご声援に感謝いたします。
監督の日本での名誉回復に関連する情報がありましたら、お伝えいただけますようお願い申し上げます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ハリルホジッチ氏の名誉回復のために


2018年のサッカー、ロシア・ワールドカップの熱狂も、もう昔のこととなりました。

大会直前の、日本代表チームの監督であったハリルホジッチ氏の解任をめぐる騒動も、もうほとんど過去のことです。

ハリルホジッチ氏自身も新天地フランス・ナントで活躍しておられます。選手の方々を始めとする日本サッカー界に関わる方々もそれぞれの場で努力を重ね、研鑽を積んでおられます。

いまさら運命を変えるわけにはいきません。この事件の推移のなかで運をつかんだひともつかみそこねたひとも、得をしたひとも損をしたひとも、もうこの事件について実質的に何も心配することはないし、こだわることの意味もないと思います。



ただ名誉のことだけが残っています。ハリルホジッチ氏が損害賠償額1円の訴訟を起こしてまで守りたく思われた名誉だけが。



ハリルホジッチ氏の業績はたしかにありました。

ハリルホジッチ氏が教えられたことは、日本のサッカー選手のみなさんにはしっかり伝わっています。コミュニケーションはしっかりとありました。日本チームは強くなれたのには氏のおかげが確かにありました。



ここでハリルホジッチ氏の業績が公にずっと否定されたままであるということは、この上ない非礼であり、一番品格を欠くことのように思われます。それは日本にとって、不名誉なことです。



このようなことは選手の皆さんがいちばん分かっておられることと拝察します。

ハリルホジッチ氏の業績をいくら否定されても、選手の皆さんの心の中まではどうすることもできません。それをそのままにしておくことは、これまでに活躍した選手の皆さん、またこれからの日本サッカー界をになう選手の皆さんの心の中で、品格のない日本サッカーの姿を永遠にとどめることになります。


わたくしは署名運動を行い、支持を集めました。集まりました署名は氏とFIFAにお届けします。


わたくし自身はサッカー界には関係のない者です。ただ2014年のブラジル・ワールドカップ、アルジェリア=ドイツ戦のハリルホジッチ氏の素晴らしい戦いに魅了され、この人、好きだな、と思いました。それでこの人のためにひと肌脱ぐ気になりました次第です。

ハリルホジッチ氏の起こされた訴訟に判決が出て決着がつきましたら、もう一度このブログの「ハリルホジッチ氏の名誉回復のために」をご覧になってください。
お願いいたします。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ハリルホジッチさんを忘れないで!

日経新聞、2019年5月3日。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

紙媒体の本、雑誌を残すことについて(再改稿)


そろそろわたくしも退職に向けて大学の研究室の整理を考える年頃ですが、今の時代には紙媒体の書籍というものの価値がとてつもなく下落しています。単純に考えれば、捨ててしまうのがいちばん合理的です。

稀覯本を買う趣味のないわたくしの持っている本などは、日本のどこかの大学に所蔵があるはずで、要るときにはそれを借り出して――ありがたいことに図書館相互貸借・複写システムというのも急激に充実しました――必要部分をコピーすればよいのです。「持つ」「所有する」必要はありません。「持つ」ことをすればそれだけ場所をとるわけで厄介です。

そういう時代になっています。
でも、わたくしのように「大学」周辺にいる人間は、何かもう少し考えるべきではないか、という引っかかりがあります。

わたくしの世代は修士論文をタイプライターで打った最後の世代でした。これまで数百年、基本的に変わらなかった「研究」と「発信」のあり方が根本から変わるのを、またその変わり方がどんどん加速して止まる気配がないのを、見てきました。
そういう意味では、数ならぬ身ながら以下のようなことを言い出すのにはふさわしい世代の者であるかもしれません。

***

つい「最近」まで「研究」にいちばん大切だった紙媒体の「本」「書籍」というものは、「大学」周辺にいる者にとって、「大学」という制度との関わりにおいて、自分の退職後、死後にどのように扱われるように配慮すべきでしょうか。

何も考えずに放置しておいて玉石混交で全部あとの人たちに処分される、捨てられる、ということを甘受する、というのがいちばん合理的で面倒がない、でしょう。ただそこでいつも頭をよぎるのは、たとえ全ての本の内容がデジタル化されてネット上に存在するようになってもこの日本列島の上に万人が使える状態にある「もの」としての本が一冊もなくなったら、やっぱりまずいだろう、と思わせる著作がたしかにある、ということです。「長い間には、何があるか分からない」のですから、完全滅失の回避は常に考えておくべきことだと思われます。
日本語の本ならともかく、外国語の本であれば日本になくても「本国」――「フランス本」でいえばフランス(「英語本」は別として・・・)――にあればいいではないかという考え方は、しないほうがいいと思われます。日本語使用地域に紙媒体の本、「もの」があるということは、これに関心をもったフランス語使用者で日本語使用者である人が確かにいたというしるし、あかしであり、それは意味のあることだと思われるからです。これだけではまだまだ根拠薄弱ですが。

たとえば、現時点でCiNiiで検索してみて三冊以上、地理的にある程度分散して公的図書館に所蔵があれば、これは決然と捨てることにして、それ以下なら手持ちの一部を大学に寄贈しよう――寄贈を受けてもらえればの話ですが――と、こころに決める、というスタンスがありえます。それでも本を捨てるのは嫌だという心の叫びはどうしても出てきますが(何かのジャンルでまとまったものは特別コレクション的にどこかにかためて保存してもらう道もかんがえられなくはないです(個人的なところで申し上げるなら、松原雅典先生とわたくしと二人スタンダール研究者が出たおかげで金沢大学にはスタンダール関係書籍がかなりまとまってある、ということは利用できます。紙媒体書籍を物理的に「まとまって」存在させるということから当該作家が残されるべきものとして周知され、フォーカルポイントのような機能が発生するのを狙うということは考えられます)。

「図書館が引き取ってくれるならありがたいことで、どんどん引き取ってもらえばいいではないですか」という考え方もありますが、それは日本列島全体からみて「死蔵」が多くなるのではという心配を生みます。新しい、喫緊の問題・課題を扱った書籍を入れにくく、また見えにくくしてしまうことは避けた方がいいです。これについて、次に考えます。

補足:音素材についての私見・私的思いを申しますと:わたくし所蔵の、いとしのライのCD、カセット、ビデオ等の音源群は、わたくしの死後どうなるようにしておくのが「よい」のか。こんなものはどこの機関も引き取ってはくれないでしょう。ただこの問題は実際に処理が必要になる時期が不定で、あるいは大学退職より何年もあとになるかもしれないので、もう少し音楽受容・保存形態がどうなっているかを見てもいいだろう、なにしろ音楽伝播の方もSP, LP, CD, カセット, ダウンロード, vinylなどなど、一人の人間の生命のスパンの間に根本的変更が何度もなされたからには・・・というようなことを考えて、自分の死のことはあんまり考えないようにしてしまうのは、やっぱり人間の本能的ミブリかもしれません。

***

知の領域、関心領域、需要のある領域もどんどん広がって、変わっていきます。それに伴って、読まれるに値する紙媒体の本、定期刊行物も変わっていくので、喫緊の問題・課題を扱った紙媒体書籍をだれでもが使える形にして、また見えやすい形にして後世に資するようにしておきたいではないですか。

今関心の中心を外れている領域の本が公的な書架の前面にあり続け、また定期刊行物がかなり惰性的に買い続けられ、書庫を埋めていくというのは、それ自体ほんとうに悪いことかどうかは分かりませんが、それによって新しい関心が人の、とくに若い人の視野に入ってくるのを妨げかねない状態というのはいかがなものか、と思われます。事情を知らない人に、意味のない本を買いつづけているのではないか、という疑問をもたれてしまうのは、避けた方がよいでしょう。

そこで、こんなことも考えられるかと思います:

①広い分野の重要と認められる単行本(新刊かどうかを問わず)が、もれないように、不必要に重複しすぎないようにして公共図書館に所蔵されるように、公費を使って購入したり、私費購入したものを寄贈したりする意志のあるひとが率先して連携をこころがけてはいかがでしょうか。

②広い分野の重要と認められる定期刊行物が、もれないように(少なくとも二、三箇所で定期購読されるように)、不必要に重複し過ぎないようにして公共図書館に所蔵されるように、公費を使って購入したり、私費購入したものを定期的に寄贈したりするつてのあるひとが率先して連携をこころがけてはいかがでしょうか。

③これまで日本の知的営みの中で馴染みのなかった領域を扱う定期刊行物がひとびとに可視的であるように、そのような領域の存在を意識したことのない人の視野に入るように、紙媒体のものが公共の図書館の開架図書として存在し、手にとって読める状態におかれるよう関係機関にはたらきかけてはいかがでしょうか。

という三点です。


②について私的に補足しますと、わたくしの念頭にあるのはAfriculturesとかMigrations-sociétéとかBanipalとかの定期刊行物です。

Africulturesの紙媒体は、Ciniiで出てくるものとしては一か所、つまり金沢大学です。わたくしの研究室の、本棚の上に積みあがってますから、あんまり若い人に可視的とは言えないです。とにかく現代のアフリカの文化を知るための貴重な文献です(CiNiiのデータはちょっと変です。最新号まであるはずです。2019.5.22.)。

Migrations-société は三か所ありましたが、しつこく今も取り続けているのはわたくしのところだけのようです。これは世界の移民状況について教えてくれる有益な論文集です。・・・日本がどういう政策をとることになるにせよ、今後こそ必要度のあがってくる領域であるのは疑いないように思うのですが。

Banipalは一冊一万円以上するとんでもない雑誌ですが、アラブ語圏の文学をせっせと英語に訳して紹介してくれる貴重な定期刊行物です。わたくしも実はほとんど読む時間がないのですが、半分は、これの紙媒体版を定期購読しているところが日本にある、という「事実を作っている」感覚で買い込んでいます。

どれも、わたくしが大学を離れれば誰も続けて取ってはくれないと思うので――ふさわしいひとが金沢大学にはいないと思うので――なんとかしなければ、と思っております。
もっとも心配するより以前に、雑誌がつぶれるかもしれませんが。最近どちらも刊行が不安定です。

③についてはなによりもまずJeune Afriqueを、もっと多くのところで目に見えるように置いてほしい、置くといい、というのを切に訴えたいと思います。


補足:「電子ジャーナルに入ってるのがあるのじゃないか」と言われるかもしれませんが:

電子ジャーナルに入っている分にはデジタル媒体の致命的弱点、つまり、たとえその雑誌が入っていてもしょせん「もの」ではなく「可視的」でないと、そういう領域があることを知っている人には使えても、そもそもそういう領域があることを知らないひとには気づかれないというハードルがあります。これを乗り越えられるような工夫が必要だと思います

それに電子ジャーナルは、突然値段が高騰して大騒ぎになる、そういうものであることは最近多くの機関が痛感しておられることだと思います。こういう状況はやがて落ち着きをみせるようになるかもしれませんが、いつのことでしょうか・・・



以上のようなとりとめのない夢想について、どんなふうにお考えになるでしょうか?

これを思索、連帯、行動のきっかけにしていただけましたら幸いです。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

国名からヴを消すというのは・・・


 意図のよく見えないこの法案ですが・・・

 わたくしは、本当はこの法案は「ベトナム」を念頭においているのではないか、と思うんです。
 ベトナムはベトナム語で Việt Namですから最初の音はどうしても「ヴ」になる国名です。英語やフランス語でもそうですね。

 「ベトナムは日本語では、元からベトナムじゃないか」というのは、確かにそうなんですけど・・・ これからベトナムのひとが今まで以上に正式にたくさん日本に入ってくるというときに、

 日本語ネイティブのひとが「ベトナム」betonamuと発音し続けることで、つまり「ヴェトナム」というより外国語を意識した発音をしないことを続ける、ということに意義を見るか、

 あるいはベトナムのひとが「betonamuじゃ違和感あるなー、日本語の発音体系の制約は理解したうえで、Vetonamuに替えて欲しいなー」という希望が、あらかじめ出ないようにすることに意義を見るか、

かなと思うんです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Sur le film : Piazzolla, los años del tiburón

En écoutant le petit Astor jouer son bandenéon, c'est Carlos Gardel qui a dit quelque chose comme : ...TOCAR MUY BIEN PERO COMO UN GALLEGO ( (tu) joues très bien mais comme un Galicien). C'est ce que j'ai entendu hier dans le film : Piazzolla, los años del tiburón . Je connaissais depuis longtemps la même anecdote qui fait dire au héros mythique du tango "un étranger" au lieu d'"un Galicien". Dans le film le soutitrage japonais donnait tout simplement スペイン人 (un Espagnol). Humm. J'ai vu, avec Astor Piazzolla, pour la première fois Nadia Boulanger qui bouge. Elle était maître (pas maitresse...) de Piazzolla, de Quincy Jones et de tant d'autres. Mère de world music.
映画『ピアソラ~永遠のリベルタンゴ』(2017)。

 演奏するピアソラの写真はどれもが素晴らしいです。はずれがない。なんでかと考えると・・・ 彼の楽器バンドネオンは管楽器のように口の形を強制しないし、弦楽器のように左手に視線を引き付けてしまうこともない。リズムはどうしても体全体で刻むことになるので、顔に「演奏」が、隠れなくあらわになる。弾くのはボタンだから、はたらいているのは触覚だけ。・・・いやらしい言い方になりますが、タンゴというジャンルがあれほど官能的に聴こえるのは、そこに指しかないからか・・・ 
 ドイツの家庭音楽から発達したタンゴが今、ワールドミュージックの手ごわい、強力なジャンルとして残っているとしたら、それはピアソラの革新と、それを完成させたナディア・ブーランジェの薫陶です。はい、学生諸君、「アフリカ概説」の補習です:Michael JacksonがThrillerでアフリカ系人として世界の頂点に立てたのはQuincy Jonesのプロデュースのおかげ。Nadia Boulanger はそのクインシー・ジョーンズに、「西洋音楽の粋」を伝授した人なのです。
 映画には出てこなかったのですがピアソラには『タンゴの歴史』L'Histoire du Tangoという四曲組曲があります。こんなに美しい曲はめずらしい。いちばん美しいものは往々にして資本主義、市場の論理のおかげで、ひとから隠されてしまうんです・・・
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ハリルホジッチ氏の名誉回復のために



2018年のサッカー、ロシア・ワールドカップの熱狂も、もう昔のこととなりました。

大会直前の、日本代表チームの監督であったハリルホジッチ氏の解任をめぐる騒動も、もうほとんど過去のことです。

ハリルホジッチ氏自身も新天地フランス・ナントで活躍しておられます。選手の方々を始めとする日本サッカー界に関わる方々もそれぞれの場で努力を重ね、研鑽を積んでおられます。

いまさら運命を変えるわけにはいきません。この事件の推移のなかで運をつかんだひともつかみそこねたひとも、得をしたひとも損をしたひとも、もうこの事件について実質的に何も心配することはないし、こだわることの意味もないと思います。



ただ名誉のことだけが残っています。ハリルホジッチ氏が損害賠償額1円の訴訟を起こしてまで守りたく思われた名誉だけが。



ハリルホジッチ氏の業績はたしかにありました。

ハリルホジッチ氏が教えられたことは、日本のサッカー選手のみなさんにはしっかり伝わっています。コミュニケーションはしっかりとありました。日本チームは強くなれたのには氏のおかげが確かにありました。



ここでハリルホジッチ氏の業績が公にずっと否定されたままであるということは、この上ない非礼であり、一番品格を欠くことのように思われます。それは日本にとって、不名誉なことです。



このようなことは選手の皆さんがいちばん分かっておられることと拝察します。

ハリルホジッチ氏の業績をいくら否定されても、選手の皆さんの心の中まではどうすることもできません。それをそのままにしておくことは、これまでに活躍した選手の皆さん、またこれからの日本サッカー界をになう選手の皆さんの心の中で、品格のない日本サッカーの姿を永遠にとどめることになります。


わたくしは署名運動を行い、支持を集めました。集まりました署名は氏とFIFAにお届けします。


わたくし自身はサッカー界には関係のない者です。ただ2014年のブラジル・ワールドカップ、アルジェリア=ドイツ戦のハリルホジッチ氏の素晴らしい戦いに魅了され、この人、好きだな、と思いました。それでこの人のためにひと肌脱ぐ気になりました次第です。

ハリルホジッチ氏の起こされた訴訟に判決が出て決着がつきましたら、もう一度このブログの「ハリルホジッチ氏の名誉回復のために」をご覧になってください。
お願いいたします。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

バロウズ


 Avec tant de traductions de littératures étrangères dont le nombre extraordinaire a pas mal étonné Philippe, on n'a que peu d'exemplaires de traduction de William Burroughs à Kanazawa. Hum.

 バロウズの邦訳って、金沢大学にはぜんぜん無いですね。裸のランチは英語版一冊だけ。
 金沢の町中にもあんましないです。
 そういうもんですか。

 このあたりが日本での知性と反知性主義のせめぎあいと、世界のメインストリームのちぐはぐが起こってるということですが、うん、これはやがて「追いつく」でしょう。バロウズは知性的に、反知性に近いようなことをやってるんですから。

 ただ、言うまでもないことだと思いますが、念のため:バロウズは多くのひとを「魅了」することによって、死へと、悲惨へと導きました。そのことをわたくしは、全く認めません。たとえそれが同時に多くの創造をもたらしたとしても。
 だから、バロウズの本がこのあたりにみあたらないのも、悪いことではないです。
 ただ「免疫」ができたあとでその足跡を確認することは、やっておいた方がいいです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ