Adieu Rachid


Conformément à la coutume japonaise, j'ai habillé Rachid Taha en chanchanko rouge, le jour de son 60 ans. Oui, il aurait eu 60 ans aujourd'hui, s'il était vivant. Adieu Rachid, tu resteras dans la mémoire de tous tes amis.

 
アルジェリア・シグSigでの埋葬の模様はいくつも報道されていますが、AFPの映像Jeune Afriqueの記事には彼の奥さんが出てきます。彼女のコメントからするとラシードと悪い関係ではなかったことがうかがわれます。それが救いです。(こういうのは難しいもので、おおやけの授業ではあまり教えられないことですが・・・フランス語圏は歴史的に見てもかなり「人間的」にやっているんじゃないかと、あえて言ってしまいましょうか)

 タハのことはそろそろ置いて、前を向きましょう。アルジェリアの若手、しっかり頑張って。

 あ、でも9月30日の100% Algerian Music Partyではタハの曲をかけるコーナーをもうけて、彼をしのびたいと思います。ふるってご参加ください。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ラシード・タハ急逝 Que l'âme de Rachid se repose en paix...


 アラブ・ロックの雄・・・というのもなんだかおこがましい、フランス在住アラブ移民二世世代の「ボス」、ラシード・タハが亡くなってしまいました。11日から12日の夜のことでした。
 パリの自宅で、就寝中の心筋梗塞によるものみたいですから、そんなに苦しまずに亡くなったのではないか、と思えるところがちょっと救いかもしれません。

 1998年の『アン・ドゥ・トロワ・ソレイユ』コンサートで成功して、トリオの他の二人が浮かれてふわふわしてしまったところ、彼だけ「家を買って、あとはそのままの生活だ」という話を聞いて、堅実な奴だ、さすが乙女座(関係あるか!)、と思ったものでしたがね・・・

 あれでお酒さえ飲まなければ・・・って、人間失格みたいだな。でも、そんな感じです。

 フランスのVictoires de la musique賞で入賞した機会に日本にやってきた彼のプレス・インタビューの通訳をつとめたのがわたくしの日本音楽業界デビューでした。2001年10月、ちょうど9.11事件直後で世界が騒然としていたころでした。
 あのときには「9.11で世界が変わった、などというのはおかしい。アルジェリアは既に10年テロに苦しんできたのだから」てなことを言ってました。
 渋谷のクワトロで一回だけの演奏でしたが、実に聞き応えのあるいい演奏でした。

 彼は、作る曲全てになにかしら意味をこめることのできる奴で、全くの駄作という作品がなかったひとだと思います。

 フランス語で歌った『ドゥース・フランス』『ヴォワラ・ヴォワラ』などがよく取り上げられますが、アルジェリアの人、そしてわたしにとってはアルバム『ディワン』の『メンフィ』『ヒビナ』そしてもちろん『ヤー・ライヤー』など、それから『ベント・サハラ』『ガラブ』などを思い出します。
 ブライアン・イーノたちとの競演では、ロンドンのクラブで違和感ない演奏をこなせる第一級の貴重なアラブ音楽アーチストという地位を確固としたものにしましたね。
 でも、そのあたりで酒ともうひとつ、悪い癖も覚えてしまったかな・・・

 ヘルシンキ公演のとき酔っ払ってステージ上でぶっ倒れてしまったあたりから、ずっとなんとなくおかしかったかな・・・ あれももうずいぶん前の話なんですが・・・

 2年前の「ライ30年」30 ans du rai(アルジェリアのライ・ミュージックが本格的にフランスに上陸して30年という記念コンサート)では、結局彼がトリをとる格好になりました。やっぱりフランスのアルジェリア音楽シーンに、彼は欠かせない存在だったのですね。わたしこのコンサート、舞台袖で見てましたし、タハの楽屋にも行きましたが、ひげも白くなって、ずいぶん爺さんになったなあ、と慨嘆したものです。息子のリエスくん(DJやってるんですか)がずいぶん大きくなってましたしね・・・ あ、そのときの短いビデオがここにありました。ステージ(持ち時間は3曲分くらいしかなかったのですが)の後はこのビデオよりもっとくたびれた感じで・・・

 また何か思い出したら、ちょっとずつ載せていきましょう。

 まだこれからという年で亡くなったのは惜しいことです。かなり仕事はやれた人生だったかな、とは思いますが・・・
 でも、やっぱりね・・・

 つつしんでタハの冥福を祈りたいと思います。




 
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

Album Sukiyaki 2018 (fin) "Workshops" "Finale" "Uchiage (banquet)"


トークセッション「Tootard ~国籍なき者たちの日常と音楽~」(26日日曜10時~11時半)。彼らが「ゴラン高原」から来たというのが厳密にはどういうことを意味するのか、やっと分かりました。ほんとに、「パスポート」で来ているんじゃない人たちなんですね。そういうところでやっているからこそ音楽には変なこだわりがなく、いろんなものを吸収しているのが分かりました。
オープニングステージ、25日のヘリオスステージと、CDよりナマの方がずっといい、というもっぱらの評判でした。わたしもステージの方が個性的で、実によかったと思いますよ。

日本に来れたことを本当に喜んでいたトゥータルドの3人は南砺のあと名古屋、東京、那覇、福岡県能小島と日本中をめぐって、日本をじっくり体験してくれたかな。

26日のトーク・セッションは司会のサラーム海上さん、通訳のサアシャ・カニンガム嬢の活躍で充実したものになりました。
このサイトを駆使して、アラブ音楽の音階をじっくり教えてもらったのもありがたかった。みなさんは「四分の一音」つまり半音のさらに半分の音程って聞き取れますか?

さてランディゴLindigoですが、これはフロントマン?のオリヴィエがたいへんにこやかにいろんなことを教えてくれました(26日12時~13時半)。まあ細かいことは省略させてください。このグループでメロディー楽器を弾いていいのはオリヴィエと、ソプラノサックスのエミーさんだけなんですね。でも詳しい話を聞くと、彼らの音楽、レユニオン島の心の音楽マロヤは元からメロディー楽器が乏しかったわけではなくて1945年以降、フランス植民地主義が解体する過程においてレユニオンでは保守派が強く、マロヤが反体制運動と繋がったものとみなされて、楽器を使っていると官憲に踏み込まれたときやばいので、手拍子だけでやらざるをえなかった時期があったというんですね。90年代に解禁になったあとまたいろいろなタイプのマロヤができてきたわけですが、ランディゴはなんとなくそんなマロヤ苦難の時期の記憶を強く残している感じなのかもしれません。










今年はステージの写真がなくてすみません。カバーできた範囲が少なかったです。ランディゴは、ヘリオスステージでは案外いろんな要素を入れた演奏で、飽きさせなかったです。

はい、フィナーレ。





そして、うちあげ。前にも述べたとおり廣瀬さんのパワー、溜まってたのがここで一気に吹き出した、って感じでしたね。あ、立っているのはブラジルから来てくださったシャコン師匠です。



踊るトゥータルド。



クアトロミニマル。



そしてランディゴ。オリヴィエは打ち上げには出てこなかったです。本番で力を使い切って寝てたんでしょうね。さすがリーダー!




 はい、おしまいです。

 白状すると、始まる前はずいぶん心配しましたが、フタを開けてみると例年以上に得るものの多かったスキヤキ2018だったと思います。

 それじゃ、また来年!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Album Sukiyaki "Yotaka" "Sukiyaki vu du haut"



 「あんどんどーん! 360年続く福野夜高祭を知ろう」(25日11時、アートスペース)。

 いまではスキヤキは南砺市の、そして日本の、世界のスキヤキですが、ヘリオスのお膝元福野では5月の夜高祭こそ重要なお祭なのだと思います。



 伝統ある福野の夜高祭。説明してくださった方(すみません、お名前忘れました・・・)は、祭りになると「体に鳳凰が入る」感じがすると言っておられました(夜高行灯には鳳凰の飾りがついているのです)。
 貴重な、かけがえのない感覚だと思います。



 このポスターは、お風呂屋さんに貼ってあったものです。



 さて今回のスキヤキには、フランスからランディゴを撮りに来こられた3人をはじめ撮影のチームの方がたくさん入っていましたね。彼らについてヘリオスのベランダから見たお店と、月。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Album Sukiyaki 2018 "parade"


 ここで申しておきましょう、今年のスキヤキでいちばんがんばったのは廣瀬タクトさん!
 シャコン師匠と子供たちと両方の面倒を見事こなして、キウイ&パパイヤ・マンゴーズのステージもこなし、最後の打ち上げではピンでいちばん気合の入った声をだしてくれました。

 パレード。男廣瀬、晴れ姿!

 でもああダメか、今年は中止か、と思いました。スタート予定の15時半、さあ出発と思ったほんとにその瞬間、おそらく十数日降ってなかったと思われる雨が、にわかにザーッと降りだしてしまったのです。






 しかし、幸いそれは本当の通り雨で、ほどなくあがり、2018スキヤキ・パレードは15分遅れでスタートすることができました。

 橋本委員長は、念力使い過ぎなかったかしらん。

 でもスキヤキは、まだ十分ツキがあります!






 今年はコースが変わって商店街を行進。なんだかパレードがいつもより立派に見えました。
 (昔の祇園祭はなあ、いまの河原町通や御池通とかよりずっと狭い通りを鉾さんが通らはって、ほんまに立派に見えたもんやったなあ、という京都の昔のひとの話を思い出しました)



 最後はガーデンステージでフィニッシュ。これ、わたし聞いてなかった。でもよかった。



 これは商工会館に陳情にきた?巨大3人形。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Album Sukiyaki 2018 "Opening Stage"


例によって、写真で載せるのを自粛すべきものがありましたらご指摘ください。わたしはそういうのよくわかんなくなりましたんで。

スキヤキ2018、オープニングステージ。
今年初登場のイモムシ巨大人形!







バックステージ。トゥータルドの演奏中、ランディゴたちがなにげに伴奏を始めてました。自然に音楽をやってしまうひとたち。

 


トゥータルドの通訳でサアシャ・カニンガム登場!



ランディゴの通訳でカスヤ・ユウイチ登場!(じいさんは登場せんでええ、っちゅうねん! だれか若くて可愛い女性、役目代わってくれへんかなあ・・・)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Sukiyaki 2018 その1

今年もスキヤキ本番となりました。

台風も去っていくようで、まだ風が少し残ってますが、オープニングステージのころには支障ないでしょう。

今年は金沢大学国際学類在学生・OBからの有力参加があって、この投稿のカテゴリーを「かなざわ・だいがく」にしたいくらいですね。



オープニングステージ(19時より)がフェイスブック・Sukiyakiオフィシャルページでライブ配信されます。
このページのことかと思うんですが。これってことはないですね・・・
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Luka Modric=Astérix croate (July 15 at 16h00 JST)


Pour moi l'invincible Croate du XXIe siecle c'est un double du fameux Gaulois de 50 av.J.-C. (tandis que les Japonaises, par contre, lui crient "kawaiiiii !)."
O Mbappé, fils de l'Algérie par sa mere, et son équipe, battez-vous ! surtout "fight like a man ! " (Lucy van Pelt) !

 ワールド・カップ2018の大詰めフランス対クロアチアの決勝戦直前です(2018.7.15, at16:00 JST)。たぶん、日本におけるルカ・モドリッチ選手の人気は頂点でしょう。彼のおかげで「萌え」とはなんぞや?というのを理解した、というひとも出てきたりして、もう、大変な騒ぎ。それにしても、いまごろ天下のレアル・マドリードの至宝をとらまえて「かわいい!」とは・・・(汗)

 わたしにとっての彼のイメージは「アステリクス」です。ヨーロッパのはじっこの方から出てきて、驚異的なスタミナ―― grâce à la potion magique ――と知性の輝き――モドリッチは9月9日生まれ、こいつもラシード・タハやアマジーグ・カテブとおんなじでおとめ座だ――で偉そうな顔をしている凡庸な連中を出し抜き、翻弄し、叩きのめしていきますから。

 しかしクロアチアなんてところから出てきて世界スターにふさわしい知名度を得るには、日本で、サッカーの領域ではワールドカップ二次リーグでいくつも勝つところまでいかないといけないんですね。あの「ベッカム様」のときはもっと前から話題になっていたと思いますが、彼はイングランドでした。ワールドミュージック界も似たようなものです。世界は、もう少し才能を順当に評価する世界になってほしいですね。

 まあそれは今のところどうしようもない。で、何がいいたいかというと、根性の塊みたいなモドリッチを中心に固く団結、苦しい戦いを勝ち抜いて決勝まで到達したクロアチアの男たち――今日はクロアチアの美人大統領はモスクワに決勝戦見に来るんですかね?――にいまや世界の共感が集まっていて、どうもフランスとムバッペが敵役っぽくなってきたということ。
 ムバッペよ、アルジェリアの子よ、正々堂々と闘いたまえ。相手は幼くして難民となり、避難所のホテル駐車場からサッカーを始めたという物語を背負った男だ。一番うまい選手が、一番走ると称えられた男だ・・・

 Daznに入ってレアルマドリードの試合見るひとは、日本では多数派ではないでしょう。2018年ワールドカップが終わってしまえばせっかくのモドリッチの名声もそのまま減衰していくだけかしらん。4年後にはたぶんもう出てこないだろうしね・・・

 まあ、それも、何かあれば、どうなるかわからない。
 あしたの今頃は、日本では、世界ではどういう話になってますかねえ・・・ それが分からないから人生って面白いです。
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今、わたくしが教えていること


 「教える」という言葉は、はなはだおこがましいと思うのですが・・・

 とりあえず今、金沢大学で開講している授業の内容です。

 ちょっと今「わたしは、何をやっているんだろう?」という、自分見つめ直しのときです。


粕谷雄一の授業

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

『砕かれたハリルホジッチ・プラン』


L'analyse de la stratégie halilhodziciste.

五百蔵容氏による『砕かれたハリルホジッチ・プラン』(星海社新書)が届き、読みかけております。

サッカーの素人にとって読みやすい本とは言えませんが、ハリルホジッチ監督が日本代表チームのためにしてくれたことが、徐々に見えてくるように思います。

わたくしは、アルジェリア代表チームを応援していたおかげで、2014年ブラジル・ワールドカップ決勝トーナメント第一戦、ドイツ代表対アルジェリア代表の試合、五百蔵さんが「優勝したドイツ代表をまさに土俵際まで追い詰めました。この大会のベストマッチとも評され、ハリルホジッチの傑作といえる試合です」(p.29)と称える試合を見ることができたわけですね。ちなみに当時のわたくしの感想はこんなのです。

五百蔵さんが綿密に分析されているこの試合、他のサッカー関係の方々も「鳥肌がたつような、凄い試合」だったと言っていたこんな試合を大舞台で見事にやってのける監督が、日本代表チームを率いてどんな戦いをみせるか、本当に見たかったです。彼なら日本代表が、自分でも知らなかった自らの力に気づくように導いてくれたはず、と思うのです・・・

ハリルホジッチ監督に感謝、信頼を伝える署名運動は、まだやってます。ここです。

繰り返しますが、この署名運動はいかなる個人、いかなる機関も非難するものではありません。よろしく。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ