miyabuの雑記帳

写真と雑記の復活

政治献金

2009-03-29 | Weblog
政治家に献金するのは、企業であれ、組合や自治団体でれ、見返りを期待しているからです。お返しをしたくなるのは人情で、それを期待して皆さん献金をしているのです。献金が続くというのは、効果があるからで、効果が無ければ続かないでしょう。

一番スッキリするのは、国民がいずれかの政党に加入して会費を払うことです、無所属の人は後援会の充実に力を要れ、会員から会費を貰うことです。税金から支払っている政党助成金も無くします。総ての献金を無くします。選挙権のある人は、すべて、政党か後援会に加入を義務ずけてしまうのです。

年会費の決定は、所得に応じて税金と同じように徴収します。支払の時、この金は自民党にとか、民主党にとか、無所属OOさんの後援会にとか、自己申告します、政党にも後援会にも支払いたくない人は、選挙権を放棄することによって、支払は免除されるようにします。

このように、直接自分が政党なり、政治家にお金を支払うようになれば、国民の政治に対する関心度が随分と高くなるように思いますが如何ですか。
コメント   この記事についてブログを書く
« 雑記 | トップ | 横蔵寺の舎利仏 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事