『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[『チェンジリング』と、北鮮による拉致事件]

2009-03-03 22:13:23 | 保守の一考
☆私は、産経新聞を購読しており、その一面のコラム<産経抄>をいつも楽しみに読んでいる。

 まあ、名物記者の石井英夫氏が<産経抄>担当をやめてから、あまり熱心なファンではなくなったが。

   ◇

 私は、書こうか書くまいか迷っていたのだが、映画『チェンジリング』を観て、その傑作映画の感想で、こう書いてみた。

 《・・・悲惨な話であるが、私は、誤解を恐れずに言えば、この作品を横田めぐみちゃんの御両親に見てもらいたい。
  この作品の最後で示されるものは、作品全てを引っくり返すような「生きる希望」だと思うのだ。・・・》

 いや、実話の映画化とは言え、今現在、娘を連れ去られて苦悩している横田夫妻に、この作品を見てみろ、などと言うのは言語道断なのかも知れないと思いつつも、

 当事者でないのでそう考えてしまっているのか、あるいは、同様の状況に陥った映画の主人公クリスティンとの艱難の共有は、一時的にも「癒し」の効果があるのではないか、と思えたのだ。

 それが正しいのかは分からない。

 私も、悩みつつ、上記の如く書いてみていた。

 ・・・すると、3/2の<産経抄>で、こんな風に記されていた。

 《週末に、クリント・イーストウッド監督の「チェンジリング」を見てきた。小欄で取り上げてほしい、との読者からのはがきに背中を押された。1920年代末のロサンゼルスが舞台だ。電話の交換の仕事をしている主人公クリスティンが帰宅すると、9歳の一人息子が消えていた。
 ▼数カ月後、息子が発見されたとの知らせを受けるが、目の前に現れた子供は別人だった。失態を認めたくない警察は、捜査の続行を訴える彼女の口を封じるために、強制的に精神病院に送り込む。息子を取り戻す母親の戦いは、ここから始まる。
 ▼くだんの読者は、北朝鮮工作員による拉致事件と重ね合わせて、「誘拐という犯罪が、どれほど卑劣で、被害者および家族の生活を破壊するかが描かれています」と、書いていた。そして、拉致事件の解決を妨害してきた一部の政治家たちに、映画の感想を聞いてみたい、とも。同感だ。
 ▼映画のほとんどのエピソードは実話だという。公式サイトで、事件を伝える当時のロサンゼルス・タイムズの記事を読むことができる。今は苦境にある米国の新聞も、映画のなかでは元気いっぱいだ。
 ▼大勢の記者やカメラマンが、クリスティンや警察の本部長を取り囲み、メモを取りフラッシュをたいていた。しかし、彼女を支え、事件の謎に迫ったのは新聞ではなかった。日本の新聞も、拉致事件については大きな顔をしていられない。
 ▼昭和55年1月に、小紙の阿部雅美記者(現産経デジタル社長)が、拉致事件を初めて報じた記事は、他紙から完全に無視された。事件が大きく取り上げられるようになったのは、それから20年以上もたってからだ。きのう書いたばかりだが、映画を見ていても、「新聞力」が気にかかる。(2009/03/02)》

 ・・・うん、やはり、この作品を見て、横田めぐみちゃんの悲劇を連想する人は少なくないのだな。

   ◇

 ・・・と、悦に浸っていたら、他ならぬ映画主演のアンジェリーナ・ジョリーが、すでに、拉致被害者にエールを送っていた・・・。

   <アンジェリーナ・ジョリー、「北朝鮮の拉致被害者家族に会いたい」(2009/01/31)>

 《・・・来日してから同作のテーマに絡め、心を痛めたことがある。「日本に来て、北朝鮮による拉致被害者の存在を知った」という。アンジーは01年から国連難民高等弁務官事務所の親善大使を務め、自ら3人の子を養子に引き取るなど、主に親のいない子供を支援する慈善活動家としても知られる。それだけに国家による誘拐行為には何とかしたいと思った様子。実際に「被害者家族の方にもお会いして、もっと知りたい」と強い関心を示していた。・・・》

 <産経抄>では、新聞が力を持っていた時代について書いていた。

 そして、ここでは、大スターが、力強い言葉を語ってくれている。

 しかし、問題が国際政治に発展している今、北鮮に対して力を発揮できるのは、麻生首相だけなんだよね・・・。

 頼んますよ。

 やることを・・・、やるべきことをやったら、国民はついて来る。

                          (2009/03/03)
コメント   トラックバック (1)

[ああ、これがブーメラン現象か!(小沢民主)]

2009-03-03 19:12:49 | 保守の一考
     民主・小沢代表の公設第一秘書を逮捕…東京地検(読売新聞) - goo ニュース

☆本日は仕事が早く終わり、帰宅の車中、ラジオにて、<東京地検特捜部によって小沢代表の第一秘書逮捕>の報を聞き、私は、呟いた。

   「ふう・・・・・・、これで一安心だ^^」

 だって、このままでは、易々と民主党政権が生まれそうだったからなあ^^;

 まだまだ予断は許さないが、民主党には激震が走ったことだろう。

 危ういところだったぜ^^;

 民主党のやばさは、こちらのエントリーを読めば垣間見れると思う。

     [悪い方向への<実現可能性>]

 でも、この民主党には、よく「ブーメラン現象」と言うものが語られることが多かった。

 それは、野党民主党による与党自民党の過誤への攻撃は、必ず、それに倍して民主党に戻ってくるというものだ。

 まあ、今回は、いかにも、時期を見計らっての公開捜査なのだが、

 そもそもが、自民党を石持て追われた者、そして、社会党の左派によって形成された党である、

 大らかなる自民党とは異なった「陰」は、幾らでもあったに違いないのである。

 ・・・さて、麻生首相!

 少し余裕が出来ただろうから、政治に邁進してくれ!!

 ・・・しかし、小沢の資金管理団体は「陸山会」と言うのか・・・。

 田中角栄の「越山会」からネーミングをパクったのかね。

 私は、小沢は嫌いじゃないが、「自民党の一部で力を持っている政治家」としての制限が必要だ。

   ◇

 ちなみに、私は、昨年の末、東京地検の取調べを受けました。

 とあるキチガイカルト組織(新しい歴史教科書をつくる会)が、私と安倍元首相の繋がり(陰謀)を妄想して、訴えたのであった。

 検事さんは、苦笑いしながら、私に事情聴取した。

 結果は、「不起訴」である。

 ・・・当たり前である^^;

 そのことについては、その内、語ることになるでしょう^^v

                         (2009/03/03)
コメント (6)