『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[近況(14)]

2015-01-29 23:24:20 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・先ずは訂正。
 この間の日曜日、「開店から200組目のお客さん」と書きましたが、「2000組目」の間違いでした^^;
 まあ、開店から、もうすぐ2年で2000組は少ないのですが、自分では非常に満足している次第^^

 さて、一昨夜は暇で、閉店定時にさあ帰ろうと思ったら、何度か来たことがある美容師さんが来た。...
 ビビさんではない。
 ずーっと前、福生の松屋で知り合い、最初は3人で来店したのだけど、アマトリチャーナが三分の一で不満足だったらしく、翌日に一人前食べに来た子だ。
 この「翌日一人で来店女子」は、うちの店においては非常に多い^^
 だが、一昨日は、私は帰る直前だったので、一緒にサイゼリアに行った。
 その子は最近、姪っ子が生まれたそうで、非常に嬉しいようで「天使ちゃん」と呼んでいる。
 私は言った。「じゃあさ、じゃあさ、俺らも天使ちゃんを作ろうぜい!!^^v」
 すると、「他をあたってください」と却下されました^^;

 実は昼間の仕事は、本来は8:30~17:00の勤務でした。
 でも、繁忙期で、ずーっと一時間半早出で、7:00~17:00で働いていました。
 今回、職場のシステム改変に伴い、7:00出勤が定刻となり、その分、退勤時間が15:30となりました。
 まあ、少し残業して、退勤時間は16:00がデフォとなりました。
 この一時間早く帰れるのが、私にはめちゃくちゃ嬉しいのです。
 それこそ、休みの日のごとく、この一時間が嬉しい。
 空が青く、雲が流れている時間に帰宅できるのです^^
 昨日は、お店が始まる前に、床屋に行き、インド料理屋でカレーを食べました^^

 1.福生西友5F「マサラ」のバターチキンカリー

   


 2.お客さんから頂いた中トロ刺身、私一人で食べちゃいました^^;

   


 3.賄いで作ったカレーインスタントラーメン!!^^;

   


 4.ビン回収の日に準備の空き瓶でっス!!

   

                  (2015/01/29)

コメント

[映画『KANO 1931海の向こうの甲子園』を観た(寸評)]

2015-01-28 23:51:58 | 新・物語の感想

☆・・・ここにきて、時代の中での「野球」を題材にした作品が3作品 公開されている。

 『バンクーバーの朝日』に続いての鑑賞。

 台湾と言う小さな国の作品なのに、邦画よりもパワフルで、現実感を出すために使われているだろうCGなどにも粗がなく感心した。

 夏の甲子園を主催している朝日新聞の協力がなくては出来なかっただろうけど、朝日新聞臭がほとんどないのも良かった。

 台湾の弱小野球部が、日本人の監督を迎えて大会を甲子園目指し勝ち進んでいく物語。...

 台湾の灌漑に大きく貢献した八田與一の偉業と絡めて描いたり、作中現在の1944年からさかのぼって語る流れと見せかけて、それも物語終盤に組み込みつつ、やはり甲子園決勝戦を厳然とクライマックスにもってくる構成も見事。

 甲子園に来てから、ライバル校の一人を、また、もう一人の主役ともして、そこから物語を語る視点も斬新だった。

 決勝戦は、血染めのボールネタは、『巨人の星』っぽかった^^

 毎度毎度の言いぐさで申し訳ないが、主演の永瀬正敏の娘役の少女と幼女は可愛かったっス!

   

                                     (2015/01/28)

コメント   トラックバック (2)

[近況(13)]

2015-01-28 04:16:18 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・今 帰宅しました^^;(現在午前3:30)
 前半 暇で、結果的に忙しかった^^
 まあ、明日は、昼間の仕事が休みなんで問題なし!

 昨夜は、一人また一人とお客さんが増えて、最終的には賑やかになり、そして、一人また一人と去っていきました^^...
 やっぱ、福生のアイドル的プリティのEYEさんが来たのは嬉しく、
 だけども、最後に来た「美人の美容師」のビビさんが、悪意なきKY発言を、開口一発かまし、
 私は、「ああ、ビビさんは、こういう不用意な一言があるから、美人なのに、残念なときがあるのかぁぁぁあああ!^^;」とちょっと思った^^;
 後から、私、ビビさんにたしなめました^^;

   <思い出した細かい話>

 クーちゃんの名前を出して思い出したのだが、「クーちゃん」は結婚する前の苗字からきたあだ名で、今の苗字は、小野っちと同じなのである。
 で、その小野っちとクーちゃんだが、偶然にも、それぞれ、イブと大晦日に持ち帰り注文をしくれていた。
 特に二人は、他の日に持ち帰りをしていないのである。
 かなり稀な確率での偶然なのである^^v
 「同じ苗字は、行動も近い」の法則!!!

 一昨日、お店に「究極めんこい幼女・ジージョちゃん(3歳)」が来てくれたので、私は、その時の思い出を咀嚼して反芻して、昨日は幸せに過ごしたのだが、
 そういえば、役所の男性陣が来店してくれたのも、ジージョちゃんが、お店の玄関口で、彼らに手を振ってくれたからである。
 あんなかわゆいのに手を振られたら、どんな男も、フラフラと来店してしまうだろう^^;

 昨日は、仕事前にトマトラーメンで有名な店で醤油ラーメンを食べました。
 皆から、トマトラーメンやシーフードラーメンで有名な店なれど、醤油ラーメンもいけると聞いたからです。
 うまかった。
 一杯に対して、非常に丁寧に作っているのが好感なんです^^

   

 昨夜の話題で、日本酒の話題が出て、深夜の晩酌(いや、朝方だったけど^^;)は、八海山でした!!^^

     

             (2014/01/28

コメント

[げんなりニュース・・・]

2015-01-27 12:41:11 | 新・保守の一考

☆・・・キモす・・・、勘弁してほしい・・・。

 ほんじゃ、あんたら、イスラム国の残虐を、歌って踊って止めに行ってください・・・。

 こと国際的な問題において、情報公開が最悪の結果を産むことは、秘密を保護するよりもはるかに高いゾ!!

《・・・官邸前 HEY!WA!のリズム(東京新聞 2015年1月27日 朝刊)

 第三次安倍内閣発足後、初めてとなる通常国会が召集された二十六日、国会周辺では特定秘密保護法の廃止や、集団的自衛権の行使容認に反対を訴えるデモが続いた。

 衆議院第二議員会館前では正午から、秘密保護法に反対する市民団体などの約二百人(主催者発表)が集会。「政府に不都合な情報が秘密にされ戦争につながる」「情報は市民のものだ」と声を上げた。

 海渡(かいど)雄一弁護士は「イスラム国」によるとみられる日本人人質事件に触れ、「テロとの戦いという泥沼に落ち込むのを避けるためにも、政府が何をやっているのか秘密にされてはいけない」と強調。「秘密保護法廃止をめざす藤沢の会」の斎藤隆夫さん(78)=神奈川県藤沢市=は「集団的自衛権の行使が具体化してくる。地域でも秘密保護法の問題点を訴え続けたい」と話した。

 午後六時からは官邸前の「DISCO(ディスコ)化計画」で、二十代や三十代の若者らが音楽に合わせて体を揺らし不満を表現。ディスクジョッキー(DJ)が音楽を操る特設ブースも登場し、「平和を祈りながら踊りましょう」の掛け声でダンスミュージックが次々に流れた。

 友人に誘われたという千葉市若葉区の音楽制作業松戸芳之さん(30)は「イスラム国のように戦争は今もどこかで続き、なくす努力をしないといけない。安倍首相をみると、戦争に向かっているような気がする」と語った。

 世界的に知られるDJの沖野修也さんも趣旨に賛同し、音楽を披露した。

 

 安全保障政策などが論点となる通常国会が召集された26日夜、首相官邸前で踊りながら平和を訴える「官邸前DISCO(ディスコ)化計画」があった。

 主催者は「安倍首相がやっていることは世界平和に反する。この怒りや不満を表現できれば」=佐藤哲紀撮影・・・》

 歌って踊れて回せる反戦家・・・。

                                     (2015/01/27)

コメント

[近況(12)]

2015-01-26 02:19:35 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・実は、昨日(1/25)は、日曜なのですが、昼間の職場のシステム変更に伴う準備で、いつもは休みなのに午前中に三時間だけ出勤した。

 物流システムが変わったのだが、仕分け場のカラーリングが、創価学会の三色旗みたいな色合いで、なんかゲンナリした^^;

         

 11時には、家に帰宅していたのだが、お店の、いつもの日曜午後1時開店を遅らせようかな、などと考えていた。

 立川に、映画『ビッグアイズ』を観に行こうかな、などと。

         

 しかし、その前の日(1/24)の夕方、映画『アニー』を見ている途中に、クーちゃんから着信があり、映画を見終えた後、折り返し電話すると、「さっき行こうと思ってたんだけど、今回は見送り、また次の機会ね^^」とのこと。

 クーちゃん一行は、結構飲んで食べてくれるし、それを逃したのは大きいし、何よりも、美少女の娘さんに会えるチャンスを逃し、私は非常に残念だった。...

 まあ、一昨日は、なんだかんだで盛況だったので良かったが。

 故に、昨日は、午前中の仕事が終わった後、少し昼寝し、途中、つけ麺屋でつけ麺を食って、すぐにお店に向かった。

 暇ならゲームをやろうと決めていた・・・。

    …中古980円で購入!

 と、ミオンさんファミリーが来店した。

 つまり、「究極めんこい物体」であるジージョちゃん(3歳)が来たのだ。

 今回は長時間いたので、ジージョちゃんを可愛がって楽しかった。

 生人参をポリポリといっぱい食べてました、いい子!!^^

   

 いつもはホッぺしか触らないのだが、今日はおなかに触れてみたら、子犬の腹みたいにフニャッとしていた。

 私が「可愛いのぉ」とジージョちゃんを見つめていて、ふと気づくと、ミオンさんが笑顔で、私を観察しているのが気まずかった^^;

 実は、ミオンさんファミリーは、伝票上での来店200組目であった!

 記念すべきキリ番が、このファミリーでよかったぁ!!^^v

         

 ・・・いや、実は、お一人のお客様は、一つの伝票に5組まとめて書いたりしていたので、実際には、2300組ぐらいなんだけどね^^

 それから、今週も、中央公園で駅伝大会があり、それを終えた若者たちが来店してくれ、5時間以上、飲んだくれてくれた。

 いやぁ、正統派の若者の飲みの場の会話は清々しくて素晴らしい^^

         

 最後に、モーさんが来てくれた^^

 この方とは会話のツボが似ているらしく楽しい。

 午後一時からノンストップで働いていたのだが、この人は癒し系なようで、まったりとした時を過ごせました^^

                                      (2015/01/26)

コメント

[近況(11)]

2015-01-25 23:55:47 | 新・ふと思う

☆一昨夜は、お一人さまが10組 来店する不思議なフライデーでした。
 新規のお客さんは二組で、
 その前の日に来た、お役所勤めの団体さんのメンバーの女性一人も、早速 大皿を持ち帰りしてくれました^^v

 えっと、お客さんに、バックスバニーが食べるような新鮮ミニ人参を頂きました。...
 アニメでは、めちゃ美味そうにバックスバニーが、ポリポリと食べてますよね^^
 私、塩とマヨで食べましたが、固くて新鮮で甘くて臭みなく、うまい!
 大自然の恵み、丸かじり! って感じです^^v
 是非、ご賞味を!!

    

    

 また、トゥイーティー(バックバニーの仲間)みたいな可愛いチビ助には、これまたお客さんがくれた以下があります。
 男の子にはやらんぞ。
 男の子は、自分で這い上がれ!!!

    

 フライパンを焦がすのが得意な母親が作ったお好み焼き、店に持って来て食べました^^
 見栄えは悪いけど、シーフードミックスなどをゴッテリ使っていてうまかった。
 かように、なんでも焦がすような母親がいるので、私は、私が海外で遭難したりした時の、母親の謝罪記者会見を恐れ、店舗営業に邁進している次第です。。。

    

                                      (2015/01/25)

コメント

[映画『ANNIE/アニー』を観た(寸評)]

2015-01-24 13:49:07 | 新・物語の感想

☆・・・安心して楽しめる定番の物語で、良かったです^^

 25年ぐらい前の映画版オリジナルは、断片的にしか覚えていなくて、

 主人公の子が似ているので、『MOMO』と混同してもいました^^;

 ちゃんとクライマックスでは泣きましたゾ。...

 メイン曲の「トゥモロー」は、「レリゴー」なみに、耳に、そして、心に残ります。

 「夢破れて」やさぐれたキャメロン・ディアス演じる女が改心するところが、私的には一番良かったかな^^

 アニーの里子仲間の、一番幼い子が可愛かったです^^v

 

                                      (2015/01/24)

コメント   トラックバック (1)

[凄いの、来たね!!(そしてまた、小林よしのりは裏切られる・・・)]

2015-01-23 11:55:52 | 新・保守の一考

☆・・・去年は、かなり強烈な人物たちがマスコミを賑わしましたが、この方、号泣議員の野々村竜太郎氏に匹敵する方だなぁ。

 ああ、鳩山由紀夫元首相に似ているのだな。

<iframe src="//www.youtube.com/embed/b2D9VYT8q-A?feature=player_embedded" frameborder="0" width="640" height="360"></iframe>

 小林よしのりは、いつもの如く、こんな風に語っています。

 《・・・(2015/01/21)イスラム国で人質になった二人に対して、覚悟して行ったのだから殺されても仕方がないと他人ならあっさり言える。イラク戦争時の邦人人質とは区別した方がいい。なぜならイスラム国は人質で資金を得る残虐な組織だということは、わかっていたからだ。だが、二人の人質のうち、武器商人には同情できないんだが、ジャーナリストには同情できる。これが知人の渡部陽一だったら、なんとか救出してほしいと願うからだ。「公的」にも、ジャーナリストは必要だ。他人は無責任に何でも言えるが、知人・友人・家族だったら、例外的に金を払ってほしいと思うだろう。・・・》

 小林が思っている様な家族ではないようだよ・・・、まあ、抗弁はできるだろうけどさ・・・。

                                      (2015/01/23)

コメント (2)

[小林よしのりのオートメーション化された思考停止]

2015-01-22 10:22:38 | 新・保守の一考

☆・・・短信です。

 昨日、「週刊文春」をコンビニで立ち読みしていたら、「桑田佳祐問題」についての識者の見方、みたいな記事があった。

 小林よしのりの意見は、要約すると、「ロックンローラーとしての、その言動は許せる。だが、後から謝罪したのは情けない」だった。

 「その言動は許せる」も、相当におかしく、新右翼的な雰囲気を醸す^^;

 桑田佳祐が後から謝罪したのも、全て「込み」の問題であり、それが桑田佳祐の「ロック」であることに、小林は気づくすべなく、故に、これからも、世の見立てを間違い続けるのだろう。

 桑田を許した小林は、ならば、個人の欲ではなく、大局を踏まえて結論した政治家の判断も是としなくちゃならない、「政治家として、その言動は許せる」と、そう、たとえ間違っていてもね^^;

 小林は、「ロックンローラーだから」とか、現在進行形の<イスラム国>による日本人誘拐身代金で捕まっている「ジャーナリスト」に対してといい「だから許せる・やむを得ない」が多過ぎる。

 オキュペーションで「許せる/許せない」の判断をしてしまう、そのオートメーション化された「思考停止」は、・・・もう、「老害」以外の何ものでもないな。

 思い出すのは、かつてのイラク3バカの一人、三白眼の若者は、自分を「ジャーナリスト」と言ってたんだよな^^

 それに対しての私のコメントは、当時 テニスのシャラポワが人気あったんだけど、「じゃあ、これからは、俺は自分をシャラポワと思う。そしたら、俺は、シャラポワなのか?」でした^^

 それから、現在進行形の<イスラム国>に誘拐されている日本人の今後だが、私は、いろいろ考えるに「帰還は難しい」と思う。

                    (2015/01/22)

コメント

[小林よしのりとウンコな仲間たち(高森明勅・桑田佳祐・岡田斗司夫)]

2015-01-20 23:59:29 | 新・保守の一考

☆・・・この間、かような文章を書いた。

       [すぐに裏切られる小林よしのり・・・(桑田佳祐の安倍政権批判、そして天皇陛下への揶揄)] (2015/01/04)

 まあ、桑田佳祐の問題を考えると、小林は黙ってやり過ごすしかないわな^^;

 そしたら、同じ小林サイト内で、「すわ、仲間(小林)は助けるぞ!」とばかりに、高森明勅が、以下のような文章を書いていた。

 これ、内容が完全に方向性を間違えている、故に、小林のサイトでは、この文章を早めに隠したいらしく、この後、立て続けに新規の更新が為されて、サイト内ですぐには見えにくくなった。

《・・・2015/01/12

 桑田佳祐氏の「尊皇」
 Tweet ThisSend to Facebook | by:高森
 ロック歌手の桑田佳祐氏について、私は殆ど何も知らない。

 正直に申して、その音楽も余り聴いたことがない。

 ただ昨年、
 紫綬褒章を受けた時のコメントが立派だったのは覚えている。

 また、受章当日の映像を見て、その極度の緊張ぶりに好感を持った。

 他の受章者と一緒に君が代を歌っている場面もあった。

 彼はロック歌手でも芸能人でもなく、1人の国民として歌っていた。

 ああ、この人は皇室に素直な敬愛の念を持ち、
 それを隠そうともしないんだ、と感じた。

 人から教えて貰ったところでは、年末のライブでは、
 会場のファンの前で受章の慶びを爆発させたようだ。

 ファンと感激を分かち合う為に、褒章をわざわざ会場に持参。

 感謝の気持ちを込めて、替え歌まで披露している。

 この度の受章は、ファンがいて、メンバーがいて、
 スタッフがいてくれたお蔭だから「みんなの褒章」ーと歌って、
 歓声に包まれた。

 私はその時の模様を音声で聴いただけながら、
 ファンと一体になった慶びは伝わってくる。

 自ら「下劣極まりない」と称するロック歌手が、
 ここまで率直に受章の慶びを表現していることに、心打たれる。

 中には、桑田氏のはしゃぎぶりに眉を顰める人もいるらしい。

 皇室への敬愛の表し方は多様であり得るから、
 桑田氏のようなスタイルと同様に、そうした表現の形もあるのだろう。・・・》

 本文の9行目まではいいんだけどね、それからが事実も真実も捻じ曲げた文章になっている。

 この人、かなりの尊皇派のようだが、天皇陛下が「薄っぺらい悪意」で蔑ろにされている事実よりも、まやかしで小林よしのりを擁護したわけだ。

 事実を以ってゆえの擁護ならばアリだが、妄想で解釈を捻じ曲げ、なおかつ、天皇陛下を、更に貶めた自分について、高森はどう思っているのか・・・。

 それから、道徳テーマの小林グループの講演会では、喜々として岡田斗司夫を招いて褒め称えていた小林よしのりだが、

 最近、その岡田斗司夫の「女たちをセックス人形的に扱うスキャンダル」が明るみに出てしまった。

 小林は、慌てて、岡田のヘイトスピーチにいそしんでいる・・・^^;

 私の、「すぐに裏切られる小林よしのり・・・」の裏打ちが為された格好だ・・・。

 私ってば、本当に凄いよね!!!

 「予言者」と呼ばれる所以である^^v

                     (2015/01/20)

コメント

[猫燻し]

2015-01-19 13:29:33 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・身体の調子悪い話ばかり書いていると良くないので、猫イジメの話。

 この間、姪っ子が泊まりに来る週末の深夜、店を終え帰宅した私は、深夜2時ごろに姪っ子に、身体をマッサージとして踏んで貰っていた。
 寝っ転がって前方を見ていると、猫ミュウが、玄関から居間への扉からひょっこり顔を出した。
 基本、猫ミュウは私を嫌っている。...
 いつも、家で出くわすと、私が、「♬ダンソン! フィーザキー トゥーダ フィーサーザ コンサ!!」と威嚇し、硬直させ、捕らえて、もみくちゃにするからだ。
 が、その時は、猫ミュウ、私に助けを 求める表情をして、全身をあらわにした。

    

 すると、白い毛並みの身体が、なんかくすんでいるのだ。
 「???」と思ったが、所詮は猫ミュウなので、深く考えずにやり過ごした。

 ・・・後日、その理由が判明した。
 母親が、フライパンを火にかけて、そのまま忘れ、フライパンは熱せられ続け、油煙をあげ、タンスの上でまどろんでいた猫ミュウを燻したらしい。


   「スモーキーキャッツ」の誕生だ。

                               (2015/01/19)

コメント

[近況(10:マラソンの日、流血事件)]

2015-01-18 23:59:45 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・今日は、日曜日の昼間の営業が、一年で一番忙しい日であることは分かっていた。
 横田基地のマラソン大会だ。
 七夕祭りもフェスティバルも食べるところはいっぱいある。...
 が、マラソン大会では、別に食べる場所はない。
 大会後、参加者は腹を満たすために、牛浜界隈の「ハングリー難民」と化す。
 この日だけは、夜営業だけの飲食店も、昼間 開店すべきなのに、と思っている。
 私の店は、既に二年越しの予約客で満席となった。
 予約してくれたのは、バレエ教室の先生もやっている兼ランナーグループだ。
 この方たちは、いつも、大いに食べ飲んでくれる。
 二時半からの三時間で、いつもの三日分の売り上げを記録して、私は嬉しかった。

 ・・・事件はとどめのアマトリチャーナを作っているときに起こった。
 グラスを取ろうとして、手を滑らして、グラスを棚で叩き割り、右手の人差し指をザックリと切った。
 グラスが割れる音響に、お客さんは「平気?」と口々に心配する。
 もう、キッチンカウンターの中は、グラスの欠片と、滴る血で凄いことになっている。
 が!
 私は、「全然、大丈夫です!^^」。
 お客さんたちの盛り上がりを損なってはならない。
 指は・・・、曲がる、傷はそれ程深くない、・・・イケる!
 そして、輪ゴムで、右手人差し指の付け根を縛り、血を止め、アマトリチャーナを完成させるのだった!

 夕方になり、お客さんが帰った後、机の上には、食べ終えた食器がそのままで、私は茫然とした。
 カウンター内も、グラスの破片が飛び散っているので、全部 洗ったり清掃したりしなくちゃならない状態だった。
 そもそも、血を流すことに慣れていないので、なんか身体がだるかった。
 ナカジ君が来店してくれたが、「これこれこうで、今はサービスがでけん」と済まないと思いつつ帰って貰った。
 ミヤキ薬局に行き、HG(ハイグレード)なバンドエイドを買い、傷口を塞ぐ…、が、バンドエイドを巻いたら、その圧迫感でブシャーッ! とナシ汁みたいに血が噴き出た。
「ウギャ! 傷口が開いた!」

 一時間後、どうにかこうにか、店内は原状回復した。
 <消火器破裂事件>の時のビビさんを呼んで、片付けを頼もうと思ったのだが、ビビさんはまだ仕事中であった。
 自分でゆっくりと行なった。
 数組、お客さんを断わらなくちゃいけなかったのは口惜しかった。
 と、そこへ看護婦さんのモーさんが来た。
 私は多くの血を失い、なんかボーっとしていたのだが、言葉の使い方を間違っているのは承知で、看護婦さんが来てくれたことでの「プラシーボ効果」が起こり、なんか、身体が楽になるのだった。。。

                (2015/01/18)

コメント

[映画「ジャッジ 裁かれる判事」を観た(寸評)]

2015-01-17 23:19:57 | 新・物語の感想

☆・・・父と子の愛憎をメインに、兄弟、家族、夫婦、恋人・・・、色んな人間関係を深く描いた良作だった。

 ただ、どうにも、ロバート・ダウニーjr.のくっきりした顔立ちが物語にそぐわなかった。

 被告となった判事の父親と、反目し合う息子である弁護士が、法廷という公(おおやけ)の場で、自分たちの心情を打ち明けあうという図式が、なんとも「バカ親子」に感じてしまった^^;

 でも、予期せず、私のお気に入りのヴェラ・ファーミガが出演していたのは嬉しかった^^

    

                              (2015/01/17)

コメント

[近況報告(9)]

2015-01-15 10:20:19 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・昨夜は、お店がなかなかの盛況で、私も楽しく過ごせました^^

そして、今日は、久しぶりの「空き瓶の回収デー」です。

溜まりに溜まった空き瓶を店先に出すと、気分もスッキリです^^v

写真を見ると、埃を被った空き瓶がありますが、

  

それは、クリスマスイブの「消火器破裂事件」の名残です^^;...

ちょうど、一緒に、消化粉を掃除してくれたビビさんも、昨夜 来店していたのですが、埃を被った空き瓶を見て、年末を懐かしむのでした。。。

                (2015/01/15)

コメント

[近況(8:風邪ひいた)]

2015-01-13 22:36:10 | 新・ふと思う

☆・・・ここ2,3日 調子が悪かったのだが、「予防接種したのになぁ」と思いつつ、インフルエンザの可能性があるので、病院に行った。

結果、インフルエンザではなかったが、普通の風邪で、熱もあった。

身体の節々もだるく、「黒烏龍茶」を飲んだら、腹もピーピーだ。

薬を貰う。

数日は、おとなしくしていようと思った・・・。

    

                (2015/01/13)

コメント