『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[アマトリチャーナ三連弾と深夜二時までアランチーニ作り]

2017-06-30 05:34:48 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・昨夜も忙しかった・・・。
 今日の貸し切りに備え、どうしてもアランチーニを作りたかったので、帰宅がこの時間になりました(AM02:00)。

   

 明日はミドラン散歩なので、04:15起きである。
 二時間は眠れる!^^
 昨夜は、お客さんが女性だけのレディースデーでした。
 うちの店のアイドル的プリティことアイプリ君が、同じくクリスマスにサンタガールをやったビューティホー・ナッチと初対面したのはちょいと面白かった^^
 ナッチはアッコさんとミスチルのライブに行ってきたのだそうだ。
 ミスチル級のライブだと、ほとんど知ってる曲ばかりで楽しいだろうな^^
 いつもは楽しい話をしているアミ君とコストコトコちゃんですが、あんまし話をする余裕がなかったのは残念^^
 おう、アミ君、ゴルゴンゾーラを食べるのを忘れていたぞ!^^;
 杏さんも二日連続で来てくれたぞ!^^
 アマトリチャーナは、作るのに、湯沸かしからはじめて20数分かかるのだけど、微妙に注文されるのがズレて、3連続作ることになったのは激闘であった^^;

                          (2017/06/30)

コメント

[映画『ハクソー・リッジ』を観た]

2017-06-24 23:59:44 | 新・物語の感想
☆・・・イーストウッドにアフレック、スタローンと、俳優でありつつ監督として傑出した作品を残している才人は多い。
 メル・ギブソンもその1人。
 鑑賞前、とても高揚して赴いた!
 敵を討たない衛生兵が主人公なので、メル・ギブソンなよったか!?
 いや、激しく語ってくれていた。
 悲しいのが、舞台が沖縄戦なんだよなぁ。
 だが、メル・ギブソン、「バランス」よく描いていた!

 序盤は、主人公ドスの幼少期、先の大戦の後遺症で精神を病みアル中に堕ちた父親の家族への暴力と、ドス自身の加害暴力体験と後悔の日々・・・。
 続いて成人してからの恋愛パート。
 ここだけで、後に戦争が待っていることもあり、しんみりしてしまう。
 彼女は美しい。
 そして、入隊パート。
 自分の信念(宗教的な意味合いは割と薄く描かれる)により、銃に触れない(人を殺すことはしない)ドスは、軍隊(群体)の中で矛盾し、周囲の者からのいじめを含む、軍社会の軋轢の中へ。
 軍法会議にかけられ有罪、そして刑務所行きが決まりそうになったとき、思わぬ人物の助けで、銃を持たない衛生兵として存在を許される。
 ・・・隊が派遣されるのは沖縄はハクソー・リッジ、のこぎりのように切り立った断崖で、そこからの進行が余儀なくされていて、しかも、血みどろの戦局がそこにはあった・・・。
 最新の技術は、限りなく「戦争」以上の臨場感で見ている者に戦争のリアルを見せつける。
 日頃 勇ましいことを言っている私も、その渦中に身を置くことを想像すると恐怖する。
 気になる日本兵の描き方だが、あえて、最後の司令官の自決シーン以外、日本側の事情をドスが存在している場面以外見せていないので、純粋に、アメリカ軍が戦っている「強い相手」以上の描写がなく、反日捏造の危惧はなかった。
 それは、ドスの側にも言え、ドスの存在しないシーンの描写は、例えば、軍の規律を乱すドスの処遇を話す上官たち、収監されたドスを心配する彼女と家族、ハクソーリッジ撤退後も救助活動を「続け続ける」ドスがいる状況を憂える上官たち・・・、と、最低限の描写しかない。
 ドスはひたすらに『るろうに剣心』の如く「不殺」の信念で傷ついた仲間を助けていく。
 恐怖の状況の中で救助のみに邁進するドスは、恐怖を感じたら相手を撃てばいい兵士以上の過酷な状況である。
 映画の情報としては聞いていたが、実際に見せられると、それは、世界の下せしミッションとしては最高難度に位置しているのが分かる。
 誰も真似できないことをドスは、地獄で遂行していく。
 彼を非難していた者さえも、助けられていく・・・。
 それでも現実は更なる状況を現出せしめ、ドスは、信念以上の宗教的な決意で、神に語りかけてみる。
 先に映画にもなった遠藤周作の『沈黙』のような、神への問いかけが成され、果たして、この状況の神は、ドスに答えを返すのだった・・・。
 
                                 (2017/06/24)
コメント   トラックバック (25)

[三遊亭鬼丸師匠が福生に来るとよ!!^^]

2017-06-19 05:55:55 | GOGOMONZ(ゴゴモンズ)

☆・・・昨日の営業は、三遊亭鬼丸の芸歴20周年落語界に行っていたので、いつも日曜日は午後1時からの開店なのですが、午後6時半からの開店にあらかじめ変更しました。
 夕方に駆けつけ、その時点から午後11時までノンストップ営業でした。

         

 もーう忙しくて、閉店作業の中、売り上げを計算していたら、想像以上に稼いでいたので驚きました。
 有難う御座いました!!^^
 さて、鬼丸師匠で御座いますが、芸歴20周年の関東1都6県落語ツアーをします!
 な、なんと、オラが街・福生にも来るとのこと!

        

 こりゃ、皆で行かんといかんのぉ、なあ!!!

   (昨日のメニュー)

   

   

 ・・・豪華だべぇ?

                            (2017/06/19)

コメント

[三遊亭鬼丸芸歴二十周年記念落語会「鬼フェス」(大宮ソニックシティ)]

2017-06-18 13:47:21 | GOGOMONZ(ゴゴモンズ)

☆・・・三遊亭鬼丸芸歴二十周年記念落語会「鬼フェス」
 これから、わくわく!(ゝω・)

  

                               (2017/06/18)

コメント

[香川 一福 立川店]

2017-06-14 12:47:46 | ランチでGO!

☆・・・ミシュランガイドに載った店の立川店が出来たと繭氏に聞いて行ってきました。
 うどんをうまく表現する言葉を知らないのだけど、つるりと食べ終えました(ゝω・)
 てゆーか、ホールで働いているハーフっぽい子が可愛くて、私は「目の毒」に思い、見ないようにしました(^o^;

                      (2017/06/14)

コメント

[女性客だらけ]

2017-06-14 06:07:27 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・今夜はお店、女性ばかりのお客さん<レディースデー>でした。
 最初は美人保母さん。
 髪をショートカットにして、とても可愛かった。
 こんな端正な顔立ちなのに、独身だっちゅうのだから勿体ない。
 続いて、たまに来る女性二人。
 前回来た時、MTVでの「KANA-BOON」の歌を喜んでいたので、コードネーム「かな」と「ぶーん」とするけど、特にエピソードはない^^;
 続いて、ザッキーが来た。
 昨日、スーパーで会い、予告していた話をした。
 ゆっくりしてったよ^^

 その後、よくもまあ、久し振りのお客さんが、この暇な日に連絡もなく来てくれるもんだ、って感じで、昔の職場の主婦連が来てくれた。
 かなり遠くから来て、もしうちが満席だったらどうしていたんだよ、と思った。
 この中の一人の方が、やはりショートカットの美しい方。
 私は、憧れていたものだ^^
 前の職場の仕事中、この人が仕事上のメモをくれたのだが、そのメモは「お守り」として私の財布に長いこと入っていたものだ^^(実は捨てられずにまだ入っている^^;;;;)

 こうして、お店の暇な日は、美人さんやら可愛い人らが来てくれて、お店を形にしてくれる。

 アイプリ君なんかが暇な日に来てくれることが多い。
 アイプリ君なんかお店を開いたとしたら、かなりの上客を得られるような可愛さだが、うちの店に来て、ゆっくりしてってくれるのだから、有り難いことだ^^v

   (ミドラン散歩のときの写真)
 1・沖縄ナンバー!!

 2・蒲田行進曲かよッ!!

   

 3・線路は続くかない、どこまでも!

   

 4・石像が現われた!

   

                             (2017/06/14)

コメント

[うまい! うまい!]

2017-06-13 00:21:34 | ランチでGO!

☆・・・今夜は最近暇な月曜日なのだが、生ハムサービスデーにしたので、それなりの売り上げが見込める。
 が、21人前用意していたのに、15人前しか売れなかったから、残ってしまった。
 明日のお客さん、ちょっとお得だ!
 開店前に、近くのスーパーで買い物をしていたら、ザッキーと会った。
 本当は長く話したかったが、とりあえず、一言だけ話の予告編を言っておいた^^
 で、閉店後、牛浜駅前で、犬を散歩している中三のモデルちゃんに会った。
 俺 「お店に気軽においでよ、ジュースぐらい出すからさ^^」などとほざく^^;

 いちお、美人で始まり美人で終わる一日という事で!^^

   (最近食べたもの写真)
 1・ミドラン散歩後の谷保駅前の焼き肉ランチ! うまい!

   

 2・龍泉寺のリーズナブルな食堂のかつ丼! うまい!

   

 3・モリタウンフードコートの豚丼! うまい!

   

 4・立川錦町の肉汁つけ麺! うまい!

   

              (2017/06/13)

コメント

[盛況な3日間とダダ追放!]

2017-06-12 01:11:00 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・明日は週に一度のお楽しみ「生ハムサービスデー」なので、皆さんこぞってご来店の程を!
 実は、プロシュート、今夜の営業で在庫がなくなりました。
 この週末、あまりにも忙しかった。
 常に目的合理性で営業を行なう私でして、一日 実質四時間半の営業で、他のお店よりも究極的に効率よく稼いでいまして、予想以上にプロシュートが注文され、なくなっちゃったのです。
 すぐに注文しても、明日からが営業日なので、どうしても火曜の到着になっちゃいます。
 が、問屋さんに頼んで、明日の営業時間前に手に出来るようになりました。
 ちゃんと「生ハムサービスデー」を行ないますので、来・て・ね・!
 でも、ダダ星人は来ちゃだめだよ、あまりにオイタが過ぎるので、ダダさんにおいては「出入り禁止」とします!

   

 ・・・さて、近況報告^^
 先月と同じく、今月も高速で稼がせて頂いています。
 この調子だと歴代月間売り上げの上位になりそうですが、後半で失速する可能性があります。
 でも、頑張れるでしょう!
 ここ三日間のお客さんの名前を羅列して感謝の気持ちに代えさせて頂きます。

  ・新婚ナナコ嬢
  ・超若社長
  ・恋に悩むアミ君
  ・めっぽう美人のサイゼちゃん軍団
  ・小平夫婦
  ・バレリーナ妹
  ・キタサンブラック軍団
  ・サンタガールなっち!…美しい・・・。
  ・不労所得ぬ~ぼ~
  ・ミオン夫妻
  ・天下無双の彼女殿
  ・半年に一度の春日部ファミリー
  ・カマG軍団セピア…超面白い話をしてくれたゾ^^
  ・バレリーナまま
  ・ビールおばちゃん
  ・御新規高島屋軍団
  ・御新規ご近所夫妻
  ・繭さん
  ・ジョージアちゃん
  ・直実公&イケメンウッチー
  ・ニャキッポ夫妻

 ドデカいバジルの葉!!

   

 底に穴が空いたが、無事に靴を買い替えたぞ!

   

                            (2017/06/12)

コメント

[映画『22年目の告白−私が殺人犯です−』を観た]

2017-06-11 09:40:00 | 新・物語の感想

映画『22年目の告白−私が殺人犯です−』予告編

☆・・・結論から言うと、面白かった。
 ・・・予告編の時点で、もう展開が読めて、最初のタイトルロール、キャストが流れた時点で「真犯人」が分かった。
 主演二人に匹敵できる役者はこの人しかいなかった^^;
 途中で、「犯人」の正体の誤誘導が行なわれるが、それでも、その正体が分かった。
 リアル路線で展開させつつ、途中からマンガのようなトリッキーな展開をさせ、ちょっと私をシラケさせつつ、
 更に、真犯人の正体のトリッキーにも「やっぱりね」と思わせられた。
 日本を震撼させた事件なのに、物語は非常に狭い世界(ドメスティック)で閉じる。
 登場人物が、ことごとく二つの役割を背負わされ、なんかお釣りが全くない(誉めてない)。
 こうしてあげつらうと、欠点ばかリなのだが、なぜだか、最後まで、観ているこっちの興味を引く。
 論理的のようでご都合主義なのだが、それでも最後まで楽しめるのは、この映画のオリジナルである韓国映画の民族的感情的なパワーなのかもしれない^^

                      (2017/06/11)

コメント   トラックバック (19)

[あきる野市議会議員選挙・前日]

2017-06-10 11:18:31 | 新・街を行く

☆・・・やっぱ、ドナルドに一票かな!(^o^;

                   (2017/06/10)

コメント

[今夜の営業予定]

2017-06-09 19:08:51 | 新・ふと思う

☆・・・後半は席が空くと思います(^o^)

 よろしくお願いします(ゝω・)

                (2017/06/09)

コメント

[映画『20センチュリー・ウーマン』を観た]

2017-06-09 07:54:47 | 新・物語の感想

☆・・・私好みの、時代をざっくりと切り取った作品であった。
 「ざっくり」とは大雑把と言う意味ではない、ここでは大胆と言う意味である。
 『20センチュリー・ウーマン』とは大きく構えたタイトルだが、それは大げさではない。
 舞台は1979年のカリフォルニア、主人公は母と子である。
 母ドロシア(55歳)は、大恐慌時代と戦争と戦後を生きて来て、その中で、女性の社会進出の先駆者の如く過ごしてきた。
 戦時中は夢かなわずも空軍パイロットを目指し、戦後は女性初の製図師となり、シェアハウスの経営もしている。
 ある意味、その帰結として「シングルマザー」となり、息子を育ててきた。
 が、高齢出産で産み、多感な年齢を迎えた息子ジェイミー(15歳)の教育に戸惑う。
 進取の気性で生きてきたドロシアである。
 簡単なレッテル張りすると「左翼」的人物の原初である^^;
 その父親不在の弊害を打破すべく、ドロシアは「進歩的なやり方」を模索し、ジェイミーの幼馴染のジュリー(17歳)と、間借り人のアビー(女性・20代)に、それぞれ「見守り」と「生き方の示し」をお願いするのだった。
 父親がいなくても出来る、と思った。
 それは正しく、また、同時に間違いもはらんでいる。
 だが、すぐに、その「左翼」のドロシアさえも、ジュリーやアビーの示す「自由(先鋭化された左翼)」に驚かされるのだった。
 ドロシアが女性の時代の旗手として活躍した時代は過ぎ、その概要が、ある意味、形骸化に至るはじまりだった(日本の左翼などは、それが行きつくとこまで行ってパブロフ的な自由を謳歌するに至る)。
 ・・・セックス&ドラッグ、フェミニズムは性の解放、ベトナム戦争、エネルギー問題、ヒッピー、パンク、ニクソン、カーター・・・。
 時代のキーワードが背景で語られる。
 メインの登場人物の過去と未来も表現されて、確かに、20世紀を包括させていた。
 ジェイミーとジェリー(美少女 エル・ファニング)の関係が、一個人の人生を集約せしめた、私のフェイバリット作品の一つ『トト・ザ・ヒーロー』と重なり、
 ドロシアたちが車で移動するときの画面の特殊加工は、『2001年 宇宙の旅』のスターゲートのシーンが意識されているのか。
 ドロシアの右往左往の果てに、最終的にドロシアが求めていたことが、ジェイミーとの一対一の触れ合いにあったことは、あたかも、「幸せの青い鳥」が実は帰宅した家にいたのと同様の答えなのだろう。

                                (2017/06/09)

コメント   トラックバック (4)

[特売カマンベール]

2017-06-08 20:04:48 | 新・まあまあ楽しい話

   

☆・・・いっぱい入荷しましたよ!

 で、今週の特売目玉です。

  フランスのペレトアノウ社の《カマンベール チーズ(250㌘)》!

 もっと安くしたかったけど、これが限界!

     1080円!

 ほぼ原価です(^o^;
 お店で出したら、3300円相当です。(すいません。完売しました)

                       (2017/06/08)

コメント

[ここ三日間の賑わい]

2017-06-08 06:07:30 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・最近の報告^^v
 非常に売り上げ好調で、お客さんたちとの会話も面白く、あたい、なんで楽しませてもらってお金を貰えるのか嬉しい限り。
 3号店辺りを作る時は「トークバー」と銘打とうかな^^
 タイトル写真は、昨夜の賄いであるペペロンチーノっ!!

   …6/5(月)
 大口予約が入っていて、安泰の営業。
 ちなみに、この予約は、前日の未明にTELが入りました^^;
 生ハムサービスデーの持ち帰りも多数来店。
 とどめに、カーディーラー女史や、キタサンブラック一行も来て、あたいホクホク!

   …6/6(火)
 以前 初来店した、2歳と4歳の娘さんを持つ美人さんが、やっぱり生ハムにはまり来店してくれた。
 今回は4歳の子だけだったが、可愛くて、私は喜ぶ。
 それとは別に、カモシカを見に、2歳足らずの幼女がお母さんと来た。
 おもちゃをあげたら、「あんがと」とお辞儀をした。
 それがからくり人形のような動きで可愛くて可愛くて!!
 この日は、生ハムの持ち帰りが凄く多かった!
 ちょいと暇になった時間に若社長が来た。
 若社長は、トーク(会話と話題)が横綱級なので、楽しく過ごす。
 やべ、この後は暇かな、大入り収入の今月連続記録が途切れるか・・・、と思っていたら、タイヤマン一行が来てくれた。
 写真・2は、タイヤマン娘からのおみやげ^^

   

 この方らは、ビールで始まり、スプマンテボトル一本、そしてカクテルとガンガンいってくれるので有り難し。
 続いて、繭さんも来て、その大関級のトークで楽しませてくれる^^

   …6/7(水)
 今夜は暇なのはわかっていたが、まだ生ハムサービスデーなので、ミッピィらが筆頭に来てくれた。
 ミッピィは、なんか身体が小さくなったような気がした^^
 遅ればせながら誕生日プレゼントの恒例の一皿をプレゼント
 私がなかなか計算高いのは、普通ならば、生ハムを買いに来たのだから、生ハムを誕生日プレゼントとすればいいのに、それはそれでちゃんとお金を頂き、それとは別に、サラミをプレゼントするというところだ^^;
 だが、今日はさすがに暇だった。
 と思いきや、これまたトークの横綱級のリトミちゃんが来てくれた。
 もう、数時間、ゲラゲラ笑わせられた^^
 だって、来た直後に、袋から、写真・3のパンを取り出し、「はい、おみやげ、なんかチンコみたいでごめんね~」と言うのだ。

   

 掴みはオッケーの大爆笑!!

 写真・4は、ドラクエの「小さなメダル」です^^

   

                           (2017/06/08)

コメント

[映画『ラプチャー 破裂』を観た]

2017-06-07 13:20:07 | 新・物語の感想

☆・・・くだらない、目の前で勝手に画面が流れていってくれるちょい派手な映画を欲して見た訳だが、本当にくだらなかった(^o^;

 とあるシングルマザーが、なにやら計画的に拉致される。
 連れ去られた施設は、多くの人間が拘束監禁され、「実験」にさらされている。
 実験とは、その対象人物個々に、個々人の最も恐怖と感じる対象を与え、脳の一部位をラプチャー(破裂)させ、なにかに覚醒させるらしい。
 主人公が嫌悪するのは蜘蛛だった。
 で、ここから、一大SMショーが始まるのかと思いきや、施設や加害者側に不思議な不条理劇的な雰囲気が醸され、
 また、主人公の、失敗に至る脱走劇が描かれ、他の被害者の恐怖に叫ぶさまを垣間見ることになる。
 ある者は高所からの落下、ある者は溺れさせられ、ある者は蛇に襲われ、ある者は性的虐待されてきた父親の思い出を思い出させられる。
 そこは少しだけ面白いけど、カタログ的な紹介に過ぎない。
 もう、主人公が完全に拘束され、40分くらいに集中してまとめれば良作になり得た。
 舞台設定の説明が多く、冗長になり、そこに意味不明な因子が多い。
 例えば、実験に加害側が着用する大げさなメガネとか(どこを注視してるの)、注射器をいちいち革張りのケースにいれてくるとか(ステンレストレーでいいじゃん)、意味のない展開に意味を持たせようと、却って意味不明に・・・。
 お金がそれなりに掛かっただろうくだらないB級作品だった。
 見終えて3分で忘却の作品でした(^o^;

                       (2017/06/07)

コメント   トラックバック (1)