『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『高台家の人々』を観た(寸評)]

2016-06-30 16:04:17 | 新・物語の感想

☆・・・なかなか面白かったが、私はいまだに、こんなにも綾瀬はるかが人気ある理由が分からない。

 魅力はあるけど、すごく変な顔に見える。

 皆が普通の美人として綾瀬はるかを見ているとしたら、私の観点がおかしいのだろう。

 共演の水原希子はコンパクトで可愛いが、正直、私が、この作品でいいなぁと感じたのは、意外! 大地真央であった^^;

 主人公は素直ながらも異常な妄想家。

 なんか、素直なところは、私の彼女に似ていて、妄想家なところは私みたいで、私、なんか妙な心地がした^^

 主人公の妄想の中の色んな役割の第三者が、全て塚地武雄が演じているのはさりげなくナイス!

 今を時めくイケメン君も複数出てきているので、女性もチェケラ!

 あと、シャーロット・ケイト・フォックスが「マッサン」のパロディみたいな役を演じていたよ^^v

                            (2016/06/30)

コメント

[月間売り上げノルマ達成!!]

2016-06-30 00:23:34 | 新・ふと思う

☆・・・本当に有難う御座いました。
 月曜日から木曜日は、売り上げの下位打線なのですが、昨日今日と、平日なのに大入り満員です。
 本日、月のノルマを達成しました!!^^v
 皆さんのおかげです。
 ふー、水曜日なんて、まさかのお客さんゼロもあり得たのに、ああ、ありがたや、ありがたや^^
 店を開ける前に、明日手術の母親の見舞いに、病院に行きました。
 母親には、もし手術が失敗したら、棺桶に猫ミュウも入れてあげるよ、と言っておきました。
 母親、苦笑い^^;
 首ヘルニアだが、自然治癒に任すと言っても、今のお昼の仕事を続けていたら、けして治らないだろう。
 今、昼の仕事を続けるべきか否かを悩んでいる。

 今日は、店の営業の終盤に、ちょっとムカッとくることがあった。
 詳しくは書けないが、まあ、今夜、月間売り上げノルマを達成したことだし、まっ、いいか!
 チェッ、明日の昼間の仕事の作業中に思い出してしまって、ムカつきが再燃しそうだわ^^
 では、明日の空き瓶回収の準備です。
 かなりの量です。
 マグナムボトルにランブルスコ、売れてましたなぁ^^v

                               (2016/06/30)

コメント

[野郎だけでのパーフェクトならず・・・]

2016-06-29 05:30:09 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・昨夜は、火曜日のくせに、意表をついてメチャ忙しかった。
 しかも、男性客ばかり。
 お一人様、二人組やら三人組。
 女性dayはいいけど、男性dayはやだのぉ、と思ったら、最後に、町内会長さんがガールフレンドと来て、「野郎パーフェクト」は避けられた^^;
 男性看護師軍団とは、私の首ヘルニアの話で盛り上がり、なんか、皆も、神経痛薬の「リリカ」を服用したりするそうだ^^;

   

 男同士でも、隣りのテーブルになると、会話が弾み、眺めている私も楽しい^^

 また、私は、糖質制限ダイエットを始めている。
 本当は炭水化物ダイエットのほうが効果あるんだろうけど、あたいはコメが大好きなので、それは断念し、糖質制限ダイエットにした。
 もう、ご飯後に、当然のようにコンビニデザートを買うのはやめた。
 料理の調味料に、砂糖が使われていることはあるんだろうけど、それは見逃しね(コメの糖分もね(^_^;))。
 あと、肝臓のために、酒量も減らす。
 いままで、サイゼリアのワイン、デキャンタ500mlを飲んでいたけど、250mlに減らす・・・、ことを誓いますッ!!

 昨日のお昼、福泰厨房の「鶏黒酢炒め定食」!!!

   

 昨日の夕飯、ラッキーレストランのカレー弁当とチキンティッカ!!^^v

   

                      (2016/06/29)

コメント

[俺の首ヘルニア]

2016-06-28 15:56:18 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・あたいのヘルニアについて説明しておこう。

 ①・普通の人の首の骨は、石臼上に骨が重なっている。横から見ると角ばっている。

   

 ②・しかし、あたいの首の骨は、歳の割に老化していて、なんか、摩耗して丸くなっているという。河原の石を積み上げているみたいな。

   

 ③・しかも、なんか、骨が微妙に割れてささくれ立っていて、神経をチクチクしているそうだ。

   

 写真2・3・4は、ネット上で拾ったイメージ画像^^;

 でも、まあ、脊髄に深刻なダメージはないそうで、医者が言うには、「自然治癒するといいなぁ」とのこと。「まさか、首を酷使する仕事じゃないでしょう?」

 私 「いえ、首を酷使する仕事です・・・^^;」

 医者 「ま、まあ、それを禁止することはできませんが・・・」

                        (2016/06/28)

コメント

[ゴミの回収と「ゴゴモンズ!」]

2016-06-28 11:55:25 | GOGOMONZ(ゴゴモンズ)

☆・・・昨日の営業は暇なれど、ザッキーと若社長が来店してくれて、盛り上がってくれた。
 ザッキーは、録鳴未(ろくおみ)さんとと言い、面白い人物に面白い話をぶつけて、更に面白い話を引き出し、そして、うちの店のアルコール消費をあげるのがうまい^^;
 それぞれが、それぞれの面白い話をさりげなく応酬させるのは「大人の世界のだいご味」であるな^^v
 それぞれが、サラミのコンタディーノを買ってくれたのも嬉しかった。
 残部、マジ僅少!!^^

 さて、母親が入院している間に、家の掃除は続けています。
 燃えるゴミの日は、いつも、袋が30リットル袋を6個くらい出しています。
 今日も燃えるゴミの日回収の日だったのですが、朝起きたら、10時を過ぎていて、「やべえ!」と思い、パンツをはいて外に出たら、まだ未回収で、ゆっくりと出しました。

 いや、今の「パンツをはいて」という箇所はツッコミどころです^^;

 先日は、あきる野市のビン缶回収デーで、私、ビン・缶とともにさりげなく、前々から気になっている小型ガスボンベを出したのですが、回収されなかった。
 このガスボンベ、長年の私の不安材料なのである(写真)。

   

 以下、以前、FM NACK5「GOGOMONZ」で読まれた投稿である。
 この頃の鬼丸師匠の相棒は横田かおりだったんだなぁ^^

     ・・・(2014/01/09)のお話・・・

 <・・・年末から正月、自信作の投稿を送ったけど、FM NACK5「GOGOMONZ」で全く読まれなかった。
 意気消沈・・・、と思いきや、私はわりとさっぱりしているので、未来志向で投稿し続けた^^
 すると、今週の月曜から、採用がチラホラ、・・・やっぱり、長い休みのときは、新人さんのほうが採用率が高いのだろう。
 さて、この日のメインテーマ 人生のざわざわシリーズ。「今、私にまとわりついている小さな不安」でした。
 するりと読まれました。

 ≪   鬼丸師匠、かおりん、グッドアフタヌーン! 

 まあ、結婚出来るかが一番の不安なんですが、それはさておきます。 
 私が子供の頃(30年以上前)、四兄弟の、両親足した六人家族で、行楽のバーベキューによく行ったものです。 
 その時に使ったサッカーボール大のガスボンベがあるのですが、 
 それが、いまだ、庭の片隅に、吹きさらしで放置されています。 
 中は空に近いかも知れませんが、ガスが入っているかも知れず、 
 これが、そんなやわではな いと思いつつ、されど、腐食で爆発しないとも限らず、生活の端々で不安に駆られています。≫

 先ず、かおりんが「まあ、結婚出来るかが一番の不安なんですが・・・」の箇所で、なんか深刻そうに「ふーむ」と深刻に頷いていたのがほろ苦かった。
 続いて、「サッカーボール大のガスボンベってあるの?」と質問。
 かおりん、結婚してから、発言が積極的である。
 独身女性と既婚女性の違いは、私が考えるに、声と発言に一番顕著だと思っていて、かおりんも、声がやや強くなり、主張がややアグレッシブになってきている。
 そもそもが受け身なので、それでも可愛くはある^^
 では、「サッカーボール大のガスボンベ」である。
        ・・・やばいっスよね^^;(当時の写真)

   

 鬼丸師匠の一言
   「なんだそりゃ、不発弾と一緒に暮らしてます的な!!^^;」
                            (2014/01/09)>

  三枚目の写真は、昨日の猫ミュウ^^

   

                               (2016/06/28)

コメント

[去るを惜しみつつ、未来を想ふ]

2016-06-27 00:02:39 | 新・ふと思う

☆・・・昨日が忙しかったので、今日は暇かと思いきや、かなりの盛況となった。
 正直、今月の売り上げノルマ達成はギリギリになりそうかと思ったが、多少は余裕が出来た。
 まだ、予断は許さないが^^;
 サラミのコンタディーノの売れ行きがいいのも嬉しい。
 みんな、追加分も、あと残りわずかだぞ!!
 それと、ザッキーとノミヤッチのお取り置きは、ちゃんと別口で保管してあるからね^^
 で、なかなか盛況の本日であったが、先行きは怪しい。
 なぜなら、本日来たお客さんの中での常連の三組、引っ越しが決まっている(地名はフェイク)。

 ハッシー新婚夫婦・・・、鷺ノ宮のほうに引っ越し。
 魚屋ファミリー・・・、豊田市に一戸建てを購入。
 ナカジ・・・、川越に長期出張し、こっちに帰って来たと思ったら、またも川越へ。

 つまり、三組の常連が、遠く離れてしまうのだ・・・。
 だが! 長いお店の営業人生、別れもあれば、出会いもある。
 そう、オレはようやくのぼり始めたばかりだからな、この果てしなく遠い男坂を・・・。

   

 お店の本棚に、ハリー・ポッター本、置いときました^^

   

 それから、彼女に、横浜みやげで、「ありあけのハーバー」を頂きました。

   

 私は銀紙で包まれているハーバーが大好きだったが、今は、銀紙はなくなっている。
 朝は、彼女に会いたいので、友達と出かける彼女を送り、あたいは一人でガストで朝食を食べましたとさ^^;

   

                            (2016/06/27)

コメント

[ハッシー、同棲・入籍・結婚へ]

2016-06-26 16:15:36 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・なんの挨拶もなく引っ越して行ったハッシーが、どのツラ下げて来店しましたよ!(^.^)
 引っ越して1ヶ月、彼女の引っ越しも、昨日に完了!
 3日後には入籍。
 11月には式をあげる。
 ハッシー、結婚願望がないようなことを言ってたけど、波に乗ると展開は早かった(*^-^*)
 明けまして、結婚、おめでとう御座います!
 写真は幸せそうな2人(^o^)
 メッチャ、いちゃいちゃしやがります^_^;
 押切もえ似のべっぴんの彼女の映りが悪くてすんまそん(^_-)

   

                 (2016/06/26)

コメント

[満員御礼!!^^]

2016-06-26 08:15:23 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・昨日は、常時満席盛況、「家賃越え」有難う御座いました。
 団体予約は、ある程度の稼ぎは期待出来れども、ある一定の、「なかなかの稼ぎ」で終わっちゃうものでしたが、昨日は、序盤に大口の持ち帰りが入り、テーブル席が埋まれども、カウンターのほうが入れ代わり立ち代わりの来店^^
 お断りしたお客さん、すいませんでした^^
 いや、うちの店を知っている方、あの狭いカウンターに五人のお客さんが座ることになるって信じられないでしょ?
 それが2回転くらいしてるのよ、有り難いことで^^
 また、宴会が終わった後のテーブル席にも、更にお客さんが来てくれた。
 私は、カウンターの陰で、まだお客さんが帰らないうちから、今日の集計をしていた。
 私はそんなにお金にはうるさくない。
 でも、売り上げをスポーツやゲームとでも考えた時、今日は大勝利の可能性があった^^
 最後の最後で、今日の売り上げが月の家賃を超えた時、私は、カウンターの陰で、小さくガッツポーズするのであった^^v
 やった、やった!
 ビクトリー(勝利)ではない、トライアンフ(大勝利)だッ!!!

 それから、サラミのコンタディーノ、完売しました!
 が、更に、5本 入荷しましたので、お要りようの方はどうぞ!
 親戚を訪ねた時、そのうちでお酒を飲むこともございましょう。
 そんな時、おみやげとして最適!!

 1枚目の写真:上機嫌の私が、満席のお客さんに、北あかりと皮の赤いジャガイモをフライして提供した^^

   

 2枚目の写真:バァバのことを吹っ切り、のんびり過ごす猫ミュウ。結膜炎は1日で治りました^^

   

                              (2016/06/26)

コメント

[映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』を観た(短評)]

2016-06-26 02:24:40 | 新・物語の感想

☆・・・最初こそ、地獄の小ネタがふんだんに出てきつつ、物語が流れていくのかと思いきや、序盤だけでなく、全編ギャグ満載であった^^
 たまにクスクス、たまに吹き出しつつ、最後まで見させて頂いた。
 見終えて思うのが、確かに、地獄のカオスこそが、天国の無機質であることよりも楽しいのだな、幸福なのだな、と分かる逸品だった。
 しかし、長瀬智也は硬軟取り混ぜた色んな役を出来るもんだな、感心^^
 皆様においては、この作品とともに、『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』(クリック!)も見て欲しい。
 どちらも荒川良々が出てきます^^;

                          (2016/06/26)

コメント   トラックバック (9)

[映画『貞子vs伽椰子を観た]

2016-06-25 23:55:08 | 新・物語の感想

☆・・・私は、古くは「マジンガーZ対デビルマン」、最近では「バットマンvsスーパーマン」など、それぞれの作品でのメインが一堂に会する作品が大好きである。
 もちろん、「演歌チャンチャカチャン」や「コナミわいわいワールド」、「アベンジャーズ」や「エクスペンダブルス」も好きである^^;
 故に、「貞子vs伽椰子」も見逃すことはできない。
 また、最近、山本美月も気になっていたので、いそいそと見に行く。
 面白かった。
 恐いわけではない、面白かった。
 クライマックス、「前門の貞子、後門の伽椰子」の構図でゲラゲラ笑った。
 話はトントン拍子に進む。
 山本美月演じる女子大生の主人公と、佐津川愛美演じる親友が「ビデオの呪い」に憑りつかれる。
 社会学者の教授に助けを求め、教授は、著名な霊能力者に助けを求めるが、教授も厳格な霊能力者も、貞子によって返り討ちに遭う。
 そこに、また別の、やや砕けた感じの霊能力者が、コンビを組む、盲目でクールな少女霊能力者と現われる。
 なまなかな除霊では貞子に太刀打ちできないと踏んだコンビ霊能力者は、「呪われた家」に貞子を誘い、家の主の伽椰子と激突させようとするのだ。
 そして、その「呪われた家」には、既に、ターゲットにされていた少女がいた。
 この少女を玉城ティナが演じており、私は、山本美月目当てだったのだが、この玉城ティナに魅かれた^^
 最終的には、貞子と伽椰子は相殺されることなどなく、皆殺されるのだった・・・^^;
 始終クールであった盲目の少女霊能力者が、最後の最後で、子供のように恐怖に叫ぶのが良かったね^^

                          (2016/06/25)

コメント   トラックバック (5)

[カンボジア・・・、「ザッキー、涙のスイッチ」の巻]

2016-06-24 11:05:55 | 新・海の向こうでの冒険

☆・・・私は、カンボジアに、大量のぬいぐるみや古着とともに、ランドセルを2つ持っていき、その送り主を探すのにちょいと手間取った話は書いた。
 実はザッキーも、今は成人している娘さんが使っていたランドセルを持ってきていた(下の写真に映っている^^)。

   

 ザッキーは娘が二人いるが、片方の子は、思い出としてランドセルを持っていたいとのことで、もう一人の娘の一つだけを持ってきていた。

 さて、我々は、トゥクトゥクのドライバーSokraの案内で、プノンバケンに近い「貧しい村」を訪ねた。

   


 そこでのことは、もうちょい後で書くが、
 私が、「この村は幼女ばかりだーッ!!^^v」と絶叫して喜び、周囲の者にたしなめられ、深呼吸して心を落ち着け、ふと、周囲を見ると、ザッキーが号泣していた。
 私は、「ああ、貧しくも けな気に生活している子供たちを見て泣いているのだな」と思った。
 しかし、後で聞くと、
 どうやら、「私は、この、娘との思い出のあるランドセルを、どの子かに渡したいけど、一人に選べない。迷っていると、娘たちとのこれまでの思い出が心によみがえり、涙が溢れてきた」とのこと・・・。
 この頃から、私は、自分の渡すランドセルの他に、このザッキーのランドセルもどうにかしないと、と考え始めた。

 翌日も、とある村(タ・ソム近郊)に赴いた。
 ここでは、満を持してムトゥさんのぬいぐるみの数々を配った。

  

 ムトゥさんから頂いたぬいぐるみは、オーストラリアの観光協会が、ムトゥさんのお店の販促に飾ってくれ的に送られたもので、オーストラリアの動物をリアルにかたどった出来のいいものだった。
「なんで、ここで配るぬいぐるみはいいものなんだッ!?」とSokraが笑いながら言った。
 私は、「ここは少年ばかりだな・・・チェッ!」と配りながら、ふと、ザッキーを見た。
 すると、目に涙が溜まっていた。
 あっ、やべ、ザッキー、スイッチが入ってる・・・!!
 もう、ザッキー、娘との思い出の詰まったランドセルを、誰か一人にあげることを選べないでいた・・・。

 ホテルに戻って、そのことについて話す
 が、そのことについて話すだけでも、目に涙がたまっている。
 スイッチがあああっ!
 ランドセルを胸に、あたかも、自分の赤ちゃんのごとく抱いている。
 もう、この私の赤ちゃんは誰にも渡さない、って感じ^^;
 日本に持って帰るとも言い始めた。
 私は、それは避けたかった。
 そのランドセル一つで、幼女が一人幸せになるのである。

 かくして、我々の下した結論は、トゥクトゥクのドライバーSokraに託すということだった。
 私は、Sokraとの別れの時に、ザッキーの意向を聞き、あんまし喋れない英語を駆使して説明するのだった。
 私の英語は、限りなくフランケンのような喋り方である。
「おれ、メアリー、好き、大事」みたいな・・・^^;

『この赤いバッグ(ランドセル)、この人(ザッキー)、いっぱい思い出、大事な赤いバッグ。これ、あなた(Sokra)、選ぶ、渡す人を。でも(but)、この赤いバッグ、大事、だから(so)、貧しい人、ダメ。両親が仕事持っている、子供も勉強やる気ある、でも、お金が不充分、その人に、この赤いバッグ、あなた、渡す、オッケー?』

 Sokraは真面目な顔で言った。
『このランドセルは、ザッキーさんにとって思い出の大事な品なのだね? で、俺がこれを預かり、適した子供に渡せばいいわけだね。その子供は、貧しい子ではなく、両親がしっかり働いていて、学校にも通っていて向上心のある、だけども、経済的に厳しい家庭の子供にあげればいいわけだね。オッケー、了解した! 預かろう!!』

 私は、「これでいいかな」とザッキーを見た。
 ザッキー、スイッチが入っていました・・・。

   

 ちなみに、ザッキーと、私の彼女はホテルで同室だった。
 夜中、あたかも、やや半睡状態のザッキーは、自分の娘と寝ているかのように、シーツのはだけていた彼女に、「ちゃんと身体に掛けていないと風邪ひくよッ!!」とシーツを掛けてくれたそうだ^^;

 また、若社長は、Sokraの優秀さに魅かれ、「俺、投資してもいいと思っている」と言っていた^^v

                                (2016/06/24)

コメント

[ハーブテロ(by鬼丸談話)]

2016-06-23 23:53:34 | GOGOMONZ(ゴゴモンズ)

☆・・・今夜は満員御礼有難う御座いました^^
 お買い得サラミのコンタディーノを持ち帰るお客さんも来店してくれて、売り上げが上がりました!^^
 コンタディーノ、残り2本です!
 と思いきや、問屋さんに、あと5本あるとのことで、追加で注文するかも^^;
 また、「家賃越え」の売り上げを目論んでいましたが、それは達成できなかった^^;

 さて、昼間、FM ナック5の三遊亭鬼丸師匠の番組「ゴゴモンズ」を聴いていました。
 世には「ハーブテロ」なるものがあるとのこと。
 ・・・とある家庭の玄関先の花々が、たびたび、根こそぎ盗まれるとのこと。
 奥さんは一計を案じ、「時限テロ」を仕掛けることにした。
 盗まれそうな花の脇に、ハーブを添えて植えておくのでした。
 後日、案の定、花は持ち去られました。
 周囲の土と一緒にハーブも盗まれた。
 ・・・数週間後、斜め前の家の庭が、ハーブで埋め尽くされました。
 そう、ハーブは、異常な繁殖率を持っています。
 国によっては雑草扱いであります。
 故に、ハーブは、鉢植えが推奨されているのです。
 庭が予期せぬハーブでいっぱいになり、途方に暮れる泥ママ・・・^^;
 と言うお話・・・。

 写真は、ネットで拾った写真です^^;

   

                      (2016/06/23)

コメント

[サラミのコンタディーノの特売!!]

2016-06-22 19:36:14 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・特売の情報です。
 サラミのコンタディーノを10本入荷しました。
 お店で出したら、この目方ですと、4000円弱になりますが、お持ち帰りの小売りで1580円です。
 持ってけドロボーの出血大サービスです。
 現在、2本はお取り置きとなっています。
 残り8本、お早めに!
 「コンタディーノ」は、イタリア語で「農夫」の意味で、うちの店では「田舎風サラミ」と呼んでいます(*^-^*)

                          (2016/06/22)

コメント

[断捨離・・・?]

2016-06-22 10:06:57 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・暇だから更新しておく!

 明日 6/23 完全満席!
 持ち帰り予約もあるけど、サラミ買いに来るのは歓迎!
 明明後日 6/25 満席!
 カウンターは空いてる^_^;
 今現在、サラミ持ち帰り予約4本、残り6本。

 昨日も女性デーと思いきや、終盤に男性たちが来てくれた。
 今日は、ジージョちゃん・チョージョちゃんが来てくれて、嬉しかった!
 カーディーラー女史から頂いた函館旅行のみやげ(ロイズチョコ)は、ミオンさんの娘たちで終わりました(^.^)
 でも、二人は、お風呂に入って、歯をみがいてから来たので、チョコをあげたのは良くなかったかな?

 写真・1 母親の入院してる間に断捨離

   

 タイトル写真 ゴーゴーカレーのメジャーカレー


 写真・2 明日は段ボール回収の日

   
 写真・3 たびたび、結膜炎になり、3日で治る猫ミュウ。母親が入院して、なんか涙を流してるみたい

   
 写真・4 なんか一気に痩せてしまった猫ミュウ

   

                        (2016/06/22)

コメント

[おぞましい「朝生」コネクションと、条件反射のリツィートスノッブ(愚かな小林よしのり)]

2016-06-21 14:45:42 | 新・保守の一考

☆・・・身体の調子が依然として完璧でないので簡単に書く。

 小林よしのりのことだ。

 何やら、民主主義の悪弊についての本を書いて、その具体例として、舛添都知事を糾弾している民主主義の集団心理について書いている(この本、その内容はパクリなんだけどね、後でひとことだけ書く)。

 そして、そのことを書いたツィートが12000人にリツィートされたとか言って喜んでいる。

 それこそが、歪な民主主義の集団心理の悪弊であることに気づいていない。

 12000人もの人間が、寸借詐欺を都政で実行した男と、それを個々人の判断で糾弾が妥当と考えた人々を比べ、そこでの「正義」バランスを考えず、したり顔で、まわりまわって舛添を擁護している。

 私などは、異常な常識回路の12000人よりも、舛添のセコさを糾弾する不特定多数のほうが当然にまともだと思っている。

 左翼の方が、犯罪の加害者に、本当に心配深げな顔で、犯罪者のそれまでの人生の不幸を悲しむのと似ている。

 とあるおばはんなんんて、黒人と聞いただけで、それが犯罪者であっても同調し、それまでの被差別の歴史を嘆いて見せるのである。

 左翼や共産党の人が、周囲の者から距離を置かれるのは、そう言った被害者よりも加害者に同調するメンタリティがあるからだ・・・。

 小林が擁護するのはわかる。

 田原総一朗と一緒に、「朝まで生テレビ」のコネクションを守らなくちゃならないからな。

 小林にしても、田原総一朗にしても、ことが起こった時に、二の線の主張をすれば「くいっぱぐれがない」ということを実行している。

 しかし、人間はパンにのみ生きるのではない・・・、腹が減っても、本当の正しさを追求していくのが「考える人間」である。

 寸借詐欺に堕した舛添は、政治家でもあらず、人間でさえない・・・。

 だが、自分らが投票した知事に(いや、都民以外は投票できないが、こうした奴は、その場にいれば、当時の舛添にも入れている^^;)、自分らの生活の改善を求めていたのにもかかわらず、お金を寸借詐欺られていた奴ら(都民の一部)が、この期に及んで、舛添を糾弾する側に茶々を入れるとはどうしたヒステリーの具現なのか?

 自分の背中が燃えてるのに、周囲の「危ない、危ない!」のアドバイスをしてくれる人に対し、水を撒き散らしているような感じだ。

 こういった12000人もの人の状況を「ラリる」と言う・・・。

 だからこそ、そういう奴らには、舛添が辞職した結果としての、50億費用が掛かる都知事選に、翻って自分らの税金が使われるのは義務となろう。

 私も、ドクター中松を都知事に出来なかった不徳があるので、都民一人当たり500円の負担は甘受しよう。

 小林には、・・・昔からそうなのだが、人が心の中で考える、例えば、「舛添糾弾90% 擁護10%」の表層としての舛添糾弾と言うものへの想像力がない。

 また、12000人の考え方が、「舛添糾弾10% 擁護90%」と言う歪な思考回路であることも考えが及んでいない。

 国民のほぼ99%が舛添糾弾している状況が異常だ! との思考だ。

 私は、その、舛添糾弾する国民を一緒くたに考えて批判している12000人のほうが、よっぽど、凝り固まった「赤い」思考回路の集団ヒステリーに見える。

 何も考えていないように見える

 最後に書いておくが、小林よしのりは、その、民主主義について書いたパクり新著を、大層 お気に入りのようで、「民主主義は戦争と独裁者がお好き」などと煽っているが、

 そのキャッチフレーズは、小林が「ババァ」と罵った長谷川三千子女史の著書で十数年前から語られていることだ。

 小林! パクるな!!

                           (2016/06/21)

コメント (1)