『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[河野太郎が、先ず、すべきこと(自民党総裁選)]

2021-09-18 00:33:19 | 新・保守の一考

☆・・・世に棲む日日 (99)

 疲れてるので短く書きます。
 自民党総裁選がはじまった。
 高市早苗推しの私だが、岸田文雄、河野太郎のタイマンの構図がある。
 岸田氏は容姿がいいので、海外向けには良いとは思う。
 問題は河野氏、だ。
 私は、買ってはいる。
 原発推進派の私だが、まあ、河野氏が反対するも良かろう、現実的に可能ならば。
 また、女系天皇も、もう、どうにもならないのだったら、容認するも良し、他に道がないのだったらね。
 私が、どうせ河野洋平の息子だろうと、政治家としては、端っから論外であった河野太郎を見直したのは、その#特定アジア (中国、朝鮮)に対しての筋の通し方だった。
 全くおもねる言動でなかった。
 痛快だった。

 ▼菅義偉総理大臣の功績は多い。
 従軍慰安婦と言う妄想言葉を、教科書記述から抹消したのは素晴らしいことだ。
 また、オリンピックでの、中国共産党に媚びた「チャイニーズタイペイ」呼称でなく、「台湾」とマスコミからして言わせたのも、ある意味、菅政権あってこそだ。

 ▼だが、この二つの事例は、河野太郎の父親、河野洋平の、ある意味、尻拭い、あるいは後始末をやったに過ぎない。
 河野洋平は、極めて、中国共産党の走狗のように動き、朝鮮気質の盲目的な共感者としての言葉を発し続けていた。
 それはそれは、「売国奴」と呼ぶに相応しい政治家だった。

 ▼河野太郎はなによりも、先ず、自分の親父の総括をせねばならない。
 そこからはじめよ!

 ▼写真は、小林よしのりの「台湾論」より。

                             (2021/09/18)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

[「良心に基づいて拒否する」のがコンプライアンス]

2021-09-06 23:52:48 | 新・保守の一考
☆世に棲む日日(89)
 
▼写真は、うちの前の道に散らばっていた〈土くれ〉である。
うちの前だけに落ちているのが、ちょっと気になる。
近所に生コン屋があり、そこに出入りするダンプのタイヤの溝に挟まっていた泥が、緩やかなカーブを形成する我が家の前で、タイヤを歪ませ、剥がれていくのだ。
 
▼22年前、菅総理を初めて私に意識させたのが、作家の明石散人の文章だと、この前 書いたら、久し振りに、その著書を読みたくなり、アマゾンで購入した。
目からうろこの、根拠あり~の斬新な諸説に感動。
では、短い「目ウロコ」を一つだけ。
 
 《・・・昨今流行の言葉に「コンプライアンスの遵守」というのがある。「法律に触れることはしてはいけない」、或いは「法律の枠組みにあるから違法行為ではない」などの意として使われることが多いが、本当は、「法律的には合法だが道義的に許されない行為は、良心に基づいて拒否する」というのが、コンプライアンスの遵守」の正しい使い方なのだ。・・・》
 
▼・・・いや、家の前の土くれの話と強引に結びつけている訳ではないよ(^_^;)
おら、あまりにも、個人の権利ばかりが取り上げられている現実よりも、経済効果重視の共同体(会社や組織体、最小単位は家族、最大単位は国)の価値も同等に認めたいと思ってるから^^
 
                      (2021/09/07)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

[遺伝子組み換えでは非ず・・・]

2021-09-04 08:52:31 | 新・保守の一考

世に棲む日日 (57)

「Quora」での米田健氏の投稿の要約。
読解の間違いあらば、全責任は私にあります。

▼・・・
   1961年:mRNA発見
   1989年:mRNAについての実験開始
   1990年:新たなる治療方法としての可能性と理論発表
   1993年:mRNAによる免疫獲得メカニズム発見
   1995年:初のmRNAワクチン接種
   2008年:mRNA安定化成功
   2009年:mRNAワクチンを抗がん剤として初使用
   2012年:mRNA式インフルエンザワクチン開発、試験開始

 ・・・けして、間に合わせで作ったワクチンではない。
 既存の技術の、スマートな医療現場への活用。

▼mRNAワクチンの「m」とは、「メッセージ」の頭文字。
 細胞の免疫情報伝達機能の一つの回答。
 ネットの時代ゆえ、長い期間の研究の結果を高速データ化、広域的に共有、インフルエンザなどで使われる弱毒性ワクチンよりも早く治験を通った。
 インフルエンザへの弱毒性ワクチンが、流行りの型にピンポイントで作用し、それが当たり外れがあるのに比し、mRNAワクチンは、「(コロナ)ウィルスを消し去るシステム(【武器】)を生成する情報、その【指示書(メッセージ)】を作り出す」機能を持つ。

▼つまり、コロナウィルスに対するウィルスを作るのではなく、コロナウィルスを無害にする【武器】を作る。
 また、その機能は、汎用性があり、変異株にも対応し、変異株の特性を把握し、応じて【指示書】の内容も変わり、臨機が利く。

▼更に、あくまでも、《ここが重要》みんなが恐れているのは「遺伝子組み換えではないのか?」 って心配。
 遺伝子とmRNAは全く異なります。
 そもそもの存在次元が違う。
 mRNAワクチンは、人体によろしくないウィルスに対抗するシステム(【武器】)を作る【指示書】に過ぎません。
 細胞核に届くこともなく、
 インフルエンザワクチンのように、対コロナ用のウィルスでもありませんし、
 自然劣化も早く、
 挙動の予測がつきやすいもの。
 例えば、車のエンブレム作成の指示書では、車のデザインを変えるような真似はできないってこと。
 遺伝子操作を危惧している方は、恐れないように。

▼また、詳しく書く余裕はありませんが、COVID、SARSに関しては、ワクチンを射さない場合、集団免疫の暴走が起こり得ます。
 集団免疫が過剰に起こり、後遺症を引き起こす。
 それを抑制するのも、mRNAワクチンの機能。

▼ともあれ、凄いのは、人類の叡智が、細胞の言語方式を理解し、それに指示を出せていることです。

▼てなわけで、これから、映画「科捜研の女(舞台挨拶ライブビューイング付)」を観てきます!ヽ(o´3`o)ノ 

                              (2021/09/04)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

[浮かぶ瀬もあれ、菅義偉!]

2021-09-03 18:45:16 | 新・保守の一考
世に棲む日日(56)
 
間総理の辞任はマジで悔しい。
この方、パフォーマンスに頼らない、非常に優れた実務家であった。
コロナ禍の中、功績は凄まじく多い。
しかし、悪循環に負けた・・・。
優れた人物であっても、「敵」の被せてくるマイナスイメージの怒涛にあっては飲み込まれる。
 
▼まず言いたいのが、世界的なコロナヒステリーに対し、政府は、ちゃんとした、過剰ではないコロナ認識を持っていた。
対策の多くは、「国民がそこまで言うならやるか」レベルでしかない。
「国民がそこまで言うなら」レベル・・・、それに逆らうと、次の選挙に影響する。
選挙に負けると、政治が出来なくなる。
「国民がそこまで言うなら」レベルとは、「敵」である【マスコミ】によって熟成される。
メディアによる「洗脳」だ。
「あら探し」「重箱の隅をつつく」「条件反射の批判」「揚げ足取り」・・・。
 
▼アメリカは二大政党制だが、共和党・民主党、どちらがなっても、目指すべきは一つ、「自国の国益」だ。
しかし、日本はおかしい。
野党は、日本の国益を第一に考えていないのである。
政権の足を引っ張り、国を傾けることしかしない(これは、古来からの日本の政治風景ではない)。
それが、かつての「悪夢の民主党政権」である。
民主党政権時、当時の菅(かん)首相は、東日本大震災時、紛うことなく原発事故を拡張させた。
そんな中、下野していた自民党、当時の谷垣総裁は、菅(かん)首相に「出来ることがあったら何でも言って下さい」と挨拶にまで行っている。
(谷垣さんは、思想的には俺と重ならないけど、下野した自民党で非常に頑張っていた。コロナ禍で頑張った菅(すが)総理と重なる・・・)
 
▼しかし、同じ国難のコロナ禍の中、野党がしていることはなんなのか?
そこには、国家的危機(俺はそうは思ってないけど)への挙国一致思考はない。
私は、ずーっと(ここ20年)、日本に二大政党制なんて必要ないと言っている。
自民党内の「派閥」に、複数政党制が実現されているからだ。
自民党の中にも、変な思想の者はいる。
だが、総体においては、狂った方向性には向かってない。
野党やマスコミの視点がおかしく、その言動に「洗脳」されるから、バカ国民の視点も反政権となっている。
 
▼では、野党は、何のために政治をしているのか?
簡単に言うと、日本の野党は、中国・朝鮮の国益のために活動している。
国益重視の自民党に対し、それに批判姿勢でいると、いつしか大陸・半島の好評価を受け、金が流れてくる。
 
▼マスコミにいたっては、要所要所に在日の人が配置されている。
そして、毎日毎日、日本において、過剰な政権批判報道が為される。
第一期の安倍政権からここまでの自民政権、どんなに素晴らしい功績を残しても、マスコミがそれを報道しないってこともある。
 
▼さりとて、ネット情報が正しいかと言うと、ネット右翼が行き過ぎた陰謀論をまことしやかに論じていたりする。
事実の見極めが難しい時代だが、一つだけ言えるのは、テレビマスコミの政権批判は、ほぼ100%デタラメ拡大解釈である。
 
▼次期総裁は、高市早苗か河野太郎がいいけど、岸田文雄になるのかな?
思想が違うけど、顔がいいから、まっ、いいか!
ただ、この岸田氏も、すぐにマスコミの餌食となってしまうでしょう。
ただ、石破茂になるのだけは、勘弁して欲しい。
 
▼マスコミのコロナ報道も、おかしい。
陽性者が、あたかも発病者・罹患者のように語られ、国民全てが菅(すが)政権の被害者のように語られる。
陽性者が減れば、今度は重傷者をクローズアップ!
あれね、陽性者は、その日の数、重傷者は累計数だからね。
変な報道の仕方だよね。
 
▼世界的なパンデミック、どの国も「受け身」に為らざるを得ない。
マスコミが「優等生」と持て囃していて、「日本も見習え!」とほざいていた国は、第5波第6波にさらされ、数値が、常に日本より一桁多かったりする。
イギリスなんて、「やっとロックダウン解除!」と喜んだ数値が、緊急事態宣言下の日本よりも多かったりする。
人口少ないくせに。
日本は、この世界的な苦難において、常に超優等生であった。
未知の病気に対し、完璧な対応だ。
菅(すが)総理としては、「なんで非難されているんだろう」の思いだろう。
今回、辞意を表明したのは、熟考し、「ああ、どんなにうまくやっても、悪く糊塗されてしまうんだな、俺では選挙に勝てないや」と思ったんだろう。
 
▼このコロナ禍、医療関係者が、やたらと、困難に立ち向かっているヒーローのように、その悲劇が語られる。
俺は、当初から、全くそうは思わない。
あんたらが、高い稼ぎを得ているのは、こんな時の為なんだぜ、と思っている。
大変なのはみんな一緒!
しかも、政府と医師会は対立軸のように語られているけど、政府から医師会には、コロナ対策として、莫大な予算が流れている。
踏ん張り続けろよ! とマジ言いたい。
 
▼政治家・菅義偉を知ったのは22年前、作家の明石散人が、これからを注目している政治家として、その名を挙げていた。
骨のある政治家だと。
いつしか、私の注目は好意となり、官房長官になった時は驚いたものだった。(インスタ字数いっぱい)
 
                              (2021/09/03)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

[とりとめなく…。「舶来信仰やめなさい!」]

2020-06-09 23:46:10 | 新・保守の一考
☆・・・アメリカでの、先の黒人暴行事件の背景には、白人の多民族への差別意識が底流にあるのは歴然のことで、非常に悲しむべきことだ。
 最高レベルの検証と対策と、加害警察官への厳罰が必要だ。
 しかし、それがあのような、あまりにもの一方的な暴力に発展することは稀だ。。
 もちろん、警察組織ぐるみで行っているわけではない。
 良くも悪くも、アメリカ流の民主主義ゆえに、ああして映像が公開されて、悪徳警察官らは糾弾にあっている。
 
 ▼だが、中国共産党一党独裁政権下の中国圏では、その組織ぐるみで、まごうことなく「百万人」以上のチベットやウイグル、モンゴル、国内の民主運動家の人々が、人知れず、虐殺されている。
 今、現在進行形である。
 そこには、YOUTUBEなんてない。
 
 ▼この間、トマ・ピケティの「21世紀の資本」のドキュメント映画版を見てつくづく思った。
 なんでこんな当たり前の内容がもてはやされるのか、と。
 日本人は、海外ではやったものが周回遅れの内容(思想・情報・学問)でも、それを最新のものとして受け入れる傾向がある。
 そう、戦後、アメリカが、民主主義を日本に教えてやったと勘違いしているのと同様だ。
 いやいや、日本には、そもそもちゃんと民主主義が存在していて、温和なるかな天皇のもとでの「平等」が江戸期に熟成し、明治維新でシステム化され始めていた。
 そこには人権無視の例外事項もあり、流血の内戦も経たが、並行して日本人の「優しさ」が根付いていた。
 先の大戦は、欧米的な民主主義と日本の民主主義の決戦だった。
 ああ、だからか、と私は気づく。
 現状、多くの表現メディアで、アメリカ的な民主主義を「戦後民主主義」と呼び、けして「民主主義」とは呼ばないことに!
 
 ▼この間、ベストセラーとなっている『僕はイエローでホワイトでちょっとブルー』がテレビで紹介されていた。
 イギリスで暮らす日系ハーフの少年が、家族とともに、少年の生活の中で立ち現れてきた多くの「違い(多様性)」に悩み成長していくノンフィクションとのこと。
 正直、この本から学ぶことは少ない。
 なぜなら、日本では、差別は、欧米に比べて圧倒的に少ないし、あったとしても欧米での差別とは様相が全く異なる。
 いじめなどの、日本における共通の問題においては、それはそれは日本国内でも議論され続けてきたことだ。
 では、この作品の優れている点は何か?
 それは、異国の現状を、読む者に自分の経験として認識させ、そこでの問題に共感を覚えさせることに長けた点だ。(⇐当たり前のことを言ってすいません)
 それは素晴らしいことだ。
 
 ▼この本を紹介した番組は、簡単に言うと、「差別は良くない、多様性を認めることを、日本人も学ぼう」と言うことだ。
 ・・・いや、少なくとも、日本は、激しい差別を、そこに存在するシステム(成長期の通過儀礼)として諦め、それを糊塗するような思想などはない。
 うむ、この本がそんなことを書いているのではないよ、その本を紹介する側の意図ね^^;
 話がかなり、私の言いたいこととそれたのだが、私が言いたいのはそこじゃない。
 紹介する側の思惑とは別に、この作品を語る中で、気になった箇所があった。
 イギリスでは、貧困層の子供たちが「お食事配給券」みたいなものをもらっていて、それをもらう児童のパーセンテージが高い、てなことが語られていた。
 仕事しながらの「ながら見・ながら聞き」なので、うろ覚えですみません。
 それを聞いて驚いた。
 やむにやまれずに社会保障を受けることになる国民は日本にもいる(もちろん、詐欺的に生活保護を受ける者もいる)。
 だが、常態として「お食事配給券」みたいな制度がある国は、異常としか思えない。
 番組の作り手は、この本から学べと、この書籍を紹介しているが、少なくとも、そこで描かれている社会システムは破綻している。
 学べねぇ、見習えねぇ!
 先日 観た、ケン・ローチ監督の映画『家族を想うとき』で描かれたイギリス中産階級の貧困が、またも目の前に立ち現れた!
 先進国と言われ、他国に説教したがる国・イギリス、実情はやばい!
 
 ▼日本人は、とかく、欧米に限らず、中国や韓国やロシアさえも、ありがたがって信奉するが、翻って国内を見直すと、既に、その「国外からの新しいなにか」以上のものが、日本には既に存在していることに気づくはずだ。
 「日本は格差社会」とマスコミはうるさいが、異常な親や、保護されるべき禁治産者以外の日本での餓死事件は少ないし、大震災や今回のコロナ禍のような国家非常事態以外には「食事の配給」などはそもそもない(もちろん、小規模の例外はある)。
 格差はあれど、国民総「最低限の生活が保障」されている。
 
 ▼神の権力、王・貴族の権力、軍事力、経済力、エネルギーの保有、美女の色香・・・、多くの力が、時代時代で世界を支配してきたが、今は、情報の力が幅を利かせている。
 メディアは情報の選別をする。
 マスコミは意志を持ち、読者・視聴者を誘導する。
 誘導の陰には、日本以外の国の思惑が見え隠れしたりする。
 見えている情報から隠されている部分を見極めなくちゃならない。
                          (2020/06/09)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

[『 #検察庁法改正案に賛成します』の巻!]

2020-05-12 23:00:25 | 新・保守の一考
☆・・・気持ち悪い「# 検察庁法改正案に抗議します」と言う運動が起こっている。
 関口宏の売国番組が火をつけ、NHKが油を注いだらしい。
 少なくとも、ネット上の私の近くには、それを吹聴する馬鹿がいないで良かった。
 私は、店に来る男には言ってあるんだけど、今、頭を使う金稼ぎで忙しいのだ(「どうぶつの森」でも忙しいけど^^;)。
 幾つか、ネットで拾った事実をコラージュして記しておく。
 
 1・この法案は、抗議運動をするようなヤカラが、裏切られても裏切られても大好きな民主党の野田政権のときに、人事院より法律改正を求められ、参議院を通過している(平成23年のことだ^^;)。
 2・おそらく、やり玉に挙げられている東京高等検察庁の黒川検事長は、法案が通る前に定年を迎える^^;
 3・また、この黒川検事長は、カジノ法案(IR整備推進法案)の問題点を表沙汰にした人物であり、安倍政権にとっては都合の良い人物ではない^^;
 4・安倍政権が、長期に渡ってテーマとしてきた、少子高齢化問題の結果として、年金受給年齢の引き上げ、企業の定年・雇用年齢の引き上げ、技術者や経験者の海外流出を防いで国力を維持するなどと併せて、避けて通れない懸案だった。
 5・それが偶然にも、コロナ禍の中で、「正規の手順」の結果、法案決議の順番が回ってきただけ^^;
 6・また、この、ウンコみたいな「# 検察庁法改正案に抗議します」だが、380万のトレンドワードとなったが、ほとんどが同一IPアドレスだったりとスパム扱いとなり、すぐにトレンドワードから削除されたそうだ^^;
 7・踊らされた芸能人の恥ずかしさ・・・^^;
                            (2020/05/12)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

[マスク考・2 『一億総白痴化(せめてもの2枚…)』の巻!]

2020-04-26 20:20:39 | 新・保守の一考

☆・・・この間、とある方が言っていたのだが、「今回のコロナ禍は、人の価値観が試される。このコロナに恐怖し会わなくなるカップルもいるし、国から金を貰うことだけを考えている人もいる」・・・。
 ちなみに、私は、致死に至る可能性もあるので対策はちゃんとするが、それ程恐れていない。
 だが、すいませんが、協力金は頂きます、と言う立場だ^^;
 私は、それにもう一つ付け加えたい。
「コロナに耐えられず、政府批判をはじめる保守派(基本、現与党自民党支持)の出現」だ。
 これは、福島第一原発の事故時にも大挙として現われた。
 結局、福島第一原発の時は、死者が一人も出てないのに、(当時野党の)それまでの自民党の原子力政策にあれだけ騒いで、結果なにもなく、そして謝罪もない^^;
 国家騒乱罪だぞ、あれ!

 ・・・さて、政府が配った「一杯のかけそば」ならぬ「3艘でもヨット」ならぬ「二枚のマスク」だが、これをバカにし続けている人がいるが、マスコミや左翼や在日に煽られて、これを批判するのは、あまりにも「想像力が欠如」している。
 まともな人間ならば、「ああ、このような経緯でマスクが配られるのだな」と分かるはずなのである・・・。
 ネットで見つけた、NAKATA・SYUNSUKEさんが簡略的にまとめているので、あたい、楽して引用する^_^;
   (以下、私、100%の同意として引用)

 ①現実的に使い捨てマスクが品薄なので、とりあえず大量確保できた分はまず必要な医療従事者や介護施設に優先的に回していい?
   ⇒これを否定的だとどうしようもないですね。
 ②とりあえずみんなに回すマスクはないけど、飛沫防止のため一般の人も外出時はマスクしてください。
   ⇒だからそのマスクが足りないっちゅうに
 ③とりあえず布でも効果あるから。洗って使い回せるし、自作すればいいでしょ?それか、お手製のスカーフでもハンカチでも何でもいいし。ほら、たくさん売ってもいるじゃん?
   ⇒そんなもん付けて仕事できるか!それに裁縫とかもう何年もやっとらんわ!(原文、一部変更)
 ④だったら市販の布製マスク買えば?
   ⇒今時そんなのどこも作ってねえよ!
 ⑤じゃあ政府がまとめて大量注文しといたので、とりあえず最初の1億枚を無料で配りますね。
   ⇒1人1枚じゃ使えないからな!使い回せる分だけ寄越せよ!
 ⑥そしたら1人2枚にしましょうか。なるべく多くの人に配りたいですし。あと役所で配ると混雑してクラスターなっちゃうから、とりあえず郵送します!ちなみに世帯人数確認しながらで配るの遅れるのと、一律にして早いのどっちがいい?
   ⇒急がねえと意味ないだろ!早くせいや!
 と、こんな感じでしょうか。
 ポイントは代替案や議論の経緯が見えないまま、結論だけ伝えられたことですね。
   (引用終わり)

 普通に生きてきて、学んで、暮らしてきた人間ならば、こうした経緯でマスクが二枚配られるようになったんだろうなぁ、と想像できて分かるはずなのだが、みんな、考えることを放棄して、テレビの情報を鵜呑みにするんだよなぁ。
 嗚呼!「一億総白痴化」が言われたのは63年前である。

 次回、「バカじゃねぇの? 韓国のコロナ対策を持てはやす日本のマスコミ」の巻!

                               (2020/04/26)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

[マスク考・1]

2020-04-19 16:25:42 | 新・保守の一考

☆・・・友達に、しばらくは持つだろう量のマスクを手に入れて頂いた(写真の左のマスク)。
 ちなみに、右のマスクは、私が日頃 使っていた市販の複層のマスク。
 左のマスクはシートが一層で、はっきりしてないが、PM2.5対応マスクのようだ。

 …PM2.5(微小粒子状物質)とは、粒径2.5μm(2.5mmの千分の1)以下の粒子状物質。
 マイクロ(μ)は100万分の1の単位。
 2.5マイクロメートル(μm)は髪の毛の太さの1/30程度、花粉より小さい大きさ。(ネットからの引用)

 つまり、このマスクは、少なくとも、2.5μmの物質には対応できると言える。
 では、新型コロナウィルスには対応するか?
 新型コロナウィルスのサイズは?
 …0.1μm程度の大きさ
 PM2.5の1/25(25分の1)の大きさ。
 左のPM2.5マスクでは対応が難しいようで、ならば、右の複層マスクはどうか?
 いや、右のマスクであっても、左のマスクであっても、
 また、「細菌や花粉など直径0.3μm以上の微粒子を95%以上捕集できる(ネットからの引用)」という高性能とも言われる[N95マスク]であっても、0.1μmの大きさの新型コロナウィルスを捕らえるのは難しい、となる、か?

 いや、それはあまりにも想像力に欠ける。
 ウィルスは、それ単体で浮遊するものではない。
 唾液や鼻水、手に付着して「移動」するのである。
 ダイレクトにくらう可能性のあろう唾液や鼻水の飛沫の大きさが、マイクロメートル(μm)のサイズであることは、ほとんどない。
 つまり、どんなマスク(顔を覆うもの)であろうとも、していれば、第一次接触はシャットダウン出来る理屈が成り立つ。
 後は、手洗いとうがいの問題だ。

 …と、偉そうに書きつつ、福生最初の感染者になったらやだなぁ^_^;

                              (2020/04/19)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

[「宙」と「霊」と宛名]

2020-03-26 10:40:56 | 新・保守の一考

☆・・・かれこれ二十年近いネット上での知り合い(てゆーか、思想闘争の盟友)の書家(であり、おそらく大学教育関係者)より、「書」を頂く。

   
 本名分からずして、そのハンドルネームは「苹」、私 読み方が分からず、調べることもせず、ずーっと「シオリ」さんと読んでいる・呼んでいる。
 素性を隠しているので知らねど、思想界の暴れん坊の私を許容してくれているので、MUTIさんや若鷲さんのように性格穏やかにして正義を愛す人だし、何よりも、その「書」を見れば説得力 甚だしい。
 「宙」と「霊」の文字の朧さ、宛名の私の名前は斬り込んできます。
 然るべき装丁をしたいですが、とりあえず、裸で写しておきます。
 その苹さんからの説明を付す。

《…同じ宛先で構わなければ、先日ボツにした色紙でも送りましょうかね…。(今夜あたり封筒に宛名書きをして、体調がよければ明日にでも郵送する予定。)
 薄墨で書いた二枚は呉竹精昇堂「千寿墨」の墨色見本で、一枚はNo.14「三陽開泰」使用の「宙」(2020.3.17)。健康的な線質になり過ぎて気に食わないからボツ。もう一枚はNo.27「南都青松煙」使用の「靈」(2020.3.19)。字がひん曲がり過ぎて気に食わないからボツ。…》

《…封筒は墨運堂「墨精」S.59製を磨って書きました。…でも明日は日曜なのね。体調がよければ月曜、郵便局に行ってきます。外国人のお客が来るなら「宙」はスペース・ファンタジー、「靈」はスピリチュアル・メソッドとでも説明すれば反応どうなるかしら。クラシック音楽と組み合わせるなら前者は大嫌いなホルスト《惑星》、後者は大好きなプロコフィエフsym.7《青春》に絡めたら面白いかも。
 ●Prokofiev: Symphony No. 7 / Gergiev · London Symphony Orchestra…》

 まあ、苹さん、三十年後ほど後に、亡くなる前に、私に素性を明らかにしてください、そしたら、この「書」の価値が分かるってもんです^^;;;;; @ Japan

   

                                 (2020/04/26)

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

[映画『パラサイト』の意味するところ]

2020-02-20 11:20:16 | 新・保守の一考

☆・・・映画『パラサイト』の意味するところ・・・。

 私は1/23に映画『パラサイト』の寸評をこう書いている。

   ◇   ◇   ◇
《『パラサイト:半地下の家族』…朝鮮人は理系分野でノーベル賞を取るのは難しいが、芸術分野で賞を取ることは出来る、が、私の持論。
 それでも認めがたいが、正直、この作品、かなり面白かった。
 富豪一家を浸食していくパラサイト一家がスピーディーに描かれる。
 絵画的に美しい構図が多数見られる。…4.0》
   ◇   ◇   ◇

 論理的な思考に鈍いので、科学分野での活躍は難しいが、情念や妄執・怨恨など、負の文芸分野にはエッジが利いた かの国の民族なので映画や文学など、芸術分野においてならば賞を取ることは可<wbr />能、という事を言った。
 すると、2/9に発表されたアカデミーで作品賞に輝いたとのこと。
 アカデミー賞のレベル云々についてはここでは言わないけど、「パラサイト」が、名のある映画賞のトップになるほどの作品とは思えない。
 いい面もあるけど、あまりにもマンガチックだし、終盤はグダグダの展開だ。
 なにやら、韓国の格差社会について切り込んでいるというが、それ、全然違う。
 誰も言わないから言うけど、あの、なんも悪びれることなく他人の財産をすすり取っていく様は、「民族の悪弊」以外の何物でもないだろう・・・。
 私はまさに、日本に寄生している「半島」の姿と重なった。
 日本による民主主義的な統治時…、戦後の「従軍慰安婦」…、徴用工…、パチンコ利権…、通貨スワップ…、ワールドカップ共催…、etc.etc。
 日本人ならば恥ずべき状況を、彼らは「俺らってば頭いいっぺ?」とばかりに喜々として行なっている姿がよーく見える。
 ただ、あの金持ち家族の奥さんは良かったね、可愛くて美しい^^
 私のお気に入りのAVギャルの水野朝陽に似ている^^

                          (2020/02/20)

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

[杏から近隣諸国条項へ]

2020-02-19 19:55:48 | 新・保守の一考

☆・・・歴史ギャグマンガの『風雲児たち 幕末編』を読んでいたら、帯の推薦文を杏が寄せていた。
 この27巻の発刊は平成28年、杏が大変な頃やね。
 こうした仕事もこなし、強靱な精神力を持った女性だと思う。
 『風雲児たち』は、悪名高い近隣諸国条項を肯定していること以外は、かなり歴史の勉強になる#マンガ だ。
 蓮舫や辻元清美の、あの国会での怖気を振るうような態度の根源の一つに、近隣諸国条項つーのがある。

                          (2010/02/19)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

[(緊急声明)ゴーンの犯罪逃亡から学び、美少女を救え!!]☆

2020-01-15 15:53:16 | 新・保守の一考

☆・・・なるべく短く書く。

 私の予測はほぼ100%当たるので注意喚起としておく。

 1・ゴーンの不法国外逃亡は、非常に悔しいことだ。

 プライベートジェットでの、無検査の楽器ケースの中に入っての脱出劇。

 東京都港区の自宅⇨レバノン入国・・・、所要時間17時間。

 2・ヤマハ楽器が、ゴーンの犯罪に影響されたお調子者や子供が音響ケースに入って遊ぶことの危険に、注意の声明を発表。

 3・映画『96時間』では、娘が人身売買の組織に誘拐され、中東の富豪の性奴隷にされるのが予想され、完全に情報が遮断されるリミットが96時間とのこと。

 家に誘拐犯に押し入られ、ひとまずベッドの下に隠れている娘からの電話を受けて、元スパイ役のリーアム・ニーソンが言うのだ。

 「電話をそのまま床に置くんだ。・・・お前は捕まるだろう。捕まるまでに、10秒ほどは、相手を見るチャンスがある。恐いかもしれないが、出来るだけ相手の情報をこっちに伝えるんだ!」

 4・私は不愉快になるので見ていないのだが、映画『闇の子供たち』では、少女を買春した男が、その少女をスーツケースにすっぽり入れてホテルにチェックイン、部屋に入り、そのスーツケースから少女を取り出すという生々しいシーンがあるという。

 5・北鮮による日本人拉致事件。

 横田めぐみちゃんは、工作船で半島に連れ去られた。

 6・ゴーンの不法逃亡を手伝った男らの報酬は幾らか? その大掛かりさと危険度を考えると数億円を貰わねば収支が合うまい。

 7・中東の大富豪が日本に滞在した時、ホテルなど、その世話人に女性を配置するのは危険と言われる。

 中東の王族が気まぐれに、その女性を手籠めにしたりするからだ。

 そして、小銭の様にお金を数千万とバラまき、その犯罪をなかったことにするのだそうだ。

 心の傷がお金で癒されない女性も多いだろう。

 8・(仮定)中東に限らず、大富豪が金に飽かして、美少女の誘拐を、誘拐組織に依頼したとする。

 富豪にとって数億円は、トイレの紙切れみたいなもの。

 しかし、請け負った者には、危険も良心も吹っ飛ぶ額だ。

 躊躇せず、楽器ケースに美少女を押し込み、プライベートジェットで連れ去るのだ。

 娘は、二度と親御さんに会うことはない。

 完全に消息を絶つ。

 ・・・ゴーンの逃亡は苦々しいことだが、ゴーンの逃亡によって、今後、国境を越えた不法人身移送には、当局の注意が厳しく向くだろう。

 少なくとも、私が不愉快になる事件はなくなって欲しい。

                           (2020/01/15)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

[GSOMIA継続]

2019-11-22 19:10:59 | 新・保守の一考

☆・・・(産経のウェブ記事速報)
 南朝鮮に、勝手にはじめられた、よ~わからんチキンレース。
 日本の「完・全・勝・利」で終わりましたな^_^;
 でも、限りなく無条件のはずなのに、具体的に言わないが「条件付き」としているので、後から因縁吹っかけてくるんでしょう。
 でも、安倍政権はクールに無視してくれるでしょう。
 南朝鮮を思うとき、いつも、吉本新喜劇の池乃めだかを思い出す。
 コテンパンにやられて、逃げ出すときに、「今日はこの辺で勘弁してやらぁ」とか捨て台詞を吐く^_^;

                         (2019/11/22)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

[憐れんでもダメ! 南鮮(韓国)とは関わるな!]

2019-08-22 19:11:29 | 新・保守の一考

☆・・・韓国に対しては、いつも、昔のだいたひかるのギャグの決めゼリフ「♪ど~でもいいですよ」とか、ダチョウ倶楽部のギャグ「どうぞどうぞ!」を心の中で呟かされる。

 韓国は、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄するか検討中とのこと。
「♪ど~でもいいですよ」
「どうぞどうぞ!」
 監視衛星もない国が、日本からの情報なしに、どう防衛するってんだ。
 北朝鮮がミサイルを発射したとき、いつも、日本のニュースは「韓国軍の合同参謀本部に拠ると…」と言うが、あれは嘘だろう。
 日本もしくは米軍の情報を得て、韓国が発表しているだけだ。
 日本は特にだが、米軍も諜報については秘密裡に行ないたい、韓国発の情報とすると、韓国は体面を保てて、そこに矜持を損なう繊細さを持つ国でもなく。

 自分たちがビハインドしかないのに、あたかも、自分たちが行動を起こせば困るだろうと勘違いしているのが韓国の人たち。

 東京オリンピックへの韓国ボイコット運動?
「♪ど~でもいいですよ」
「どうぞどうぞ!」
 日本は困ることはない。
 いっそ面倒がない。

 韓国人の日本製品不買運動?
 日本への旅行はやめる?
「♪ど~でもいいですよ」
「どうぞどうぞ!」
 日本の左翼マスコミは問題視しているけど、結局、それらは毎回、経済的にはなんの影響もないことが分かっている。
 日本製品は高品質で、その国土は美しい。

 日韓通貨スワップ協定、日本政府が改めなきゃ再開はない、だと?
「♪ど~でもいいですよ」
「どうぞどうぞ」
 そもそも日本にはリスクしかなかった通貨スワップ、経済危機にある韓国にお情け・お恵みで行なっていたことである。
 絶対に再開させてはいけない。

 具体例が少ないが、本田宗一郎が言っているとおり、「恩を仇で返すのが韓国」である。

 韓国の経済成長期を表する言葉「漢江の奇跡」って、あれ、その黒字分、全て日本がくれてやった金に過ぎないからなぁ^_^;

 ホワイト国認定取り消しを機に、韓国とは完全に縁切りしたいもので…。
 だーかーらー、反対に韓国が日本をホワイト国認定取り消ししても、日本は痛くも痒くもないんだって!^_^;
「♪ど~でもいいですよ」
「どうぞどうぞ!」

             (2019/08/22)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

[靖国神社を参拝し語る]

2019-08-15 15:26:45 | 新・保守の一考

☆・・・皆さん、こんにちわ^^;

 本日はひたすらに、靖国を中心としたあまねく英霊たちに感謝の気持ちと、微力ながらもこれからの日本に尽くすことを誓ってきました。

 私はイタリアンバーの店主をしております。・・・まあ、イタリアは三国同盟の仲間だからよろしいでしょう^^

 だけども、その前に、私は自分を作家と思っております。

 私は、世界の根源事象を包括する物語を常に書きたいと思っており、今回も、その思いで語るつもりです。

 とりとめなく語りますが、なにがしかを心にとどめおいていただけると幸いです。

 いま、タピオカがブームですが、その台湾のデザート、私の好みではないのですが、そのブームの発生は自然で、また四度目のブームであることからもわかるように、どうやら「本物の流行」であり、広告代理店が波状攻撃で浸透させようとしている韓国の飲食物や、Kポップやら韓流ドラマのような、実体のない「噓のブーム」とは、全くもって異なる発生経緯のものなので非常に好ましい気がしております。

 ・・・私は、これは保守派の方の中にも反感を持つ方も多いと思いますが、原発推進派でございます。

 私は人間の英知を信じており、そのリスクを恐れて原子力研究から撤退するのは「人類の名折れ」だと思っております。

 先の震災での福島第一原発での事故があり、あれによって多くの国民が原子力に恐怖しました。

 しかし、私は・・・、科学素人の私から見ても、絶対悪のようにマスコミで報道されてきた放射線、その数値が、なんら人間の生命を損なうものではないと思ってました。

 あの頃の報道は異常でした。

「直ちに人体に影響のあるものではない」と報道した直後に、放射線の恐怖の情報を垂れ流すのですから。

 その頃の私は、このブログで数千人単位の閲覧者を有していたので、せめて、少しでも、流布されている「噓」を払しょくしようと、「今後、福島第一原発事故の放射能漏れによる直接的な死者が出たら、私が、私の言論に対し、命をかけて責任をとる。だから、数値として現われる事実だけを信じろ」とまで言ったものでした。

 当時は、「私は馬鹿なのか」「自分がとんでもない勘違いをしていて、どこかに私の知らない決定的な放射能の恐怖が潜んでいるのではなかろうか」「私は自分の主張に忠実であるために《風船おじさん》のように命を賭けなくちゃならないのだろうか」と、発言から数年間 気にしていたものですが、最終的に、あれだけ騒いだにもかかわらず、原発事故での死者はゼロ、私はこうして皆さんにお目にかかれている^^

 ・・・吉本の芸人の闇営業問題は、いつしか吉本興業の企業体質の問題に移行し、多くの芸人が会社に対し威勢のいいことを言って、そして、最終的に前言を翻し、ヘタレた。

 私などは「なんだ? このヘタレどもは・・・、男がヘタレていいのは、自分の彼女やお母ちゃんにだけだべ」などと思いつつ、その情けないさまを眺めた。

 ちょうど、今週号の雑誌ヤングジャンプの人気マンガ「キングダム」で、…中国の春秋戦国時代の国盗り物語なのですが…、敵の武将が、今わの際に、主人公らに向かって「(この先々に続く戦い…)振り上げた刃は最後まで振り下ろせ!」と言い、散っていきます。

 作中の「中華統一戦争をはじめて、お前らは、俺様まで倒したのだから、最後まで、その志を貫き通せ!」ってこと、簡単に言うと、「自分の言動には最後まで責任を持て」ってことです。

 安倍首相にも、振り上げた刃は最後まで振り下ろしてほしい!!

 ここでは、到底、愛する者のために命を散らすことに なんら躊躇がなかった英霊たちを引き合いに出すつもりは毛頭ありませんが、現代に生きる私たちも、間違いなくば、「その信じるものに真摯に生きるチャンスはそこかしこに存在しているんだよ」と言いたいのです。

 ・・・困りました、なかなか本筋に辿り着けません^^;

 朝鮮人の、他者とのつきあいにおける境界線の、著しいバランス感覚のズレについて、皆さんが言葉では分かっていても実感として理解していないかもしれないので、それを、それだけを、短い時間で語ろうと思っていたのですが・・・。

 昨今のホワイト国除外や徴用工問題、慰安婦問題にレーザー照射、かつてからの竹島問題に至るまで、例外なく、朝鮮人は、それを解決するに至る日朝両国の主張のすり合わせの着地点の定め方が狂っています。

 かつて併合されていた日本に対しての恨みが根源だけなのかなと思いきや、それはトランプ政権に対してもそうだし、ベトナム戦争でのベトナム女性への蹂躙の結果としてのライダイハンへの対処の問題でも、朝鮮人の感覚のズレは見られる。

 必ず、他国が客観的に見た妥協点をはるかに超えた、自分にだけ良かれの領域に手を伸ばそうとしてくる、

 話し合いで決めようとしてもギャーギャーうるさくわめく、泣く、怒る。

 自分で勝手に条件を設定し、…それは多分に日本には影響がない…、無視されると、池乃めだかばりに「よおし!今回はこれくらいにしといてやらあ!」と勝ち誇って去っていく。

 外交上の公式の場でも同じ…、下品に自分の言い分だけを言いつのり、理屈でかなわないとわかると、平気で嘘をつく。

 平気で嘘をつき、ハラハラと泣く。

 嘘をつくことを恥と思ってなくて、がめつく手を伸ばしても失うことこそを悪と捉えている民族。

 しつこく、諦めることがない。

 レミングと言うか、レギオンと言うか、そんな群体っぽさ、民族的な性質・・・。

 本田宗一郎の「韓国にかかわるな!」は金言だ。

 北朝鮮人は海外にはほとんど出れないけど、知っての通り 南朝鮮人は文明圏に飛び出てきている。

 南朝鮮人、そこで多くの非常識をまき散らしている。

 世界ではまれに、その国を訪れる特定の外国人にだけ制定されている法律というものが存在している。

 それは多分にマイナスの内容になるのだけど、その、各国の特別な法律に最も数多く当てはまるのが朝鮮人なのである。

 特に、東南アジアの多くの国では、国家が韓国人との婚姻を禁止している。

 女性を奴隷扱いするからだ。

 各国のKポップとやらの音楽チャートへのランクインも、人気の実体のない、その国のコリアタウンの住民の、プロ野球オールスター序盤の人気投票並みの組織票の結果である・・・。

 アメリカの怖い怖いハーレムの黒人たちが最も嫌っているのがコリアタウンの朝鮮人だそうだ。

 とにかく、相手にすると終わりなくしつこく絡んでくるのだそうだ。

 私などは、そんな民族的な特質をDNAでの解析の結果により判明した帰結と考えているのだが、ここでは、まあ、語らないでおきます^^;

 この間、自衛隊学校で教鞭をとっていた陸自2佐の方と話したのだが、こんな話を聞きました。

 出典も聞いたのですが、私が忘れてしまった。

 なので、どこかの賢者の著書からの情報と思ってください。

 朝鮮は儒学の国だと言われている。

 儒学…、朝鮮の官学となったもの、特に朱子学は、簡単に言うと、中国の宋の時代から、文官に統制されたやや頭でっかちの政体が、北方の蛮族を避けて南に移動した時代、つまり南宋の時代に成立した。

 凄まじく端折って語るのだけど、個人と社会を統合する思想であり、その核となる家族の、特に礼を重んじる。

 単位を家族としたとき、リーダーである父親が絶対的存在として君臨している。

 中国においては、父親の下に兄弟の上下関係はなく、権力者のもとの平等があり、それは、後々に、共産党が中国の政権を担うときに、非常に機能することになる。

 ちなみにロシアでも、兄弟間の上下の概念はなく、それは共産主義の発展にジャストフィットした。

 だが、朝鮮に伝わった朱子学は、兄弟間に絶対的な上下関係の要素が付加された。

 兄は父親に絶対服従、そして弟は兄に絶対服従・・・。

 いや、朝鮮人にとっては、それは「我こそが朱子学をよりよく理解している」という自負になった。

 そして、その上下関係は、リーダー(中国)の下の兄弟、兄(韓国)弟(日本)という、その絶対的な上下関係認識となり、今回のホワイト国除外や徴用工問題、慰安婦問題にレーザー照射、これまでの竹島問題などでの、凄まじい言動となって現われているというのだ。

 日本人にゃ、そんな意識はない。

 朱子学は、中国の明の時代に国学となる。

 聖徳太子は、その時代をさかのぼること800年前に、朝鮮半島を飛び越えて、ごくごく自然に隋の皇帝に、対等の関係としてホットラインを繋げていたわけですからね(「ツツガナキヤ」の話ね^^;)。

 後付けの、朝鮮人の勝手な妄想で、「お前は子供で、しかも末っ子だ」と言われても困りますよね^^;

 日本人は優しく、平和を愛する美しい心を持っているけど、正しいと思ったら、たとえ超大国、アメリカ・ロシア・中国といえども戦いをいとわない。

 銃後の我々は、その戦いの最先端で命を散らした英雄たちへの感謝を、けして忘れてはなりません!!!

 御清聴、感謝します!

                             (2019/08/15)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする