『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[「土曜から月曜日、とても盛況なり!」の巻!]

2018-04-24 14:32:30 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・昨夜から、あたい、店にスマホを置き忘れていて、連絡した方で、私の応答のない方は、そういうことなんで、御承知を^^;
 店に取りに行くパワーがない^^;
 予約や持ち帰りの方は善処します。
 さて、近況報告!
 ◇昨夜は、用意していた45人分の生ハムが完売の上に、お客さんもボチボチ来てくれてありがたし。
 繭さんが、近所の女子高生を連れて持ち帰りしてくれたのは嬉しく、ああ、制服着ると、ユッピイもそうだったが、可愛さが三倍増しだな、「赤い彗星」みたいだな!^^
 リトミちゃんは安定の魅力で、
 この先、うちの店を盛り上げていってくれそうな、コズとアキツ―も、それぞれ真矢みき・天海祐希似の宝塚コンビでゆっくりしていってくれた。
 「宝塚コンビ」の名称は、タイヤマン娘なのだが、それぞれは、川島なお美・すみれ(石田純一の娘)に似ていると言われたことがある、と言っていた^^
 二人とも、なかなか出会いがなく、彼氏募集中だそうだ。
 ◇日曜日の一昨日も、クーちゃんやニャキッポさん、そら豆さん、それぞれのグループが来てくれて飲んだくれて良かった。
 クーちゃんとは、なかなか深い話が出来たと思うのだが、リトミ情報によると、酔っぱらっていて、この時の会話をほとんど覚えていないとのこと^^;
 そう言えば、この間、繭さんにも非常に面白い話をしたつもりなのだが、繭さんに後日、その話を確かめると覚えていないとのこと^^;
 ◇土曜日の一昨々日は、タミフルファミリー軍団が来てくれた。
 タミフルママがお元気で、嬉しかったし、誕生日だったそうだ。
 ほぼ貸し切りだ!
 基本、誕生日の方には、ハム系を一品進呈するのだが、昔は、それをフェイスブックのコメントで相手にメッセージを送ったものだが、フェイスブックの友達が増えると、それが億劫になってきたので、誕生日の方は、店に来た時、自己申告して下さい。
 生ハム進呈します^^v

                      (2018/04/24)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[映画『リズと青い鳥』を観た]

2018-04-23 00:45:39 | 新・物語の感想

『リズと青い鳥』本予告 60秒ver.

☆・・・これも良かった!
 見る映画 見る映画が素晴らしく感じ、あたいの感受性は豊か、きっと、いま、あたいは幸せなのだろう^^;
 これ、『響け! ユーフォニアム』のスピンオフだな!
 「響け! ユーフォニアム」の北宇治高校吹奏楽部の他のメンバーのお話。
 いや、最初こそ、うがった目で見ていたんだけど、だんだんと引き込まれた。
 童話「リズと青い鳥」に曲をつけた楽曲に挑戦する吹奏楽部。
 その第三楽章は、性格は違えど連れ立っているみぞれとのぞみの、オーボエ・フルートのコンビがソロを務める。
 「リズと青い鳥」は、一人ぼっちのリズのもとに青い鳥の化身の少女が訪れ、生活を共にするが、別離の時が来るという物語。
 引っ込み思案で寡黙なみぞれは、自分をリズに重ね、明るく人気者ののぞみと言う<青い鳥>に憧れ、「私なら、ずっと鳥かごに入れて去ることを許さないのに」と思っていた。
 絶対に不細工な子も現実社会にはいるのに、この作品は可愛い子ばかりの登場であり、それぞれの個性の描き分けは見事で、私は、ならば、この娘たちは、現実の世界ならば、どのような顔で、どのような立ち位置なのだろう、などと妄想するのだ^^;
 確かに、のぞみは、みぞれが恋焦がれるだけあって可愛く描かれていた。
 あごのラインの華奢さなど可憐だった^^
 だが、のぞみのカリスマが次第に失われていく。
 リズ=みぞれ、が、リズ=のぞみ、そして、青い鳥こそがみぞれだったと言うふうに変容していく。
 私は、途中で、この話の行く末の予想がつき、情感がひとしおだった。
 もう、女の子たちの気持ちの揺れ動きを、身体のパーツ、そのささやかなしぐさの数々で描写するカット、校舎や教室の、例えば本棚などの一見意味を見出せないカットなども、BGMと重なり、物語構成の計算尽くされた結果なのだと分かってくる。
 私は、女子高生の青春を、その未来ある別離の物語を体験させられた気がした・・・。

                                  (2018/04/23)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[映画『希望のかなた』を観た]

2018-04-21 09:27:39 | 新・物語の感想

映画『希望のかなた』予告編

☆・・・去年のジム・ジャームッシュ監督の『パターソン』に続き、私の青春を彩ったアキ・カウリスマキ監督も、この『希望のかなた』で健在ぶりを示してくれた^^
 私は、若い頃は、このタイプやフランス映画ばかり見ていて、わりと見る映画が偏っていた。
 今は、何でも見る。
 近日、映画の「クレヨンしんちゃん」さえも見に行くだろう(いや、傑作が多い^^)。
 考えるに、ジム・ジャームッシュやアキ・カウリスマキ作中の人物は、頑固な人はいるが偏屈はいなかったりして、こだわりはない、が、それを観る人々にはスカした偏屈が多かったかもな^^;
 両監督とも、物語の中に激しい起伏がある訳ではなく、特にここで「これだ!」と語るべきことはなく、些細な生活の集積と惚けた雰囲気が味である。
 三週間ほど前に、彼女を連れて行ったんだけど、私が30年ほど前に夢中になっていた感覚を、ちゃんと共有できていた彼女に感激した^^
 主人公は、シリアからの紆余曲折を経ての難民希望者、ただひたすらに、そこまでの道のりで生き別れた妹の心配をしている。
 難民センターの人々と交流し、そんな主人公を、定年し熟年離婚、不器用にも店舗経営をはじめた男と、店の仲間が受け入れる。
 他愛ない話だが、個々の役者の挙動から目が離せない。
 小津安二郎の影響がみられるので、演技は散文的である。
 だが、演技を排して得た「間(ま)」が心地良いのである^^

                           (2018/04/21)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[映画『レディ・プレイヤー1』を観たよ]

2018-04-20 11:51:11 | 新・物語の感想
☆・・・これは凄ぇ!
 スピルバーグなので、底辺に流れる優しい情感など、普通の方も楽しめるけど、
 映画、ゲーム、アニメのマニア・オタク的な情報量がケタ違い!
 私でも70パーセントくらいしか確認できていないかも。
 しかも、日本産の作品の度合いがかなり高い。
 日本4割、ハリウッド3割、キューブリック1割、オーソン・ウェルズ(宇宙戦争、市民ケーン含めて)半割、その他 1.5割。
 日米軍事同盟の精神的な優位性もこれくらいだといいのにな^_^;
 仮想空間と現実世界の物語的なバランスもうまい。
 この映画の解析本を書いたとしたら、かなりの厚さになるだろう。
 DVDでゆっくり見るのも楽しいだろう。
                     (2018/04/20)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[心の白地図を女で埋めろ! の巻]

2018-04-19 00:56:52 | 新・ふと思う

☆・・・うちの店が、女性のお客さんばかりなのは有名だが、一昨日までは、毎日、日替わりで幼女少女が登場して楽しかった。
 ジージョちゃん、チョージョちゃん、メイニ―ちゃん、モエモエちゃん、アサピちゃん、ピカルちゃん、ココちゃん・・・etc.etc.
 可愛い者を愛(め)でれて、お金を稼げて、オラ、悪いことなし^^v
 並行して、美女たちも集っている。
 昨夜は面白かった。
 魅力ある女性客の二大巨頭とも言うべき、リトミックルとアイプリックスが初対面した。
「技の1号ライダー・力の2号ライダー」という言葉があるが、技のリトミックルと力のアイプリックスの対面は、私には非常に楽しかった。
 では、うちの店に来るリピーターの女性たちは何人くらいいるだろうか?
 200人はいるかな(その再来店へのタームは、三日から半年とそれぞれ違う)。
 私は最近、私の心の中の地図に、女性たちを国に例えたりして楽しんでいる。
 となると、リトミックルとアイプリックスはアメリカとロシアくらい、占める割合が大きい。
 ちなみに、わたすの彼女は日本で、ジージョちゃんは台湾^^
 ただ、最近、中国くらいのギャルナナや、オーストラリア級の美少女メイニ―ちゃんが台頭してきているな。
 ナッチはフランス級だが、最近、来ないなぁ^^;
 また、ツバルやキリバスやナウルのように消えていく国もある^^;

  (写真・1)・・・入荷! モルタデッラ、グアンチャーレ、パンチェッタ、オリーブの実^^
  (写真・2)・・・獣医さんから頂いたアク抜き後の新鮮タケノコ^^
  (写真・3)・・・栄養ドリンク。うちの店の紳士男性客タイヤメンからの差し入れ!
  (写真・4)・・・彼女から貰った吉祥寺で有名な店のモナカ!
  (写真・5&6)・・・イオンで見た企業提携Tシャツ!!

                                 (2018/04/19)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[業務連絡:ピエタングロワ]

2018-04-18 21:08:30 | 業務連絡

☆・・・<緊急お買い得 販売!>
 フランスのウォッシュチーズ『#ピエタングロワ 』を入荷しました!
 ウォッシュ特有の臭みはなく、濃厚なマッタリ感が、リッチなミルク風味とともに口内を満たします。
 マジお買い得で、10個入荷ですが、ここ3日ほどの、お店内のトークセールスで瞬く間に6個売れちゃいました(^.^)
 1個200グラムで1380円とします。
 うちの店頭販売ですと、3000円はしますが、特価です!
 半分の100グラムでは、750円とさせて頂きます。
 量が多いので持ち帰り推奨ですが、お店で食べるも良しです(^o^)
 お急ぎください!
   (追記)・・・現在 残2個
   (更に追記)・・・追加注文します!

                       (2018/04/18)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[ダブル・カプレーゼ]

2018-04-18 18:13:22 | 新・ふと思う

☆・・・9割がた女性客のうちの人気メニューの一つが『#カプレーゼ 』である。
 いま、歯応えが心地よいボッコンチーノ(チェリー)と、とろけるブラータがある。
 だいたいのお客さんが、どちらか、その日の気分で決める。
 が、今日、これから来店するアイプリ嬢は「ダブル」で食べる٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
 彼女がはじめたことにより、先日はアミ君も、そしてサイゼ君も、サマーちゃんも「ダブル」で注文!
 カプレーゼWのムーブメントが巻き起こりつつある!

                        (2018/04/18)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[映画『ダンガル きっと、つよくなる』を観た]

2018-04-18 09:05:09 | 新・物語の感想

映画『ダンガル きっと、つよくなる』本予告 4月6日(金)公開

☆・・・うちの店の、とあるお客さんの強烈な勧めにより観た。
 こりゃ面白れぇ!!
 上映時間は長めの140分、ダレ場なし! 右肩上がりに盛り上がる。
 行政はスポーツ振興にはほど遠く、かつて、レスリング界で名を馳せた主人公マハヴィルは生活のためにレスリング人生を諦めた。
 しかし、次代で生まれるだろう息子を鍛え、ドメスティックに満足するだけではない、国際大会での金メダルを手にしようという、野望に近い夢を思い描いていた。
 が、男子に恵まれなかった。
 4人姉妹が生まれるに至る。
 マハヴィルは夢を諦めかけていた。
 と、ある日、近所の兄弟の母親が、あんたんちの長女と次女にボコられたと怒鳴り込んでくる。
 丁重に謝罪しつつも、マハヴィルの心で何かがざわめく。
「どうやってやったんだ?」
 怒られると思っていた姉妹は、拍子抜けし、喜々として兄弟をのした状況を説明する。
     ・・・レスリングやるのに、男子に限らなくてもいいんじゃないか?
 マハヴィルはひらめき、そして、父権の強いインドの家庭の中で、まだ幼さの残る長女と次女にレスリング選手としてスパルタ教育を施しはじめる。
 紆余曲折あれ、最初はめげていた姉妹だったが、男尊女卑の強いインド社会の中で、見も知らない男性と結婚させられ、後は子育てと家事に明け暮れる運命にあった女性に「あなたたちのお父さんの教育には自由があるのよ。お父さんは、あなたたちのことを大事に考えてくれている・・・!」と説かれたことを契機に、真摯にレスリングに打ち込みはじめるのだ。
 女だからとバカにされつつ健闘した、町のレスリング大会の敗北に端を発し、その悔しさをバネに、長女は強くなっていく。
 次女も続いていく。
 一戦一戦が手に汗握る。
 レスリングのルールが分かるのも、次の東京オリンピックの予習として良い、と言うのはあくまでもおまけ^^;
 姉妹は、いつしか、国のスポーツ組織の指導を受けるまでになる。
 それは、マハヴィルのもとから、長女、おって次女が離れていくことを意味する。
 まだまだ物語は続き、最終的には、ビクトリーを越えた、大きな勝利トライアンフに至る物語。
 とにかく燃えるので見て欲しい!

                           (2018/04/18)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[ミドラン散歩:立川柴崎町]

2018-04-17 09:20:08 | 新・街を行く

☆・・・昨夜は思った以上に稼がせて頂き、感謝感激ィ―ヌ!!^^
 夫婦で共稼ぎのお客さんがいて、食事はもっぱら外食、なかなかの食通なれど、高級なものに拘ってはおらず、うちの店も、その御夫婦の食事ローテーションに組み込まれて光栄なのだが、
昨日のミドラン散歩(ポスティングバイト)は立川の柴崎町で、御夫婦の事務所があり、御夫婦が勧めてくれたちゃんぽん屋の「ホットナンバン」があり、ちょうどポスティング作業の目途がつき、店の前に至ったのが開店時間、躊躇なく入ると、最初は空いていたのだが、すぐに満席かつ行列に至った。
 (写真・1)いやはや、美味かった!
なかなかの量だが、するりと胃に収納された^^
御夫婦推奨のお店、これからも巡ってみよう!
 (写真・2)…本日の散歩の歩数!
 (写真・3)…ポンジュースも三種類揃うとフォトジェニック!^^v
 (写真・4)…モンスターに襲われた柴崎町のアパート。が、その扉は硬く、モンスターの爪痕がドアに残るのみ! モンスターは夜が明けると、森に帰っていくのだった、♬星が森に帰るように~
 (写真・5)…一昨日、ユルフワSETの髪型で来店したリトミックルが、今日は黒髪ストレートで現われ、チョコの差し入れをしてくれた。前々から思っていたんだけど、チョコベビーはなんとなく「乳首」を思い出す・・・^^;

                          (2018/04/17)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[業務連絡:生ハム予約殺到]

2018-04-16 17:22:10 | 業務連絡

☆・・・生ハムサービスデー!
 やばい、既に18人前の持ち帰りが決定!
 39人前を用意していたけど、追加で生ハム カットしなくちゃだわ、ホホホ(^.^)
 と、書いている途中に、更に注文!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 幼女割引あり!

                    (2018/04/16)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[進撃の貰いもの]

2018-04-16 07:24:41 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・今日は、うちの店、〈生ハムサービスデー〉だる~ん!(写真⑥)

 皆の衆、1000円札握って来いやぁ!

 (写真①②)…直実公が株主優待で持っていた20パーセントOFF券をくれたので、彼女と吉祥寺の銀座ライオンに。
 いっぱい食った!
 さすがは老舗、丁寧に作られていて美味かった!(^∇^)
 (写真③)彼女がくれた塩豆大福!
 (写真④)タイヤメン娘から頂いたクランチチョコ!
 (写真⑤)進撃の巨人

                   (2018/04/16)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[ミドラン散歩:立川幸町(おまけ:怖い話)]

2018-04-15 12:43:55 | 新・ふと思う

☆・・・まあ、聞いてくれ!
   「怖い話」
 お客さんのいないとき、BGMを切って、静かに店でくつろいでいると、なんか、店の、換気扇のあるあたりから、ラジオみたいな音楽が微かに聞こえてきた。
 俺の携帯の着信かなと見たけど、違う。
 どうやら、店の裏、換気扇のあたりに人がいて、そこからうちの店に聞き耳を立てているヤツがいる。
 その人物の携帯の着信が鳴っていたのだ!
 怖ッ! & キモっ!^_^;

 木曜日のミドラン散歩 (ポスティングバイト)
 立川幸町、弁財天、UFO、芝桜・・・

                        (2018/04/15)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[映画『名探偵コナン ゼロの執行人』を観た]

2018-04-15 12:05:05 | 新・物語の感想

劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』福山雅治主題歌 予告映像【2018年4月13日公開】

☆・・・「コナン」の映画版は、やっぱ派手なほうが面白い。
 今回も、「映画版の犯人はなんでいつもこんなにも爆発物に詳しいのだろう」と思うほど、派手に爆発が起こる。
 身近な者への情で犯罪を行うのが定番だが、それにしても、平気で数万人が爆死できるほどの爆発物を扱う^^
 まあ、「相棒」の映画版なども、だいたい、クライマックスはイベント会場を襲う爆発物の捜査・処理に費やされる^^;
 でも、大爆発がないと、映画版のスケールの大きさはなかなか実感できないのも確か^^;
 大きな爆発の影で、割と緻密なミステリーが展開するのだが、国家公安にも「公安警察」「公安検察」「公安警視庁」があり、そのせめぎあいがあるなどと言う、子供に分かるのかよ的な情報も繰り出される^^;
 子供は、でも、もっぱらキャラクターに魅了されるのだろう。
 私も、怪盗キッド(⇦来年のメインだそうだ)や服部平次、黒の組織が絡んでくるとわくわくする。
 今回の既存の人気キャラクターのメインは安室透だった。
 この人が「ガンダム」のアムロを彷彿とさせるキャラであることは分かっていて、今回は出なかったけどシャアをイメージさせた赤井秀一ともども面白い。
 だいたい、既存のメインキャラが、今回の敵なのかと思わせといて、実は真犯人がいるというのもパターンだ。
 それでよい^^
 今回は、小五郎も少年探偵団も阿傘博士に蘭や園子もバランスよく活躍し、また、クライマックスへのサスペンスの盛り上げも、階段のように盛り上がってゆき、最後にコナンがサッカーボールで決着をつけるという王道展開で面白かったかな。

                   (2018/04/15)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[映画『パシフィック・リム: アップライジング』を観た]

2018-04-14 11:14:18 | 新・物語の感想

映画「パシフィック・リム: アップライジング」日本版予告

☆・・・本当は手放しでほめたいのだが、前作と同じく、なーんか100%ノレないで楽しんでいる自分がいる。
 その理由は分からない(前作の同時期公開の『ゴジラ(ギャレス・エドワーズ監督版)』には大熱狂した)。
 いや、「パシフィック・リム」も大好きですけどね^^
 日本のロボットアニメへのリスペクトは、前作にも増してあり、ちゅーか、『エヴァンゲリオン』そのものとも言える^^;
 挙げていたらキリがないが、コンピューターを侵食するウィルス展開や、機械と生命体の混合機体(ヱヴァ量産型かよ^^;)、アスリートのように大地を走る味方の機体・・・。
 まんまで、それが良かったっス!
 でも、作中に、お台場風に建てられていたのはガンダムでした^^;
 ハリウッド映画らしくそつなく作られていたけど、前作にあった世界観、太平洋のグルリにカイジュウに備えた「壁」を作ることや、ニュースなどでのカイジュウ速報などのギミックがもっとあって、リアル感がもっと欲しかった。
 前作の菊地凛子もそうだが、今作のヒロインの少女にも「萌え」要素がなかった。
 日本のアニメに倣うのならば「萌え」要素は不可欠だろう。
 でも、ロシアの短髪パイロットや中国の高慢な研究者は美しかった。
 あの中国人のオーナーが、最後に、ヒーコラヒーコラと機体を運転し始めたのは笑った。
 しかし、ハリウッドは、映画を見るお客さんとしての中国の膨大な人口及び資本と、クリエイター及び世界の文化潮流の担い手として敬愛すべき日本、その間で深く悩んでいるのが、昨今の作品のキャストや舞台設定でひしひしと伝わってくるよ^^;
 外国人のイメージでは、都心の横に富士山が存在しているのが面白いし、富士山の鉢の中に溶岩がドロドロしているのも素晴らしい^^;

                                    (2018/03/14)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[業務連絡]

2018-04-13 17:44:44 | 新・海の向こうでの冒険

☆・・・すいません、本日完全満席となります!
 明日と明後日は、席、空いてます(^-^)

                  (2018/04/13)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加