『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『トゥームレイダー ファースト・ミッション』を観た]

2018-03-31 09:40:34 | 新・物語の感想

映画『トゥームレイダー ファースト・ミッション』予告編

☆・・・なかなか面白かった。
 主演の娘ララ(アリシア・ヴィキャンデル)は、冒険の装束だと、いまいち華がないように思えて、見ていくうちに、その端正な顔立ちに魅かれていく。
 しかし、可愛い女の子が、かつて、ここまで肉体を酷使する作品があっただろうか?
 酷使と言うか、ボッコボコである^^;
 でも、主人公のララは、すぐに立ち上がり、戦い続ける。
 このララが、気は流行れども、ちょっと運動神経の優れているレベルの子に過ぎないので、ちょいと共感が湧くかな。
 話は、なかなか堅実に日常から冒険に至る道を描いていくのだが、途中から、日本の卑弥呼の墳墓がある島の攻略に至ると、その卑弥呼伝説を含んで、超いい加減になる。
 まあ、日本を悪意で描いているわけでもないので、許すかい^^;
 ララは、アクションの最中に、リキの入った「アー」とも「ウー」とも「オー」ともつかない、それを混ぜたような叫びを発するが、私は見ながら、セックスの時に、こんな叫びをあげる女がいたらやだなぁと思った^^;

                             (2018/03/31)

コメント

[映画『空海 -KU-KAI- 美しき王妃の謎』を観た]

2018-03-31 09:09:47 | 新・物語の感想

「空海 -KU-KAI- 美しき王妃の謎」予告

☆・・・ネットなどでは、この日本版のタイトルが、あまりにも内容とかけ離れていると話題になっていたが、私は、それを聞いていたからか、そんなに違和感を感じなかった。
 監督は、巨匠のチェン・カイコ―で、私は25年前に観た『さらば、わが愛/覇王別姫』を思い出すが、その頃の私は、映画を見ることに気負い、その作品をあまりほめていなかったと思う。
 私がなかなか凄いのは、そういった文章をいまだに保存してあることだが、それはまたの機会に^^;
 だが、最近は、映画に対して柔軟に見ているので、あんまし批判することはなく、B級C級さえも楽しく観ている。
 この大作『空海』も楽しく観ようとした。
 空海のイメージからの堅苦しさはなく、若い頃、唐を訪れた時に巻き込まれた事件を巡る冒険譚のようだった。
 観たら驚いた。
 内容が完全に、絢爛豪華なB級作品だった^^;
 どうにか、恋の悲劇を格調高く描こうとする作り手の意図はわかるが、伝奇的な面のいかがわしさが勝っていた。
 撮り方も悪い。
 キーとなる黒猫の暗躍があるのだが、その黒猫がいた形跡が分かり、空海などが視線を軒などに向けるのだが、その後のショットが、幻想の中で、ぼやけた室内を黒猫が徘徊しているものなのだが、その「視点の方向」が明後日の方向を向いているおかしさなんてのがあり、一気にシラケさせられる。
 染谷将太クンの演じる空海はなかなか奇妙で良かった。
 しかし、さすが中国、B級的な内容ではあるが、玄宗皇帝、楊貴妃、白楽天、李白、阿倍仲麻呂…、などと言う名だたる名前だけで、なんか、私などは感心させられるのだ^^;

                             (2018/03/31)

コメント

[映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』を観た]

2018-03-31 08:47:26 | 新・物語の感想

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』予告編

☆・・・スピルバーグの硬派系の作品で、さりとて、こっちラインも、スピルバーグはお手の物で、けれんなく、堅実に物語は進む。
 ベトナム戦争の政治的な負の「真実」を知った新聞社の、社の存続を揺るがしかねなくも発表に至る経緯の物語。
 ここで言っておくが、私は「真実」よりも「事実」が大事だと思っているので、この作品の流れの中では、新聞社の判断が英断のように語られているが、必ずしも100%正しかったとは思っていない。
 世の中の事例には、正しき政治的な判断も多いからだ。
 が、この作品内での「マスメディア的な正義」が、そのまま「事実」ではあるのだろうが(私には分からない。だが、うのみにはできない)、この作品を見て、日本のマスコミが、「事実」ではないことを「真実」だと、自分らの偏った正義を振りかざすように影響されるのはやめて欲しいものだ。
 話を戻すが、現在では携帯電話が一つあれば容易な情報の確保・複製・運搬が、それぞれ、なかなかの大冒険となっている60~70年代の物語、時代のギミックも興味深い^^
 惜しむらくは、登場人物が多く、トム・ハンクスさえもリアルに埋没していたほどで、たまに、こちらの登場人物への認識が追いつかず、「あっ、これは誰だっけ?」と思うことがしばしば。
 だけど、そういった複雑さが、物語の奥行きを加えることがあるのは、スタンリー・キューブリックの言ったところの「魔術」として理解している。

                                (2018/03/31)

コメント

[映画『曇天に笑う』を観た]

2018-03-31 08:17:35 | 新・物語の感想

映画『曇天に笑う』予告編【弐】

☆・・・ぺラい作品であった。
 半年ぐらい前からヘビーローテ―ションで、予告編が映画館で流されていた。
 あまりにも繰り返されるので、「これだけ、リキの入った宣伝がされているのだから、なかなかの力作なのだろう」と、
 上映時間が約90分と短く、内容で語れることもわずかであろうとは気になったが、彼女と観に行った。
 が、内容が、予告編を見るだけで充分で、それ以上の展開が存在しないとは思いもしなかった・・・。
 もう、何のひねりもない物語を見せられて、私も彼女も呆然とさせられた。
 出演者たちも、自分の演技が、完成作品の中で希薄にしか感じられない扱いになっていたとしたら、泣くに泣けまい^^;
 無理矢理にいいトコを探そうとするのだが、冒頭の疑似かもしれないロング1ショットと、自分を女性と見立てた時の福士蒼汰の魅力に尽きるかもしれない。
 基本、男ばかりの作品だが、出演者の魅力は微妙であった・・・。
 予告で『るろうに剣心』や『銀魂』と比していたが、両作品にあまりにも失礼だ・・・。
 
                           (2018/03/31)
コメント

[コースとアラカルトの注文が重なるとなかなか辛いのだ、の巻!]

2018-03-30 10:28:00 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・通常、宴会コース料理は4人からですが、今夜、コース予約が入っていまして、なおテーブルも空いています。
 どなたか、2人~3名様で「便乗コース」で来店しませんか?
 うちの店の8割がたのメニューがお買い得に堪能できます。
 これから、映画を見て、3時頃に店に入り、準備を始めたいと思うので、それまでに連絡をください。
 なお、本日の前半メインは、ミートボールね!(写真・4)
  写真・1 パッケージがかわいかったので購入。マヨネーズおかき!
  写真・2 ユニ鉛筆 五十周年!
  写真・3 MOVIXで鷲づかみして貰ったアベンジャーズのシール
 来店した子供にあげまする!

                          (2018/03/30)

コメント

[ミドラン散歩(国立:富士見台)]

2018-03-29 14:01:36 | 新・街を行く

☆・・・ミドランさん散歩 (ポスティングバイト )、国立の富士見台はマンモス団地があるので、あっさり終わりました!
 一人花見は楽しいなぁ!
 マックのセットの飲み物・コカコーラゼロにいいちこをぶち込んでグビグビ、これ、サイコー!
 日本は、この春の風景がある限り、無敵!

                  ー 場所: 東京都国立市

                       (2018/03/29)

コメント

[網元料理 あさまる]

2018-03-28 12:41:35 | ランチでGO!

☆・・・一年に一度のお楽しみ!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

         ー 場所: 網元料理 あさまる

                  (2018/03/)

コメント

[湘南大橋]

2018-03-28 11:07:13 | 新・街を行く

☆・・・「サバ、入れ食いっスよ!」と少年たちが話しかけてきたよ!

 俺たちは「逆光カップル」です^_^;

         神奈川県平塚市
ー 場所:湘南大橋

                 (2018/03/28)

コメント

[ミドラン散歩:府中と細々]

2018-03-27 13:30:45 | 新・街を行く
☆・・・(1)…ウシと桜at府中・武蔵台
 (2)…サックス奏者のお客さんのイベント 。
   最近、タイ国王の御前で演奏したそう。
   ポスターの絵は奥さま作(^-^)
 (3)…中古で買ったよ!
   水曜日のカンパネラのCD
   傑作『RE:CYBORG 009 』のDVD
 (4)…ナガタッチ母子の韓国旅行のおみやげ^_^
 (5)…昨日のミドランさん散歩の歩数!

                    ー 場所:東京都府中市

                       (2018/03/27)
コメント

[幼女だらけ]

2018-03-27 09:51:43 | 新・まあまあ楽しい話

https://www.facebook.com/100008116067113/videos/2101312216815960/?id=100008116067113 (クリック!!)

☆・・・昨夜は楽しかった!(^-^)
 く~ちゃん&リトミちゃんの〈保育園連合軍〉の貸切で、子供らの卒園にともなう謝恩会の3次会で、当初の予定数を大幅に上回り、1次会・2次会のメンツがそのまま店に来たので、瞬間風速的に40人近い人数が店内にひしめいた。
 だいたい、母親の数+(母親の数×子供の数2)=30人くらい。
 店内は世紀末のカオス状態だ!^_^;
 おら、ショーケースに食材を取るために店を横断するだけでも、子供がいっぱいで足の踏み場がなく、移動するのが大冒険!^_^;
 幼女がキッチン横に張りつき、「なにちてんの~?」と聞き続けるのは可愛い。
 階段前の狭い空間に7人の幼児らが、捨てられた子犬が段ボールに入れられているみたいにくっついているのが凄い。
 誰かの入れ知恵で、「ハグちて」と言ってきた6歳幼女がいたが、組織の罠かも知れないので両手握手でとどめた^_^;
 基本、く~ちゃんの友達は、みんな美人奥さんなので、おら、気分が高揚する。
 新顔の奥さまで、ゆるふわな外見だけど、子供用のスーファミのコントローラーを奪い、攻略を力説しながらやり始めた人が面白かった^_^;
 生ハムサービスデーのプロシュートも完売し、おら、満足!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

                           (2018/03/27)

コメント

[ミートスライサー購入! の巻]

2018-03-25 14:25:46 | 新・ふと思う

☆・・・『キミは時の涙を見る……』
 カミーユがマークⅡからZガンダムに乗り換えたように、
 ミドランさんも、遂に、ミドラン初号機から、ミドラン弐号機に、スライサーを乗り換える時が来た。

 いや、ジュドーが大気圏突入の時に、ダブルZから、使い勝手のいいZガンダムに乗り直したかのように、ミドランさんも、メンテナンス後に、たまに初号機を運転することもあろうけど、今は、初号機、お疲れさま、そして、有り難う……。
 ……全米が泣いた。
 定価は25万円!(´`:)

                            (2018/03/25)

コメント

[映画『15時17分、パリ行き』を観た]

2018-03-23 06:50:05 | 新・物語の感想

映画『15時17分、パリ行き』本予告【HD】2018年3月1日(木)公開

☆・・・公開すぐに観に行ったのだが、まあ、最近のイーストウッドの作品は、世界名作劇場なみの名作揃いで完成度が高く、どうにも、なんか少しでも起伏がある文章を書けないでいた^^;
 今回は、数年前のヨーロッパで起こった、一つ間違えば大惨事になったテロ事件を、「偶然」にも、その場所にい合わせ、防ぐことになった男たちの物語。
 ネット映評の知り合いたちの評価を見ると、私には完璧に思えた作品だが、その「瞬間」までの物語を退屈に・意味のない展開にしか思えなかった人が多くいた。
 私には理解できない見方であった。
 イーストウッドは、この、主人公たちの事件現場でのい合わせを「偶然」とは捉えていない。
 いや、オカルト的な意味ではないが、日頃の「生き方」の帰結が、事件の場での「行動」となって集約された、とは考えている。
 ゆえに、終盤までの展開は、全て、クライマックスの行動への必然だ。
 私は集中力をもって見続けた。
 少年時、主人公ら三人ははみ出し者だった。
 しかし、世のため、人のため、働きたいと願い続けていた。
 軍隊生活を含む全ての行動は、ささやかにその想いを裏打ちする。
 神を感じさせないが、運命の導きは存在するか・・・。
 ヨーロッパを旅し、若者たちは屈託なく観光を楽しむ。
 そのあけすけな純観光の姿に、見ている我々は驚きつつ、我々も観光をエンジョイする。
 そして、事件に直面する。

 面白いのが、メインの登場人物には、本人を起用している点で、彼らがなかなかの男前で演技がうまい点だ。
 ・・・さて、完成度の高い作品を連発しているイーストウッド監督だが、ちょいと、私の不安を記しておく。
 イーストウッドの若い頃の監督作は、多分に、アクションと言うか暴力要素があった。
 スタローン作品的な言われ方もしていた。
 あまり評価が高くなかった。
 が、そのテーマへの段取りの積み重ね方は、現在の作劇法と同じなのである。
 故にだ、だ。
 完成度の高い昨今のイーストウッド作品も、ひとつ、テーマへの「段取りの積み重ね方」を間違えると、とたんにバッシングの対象になり得ると、私は危惧していることを、ここに一筆したためておく。

 ちなみに、私の、一番優れていると思うイーストウッド作品は『チェンジリング』で、世の全ての映画の中でもベストテンに入れていいほどに感銘を受けた。
 二時間半の大作の『チェンジリング』に比べ、最近のイーストウッド作品はさらりとし過ぎているきらいはある。
 もうお歳で、ねちっこさがなくなっているのかも知れない。

                                (2018/03/23)

コメント

[映画『リメンバー・ミー』を観た]

2018-03-22 13:47:00 | 新・物語の感想

「リメンバー・ミー」本予告

☆・・・なかなか良かった。
 ただ、メキシコの人や、メキシコの習俗を知ってる人のほうがグッと来るんだろうなぁ。
 もはやゾウガメのような大おばあちゃんに泣かされてしまった。
 同時上映が短編『アナ雪』だったのだが、その30分番組が作れそうなボリュームに驚いた。
 で、『アナ雪』つながりなのだが、「アナ雪」の王子みたいに、この『リメンバー・ミー』でも、信じていた者が主人公を裏切る。
 中盤まで感情移入して見ていて裏切られると、ヘタすると子供のトラウマになりそうな気がするのだが^^;
 それから、私が恐れていた、『シェイプ・オブ・ウォーター』で作品賞/監督賞を取ったギレルモ・デル・トロ監督がかつて製作した、メキシコを舞台にしたCGアニメ映画『ブック・オブ・ライフ/マノロの数奇な冒険』との相似だが、メキシカンミュージックや死者の日を題材にしているのだが、全く違った話になっていた。
 さすがディズニー/ピクサーだ^^

                           (2018/03/22)

コメント

[映画『ボス・ベイビー』を観た]

2018-03-22 13:21:22 | 新・物語の感想

『ボス・ベイビー』日本語版予告編(前売り特典情報付き)

☆・・・前宣伝から、「どこぞの社長もしくはマフィアのボスみたいな人物の心が、生まれたての赤ちゃんの心に入ってしまった」的なストーリーかと思っていた。
 そう、『ベイビー・トーク』の亜流だと。
 だが見始めると、ちょいと趣きが違う。
 主人公は想像力豊かな少年で、そこに弟が生まれてしまい、両親の愛情を独り占めに出来ない寂しさからの、カイン・コンプレックスがテーマなのかなとも思った。
 が、それだけではない。
 話は、天界のシステムから連なる、にわかに人気が出てきた子犬に向いた全人類の愛情を、赤ちゃんに戻すべく奮闘する「赤ちゃんカンパニー」所属のボス・ベイビーの「赤ちゃん全般への愛情奪還戦」の物語でもあった。
 これは、ひいては、日本など、文化の多様化による少子化問題へも切り込んだ内容とも言える。
 ・・・ただ、主人公ティムの想像と言うか妄想や、中盤までの方向性の分からない展開が不安定感を煽り、なんともシュールな印象を与え続ける。
 ボス・ベイビーとティムの目的が合致してやっと、私は安心して見ることが出来た^^
 ただ、最後のほうの、悪役が、赤ちゃんへの愛情を奪う可愛い子犬たちをロケットに乗せてそれを打ち上げるシーンが戦いのクライマックスになるのだが、なんで、ロケットに乗せなくちゃならないのかが意味不明で、そんなことをしたばっかりに悪の野望は費えることになり、物語の破たんを感じるのだった。

                             (2018/03/22)

コメント

[援交じじぃ前川喜平]

2018-03-22 12:29:44 | 新・保守の一考

 (リンク)前川喜平が講演した名古屋大谷高等学校での<授業改革フェス>の実行委員の高校生「僕は、前川さんのような人が、人前に立って教育について語る資格はないと思います」(クリック!!)


☆・・・援助交際ジジィが、教育現場で能書きたれて、それを虚ろな瞳で支援する異常な運動家やマスコミがいる。
が、多少 ニュースを知っている高校生は見抜いている。

                (2018/03/22)

コメント