『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[「これだけは話しておきたい話・1」の巻]☆

2017-07-31 16:05:30 | 新・ふと思う

☆・・・牛浜駅の西口を降りてセブンイレブンに向かって左に4,5階建てのビルがある。
 そこの二階を仰ぎ見ると、二階ぶち抜きの部屋の天井が見え、シャンデリアが光っている。
 窓の中央には、当然ながらこちらからは見えないのだが、ホワイトボードみたいなものが設置されている。
 そして、くぐもっていて何を言っているか分からないのだが、マイクのやや威勢のいい声が聞こえる。
 そして、なにやらムーディーな音楽が聞こえる。

    そこでは何が行われているのか?

 1・マルチ商法の事務所(ネットで拾ったイメージ画像^^;)

   

 2・社交ダンスの教室(ネットで拾ったイメージ画像^^;)

   

 教えて! えらい人!!

                      (2017/07/31)

コメント

[ミドラン散歩・錦町]

2017-07-31 13:41:26 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・よし! ミドラン散歩終わったぞ!(^o^)
 午後一時前に終わったけど、かなりの歩数だなぁ(*_*)
 終わって嬉しそうな俺。
 コンクリート渇く前についた足形。

   

 わざとなのか?
 だったら、もっとスタイリッシュにするだろう。
 でも、こんなに凹むほどの重量の小動物、そんなにはいないと思う。
 郵便局に行ったら、特別おたよりに、我が店のある街・福生のゆるキャラ「タッケー」がフィーチャーされていたぞ。

   

 とあるマンションの玄関に変な絵が飾られていたぞ!

   

   

 最後は、順調に減っている私の体重!

   

 先ずは85キロを切り、数年ぶりの70キロ台に挑む!

                          (2017/07/31)

コメント

[町内の祭礼]

2017-07-31 00:00:45 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・明日は<生ハム サービス デー>です、よろしく!!^^

 それから、お盆に向けての大皿盛り、ご注文承ります!
 生ハム系3人前で大皿盛りが見栄え良くなりますが、今月は3人前の値段で、更に、もう一人前 乗せちゃいますぜ!!^^v

 忙しくって、土曜日に早売りゲットした少年ジャンプを未だに読めていない^^;

 さて、昨日今日は、福生の町内会の祭礼で、お神輿・お囃子が各町内に出ました!
 店のある町内でお祭り参加の方々には、うちの店も「生ハム提供」で参加しました。
 彼女とザッキーに協力願い、給仕を任せ、私はひたすらに生ハムをスライスしました。

   

   


 今年は去年よりも人数が格段に多く感じました。
 生ハム切っても切っても追加が出ました。
 大変でしたが、それだけ食べて頂き、有り難かった。
 幼女もたっくさん来た。
 在庫のツンさんグッズ(光るオモチャ)出し尽くした。
 美幼女も多かったが、ジージョちゃんの姿はなかった。
 どんな可愛い子が来ても、ジージョちゃんの代わりにはならないんだよなぁ、それが「愛」・・・。
 そう言えばオノッチも顔を出さなかったなぁ。
 遅くまで待っていたのだが、まあ、自分の地区で盛り上がったのだろうて・・・。

    今週の予定(うちの店の年中無休は前提)
 明日月曜日・・・生ハムサービスデー通常進行。ミドラン散歩あるDAY。
 火曜日・・・ミドラン散歩あるDAY。
 水曜日・・・朝、彼女を会社に送りつつ、バアバを「龍泉寺の湯」に連れていく。
 木曜日・・・ミドラン散歩(ポスティングバイト)あるDAY。
 金曜日・・・福生七夕祭りを見て歩く^^
 土曜日・・・うちの店にも何度か来てくれたアイドル(メジャー)グループも参加する、お台場の世界最大のアイドルフェスティバル『TOKYO IDOL FESTIVAL 2017』を彼女と観に行く。天気がいいと最高に楽しいんだ、これが!^^

   (「ドラクエ」モンスター紹介)
 写真・3・・・スケベ椅子

   

 写真・4・・・チンコだけ

   

 写真・5&6・・・ちなみに、去年の写真。

 

 

                            (2017/07/31)

コメント

[映画『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』を観た]

2017-07-30 18:51:52 | 新・物語の感想

☆・・・ボチボチっスかね。
 トム・クルーズのアクション映画としては良いのですが、そもそもが、往年のユニバーサルのモンスター映画のリメイクで、ミイラ映画メインと考えるとテーマの軸がブレブレでした。
 また、これ、「ダークユニバース」シリーズとして、色んなモンスター映画のリメイクをし、その統合を「アベンジャーズ」的に構想しているらしく、ラッセル・クロウがジキルとハイドをやっていたり、後々の伏線としての半魚人の手や金の石版みたいなのがさりげなく出ていた。
 面白かったのだが、どこに集中していいか分からない作品だった。

                       (2017/07/30)

コメント   トラックバック (3)

[Demode Heaven]

2017-07-30 12:25:34 | ランチでGO!

☆・・・他の店にデートで行くのは楽しいっス!^^

 

 

 

                     (2017/07/)

コメント

[7月29日]

2017-07-30 08:04:46 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・昨夜の営業は開店前から盛況で有り難うございました。
 金曜が不調だったので、それを補ってあまりある稼ぎ、感謝感激、ヒデキ感激!
 終わり際に美人どころが来て、「この後、飲み行きましょうよ」と言われ、私は嬉しかったですが、1対1ならば飲みに行くにやぶさかではなかったのですが、別にもう一人いて、その人が盛り上げる女性なので、私が行く必要もないと笑いで誤魔化した次第。
 その方にも結婚指輪について聞いたのだが、この方、予算六十万だったそうだ。
 最高額だ!(^o^;

 さて、今日は町の神社の祭礼だ!
 うちの店でも、お祭り参加の方への休憩所として生ハム(プロシュート)を大量に用意しているので、皆さん、午後2時45分頃に店前に来てね!

 写真は、ミドラン散歩が手応えなく、なんか濱田岳みたいな残念な顔の俺。

   

 「ドラクエ」は進んでいて、衛兵をやり過ごし、「ピンクの突起物」の秘密を知るデクノボーに会いに行くのだった…。

 

 

                             (2017/07/30)

コメント

[『ドラゴンクエスト11』、はじめました!^^]

2017-07-30 00:40:39 | 新・物語の感想

☆・・・ミドラン散歩(ポスティングバイト)を超高速で終え帰宅、いつもの午後の長風呂で、『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りしピンクの突起を求めて』をはじめています。

 主人公ミドランは48歳で成人の儀を執り行い、その成人式の会場で、沖縄の成人式のように暴れて、幼馴染エマの胸のピンクの突起二か所をクリック!クリック!し、顰蹙を買い、ウシの村から追い出されます。
 かくして、勇者ドロッポは、胸の二か所とは別の、女体に隠されしもう一つの突起を求めて、旅立つのでした。

                   ・・・そして、探求の旅ははじまった。

 大きな町フッサに行くと、ミドランさんは痴漢で捕まり、セイユウ城の地下の牢獄に投獄されます。
 地下の牢獄には、ツンがいて、ミドランさんを「同好の志」と認め、ともに脱獄するのでした・・・。

 写真・1・・・最初の敵はスライム

     

 写真・2・・・軽快なステップを踏む敵は惨殺!

     

 写真・3・・・ムチムチの幼なじみエマ

     

 写真・4・・・デートの想い出。白濁の霧。

     

 写真・5・・・サモア島の成人の儀。高い所から飛び降りる。

     

 写真・6・・・サッパリした後。

     

 写真・7&8・・・ドラム缶みたいなおばさん。

     

     

 写真・9・・・メス犬!

     

 写真・10・・・福生はセイユウの王との謁見。

     

 写真・11・・・もう一人の将軍。

     


 写真・12・・・ツンと逃げる。

     

 写真・13・・・ドラゴンをやり過ごす・・・。

     

                                 (2017/07/30)

コメント

[繁忙期へ]

2017-07-29 06:07:57 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・今日もミドラン散歩(ポスティングバイト)の日なので、今、朝早く起きています^^
 ここ三日間、お店の営業は前半が暇で、だいたい、女性が一人は来て、長時間 お話するパターンが続いている。
 今は、「ダダ(に似た女の)の暗躍」の話をしている。
 この話は、ニュアンスを伝えるのが難しく、でも、ゆっくり話すと、その最高潮の時点で、聞いた人はみんな、「ちびまる子ちゃん」の縦線の表情になる。

     

 縦線の表情になってくれると私は、自分の話術が完璧だったことに満足する。
 最近、国外脱出しようとしたイスラム国の兵士が女装して国境を越えようとしたら、その女装があまりにも下手なので捕まった事件があって、その女装の写真がネットに出回ったが、私、「ダダに似た女」に似ているなぁと思った^^;;;

     

 昨日もアイプリ君が来てくれたので、ゆっくりと話した^^
 ちなみに一昨日はサイゼ君^^
 ・・・しかし、金曜が暇になっちゃうのは困りものである。
 これからは、金曜日はいつもアイプリ君に来てもらおうかな。
 アイプリ君は基本、カプレーゼを出しておけば喜んでくれるので、アイプリ君がいることを宣伝すれば、男のお客さんがいっぱい来てくれるだろう。
 ・・・だけども、うちの店で男性客を集めようとするとろくなことにならないからなぁ^^;;;;

 さて、今日、「ドラゴンクエスト11」が発売だ。

     

 もち、俺、買いますよ!!^^v
 ここでも、冒険日記を書きますよ!
 でも、オラ、お店は休みがないじゃん?
 で、今日土曜日はミドラン散歩。
 日曜日は、町内のお神輿の「生ハムふるまい」。
 月曜日もミドラン散歩。
 火曜日もミドラン散歩・・・、と忙しい・・・。
 でもね、体重は確実に減っているので、みんな、期待してくれ!!

 で、日曜日の町内のお神輿の「生ハムふるまい」なのだが、私、近所のお店の人に「せいぜい、お客さんを増やすのに努力してください」とか嫌味を言われたこともあって、
 また、私は挨拶させられるときに、「日頃の皆様からのご愛顧に感謝して^^」とか言うのだが、
 基本、うちの店は、直近の町内のお客さん、ほとんど来ねぇ~・・・^^;
 一年目は、それでも、一年に一度くらい義理的に来てくれた。
 でも二年目からは「今年もお願いします」の挨拶だけで来ねぇ~^^;

     (去年)

 参加して三年目の今年も、一度たりとも来ねぇ~^^;
 だから、あたいは、もう、幼女のためだけに、生ハムをふるまうぜ!
 まあ、地元の人がほとんど来ないで営業して経営が成り立っている店ってのは、我ながら凄いと思うけどね^^v
 プロシュートと、凍らしたチュウチュウアイスでもてなすぜ!!

                                    (2017/07/29)

コメント

[映画『君の膵臓を食べたい』を観た]

2017-07-29 00:13:16 | 新・物語の感想

☆・・・非常に申し訳ないが、あまりにものご都合主義の展開に驚いた。
 有川浩の『植物図鑑』に対しても同様のことを思ったが、その童貞版か?!
 これでは、かつての携帯小説のようではないか。
 「本屋大賞」や「ダ・ヴィンチBOOK OF THE YEAR 」にも選ばれたっちゅうのが信じられなかった。
 調べると、ネット小説だった。
 映画は、わりと堅実に格調さえもたせて進んでいく。
 が、「ご都合主義」と思ってしまったあと、二重三重に「ご都合主義」が続く。
 シラケずに済んだのは、もう、ヒロインの山内桜良(浜辺美波)がこれでもかと可愛かったからだ。
 よくもまあ、こんな娘を、どこぞから連れてきたものだ(これまでも結構活躍していたみたいだが)。
 凄まじい清潔感と、屈託ない明るさ、だが、その笑みは哀しさを内包する含み笑い・・・。
 それと、物語の流れはアレだが、幾つものシーンで、いいセリフやキーワードが飛び出す(いっぱいあるので記さない)。
 この効果は大きい。
 それで、この作品は、多くの読者に支持されたのだろう。

 ・・・えっ、おれ? もちろん泣いたよ・・・^^;

                           (2017/07/29)

コメント   トラックバック (9)

[サウナの中でアラフィフ15人が「アンパンマン」を夢中で見る、の巻]☆

2017-07-28 14:28:54 | 新・物語の感想

☆・・・またも、龍泉寺の湯に行ってきたさ!
 私は、一日のうちに風呂に入ってる時間が二時間を超すというシズカちゃんなみの男なので、龍泉寺とか大好きなのだが、
 なによりも母親が高濃度炭酸泉を好んでいて、なんか次第に身体の調子が良くなり、「要介護」から「要支援」に回復してしまった^^;

     

 それはさておき、サウナに入ると、サウナ室の中のテレビでは通販番組がやっていて、それが終わると「アンパンマン」が始まった。
 後からわかるが、それは「アンパンマン」の映画版で、中編ではあるが、幼児が見るには長いので前編後編で放送される、その後編だった。
 ゲストキャラはルンダと言うオモチャの国のお姫様みたいの(声・波留)。
 子供と言っても、特に幼児しか見ないのが「アンパンマン」である。
 しかし、サウナ室には、私を含めて、40代後半くらいの男が15人ほどしかいない。
 それが、半強制的に「アンパンマン」を見せられる。
 ただ、私は、ルンダがジージョちゃんに似ているので、それなりに楽しんだ。
 パンツ見えてるし・・・^^;

     

 物語は、人に思いやりを持てずにワガママに育ってきたルンダが、アンパンマンらとの交流を通し、友情とは何かを学んでいく。
 クソオヤジ視聴者、次第にルンダの成長に夢中になっていく。
 だが、いくら、短い映画を更に前編後編に分けたと言っても、サウナの中に入りながら見るには長いのである。
 しかし、私を含めたクソオヤジども、ルンダの決断を見終えずには、もはや、出られない。
 もう、みんな、死に物狂いだ!
 アンパンマンらは、みんな、バイキンマンによっておもちゃにされる。
 もともとがオモチャのルンダと、その従者のナンダしか、バイキンマンに対抗できない。
 ルンダの心には、これまでのアンパンマンたちとの思い出がよぎる。
     「私が、勇気をもたなくちゃ!」
 いよいよクライマックスだ!
 だが、俺、限界・・・。
 うおーっ、もう我慢できない。
 私はサウナ室を出て、水風呂に入った。

 しばらくしたら、アンパンマンが終わったのだろう、クソオヤジどもが出てきた。
 みんな、俺よりも通常時のチンコが大きい。
 でも、おそらく、膨張時は、私のほうが大きいだろう・・・。
                ・・・fin.

                             (2017/07/28)

コメント

[ミドラン散歩(変わった苗字・サーバルちゃん・トメィトゥ)]

2017-07-27 16:09:49 | 新・街を行く

☆・・・朝、出がけにトマトを見たら、赤みが増していました。
 母親は、マシマシ状態まで収穫しないそうです^^;
 ミドラン散歩、一時半に終えましたが、なかなかの歩数です。

   

 私はハイボールをグビグビ! in グッさんロングTシャツ^^;;;

   

 変わった苗字シリーズ!!

   

 ファミマで「けものフレンズ」のサーバルちゃんのストラップをゲット!

   

 サーバルちゃんはジージョちゃんにそっくりの性格で大好き^^
 最近、ジージョちゃんに会えてないのが寂しい・・・。

                        (2017/07/27)

コメント

[予期せぬ盛況^^(ネコ発見!)]

2017-07-27 00:55:16 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・有難う御座います。
 暇な日であるはずの水曜日が、満席2回転の大盛況です^^v
 先ずはミッピルンが顔を出してくれて、ああ、サンキュ―、暇な日の「お客さんゼロ」の恐怖が払しょくされた^^
 続いて、カーディーラー女史が来て、一対一だったので「ダダの暗躍」ネタをゆっくりと話したら、すごくよく理解してくれた^^
 そして、御新規夫婦やタイヤメンたちが来た。
 もう、いつもは暇の水曜日、これで充分と思いきや・・・。
 やはり、リトミ君が来ると盛り上がりますな^^
 まあ、この方の場合は、お一人様でも盛り上がるのだが、今日はリトミ軍団セレブが来てくれた^^v
 なにやら、旦那さんの所属する会の集まりがあったそうで、浴衣を着ていた。
 それにあわせてか、いつもと違いナチュラルメイクでよろしかった。
 でも、私とタイヤメンさんは「リトミちゃんは若いのだから、もうちょい派手な浴衣(赤とか黄色混じり)のほうが似合うのに」と言い合った^^

 おかげで忙しかったので、そのまま帰宅し、明日も早いのでアルコールを飲まずに寝る。
 つまり休肝日が達成された!
 セブンイレブンの特保の炭酸水を飲んで寝る。

 なんで、カールは製造中止で、サッポロポテトバーべQ味は健在なのだろうか?

   

 カールより売れているとは思えない。
 原材料のポテトとコーンの違いか?

 私はQP人形が好きで、いーっぱい集めている。
 可愛くてたまらん。
 ノーマルなのが好きで、御当地QPはそれほど好きじゃない。
 が、頂きもので御当地QPをいっぱい持っている。
 なので、自分の持っている物と照らし合わせてみようと、御当地QP本を買いましたよ!^^

   

 ミドラン散歩のとき、羽衣町公園のベンチに座って休んだ。
 垣根の中に目を凝らした。

   

 猫がいた!

   

                                 (2017/07/27)

コメント

[ドラマ『過保護のカホコ』について]

2017-07-26 11:27:17 | 新・物語の感想

☆・・・店にお客さんがいないときに、録りだめしていたテレビドラマを見てるのだけど、高畑充希主演の『過保護のカホコ』がマジでゾッとするほどヤバい。
 内容は、過保護に育ったカホコが、いざ大学の卒業時期になり、就職活動を始めるのだが、そもそも、自立できる家庭での教育を受けて来なかったので、社会に出ることはおろか、その前段階の就職活動にさえも躓く。
 そこで挫折を感じ、何かを学ぶのならばいいが、その不都合さえも、親や親族が「いいのよ、あなたは^^」と無責任に包み込んでしまう。
 いつも手の込んだお弁当を持たされ、その行動を心配される。
 家に帰れば、一挙手一投足に至れり尽くせりの誘導が成され、カホコには選択の権利がなく、その選択の権利がないことにカホコも疑問を持たない。
 それが幸せと信じている。
 居間では、自分の幼少期のビデオなどを見て家族団らん。
 一族では誕生日会などが頻繁に開かれ、親族からもてはやされるカホコ。
 だが、社会に生きている限りにおいては、どうしても外界との些細な衝突がある。
 そんな時、カホコは思考停止の無表情になる…、と思いきや、よく見ると微妙に口元を歪ませている。
 高畑充希は、私の好みの女優じゃないが演技は抜群(歌唱力も素晴らしい)で、素晴らしく滑稽にカホコを演じている。
 主人公のカホコだが、物語が進んでいくと、その過保護の元凶の母親もまた、もう一人の主人公だと分かる。
 出てくる親族みな、カホコを過保護に見守っているのだが、この母親こそが最もカホコの情操を歪めていた。
 黒木瞳が演じている。

 ・・・甘やかしていた息子がレイプで捕まった女優の高畑淳子が、ドラマ『屋根裏の恋人』で、息子に甘い母親役を演じていた。
 で、同じく、学校などでいじめっ子として問題になっている娘を甘やかせて育てていると言われれている黒木瞳が、ドラマ『過保護のカホコ』では、それを倍した役柄を演じている。
 テレビドラマの製作陣もブラックユーモアが過ぎる。

 ・・・だが、人間には「本能」がある。
 カホコは、ささやかな外界との交流を通し、普通の人の何十分の一ながらも、自分の生活への危機感を感じ始めている。
 だが、その危機感への対応策を学んできていない・持っていない。
 もう、それが、不憫すぎる。
 それでも、感情表現が少ないながらも、カホコはドタバタと滑稽に動き始める。
 その一心不乱の様子・・・。
 一種、障碍者のようだ・・・(障害者への差別発言ではないよ)。
 コメディを越えてブラックコメディになっている・・・。

 私が、心底 ウヘッ! と身につまされるのが、周囲にはこんな人物がやたらと多いことに気づくからだ。
 いや、うちの店の女性客は、ほとんど例外なく自立している。
 しかし、男性に、たまにこんな人が見受けられる。
 他者との適正な距離が測れない人・・・。
 しかも、カホコのように温和な性格ではないことが多い。
 虚勢を張ったり、口先だけであったり、自己中であったり、実体が伴っていなかったり、周囲の優しさで生かされているに過ぎなかったり、そもそも仕事を持っていなかったり・・・。

 カホコ、頑張って這い上がっていってくれ!!

 

                                (2017/07/26)

コメント (1)

[健康診断]

2017-07-25 05:36:41 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・朝から暑いスな!
 いま、いつもの長い朝風呂に入っていたんだけど、急に便意をもよおし、昨日 健康診断を受け検便を言われていたので、慌てて身体を拭いて、トイレに駆け込んで、検便し、また、風呂に入りなおし、今に至る^^;

 昨日の「生ハムサービスデー」の営業は盛況で有難う御座いました。
 持ち帰りが多数、更にメメさん軍団が来てくれて、タカタカさんも来てくれて、私「おお、今日は女性day! 10組連続や!」と思っていたら、最後にキタサンブラックが顔を出して、女性dayが崩れた。
 女性客ばかりが続くのも、けして、まともな営業とは言い難いので、女性day崩壊で良し!

 さて、昨日の健康診断なのだが、検尿・身体測定・問診・採血で終わってしまった。
 せめて、バリウム飲んでのX線はないのだろうか?
 明日、検便二日目をもって、聞いてみよう。
 昨日、ミッピィに聞いたら、「普通は、X線かエコーは必須だと思うけれど」と言ってたので、
 私、明日、「X線検査はないのですか? フェイスブックで『それはおかしい』と言われたのですが・・・」と言い、
 向こうが、「やばい手抜きしたのがネットでバレる…」と、「こちらの手違いでした! すいません!」と慌てて答えたら、「それで済むと思ってるのか!」と言い、ピンク色の白衣のナースのスカートをたくし上げ、「ズボッ!」として、「ウム!」となり、「アハーン!」としたら、私は鉄格子の中・・・。

 以下の写真は、我が家の玄関先。

  

 


 なかなか色とりどりです^^v

                      (2017/07/25)

コメント

[映画『魔法少女リリカルなのは Reflection』を観た]

2017-07-25 00:31:21 | 新・物語の感想

☆・・・どんな映画でもとりあえず見る男として有名な私です。
 いや、今回の「魔法少女リリカルなのは」は映画版三作目なのだが、私、一作目は見ていたのである。
 その感想としては、「絵は古臭いが面白かった。特に、敵役のクールな美少女フェイトが実の母に精神的物理的な虐待を受ける様にちょい興奮。なのははいい子なので可愛い^^」であった。
 それが2010年のことで、その時点で古臭い絵柄なのに、2017年にも大して変わらない絵柄で新作が出来た。
 私は特に、その目の角ばった描き方が受けつけない・・・^^;

 だが、時間が合ったので観た。
 そもそも一作目から、「魔法少女」なのに、魔法少女同士でミリタリー的に戦い続ける。
 味方の数も多いが、敵もどんどん増えてくる。
 同じ絵柄なので、新しい魔法少女が登場しても、新鮮さがなく、あんましチンピクしない^^;
 冗談みたいに延々と戦い続け、私は途中でウツラウツラして、「もう、早く決着をつけてくれぃ!」などと思っていたら、
 なのはが「私はみんなを守る!」とか見栄を切ったら、なんと、エンドクレジットが流れ始めた・・・。
 まさかの続編へ!
 ・・・ここまでつきあったから、俺、続編も見ることになるんだろうなぁ。
 でも、続編も戦い続けるんだろうなぁ・・・^^;

 ただし、主人公ら魔法少女が小学校5年生と言う設定は素晴らしく興奮!

                            (2017/07/24)

コメント   トラックバック (1)