Menkarm World

メンカームの趣味の部屋へようこそ!

統一教会対策で一番のチョンボは?

2022年07月29日 01時43分00秒 | タイから日本を想う
最近マスコミを賑わせているのが統一教会と政治家の関係。

霊感商法対策弁護士連絡会の弁護士さんが「政治家が統一教会やその関連団体の集まりに出席したり祝電を打つことで、統一教会が社会的に承認されているという“お墨付き”を与えることになる」と指摘されているそうだが、統一教会は宗教法人法で認められた宗教法人であり、既に社会的に承認されていると思う私。
私が調べた範囲では、統一教会は厳しくコンプラ対策をしたそうで、2010年を最後に刑事事件で摘発されてないらしく、どれだけテレビや雑誌で悪いと騒いでも、逆に名誉毀損で訴えられる事はあっても、教団へ罰を与える事は出来ない。
統一教会の関係者が次々と逮捕されていた時に、何故宗教法人格を取り上げなかったのか?
逮捕者が出ていた当時ならいくらでも法律に基づいた対策が出来ただろうと思って迷探偵メンカームが調べてみた。

統一教会が起こした刑事事件が新世事件(しんせいじけん)。
新世事件とは2009年に発覚した宗教法人世界基督教統一神霊協会による霊感商法事件で、2009年6月11日に東京都渋谷区で印鑑販売を営む有限会社新世の社長・幹部・販売員5人の計7人が、特定商取引法違反(威迫・困惑)の疑いで警視庁公安部に逮捕された。
2009年11月10日に東京地方裁判所で開かれた判決公判で、有罪判決が言い渡され、秋葉康弘裁判長は、被告らと統一協会の関係を認定、手口は「巧妙で悪質」、統一協会の「信仰と混然一体となっているマニュアル」をもとに「統一協会の信者を増やすことをも目的」としたもので、「相当高度な組織性が認められる継続的犯行」「犯情は極めて悪い」と述べた。
被告側弁護士は「控訴しない」と述べ、判決は確定。
全国霊感商法対策弁護士連絡会の紀藤正樹弁護士は、「文部科学省は宗教法人法にもとづく調査、業務停止命令、解散命令申し立ての権限を行使すべきだ」と主張した。
以上ウイキペディアより抜粋し、語尾等を一部書き換え。

有罪が確定し、被告と統一教会との関係を裁判で認定。
全国霊感商法対策弁護士連絡会の紀藤正樹弁護士から「文部科学省は宗教法人法にもとづく調査、業務停止命令、解散命令申し立ての権限を行使すべきだ」と背中を押されたのに、統一教会へ対して解散命令等の対処をしなかったのは誰なんだと検索してみれば…

当時は民主党の鳩山政権。www

第二次安倍内閣で統一教会の名称変更が認められていると元民主党の皆さんが騒いでいるが…

またまた

いらすとやさんのフリーイラスト。

ブーメラン炸裂!

ここまで証拠は揃っているのに、どうして統一教会を解散させなかったのか?
鳩山由紀夫元首相は、統一教会のイベントへの出席や祝電を送った事実があるそうだが、不正な関係は無かったのか?
当時の関係者から話を聴いて検証すべきだ。

信者が自分の財産を自分の意思で献金するのを、『洗脳による被害』としても、信教の自由や私的財産権もあり、法で規制するのは本当に難しい。
法の網を掛ける数少ないチャンスを逃したのは腹立たしい。

コメント (2)    この記事についてブログを書く
« 「俺の名前は印籠代わり」息... | トップ | 黒い疑惑って何だよ? »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
全くおっしゃる通りですね。 (ハシビロコウ)
2022-07-29 10:32:12
当時の文科省事務次官も未だに反社会的・反日的言動をして居ますが。

民主党やその他のリベラリスト≒左派系は、民主主義だの一回も実現して居ない論理に振り回されて、現実的対応が出来ない。個人は堪えられないけれど~国家は堪えねばならない事は、毎日発生しているのに、それを説得もしないで、真正不作為で多くの犠牲者を出しても、責任を免れようとしている。

潜水艦が被弾したら、そこを閉鎖してそこの乗組員を犠牲にして、潜水艦を救って≒多数を救う。
子宮頸がんワクチンも再開している風。

ジャングルに毒蛇が多数出没するのは、自然だけれども、住宅街に出たら、排除しなければならないのに、微温的な処置で済ましている。
全く困ったものです。
Unknown (menkarm)
2022-07-29 11:39:05
ハシビロコウさん
統一教会が悪事を働いたのは周知の事実ですが、だからといって裁判も刑事罰も済ませている十年以上前の事件を示して現在の教団を批難し、関わった人を追求する。
日本は法治国家とばかり思ってましたが、隣の半島と同じ情治国家なのでしょうか?
日本が法治国家ならば、人や団体を避難するなら法に基づいて罪を問うべきであり、それだからこそ有効で継続的な対策となる。
統一教会が悪いと言うならば法で裁かなければなりませんし、悪事が法の網へ掛からないなら法へ手を加えなければならない。それが国会議員の仕事だと思いますが、現状は「カルト」や「洗脳」という明確な定義の無い言葉を使って「お前の母さん出臍」的に騒いでいるのが居る。
言われた方は呆れているのですが、マスゴミの論調も同じなので、あれな人達は気付かないらしい。
どうすれば悪質な宗教法人を取り締まれるかずっと考えてましたが、脱会の援助をされていた人の話でも、信教の自由や私的財産権があって、本人の意思で献金するのは止められない。
それでも過去には紙面を賑わし逮捕者も出ていたのに、なぜ今でも宗教法人で居られるのか調べていて新世事件へたどり着きました。
弁護士は今でも被害が出ていると仰っいますが、自らの意思による高額な献金を被害と言うならば、国家によるお墨付きである宗教法人格を取り上げなかったのが最大の原因です。
政府による過失を追求するなら、ここが最大のポイントと言えるでしょう。
見てみぬ振りをするなら政治倫理へ反してます。
この情報が拡散されるのを願ってます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

タイから日本を想う」カテゴリの最新記事