ウィンザー通信

アメリカ東海岸の小さな町で、米国人鍼灸師の夫&空ちゃん海ちゃんと暮らすピアノ弾き&教師の、日々の思いをつづります。

「樹木は、若いと同時に老いており、死んでいると同時に生きている」 ファーブル植物記より

2019年06月14日 | ひとりごと
今から半世紀以上も前、『ファーブル昆虫記』を夢中で読んだ覚えがあるのですが、彼が植物記も書いたことをすっかり忘れていました。
最近読んだ小説の中に、この『ファーブル植物記』の一節が書かれていて、ああ、なぜか読みにくくて途中でやめてしまったことを思い出しました。
 
わたしの旧姓は『森山』といって、もう木だらけです。
だからからか、小さい頃から木が大好きでした。
大木や老木を見つけては、抱きついて、耳をくっつけながら話しかけたりしていました。
この家に引っ越してきてから、先日の9日でちょうど10年経ちました。
この家で暮らしたいと思ったきっかけの一つが、すぐ隣に立っている楓の老木なのでした。
おむかえさんの家の前には、それはそれは可憐な桜の木があって、家を見学に来たわたしたちに、満開の花を楽しませてくれたのでした。
家の中に一歩入ると、長い間全く使われていなかった一階の床は、油混じりの埃でベトベトしていたし、台所は床どころか棚の中までベトベトと汚れていましたが、
大きな楓の木と可憐な桜の木と一緒に暮らせるなら、こんな汚れなんてなんのその!と思えたのでした。
 
そんなわたしに「カエデの爺さん」と名付けられた楓の木は、彼が生きている空き地をわたしたちが買い取るまでの8年間、伐採の危機が毎日続きました。
所有者であった不動産業者は、1日でも早くその土地を売ってしまいたかったからです。
この地域の固定資産税はとても高額なので、そんなものをいつまでも払っていると損をしてしまいます。
だから楓の爺さんの、大人の男性でも3人がかりで囲まないといけないほどの太い幹に、けばけばしいピンク色のビニールテープが巻かれていました。
伐採予定、という意味のそのテープを、わたしは毎日睨みつけながら、土地が絶対に売れませんように!と祈り続けていました。
何度も何度も買い手がついては破談を繰り返し、わたしはそのたびにホッと胸をなで下ろしました。
そんなわたしに協力したいと申し出てくれた近所の人たちと一緒に、町役場まで陳情に行ったり、役人さんを招いてミーティングを開いたり、
結局、地続きでその庭を共有しているお隣さん夫婦と共同で、その土地を買おうと決めるまでの間は、本当に気が気でない毎日が続きました。

でももう大丈夫。これからも末長く一緒に生きようね。
そう思ったのもつかの間、カエデの爺さんの体の一部が崩れ落ちてき始めたのです。
木のお医者さまに診てもらい、年寄りだけどまだ大丈夫と言ってもらっても、日に日に大きな穴が空いてくる様子を見ていると心配でなりません。

そんなわたしの心に、『ファーブル植物記』から引用されたこの一節の一言一言が、温かで明るい光を灯してくれました。

『年月を経て中心部を破壊されても、新しい世代によって年ごとに若返りながら、樹木は死ぬことなく数世紀を生き続ける。世代をつぎつぎと重ねるという、矛盾をはらんだ性格を持つ樹木は、若いと同時に老いており、死んでいると同時に生きているのだ』
『このように、木の活動力は表面から中央に向かって減少していく。表面は若さ、力、労働であり、中央は老い、衰退、無為である』

若いと同時に老いており、死んでいると同時に生きている。
本当にその通りだと思います。



家の畑の野菜たちは、今年の雨の多さに振り回されながらも、なんとか根腐れせずに育ってきてくれました。




前庭の垣根をよじ登り始めたゴーヤさん。

今年は違う色の花を咲かせてくれた紫陽花とセビリア。来年はどうかな?



さて、ざざ降りとカラカラ晴れを交互に繰り返すお天気ですが、1週間ほど前から右のアゴが口を開けるたびにカクンカクンとぎこちなくなり、
うん?どうしたのかなと思っていたら、今度は首の付け根の右側が痛んで首が回らなくなり、それに続いて右側の腰が急に痛んできて、歩くのもおぼつかなくなってしまいました。
急きょ、お抱え鍼灸師(こんな時に、配偶者が鍼灸師てあることがとてもありがたい!)にお願いして、二日続きで治療してもらいました。
新しい診療所での初体験。
今度の場所では二部屋、どちらも広くて使い勝手が良さそうです。


母の『一期一会』の銅版も一緒に引っ越してきたようです。

夫の漢方の先生が処方してくれた、夫とわたし、それぞれの漢方です。

処方された漢方の薬草や木の枝を、とことん細かく砕いて粉にしたものを、

熱湯に溶かしていただきます。

はっきり言って美味しくないし(あたりまえ?)苦いので、わたしはいつもレーズンを数粒口の中で噛みながら、えいえいっと飲んでいます。

夫の2年間の漢方学生生活も、あと残り4分の1になりました。
近い将来、夫が処方してくれた漢方をいただくことになると思います。
2回の治療で、あれほど痛かった顎と首の付け根と腰が、今はほとんど痛まなくなりました。
細くて小さい鍼だけで、どうしてこんなふうな治癒が叶うのか、本当に不思議です。

人間も樹木も、見えないものに生かされているのですね。
コメント

選挙に不利だから受け取らない、もうなくなった?!いえいえ、報告書はここ↓にありますよ!!保存してくださいね!!

2019年06月12日 | 日本とわたし
受け取らないだのなくなっただの、自分たちの都合が悪くなると平然とデタラメを言う、このインチキ政権!
報告書はもうなくなってなんかいません。
ここ↓にありますよ。
今のうちにみなさん各自で残しておいてくださいね。

金融審議会 「市場ワーキング・グループ」報告書 の公表について
コメント

2000万円貯めるよりも、自民党・公明党を落とす方がずっと簡単です!

2019年06月11日 | 日本とわたし

 

 

 

 

 



 

 

2000万円って、年間の“飲み代“だったんですね、この人にとっては。
しかもこの人、その飲み代を、政治資金から払わせてるんですね。
『会合費用』と称して使った費用の総額が、
2015年=2007万6292円
2016年=1947万2575円
2017年=2019万6547円

政治資金規正法っていうのがあるんですけど、これ、関係者との飲食費を「組織活動費」として処理していいっていう、政治家にはウホウホな規制法みたいです。
こんな放蕩が許されている人間に、庶民の実情なんか分かるはずがないし、理解しようという気持ちも無いようです。

あ〜1日も早く、自民党&公明党を落とさないと!!
コメント

年金制度の限界を認めたお偉いさんに一言【せやろがいおじさん】

2019年06月11日 | 日本とわたし
よう言うてくれはりました、せやろがいおじさん!
全国津々浦々で、せやろがいおじさんやせやろがいおばさんがワラワラと現れて、
これはもうほんまのこと伝えなヤバいなって、マスコミを焦らせなあかん時やと思います。

年金制度の限界を認めたお偉いさんに一言【せやろがいおじさん】

いきなりやけど、政府のお偉いさんが、
もう年金の給付水準維持すんの難しいから、
自分らでも蓄え作り〜って言い始めた。
せ〜ので思ったこと一緒に叫んでみよか。

せ〜の!

年金払う意味あるけ〜?って話やろ!

その蓄えとして年金払ってるんですけど!

誰やったか、年金額が減るなんて有り得ません、言うてたけど、
あり得たやん!
100年安心の年金制度って豪語しといて、急に、人生百年時代の蓄えを〜!って、
自助努力呼びかけられてもビックリするわ!

さらに、年金給付する年齢も引き上げるかも〜的な話あるけど、
怖い、怖い、怖〜い
すごい、こんな長文、一言一句一緒やったな。

ほんで、蓄え作りや〜って簡単に言うけど、それが出来やへんから不安やねん!
日本のサラリーマンの平均賃金は、ここ20年で下がり続けてるのに、
定年した後30年生きるなら、2〜3000万円ぐらいの蓄え必要やで☆って言われても、
無茶振りすぎるやろ!

アレ?
なんか税金上げるで〜とか言うてなかった?!
あはっ、
蓄え作りや、税金上げるけどっていうのは、太らなあかんで、飯減らすけど、って言うてるようなもんや!
自然の摂理に反する。

確かに平均寿命が伸びて、少子化、非正規雇用が拡大するなか、年金制度は厳しくなってくると思う。
でもこれ以上、国民に負担を強いるのは、勘弁してつかぁさい!

アメリカから高価な戦闘機を、6兆円かけて100機以上爆買いしまくるより、
出産一時金とか出産手当金をガンと増やしたり、保育士不足による待機児童問題を解決するために、保育士の待遇改善したり、少子化対策に思い切った金額つぎ込んだ方が、まだ明るい未来見えると思う!

もちろん国を守るのは、めちゃめちゃ大事や。
でも、もう内側から壊れかかっとんねん!
めちゃくちゃ高価な最強の鎧でガッチガチに身を固めた風邪ひいた人、みたいになってんねん!
そのカネあんねやったら、先に病院行って、治療しぃってなりません!?

あとやっぱ、大企業に有利な税制敷いといて、国民はしんどい思いしてるの、
ちゃうやろ!
非正規雇用が増えたんも、企業様の為に、派遣法を改正したからちゃうんか!?
強いところのご機嫌ばっかりとった結果、強いところはより豊かに、弱いところはより貧しくなり、
表向きでは、日本は世界第3位の経済大国でありながら、裏では貧困率、先進国ワーストや!
この表と裏の貧富の差!
なんやこの、びんぼっちゃま国家。
おかげさまで、企業さんの内部留保ものスゴいあるみたいやし、
国民に蓄え!言うなら、企業に払え!も同時に言うて!

え?
自己責任?
確かに俺みたいな芸人とかやってフラフラしてる奴は、自己責任!て言われても仕方ないかもしれん。
けど、毎日朝から晩まで頑張って働いてる人達まで、老後の不安抱えながら生活するのは、
おかしいんとちゃうか〜!
コメント

さらさら風に吹かれながら

2019年06月10日 | ひとりごと
昨日今日と、空気がサラサラして心地よい日が続きました。
今年の春(とは言い難い奇妙な天気が多かったのですが)から今までに降った雨の量がとても多くて、だから大量の蚊が発生しているのですが、それに目をつむると本当に気持ちの良い週末でした。

洗い物をしている最中に、正面の窓の上の方で何か特別なことが起こっている気配がして見上げると…、

うわ〜!
思わずタオルで手を拭いて、携帯電話を手に外に飛び出しました。




さて、毎週日曜日の3時から6時ごろまで、サラと一緒に『OKINAWA』の合わせ練習をしているのですが、今日は近所に住むピアノの先生で友人のさわみさんにお願いして、演奏を聞いてもらいました。

わたしたちの音量のバランス、表現、解釈の仕方などを、丁寧に聞いてくれた彼女に、
ピアノパートの、普通なら絶対にペダルを踏むだろう速いアルペジオの部分を、ペダル無しの素の音で弾いてみたいんだけどどうだろう?と相談してみました。
すると、「すごく有り得ないけど新鮮でおもしろいと思う」と言ってくれて、じゃあそれでいってみようと決心しました。
ちょっとドキドキします。

「あなたの想いがこもっている。そしてそれがよく伝わってくる。様々な情景が浮かんでくる」
そう言ってくれました。

プログラムの曲の紹介の欄に、本当はもっと詳しく沖縄のことを説明したかったし、政治的な観点からの話もしたかったのですが、その部分はカットされてしまいました。
ならば曲で語るしかない、そう思って、それからまた音符を書き直したり書き足したりしました。
いろんなことがあって、とても長い時間がかかってしまったけれど、そしてプロの作曲家の作品とは比べ物にならないかもしれないけれど、
今はとにかく、残された1日1日を大切にして、丁寧に練習を重ねていこうと思います。


夕方、畑作業に来てくれた歩美さんが、立派に育った(葉っぱが特に)カブを収穫してくれました。

夫の大きな手の何倍あるでしょう?

ほどよく虫さんにも食べられています。


早速さっとお湯で茹でて、ナムルを作りました。
コメント

放射能汚染土と日本の子ども

2019年06月08日 | 日本とわたし
これは先月の22日に、青島さんとおっしゃる方がツイートされたものです。
まず読んでください。

 

横浜市の鶴見区にある保育園の敷地内に、放射能汚染土を埋設している?
そしてその保育園に通っている二人の園児が、白血病を患っている?
300箇所もの保育園、そして4箇所の学校に、汚染度が埋設されていて、それらは移管せずに最終処分扱いになっているそうです。
横浜市は早々と「安全である」と見解を出しています。


事故以前は、放射性廃棄物の基準値は100ベクレルでした。
この数値を超える廃棄物は、ドラム缶に入れて保管しなければいけませんでした。
でも、事故が起こった後、いろんな場所が廃棄物だらけになってしまったので、都合の良いように基準値を引き上げました。
それも、100の2倍とかじゃなくて、80倍の8000ベクレル。
それ以下だったら、例えば7500ベクレルでも、『一般ゴミ』扱いをしていいってことにしたのです。

先日、福島県で、子どもたちの甲状腺癌の発症は、原子力発電所事故とは関連しないと発表されましたね。
本当に酷い話です。
国民を守ろう、大切にしよう、だなんて絶対に考えていない。
だから自衛が大事なんだって言うけれど、自衛にも限界があります。
そういう時にこその国が、政府が、知恵を絞って対処しなければならないのに、やっていることは真反対のことばかりです。
怒らないとつけ上がる一方です。
子どもがちゃんと守られていない国は、日に日に崩れていって、いつか大変なことになってしまうと思うのですが。
コメント

『OKINAWA』

2019年06月07日 | 音楽とわたし
一ヶ月前に、辻井伸行さんの演奏を聴きに、カーネギーホールに行きました。
チケットを2枚、いつもの如く手を伸ばすと天井に届きそうな席でしたが、カーネギーホールの音響は、高額な席を買えないわたしたちの耳にも、素晴らしい音を聞かせてくれるのでありがたいです。

ドタキャンした夫の代わりに、ドタinviteした紀子さんを助手席に乗せて、いざいざ出発。
カーネギーホールのすぐ隣にある駐車場が、なんと時間制限無しで20ドルだったのでそこに車を停め、二人でウキウキしながら会場に向かいました。

ああ、やっぱり高いわ〜。

でも真正面!


この日のプログラムは、一部がサティの3曲、ドビッシーの映像から3曲、ラヴェルのソナチネ、二部がショパンのスケルツォ1番から4番。

一部と二部の間に、ものすごい集中力で仕事を進める調律師さん。

今さらながら、やっぱり同じ(もちろんレベルは月とスッポンなのだけど)ピアノ弾きとしては、全く見えないのになあってつい思ってしまいます。
特にドビュッシーの映像は、まるでホール全体に薄いベールがかかり、そこに様々なイメージが映し出されていくような、それはそれは不思議な空間に身を置きながら聞きました。
自分が学生の時、イメージがわいてもそれを音で表現できなくて、悶々としながら練習していたことを思い出しました。
もう一回チャレンジしてみようかなあ…。

プログラム曲を全曲弾き終えた辻井さんに、満席の会場からは、惜しみない拍手と賞賛の声が送られます。
ニューヨーカーは意思表示がとてもはっきりしているし遠慮がありません。
この夜、辻井さんは、付き添いの男性と一緒になんどもカーテンコールに応え、アンコール曲をたくさん弾いてくれました。


でも、拍手は一向に鳴り止みません。
そこで辻井さんはとうとう、ピアノのフタをパタンと閉めて、もう弾きませんよと伝えてくれたのでした。

この頃はまだ、作曲を仕上げることができなくて、パートナーのサラとも合わせることができなくて、だからとても焦っていました。
けれども辻井さんが、彼自身を丸ごと音楽に溶け込ませている姿を見て、そしてその彼の指が奏でる音を聞いて、大丈夫、きっとできると思ったのでした。

友人が紹介してくれた25歳の若いヴァイオリニストに、本番までに2回ほど、『OKINAWA』をレッスンしてもらえることになりました。
彼はイスラエル人で、マンハッタンにある音楽学校を卒業したばかり。
去年一緒に演奏したエリオットが、みるみる上手になったのが、この新しい先生との出会いだったと聞いて、今からとても楽しみです。
ただ、曲が曲なので、先生も困るかもしれません。
明後日の合わせ練習で録音したものと楽譜を、1回目のレッスンを受ける前に送っておこうと思います。

舞台までの1ヶ月で、どこまで練り上げることができるか。
一日一日を大切にして、そして体調が崩れないように注意して、自信を育てていきたいと思います。
そして、一緒に演奏してくれるサラに、レッスンをしてくれる先生に、このチャンスを与えてくれたACMAに、作曲や練習に時間を費やすわたしを見守ってくれる夫に、
心からの感謝の気持ちを持ちながら、頑張りたいと思います。
コメント

年金返せデモを全国規模で

2019年06月07日 | 日本とわたし
安倍政権による成長戦略の実行計画案。
『70歳までの定年延長』
『兼業・副業の拡大』

今年わたしは62歳になりました。
いわゆる年金を受けることができる歳です。
年金といってもわずかな額だし、家のローンを払い終えるまでにはまだ20年以上もの年月がかかるので、もちろんもう働けないという時まで仕事を続けようと思っています。
そのためには、食べものや睡眠時間に気を配り、健康でいられるようにしなければなりません。

でもやはり、年金をいただける歳になったんだなあと、しみじみありがたく思うのです。
これまでよく頑張りましたねと、実際に言われたわけでは無いけれど、ちょっと照れくさく、ちょっと嬉しい気持ちになるのです。

もちろん、もう少し待って66歳から受け取ると、ひと月の支給額が2倍近くになります。
でも、66歳まで待つのはしんどいな、なんてあれこれ迷っているところに、

日本は70歳まで年金がもらえなくなるかもよ、というニュースが目に入ってきました。

うわあ…そりゃないわ。
労働者はクタクタになるまで働きながら、長年かけて年金を納めてるんです。
なのに、株価を釣り上げるために(アベノミクスを体裁良く見せるために)、事もあろうに年金資金を使い、思いっきりスってしまったんです、政府は。
自分たちの不手際(国民から集めた年金を株に運用して思いっきり失敗した)で支払えなくなったのに、このひょっとこさんは、なんて偉そうなんでしょう。

「俺が生まれたころの平均寿命はいくつだか知ってるか?47歳だよ、だいたい終わってるよな」
「それが戦後は53歳になって、こないだまで81歳とか言ってたのが、100だって言うんだろ」
「そうすると、人生設計を考えるときに、100歳まで生きる前提で退職金って計算して見たことあるか?」
「いきなり100って言われて、あと20年間ゴルフを続けられるのって、そんな体力ねえなとか、金が無いなとか、だから今のうちからきちんと考えないと」


 




年金返せ!😡 





コメント

予算委員会を開こうとしない安倍政権

2019年06月06日 | 日本とわたし
前回の参議院選挙があった2016年も、予算委員会を開こうとしませんでしたね、自民党は。
野党に見せ場を与えるのが嫌だから?
国会で議論すると選挙に不利になるから?

首相を追及する機会を野党に与えないためには、ひたすら予算委員会の開会を阻止することが一番いい。

東京新聞がまとめてくれた図表と照らし合わせながら記事を読むと、この安倍政権が国民のことなど後回しにしているかがよくわかります。
彼らはもう政治活動ではなく、保身活動に専念しているようです。

コメント

長い間待っていてくださったみなさん、ありがとうございます!

2019年06月05日 | 日本とわたし
本当に本当に久しぶりに、パソコンの前に座っています。
もう6月に入ってしまいました。
いつまで経っても暖かくならなかった今年の春でしたが、桜のポンちゃんは今年もきれいな花を咲かせてくれました。








楓の爺さんのところに遊びに来る鳥が一日ごとに増えてきて、



前庭の桃子ちゃんもこの春、ずいぶんと大きくなってくれました。




『OKINAWA』という名前の曲を、なんとかして完成させなければと、去年からずっと足掻いていたのですが、ほんの2週間前にようやく書き終えることができて、ホッと一安心。
全部で12ページ、8分半の曲です。
音符を細かく書き過ぎたので、パートナーのサラがブツブツ文句を言いながら弾いてくれてます。


なんて呑気なことを言っている場合ではありません。
舞台の本番は来月の13日。
公開リハーサルは今月末の29日に行われます。
結局、作曲を仕上げるのに1年近くかかってしまいました。
でき上がってからは大焦りで弾く練習をしているのですが、時々ふと、この曲は一体どうやって仕上げられたんだろう…なんて、変なことを考えることがあります。
うとうとしている時に不意に思いついたメロディや、遊び弾きしている時にコレいいかもって思った和音などを、忘れないうちにと大急ぎで五線譜に走り書きしたメモ楽譜。
それらをもとに創ったこと、そしてそれをやったのはわたし自身であることには違いないのですが、何とも不思議な気持ちになります。
今やっと、演奏するという立場になって、曲を外側から観察したり感じたりする作業をし始めたからかもしれません。
前曲の『FUKUSHIMA』の時も一緒に演奏してくれたパートナーのサラは、四国の田舎の小学校で数年教えていたこともある、小学校の先生です。
彼女のヴァイオリンの音色は本当に表情豊かで、一つ音勝負ではいつも完敗。
今回も、よせばいいのにそういう場面を創ってしまい、合わせの練習をするたびに内緒でハァ〜っとため息をついています。

元旦の朝、グラリときた大型の目眩と激しい咳は、3月末までダラダラと続きました。
食べられるものは梅干しお粥と韓国の餅菓子。
炭水化物の権化になってしまったからか、4月には体重がぐんぐん増え続け、今も一向に減る気配がありません。
目眩は、寝不足をせず、無理をせず、そしてパソコンの画面を長い時間見なければ、とりあえず治ってくれるのですが、ちょっとバタバタするとすぐ、頭の中で脳みそがユラユラしてしまいます。
4月の誕生日辺りから、心身ともにしっかりしてきたような気がするけれど、意地を張ると体調が崩れるので、まだまだ油断はできません。

夫が先日、ふとこんなことを呟いていました。
「まうみはきっと、波乱万丈だったティーンの時に叶えられなかったいろんなことを、今叶えようとしているんだな」
「けど、だからって、今の自分に全部叶えさせようっていうのはどうかな?」

そんなこと言われてもなあ…と思いつつも、彼が言おうとしている意味はわかります。
今日からまた、きっとペースは落ちると思いますが、もし時間と気持ちと体力に余裕がある時に、ぼちぼちと書いていこうと思います。

新規投稿の画面を開くのが怖くて、ずっと長い間お休みさせてもらっていたのに、毎日ここを覗きに来てくださっていたみなさんに、心からの感謝を込めて、

体調を崩してからは落ち込むことが多くなったわたしが、気分直しに見る家猫空(くう)のびっくり顔を、みなさんに紹介します。

ちなみに、空が乗っかっている膝の持ち主は、うちに遊びに来ていた夫の親友ジャンで、ワハハと笑っているのが夫です。
コメント (2)