ウィンザー通信

アメリカ東海岸の小さな町で、米国人鍼灸師の夫&空ちゃん海ちゃんと暮らすピアノ弾き&教師の、日々の思いをつづります。

いろんなことをよろこぶ

2018年06月13日 | ひとりごと
歩美ちゃんから蕗の大束をいただいた。
でっかい葉っぱがみるみる萎んできて、ああどうしようと思いつつ、下ごしらえをする時間が無いまま1日過ぎてしまった。
昨日、たまたま、一人しかいない生徒が休んだので、よぉ〜しやるぞ!と覚悟を決めて(いつもながら大げさ)、作業に取り掛かった。

まずは水洗い。


5分ぐらい茹でて皮むき。


夫が大豆アレルギーで醤油がダメなので、醤油を思いっきり少なくした味付けだったけど、なぜか今までで一番美味しくできたかも…。



今週の土曜日に迫ってきたオーディション。
60を過ぎてから、オーディションだのコンクールだのコンサートだの、演奏する機会がわんさか増えた。
ありがたいことだ。
健康に暮らしていてこその演奏なので、これからも食事と運動と睡眠によくよく注意していかねばと思う。

月曜日に、バイオリニストのサラが来てくれた。
初合わせ練習だったのだけど、サラは前回(前の曲の時も一緒に演奏してくれた)同様、まずは作曲者の気持ちや感じ方を聞きながら音作りをしたいと言って、一区切りずついろんな質問をしてきた。
聞かれる本人のわたしは、これまた前回同様ちゃんと答えられない。
「なぜだかフイフイっと浮かんできた」「ヘラヘラ弾いてるうちにいいなって思って書いた」などと、答えにならないことを言って、サラを困らせている。
でもまあ、とにかく演奏としてまとめなければならないので、表現やテンポをお互いに納得がいくものにして、オーディション当日の午後早くに、もう一度合わせる約束をした。
オーディション参加曲は全部で42曲。
多分その中でも、サラとわたしは、一番練習時間が少ない演奏になるだろう…サラ、ごめん!
今回は、バリトンとサックスとギターのトリオ、オーボエとクラリネットとバスーンのトリオなど、これまでに無いアンサンブルの参加がある。
3時間に渡って行われるオーディション。
後悔しないように頑張って練習しよう。


茄子さんが今年は順調。


獅子唐さんも花が咲いた。


ブラックベリーさんは枝が減った分実が増えた?!


こちらは自生で勝手に生えてきてくれたラズベリーさん。
去年は一つも実がならなかったのに、今年はいっぱい。




水菜さんのコーナーのはずが、これまた自生の(多分)瓜さんがニョキニョキ。


こちらも自生の、多分ズッキーニさん。


ああ今年はとうとう死んじゃったかと思っていたら、ワラの下から芽を出してきた無花果さん。


桃子ちゃんをぐるりと囲むようにして生えてきた茗荷さんたち。


後ろの庭は今、ほのかに甘〜い香りがする。


ハニーサックルの花ざかり。


ムクゲさんのつぼみもようやく出てきた。


今年は雨がほんとに多くて、だからもう熱帯地域並みの緑だらけ。




さてと、練習練習!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見よ、これがアメリカでの、見るも無残な安倍首相の姿!池田さん、この男を退治して!

2018年06月08日 | 日本とわたし
今朝のニューヨークタイムズの一面です。


飛んで火に入る夏の虫。
こちらの言うことを聞け、さもないと…。

ということで、




軍用機、航空機、農産物など、数十億ドル(数千億円)に及ぶ製品の購入を押し付けられたわけです。
わざわざ専用機でノコノコ出かけて行って。

それも、自らが招いた戦後最大の疑獄の解明を、のらりくらりとはぐらかすことも難しくなって、いよいよ立場が悪くなってきたこの時に。

これほど度量が無く、無責任な人間が、一国の首相などという立場に居てはいけません。
いえ、居させてはなりません。

その足場を崩す大きな一歩を、新潟が踏み出す!

何度でも言います。
この新潟選挙での与党の負けは、安倍政権に大きな打撃を与えます。
どんなことでもいいです。
「選挙に行こう」とSNSで声かけしたり、池田候補の話題をツイッターやフェイスブックやインスタグラムで流したり、
ああ、これだったら自分にもできるかもということを、この日曜日に向けてやってください。
お願いします!





kagayaku-niigata.com/kihu.php
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

選挙とデモで、資格も能力もない政治屋たちを引きずり下ろす!安倍政権に鉄拳を!

2018年06月06日 | 日本とわたし
この気持ち、ほんとによくわかる。


ほんでもってこの人の気持ちも。


きっこさんの言う通りだし。


野党の議員さんたちは、本当に踏ん張り続けてくれています。




納税者のみなさん、みなさんが被害者であることをまず知って欲しいのです。
そして、その被害に遭っているみなさんをガン無視して、すっとぼけてるのがこの男。


加計学園問題
被害者は「納税者」だ!「ウソの説明」で獣医学部補助金93億円 ならば安倍首相よ、理事長を“告発”せよ!

【サンデー毎日】2018年6月5日
https://mainichi.jp/sunday/articles/20180604/org/00m/010/001000d

獣医学部新設が「加計ありき」ではないと言い張るならば、名前を勝手に使われた安倍首相は、加計理事長の“罪”を告発するのが筋ではないか。
そして加計氏は、公の場で説明を尽くすべきだろう。


******* ******* ******* *******

愛媛県知事の中村氏は、「総理はわかっているはずです」とインタビューで語っています。


愛媛県知事・中村時広が独白90分「総理はわかっているはずです」
【週刊現代】2018年6月5日
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/55908

******* ******* ******* *******

こういう報道が、新聞やテレビでしっかり成されるようになればなあ…。

この政権(そして与党議員のほとんど)を抱き込んでいる日本会議が、こんなトンデモないものを作っています。


そして自民党は、腐敗と劣化の果てに、さらに国民から吸い上げようと…。


さらに、信じ難いことに、こんなことを決めたと。
除染土、農地造成に再利用
環境省方針、食用作物除く

【共同通信】2018年6月1日
https://this.kiji.is/375224835955557473?c=

環境省は1日、東京電力福島第1原発事故に伴う除染で生じた土を、園芸作物などを植える農地の造成にも、再利用する方針を決めた。
除染土の再利用に関する基本方針に、新たな用途先として追加した。
食用作物の農地は想定していない。

工事中の作業員や、周辺住民の被ばく線量が、年間1ミリシーベルト以下になるよう、除染土1キログラムに含まれる放射性セシウム濃度を制限。
くぼ地をならす作業に、1年間継続して関わる場合は、除染土1キログラム当たり5千ベクレル以下、1年のうち半年なら8千ベクレル以下とした。
除染土は、最終的に、厚さ50センチ以上の別の土で覆い、そこに花などを植える。


******* ******* ******* *******

だからやっぱり、今こそ選挙やデモに大勢の人が参加することが、大きな意味を持つと思います。

安倍政権の進退に大きな影響を与えると言われている、新潟県知事選挙。











そして『100万人ろうそくデモ』を氷点下の中で毎日行い、腐敗政治を一掃した韓国の人たち。





間違ったことをしたら叱る。
叱るだけで済まないような大きな間違いを犯したなら、それは罰せなければなりません。
安倍内閣に、選挙とデモで、大きな鉄拳を食らわせましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「間違いなく首相も国会議員も辞める」この愚かな捨て台詞が招いた国会破壊。安倍内閣も与党も退場!

2018年06月06日 | 日本とわたし
あのね、もうね、ほんとにね、どうしてこんな安倍政権が失墜せずに、今もなおのうのうと総理だの副総理だのの役職に就いているのか、どうしても理解できないのです。











書き起こしました。
読めば読むほど、官邸への忖度が強く感じられ、国会での答弁をいかに軽々しく考えているかがわかる、非常に腹立たしい記録です。

航空局長と理財局長との意見交換概要
日時:2017年9月7日 9:15~9:55

◯ 理財局:太田理財局長・中村総務課長
◉ 航空局:蝦名航空局長・金井総務課長



(検査院対応)

◯ 「総額」を報告書から落とすことと、「瑕疵担保免責」の考え方を認めさせて、リスクを遮断するために、
見える範囲で、最大限合理的な範囲で見積もった、と主張できるようにしておくことが重要。

◉ 「瑕疵担保免責」に就いては、あまり念頭になかった。
考え方はわかるので、少し考えさせて欲しい。
ただ、国の契約のルールもあるので、国として、相手がうるさいので広めに見積もった、とも言いづらいかもしれない。

◉ 「総額」を消すことが重要だが、それが難しい場合には、失点を最小限にすることも考えなくてはならない。
少なくとも「トン数」は消せないのではないか。
「金額」よりも「トン数」の方がマシ。
仮に「総額」が残る場合には、むしろ試算額をたくさん記述させ、いろいろなやり方がある、としておいた方がいい。

◯ 局長レベルの対応をした後、官邸や与党などに対して、どのような対応をしていくか。

◉ 検査院に対しては、官邸だからといって通用しない。
説明していくタイミングも考える必要がある。
両局長が官邸をまわっている姿を、マスコミに見られるのはよくない。
まずは寺岡を通じて、官房長官への対応するのが基本。
与党へも、いずれは何らかの対応が必要だろう。
相手は検査院なので、このような報告が出てしまうのは仕方がない、との認識を持たせていくことが必要。

◯ 今後も、深さや混入率、間接工事費などについても、引き続き主張すべきことは主張していく。
有益費については、価値増価額が工事実費であることを、認めさせる必要がある。
次長級折衝をもう一度行った後、第三局長との局長折衝も行っていきたい。

◉ できる限り両局で協力して対応して行きたい。
世間的にはやはり、8.2億円がどうなるかが、最大の関心事。

◯ 検査院からリークされた場合にも、ワンボイスで対応する必要がある。

◉ 了解。
いずれにせよ、主張すべきはしつつも、いつ目鼻をつけるかを考えないといけない。


(国会対応)

◯ 事務的に合意したラインの「ワンボイス」を基本に、さらに突っ込まれた際の答弁を、すり合わせていきたい。
変な相手に対してリスクを遮断するために、「瑕疵担保免責」の考え方で、見える範囲で、最大限の見積もりをした、と言えるかがポイント。

◉ 籠池夫妻が相当な人たちだとのイメージが進む中で、このような答弁をすることについて、気持ちは同感だが、
今までの答弁との関係で、開き直った答弁だと思われないかなど、官邸との関係も含めて、メリデメをもうちょっと考えさせてほしい。

◯ テープや資料などが、これからも出てこないか心配している。

◉ もうある程度は出尽くしているのではないかと思っている。

◯ 協議記録が公になってきている中で、「捜査中なのでコメントできない」だけでもつのか。

◉ 「捜査中なのでコメントできない」だけではもたないし、マイナスのイメージを拡大させてしまうと思う。
佐川局長が価格交渉をしたのかどうかが追及のポイントだが、民進党PTはこれまで通りの対応をするが、
国会ではなんらかの答弁が必要なので、官邸との関係では容易ではないと思うが、来週にも調整したいと思っている。

◯ 今後、決済文書などについて、どこまで提出していくべきか。

◉ ないものは出せないが、これまでもある程度出してきており、個人的には、出せるものはできるだけ出した方がいいと思う。
出てしまうと、案外追及されなくなるという面もある。
ただし、政権との関係で、デメリットも考えながら対応する必要はある。

◯ その他、「依頼文書」や「軟弱地盤」に関する調整も、今後必要だと認識している。
また、買い戻し権行使後の土地の処分の扱いについても、対外的な言いぶりの調整が必要だと思っている。

◉ 買い戻しの答え方については、「民事再生中なので」というラインだと思うが、原理原則論を言いつつも、上物も含めて、実際に誰が買うのかにもよるので、
徐々に言い方をトーンダウンさせながら、ワンボイスで対応する必要がある。


******* ******* ******* *******



加計問題(その1) 
陳謝案、首相耳貸さず 「森友に関与なら辞める」答弁前

【毎日新聞】2018年6月6日
https://mainichi.jp/articles/20180606/ddm/001/040/183000c

昨年2月中旬、杉田和博官房副長官、今井尚哉首相秘書官らが、首相官邸の一室に集まった。
当時、民進党衆院議員だった福島伸享氏が、17日の衆院予算委員会で、学校法人「森友学園」の問題を取り上げることが分かり、安倍晋三首相の答弁をすり合わせるためだった。

森友学園への、大阪府豊中市の国有地の売却額を、財務省近畿財務局が公表しないのはおかしいとして、木村真市議が大阪地裁に提訴したのは2月8日。
大幅に値引きされた可能性が浮上し、この土地に学園が建設を予定した小学校の名誉校長に、首相の妻昭恵氏が就任していることも報じられた。

このころ、国会では、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣された、陸上自衛隊部隊の日報問題と、「共謀罪」法案を巡って、与野党が激しく対立していた。
さらに、2月15日の衆院財務金融委で、森友問題が初めて論戦になり、政府側には、早めに対処方針を決める必要があった。

「首相が、『自分も妻も問題には関わっていないが、こんな話になって申し訳ない』と言えば済むのではないでしょうか」

出席者からの提案に異論は出ず、今井氏が首相に伝えることになった。

ところが、首相は、「私も妻もまったく関与していない」と、「陳謝案」に耳を貸さなかった。

衆院予算委当日、「『安倍晋三記念小学校の寄付者銘板にお名前を刻印する』という名目で、金を集めている」と追及した福島氏に、首相は「初めて知った」と反論。

「私や妻が関係していたということになれば、間違いなく首相も国会議員も辞めるということは、はっきりと申し上げておきたい」と言い切った。

昨年3月16日、学園の籠池泰典理事長(当時)は、現地調査に訪れた参院予算委の野党議員らに、
「昭恵氏を通じ、100万円の寄付を受けた」と証言した。
菅義偉官房長官が、「仮に寄付があっても問題はありません」と探りを入れると、
首相は、「昭恵はうそをつけない。そんなことするわけないと言われたよ」と意に介さなかった

一貫して強気の姿勢を崩さない首相。
しかし、昨年2月17日の首相答弁は、財務省が決裁文書を改ざんし、交渉記録を廃棄するきっかけになった。
首相が全面否定したにもかかわらず、安倍政権は今も、森友問題に苦しむ。
首相経験者は、「最初に低姿勢で説明していれば、ここまで問題にはならなかった」と語る。


******* ******* ******* *******

さらにこんなことも。


石井国交相 財務省職員が勝手に文書差し替え「大変遺憾」
【NHK NEWS WEB】2018年6月6日
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180605/k10011465281000.html

森友学園をめぐる決裁文書の改ざん問題で、
財務省の職員が、国土交通省を訪れ、保管していた改ざんされる前の文書を、断りなく改ざんしたあとの文書に差し替えていたことが、
4日に公表された財務省の報告書で、明らかになりました。

石井国土交通大臣は、5日朝の閣議のあとの記者会見で、「大変遺憾だ」と述べて不快感を示しました。
財務省の報告書によりますと、文書の差し替えは、会計検査院が森友学園への国有地の売却を検査することが決まったあと、
去年4月下旬に、財務省理財局の職員が、国土交通省に出向いて行われていました


国土交通省によりますと、財務省の職員は断りなく、勝手に文書を差し替えたということです。

ただ、財務省によって差し替えられたのは写しだったため、国土交通省には、改ざんされる前の原本は残り、検査院には原本が提出されました。

この文書の差し替えについて、石井国土交通大臣は、5日朝の閣議のあとの記者会見で、
「私どもが保管していた決裁文書を、改めよう、改ざんしようとしたことは、大変遺憾であると」と述べ、不快感を示しました。

一方、財務省に抗議するべきではないかと問われ、石井大臣は、「すでに社会的制裁を受けているのではないか」と述べるにとどめました。


******* ******* ******* *******

えぇ〜!?
こんな悪行さえも、ただの遺憾で済ましてしまうんですか??
完全にイカれてますよ、この内閣は。


もうどの角度から見ても、あの勢いに任せて吐いた「辞任する」発言が、全ての発端になったことは明らかなのです。
ここまで様々なところからの証言や文書、そして音源などが出されているのですから、
あなたが悪い、あなたが責任を取りなさいと、引導を渡せるはずです。




なのに…どうしてこうも、物事が正しい方向に動いていかないのでしょうか?
こんな不条理なことを毎日のように見せつけられていると、心が折れそうになるけれど、ここで負けるわけにはいきません。
踏ん張らねば、ちびっ子たちだけでなく、老若男女全ての未来が、薄暗いままになってしまいます。







この踏ん反り返っている老害男は、口を開けば非常識で無責任なことしか言わず、なのになぜかこの椅子に居座っています。

野党批判「首相夫妻への忖度、職員に質問せず」森友問題
【朝日新聞】2018年6月5日
https://www.asahi.com/articles/ASL655FPXL65UTFK00V.html

やっと重い腰を上げて調査を検証することになったかと思えば、詳細に問いただしもせず、認められなかったの一点張り。
こんな人に何を任せられるのでしょう?

安倍政治は日本を大きく傷つけました。
この傷がさらに深くならないよう、世論を大きくし、マスコミを巻き込み、政治家を巻き込んで、加害を続ける奴らを政界から追い出しましょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オーディション10日前

2018年06月06日 | ひとりごと
夫はたまに、美しくて美味しいものをいきなり作る。


この夜、とうとうのとうとう、自分が弾く音を書き終えた。
作曲していると、なぜか汗っかきになるので、この『なんでやねん!』扇子は必需品。


思い浮かんだ音、フラフラ弾いていて見つけた音を、あちこちに書きなぐっているものだから、作業はもう苦し紛れのパズル遊び状態。
恐々書き終えた楽譜を弾いてみると、やっぱり…エェ〜!誰やねん、こんな弾きにくいのん作ったん?と、パニックに陥るといういつものパターン…。
ラヴェルやショパンも、自分の書いた楽譜に向かって、誰やねん?!って思ったんやろか…などと、全くレベルが違う世界の人たちと自分を一緒くたにする図々しさ…。


心身ともに疲れた時は甘いもんが良い。
けれども、小麦粉と白砂糖を断っているので、”正しい”甘いもんを手に入れるのが難しい。
乾燥したナツメヤシの実とクルミ、それからココアパウダーで作る”なんちゃってブラウニー”もさすがに飽きてきた。

そこで、コリアンマーケットで見つけた干し柿。これ、うまいっす。


昨日、畑仕事に来た歩美ちゃんが、畑から摘み取ってきた若い水菜。


ちょっと前まで知らずにいたのだけど、うちのちっちゃい方の畑のフェンスを軽々と飛び越えて、何も植わっていないよく肥えた土を、トイレに使ってたり、捕食した残骸を埋めてたりした悪ガキがいる。
その名は『空(くう)』。

なので、この水菜を引っこ抜くと、小動物(多分リス)の毛が絡み付いていたりする。
薄暗がりの中で水菜のタネを蒔いた歩美ちゃんは、そんなこととは知らず、あとで知って「ヒィ〜!」と叫んでいた。
さすがにその部分の水菜は、生でいただく気がしない。
野生と自然の其処此処で、命が失われたり生まれたりする。

生徒のおかあさんが届けてくれたシャクヤクの花。ほのかに甘い香りがする。



オーディションは今月の16日。
あと10日しかない。
今週末に一回、それから来週の週日に一回、せめて2回の合わせ練習をしてから本番に臨みたいところ。
初見演奏が得意で、前の曲も一緒に演奏してくれたサラだからこそのワガママし放題。
かんにんやでぇ〜!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

池田ちかこさんを知事にして、ウソまみれの安倍政治と恐ろしい原発に引導を渡そう!

2018年06月03日 | 日本とわたし
新潟県の知事選挙の投票日が近づいてきました。
公文書改ざんをはじめ、ウソまみれの国会にした自民党と公明党が推している候補が、善戦できるわけがないと思っていたら、
なんと、わずかにリードしてる??などというニュースを読んで、なんでやねん!!と頭が沸騰中です。




新潟の県知事選挙候補の池田ちかこさんを、この選挙で勝たせることができれば、このウソつきたちに引導を渡すことができるかもしれません。



さて、池田ちかこさんは、どのようなことを訴えているのでしょうか?

引用:池田ちかこさんで「原発ゼロ」の新潟をより
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-06-03/2018060302_02_1.html

「新潟のことは新潟が決める」――これを合言葉にたたかっている池田ちかこさんは、
柏崎市職員として、市議会議員として、県議会議員として、37年間、草の根の声に耳を傾け、心を寄せて頑張ってきた素晴らしい候補者です。



池田ちかこさんは、前県政の方針を引き継いで、「福島原発事故の検証結果が出るまでは再稼働は認めない」と、きっぱり公約しています。

この選挙の最大の争点は、(東京電力)柏崎刈羽原発の再稼働の問題です。

「原発ゼロの新潟」「地産地消の再生エネルギーの新潟」をつくろう――こう主張している池田ちかこさん。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(プログ主の独り言)
一方で、選挙用に、米山前知事の「3つの検証継続」を表明した花角候補ですが、
大体、柏崎刈羽原発の「再稼働を促進」すると言っている自民党新潟県連に推してもらっている人が、当選後にできる、いや、するわけがありません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「エネルギー基本計画」というのはどんなものか。
2030年度の電源の、何と20~22%を、原発でまかなうというものです。
いま、原発の比率は2%ですから、10倍にするというのです
県内の世論調査を見ましても、67.6%の方が再稼働に反対しています。

池田候補を知事におしあげてこそ、県民のみなさんの命と安全、暮らしが守られ、新潟の明るい未来が開かれるのです。

全国が注目する選挙です。
新潟は、市民と野党の共闘で、素晴らしい歴史を刻んでいる。
新潟のたたかいは大きな成果をあげた。

池田ちかこさんを勝たせていただいて、安倍首相に引導を渡そうじゃないですか。
ウソのない、正直な政治を取り戻そうではありませんか。


引用おわり:

******* ******* ******* *******

ちょっと気になる記事を見つけました。

安倍政権丸抱えの中央官僚候補、花角さんのプロフィールの隠匿についてです。

【新潟県知事選】自公候補が隠す元大阪航空局長の過去 「森友」でイメージダウン恐れ?
【田中龍作ジャーナル】2018年6月2日
http://tanakaryusaku.jp/2018/06/00018233


これはツイッターで見つけた、新潟県在住の方の疑問です。


この方は、この疑問を自分で解き明かそうと、かなりの勢いで調べられたようです。
そして…、
見つけたのがこの記事。

「なぜ大阪音大ではなかったのか?」は政府により説明されている
【barelo's blog】2017年4月29日
http://barelo.hatenablog.com/entry/2017/04/29/065343

森友学園問題
加計学園と森友学園を巡って、政府が答えるべきたった二つの質問 - 読む国会
【読む国会】2017年4月27日
http://www.yomu-kokkai.com/entry/moritomo-kake

この方が調べてくださった結論を言えば、

大阪音大が土地の購入を断念したのは2012年の7月で、その時、大阪音大を蹴った大阪府航空局局長は、花角氏だったのです。
花角氏はその後、同じ年の9月に、官房審議官 海事局の港湾局担当になり、翌年の4月には新潟県の副知事、そして2年後の9月に海上保安庁次長を務めています。




平成24年3月、花角氏がまだ大阪府航空局局長を務めていた時、
『大阪航空局から、近畿財務局に対しましての、学校法人に対する時価売り払いを内容とする、処分依頼を受理してございます』


ということで、この件については、今まさに(これを言うとあのウソつき男の声が思い出されて気分が悪い…)きちんと説明するべきことだと思います。





「新潟県には女性の知事は必要ない」と、花角候補の応援弁士が言いました。



その横で、あの泉田元知事が、にこやかに笑っていました。
残念で残念でなりません。







でんわ勝手連池田さん応援のページを紹介します。

青文字をクリックして、どんどん参戦してください!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴーヤとザクロと年金と

2018年05月30日 | ひとりごと
去年育てたゴーヤから採った種が、元気いっぱいに芽を出してきた。


この季節になるとザクロがお店に並ぶ。
面倒だけど、こうやっておくと食べやすいと好評なので。ちょっと殺人現場みたいな恐ろしい状態になるけど…。


こちらのブラックベリーの実もいっぱいなりそう。




お隣のモモ子ちゃんも、また少し背が伸びた。


ついでにちょいときれいな花も。


まだ天気がおかしいから、心身ともに落ち着かない。
だからというわけではないけれど、作曲の作業も停滞している。
頭の中で音符がクルクル回っているのだけど、それをすくって捕まえようとしてもスルスルと逃げられる。
もう6月になってしまうのに、ピアノのパートの楽譜が10%ぐらいしか書けていない。

うわ〜!

年金のお知らせが来た。
62歳(来年ダァ〜!)からもらえるのだけど、もし66歳と6ヶ月まで待てば、62歳でもらう月額より300ドルほど多い金額が振り込まれる。
う〜ん…これは思案六法だなあ…。

暇もないくせに、ちょっと計算してみると、もしも80歳まで生きたとしたら、62歳でもらい始めてしまうとすごく損をする(約2万2千ドル)っぽい。
だからもし90歳まで生きたとしたら、その差額の300ドル×120月だから、さらに3万6千ドル損をする。
でももし、事故や病気で、70歳ぐらいであっさり死んじゃったら…あ〜年金もらっときゃよかったな〜などと思うかも。

実に悩ましい夜なのだった。

でも、日本って、年金は何歳からだっけか?
確か65歳からだったと思うけど、去年だったかに、日本老年学会と日本老年医学会ってところが、高齢者の定義を「75歳以上」に引き上げるべきだって国への提言してた。
それって、今の65歳から一気に10歳も繰り上げることだよね。
そんなことしたら、年金や社会保障や雇用制度に影響が出る(多分困らされる方)。
でも、今の政権なら平気でやるだろうな。
ほんとに1日も早く退場させないと。

ああ、さらに悩ましくなっちゃった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安倍政権に、そして安倍政権を支援する自民党と公明党と維新に、とどめの一撃を!さあさあ早く!

2018年05月28日 | 日本とわたし
国会答弁というのは、公文書に基づいて行われるべきなのに、国会答弁に合わせて公文書が改ざんされていたのだから、もうこれでアウト。
なのにどうして終わらないのか…。

何かというと「通告が無かったから答えられない」「仮定の質問には答えられない」と逃げ、答えざるを得なくなったら、あからさまなウソをつく。
聞かれてもいないことを長々と説明し、論点をはぐらかし、自分でも何を言っているのかわからないような意味不明の話をする。

この男は、極右団体『日本会議』が総出で支援し、その思想にどっぷりハマっている自民党議員によって選ばれた首相です。

自分の議員生命を賭けるような真剣さも根性も無いくせに、その場その場の気分で言いたい放題。
国会をみるみるうちに劣化させた張本人が、ちょっと気に触ることを言われたからと、声を張り上げて宣言した言葉のせいで、議会政治が無残な姿に変わり果ててしまいました。

「私や妻が関係していたということになれば、首相も国会議員も辞める」

これがすべての元凶です。

そして今、証拠物件が次々と出され、どうにも誤魔化しきれないとなるや否や、

「私があの時言った関わりというのは、お金のやりとりがあって頼まれて行政に働きかけた」という意味での関わりだと言い出しました。

こんなアホらしい、どう考えたって真っ黒なのに、報道が今ひとつ手緩いですね。
ウソはウソ、ウソつきはウソつき、思いっきり怪しいんだから、限りなく黒に近いと言えばいい。

野党は懲罰動議を発動せよ
元参議院議員・平野貞夫氏:
今の総理や周辺は、嘘をついて国会を混乱させている。
憲法58条に基づく、嘘で院内の秩序を乱した『懲罰動議』に値する。
衆院40、参院20議員で提出できる。
野党は、安倍を退陣させると腹をくくるべきだ。

布施祐仁氏:
最低限のルールも守れないのであれば、証人喚問だけではなく、国会での故意の虚偽答弁には罰則を設けるべき
これでは議会制民主主義は機能しない。

佐川前理財局長の国会虚偽答弁は43回


もう次から次へとウソや誤魔化しが出てくるので、どれもこれも信じられなくなりました。

『高度プロフェッショナル』って名称で誤魔化す与党と、しっかり誤魔化されちゃってる少なくない人たち。
『働き方改革』って名称もそう。
『働かせ方』ってのが見え見えなのに、思いっきり誤魔化されてる。

選挙で選ばれた野党の数が少な過ぎるから、どんなふうに頑張ってもいずれは強行採決に持ってかれて、くそったれの法案がどんどん通されていくのを、もう何回見せつけられてきたか…。

ウソつき野郎の安倍首相が、意味不明の話をくどくどと言い続けるのを、いつまで聞かされなければならないのか…。

もうほんとにうんざりです。
山本議員が短い質疑時間の中で、安倍首相本人に向かって言い放った「総理、膿はあなた自身なんですよ」を、国民が数の力を合わせて、大声で、安倍首相の耳にしっかり届くよう、叫ばねばなりません。

******* ******* ******* ******* *******

6月の中旬まで、ブログにかけられる時間が圧倒的に足りないので、すみません、ツイッターで見っけた賛同ツイートを、順不同で、ダダッとここに載せさせてもらいます。

まずは『働き方改革関連法案』
































































つぎに『加計学園疑惑問題』












































さらに『森友学園疑惑問題』














昨日も国会の中継を、真夜中に観ていました。
安倍首相の答弁がひど過ぎて、このままだと眠れずに夜が明けてしまうと思い、途中でやめましたが、この内閣はもう終わってると心底思います。
内閣だけでなく、それを支持している与党もまた終わっています。
ガラリと入れ替えなければ、国会はますます劣化してしまうと思います。

罰則や規則の制定と実施を、心の底から願います。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画とジャズと友だちと

2018年05月26日 | ひとりごと
金曜日の夜、前に住んでいた隣町の映画祭で上映されている、平柳敦子監督の作品『Oh Lucy』を観に行った。
主演は寺島しのぶさん。
そして共演した主な役者さんたちは、役所広司さん、南果歩さん、忽那汐里さん、そして英会話教室講師役のジョシュ・ハートネットさん。

会場はこんな感じ。







しのぶさんが演じるのは、満たされない日々を過ごす、43歳の独身OL・節子さん。
英会話教室のアメリカ人講師のジョンと出会い、単なる授業中の挨拶のハグに胸をときめかせ、クラスで使う金髪のカツラと与えられたルーシーという名前に、別の自分を投入し、恋にのめり込んでいく節子さん。

うーん…なんか生々しくて…。

日本の田舎暮らしを経験したいからと、うちにやって来た25歳の青年に、会ってまだ1週間しか経っていないのに、多分あなたはわたしのソウルメイトだと思う、などというトンデモな内容の、しかも辞書の例文を適当に組み合わせた破茶滅茶な手紙を手渡した33歳だったわたし…。

ルーシーほど性急ではなかったものの、何度後ずさりされても、頑なに断られても、絶対に諦めようとしなかったわたしは、その当時の夫にとってどれほど厄介な存在だったのだろう…。
しかも節子さんのように独身ではなくて、義父母と同居している、二人の幼児がいる、だから当然既婚者だった中年の女だったのだから、厄介を通り越して恐ろしかったかもしれない。

全てはわたしのひらめき(他人からすると自分勝手な思い込み)から始まったのだったと、映画を観ながら思い出していた。

まだ観ていない方はぜひ。
いい映画です。


そして昨日は、やっぱりせっかくだから、結婚記念日っぽい時間を過ごそうと、マンハッタンに出かけた。


お目当ての場所は『JAZZ STANDARD』。




Sullivan Fortnerは、若手ジャズピアニスト。
彼のトリオに、昨夜はトランペッターの​​Peter Evansが急遽加わって、クァルテットバンドで演奏した。
Peterとは本番の4時間前に初めて会ったそうで、はじめはお互いのスタイルを探り合っているような緊張感が、舞台のすぐそばで聞いてるわたしたちに、ビシバシと伝わってきた。

本音を言うと、Sullivanのピアノをもっと聞きたかったのだけど、Peterの独創的な演奏と凄まじいテクニックとエネルギーに圧倒されて、呆然と興奮を交互に感じながら聞き入った。





すぐ隣に座ったおばあさんと仲良くなり、いろんなことを話した。
アーティストだと言うので、どういうものですか?と尋ねると、「アートはアート、すべてよ」と言う。
スケッチをよくすると言うので、画家なのかもしれないと思ったりしながら、話に耳を傾けていた。
「木を見るとね、わたしはその中にすっと入っていくの。すると地面から芽を出した時からのことがわかって、今の姿になるまでが全部見えるの」
 
木のことを話し始めたらわたしも止まらない。
二人で意気投合して、音楽のこと、作曲のこと、作詞のこと、写真のこと、家族のことなどを、あれやこれやと話した。

演奏が始まると、もうノリノリで、合いの手を入れるのがすごくうまくて、ああ、聞き慣れてる人だなあと思った。
別れ際に名刺をもらい、また会いましょうと言って別れた。

でも、なんか見たことがあるような人だなあと気になったので、家に戻ってから調べてみたら、

Ann Grifalconiさんは、75冊もの絵本の挿絵を描いた、挿絵だけでなく話も書いた、88歳の大御所さんだった。

これは多分今よりずっと若い頃の写真だと思うけど、今も88歳だなんて絶対に思えない、すごーくチャーミングな人だった。




日本の版画はすごいって何度も言ってた。


彼女は作家であり、画家であり、詩人であり、写真家であり、そして市民運動家でもある、とてもパワフルで可愛い人。
「作曲は心と脳を鍛えてくれる、とてもいいものだから、曲を仕上げるまでは大変だけど、最後まで頑張るのよ」と、手をぎゅっと握って励ましてくれた。

この日も朝から作曲に取り込んでいて、だけど何度も書いた音符を消してたら、五線譜の五線までが薄くなってしまって、キィ〜っとなっていたのだけど、
なんかいい気合を入れてもらったような気がして、今日は彼女のちいちゃな手を思い出しては書き直している。


そしてこの日曜日は、大好きな友人夫婦、かおり&ジョージ一家が遊びに来てくれた。
今日の夫の漢方クラスはインターネットクラスなので、彼はクラスを受けながら、インド料理のレシピ本を見い見いチキンをディップするソースを作り、バーベキューコンロで焼いてくれた。
生後7ヶ月の杏ちゃんは、今人見知りの真っ最中。
でも、なぜか夫があやすとよく笑った。
お兄ちゃんの海くんは、当たり前だけどすっかりお兄ちゃんらしくなって、同じ名前のうちのやんちゃ坊主海と会うのを楽しみに来てくれたのに、とうとう会えずじまいで帰らなくてはならなかった。


それぞれに楽しい週末を過ごせたけれど、気温の上下が激しくて、どうも上手に眠れない。
こんな時は英語の本に限るのだけど、今読んでる『PACHINKO』が面白すぎて、とうとう昨日は夜中の2時から6時まで、延々と読み続けてしまった。
明日はMemorial Dayなので、もう一日ゆっくりできる。
でも多分、楽譜に向かってウンウン唸っては、どこかの掃除をして気を紛らわせることになるだろう。

あ〜、曲が仕上がる日はいつかなあ…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「あなたの生活を今より楽にするために!山本太郎が実行したい3つの提案!」ど〜ん!

2018年05月25日 | 日本とわたし
心から応援している政治家、山本太郎参議院議員が実行したい3つの提案を、ここで紹介させてもらいます。



『ウソつき大王』、または『断言魔』と揶揄されている安倍首相…そんな人物をいまだに支援すると公言している自民党議員たち。

これは、野党合同の緊急街宣の場で行われたシールアンケートの結果です。




安倍さん、顔にまでベタベタと貼られてますね。
枠を他の人の3倍ぐらいにしておかなければならなかったのかも。
でも、なんでこんな人が中心にいる内閣が、今だにあんな高い支持率を出しているのでしょう…報道にもウソがあるのでしょうか?

とにかくこの男は、何かというと「私は責任者だ」「責任を果たして参りたい」などと言いますが、これまでに一度として、責任を取ったことはありません。


いくら働いても、いくら頑張っても、なかなか暮らしが良くならない。
何かがおかしい。
何かが間違っている。
もやもやとした疑問が浮かんでは消え、また浮かんでは消え、けれども生活していくことが大変なので、そのもやもやを解決する気力もわいてこない。


このチラシを読んでください。
そして、お知り合いや家族の方々にも、読んでもらってください。

↓ここをクリックすると、このチラシのネットプリントの予約ができます。(5月26日まで)
http://www.taro-yamamoto.jp/daily-activities/8166

あなたの生活が苦しいのは、あなたが悪いのではない

国が機能していないから、生活が厳しいのです!!

そんなあなたの生活を、今より楽にするために!!
山本太郎が実行したい3つの提案


01 消費税はまず5%へ!廃止を目指す!
02 デフレ脱却給付金・成長分野へ投資!
03 安定した雇用・処遇で景気への貢献!


詳しくは、以下のチラシを読んでください。
とてもわかりやすくまとめてくださっています。





約束が違う!!消費税サギ!!
「2014年4月から消費税は8%に。この3%の増税分を、政府は『全額社会保障の充実と安定化に使う』と約束」

大企業が儲かり、働く人々には還元されない
「組織票や企業献金をくれる人々には至れり尽くせりですが、関係ない者には超ドケチ。これが国の姿」

ドケチを20年間続けた結果が、現在の格差社会です
コメント
この記事をはてなブックマークに追加