何とも忙しかった!

2024年07月19日 22時06分00秒 | 介護

 四国も梅雨明けしたとか。

岡山も朝から晴れて、気温も36.2℃の猛暑日。

最低気温は25.8℃。

もう梅雨も明けているのではないかと思えましたが、岡山は晴れていてもまだ中国地方の西や北には雨雲がかかっていますので、梅雨明けはまだだそうです。

 

 

 昨夜は母が何度か起きました。

「お茶をちょう~だい」

従って母も私も睡眠不足。

目が覚めたのは5時半でしたので、歩きには行かずお花だけ見に外に出ました。

 

 

 

どのペチュニアも横に伸びたり垂れ下がったりはしますが、ドームのようにもっこりとはなりません。

ハンギングバスケット向きかも・・・と思います。

 

今日の果物

でも、食べるまで時間がかかりましたので変色しかけていました。

 

 

 今日は一日中気忙しくて。。。

私一人ですと静かですが、母が居ますと人も来ますし情報伝達も増しますのでとっても忙しい

 まず、又?ヘルパーさんが7時に来られませんでした。

今回はペルパーステーションのオーナーさんご自身

7時過ぎに電話があり寝坊をしてしまったそうです。

「すぐに向かいます」と言われましたが、倉敷からですので40分以上はかかります。

その上、2号線バイパスの渋滞。

途中で再びお電話があり「娘さん、9時過ぎに行くと言ったら怒られます

「怒りはしませんがちょっと困るかも。でも、何ですか

社長さん曰く、「透析に送り出さないといけない人がいるんです」

それは大変

今日に限って母は6時半には起きましたので、早目にお薬を飲ませたり食事をさせたり。

ヘルパーさんがいらしたのは9時半過ぎ~45分

10時には福祉用品の方がいらして、車椅子や手すりのシートを替えて下さり、10時半頃ヘルパーさんが帰られて、やれやれ朝食を食べようかなと思っていたら、薬局やらケアマネさんからお電話があって、本当のやれやれは11時15分頃。

やっと朝食。

母は気持ちよくスースーと寝ていました。

薬局からだけでも今日は何回お電話があったかわからないほど。

いらしたのはも2回。

眼科のお薬がどちらのドクターから出るかの問題で一日中大変でした。

この問題は夕方の7時過ぎまで続きました。

その後何があったか、どこから連絡がが入ったか記憶にないです。

 午後一時半から看護師さんが来て下さいましたが、担当の方ではなく明日も違うとか。

2週間もお会いしていません。

ですから、リハを含めてのショートのお話とか、もちろん今回の怪我、褥瘡、誤嚥の話に到ることとかお話ししたいことがいっぱいありましたので非常に残念でした。

多分、思わず落胆の想いが顔の表情に出たのではないかと思います

 その後、書けばリハや薬局、ヘルパーさんといらしただけに留まりますが、クリニックとの電話も数回。

そう言えば、眼科のドクターからも岡大の受診日が8月1日の10時からになったとご連絡がありました。

これに関してだけでも再びケアマネさんや介護タクシー、ドクターなどそれぞれ電話も数回ずつはあり。。。

結局、今日の忙しさはこういった目に見えない打ち合わせだったのかなと思います。

それにしてもこの不完全燃焼感は何かしらと思います。

 母はお目々ぱっちりでしたが活力がいまいちなし。

でも、不調でもないという感じでした。

朝、「書くものをかして」

ノートとペンを持って行きました。

胸に一物ありそうな昨日からの様子でしたので何が言いたいのかと思いましたが、忘れ物3点

何となく悶々としていますので、今日のブログも一体何を書いたやら。

とりとめがなかった感満載。

眠いのでとにかく早めに寝ます。

 

 

 

 

・°*100歳までのカウントダウン

母100歳まであと297日・°*

 

 

 

 

★致知一日一言 【今日の言葉】2024.7.19

 

特典「渋沢栄一に学ぶ人間学」

 

天意夕陽を重んじ、
人間晩晴を尊ぶ

━━━━━━━━━━━━━━
渋沢栄一(日本資本主義の父)
〇月刊『致知』2022年3月号
特集「渋沢栄一に学ぶ人間学」より
━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

 

 

 

★バラ十字会メールマガジン(毎週金曜日配信)

 

自然界は数学をしている-フィボナッチ数と対数らせん


バラ十字会日本本部AMORC


【ぜひお友達にもこのメルマガを教えてあげてください】⇒

https://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M1135352&c=3304&d=ed84

 

こんにちは。バラ十字会の本庄です。


━…………………━

文章を以下に転載していますが、自然界に表れるフィボナッチ数列と対数らせんの実例の写真、多くの図版が掲載されていますので、下記のリンクをクリックして公式ブログでお読みください。

https://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M1135353&c=3304&d=ed84

(自然界に見られるフィボナッチ数列|なぜ黄金比と関連?)

━…………………━


日本の多くの地域と同時に東京板橋でも梅雨が明けました。

今日も厳しい暑さになっています。


いかがお過ごしでしょうか。



以前のことになりますが、2012年に下記のフェイスブックページを開設したときに、読者の皆さんに喜んでいただこうと、折々に道端の風景を写真に撮ってご紹介することを始めました。

道端の風景とは言っても、道路とビルばかりが目立つ東京ですので、どうしても草花や昆虫などの写真が多くなります。


フェイスブックページ「あなたの人生を変える方法」

https://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M1135354&c=3304&d=ed84



そして、草花の形の複雑さや巧みさに感心する機会が増えました。


◆ 草花の形の複雑さと巧みさ

次の写真をご覧ください。ダリアの花、イタリアンパセリのつぼみ、サクラソウ、開きかけのバラの花です。


これらを見ていると、人にはなかなか思いつかないようなユニークな形に驚きます。

そして、いったい、このようなデザインは、どのようなメカニズムでできあがっているのだろうかと思いを巡らすことがたびたびあります。


(ダリアの花、イタリアンパセリのつぼみ、サクラソウ、バラの花の写真)


◆ 神聖幾何学とは

神聖幾何学という言葉をお聞きになったことがおありでしょうか。

植物だけでなく、動物の体のデザイン、小さなものでは分子から、人体や川の流れ、大きくは大気の循環や銀河系の構造など、自然界や宇宙のあらゆるデザインは幾何学に従っています。


そして、古代ギリシャの哲学者、ピュタゴラスやユークリッドやタレスのような人たちは、古代エジプトの神秘学派から数学を学び、自然界に、数学にもとづいた規則正しさがどのように表れているかを盛んに研究しました。



中世のヨーロッパでは、コンパスと目盛りのない定規だけを使う幾何学が、数学の中でも特に尊い学問だと考えられ、神聖幾何学と呼ばれていました。

そして、それが自然界にどのように表れているかを調べることに加えて、建築や他の芸術に生かす研究が行なわれていました。



神聖幾何学の研究には、専門家でなければとても理解できないような複雑なものもありますが、誰にも理解できるものもあります。


そのうちの、最近知ったあるいくつかの事柄が印象的でしたので、ご紹介させていただきたいと思ったのです。


◆ フィボナッチ数列とは

まず準備として、クイズをひとつ解いてみてください。

1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,・・・

この列の55の次にくる数は何でしょうか…



はい、この列では、前の2つの数を加えると次の数になるので、答えは、

34+55=89となります。



この数列は、12世紀のイタリアの数学者フィボナッチが著書「算盤の書」で紹介したので、フィボナッチ数列と呼ばれています。

この数列に表れる数はフィボナッチ数と呼ばれています。たとえば、34や55、89はフィボナッチ数です。


◆ フィボナッチ数列と黄金比

フィボナッチ数列の、隣り合う2つの数の比を計算すると次のようになります。

(図表:フィボナッチ数列の隣り合う項の比)



この値は、数列の右に行けば行くほど、黄金比(golden ratio)という値に限りなく近づいていくことが知られています。

黄金比は通常ギリシャ文字のΦで表しますが、次の式で定義されています。


Φ = (1+√5)/ 2 = 1.618033988……



Φを表わす数式には、次のように美しいものもあります。

(図表:Φ(黄金数)を表わす数式2つ)



縦と横の比率が黄金比Φである長方形は黄金長方形と呼ばれ、長方形の中で最も美しいとされ、さまざまな用途に用いられています。

たとえば古代ギリシャのパルテノン神殿の縦横比はΦになっています。



また黄金比Φは、人体のさまざまな寸法にも表れています。

たとえば、へその高さと身長との比、靴のサイズと肘から指先までの長さは、平均的な体型の人では黄金比になるとされています。



黄金比Φは、芸術の構図や建築にも頻繁に用いられています。


一例ですが、下の図はフランスのトロワにある大聖堂の平面図です。Φを利用して設計されていることがよく分かります。

(図版:トロワの大聖堂の平面図)



また、次の図は古代エジプトのクフ王のピラミッド(大ピラミッド)の見取り図ですが、その設計にもΦが用いられたのだと推測されます。

(図版:クフ王のピラミッドの見取り図)



参考記事:『ピラミッドの本当の目的という謎|墓説の不具合とどうやって作ったか』

https://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M1135355&c=3304&d=ed84


◆ 自然界における対数らせん

・松かさの鱗片

次の松かさの写真を見てください。規則正しい美しいデザインですね。

この写真の中央より、ほんの少し右下のあたりには、柄が付いていた場所があるのが分かります。

そこから、鱗片が放射状に並んでいて、外側に進むにつれて右にカーブする「らせん」を描いています。

(松かさの写真)


一方で見方を変えると、この鱗片の配置は、外側に進むにつれて左にカーブする、もっと長い「らせん」を描いていると考えることもできます。



このらせんは、対数らせんという種類のらせんだということが知られています。

巻貝、牛の角、低気圧内の雲の形、銀河系の星の分布など、自然界のあらゆるところに、この対数らせんが見られます。


・オウムガイの殻

下のオウムガイの殻にも対数らせんが見られます。

(オウムガイの殻の写真)


・渦巻き銀河

下の写真は、歴史上初めて渦巻き構造が確認されたM51星雲です

中心から対数らせん状に腕が伸びていることが分かります。

(写真:子持ち銀河M51)



こちらはスピッツァー宇宙望遠鏡がとらえたM81星雲です。

やはり対数らせんをもとにした構造をしています。

(写真:M81星雲)


・スーパー台風

こちらは、巨大な台風です。やはり対数らせんが見られます。

(写真:スーパー台風)


◆ 自然界におけるフィボナッチ数列

・松かさの鱗片

さて、この松かさの「らせん」の本数を数えてみていただきたいのです。

右にカーブするらせんは何本あるでしょうか。左にカーブするらせんは何本あるでしょうか。



次の写真は、それを数えてみた図です。右カーブのらせん(青)は13本、左カーブのらせん(ピンク)は8本あります。いずれもフィボナッチ数になっています。


(図版:松かさのらせんの本数を数えてみました)


・小さなヒマワリの花の種

このことは、単なる偶然ではありません。その証拠に、次の写真を見てください。

小さなヒマワリの花の中央に多くの種が美しく並んでいます。

そしてこの種も、先ほどの松かさの鱗片と同じようなデザインに従って配置されています。


(写真:小さなヒマワリの花)



写真を拡大して印刷して、ひとつひとつ数えていくと、ちょっと楽しいひとときになります(私だけでしょうか?)。

そして、左カーブのらせんが55本、右カーブが34本あり、いずれもフィボナッチ数であることが確かめられます。


・大きなヒマワリの花の種

次の写真は、もっと大きなヒマワリの花です。

こうなると数えるのは、ちょっとたいへんですが、右カーブのらせんが89本、左カーブが55本と、やはりいずれもフィボナッチ数になっています。


(写真:大きなヒマワリの花)


以上、松かさもヒマワリも、数学をしていることが確かめられました。



◆ 対数らせんとフィボナッチ数列の関係

対数らせんとフィボナッチ数列には密接な関係があることが知られています。

次の図は、この関係を直観的に表わしています。


(図版:対数らせんとフィボナッチ数列の関係)



いかがでしたでしょうか。フィボナッチ数列、黄金比、対数らせんと自然界の構造について、さらに詳しく知りたい方は、下記の書籍をお読みください。

著者はバラ十字会国際大学の公認講師を長年務めていたルイ・グロースという方です。


書籍:『図形と数が表わす宇宙の秩序』

https://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M1135356&c=3304&d=ed84



では、今日はこのあたりで

また、お付き合いください(^^)/~


==============

■編集後記

ヤマユリ、カンナ、ヒメオウギスイセンが咲いていました

https://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M1135357&c=3304&d=ed84

==============


コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

母の怪我と褥瘡と誤嚥

2024年07月18日 22時44分44秒 | 介護

 今日は暑くなりました。

湿度がとても高いので余計に感じました。

もうひと雨来そうで、梅雨明けは数日先のようです。

 

 

 今朝は4時半過ぎに目が覚めましたので、リサイクル品を持ってスーパーへ。

ついでに中に入ってお買い物。

その時、東の大きな水滴の付いた窓ガラス越しに太陽が昇って来て、あたりがオレンジ色に染まって眩しいくらい神々しさを感じました。

 

ご近所のモミジアオイが咲きました。

苗を頂いた我が家のモミジアオイはまだ大きく育っていません。

 

車を入れている時、4本目のカラーの花を発見

 

 

 

今朝もお花達が美しくかわいい

 

 

 

今日の果物

メロンを頂いたので豪華になりました。

 

スーパーで、はっさく大福発見

愛媛のブロ友さん宅にお邪魔した時に初めて知りました、おみかん系の大福。

その時美味しかったので買って帰りましたが、愛媛の大福は丸ごとおみかんが入っていてとっても美味しかったのですが(お値段も1個400円前後だった)、こちらは八朔が少々入っているだけでしかも甘過ぎました~。

やっぱり本場で食べなくちゃ

 

ついでにお誕生日に買えなかったお花を買いました。

ワンコインのミニアレンジ

一気にお部屋が華やぎました。

 

 

 

 

 3時半頃、母が帰って来る直前に眼科のドクターからお電話があり、専門医に聞いたら手術しなくても眼圧が上がらない方法があるそうで、その為に、8月1日か8日のいずれかに岡山大学を受診し、その後の外来への通院は自分が往診に行くからと言われました。

このお電話が終わらないうちに母が帰ってきました。

お目々パッチリで不調ではなさそうでしたが、とにかく寡黙。

おかしい

不調ではないのに黙っているなんて

手の怪我のことを聞くと、スタッフの人がベッドから抱き上げた時になったようです。

(なぜ抱き上げる

このことについては16日の朝9時半頃、ショート先からお電話がありました。

Pトイレに行く時「痛い」と言われたから見たら皮が剥けていたと。

今日は往診日でしたので、ドクターが来られるまでそのままにして(ガーゼで見えませんでした)待つことにしたところ、そのほとんど直後にいらっしゃいました。

ドクター曰く「これはちょっとひどいな。痛かったねえ」

洗って下さっている時母が「痛い」「痛い」

 

処置をして下さいました。

「それから左胸の音がするので、少し誤嚥しているのかな」と言われました。

え~~~、そんな

左胸は昔、結核になりました。

(昔、なったそうです)

ドクターは咳くのはいいことだと言われていました。

 

 

 

 ケアマネさんに岡大受診の相談もありお電話したところ、怪我のことだけかと思われたようです。

(最初からケアマネさん、深刻モード)

ケアマネさんにもショート先からお電話があったとのこと。

ケアマネさんの方にも「いつの間にか出来ていたのを発見した」と言われたそうで、今日も送りの時には何も言われませんでした。

送って来て下さった方はお電話を下さった方でしたが。

電話の時には私もこんなにひどいとは思っていませんでしたので特に何も言いませんでした。

「処置をしています」と言われましたのでお礼を伝えたくらいで。

責めるとかではなく、皮膚が弱くなっているとは言え、これは「偶然出来た」ようなものではないのは確かです。

それをケアマネさんに伝えると明日、確認して下さるそうです。

(ケアマネさんは訪問時、下の部分しか見られていないそうです)

 

 

 

 又、今回、褥瘡についてもご連絡を頂きました。

お電話があったのは14日の日曜日の午後。

「お風呂に入った時に見つけました」と看護師さんからお電話を頂きました。

この方、お迎えに来て下さった方だったそうです。

明るくよくお話される方で、新しい看護師さんのようです。

前日訪問看護師さんに確認し「特に気が付かなかった」と言われましたので、もう治ったと思っていました。

(確認していなかった私も悪い。少し赤くなっていたのでプロペトを塗っていました)

ケアマネさんが褥瘡についても言われました。

「看護師さんもヘルパーさんも(言われませんでしたが、私も)いるのに一体どういうこと  誰も気が付かなかったわけ

夕方のヘルパーさんが「褥瘡は1日でも出来る。腕と一緒で皮膚が薄くなっているから、ちょっと引っ張り上げたりしただけでも赤くなったり剥けたりするんですよ。でも、褥瘡というほどでは・・・」

ショート先は褥瘡のことを大きく言われて、怪我についてはあまり言われませんでした。

引っ張り上げるのは看護師さん方ですが・・・ベッドに上がったり、頭の方から引っ張ったり。

でも、何が原因かはわかりません。

とにかく少し強く引っ張ろうものならすぐにでも剥がれそうで私も気を付けてはいます。

それに細いし。

紫色になっているし。

とにかく痛々しい。

今回は体重38.2kgでした。

0.2kg、増えていました。

 

 

 

 今回もイベントの写真を3枚印刷して持たせて下さいましたが、スイカ割り(ビニールの)や釣り堀を楽しんでいました。

夏祭りがあったようです。

それで釣り上げたのがこちらと景品。

 

今回(今週)、ケアマネさんも施設訪問して下さったようですが、以前とは違って心機一転という雰囲気で、とっても感じが良かったと言われていました。

「お母様はもうアスリートのように身を乗り出してすごかったそうですよ。皆さんがお母様の積極性ややる気満々にびっくりされていました。ですから、こうしたことがリハビリになっているので、ここがお母様にとってはいいのかなあと思いました。」

そのようにおっしゃって下さっていました。

母も喜んで行くというところまではいきませんが、まずまず楽しんでいるのではないかと思います。

少なくとも嫌な思いはなさそうです。

 

 

 

牛窓の建築士さんが昨日言われていたように、すいかを持って来て下さいました。

社長さんがお客さんに配る為に毎年たくさん買われるようです。

我が家もそのすいかかどうかわかりませんが建築士さんが何度か持って来て下さったことがあります。

牛窓はキャベツやすいかや白菜が有名です。

「お茶でも飲んで行かれませんか」とお声をかけましたが「もう1軒、持って行かないといけないので~」と言われて急いで行かれました。

 

 

 

 

 

・°*100歳までのカウントダウン

母100歳まであと298日・°*

 

 

 

 

 

★致知一日一言【今日の言葉】2024.7.18

 

結果は人のせいにはできない

 

棋士にとって一番の課題は、
負けた時にどう気持ちを切り替えられるか。
結果は人のせいにはできないし、
自分が選んだ手は完全に自分の責任
━━━━━━━━━━━━━━
羽生善治(将棋棋士)
〇月刊『致知』2023年4月号
特集「人生の四季をどう生きるか」より
━━━━━━━━━━━━━━

★指揮者の小林研一郎さんと
将棋棋士の羽生善治さんは、
30年来の親交を持つ間柄です。
大の将棋ファンで、
自らもアマチュア4段の腕前を持つ小林さん。
お二人のお話には、一道を歩み続け、
更なる高みを目指す人でなくては
醸し出せない味わいと迫力があります。

コメント (4)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

梅雨明けかと思いましたが&プロフィール変更

2024年07月17日 20時15分00秒 | 生活

 面白いことに今日も昨日と全く一緒の3時41分(3時40分と書いていますが)に目が覚めました。

でも、今日は二度寝と言いますか、再び寝て、起きたのは2時間後。

今日は朝から暑くて(湿度が高かった)お散歩に行きましたが汗が出ました~。

最低気温はさほど変わらず23.8℃でしたが、最高気温は34.5℃に。

 

 

  雲がうろこ雲のようでした。

 

鮮やかなブルーの朝顔

 

教会へ

 

 

いつもと同じパターンで、今はもう公園を1周だけしか歩きません。

膝がだいぶよくなってきましたのでもう少し歩いてもいいかなと思ってはいます。

 

 

雲が面白くって見飽きませんでした。

 

今朝は新しい朝顔が咲きました。

一番上の方に。

ピンク色も2輪。

ブルー系がほしいところです。

西側も1輪咲きました。

 

回覧板が来ていましたので次に回しに。

空がやっぱり面白くて・・・。

 

 

今日のバラ

 

 

今日からもう当分雨は降らないと思いましたので、鉢をそれぞれの場所に戻しました。

梅雨明けかと思いましたが、梅雨明けは今週末か来週だそうです。

 

やはり、ブルー、パープル系が涼し気です

 

 

 

 このベンチ、塗り直したいのですが暑いので秋に塗り直す予定です。

 

涼しげなのでもう1枚

 

今日の果物

メロンの存在を忘れていました。

昨日、デパ地下のお惣菜を買っていましたので今朝頂きました

どちらもサラダです。

右端は湯葉。

 

今日は一日の~んびり出来るかと思いましたが、庭師さんと牛窓の建築士さんが来られました。

母に頂きもの「清水白桃」です

建築士さん曰く、ATMでお金を降ろしたら全部新札だったそうです。

他の人を見ると他の人も皆、新札。

「もう珍しくないでしょうけど換えましょう」と言って下さったので、母に見せる為に換えて頂きました。

 

 

 体や睡眠の為には湯船に使った方がいいのでしょうが、シャワーでさっぱり。

その後、昨日買った🍋レモンイエローのタオル地のようなルームウエアを着ると、と~っても肌触りがよくて心地がいいです。

テンション

幸せ~

これからレポート作成で遅れてしまったバラ十字会のお勉強をしながらゆっくり過ごし、明日に備えて今夜は10時には寝ます。

昨日も0時を過ぎてしまって

 

 

 

プロフィールを少し変更しました。

<今まで>
自然が好きでお散歩をしながら写真を撮っています。99歳になるパーキンソン病の母の介護中です。カトリック信者ですが今は宗教を超えバラ十字会の勉強をしています。究極の願いは輪廻から抜けることです(^^)/
(少し前は「輪廻」ではなく「解脱」と書いていました)

<新>
自然が好きでお散歩をしながら写真を撮っています。パーキンソン病の母の介護中です。只今100歳のカウントダウンをしています。クリスチャンでありバラ十字会員です。願いは輪廻を終わらせること(^^)/

 

 

 

 

・°*100歳までのカウントダウン

母100歳まであと299日・°*

 

 

 

 

 

★致知一日一言 【今日の言葉】2024.7.17

 

東洋古典の名言に学ぶ

 

天工(てんこう)は、
人其(そ)れ之(これ)に代る

【訳】自分の行っているこの仕事は、
天の代行者として、
天に代わって勤めているのだ
━━━━━━━━━━━━━━
東洋古典『書経』
○月刊『致知』2024年ゆ月号
連載「四書五経の名言に学ぶ」【最新号】より
━━━━━━━━━━━━━━

●東洋思想研究家・田口佳史氏による
好評連載「四書五経の名言に学ぶ」
の魅力はこちらから

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

又、ひとつ年を重ねました。

2024年07月16日 21時35分00秒 | 友人との時間

 今朝は3時40分に目が覚めました。

もう一度寝ようとしましたが、寝たのかどうか、次に気が付いたのは1時間後。

起きることにしました。

お洗濯やらお掃除やらをし、いつものようにお散歩へ。

 

 

教会のお庭

 

今日はいつもより長くゆっくりと御聖堂の中で過ごしました。

 

 

我が家のお庭

朝な夕な見かけるこのトンボ。

今日は二匹(調べましたが、頭ではなく匹で数えるそうです)いました。

 

朝顔がまだ咲いていませんでしたが、今日は見られそうで嬉しかったです

 

今日の果物

 

 

 友人が7月2日に日本料理のお店「麦」ですでにお誕生日をお祝いしてくれていましたが、

友人のお泊り&昨夜の「少し早めのお誕生日ディナー」

お誕生日の今日のお天気が暑くなくて「行けそうならランチに行こう」と言ってくれていました。

(暑いのが苦手

予報ではお天気は晴れたり雨だったりころころ変わりましたが、段々と雨に。

そこで、行く予定に。

最終的には予報通りの雨にはなりませんでしたが、曇って気温も上がらず良かったです。

今日の最高気温は29℃、最低気温は23.5℃でした。

明日からは34℃

ギリギリセーフ

良かった~

 

 

 

 10時過ぎに友人が来てくれて、私達はまず蓮の花を見に行くことにしました。

後楽園にたくさん咲いていますが広いので、毎年春に枝垂桜を見に行く「曹源寺」に。

 

門の外にも蓮が咲いているとは今まで知りませんでした。

 

お寺ってやっぱりいいわ~

門の外の蓮は右側がピンク色、左側が白色でした。

  

後楽園の観蓮節以外にこの辺りで蓮を見ることは出来ないと思っていましたのでとっても嬉しかったです

  

 

友人が「蓮の中を見たのは初めて」と言っていましたが、私もそう。

 

左側の白い蓮です。

 

 

 

蓮を見ていると異世界を感じました。

 

お寺に蓮の花。

蓮池はまるで極楽浄土。

 

 

この中の白い蓮はとても背丈は長く、私達の身長ほどもありました。

 

ここで、よくいらしているという若い男性の方がいろいろ教えて下さいました。

日曜日に蓮祭りがあったとか。

私達がここへ到着したのは10時半頃。

蓮の花は11時には閉じるそうです。

そしてそれを4日間繰り返し散っていくそうです。

 

4時とか5時でなくてもいいそうですが、せめて7時にはこの場にいた方がいいと言われていました。

 

早朝に来ていたらもっと綺麗だったでしょう。

そして、まだ蕾もありますが今年の蓮は概ねもう終わりだそうです。

来年からは早朝に来たいと思います。

 

 

小さい頃、題名は忘れたのですが、蓮の茎を折ると筋が糸のように伸びるのですが、それを日に当てると七色に輝くという昔話(童話)を読んでやってみたことがあります。

あのお話、何て題名だったか。

美しいお話だった気がします。

 

仏様のお花にふさわしい気品のあるお花です。

お花が散っても、又、葉っぱの池も、やっぱり極楽浄土にふさわしいお花に思えます。

 

ここは外国人の修行僧の多い(多分ほとんど)曹洞宗のお寺です。

 

 

 

もみじも木々も「閑」

 

ふと見ると遠く山門の下にわんちゃんが

何とも賢そう。

こっちを見てる

 

この上で座禅したい。

 

これだけでも十分ハッピーでしたが、次は岡山国際ホテルのランチに行きました。

「麦」と迷ったイタリアンのお店に行こうかという話も出ましたが、友人が「美味しいものを食べる時にはやっぱり飲みたい」

 

エントランスは黄色ではなくピンク系のお花でした。

 

国際ホテルはここ1ヵ月ほど塗装工事をしているようでした。

中に入るとシンナーの匂いが充満していてとてもではないですがお食事出来るような感じではなく・・・

「外は」と友人が言いましたが「雨が降ったら中に入って頂かないといけないので」とスタッフ。

一番端で窓を開けて頂くのはどうかという話になりました。

 

センターのドアしか開けられないと言われましたし、友人が「もう頭痛がしそう」と言うので場所を変えようと話していたところ、「上の許可が出ました」と言われて一番端の席のドア2つを開けて下さり、空気清浄機もそばに置いて頂き、何とかこれなら大丈夫ということで座りました。

 このマンゴーソーダ、注文したのですが「ご迷惑をおかけしました」ということでホテルからのサービスとなりました~。

甘ったるくなくてとても美味しかった

私はコースにしました。

 

ポテトパンケーキの上にエビ、その上に生ハム。

ソースはマンゴー。

友人はここのカレーが大好き。

その為に来たので初志貫徹

これにケーキセットを付けたのでコースと同じお値段です。

でも、ここのカレーとショートケーキ(ホールの)は本当に美味しい。

ただ太ります、確実に

「スープをまず一口飲んでからお野菜をお入れ下さい」

 

どのお料理も目に鮮やか。

メインはお魚にしました。

今日は鰆でした。

ソースはにんじん。

ケーキはこの中から選びます。

 

友人はムース、私はレモンケーキ。

ここは山の中でゆっくり出来て落ち着くので好きなのです。

いつものようにたくさんおしゃべりを楽しみました。

あれ、言ったっけ

この話、した

とか言いつつ

 

友人が換えてもらったという新札を見せてくれました。

初めまして~です

今日はここままゆっくりする予定でしたが、急きょ予定変更。

デパートにショッピングに行くことにしました。

「2時間だけね」と言いつつ結局2時間半。

今、セールをしていましたので2人共お洋服を買いました。

大満足

 

 

 

  家に着いたのは4時半頃でした。

友人にトマトの収穫をして持って帰ってもらいました。

朝顔が咲いていました

いつまでこうして遊べるかわからないので大切にしたい友人との時間です。

素敵なお誕生日をありがとう

 

 

 

 又、今日は朝の7時頃と夕方と2回、外国にいる娘一家から電話や動画が届きました。

そしてHappy Birthdayを2回も歌ってくれました。

30分ほど孫達と話したのですが、下の子(6歳)はかなり日本語が怪しくなっていました。

(「日本に居る時から日本語が怪しかった」と娘)

その分、日本語以外の言語が上達しているようです。

子供は速い

しっかりマルチリンガルとして育っていますが、この子達が大きくなる頃には宇宙旅行が普通になっているかもしれません。

それを言うと下の子が「うちゅうはなにご

学校は(も?)お休みが多いみたいで、今日は休み明けだと言っていました。

お休み期間2週間

旅もしたようです。

日本に居た時よりも圧倒的に伸び伸びとしています。

これは娘も同じ

最後は今日はI love youではなく、「だいすき~」でした。

 

 

 

 

 今朝の9時半過ぎ、ショート先からお電話がありびっくり。

何ごとといつもドキッとします。

昨日も別のことでお電話があったのですが、母が「痛い」と言うので見たら肘の裏の皮がめくれてはがれていたそうです。

看護師さんがすぐに処置をして下さったようです。

皮膚がとっても薄くなっています。

そのせいで内出血箇所も多いです

 

 

 

 

 

・°*100歳までのカウントダウン

母100歳まであと300日・°*

 

 

 

 

 

★致知一日一言 【今日の言葉】2024.7.16

 

「ハンカチ王子」が語る栄光と挫折

 

自分でコントロール
できないことに
翻弄されるのではなく、
目の前のやるべきことに
全力を尽くす。

━━━━━━━━━━━━━━
斎藤佑樹(元プロ野球選手)
〇月刊『致知』2024年8月号
連載「二十代をどう生きるか」より
━━━━━━━━━━━━━━

2006年夏の甲子園で
エースとして早稲田実業を
初の日本一に導き、
「ハンカチ王子」の愛称で
一躍脚光を浴びた斎藤佑樹氏。

しかし、大学を経て
プロ野球界で歩んだ11年間は、
度重なる怪我に悩まされる日々だった。

栄光と挫折の野球人生から
見えてくる、人生で大事な心構えとは。

◆連載「二十代をどう生きるか」
「自分がコントロールできる
目の前のことに全力を尽くす」
【記事はこちらから】

コメント (16)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

レポート完成&焼きそば

2024年07月15日 21時52分15秒 | 食事

 今日は一日降るのかと思っていましたが、一時期激しく降ったものの、それ以外はあまり降りませんでした。

それどころは明るくなってきて・・・

すると蝉が一斉に鳴き始めました。

 

 

 

 朝のお散歩より

 

 

ママ友ガーデン

 

お師匠さん宅

とうもろこしがたくさん生っていました。

 

 

教会のお花

一気のこのハブランサスが咲いていてびっくりしました~

 

 

オリーブの実が生っていました。

 

我が家のかぼちゃ~

 

小さくて薄い色ですが「プリンセス・ドゥ・モナコ」と「シェヘラザード」

 

 

 

今朝は朝顔が咲きませんでした。

 

 

 

 

今日の果物

今日は一日バラ十字会のレポート作成に専念し、夕方7時に仕上がりました。

今日中に仕上げたかったのでほっ

そういうことで、お昼ご飯も万が一の時の為に買っていたストック品のお湯を注ぐだけの「焼きそば」にしました。

中にソースらしい袋が2種類入っていました。

それを入れたところとってもから~い

袋を見ると「チキンスープ」と書いてありました。

それでもまだわからず「これって、スープ焼きそばだったのね~」

え、でも、そんなのある

今一度袋を見ました。

チキンスープはそのまんまチキンスープでした

 

 

 

 

 

・°*100歳までのカウントダウン

母100歳まであと301日・°*

 

 

 

 

 

★致知一日一言【今日の言葉】2024.7.15

 

元トヨタ自動車技監の「人を育てる極意」

 

知識は1人が100人、
1,000人に対して教育できる。
でも、意識はマンツーマンで
教えるしかない。

━━━━━━━━━━━━━━
林 南八(元トヨタ自動車技監)
〇月刊『致知』2019年7月号
特集「命は吾より作す」より
━━━━━━━━━━━━━━

世界に誇る日本の
自動車メーカー・トヨタ自動車。

その技術職の最高ポストと
いわれる技監を11年務めたのが
林 南八氏、76歳である。

トヨタ生産方式の生みの親・
大野耐一氏らの薫陶を受け、
技と魂を伝承すると共に、
後進の育成に尽力してきた。

戦争の真っ只中に
体重1,600グラムの
超未熟児で生まれた林氏は、
そこからいかにして
自らの運命を創り上げ、
仕事を発展させてきたのか。
波瀾万丈な半生に迫る。

コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

レポート作成中&ウズベキスタン

2024年07月14日 22時05分00秒 | 介護

 今日も明日も雨マークですが、今日はあまり降りませんでした。

気温も高くなく良かったのですが、湿度はHiになっていて少し蒸します。

 

 

 母は今朝も爆睡していましたので、小雨が降り始めましたがお散歩に行きました。

今日も朝顔が咲いてくれました。

南側です。

 

ご近所

 

公園のポプラちゃんにセミの抜け殻が・・・

時折、ニュースで蝉が鳴いていたと聞きますが、私はまだ一度もセミの鳴き声を今年は聞いていません。

教会の紫陽花がほとんどセピア色になっていますが、その中でポッとピンク色の紫陽花が残って咲いています。

 

二輪咲いていました。

 

アナベルも白から緑色に変わった中で一輪だけ真っ白いお花が咲いていました。

 

木槿がこぼれるように咲いています。

 

 

百日紅と紫式部

植物はカタカナで書くようですが、漢字や仮名の方が好きです

 

我が家のかぼちゃ

トマトも又熟れ始めました。

 

お散歩に行く前はまだ蕾だった西側の朝顔が開き始めていました。

 

ジャスミンはほとんど枯れましたが、小さな蕾が大きくなってこうして又咲いて芳香を放ってくれています。

今日の果物

 今日の母も寝起きはいまいちでしたが食卓に来る頃には段々と覚醒。

ヘルパーさんが「脚がしっかりしているから訓練したら歩けるようになるんじゃないかな」

母は私があれこれ動いているとお腹が空いて待ち切れなかったようで自力で食べようとしていました

今朝もしっかり食べてくれました。

パン粥(パン1個分)といなり寿司1個。

カフェオーレ70ccくらい

果物もバナナ1本、メロン5カット、パイナップル少し、そして、桃ほぼ2分の1個。

その後、自力で車椅子を動かし窓際へ

お迎えは10時前でした。

カッパを着せてもらっていました

 

 

 

 いつもの家事その他を済ませ、英語のレッスンも11時から。

食事もして「光る君へ」も12時15分から観ました。

13時からは丸々レポート作成時間に

 

 

 

 

 ウズベキスタンUzbekistan

初めて年齢を聞かれました。

「もし構わなければ・・・」

多分、母が99歳だから

日本人はやはり健康的で若いと言われていました。

世界放浪の旅をしていますと平均寿命の低さに驚かされます。

日本が飛びぬけて高いのですが・・・。

 

シルクロードThe Great Silk Roadのオアシス

首都はTashkent。

成田から直行便が週1便。

飛行時間は7時間だそうです。

言語はウズベク語Uzbek、第二言語はロシア語、第三言語が英語。

多民族国家だそうですが、一番はMongols、MongolsとArabsのミックスだと言われていました。

Amir Temur、Mirzo Ulugbekについても少し話して下さいましたが、難しかった

 

ほとんどがイスラム教徒Muslim。

 このパン、かなり大きいんですよね。

先日、「タビサラダ」で観ました。

Palov

Tandir somsa

中は牛肉

真ん中は干しブドウが入っている

 

Khorezm/Khiva

 

Valley of Uzbekistanも観光スポットだと言われていました。

 

 

 

 

 

・°*100歳までのカウントダウン

母100歳まであと302日・°*

 

 

 

 

 

★致知一日一言 【今日の言葉】2024.7.14

 

河合隼雄氏の愛弟子が綴る衝撃と感動のドキュメント

 

たったひとりでいいですから、
あなたのことをほんとうに
わかってくれるひとがいれば、
あなたは生きていくことができます。

━━━━━━━━━━━━━━
皆藤章(臨床心理士)
〇最新刊『それでも生きてゆく
意味を求めて』より
━━━━━━━━━━━━━━

日本の臨床心理学の礎を築いた
河合隼雄氏。

その愛弟子として
40年以上にわたり
薫陶を受けてきた皆藤章氏が
まる5年の歳月を費やして書き上げた
渾身の著書がまもなく発売となります。

タイトルは、

『それでも生きてゆく
意味を求めて』

幾多の人々の相談に
応じてきた臨床経験を
もとに綴った
衝撃と感動のドキュメントです。

書籍編集部員のひとりが、
本書の刊行に込める思いを綴った文章を
お届けいたします。


…………………………………………


「いまから母を殺しに行きます」


やや上気した表情で
わたしにそう告げて、
バッグからナイフを取り出し、
この女性は立ち上がった。

向かいに座るわたしを見下ろし、
「いいですね」、と。

何もいえなかった。
これまでなんどもなんども、
くり返し、母親への憎しみを
語ってやまなかった

この女性のこころの内を慮ると、
応えることばがなかった。
「やめなさい」などとは
よもやいえなかった。

そういおうものなら、
「先生はわたしの苦しみを
わかっていない!」と、
なじってくるだろう。
その姿が目に浮かんだ。

いや、正直にいえば、
殺したいと思っても
不思議はないだろう、
そう感じる自分さえいた。
しかしもちろん、
それを認めるわけにはいかない。
いったい、どうすれば良かったのだろう。

* *

ある日、上司から突然手渡された原稿は、
こんな書き出しで始まった。

著者は、心理臨床学の泰斗・河合隼雄氏から、
40年以上にわたる薫陶を受けてきた
臨床心理士の皆藤章氏。

相談の主である女性は、
すでに成人を過ぎており、
まだ幼い頃、工事用の土砂が山と積まれた
家の近くで遊んでいたとき、事故に遭って、
生涯消えない傷を身体に
負うことになったのだという。

近所の人と世間話に興じていた母親の目が
離れた隙に起きた事故だった。

決して消すことのできない過去と
母親への憎しみを背負って、
20年近い人生を生きてきた
女性が発した冒頭の言葉に、
臨床の専門家は
一体どんな答えを返すのだろう。
息を呑む思いで読み進めていったが、
結果は予想だにしないものだった。

* *

ナイフを手にした
この女性に見下ろされながら、
これまでの道往きが走馬灯のように
浮かんでは消えていった。
いつしか、わたしの目から
涙が溢れてきた。
その姿を見せまいと堪えるのだが、
呻き声とともに、
涙は零れていった。

そんな姿を、この女性は
どんな思いで見ていたのだろう。
きっとわずかな時間だったに
ちがいないのだが、
途方もなく長く、苦しく
感じる時間だった。

そのうち、ナイフを
バッグにしまって
椅子に腰掛けたこの女性は、
静かにいった。

「もう二度としません」

嵐の海が凪いだようだった。

そんなことばが、
いったいどこから
生まれてきたのだろう。
この女性になにが起こったのだろう。
わたしにはわからなかった。
おそらく、この女性もどうして
そんなことばを口にしたのか、
わからなかったのではないだろうか。

* *

衝撃のプロローグに
引きずり込まれるようにして、
私はその晩、原稿をめくる手を
抑えることができず、
深夜2時30分までかかって
一気に最後まで読み終えた。

何ものかに取り憑かれたかのようだった。
読むことを中断することは
決して許されない、
そんな緊迫感で、
しばらく胸がドキドキしていた。

前述した通り、本書は
河合隼雄氏の愛弟子である著者が
初めて挑んだ一般書である。
脱稿までに丸5年。

恩師から学んだ心理臨床の実践を、
専門家ではない人たちにも
理解していただきたいという
思いから世に出したものだという。

20年に及ぶ編集者人生の中でも、
味わったことのない
圧倒的な読後感を抱きながら、
この本は、読んだ人を
必ず救うものになると確信した。
一人でも多くの方に届けたいと強く感じた。

ただ、巷に溢れるノウハウ本のように、
ここには何かの解決策が
示されているわけではなく、
即効性が期待できるものでもない。
しかし、だからこそ、
この本を決して埋もれさせてはならないと、
なんとか多くの人に
届けたいという思いでいる。

たったひとりでいい、
あなたのことをほんとうに
わかってくれるひとがいれば、
あなたは生きていくことができる――。
本書に記されたこの言葉が、
誰かの胸に届くことを心から願って。

………………………………………………

河合隼雄氏の愛弟子が綴る
衝撃と感動のドキュメント

『それでも生きてゆく意味を求めて』

皆藤章・著

コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ヘルパーさんが来ない&パナマ

2024年07月13日 22時24分00秒 | 介護

 今日は雨が降るように言っていましたが、アプリを見ても「○○時頃から雨が降ります」と出ますが、その時刻になっても降らず、どんどん先送りになって、結局、夜になってもまだ降っていません。

湿度は高かったですが、薄曇りや曇りだったせいか気温も上がらず、エアコンなしで大丈夫でした。

夜は扇風機もなしでOKでした。

今夜も同じような感じかなと思います。

 

 

 

  朝のお散歩から

いちじくの季節がやってきました。  

このおみかん、順調に育っています。

たくさん実が生っています。

 

 

裏口から教会に入ると、ちょうどこれから赤磐市のベトナム農園に出発しようとされていた神父様とベトナムの人達に出逢いました。

神父様は変わらず柔和そうで「お久し振りです。お元気でしたか。」と流暢な日本語。

いつもとてもお忙しそうです。

 木槿の花がいっぱい

 

 

トマトをこのように丁寧に育てておられるお宅発見

柵は手作りみたい。

ここのお宅は和のお庭が素敵なのですが、玄関に大きなアンパンマンの石像もありますので、もしかしたら石屋さんのお宅

 

 

 

  我が家の畑

今日もかぼちゃの花が~。

 

キャベツが結球し始めたような。。。

今はまだ芽キャベツみたいです。

朝な夕なこのトンボに出会います

2輪目の白い朝顔が咲きました。

 

 

この時期、ペチュニアがかわいい

 

 

コキアも大きくなりました。

クリニックで20円だったか40円だったか。

 

頂き物のアレンジの日々草かな

かわいく咲いてくれています。

 

 

バラは四季咲きとは言え、何だか元気がありません。

 

 

今日は西側の朝顔は咲いていないと思っていましたが、洗濯をする時に窓から見ると朝顔発見

あら~、咲いてくれていたのね~

葉っぱの陰で見えませんでした。

 

 

 今朝は7時にヘルパーさんがいらっしゃいませんでした。

遅れることのない方ですが、渋滞とか思いつつ、7時15分まで待ちました。

母は寝ていましたので、全然急ぎはしていませんでしたが、もしかして事故とか心配になり、ヘルパーステーションのオーナーさんに電話をしました。

びっくりされて「電話をしてみます」

でも、「出ません。近くに居ますのでこれから行きます」

どうされたのだろうと心配をしていたら8時頃お電話。

オーナーさんは「気を付けて。」

何でも転ばれたとか。

でも、オーナーさん曰く「多分、寝過ごしたんじゃないかと思う」と言われていました。

ひとまず安心しました。

事故でも脳梗塞でもなかったので。

するとオーナーさんが「以前、あったんですよ。知り合いのヘルパーが利用者さんの前で血管が切れて救急車で運ばれたけれどそのまま亡くなったことが。しかも40歳でした」

もうびっくり

そんなこともあるのですね。

利用者さんもさぞびっくりされたに違いないです。

それを言うと「多分、一生心に残るでしょうね」

そして、「もし僕が倒れたら救急車だけお願いします」とおっしゃったので

「私もびっくりして倒れるかも」と答えると

「じゃあ、一緒に救急車に乗りますか」

私「母も連れていかないといけないので3人ですね」

と、最後は笑えない笑い話で終わりましたが、オーナーさんがつくづく「今日はコロナで1軒キャンセルになったんですよ。ですから、すぐに来ることが出来ました。神さまはよくして下さってる」とおっしゃっていました。

そのキャンセルになったお宅、障害の方のお宅ではないかと思うのですが実は大変。

「お母さんがコロナになったけど、来てもらえる」と言われたそうですが

「いやいや無理でしょ」(オーナーさんの心の声)

「お父さんもコロナになったんだけど」

「益々、無理でしょ」(オーナーさんの心の声)

大変です

 

 

 

 今日の果物

 

 

 

 今日の母はとっても食欲旺盛でたくさん食べてくれました。

いつものパン粥(レーズンバターロール2個と卵とエンシュア)・・・概ね漆器の丼風に8割方いっぱい。

ムース食(すきやき)1パック

お素麺大匙3杯分くらい

バナナ3分の2本

卵プリン数口

そして、昨日よく寝ていたため忘れていたこの桃、3分の1弱くらい

 

最盛期ではないので、甘くはありましたがいまいちかな。

お薬を飲むヨーグルト少々。

その後、眠たくなったようで10時半頃から「寝ようかな」

 

 

 

 あとはお昼ご飯にいなり寿司。

(ミキサーにかけやすいので助かっています)

昨日は久々にしじみのお味噌汁を70ccくらい飲んでくれましたが、お味噌汁はもう飲まなくなりました。

昨日のお昼はいなり寿司2個にコロッケとは冷麺を少し食べました。

パン粥といなり寿司が主食としては今一番好きで、特に朝のパン粥は「美味しい」「美味しいが」を連発

食べていない時は今週の母は概ね「眠り姫」でした。

 

 

 

 

 母が寝ている間、世界放浪の旅に出ました。

今日のお国は「パナマ」。

将来クルージングを夢見ている私としてはパナマ運河が通れなくなるかもというニュースが気になっていましたのでお聞きしてみたところ、それは昨年のことらしく、エルニーニョEl Niño現象が原因だったそうです。

運河の地図の左方向に湖があってそこから水を引いたようです。

(ガトゥン湖という人工湖・・・多分 Water resevoir)

この地図で説明して下さいました。

 

公用語はスペイン語。

人口400万人。

パナマ運河を素通りするだけの観光客は半分くらいとのことでした。

こちらが伝統料理のチキンスープSancocho

パナマでは牛肉も魚もとても高いので安いチキンがよく食べられると言われていました。

Yucca

おいもの一種

どれがお料理の中のお芋か忘れてしまいました。

チキンライス

この色の正体はこれAnnatto - achiote

朝食はこれらをシェアして食べるそうです。


Fried dough揚げパンや左角のはCarimañola

中にはチキンとかポークとかお野菜も入っているそうです。

もっといろいろ紹介したいと言われましたが時間切れ。

又、お話を伺いたいです。

明日はウズベキスタンの予定です。

 

 

 

・°*100歳までのカウントダウン

母100歳まであと303日・°*

 

 

 

 

★致知一日一言 【今日の言葉】2024.7.13

 

稲盛和夫氏が高校生に行った伝説の講演録

 

まずは一切の疑念を持たず、
「何としてもそれを実現したい」という
強烈な「思い」を抱くことが
何よりも大切です。

そうすることで、
実際に「思い」は必ず
実現していくのです。

━━━━━━━━━━━━━━
稲盛和夫(京セラ名誉会長)
〇月刊『致知』2021年4月号
特集「稲盛和夫に学ぶ人間学」より
━━━━━━━━━━━━━━

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新しい朝顔が咲きました

2024年07月12日 21時37分00秒 | 介護

 今日も雨の朝でした。

でも、お昼頃でしたか、陽が射し始めて暑くなってきました。

(それで、最高気温30.2℃だったのかも・・・最低気温は21.9℃)

梅雨が明けたのではないかと思うほど。

でも、さわやかでしたので、エアコンなしで十分でした。

 

 

 

 ゴミを出しに行きながら、幸せ感を感じつつ(また、理由なく~)、帰ってくると新しい朝顔が咲いていました。

南側には違う種類が4種類。

頂きものです。

 

こちらは唯一私は買った朝顔だったと思います。

珍しい朝顔を探していましたが見つからず、しかも枯れそうな苗でした。

3輪目かな。

こちらはいつもの西側の朝顔。

14輪目。

もう1種類植えていますが(こちらも頂きもの)、まだ咲きません。

かぼちゃの花がよく咲きますが、実が生るのかな。

今日も2輪咲いていました。

トマトの色が薄いですが、割れそうなので熟れているようです。

朝のヘルパーさんに収穫して持って帰って頂きました。

ミニトマトも結構ありました。

今日、お昼頃、庭師さんが来て下さったのですが、トマトに水をかけたら割れると言われていました。

それで、割れていたのかも~

 

今日の果物

何か忘れていると思ったらバナナ

食事の時に、母に何かわかりやすくて元気が出るYou Tubeはないかと探していたら「ひすいこたろう」さんのこれを見つけました。

運を良くするには自分がご機嫌でないといけないと言われていました。

そして、「ごきげんな心を作る5つのタイプ」

ついでに今日のブログネタにしようとパシャ

この5つを全部しないといけないのではなく1つ自分のやりやすいものを見つけてすると、他の4つも自動的に底上げされて、ご機嫌になって運が良くなるということでした。

お試し下さい

 

 

 

 今日の母は傾眠傾向が強かったですが、2食(朝、昼)はしっかり食べました。

訪問看護師さんも、訪問リハの方も新しい方でした。

何度か2人体制でいらしたことがありますし、ショートでもお世話になっていますので慣れたもの。

リハの時は特にお目々パッチリで、ベッドとお台所を歩いて往復しました。

がんばりました

 ケアマネさんもいらっしゃいました。

クリニックのショートの件では怒りが収まらないという感じでしたが、ドクターも看護師さんも、「QOLが大事だし、他のショートでいろいろゲームをしたりして楽しく過ごしているので、クリニックのショートにこだわる必要はない」

ただ、リハとしては「出来れば~」と言う感じですので、又、クリニック側で話をして下さるそうです。

医療体制とリハがあることがクリニックのいい面ですが、ケアマネさん同士の関係が険悪ですし、総合判断では今主に使っているショートがいいかなと思います。

あとは再来週行く、後楽園のそばのショート。

ここもリハがあります。

昔使っていたショートなので、少し遠いですが、ここが良ければこちらをクリニックの代わりにと考えてはいます。

 

 

 

 

 今年最後の紫陽花です。

 

 

 

 

 

・°*100歳までのカウントダウン

母100歳まであと304日・°*

 

 

 

 

 

 

★致知一日一言 【今日の言葉】2024.7.12

 

毎朝、磨き直さねばならぬもの

 

心構えというのは、
どんなに磨いても
毎日ゼロになる能力である。
毎朝歯を磨くように、
心構えも毎朝
磨き直さなければならない。

━━━━━━━━━━━━━━
田中真澄(社会教育家)
〇月刊『致知』2009年7月号
特集「人生をひらく」より
━━━━━━━━━━━━━━

疲れが出る金曜日ですが、
心構えを磨き直し、
今日もよい一日を過ごしましょう!

 

 

 

 

 

★バラ十字会メールマガジン(毎週金曜日配信)

 

ダリの絵画を読む(聴く?)


バラ十字会日本本部AMORC


【ぜひお友達にもこのメルマガを教えてあげてください】⇒

 

https://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M1134112&c=3304&d=ed84

 

こんにちは。バラ十字会の本庄です。


━…………………━

文章を以下に転載していますが、サルバドール・ダリの様々な絵画の写真、筆者による構成のスケッチ、美術館のカタログへのリンクなどが掲載されていますので、ぜひ下記のリンクをクリックして、公式ブログでお読みください。

https://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M1134113&c=3304&d=ed84

(サルバドール・ダリの絵画を読む(聴く?))

━…………………━


東京板橋では、フヨウやヒメヒマワリの花が咲いています。

もうすぐ梅雨明けですね。


いかがお過ごしでしょうか。



山形県に住んでいる、オヤジバンドでの演奏とお祭りが、三度の飯よりも好きだという私の友人から寄稿がありましたのでご紹介します。

▽ ▽ ▽

『サルバドール・ダリの絵画を読む(聴く?)』- バラ十字会日本本部AMORC 理事 山下 勝悦



某イラストレーターの言葉です「絵画は聴くもの、音楽は観るもの」とか。

う~ん・・・何となくわかるような気がするのですが(笑)。


といったことで、今回は摩訶不思議な絵画の話になります。

皆さん方も私と共に不思議の旅に出かけてみませんか?



つい先日、6月20日放送のNHK『日曜美術館』を見ての感想です。

当日のテーマはシュルレアリスム(超現実主義)で最初の題材はサルバドール・ダリの『ヴィーナスの夢』でした。

この作品は彼が好んで描いたモチーフを一枚にまとめた作品との説明でした。



付記:この絵画のカタログをガラ・サルバドール=ダリ財団の下記のWebページで見ることができます。

https://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M1134114&c=3304&d=ed84



(ダリ劇場美術館の写真:スペインのカタルーニャ州フィゲラスにあるダリ劇場美術館。この地はダリの故郷であり、舞台下の地下室には彼が埋葬されている。)


そしてその内容は、3個の柔らかい時計、燃えるキリン、蟻、顔と胸に引き出しがあり頭にロブスターを乗せた人間・・・等々が描かれています。


私はダリの描くこういった意味不明な絵が、なぜかすごく好きなのです。


(ダリ作『ヴィーナスの夢』の構成の筆者によるスケッチ)



番組内での説明では、燃えるキリンは宇宙の終末論的モンスターで、戦争の恐怖と不安を背景として生まれたのだそうです。

柔らかい時計は彼の妻が食べていた柔らかくなったカマンベールチーズにヒントを得て描いたのだとか。それ以上の説明はありませんでしたが、改めて良く見ますと3個の時計の文字盤の表示がそれぞれ違っている事に気が付きました。



手前の時計の時刻表示は普通に右まわりに1、2、3となっていますが、隣の時計の表示は数字がランダムに並んでいます。

ちなみに右まわりに3、8、7、6、10、11となっています。更に3つ目の時計は数字の並び順が逆となっています。

つまり右まわりに12、11、10、9、となっています。ここは時間の流れが逆転している? ということでしょうか。



このことに関して、ダリはアインシュタインの相対性理論を知っていた(理解もしていた?)。

そしてそれが彼の無意識の中で熟成されてこういった形で出て来たのではないでしょうか? といった解説がありました。


(写真:ダリ作『ロブスター・テレフォン』(1963年))


次は1947年に描かれた『ビキニの3つのスフィンクス』というタイトルの絵画でした。


付記:この絵画のカタログをガラ・サルバドール=ダリ財団の下記のWebページで見ることができます。

https://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M1134115&c=3304&d=ed84



アメリカが行った核実験(ビキニ環礁)を意識しての作品なのだそうです。


(ダリ作『ビキニの3つのスフィンクス』の構成の筆者によるスケッチ)


画面の前部と後部には人間の後頭部と思える絵柄が。加えて頭髪とおぼしきモノは煙のようにも見えます。

番組内では煙のように見える髪の毛は原爆のキノコ雲を示唆しているのでは、といった説明がありました。



さらに画面の中央部には向かい合わせに立つ2本の樹木が描かれています。

これも人間の後頭部のように見えます。

番組内の説明でもそうありました。



さて、ここからは私個人の感想になります。


この絵画を見た瞬間に「ん? これって神話の時代から未来に向かう人類の歴史を描いているのでは?」と思いました。


向かい合わせに立っている2本の樹木はアダムとイブ、そして緑色の葉はエデンの園に私は思えました。

そして前面に描かれた人間の後頭部は科学技術の進歩によって作り出された人類の危機(核兵器の開発競争など)を示唆しているのではと思えました。

そして山の向こうに描かれた後頭部は未来の世界を暗示しているのでは?



ダリは『人類は未来永劫、危険を孕んだ科学技術の開発(核兵器など)を止めることはないだろう』と言っている様に私には思えました。


でも……ダリは未来の空を明るい色で描いていますよね……



抽象画は解る解らないで観るのではなく、好きか否かで観る(聴く)ものなのだそうです。


これも某イラストレーターの言葉です。


(写真:ダリ作『時間のプロフィール』)


人は絵画を観るとき、音楽もそうですが、どうしても言葉で理解しようとします。

これは言語を獲得した人間の自然な行為なのだそうです。



そうです。このブログ(メルマガ)の6月28日の記事、『サヴァン症候群』の話にリンクしてきますよね。


参考記事:『脳に眠る無限の可能性|サヴァン症候群とラベリングからの右脳の開放』

https://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M1134116&c=3304&d=ed84



こんな逸話があります。アインシュタインは研究に没頭すると一時的にだそうですが言葉が口から出なくなることがあったのだそうです。

一過性の失語症を発症する時があったのだそうです。

もしかするとアインシュタインは無意識のうちに左脳の活動を停止させていたのではないでしようか。


そう考えてみますと、ダリもこういった精神状態で絵を描いていたのではないでしようか?


(サルバドール・ダリの肖像写真、カール・ヴァン・ヴェクテン撮影(1939年))



ということは、私たちがダリの絵を理解する為には左脳の活動を止めなければならない…のかな?


もしそうだとしたら、私のような凡人にはとうてい無理な注文ですよね(笑)。


好きか否かのレベルで楽しむことにします。


△ △ △

再び本庄です。

宇宙探査がかなり進んだ21世紀の現在、「人類最後のフロンティア」と呼ぶにふさわしいのは「宇宙」というよりはむしろ「人間の心の奥深く」ではないかと、ある人が語っていました。



ダリの作品に登場する品々や生きもの(のようなもの)を見ると、ダリの心の奥深くの何かが湧き上がってきて、このような奇怪なものになっているのだろうなと感じます。


奇妙であったり、懐かしかったり、限りなく貴かったり、時として強烈な感情に結びついている何かで人の心の奥は満たされているのでしょう。



そして私たちは、夢にその一部を垣間見ることがあります。


参考記事:『シャドウとひとつになる』

https://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M1134117&c=3304&d=ed84



以下は前回の山下さんの記事です。


参考記事:『漫画家、鳥山明さんを悼む|「Dr.スランプ」の思い出』

https://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M1134118&c=3304&d=ed84



では、今日はこのあたりで

また、お付き合いください(^^)/~


==============

■編集後記

フヨウとヒメヒマワリの花のようです

https://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M1134119&c=3304&d=ed84

==============



コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

桃の季節到来&母の帰宅と眼科往診

2024年07月11日 20時20分20秒 | 介護

 昨夜はよく降りました。

雷もすごかったです。

ちょっと怖いくらいでしたが、でも、すぐに寝ていました

この雨のお陰で、今日も涼しく、エアコンなしで過ごせました。

 

 

 

朝顔が昨日3輪咲いて11輪でしたので、今日で13輪になりました。

この品種だけ毎日がんばってくれています。

 

これはもしや、かぼちゃ

 

ガーベラが咲きました。

 

今朝の果物

今日はお抹茶が飲みたくなって点てました。

 

 

 

 

 スーパーにも白桃が並ぶようになりました。

今年の桃は甘いそうです。

母が帰って来たら食べようと思っていましたが、食後寝てしまいましたので、明日までお預け。

 

 

 母の帰宅はいつもの15時40分から16時前後になるとお電話を頂いていましたが、帰って来たのは16時半。

ちょうど良かったのは眼科のドクターが16時過ぎにいらっしゃる予定でしたが、急きょ16時半にクリニックを出られることになりました。

母が帰宅したのは16時40分位。

今日はカラオケを楽しんだようです。

カルタをしてる写真も含めて2枚介護ノートに写真を貼って下さっていました。

「お腹が空いた」と言うのでパン粥を作りました

そこへドクター。

2週間前に新しい目薬と粉薬が始まり、大抵2週間くらいで眼圧が10くらい下がるそうですので「18位になっていたらいいなあ」と楽しみにいらしたそうですが、母の右目の眼圧は25。

本当は手術が出来たら一番いいそうですが、年齢的なものがありますので、緑内障専門のドクターに相談して下さることになりました。

その後は17時半からいつものヘルパーさんが来て下さり、ベッドイン。

「まだ食べる」と言っていましたが、すぐに寝てしまいました。

 

 

 

 

 

・°*100歳までのカウントダウン

母100歳まであと305日・°*

 

 

 

 

 

 

★致知一日一言 【今日の言葉】2024.7.11

 

宮沢賢治の幸福論

 

世界全体が幸福にならないうちは
個人の幸福はあり得ない。
━━━━━━━━━━━━━━
宮沢賢治(詩人)
○月刊『致知』2017年8月号
特集「維新する」より
━━━━━━━━━━━━━━

コメント (6)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

暑くなかったので&幸せで

2024年07月10日 22時35分00秒 | 家のこと

 今日は過ごしやすかったです。

ちょっと晴れた時間もありましたが、概ね曇りで気温も低め。

(今日の最高気温は30.6℃、最低気温は25.8℃)

雨が降ったりした時間帯もありましたが、夜に入ってからは本格的に降っています。

 今日もエアコンが必要なかったですが、昨夜もエアコンなし。

扇風機をかけていたら寒くて目が覚めました。

 

 

 朝のお散歩より

 

 

 

もう菊が咲いていました。

 

 

空が曇っていてまるで墨絵の世界。

見上げるとまるで龍雲図を見ているかのよう。

もしや龍ちゃんに見えないかなと写真を撮ったら、見えませんか

大きな目がふたつと口の周辺っぽく

 

龍は想像上の生き物とされているようですが、エネルギー体とは言え、昔このように見えた人がいるのでしょうね。

天使も本当はエネルギー体だそうです。

私は詳しいことはわかりませんが、スピ系の方のお話を聞くと、人間とは進化系が違うそうです。

妖精は進化したら天使になるのでしたっけ

でも、以前、ホオポノポノがとても流行っていた頃、「天使からの生まれ変わった非常に珍しい人もいる」というのを聞いたことがあります。

それに、私はよく「龍神系」と言われます、スピ系の人に。

自分でも何となく納得ですが、では、別の宇宙から来たとか、ベガから来たとか、金星経由で来たとか言われたり、かと思えば、レムリアの時代にも生きていたとか、いくつか前の前世ではヒンズー教の僧侶だったとか、タイの修行僧だったとか、まあ、あれこれ言って下さいます

それはどうなるの

どれも本当の気もするし。。。

きっと死んだら本当のことが明らかになりますね。

変なことを言っていると笑って下さ~い

でも、ちょっとロマンがあって楽しくなります

 

 

今日は朝顔が3輪も

ジャスミンも、

 

紫陽花も、

 

多分、今年最後のお花。

朝顔は7時位には咲きました

 

トマトの収穫をしました。

今日の果物

 今日は定期受診の日でした。

暑かったら行くのは止めようと思っていましたが、曇っていたので行きました。

待ち時間が長く、スマホも忘れて行っていましたので、バッグの中身の整理をしたり写真を撮ったり。

 

 

今月は歯科の定期検診もあります。

これも「暑かったら涼しくなってからでいいですよ~」と言われています

暑いと籠りますが、今日のように涼しくはないですがさほど暑くないと、俄然、力が湧いて来て本当によく動きました。

電気店に行ったり、銀行に行ったり、娘一家の用事をしたり、お買い物に行ったり・・・帰ったら7時を過ぎていました。

ちゃんとメモを取って行く場所、することを順序だてて書いていましたので、スムースに事が運び、全部終えることが出来ました。

あ~、すっきり

久々に歩数も8000歩くらい

歩くと違和感があり少し痛いですが、昨日の今日でヒアルロン酸注の効果もあったのだと思います。

今朝は4時ちょうどに起きましたので少し眠い

 

 

 

 

 

 ところで、私は毎日十分幸せなのですが、時折、訳もなく「あ~、幸せだわぁ~」とつくづく幸福感に浸ります。

それを友人に話すと「へぇ~、理由なく ニュースなどを見て、恵まれているなぁと思うことはあるけど、訳もなくはないかな」

やっぱり、私は母曰く「おめでたい人」なのかも・・・と思います

 

 

 

 

 

 明日はずっと雨のようです。

あとはショートから帰ってくる母を迎えるだけですので、それまでは又がんばってレポート作成をします。

 

 

 

 

 

 

 

・°*100歳までのカウントダウン

母100歳まであと306日・°*

 

 

 

 

 

★致知一日一言 【今日の言葉】2024.7.10

 

未来がいつか過去を変える時が来る

 

私は未来がいつか過去を変える時が来る
と思っているんです。
いまが充実していなかったら、
過去の体験は失敗で終わっていたかもしれない。
でも、いまが満たされていたら
「あの体験があったから」と言える。
━━━━━━━━━━━━━━
岩朝しのぶ(日本こども支援協会代表理事)
○月刊『致知』2024年8月号
特集「さらに前進」【最新号】より
━━━━━━━━━━━━━━

●増え続ける児童虐待や育児放棄を
何とかしたいという一念から
認定NPO法人「日本こども支援協会」を立ち上げ、
里親制度の啓発活動を続ける
岩朝しのぶさんの言葉です。

コメント (6)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ペインクリニック⑲&リハ⑲へ

2024年07月09日 21時40分40秒 | 医療、病気

 今日も暑かったですが、真夏日の35℃までは上がらなかったようです。

最高気温34.7℃、最低気温25.7℃。

しかも、夕方、夕立があって一気に涼しくなりました。

 

 

 

 今朝も空が綺麗でしたので、うっとりしつつ、写真を撮りました。

写真に撮ると大したことないように見えます~

 

 

 

東の空

 

 

朝から暑いので今日も早々に帰りました。

 

昨夜、水遣りをしていたら、カラーが又咲いているのを発見

先に咲いた2本はぐんぐん伸びて、葉の高さを超して、段々と緑に変わるようです。

 

かぼちゃの花が2つ。

 

このかぼちゃ、黄色になっているので育っていない

こういう品種

かぼちゃは初めてなのでわかりません。

ナスの3本目

6時過ぎにはまだ西側の朝顔は咲きません。

でも、今日も2輪です

 

 

今日の果物

しばらくして見ると咲いていました

11輪目です

 

 午後から曇ってきましたので、今日は昨日ほど暑くないと思い、15時からのペインクリニックの午後診療をウェブから予約しました。

午前診療の方がたが5人

14時50分まで外で待っていらした方々が16人。

私の番号は午後の41番。

電話で診察時間をお聞きしてみたら多分7時位とのこと。

その都度、ネットで確認出来るそうなので、「それを見てお越し下さると一番待ち時間が少ないかと思います」

なるほど

早目に水遣りをして家に入った途端、雷がなって夕立。

結構降りました。

一気に涼しくなりましたので、感謝、感謝

注射後は12時間シャワーもダメなので、シャワーを済ませ髪を洗って番号を見るとなんと「診察終了37番」

慌てました~。

雨上がりに、虹が見えないかな~と思いつつ運転していたところ、薄っすら見えまました。

これは多分、アーク。

運転しながら時々、順番をチェック。

でも、いつまで経っても37番

そこで、藤田神社へ。

 

暗くなって灯りが灯った時に来たのは初めて。

益々、結界が張られて特別な空間という気がしました。

花手水は暑さのせいか、夕方のせいか、お花は浮かんでいなくて、この通りすっきり。

久々にこの光景を見た気がします。

それからクリニックへ。

見るとまだ37番のまま

行くまでに25分から30分はかかるのですが・・・。

そこへ、リハ室の女性スタッフがいらして「ちょうどリハの空きが出たのですが受けられますか

滅多にないことです。

そこで、まだ待ち時間がありそうでしたので、リハもお願いしました。

「かなりいい感じになってきた」と言われましたが、実際、ここのところだいぶ痛みも引いて来て良くなりました。

 

診察でも「いい感じなのでこのままがんばりましょう」

今日は定期検査(骨密度と血液検査)がありました。

その後、ついでに木曜日の為のお買い物を済ませ、そのまま街中まで車を走らせました。

1週間前、日本料理のお店「麦」にハンカチを忘れていました。

母が自宅にいましたし、その後はお店が日、月お休みでしたので、今日、ちょうど良かったです。

マスターシェフがにっこり。

忙しくされていましたが、「スタッフがすぐに気が付かずご迷惑をおかけしました」

「又、お越し下さい」

「はい。又、伺います。」

夜になると涼しいですし俄然元気になり行動する私はまるで夜光虫~

 

 

 

 

 今日はやっと朝から真面目にバラ十字会のレポート作成をがんばりました。

途中で小一時間、Zoomで将来設計のお話を聞きましたが、それ以外は集中。

3分の1、終わりました。

来週の誕生日前には仕上げたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

・°*100歳までのカウントダウン

母100歳まであと307日・°*

 

 

 

 

 

★致知一日一言 【今日の言葉】2024.7.9

 

【編集長取材手記】勝運を引き寄せるもの

 

やってきた実績によって
態度が変わるというのは、
監督として一番信頼をなくす。
━━━━━━━━━━━━━━
栗山英樹
(北海道日本ハムファイターズ
チーフ・ベースボール・オフィサー)
○月刊『致知』2024年8月号
特集「さらに前進」【最新号】より
━━━━━━━━━━━━━━

●「編集長取材手記」
名将・栗山英樹と名僧・横田南嶺が
語り合う「勝運を引き寄せるもの」
こちらから

コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

空と雲&行けなかったお茶のおけいこ

2024年07月08日 21時03分30秒 | 自然

 今日も暑かったですね~

最高気温は35.1℃、最低気温は25.8℃。

明日からは少し気温が下がるようです。

 

 

 

 昨夜は七夕でした。

「7月7日前後の21時過ぎ、東の空を見上げると、いくつか星が見つかります。 とくに明るい2つの星が「おりひめ星(織姫星、織女星)」と「ひこ星(彦星、牽牛星)」です。 北寄りにあり、先に昇ってきて高いところに見える明るい方の星がおりひめ星です。」とネットで読みましたので、21時過ぎに2階の東の窓から覗いてみました。

明るい星が見えましたがもしかしてそれ

わし座の一等星アルタイルが牽牛星(けんぎゅうせい)、彦星(ひこぼし)、こと座の一等星ベガが織女星(しょくじょせい)、織姫星(おりひめぼし)。

以前、娘と清里に行った時に、宇宙のどこから来たかわかるという方がいらして、おもしろがってお聞きしてみたところ、娘はアイタイル、私はベガから来たと言われました

本当かどうかわかりませんが、何ともロマンがあります~

 

 

 

 

 今朝は暑かったので、お散歩も早々に帰って来ました。

空が綺麗で面白かったので、今日は空の写真がほとんど

 

公園の入り口

こんな雲も珍しい

 

 

肉眼では雲の周りが虹色に見えたのですが、このカメラは色が薄めなので写っていません。

 

 

 

 

空ばかり見上げて、お散歩から帰宅。

 

 

今朝の畑

 

6時はまだ朝顔が咲きません。

 

昨日植えた桔梗も色がこんなに薄いです。

本当は普通の紫色です。

朝顔にもトマトにも蟻がたくさん来ています。

甘いのでしょうね。

 

 

 

紫陽花ももう終わりです。

 

バラは暑さのせいか葉がたくさん落ちます。

枯れそう

このバラは「シェヘラザード」です。

 

 

 

 

 今日の果物

サラダの後に食べますが、美味し~い

 

サラダのこの豆が美味しい

カリカリ梅やひじきが入っていてさっぱりしています。

ほかにもこんにゃくも

この夏らしいレモンティーブレッド、美味しかったのですがちょっと私には甘過ぎました。

 

サラダにはヒマラヤ岩塩を使っていますが無くなったのでAmazonで別のメーカーのものを初めて購入していました。

「数億年前の岩塩ですので消費期限等はありません」

数億年前・・・

 

サラダ以外は沖縄のお塩とか以前は伯方の塩等を使っていましたが、どのお塩も精製塩ではないので吸水性があり気を付けないと湿って溶けます。

 

空に興味津々

 

 

お洗濯物があっという間に乾きました。

その頃には朝顔が2輪咲いていました。

昨日1輪咲いて7輪目でしたので、今日で9輪。

 

 

今日も風が強いので雲が速く流れていました。

一通り家事が終わったら、リビングにお籠り。

 

あまりにも暑いので、ペインクリニックは諦め。

暑い中、並べません

その後、お茶のおけいこがあったのですが、それも断念

今日は涼しい設えだったみたいで、お菓子もきっと七夕っぽかったに違いありません。

お茶の好きな私が行けなくて、好きではないそうな(むしろまどろっこしくて嫌いだそうです・笑)友人達は行かざるを得ない

何とも気の毒

何とも残念

キャンセルは天気予報を見て早めにしました。

あとで、写メを送ってくれるとの約束でしたので、夜に送ってくれました。

時間が前後しますが・・・

 

梶の葉

「昔紙が無かったのでこれに七夕の願い事を書いた」そうです。

 

お茶碗がガラスで何とも涼しげで素敵

 

和菓子は「天の川」

 

きぞう棗(多分、亀蔵棗)

 

和菓子は「綿雪」

干菓子は「天の川と笹」

 

お庭に咲いているグラリオーサをこんなにもらって帰ったそうです。

 

 

 

 時間がお昼に戻って・・・

もう朝の写真しかない(その時は)ので(暑くて出られない)、お昼ご飯の写真を1枚。

ご飯は白米に玄米と十穀米を混ぜて炊きました。

トマトは自家製。

 

 

 

 午後、ショート先からお電話があったのでドキッとしましたが、帰宅時間が少し遅れるとの連絡でした。

母は自宅と同じように過ごし、イベントには喜んで参加しているようで安心しました。

又、ケアマネさんからもクリニックのショートからの電話に「大人にならないといけないのだけど・・・」とご立腹の電話がありました。

 

 

 

 

 その後、ポストにずっと以前に行っていた整骨院の院長先生から「解脱」についての記事が届きました。

お誕生日を意識して毎年入れて下さっているようです。

当時、お互いに「解脱」に興味関心がありそのことばかりよくお話ししていました。

ですから、もう何年も経ちますが(まだ仕事をしていた頃なので、多分)、こうして分かち合って下さいます。

でも、実は私の中で「解脱」はもう関心事項ではなくなりました。

ですから、プロフィールも直さなくちゃと思いつつ・・・。

解脱したら終わりではなく、解脱してもまだまだ道は続きます。

解脱が悲願でしたが、今はもう自分だけのことに囚われなくなりました。

今は別の望み、願い、目標もあります。

それを果たしたいと思っています。

又、近々プロフィールを書き直します。

 

 

 

 

・°*100歳までのカウントダウン

母100歳まであと308日・°*

 

 

 

 

 

★致知一日一言 【今日の言葉】2024.7.8

 

逆境に処しては断じて行え。
決して惑うてはならない。

━━━━━━━━━━━━━━
渋沢栄一(日本資本主義の父)
○月刊『致知』2021年8月号
特集「積み重ね 積み重ねてもまた積み重ね」より
━━━━━━━━━━━━━━

7月3日、新紙幣が発行されました。
1万円札にデザインされる肖像は、
ご存じの通り「日本資本主義の父」
と称される渋沢栄一。

月刊『致知』では、2022年3月号にて
「渋沢栄一に学ぶ人間学」をテーマに、
一冊まるごと渋沢栄一の特集を組み、
大きな反響を呼びました。

約500の企業の設立や
約600の社会的事業の支援に携わった
偉大な成功者の実践録と遺した言葉には、
いまを生きる私たちの仕事や人生を
繁栄発展へと導く珠玉の法則が詰まっています。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

七夕のプレゼント&99歳の母の秘訣

2024年07月07日 21時58分00秒 | 介護

 今日も暑かったものの昨日ほどではなかったかと思いましたが、昨日と同じ35.6℃の猛暑日だったようです。

今朝もいつものように目が覚めました。

母がショートに行く日でしたので、私の寝室もショート期間中は2階に戻りますしあれこれ移動させた後、リサイクル品を持って行く用事もあり買い忘れたものもありで、スーパーに行きました。

5時半頃だったと思いますがすでに普通にお客さんが入っていました。

皆さん、暑くなるから早めにお買い物へ。

考えることは同じですね。

帰りにいつものように教会に寄って帰ろとした時、東の空に虹が見えました。

え~ 、待って 待って 消えないで

ハロ現象でした

空からの七夕のプレゼントのように思えました

 

上空で見かけることが多いですが、日の出の時に見るのは初めて。

とても大きかったです。

 最初は木の陰からこのように見えました。

 

ちなみにスマホで撮影すると光線が写りました。

撮る時に肉眼でもすでに見えました。

 

このスマホの写真をシスターに送ったところ、今おられる千葉の市原の教会の方に見せられたそうです。

すると「二枚をあわて、縦の光  横の光、イエス様の十字架、虹を神の約束 、平和のシンボル、 大きな丸はご聖体のよう、中心の光の上に明けの明星の金星、マリアの輝く星ですネ。素晴らしい輝きですネ。とても美しいです。」

すごい

全く思い付きませんでした

 

 

 

今朝の朝顔

西側のせいか、まだ6時頃には完全に開いてはいません。

でも、食事の時に写真を母に見せると「まあ~」と嬉しそうでした。

 

 

 

スーパーでこの桔梗を3ポット500円で売っていましたので買って来て西側の朝顔の前に植えました。

 

2本目のナスを収穫しました。

今日の果物

今日から高知の甘夏が加わりました。

大きくってあまり期待していませんでしたが、食べやすくて甘くてジューシー

 

 

 

 今朝の母も食欲があり、しっかり食べてくれました。

ショートでは、朝はご飯だけなので、大抵、家ではパン粥を作ります。

パン粥は今日はレーズンバターロール1個&エンシュア1本&卵1個。

「美味しい」と言いつついつも食べてくれます。

あとは卵焼き少しとフルーツと牛乳。

食後に頂き物の抹茶ラテの牛乳割も飲みました。

合計200~250cc。

 

 

 

ショートから帰って来た時このティッシュがバッグに入っていて、スタッフの方が間違えたのかな~と思っていましたが、今朝、ぽろっと言うと母がすかさず「じゃんけんで勝ってもらった」と言いました

くしゃくしゃにバッグの中に入っていましたが、かわいい袋に入っていたので、納得。

母曰く、じゃんけん大会があったようで、1位は団扇だったそうです。

他の人も何かわからないけれど皆、もらっていたと言いました。

きっと皆、同じようにこのティッシュをもらったのではないかと思います。

あ~、今、やっと介護のノートに貼ってくれていた写真の意味がわかりました。

看護師さん達と「ピースしているのかな Vサイン」とか話していましたが、じゃんけんのチョキだったのです

母がチョキを出しているアップの写真をショート先が貼って下さっていました。

最近、デイと同じようにショートでも行事をして下さっているので母も楽しく過ごせています。

今日は七夕ですが、日曜日はスタッフが少ないですし、日にちを替えてかなと思います。

今朝のお迎えは10時30分と遅くて、おかげで母とゆっくり朝を過ごすことが出来ました。

お迎えの方が「今日は忙しくて・・・。すみません」

ここは日曜日も午前中(お昼ご飯まで)デイサービスがあります。

体制が整い、いろいろイベントも出来るようになったとは言われていましたが、スタッフ不足で七夕は日にち変更だと言われていました。

今までショートではこのようなイベントは期待出来ませんでしたが、音楽療法やいろいろなことを日々して下さっているので有難いです。

それにしても、99歳の母の頭のクリアなことには驚きます

「秘訣は何」と聞きましたが「こういうことよ」

こういう風に生きていたらこうなった

いろいろな人がいろいろなことを言いますが、私が思うのは持って生まれた器質(と育った環境)の上に、「絶対に施設には入りたくない、絶対にボケたくない」という強い願望があったこと。

又、鈍感力とGoing My Wayの性格。

加えて、表装や俳画、手描き友禅、アートフラワー等の趣味と手先の器用さ。

これは長寿についても同じことが言えますね。

こんな感じではないかなと思います。

でも、一番は強い願望かなと思ったりしますが、先日どこかのドクターがきっぱり「遺伝子です」と言われていました。

さて、真相は如何に

 

 

 

 今日は七夕。

朝のヘルパーさんが子供さんが今大学生になられたそうですが、「今までずっとノートに付けて来たけれど晴れた日がなかった」と言われていました。

又、お婿ちゃんからも連絡があり、「日本に居た間15~6年)、一度しか晴れなかった」と言っていました。

そんなに晴れていませんでしたっけ。。。

孫達の動画も送ってくれたので、母と一緒に観ました。

母が一番かわいがっているひ孫娘の成長ぶりに驚いて「まあ、すっかり娘になって」。

お姉ちゃんの孫娘の方は日本に居た時よりも更に流暢に英語を話していました。

(当たり前ですか。。。)

どこかに遊びに行っていてパパと会話をしていましたが、もう家族の中では日本語ではなく英語になったようです。

「今まで家では英語だったけれど、これからは家では日本語」と娘は言っていましたが~。

先日、この孫娘と話した時のこと、パパの国に帰った時、何語で話したのか聞いたらイタリア語と言ったがスペイン語と言ったか。

「英語は」と聞くと「誰も話せないから」と。

そんなことはないはず。

日本に家族がいらした時、英語で会話をしましたし、あちらの国でも英語でした。

それ以外共通の言語がなかったのでがんばったわけですが、お互いに得意ではなかったのは確かです

日本にいらした時にお母さんとお互いの言語を勉強しようと約束をしましたので、遅ればせながら迷った挙句、そこにスペイン語の先生が居たので先日よりスペイン語を始めました。

孫娘と話した時にはまだ始めていなかったので「これからお勉強するね」と言うと「英語が話せるからもう他の言葉は習わなくていいよ~」と言いました。

いやいやいやいや。

彼女の英語を聞いて、私、無理~

英語もがんばらなくちゃ。

これから先、会話が出来なくなるかも。(日本語で)

コロナが流行り始めた頃、彼女のワクチン(vaccine)の発音があまりにもすごくて私は聞き取れなかった苦い思い出があります

孫娘は多分、日本語を忘れないでしょうが、「下の子が多分忘れる」と娘が言っていましたっけ。

秋には多分、娘婿だけが帰国します。

永住権の関係で必要なようです

この孫達の成長も楽しみですが、母にもよく言うのですが「生きていたらこれからの世の中、もっともっと変わっていって面白いよ~」

もちろん良いことだけではないことはわかっていますが

 

 

 

今夜は快適なお部屋を探して、結局、1階のリビングで寝てみることにしました

 

 

 

 

 

・°*100歳までのカウントダウン

母100歳まであと309日・°*

 

 

 

 

 

 

★致知一日一言【今日の言葉】2024.7.7

 

能力を発揮するための5つの言葉

 

「生きたい」
「知りたい」
「仲間になりたい」
「伝えたい」
「自分を守りたい」

これらの美しい本能を生かせば
人は素晴らしい力を発揮できます

━━━━━━━━━━━━━━
林 成之(スポーツ脳科学者)
○月刊『致知』2024年8月号
特集「さらに前進」【最新号】より
━━━━━━━━━━━━━━


潜在能力――。

一度は耳にしたことの
ある言葉ですが、
その意味は掴みがたい
部分があります。

しかし脳神経外科医として
医学の進歩に貢献し、
脳科学をスポーツ指導に
活用して五輪選手らの快挙を
御膳立てしてきた
林成之氏はこう語ります。


「潜在能力は誰もが持つ才能であり、
それを高めることはできる」。


脳の本能を生かし、
限界を超えて前進する
秘訣とは一体どこにあるのでしょうか。

三十年以上にわたって、
潜在能力に着目し、
研究を重ねてきた
林先生の記事は必読です。

【記事の詳細はこちらから】

コメント (6)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ネットスーパー&暑いので母と籠ってパック(^^♪

2024年07月06日 22時10分45秒 | 介護

 今日も暑かったです~

昨日以上ではなかったかと思われましたが、やはり、35.6℃。

今年一番の暑さでした。

最低気温も25.9℃。

 

 

昨夜は結局毎年と同じようにお台所のエアコンを付けて、それぞれ扇風機をかけて寝ました。

やはり心地よく眠ることが出来ました。

4時台には起きましたが、お布団の中でゴロゴロ。

少しずつ、日の出が遅くなってきた気がします。

夏至の頃は4時51分。

今朝は4時57分。

日の入りは19時22分で変わっていませんが、明日から少しずつ短くなるようです。

 

 

 

 5時半頃にお散歩に行きましたが陽射しが強くて暑い。

空は薄い水色でした。

 

 

 教会のお花

ここのところ神父様がおられるようです。

更にもう1台車があるのでお客さまかも。

 

 

 

 

我が家のかぼちゃの花と3連の蕾

 

西側の朝顔が咲きそうでしたが陽が射していないせいかまだ咲いていませんでした。

 

南側の朝顔は咲いていました

2輪目。

 

 

 

剪定した紫陽花からもう芽が出ていました。

 

 

今日は1回目の洗濯機を回しつつお散歩に行きましたが、2回目を干すころにはかんかん照りに。

暑くならないうちの9時頃にはお買い物に行く予定にしていましたが、暑くって

これからもっと暑くなることを考えて、ネットスーパーをチェック。

イオンと両備プラッツに申し込んでみました。

イオンには珍しいものがいろいろあり、初期登録で送料無料に。

(確か期間限定)

プラッツは楽天の登録がそのまま使えるようで、3000円以上で送料無料。

配達時間も6時までに注文すれば午前中に届き8時までなら13時から15時の間に配達可能。

初めてなのでとにかく両方試してみることにしました。

実際、概ね13時過ぎまでには届きました。

本当に便利になったなぁと感激しました。

しかも、同じものがない場合、代替品が入れてありました。

これは登録時に選べるのですが・・・。

(イオン)

2品欠品だったようでお電話がありましたが、気が付いた時にはもうドライバーさんが出発なさっていました。

近くには24時間325日オープンのお店があるのですがたちまちお昼に欲しいものがあり、私も買いに行けると思っていましたので、昨夜買いに行くことをしませんでした。

土曜日はポイントも付きますし、これ、結構溜まって助かるのです

実際に手に取って選ぶことは出来ませんので、あれと思うことはありましたが、今後何かがあっても使用できますので助かります。

特に牛窓はスーパーがなく、山の中腹なのでお隣の方がずっと以前からネットスーパーを使っていると言われていましたが、なるほど便利だと思いました。

生協も使ったことがありますが、今はわかりませんが、注文した当日に今日届くわけではないですので、ネットスーパーは助かるわぁ~と実感。

配達の方々もとっても感じがよかったです。

暑いのにさわやか~

頭が朝がります。

「慣れていますから」とおっしゃっていました。

 

 

 

今日の果物

母はレーズンバターロール2個、卵、エンシュアのパン粥を完食。

バナナの輪切り、3分の1。

その他にもこちらと同じもの。

卵&ケチャップ

かぼちゃ&マヨネーズ

 

今日は私があこれこれしていると自分で食べようとしていました。

 

 

 2回目のお洗濯物を干すころにはすでに咲いていました。

確か6輪目。

今日の母は元気で、午前中ずっと起きてお台所に座っていましたので、You Tubeを聴いたり、TVを観たり。

その間、私は気になっていた冷蔵庫のお掃除。

続いて、2人で2種類のパックをして遊びました。

1つ目は剥がすタイプ。

2つ目はこれ

1日を通して今日はまずまずでした。

看護師さんには摘便をして頂きすっきり。

良かったね~

明日から又ショートです。

 

 

 

 今朝は暑いし、朝は何かと忙しいですし、こんな時に限って母はパン粥を器ごと落とすし~で、自分にゆとりが無くなると忍耐を失いそうになりましたが、何も急ぐ必要は全くないのだと思って落ち着きました。

(暑さだけでも暑さに弱い私はストレス

それに何もこうでなくてはいけないってことはないのだと、自分で自分に制限をかけたり今までの習慣に縛られていたことから自由になると「な~んだ」と気も楽に

一連のことが終わり、涼んで、ご飯を食べたらすっかり活力を回復し、冷蔵庫の掃除を始め、母とパックをして遊んだわけです。

午後には母が寝ましたので私も眠くなって一緒になって少しお昼寝。

今日も1日無事に終わって感謝です

 

 

 

 

 

・°*100歳までのカウントダウン

母100歳まであと310日・°*

 

 

 

 

 

★致知一日一言 【今日の言葉】2024.7.6

 

斎藤一人さんが「最低7回は読みな」と薦めた本

 

志を立てるに
遅すぎるということなし。

━━━━━━━━━━━━━━
ボールドウィン(イギリスの政治家)
『人生を創る言葉』(渡部昇一・著)
━━━━━━━━━━━━━━

“知の巨人”と称された、
渡部昇一先生の著書
『人生を創る言葉』を
ご存じでしょうか?

古今東西の偉人が残した
94の名言を紹介しながら
解説を加えたものですが、
あの斎藤一人さん
(銀座まるかん創業者)が
「最低7回は読みな」と
薦めた本としても知られています。

そのエピソードが紹介されている
『斎藤一人商人道』
(尾形幸弘・著/PHP研究所)の
内容を一部ご紹介します。


* *

「この本には、エラい人たちの話が
いっぱい載ってるんだ。
『成功者といわれる人たちは、
こういう考えでやってたんだな』というのが、
わかればいい。

どんな心がまえでもって、
仕事に向かっていったか。
そこが重要なんだよ。
そこがわかれば、一つの、
成功のセオリーみたいなのが
わかってくる。

成功する人っていうのは、
何をしても成功するんだよ。
なぜかというと、心がまえなんだよ。

成功する人は、成功する考え方を持ってる。
成功の心がまえをしてる人間は、
魚屋をやろうが、
不動産屋をやろうが、
何をしても成功するの。

逆をいうと、
成功しない人間は、
見事に成功しない考え方を
持ってるんだよ。

(中 略)

ま、次、東京にくるまで、
最低7回は読みな。
本の内容が自分のものになるからね」


『斎藤一人商人道』
(尾形幸弘・著/PHP研究所)より

* *


本書には古今東西の
偉人・英傑・大成功者が
数多く登場します。


伊藤博文
親鸞
徳川家康
宮本武蔵
吉田松陰
岩崎弥太郎
安田善次郎
新渡戸稲造
リンカーン
エジソン
ロックフェラー
カーネギー
ベートーベン
ナポレオン
フォード
エマーソン……。


その各々の足跡を辿りながら、
彼らが残した名言に
スポットライトを当て、

「よりよき人間のあり方」
「決断の瞬間」
「運命を開くもの」
「心を練る」
「教育の急所」
「成功の秘密」
「金銭哲学」
「人生の心得」

のテーマごとに、渡部先生が
独自の解説を加えます。
偉人たちの94の成功哲学が満載された、
まさに知恵の宝庫と呼べる1冊です。


………………………………………
斎藤一人さんが
「最低7回は読みな」と薦めた本

『人生を創る言葉』
~古今東西の偉人たちが残した94の名言~

渡部昇一・著


定価=1,760円(税込)


………
目 次
………
プロローグ 偉人たちが教えてくれた「生き方の秘訣」
第1章 偉人たちの人間学 よりよき人間のあり方
第2章 決断の瞬間 時を逃すな!
第3章 勇気と覚悟 運命を開くもの
第4章 心を練る 深く考え、迷わず動く
第5章 教育の急所 眠れる才能を引き出す
第6章 成功の秘密 「考え方」を工夫する
第7章 お金とのつき合い方 それぞれの金銭学
第8章 正直であれ、親切であれ 人生の心得

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ショートステイ

2024年07月05日 21時54分00秒 | 介護

 今日は朝から特別暑かった気がします。

朝一のヘルパーさん(今日は6時45分到着)も途中から車のエアコンを入れて来たと言われていました。

我が家は昨夜、外の風の方が涼しく感じられてエアコンを切って扇風機をおやすみモードにして寝ました。

母も良く寝てしましたし大丈夫でしたが母の熱中症には特に注意しないといけないので(かと言って寒いと困るし)、寝る前には特に風向きやお布団の状況など何度もチェックします。

夕方の天気予報によりますと、今日の最高気温は34.9℃、最低気温は24.6℃でしたが、今夜は26℃予報。

今夜(日中は朝からかけていますが)こそはエアコンが必要と思いますが、エアコンを入れて困るのはあまり効かないこと。

母の部屋にエアコンをつけるなら閉めないといけなくなります。

そうなると何かあっても気が付かないかもしれない。

台所を挟んで3部屋(母が居る時の私の寝室も含めて)を冷やそうと思っても廊下、階段(2ヵ所)の3ヵ所にドアがないのでカーテンで仕切っています。

すると風でゆらゆら揺れて空気が逃げてしまう。。。

暖房もですが

大工さんやインテリア(カーテン)の方々に来て頂き、こうなったわけなので、他に方法はもうないので困ります。

お台所に簡易ベッドかすのこを置いて寝ようかと思ったりもしますが、きっと安眠出来ない

母が居るとなかなか安眠は難しいですが~。

最後の手段としては母の部屋で一緒に寝る

ポータブルトイレなどを外に出して、すのこを敷いて

う~~~ん・・・それも悩ましい。

毎年悩んで結局は3部屋の扉を開けてエアコンをかける形に(隙間風が入っても~)なります

 

 

 

 母が気持ちよく寝ていたので、朝のお散歩へ。

雲一つない青空で、今日一日まるで梅雨が明けたかのようでした。

ママ友ガーデン

 

今、あちらこちらでこのヤブカンゾウが見られます。

 

教会のお庭

 

今朝はききょうを見つけました

 

 我が家のいつもの場所にトンボ。

夕方の水遣りの時にもびっくりして出てきます。

  

 

又、西側の朝顔が咲きました。

6輪目かな

今年はトマトが豊作です。

 

かぼちゃ~

生るかなと楽しみ

南側の朝顔

明日の朝には2輪目が咲いてくれるでしょうか。

こちらの朝顔は大輪です。

他のお花もチェック。

見て廻ります。

 

 

 

 

 

バラはどれも咲き過ぎていますが

 

ミニひまわりの勢いがすごい

 

「ステファニー・ドゥ・モナコ」

これも咲き過ぎ。

 

 

トマトを収穫しました。

今日の果物

いつもと一緒で変わり映えしませんが、丁寧に盛り付けて食べることを意識して戒めアップ

 

 今日の母はいまいちでした。

バイタルはとってもいいのですが、なぜかいまいち。

朝一のヘルパーさんのあとは13時半から訪問看護師さん。

大抵15時まで。

今日はおふたり体制でした。

その後は16時からリハですが、今日は14時40分からおふたり体制。

リハの方が到着されたので看護師さん方が慌てて帰られました。

看護師さんもショートステイについては「本人が楽しいところへ行く方がいい」と言われましたが、やはりリハとしてはOKとは言えません。

パーキンソン病の硬さ(特に首回り)を取るにはリハが大事。

週1回のリハでは間に合わない。

大きく譲って、せめて月1回はクリニックのショートを使い、リハビリを

しかも、本人が歩きたいと言ってリハに対して意欲がある。

クリニックのショートのメリットは医療が必要になっても安心。

リハビリが土日祝日以外はある。

この2点です。

あとは着替えとパジャマだけで行けばいいわけではないし(全部必要・・・タオル { バスタオル2枚、普通のタオル4枚 } 、ティッシュ、コップその他もろもろ)、途中でお洗濯物も取りにいかないといけない。

行きのお迎えが日曜日でないので介護タクシーを利用しないといけない。

行きの時間が遅くて(10時)、帰りの時間が早い(2時)。

いろいろな行事がなく、通常、母はラウンジで一人で過ごすことになる等など。

あ、まだありました。

食事が美味しくなくて(病院食のため)、3時のおやつがない。

 最近、他のショート先ではイベントが多くなりました。

それにそれぞれの特徴があります。

リハのあるショートもあります。

以前は、多分今でも正式にはそうなのだと思いますが、ショートはあくまで一時的に家族の休息の為に預かるだけでした。

荷物は着替えとパジャマだけでOK。

 本当に帯に短し襷に長しで、全部いい所ってないようです。

ですから、何を重視するかです。

「任せて下さい」と言われて面会が出来ないのも困ります。

連絡帳を丁寧に書いて下さるところもあれば、そうでないところもあります。

「あ~、もう自分で作りたいわ」と思うこともしばしば

今書いた部分はハード面だけですが、スタッフの質やレベルにも違いがあるようです。

ですから、本当に難しい。

家で看ることが出来れば一番いいですが、限界がありますし、社会性も乏しくなります。

信じて預ける以外にないですが、保育園でもですが、いろいろと問題が発生することも多々あります。

本当に難しい。。。

スタッフの方々から見れば、又、問題点が多くあることでしょう。

家族が煩いとか

最近のショート事情でした。

 

 

 

 

 

 

・°*100歳までのカウントダウン

母100歳まであと311日・°*

 

 

 

 

 


★致知一日一言 【今日の言葉】2024.7.5

 

笑顔と感謝さえあれば

 

現状は何一つ変わらないし、
どん底なんだけれども、
笑顔と感謝だけあったら
乗り越えていけると思ったし、
本当に乗り越えていけました。
━━━━━━━━━━━━━━
山﨑理恵(みらい予想図理事長)
○月刊『致知』2024年8月号
特集「さらに前進」【最新号】より
━━━━━━━━━━━━━━

●高知市で自ら重複障碍児を育てながら
NPO法人「みらい予想図」を設立、
同じ環境にある家族に手を差し伸べる
山崎理恵さんの言葉です。

 

 

 

 

 

 

★バラ十字会メールマガジン(毎週金曜日配信)

 

ピラミッドにまつわる謎と最新の調査

バラ十字会日本本部AMORC


【ぜひお友達にもこのメルマガを教えてあげてください】⇒

https://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M1132858&c=3304&d=ed84

 

 

こんにちは、バラ十字会の本庄です。

━…………………━

文章を以下に転載しています。クフ王のピラミッドの外観と「王の間」の写真、スフィンクスと「夢の石碑」の写真、当会の過去の書籍に掲載されていた謎の図版などが掲載されていますので、ぜひ下記のリンクをクリックして、公式ブログでお読みください。

https://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M1132859&c=3304&d=ed84

(ピラミッドにまつわる謎|墓ではない本当の目的とどうやって作ったか)

━…………………━

今日の東京板橋は、梅雨の合間で、蒸し暑い一日になっています。

いかがお過ごしでしょうか。



◆ ピラミッドについて

ご存じの通りピラミッドは、おおむね四角錐の形をした古代エジプトの記念建造物です。


エジプトの首都カイロ(2024年現在)の南西数キロのところにあるギザ台地の三大ピラミッドは、規模が壮大なことから特に有名です。


この3つのピラミッドは、古王国時代のクフ王、カフラー王、メンカウラー王のものだとされています。



また、数多くの反論がありますが、三大ピラミッドのすぐ近くにあるスフィンクスは、大スフィンクスと呼ばれ、カフラー王の命令により、この王に顔を似せて作られたものだとされています。


(写真:朝日に輝くギザ台地の三大ピラミッドとスフィンクス。右から、クフ王、カフラー王、メンカウラー王のものとされる。)


◆ ピラミッドの語源

ある説によれば、ピラミッド(pyramid)の語源は古代ギリシャのパンの一種「ピラミス」(pyramis)であり、紀元前5世紀頃にエジプトを訪れたギリシャ人が、この食物と形が似ていることからそう名づけたとされています。


また、火または光を意味するギリシャ語の「pyra」と尺度を表わす「midos」からなり、その源はフェニキア語の「光の尺度」を意味する「purimmiddoh」だという説もあります。


この説では「ピラミッド」という語は、「測定を通して明かされたもの」というような意味を表わすことになり、ピラミッドの寸法には何か重要なことがある(後述)ことを示しているように思われます。


◆ ピラミッドはファラオの墓ではない

ノンフィクションライターとして有名な井沢元彦さんの著書『逆説の世界史1-古代エジプトと中華帝国の興廃』には、ピラミッドがファラオ(古代エジプトの王)の墓ではないという説が書かれています。

このことは、以前からバラ十字会の専門家たちも主張していました



三大ピラミッドの地下でファラオのミイラが今後発見される可能性はありますが、この建築物の地上部が本来作られた目的は、墓として用いられることではなく、後述のような「宗教装置」であったというのが井沢さんの説です。

「宗教装置」とは井沢さんの造語で、「その宗教の教義を実現ないし体感するために必要な施設および道具」のことです(同書)。



しかし多くの人が、今だにピラミッドをファラオの墓だと確信しています。

このことは、人はいったん何かを思い込んでしまうとそれに強くとらわれてしまうという、特に教訓的な一例だと私は感じます。



ピラミッド王墓説の発端は、紀元前5世紀のギリシャの歴史家ヘロドトスだとされています。

ヘロドトスが生きていた時代は、ピラミッドが作られてからすでに2000年以上が経っているのですが、王の墓らしいという当時の人の言い伝えを彼は記録しました。



そしてこの話と、ピラミッドに玄室(棺を納める部屋)と思われるような場所が見つかったということが、その後の歴史家の先入観を作り上げることになります。


・ ピラミッドを墓だと考えると起こる矛盾

そしてそれからは、矛盾があっても、無理につじつまが合わせられるようなことが起こりました。


たとえば、ピラミッドが建設される以前のエジプトでは、遺体は必ず地下に葬られています。ですから、地上の建設物が墓であるという説は、そもそも自然ではないのだそうです。



また、ピラミッドからは、ファラオのミイラや副葬品が発見されたことは一度もありません。しかし、墓泥棒の痕跡がない場合でもそれは盗掘のためだと説明されました。



ある王の時代にピラミッドが2つ作られた例もあります。この場合には、墓が作り直されたのだという理由がつけられました。


・ ピラミッドはどのように作られたか

最大のピラミッドであるクフ王のピラミッドは、もしこのファラオが即位してから製作されたとすると、製作期間が20年ほどになります。

そして、この期間内に完成させるためには、平均2.5トンほどの重さの200万個以上の石を、2分30秒に1個の速さで積んでいかなければならないのだそうです。



このことから、氷河期以前の超古代文明とか地球外生命体とかからもたらされた、たとえば反重力を発生する技術でピラミッドが作られたというような荒唐無稽な説が唱えられてきました。



しかし、もしピラミッドのことをファラオの墓だと考えなければ、ファラオの在位期間に工期は限られるわけではないので、そのような説を想定する必要はなくなります。



前述の井沢元彦さんの著書『逆説の世界史1』によれば、階段ピラミッド、屈折ピラミッド、傾斜の緩い真正ピラミッド、三大ピラミッドと、建設の技術的進歩をたどることができます。


しかしそれでも、三大ピラミッドがあまりにも壮大で、精密な驚異的な建築物であることに変わりはなく、製作に用いられた技術のほとんどは今も知られていません。



ちなみに、石を上方に運ぶ方法については、遠方から緩い傾斜路を作った、あるいは、できあがった層の部分を巻くように傾斜路を作ったなど、さまざまな仮説があります。

(写真:カフラー王のピラミッド)


・ 常識の転換

常識が大きく覆されるという話は、歴史上に何度も起こっています


たとえば、地球が宇宙の中心であるという天動説が世の常識になっていた当時、地球は太陽の周りをまわっているという地動説に賛同したイタリア人、ジョルダーノ・ブルーノは火刑になりました。



古生物の化石から、地球の長い歴史の中で植物も動物も徐々に進化し、形を変えてきたことが立証されますが、現在もそれを認めない人たちがいます。



このことに関連していますが、中世のヨーロッパでは、正しいということはキリスト教神学に合致していることを意味していました。


現代では科学、特に自然科学と数学が正しさの代名詞になっています。


そして22世紀頃になると、過去に宗教、科学が順に果たし続けてきた役割を、次は神秘学(mysticism:神秘哲学)が果たすようになると、進化心理学を研究している思想家、たとえばケン・ウィルバーなどが予想しています。



参考記事:『胎児と子供は、人類の歴史を繰り返す(前編)』

https://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M1132860&c=3304&d=ed84



私たちは、いったん固定的な考え方にとらわれると、なかなかその常識から抜け出すことができず、自分と異なる考えの人を許すことさえできなくなってしまうことがある。

このことはほんとうに、決して忘れてはいけないことだと思います



この機会にぜひ考えていただきたいのです。


あなたがとらわれている最大の先入観は何でしょう。

それは、どのようにしたら分かるでしょうか。


私も、じっくりと考えてみることにします。


◆ ピラミッド建設の本当の目的

さて、脇にそれてしまいましたので、話を戻しましょう。ピラミッドの建設目的は何だと考えられるのでしょう。


井沢さんは、古代エジプト研究で有名な早稲田大学の吉村作治博士の説を踏襲して、ファラオが再生もしくは復活するための儀式に用いられたのだとしています。



バラ十字国際大学のエジプト学の研究者の多くは、当時の神秘学派の人たちが「入門儀式」(initiation)に用いた舞台装置ではないかと考えています。


「入門儀式」が耳慣れない言葉だという皆さんも多いことでしょう。それは神秘学派に入門することを希望(志願)する人がいたとき、それを許可(もしくは拒絶)するための儀式です。

当時の古代エジプトの聖職者と支配者たちから構成されていた神秘学派は、天文、自然科学、工芸、医学、人生の神秘についての知識を独占していました。そして、これらの知識を手に入れたいという人は、ときには遠方から旅をして、当時の神秘学派に入門し学ぶことを希望しました。


彼らは、まずスフィンクスの近くにある神殿で事前の儀式に参加し、その後スフィンクスの前に集められます。


(写真:大スフィンクスと両脚の間にある石碑)


そして、スフィンクスの両脚の間にある石碑の前で、これから見聞きすることについては一切口外しないという誓いを行います。



スフィンクスの両脚の間には今も石碑があります。

この石碑は新王国第18王朝のトトメス4世が建てたものであるとされ、そこには興味深い逸話があります。



ファラオの息子であったトトメス4世が、スフィンクスのそばで昼寝をしたときに、夢に太陽神が現れ、自分が白の王冠と赤の王冠を戴くことになる、つまり上エジプトと下エジプトの両方の王になると告げられたのだそうです。


このことを記念してトトメス4世はこの石碑を建てたのだとされています。

またトトメス4世は、当時のエジプトの神秘学派を統一したファラオだとされています。



話を戻します。

入門志願者たちは次に石碑のある場所から地下に降り、地下通路を通って三大ピラミッドのいずれかに向かったのだそうです。

そしてピラミッドの内部では秘密の儀式が行われました。



その儀式では、入門志願者がその神秘学派に入門するのにふさわしい人であるかどうかが試験され、この試験を通過した人には、秘密の知識が伝授されたのだと伝えられています。



クフ王のピラミッドの「王の間」には花崗岩でできた石棺のようなものがありますが、発見されたとき、そこでファラオのミイラは発見されず、他にも何も入っていなかったそうです。



この花崗岩の容器は、遺体のための棺ではなく、入門儀式で用いられた道具だと考えられます。


(写真:「王の間」と石棺だとされた遺物)


(写真:石棺だとされた遺物(拡大))


◆ ピラミッドの寸法

クフ王のピラミッドは、慎重に考慮された寸法で作られており、その寸法にはさまざまな象徴的意味が込められているという説があります。


古代エジプトの単位キュビットは約0.5236メートルであり、この単位を用いると、5000年の間に受けた損傷を復元したとすると、本来のピラミッドの寸法はこのようになると推測されています。


底面の正方形の四辺=440キュビット

斜面の中心線の長さ=356キュビット

高さ=280キュビット



クフ王のピラミッドの垂直断面を中心線で2つに分割したときにできる直角三角形は、黄金比(golden number)をΦ(=(1+√5)/2=1.618・・・)を用いて表記すると、

底辺:高さ:斜辺=1:√Φ:Φ になります。



長くなりすぎますので、ここで説明することはできませんが、この事実は、1.2*Φ*Φが円周率の良い近似だということを古代エジプト人が知っているなど数学に高度な知識を所有していた証拠のひとつであると考えられています。


さらに詳しく知りたい方はバラ十字国際大学の公認講師を長年務めていたルイ・グロース氏の下記の著作をお読みください。


『図形と数が表わす宇宙の秩序』(現代書林刊)

https://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M1132861&c=3304&d=ed84



ターレスやピタゴラスやプラトンは、エジプトで学んでいたことが知られています。

古代エジプトの天文学や数学や神秘学(mysticism:神秘哲学)についての高度な知識はこれらの人たちによってヨーロッパに伝えられたのだと考えられています。

(写真:クフ王の大ピラミッド)


◆ 最近の調査

2015年にスキャン・ピラミッドという国際プロジェクトが立ち上げられました。


ピラミッドの内部をスキャン(透視)技術によって調べることが目的です。

スキャンに用いられるのは、宇宙線と大気の衝突によってできるミューオンという素粒子で、調査チームとして日本から名古屋大学と高エネルギー加速器研究機構が参加しています。



活動を開始して2年後の2017年に、クフ王のピラミッドに2つの未知の空間があることが発見されました。



ひとつは北側の斜面の凹部の奥にある、2x2x9メートルの通路のような空間であり、もうひとつは、「王の間」の上方、地上約60メートルにある、長さ約30メートルで、体積が「王の間」の約1.3倍の空間です。



このうち通路のような空間には、2023年3月に北側斜面のすきまから工業用内視鏡が入れられ、切妻構造の天井を持つ通路が実際に確認され大々的に報道されました。



「王の間」の上方にある空間は、ピラミッドの奥まった場所であり、おそらくさらに興味深い発見ですが、まだその詳細はわかっていません。



今回、この記事を作成するにあたって、当会の所有する資料のいくつかを見直してみました。


20世紀の初頭にフランスのツールーズを中心に活動していた薔薇十字団の活動を受け継ぎ、当会すなわちバラ十字会AMORCという形で再興したのは米国人のハーベイ・スペンサー・ルイスという人ですが、彼の著作に『The Symbolic Prophecy of the Great Pyramid』(邦題『大ピラミッドの象徴的予言』)という題名のものがあります。



この本の93ページには、下の図版が掲載されており、そこには王の間(Kings Chamber、図中K)の上方に「?」と書かれた空間が存在するとされています。

図に添えられた解説には「?-偉大なる部屋、ピラミッドの上部にあると考えられている。天上の象徴。」(? - Grand Chamber, thought to exist in upper part of the Pyramid, symbolic of heaven)とあります。

(画像:『The Symbolic Prophecy of the Great Pyramid』の図版1)



いったいどこからスペンサー・ルイスがこの図版を入手したのかと驚き調べてみたのですが、出典については何も書かれていませんでした。


また、「スキャン・ピラミッド」プロジェクトで発見された先ほどの空間がこの図版の「?」にあたるのかどうかも、よく分かりません。


◆ 今後の発見

いずれにせよ、今後さらに、ピラミッドの内部がさらに詳しく調査されていくことでしょう。

私個人としては、クフ王のピラミッドの「王の間」と同じような部屋が、カフラー王、メンカウラー王のピラミッドでも見つかり、それがファラオのミイラの安置所ではなく儀式に用いられたということになれば興味深い展開だと思っています。

また、スフィンクスと三大ピラミッドをつなぐ地下通路が発見されないだろうかと期待しています。



22世紀の歴史学者はピラミッドについて何を語るでしょうか。

古代エジプト人の知識は、私たちに何を教えてくれるでしょうか。


このことを想像すると、とてもワクワクします。



追伸:今までご説明してきたように、古代エジプトの知識の一部は、ギリシャに伝えられました。

その後この知識は古代ローマ、ペルシャ・アラブの人々を経て、中世の錬金術師や神秘家に伝えられ、さらに近代ヨーロッパの薔薇十字運動を通して当会に伝わっています。


参考動画:バラ十字会の過去と現在(The Rosicrucians of the Past and Present)

https://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M1132862&c=3304&d=ed84



これらの知識を、「人生の謎を解き明かしたい」、「幸せで有意義な人生を過ごしたい」とお思いの方にお伝えすることができます。

ご興味のある方は下記のURLで詳細をお読みください。


https://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M1132863&c=3304&d=ed84



では、今回はこのあたりで。


また、お付き合いください(^^)/~



==============

■編集後記

サボテンの花が咲いています

https://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M1132864&c=3304&d=ed84

==============

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする