クロキライディング

いつだってバイク

スロットルロッカー

2013年08月31日 00時50分35秒 | グッズ

ロングツーリングの便利グッズとしておなじみの 「スロットルロッカー」

Cimg4173

「スロットルアシスト」とも言うみたいです。

その名のとおり スロットルグリップに装着して スロットルグリップを捻って(開いて)保持する力をアシストしてくれます。

人気商品ですが 自分なりにその効果を初めて実感しました。

私の場合 高速道路走行でスロットル開けっ放しで長時間走り続けても ウデが疲れて困ることはありません

Cimg4171

しかし これを装着することで 手のひらでも開けていられるので グリップを握る力が激減します

おかげで 今まで多少はあるもの...  と思っていた手のシビレが解消しました

振動があっても あまり触っていなければ 伝わらないので気にならない ということですかね。

理論的にフラットツインは 90度Vツイン同様 お互いのピストン等の慣性力が振動を打ち消しあうので ドコドコ回転しているイメージに反して 高回転域になるほど滑らかに回ります


そうは言っても 振動として感じる 慣性力には 1次 2次 3次...と複雑にあるそうなので

まったく振動が無いわけではありませんから長時間のライディングになると

ジワジワと こたえてきます

今まで たくさん販売しましたが こんないいところがあるなんて 知りませんでした
新発見 (^_^)v

スロットル操作の重いバイクはもちろん 振動の多いバイクにこそお勧めですヨ

コメント

洗車

2013年08月30日 01時31分23秒 | 日々のこと

3日間 楽しませてくれた R100GS

距離が長く 自分のペースで走れるときは 迷わずコレで行きます。

乗るときは 汚れることなんてかまわずに使い倒しますから 汚れ方も相当なもの
Cimg4134

いつものように仕事を終えて 「洗車」しました。

この手のバイクの掃除は あまり 「お手軽に」 とはいきません 

車体側はともかく 空冷エンジンのフィンや 梨地肌のエンジンブロックは汚れ場が定着してしまうと なかなかキレイになりません。

Cimg4135

「いつかまとめて」とか言って 先送りにしていると 同じように手を掛けているつもりでも

どこかに落ちないヨゴレが残り それがだんだんと蓄積されていき

気が付くと まさに 「年式相応」になっていきます

Cimg4137
私の場合必ず使用前の状態に戻すことを目標に ひたすら シコシコやり続け

今回は 洗いに1時間半 磨きに1時間半の 計3時間で 3日間の汚れをリセットできました。

洗い が終わった時点で 1度走って(10分程度) 熱と風と回転で水分除去

続いて磨き、 コンパウンド 液体ワックス 潤滑剤など いろんな物を使って

執念 執着で気が済むまで撫で続け 恐ろしい時間に終了

Cimg4139
こんなことやっている 人間のほうは と言いますと

バイクのように 「アンチエイジング」  とはいきませんね _(._.)_

 

 

コメント

ツーリングのお知らせ

2013年08月29日 00時24分57秒 | ツーリング

今週末はもう 9月

ツーリングのお知らせです

9月8日(日) 定例の早朝ツーリング

9月22~23日 九州一泊ツーリング

P8160940

ツーリングのベストシーズンの到来ですね 逃さず楽しんでください!

一泊ツーリングのルートについては 只今検討中

近日中に決めますので おたのしみに (^_^)v

コメント

椎葉霧島ツーリング(3日目)

2013年08月28日 00時53分28秒 | ツーリング

お天気が気になる 3日目の朝

早朝に降ったみたいですが とりあえず曇り

Cimg4076
霧島神宮へ向かいます。
Cimg4080
登っていくにつれ 天気はどんどん回復

画像ではちょっとわかりにくいですが 桜島も見えてます。

Cimg4083

Cimg4093
そして 「霧島神宮」

とても美しく 崇高な境内

謹んで 参拝させていただきました。 



そこからは 少し鹿児島市方面に 少し下って

Cimg4103
焼酎の酒蔵へ立ち寄ります

下関の居酒屋などでよく目にしますよね

Cimg4099


Cimg4102

S431019 = 昭和43年10月19日 検定 

45年も前の 貯蔵タンク ということ 



案内付きでいろいろ説明してもらいました。

従業員のみなさんの 歓迎ムードがスゴイ!

焼酎はいっぱい買ったので ここでは買いませんでしたが

居酒屋で選ぶときは 「明るい農村」 オーダーしますね (^_^)v


さて 南に下るのはここまで

天気予報も気になるので 以降は 宮崎自動車道 小林インターを目指します

Cimg4118
そこまでの 「みやまきりしまロード」

Cimg4122
この先 雨が降っているなんて感じではありませんねエ

そして 小林IC から高速に乗り あとは 一気に北上

Cimg4128
八代を過ぎるまでは いい天気で それ以降も降ったり止んだりで 

予想以下ですみました。

Cimg4132
そして 19時ころ 2台揃って無事帰還

3日間で 1000Kmとチョットの やや少な目の走行距離

「この軟弱者っ」 と言われたら 返す言葉もありません...

しかし お天気には 「恵まれた」 と言っていいでしょう。


やっと行けた 南九州    でもまだ ほんの一部  

まだまだ行って見たいところ たくさんありますから 是非また行きたいですね。

心身共に こんな遊びが出来ることに 感謝です

「そのうちに...」 なんて言ってはいられないんだと 悟ったような気がした 帰り道でした

コメント

椎葉霧島ツーリング(2日目)

2013年08月27日 02時34分21秒 | ツーリング

椎葉村で迎えた ツーリング2日目

山の中らしい 素朴で充実の朝ごはんを済ませ 

Cimg3894
9時に村の中心部をあとにしました。

ここからは 霧島を目指して南下していきます

上椎葉ダム沿いの国道を走りながら 地図上で 「国道の抜け道」とあるショートカットできそうなルートに入るつもりで走っていると

昨日と同様 だんだんと道が険しくなってきます

この道の抜け道 ってどんなでしょう?

そんなことを考えながら走っていると 抜け道の入り口

やっぱり気付きませんでしたね (笑)

Cimg3947
これ以上 マニアなルートである必要は無いので そのままこの国道を南下することにします。

Cimg3962
標高900m前後まで 登りつめたり

Cimg3950
まったく 車と人気の無い ダム

Cimg3925

上がったり下りたり を繰り返し

予定より かなり遅れて 小林から 「えびのスカイライン」 で霧島を駆け上がります

Cimg3965
そこまでの ストレスを一掃できそうな予感 (^_^)v

Cimg3989
えびの高原に登ってきました 標高1200mを超えてますから

昨日の 焼酎貯蔵のトンネルに次ぐ涼しさ

皆さんからご心配いただいた お天気もまずまず

「来てヨカッタ」 と実感できた瞬間です。

Cimg4002

大きな雲が 「韓国岳」の山頂をかすめてはちぎれていく様子を見ながら

霧島神宮古宮跡に向かいます。

Cimg4009
途中 彼方に あの「新燃岳」 やっぱり 周囲の山と 山肌の色がちがいますから

すぐにわかりました。

Cimg4020
そして間もなく到着 

後方には 坂本竜馬も訪れた 「高千穂峰」

Cimg4014
もともと この地にあった 霧島神宮

先にこちらを参拝させていただきました

Cimg4030
今日も険しい酷道を長時間走って疲れたので 観光はここまで 

このあと 宿へと向かいます

Cimg4067
ここは霧島  さすがに 2日目は 温泉アリです

Cimg4042
「焼酎セラー」 なるものがあり

少しずつ いろいろ呑めて...  かなり酔えましたww

明日の天気 かなり心配しながら 気絶しました。

 

 

コメント

椎葉霧島ツーリング(1日目)

2013年08月26日 02時13分41秒 | ツーリング

ミルクロード~ひごだいロードまで 景色を楽しんだあとは

竹田付近からた高千穂を目指して 地図上でもあまり目立たない農道 県道をひたすら南下 

Cimg3802
お天気は 文句なし

Cimg3803
ついつい止まって 景色を眺めたり 耳を澄ませたりしたくなるところばかり


熊本と宮崎の県境の寧静ループ橋を見上げながら いよいよ高千穂入りです

今回のツーリングはいつもと違って 少し観光もしてみたかったので

「トンネルの駅」 に行ってみました(ツーリング好きの取引先の担当者オススメ)

Cimg3805
旧国鉄による九州横断鉄道の未開通のまま残されたトンネルを

地元の神楽酒造が焼酎の原酒貯蔵庫として利用 一般公開しています

って ここに来るまでそんなこと全然知らなかったんですけどね (._.)

Cimg3809
トンネル内の温度は 17℃ 極楽でした (笑)

売店では同社の焼酎はもちろん このトンネルに貯蔵されていた焼酎も販売されていて どれを購入するか迷いました 

なにせ 「試飲」できませんからね…


そして 次は食事です


「宮崎県内でチキン南蛮を」 という目的もありましたので 近場で検索 
Cimg3814
以外とすんなり見つかって

宮崎県だけに 甲子園の決勝戦のラジオ中継を聞きながら(普段は有線放送のBGMが流れていそうな雰囲気のお店のはず) 本場の味を 楽しませていただきました。

そして高千穂観光メインの 「天の岩戸神社」へ向かいます。

Cimg3819
ますます観光ツーリングっぽくなってきました w

Cimg3817
社務所にて 宮司さんによる「ガイド」希望を告げ

待つこと20分 他の希望者と一緒に この西本宮という社の向こう側(撮影禁止エリア)へと進み 天岩戸を直拝させていただきました<(_ _)>

前から一度 訪れてみたかったパワースポットを後にし 次に向かったのは

Cimg3822
「高千穂峡」 今から35年ほど前(中学生の頃)に 一度来たことがありますが

そのときの記憶と重なるところがあるのか そこを楽しみにしていたのですが

Cimg3837

結果は 残念ながら その後見た テレビやインターネットの画像としか 結びつきませんでした

が しかし そうめん流しの記憶もおぼろげながら残っていたので

Cimg3825
チキン南蛮にて満腹を訴える相方を無視し 強引に2人前をオーダー

Cimg3824
楽しく 完食 ♪

Cimg3833
記憶を遡りたかったので ボートにも乗りたかったのですが

なんと2時間待ち!

Cimg3834
夏休みとは言え 平日の木曜日

観光地として かなり賑わっていますね。


そしてここからは 1日目の目的地 「椎葉村」へと向かいます

諸塚山を越えて椎葉入りするだけ…

のはずが ルート選びが いま一つだったようで 随分と時間を要することに

このエリアはどの国道も 「酷道」であることを あらかじめ聞いてはいましたが

Cimg3945
たしかに 路面コンディションはよろしくありません

というか 車 走ってなさそ~

このくらいはまだ マシなほう 

カメラ片手に 走りながら写してやろうかと思えるような もっとスゴイところが随所にありましたが さすがに片手乗りは控えました キケンすぎ (笑)

Cimg3909
そして 昇る昇る

Cimg3844
標高500mから900mくらいにかけて 上がったり下がったり

おかげで 走りながら 暑い と感じることは無く 快適走行を得ました。

Cimg3856
下界に降りて やれやれ

こうしている間も 車 まったく通らず (^^)v

Cimg3879
つづいて 椎葉ダム横の1.5車線程度 こんな大型バスも通る 国道で

Cimg3888
ようやく 本日の宿に到着

この地域は飲食店が宿泊施設も一緒に営んでいらっしゃるところが多く

椎葉に泊まるつもりでしたので そこからチョイスしました。

Cimg3886
「山のものしかありませんが…」 とのこと

いや それがいいんです

我々 下関からですから 「ここで新鮮な海のものを…」

を望んでいるわけではないんです って言ってませんけど (笑)


早朝から走り始めていますから この後 気絶&爆睡


1日目の終了です。 

コメント

椎葉霧島ツーリング(1日目) 

2013年08月25日 01時00分53秒 | ツーリング

ツーリング出発の前日まで 作業に没頭していたこともあり

宿の予約以外は ほとんどノープランで出発することになってしまった今回のツーリング

一泊目の椎葉ダム付近までどんなルートで行くのか迷いましたが

ずっと前から 行ってみたかった 「阿蘇ラピュタの道」

普段 ものを見たり 食べたり のために走っているのではないように思われがち なんですが そんなことはありません

とは言っても 正直 興味があまりなかったので 近くを通っても立ち寄ることのなかった名所

椎葉までは ちょっと遠回りですが ここを経由することにしました。

うまくいけば 「雲海を拝めるかもしれない」 と淡い期待もありまして ここはダメモトで ETC深夜割引目当てで 早朝4時前に 高速道路に上がりました。

Cimg3762
今回 このツーリングに同行することになった 肉親と サービスエリアにて一回目の休憩 よく晴れていて 月がキレイ 

かなり時差ボケ状態の私はヤバイくらい元気

夜が明けていくにつれ 日常から大きく離脱していることを実感しながら

熊本ICで高速を降り R57よりミルクロードを駆け上がります

途中 ところどころに 霧が立ち込めていて朝日を遮るので

「これはもしかして」と淡い期待を抱きながら ラピュタへ向かいます

すると眼下に 一面の雲海

Cimg3770
多分このあたりではないかと GSを停めて見下ろしていると

先に到着されていた地元ライダーに 「今日は雲海が深すぎてみえていませんが この方向です」 と聞き しばらく眺めていると

見る見る雲海の上層が晴れて ラピュタが出現

Cimg3780

Cimg3782

Cimg3788
地元のライダーさんも認めるほどの美しさ 

とてもラッキーでしたね 遠回りしてきた甲斐がありました。


その後は きれいに晴れ渡った朝のミルクロードを快走

Cimg3801
月並みではありますが キモチイイ

標高1000mくらいありますから 暑さなんて何処へやら (^.^)

つづく

 

コメント

お休みです

2013年08月21日 22時49分05秒 | 日々のこと

予定どおり 22日~25日 お休みさせていただきます。

Cimg3761
付けて行こうか 最後まで迷ったトップケース

週末 あまり天気がよくなさそう

物の出し入れが頻繁になりそうなので やっぱり付けていくことにします。

さすがに リヤが沈んで 光軸が上がってしまったので 道端で調整しました(*_*) 


26日(月)から通常営業 よろしくお願いします。

コメント (4)

試してみるしかない

2013年08月21日 22時45分36秒 | パーツ

高性能オイルといえば 100%化学合成油があたりまえかと思っていましたが

以前から気になっていたオイル

Cimg3728
Omega SP-2(ネーミングにも反応してしまいましたが...)

メーカーからの情報によると 

2輪車専用に開発され どのブランド商品にも劣らない性能を謳っている 

フルミネラル そう 「鉱物油」 なんですね

そして お値段も 負けてはいませんから ますます気になりますよね


そこで ご賛同いただいたのは SRX-600

いろんな意味で エンジンオイルによる フィーリングの違いが出やすいバイクだと思っているので まさに打ってつけ

これまで使用していたのは最近 急に有名になった こちら

Cimg3731
来店してすぐに そのまま試運転

そして古いオイルを抜き取り エンジンが冷めてしまわないうちに

交換を終え 再スタート! (オイル以外のコンディションは できるだけ同じでなくては)

オーナーさんと同じ事を 私も体感させてもらいます。

Cimg3732
エンジンのパワーフィールは勿論ですが 私が凝視するのは シフトのほう


スロットルパーシャルとシフトペダルの

操作タイミングを合わせてのシフトの上げ下げ 少しタイミングをずらした意地悪なシフト

クラッチを使わないシフト ニュートラルの出し易さ クラッチの切れ などなど 

しつこく試していきます。 


まあ これだけのことで 評価出来るものではないと思いますが

第一印象だけは しっかりと受け止めました


ドナー提供 ありがとうございました。

コメント

9月29日 練習会

2013年08月21日 00時28分38秒 | ライディング

自動車学校コースをお借りしての 練習会

次回は 9月29日(日) です

暑さも一段落のこの時期 秋のシーズンに向けての 準備にもなるのではないでしょうか

速いかどうかを問うところではありません マイペースでいろいろ試しながら 繰り返し練習できる チャンスです

未経験でも心配ご無用 気軽にお問い合わせください

Cimg3236

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
   
  クロキライディング

〒750-877 山口県下関市秋根東町3-38
TEL 083-242-6633/FAX 083-242-6655
E-mail kurokiriding@sunny.ocn.ne.jp

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

コメント