クロキライディング

いつだってバイク

夏の日帰りツーリング

2015年06月30日 01時51分23秒 | ツーリング
日帰りツーリングの開催が決定しました

そうは言っても まだ開催日時だけですが 


8月2日(日)向かうは 周防大島

集合は山陽自動車道上り下松SAをAM9:00

久しぶりの大島オレンジロード 瀬戸内の景色を楽しみたいと思います。


後半は鹿野 徳地 山口 美東のワインディングですから ルートに絡み合う高速道路での途中離脱もOK

猛暑の頃ですからあまりムリをしないほうがいいですからね。 



ご希望の方は 事前の参加表明をよろしくお願い致します。





コメント

やや遅咲きですが…

2015年06月29日 00時31分36秒 | お客様

80年代後半のホンダが3台 ウチではありがちな光景です(^_^;)


ご近所の会社の社員さん 40歳にしてバイクデビュー

お手伝いさせていただきました。



VT250 SPADA

多分 ご本人が小学生の時の車両ではないかと…



多くの外装パーツが絶版になっていることを十分ご理解いただいたうえで きちんと整備させていただきました



コンディションの良い車両なら 現行車に負けない(と言うか、上回る部分も)よき時代のバイク


お昼休み時間の 納車の時 大勢の社員さんの見送りで走り始めた人気者のオーナーさん

良いスタートをきってくれたようです 

練習会が決まったらお知らせしますので「近道」でウデを磨きましょうね!



コメント

一気

2015年06月27日 02時30分57秒 | メンテナンス

ZZR1100でも このC型が気に入っていらっしゃるそうで

今回はちょっと まとめて作業させていただくことになっています。



使い込まれたキャリパーも中身はキレイサッパリとリフレッシュ



リヤクッションのユニット交換にあわせて リンク周りとスイングアームピボットのメンテナンス

もう20年以上を経過した車両です

全てのピボットをひたすら洗浄して グリスアップ



ベアリングのニードルローラーに接する面は当然ですが



摺動部ではないピボットシャフトも抜き取るのに苦労するようではNGです

隅から隅までグリスアップ





これだけを一気にやると、全作業完了後 この作業リフトから降ろす瞬間から その違いは判ると思います

オーナーさんは当然ですが、ボクもやっぱり…楽しみデス

コメント

NUDA900R

2015年06月26日 01時33分56秒 | バイク


かつてハスクバーナがBMWの傘下だった時期 2年間だけ販売され

その後 ハスクバーナがKTMファミリーに加わるのを機に生産を終了してしまった かなり個性的スタイルのNUDA900R



BMWのFシリーズ同様 ロータックス製パラレルツインですけど

コチラは排気量の拡大もさることながら クランクの位相がBMWの360度とは違って

315度と不等間隔な爆発というところに心惹かれますね

バッテリーやFUELタンク等のレイアウトがまるっきり違うところもオモシロイ



発売直後 ディーラー様のご好意で試乗させてもらって以来

生産終了と聞くとなおさら もう一度乗ってみたかったレアなバイクだったのです。



車体も含め BMWと共通なところがいたるところに見つけることができますが

走らせてみると ここまで違うとは…

とは言え ボクの知るハスクバーナの中では最も使用用途の範囲が広いことは確かです。



あれからずっと お目にかかることがなかったので 

こうしてまた乗ることができて

嬉しかったなぁ~ (^_^)





コメント

レストア

2015年06月25日 00時08分35秒 | お客様


ご来店の時はいつもパーツの発注のみ しかも1970年代の旧車(オフロードバイクやモトクロッサー)中心なので半分以上は廃盤

それでも 純正新品がいくつか手に入るだけでもよろしい…と

たまに 仕上がった作品でご来店されますが 今回は珍しく人気車ではありませんか

カワサキ マッハⅢ  

妥協の無いその仕上がりの良さは内外ともに見事です!


いつも手掛けていらっしゃるレア車に比べると、コチラのような人気旧車はリプロパーツも豊富でレストアも楽なんだとか (^_^;)



このように手の込んだステンレスのチャンバーが存在するのも人気車ならではです



その車両の全てを見て そして手を掛けているからこそ

迷いなく大胆にキックスタートされる姿は もうサイコーにカッコイイ


バイクでご来店の時は、同じ車両に2度 乗ってこられたことのないお客さん

次回作も期待しています。



コメント

電動バイク

2015年06月24日 03時24分02秒 | バイク

隣国製の電動バイク

新規に作業をお受けできる時間も知識もなかったのですが

以前(もう1年以上も前)パンク修理を頼まれ エアーバルブ部がちぎれている上に

当方の入手ルートでは調達できないサイズだったので 丁重にお断りしていたところ

本国より入手されたらしいチューブ持参で 再びのご来店


今回は対応させていただかないと スジが通らないので

壊さないように慎重にやります。



このリヤホイールが まるごとモーターなわけですから リヤアクスルごとスイングアームから降ろすと

なんと重いこと…





これは まめにエアーを充填していかないと おなじことの繰り返しですね



興味本位でメインスイッチON…  「点き」ました

バッテリー電圧は50V以上を示しています

人体にとっては高い電圧ですから、ユーザーさん達は感電しないよう 注意が必要です。

 

コメント

必需品

2015年06月22日 01時12分35秒 | メンテナンス


こんな超ウルトラネイキッドスポーツでも、やっぱり必要なものは必要だと

ETC装着とアクセサリー電源は取り出します。



オーナーさんがどこかで情報を得たようで、探してみるとありましたありました アクセサリー用の電源とアースケーブル

こうしてもともと備わっていると助かるんですよね



ただアレコレ取り付けするスペースに余裕はありません

ETCはインジケーターがあればアンテナなんて見えてなくてもいいわけだから できるだけ隠します。





ハンドル周辺とリヤシート内で前後共USBが挿せるようにしておいて あとはオーナーさんがツーリングの仕様によって使い分けることになります。



ペースが上がってくると この加速と風圧に耐えるにはもう 胸とタンクが接触するまで小さく伏せないと耐えられないんでしょうね

飛ばすならウエアも選ばないといけません。

バイクの動きに見合うライディングフォームは、必然の美しさになるはずですから

思いっきり伏せてもいいんじゃないでしょうか (^_^)




ウオーターポンプのシールは未だ メカニカルではないようで…

シールが逝ってしまってもすぐにはわかりませんから



点検窓のオイルの状態はまめに確認しておいたほうがいいでしょう。


正味3日で1500Km超のナラシ運転完了 

途中、オイルとフィルターの交換が2セット


次はタイヤ交換で間違いナシ



コメント

特殊工具

2015年06月19日 22時15分31秒 | メンテナンス


数年前 ハスクバーナのACGローターを外すために購入したロータープーラー

使用後 ひょっとしたら、この1回しか使わないのではないかと思ったのですが…

久しぶりに出番がやってきました。





このローターには エンジン特性を変えるため、削り出しのウエイトを背面に追加して溶接してあります

その昔 メニューを見つけて、取り外した(その作業依頼に応えるため購入)ローターを海外のショップに送ったオーナーさん

今回は 自らオーバーホールのため再度取り外し。


さすがに専用 一撃でゴロリと外れてくれて あ~気持ちイイ

これぞ専用スペシャルツールの醍醐味とでも言うんでしょうかね (^_^)


これでもう3回目の使用 私としてはもう十分、元はとったと思います

だって「外れない」苦労と疲労は、それはそれはもうイヤと言うほど経験してますもんで…





コメント

停電

2015年06月19日 21時15分49秒 | 日々のこと


昨日の午後 突然の停電 このエリア、それほど天気が荒れていなくてもたまにあります

そのたび お隣のクシタニ店長さんと表で顔を見合わせて、自分のトコロだけでないことを確認し仕事に戻ります。

スローミクスチャースクリューによる調整とバキュームバランス調整は途中でやめられないんですよね。




信号が点灯していない交差点に進入するのは勇気が要るでしょうね (^_^;)



コメント

クレーム保証修理

2015年06月19日 03時00分55秒 | メンテナンス


走行に支障は無くても 少し気になる異音が ずっと前からありまして

オーナーさんと当方 双方の事情もあり

延び延びになっていた施術



たぶんココだろうと 見当をつけていたドリブンフェイス(遠心クラッチでもある部分)

スプリングを押し縮めて大きなナットを回す ちょっと怖い作業です



主因はやっぱりこの奥のベアリング ベアリングだけでなくアッセンブリーで交換させていただきました。



走行に支障は無くても、このままと言うわけには行かない異音

保障期間ギリギリ 間に合いました

2年間距離無制限… 




コメント