クロキライディング

いつだってバイク

妄想

2016年09月30日 02時29分24秒 | バイク


ココのところの雨続きで、作業スペース確保が苦しくて

預かりと納車のやりくりがたいへんです (~_~;)

久々預かりのNUDA900Rと当店所属のF650GS

エンジンのベースと車体の一部を共通とするこの2台



もしも明日、どちらか1台に乗ってツーリングに行ってもいいよ…  なんてことになったら

妄想が脹らんで脹らんで…これは激しく迷いますね






NUDAは新車時装着のOEMから初めてのタイヤ交換

試してみたいタイヤはいくらでもあるけど、先ずはコレを履いておこうと「パイロットパワー2CT」

OEMタイヤはどうあれ、ともかくこのタイヤのフィーリングを基準にしていこうというわけです

ロングセールスのコチラ、発売当初とは多少なり内容は変化していると思いますけど(たぶん)どれと組み合わせても間違いのないタイヤ

これからも造り続けてほしいし、他メーカーにも有ればいいのに。





コメント

学生さん

2016年09月28日 09時24分58秒 | お客様
一般的に大学生さんは9月いっぱいまでが夏休みであることが多く

8月の後半から9月にかけて旅(いろんなスタイルで)を楽しまれているようですね



バイクも装備もそれぞれの事情によるものであるのは当然のこと

「あのー バイクの修理はお願いできますか?」と不安そうに入店してこられるとすぐにそれと判るのですが

常に作業依頼に追われている身ですと、あまり大掛かりなことにならなければいいなー と思いながら

必ずお話だけは伺うことにしています。


友達とお2人で京都から原付2台のツーリング

学生さんらしいツーリングもすでに5日目だそう



購入後間もない中古スクーターは初期不良をショップにて修理されていてもココに来てスターターモーターが回らなかったり

エンジン警告ランプが点灯したりと、この先が思いやられる状況

警告ランプはセルフダイアグノーシス(自己診断機能)によって、このままでもフェイルセイフモードで走る続けることができそうなのでそこを説明



スターターの回りが悪いことについては、前回のショップさんから聞かされている作業内容と

バイクの現状とバッテリーのメーカーから考えて、バッテリーの突然死である可能性が高いことをお伝えし

だからと言ってすぐにバッテリー交換とはいかないでしょうから

電気的にスターターはともかく、燃料供給と点火がまかなえるうちは走り続けてみたいようなので


最後の手段でバッテリー交換となったなら、使うべきバッテリーの型式のメモを渡して

これから「秋吉台」に向う(反対方向を指差して言ってました)2人を見送りました。





多少のトラブルはあってもそれが度が過ぎたものでなければ、ツーリングそのものは楽しい思い出になるでしょう

この先(将来)もバイクには乗り続けてほしいので

真剣に故障探求しておきました。




原因らしきものがわかっただけでも不安は和らぐものです

このあとも楽しんでほしいなー


礼儀正しくて いい学生さんでしたよ。





コメント

リトルカブ

2016年09月23日 02時09分31秒 | バイク


久しぶりの新車 スーパーカブシリーズ唯一の国内生産車ですね。



いやもう この店内に於いては「カワイイ」という他ありません (^.^)

ココのところ難易度高い(僕にとっては…)作業ばかり立て込んだので

スーパーカブの納車整備なんてのは、ホッとするような仕事です。



コチラももれなくFI車

ゆるーいキックでもすんなりエンジンかかります

センサーと制御が効いているんでしょう

そう言えばSR400もFI車のキックスタートは相手を選びませんもんね。







日中、表の通行人さんは当店のバイクに見向きもしないけど

このリトルカブになら足を止めたりなんかされますね(笑)

コメント

常時点灯

2016年09月22日 03時14分51秒 | メンテナンス


「昼間はヘッドライトを消したい…」そう言えばそんなオーダー めっきり来なくなってました。

勿論 道路運送車両法は順守しなければいけないし、ライトは昼間でも光っているほうが安全

僕のブロスは義務化前だから常時点灯していなくてもいいんだけど、安全のために点灯していますね

見通しの効かないコーナーが連続するワインディングにアプローチする時はなおさらです。



使用するハンドルスイッチは一旦カプラーをバラして車両側カプラーに合わせて組み直し



それだけで完結するような簡単なものではないので、ハーネスを追加したりカットしたり短絡したり



それはジャンクションボックス部分でも必要

ヘッドライトだけでなくメーター照明やテールランプも同時にオンオフできないといけないし

もともと エンジン始動すると勝手にヘッドライトが点灯する構造だったり

フロントウインカーがポジションランプとして弱く光り、且つウインカー動作時には消灯するというような仕組みになっているから

事がややこしくなりますね (~_~;)



専用品が存在しなかったのでこの車両に合わせての作業

無条件に操作できるようになりました。


義務化前の年式ですけど

上手く使い分けてくれることでしょう。
コメント

装着数

2016年09月20日 03時50分50秒 | パーツ


久しぶりのウオタニさん SP2装着

今や僕なんかよりもこのキットの装着件数が勝るメカニックは全国にウジャウジャいらっしゃることと思います。

これまで何台分も装着させていただきましたが、プラグコードの加工とイグニッションコイルへの挿入…ココがすご~く大事

プラグコードはメーカーや商品によって太さや構造も少し違っているので上手く調整していきます。



動作不安定(な場合)社外タコメーター(電気式)にノイズの心配が無い安定したパルスを供給してくれる青いコード

ウチにはそんな依頼来ませんけど、カスタムショップさんにはありがたい親切な装備です。



電装の作業中 エンジンアースを見つけたら、積極的にコンディションの確認と修正はおこないます

エンジンアースの不良はいろいろと不可解な症状を招きますから、予防も兼ねて…



手順正しく装着しても車種によってはSP2が逆立ちしてしまうのですが

これもまたオツだな~ なんて思えてくるほど

人気商品ですね (~_~;)

コメント (2)

クラッチ貼り付き

2016年09月18日 02時27分44秒 | メンテナンス
暫く乗っていらっしゃらなかったゆえ

激しいクラッチの貼り付き


回転を高めてのクラッチミートはバイクにとってはよろしくないのでここは慌てずに




とにかくエンジン(クラッチ)をしっかりと暖めて暖めて

後輪をスタンドアップしクラッチ切ったままスロットルのONとOFFを繰り返す


温度変化によりそのうちにスロットルと後輪の回転の同期が解けてくれる

この方法がいいようです

その後走ってクラッチの滑りが無いかも確かめておくと好いでしょう。


只、オーバーヒートと近所迷惑には気をつけないといけませんね




オイルに浸っていない乾式クラッチが貼り付くともっと厄介ではありますが…
コメント

オイルプレッシャーランプ

2016年09月17日 02時04分53秒 | 日記


先日の羅漢ツーリングのこと

行程も後半の頃、アイドリング近辺でメーターのオイルプレッシャーランプが点滅するのだと

F800Sになんとも不安な症状が発生



本来なら即座に走行をやめ、故障探求に移るべきところなんですが

コチラはバイクもオーナーさんもすっかりとお馴染みなので

実際のプレッシャーに問題は無く、スイッチの故障であろう…と

ちょっとキケンな判断をしておりました。(勿論これまでの履歴と症状とで考え抜いてのことです)


後日パーツの入荷を待ってスイッチの交換



目の前に有るのに周囲と干渉して工具がかけられないので、近くの工具店で切断前提でディープソケットを購入

速攻カットして取っ手を溶接

見てくれ悪くてこれにしか使用できない

だからと言って要が済んだら捨てたりはしないけど、先でこれを見たときに何だったか忘れないようにしなくては(こんなのイッパイあります)



結果はOK 

大した事無くってヨカッタねなんて言うと

「判っていましたよ、点灯後もあれだけエンジンまわしたけどど~もなかったですからね…」って

いやいやこれまでには大丈夫じゃなかった例も極々わずかですがありましたから

僕は心配していたんですホント




コメント

トライカーナ開催します

2016年09月16日 00時35分27秒 | 日記
次回 「トライカーナ」の開催が決定しました。


開催日時 10月30日(日) AM9:00 現地集合

会場 きらら博記念公園駐車場

参加費用 ¥2500(昼食付き)



近年は年に2回の開催となっていますので今シーズン最後



一見すると地味で単純…でも走り込んでいくとだんだん楽しくなってくるのです

そこはやってみないとわからない、ちょっと変わった練習です


ご参加お待ちしております。



コメント

R1200GS SOHC

2016年09月14日 02時19分26秒 | バイク


最近ご縁の無かったRの1200 整備あれこれ



タイヤ交換とファイナルギヤボックスオイルの交換でしたがさらに手を進めて

スイングアームブーツも思い切って交換です。



外して見るとひび割れは表層だけでしたが、機能的に支障がないようでもついつい目がいってしまうもの

これでスッキリしましたね。





プラグ交換とバルブクリアランス調整も



作業後勿論試運転しましたがR1100の感覚が身に付いてしまっている僕にとって

やっぱり1200は良く走りますね




BMWのフラットツイン どれに乗ってもそれぞれに…いいところがありますね (*^_^*)
コメント

紀州伊勢信州ツーリングー7 最終日高速クルージング

2016年09月13日 02時44分22秒 | ツーリング


長いようであっと言う間のツーリングもとうとう最終日

昨夜遅くに降り始めた雨は一向に弱まることなく降り続いていますが

もうココまで来たら たいして動じることも無く… とりあえず山奥の朝ごはんをゆっくりと



少人数で営業されているようですが いろいろと良くしてくださいました

洗濯もしましたし (~_~;)





そして出発

このツーリングで初めてレインウエアを着る頃には雨も小降りになり



濁河(にごりが)温泉を後にして 登ってきたルートとは反対側「鈴蘭スカイライン」で下呂温泉方面に向います。

晴れていればこのスカイラインからも絶景が望めたでしょうに…残念



下呂温泉に近くなるともうすっかり雨も止みましたので、わずか2時間未満でレインウエアの出番も終了

路面も乾いてきたので最後にもう一展開しようと、素直でないルートを選んだのはいいけれど

僕が道を間違えてしまい、こんなことやっていてフェリーに間に合うのか… と思わせるくらいクネクネを繰り返し



ようやく予定のダム沿いルートに復帰



クネクネやっているときはもう半ば諦めていた蕎麦

先の見通しがついたこととちょうどいいトコロで出会ったので 十割そばを時間通りに完食



そして東海環状自動車道の美濃加茂ICから とうとう帰り道の始まりです。



東海北陸自動車道に移ってからはひたすら走って走って

偶然だけど雨から逃げて逃げて

高速道路の分岐を間違えないように



時間通り無事に阪九フェリーの泉大津港乗り場に到着



今日は土曜日 僕たちみたいにツーリングを終えるライダーもいれば、これから始まるライダーもいますね。



大型フェリーで一泊するのも僕にとっては立派なレジャーなので

旅の思い出に浸り惜しみながら船を愉しみましょう。



バイクもクルマも、運転に対して休憩(運転していない)があるのだけど

今回のツーリングでは観光に対してバイクに乗っていることが休憩なんじゃないか…と 長男が言っておりました

たしかにそう、3日目に信州入りをして以降は気温20℃を下まわっていることがほとんどでしたし

ライディング中は余分な力を使わず、仕事はバイクにさせるリラックス状態ですから



景色はパノラマで移り変わるので退屈知らず 

コーナーをクリアする瞬間、ハッとする景色に出会っても足を停めない

景色の流れと移り変わるテンポの速さ

ちょっと速いペースで駆け抜けてしまうのも「一期一会」的な楽しみ方で良いのでは(チョットもったいないけど…)


そうして走りながらでないと見えない、景色の見え方が僕は好きです

でもお店のツーリングではそうではいけない…と

時々停まることにしています。



この7日間、幸運にもまったくのノントラブル

楽しかった思い出は遠ざかるけど、こうして無事帰れるのだからまた来ることもできるでしょう



去年同様 午前6時に下船してそのままお店に直行

できるだけの後片付けをして時間通りに開店しました



そういえば 長いお休みをいただきましたが自宅には1秒も滞在しませんでした。


さあ 次はクロキライディング「秋の一泊ツーリング」

10月9日~10日 九州です

今回のルートはちょっと難しそう、細い道の事情がどうなっているのやら

たのしみです (^.^)





コメント