映画が中心のブログです!

中島けんです。新しい映画や舞台の感想を中心に、大映の思い出、海外旅行・地元の話題などを写真付きで書かせていただきます。

大映宣伝部・番外編の番外 (82) 伊藤雄之助さん

2015年09月21日 | 日記

   

 

     今回は伊藤雄之助さんを取り上げます。彼はフリーの俳優さんですから各社の、

     名匠、黒澤明・市川崑・木下恵介・渋谷実・成瀬己喜男などの監督作品に数多く

     出演し、それぞれに名脇役ぶりが話題になりました。

     大映での出演本数は10本足らずですが、出ている作品はどれもこれも彼のユニ

     ークな演技が目立つ作品ばかりで、特に「巨人と玩具」(増村保造監督)「しとやか

     な獣」(川島雄三監督)「忍びの者」(山本薩夫監督)「華岡青洲の妻」(増村保造監

     督)では強烈な印象を残しています。

 

     伊藤雄之助さんは、大正8年(1919)東京の浅草生まれです。両親はともに舞台

     の人で、彼も4歳8か月で沢村雄之助の芸名でデビュー、しかし関東大震災と父

     の急死で舞台活動を一時断念し、お母さんの薦めで今度は教師を目指します。

     しかし今度はお母さんが亡くなり、東宝専属で芸能界に復帰しますが、そこで口

     には出せない程の苦労を味わうのです。

     昭和15年に召集されて中国大陸で兵役に、途中から移動演劇隊に入れられて

     中国から日本に戻って巡業時に終戦。義兄の佐伯清監督の推薦で東宝に復帰

     し、それからもっぱら映画での活躍が開始されます。

 

     昭和29年(1954)にフリーとなり各映画会社やテレビの露出が増えることになるの

     です。彼のニックネームは「ゴテ雄」、演技に対しての執念はすさまじいものがあ

     り、古い映画界の因習についてもズケズケ批判したことなどから、それが原因で

     一部の会社や監督から敬遠された時期もあったようです。

     昭和55年(1980l)療養のため出かけた伊東の温泉で容体が急変、3月11日に心

     臓発作で帰らぬ人となりました。60歳、惜しまれる早死でした。

 

     余談になりますが、若い頃の私は、撮影所の皆から高松英郎に似ていると言わ

     れましたが、自分では高松ちゃんではなく、伊藤雄之助さんに似ていると思い続

     けていたこともあり、彼が亡くなった後でも彼の作品を見るたびに、やっぱりこち

     らの方が似ていると思ったのも、私なりの伊藤雄之助さんへの思い出話です。

   

   

     

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 「アニー」 | トップ | 映画 「キングスマン」 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
中島様 (タム親父)
2015-09-21 13:58:04
こんにちは。
ついに!という感じで、伊藤雄之助さんが登場ですね。大映の出演数が10本ほどというのは意外でした。どの作品を見ても強い印象を残した方ですね。大映でのベストは「しとやかな獣」だと思いますが、「忍びの者」と「眠狂四郎 女地獄」も代表作といえると思います。「忍びの者」では伊藤さんの陰の部分の良さが、「女地獄では」陽の部分の良さが出ていたと思います。陰陽を自在に演じ分ける演技力には圧倒されます。お兄さんの沢村宗之助さんの思い出話がありましたら読ませていただきたいと思います。宗之助さんも大映京都撮影所に欠かせない脇役さんですね。
Unknown (中島けん)
2015-09-21 20:30:40
タム親父さん

どの作品を取っても代表作だと言えるくらいのユニークな俳優さんだし演技でした。
お兄さんとは京都撮影所でお会いしましたが、お互いに挨拶程度、この方も面白い
味のある俳優さんでしたね。

怪優登場!! (小三太夫(改々))
2015-09-23 10:16:28
 けんさん

こんにちは
 私もタム親父さんと同じ気持ちで、伊藤雄之助さんの事を取り上げて頂き、大変にうれしく思って居ります。

実は私が3歳の頃に伊藤雄之助氏の「大根役者 初代 文句いうの助」と言う本が出版され、大叔父の書斎に有ったのを何度も斜め読みした記憶が有り、先日、大叔父宅の書庫から探し出して貰って借り受け、読み返していた所でした(^。+;

 
 「大根役者 初代 文句いうの助」の表紙カバー折り返しに40代後半の伊藤雄之助さんの著者近影が載っていて、「忍びの者」での怪異なメイキャップが同一人物とは信じられない位で、いかにも著書内で大辛口に演劇論や役者について述べている雄之助さんらしい御姿でした。
私と同年齢とは思えない位の貫禄です。

(確かに けんさんと雄之助氏はイメージや御姿が似て居らっしゃいますね。草笛光子さんと共演された整髪料のCMのおしゃれでダンディな雄之助氏を思い出しますです。)


>タム親父さま

 ご無沙汰しています。
 
私も大映作品での「忍びの者」等の怪しい雄之助さんが好きですが、他社作品での「プーサン」や「大日本チャンバラ伝」でのペーソス溢れる雄之助さんも好きです。
やっぱり、3歳で刷り込まれた記憶は根強いですねぇ
(^。+;
しかし、「太陽を盗んだ男」が氏の最後の作品とは余りにも残念です。

 
こんばんわ。 (中島けん)
2015-09-23 20:16:05
小三太夫(改々)さん

前に取り上げた田村高廣さんにしても雄之助さんもそうですが、
大映はともかくとして、これからもっと活躍して欲しいと思う人なのに
二人とも早死にで残念です。

タム親父さん→小三太夫(改々))はとても親切で熱心な映画好きさんです。
どうか仲良くしてください。

男気溢れる俳優さん (marinne)
2015-11-15 11:08:00
伊藤雄之助さんも、けんさんの
面影がありますね。確かに。
大映作品は叶さんの出演作を
主に観ていますが
「女のつり橋」では
お二人の掛け合いが、
しみじみとしていました。
飄々とした老人の役の
雄之助さんでしたが、
これから色々な役の雄之助さんを
拝見したいと思いました。
出来ればインタビューなども
探してみたいです。
こんばんわ。 (中島けん)
2015-11-15 23:06:55
marinneさん

本心は伊藤雄之助さんに似ていると言われても嬉しくないのですか、
高松ちゃんだったらまあ良しと思います。(笑)

明日から台湾に行って参ります。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事