見もの・読みもの日記

興味をひかれた図書、Webサイト、展覧会などを紹介。

太陽の塔・内部見学とEXPO’70 パビリオン

2019-12-10 22:40:22 | 行ったもの(美術館・見仏)

 大和三寺巡礼の計画を立てているとき、大阪在住の友人が「今なら太陽の塔の内部が見学できますよ!」と教えてくれた。そういえばそんな話があったと思って調べたら、2003年には33年ぶりに内部が公開されたものの、消防法などの関係で1階部分しか立ち入れなかった。その後、補強工事や「生命の樹」と「地底の太陽」を復元を経て、2018年3月19日から上層部を含めた内部公開が開始されている。ただし見学は完全予約制である。幸い、12月8日(日)の朝に予約があったので申し込んだ。

 当日は、塔の裏側の地下1階の入口に集合。建築基準法に従い、最大16名のグループで入館するシステムになっている。写真撮影は1階でしかできないこと、2階以上に進むときは、ものを落とさないように、パンフレット以外はカバンにしまうことなど、細かい注意が告げられる。

 ドラフトスケッチのパネルなどが飾られた円形の回廊を進むと最初の展示室。みんぱくでおなじみの仮面や木偶・土偶などが飾られている。岡本太郎事務所のスタッフが集めたものだという説明があった。どこか既視感があったのは、昨年、みんぱくの開館40周年記念特別展『太陽の塔からみんぱくへ-70年万博収集資料』で、この空間の紹介があったためだ(ただし資料を蒐集したのはEEM:日本万国博覧会世界民族資料調査収集団という紹介だった)。

 太陽の塔「第四の顔」とも呼ばれる地底の太陽。復元品だそうだ。映像プロジェクションがけっこうエグい。

 そして、グループ全員で次の部屋へ進む。いよいよ塔の中心部。極彩色の「生命の樹」がそびえ、呼吸のようにやわらかく光が明滅する。宇宙を感じるような音楽。

 1階でしばらく自由にすることを許されるが、写真を撮れるのはここまで。あとはカメラをしまって、階段を4階まで上がる。各階(踊り場みたいなスペース)でガイドさんの解説を聞く。生命の樹には33種類の生きものが付属しており、そのうちのいくつかは復元・補修されているそうだ。三葉虫は数を増やしたと言っていた。オーム貝の目が光っているのが怖くてカッコよかった。ゴリラは、敢えて完全に補修せず、頭部の機械が露出したままにしてあった。草食恐竜のプロントザウルスの姿は今でも違和感がないが、肉食恐竜はいなかったような。最後にヒト(クロマニヨン人、ネアンデルタール人)がいたことは記憶していたが、とても小さいことに驚いた。

 私は小学生のとき、大阪万博を見に来て、太陽の塔に入っている。スタッフの方に「むかしはエスカレータでしたよね?」とそっと聞いて「そうです。軽量化のため階段に改修しました」と答えてもらって満足した。でも、地下1階の展示も、それから太陽の塔の片腕が避難階段で、片腕が巡路のエスカレーターで大屋根につながっていたことなど全く覚えていなかった。

 見学が終わると舞台裏のような階段で地下1階へ下りる。この階段の各階にも万博当時の写真を中心としたパネルが展示されていた。なぜか館内スタッフは「研修中」の札を下げた若者が目についた。70年万博を知っている自分が、若いスタッフの説明を聞くのは、ちょっと不思議な感じだった。なお、当時の写真等を見ると「地底の太陽」ゾーンは、もっと仮面や神像の数も多く、さまざまなテーマの展示があったみたい。これから復元する計画はないのか、気になる。

 ついでに、万博記念公園の中にあるEXPO’70 パビリオンにも初めて立ち寄って、常設展示と特別展示『大阪万博ビフォーアフター展~あのパビリオンはいまどこに?~』(2019年11月2日~12月17日)を見てきた。1970年代って、パワフルで面白い時代だったんだなあということを、しみじみ感じた。

コメント

2019師走・大和三寺巡礼

2019-12-09 22:02:24 | 行ったもの(美術館・見仏)

 この夏、東京国立博物館に安倍文殊院、長谷寺、岡寺、室生寺ゆかりの仏像や寺宝が集合する『奈良大和四寺のみほとけ』展が開催され、私は友達から譲ってもらったチケットで、仏像大使のみうらじゅん・いとうせいこうのトークショーを聴きに行った。四寺のうち、安倍文殊院だけは行ったことがなかったので、「この秋、本気で参拝したい」と書いていたら、このブログを読んでいる友人からお誘いがあって、初冬の大和古寺巡礼が実現した。

 土曜の朝、桜井駅集合だったので、私は金曜の仕事を終えてから京都まで移動して1泊。東京在住の友人は朝イチの新幹線で出てきた。もうひとりの友人は大阪から。9:50のバスに乗り、10分ほどで聖林寺前に到着。右手のなだらかな坂の途中に、こじんまりした瓦屋根が見えている。

 安倍文殊院に行くのなら、ぜひここも!とリクエストしたのだ。霊園山(りょうおんざん)聖林寺(桜井市)の本尊は、大きな地蔵菩薩坐像(江戸時代、石造彩色像)だが、なんといっても国宝・十一面観音立像(天平時代)が有名だ。私が初めて十一面を拝したのは、40年もむかしの高校の修学旅行で、その後も1、2回訪れている。しかし、寺外の展覧会などでお会いした記憶はない。ないよね?ということを友人たちとも確認し合った。

 この像は、フェノロサや和辻哲郎に激賞された一方で、天平末期の形式化した作という評価もあるそうだ。そうかもしれない。全身くまなく名作ではなくて、妙にぶっきらぼうで棒立ちなところと、優美で柔らかな表現が共存しているのが、この像の魅力だと思う。収蔵庫は、人が中に入ったら、入り口の扉を閉める形式になっていて、暗闇の中でひたすら十一面と向き合っていられる。この日は他のお客がいなかったので、30分くらい三人で貸し切り状態だった。贅沢!

 お寺のホームページを拝見すると、収蔵庫の耐震改修も必要になっており、経営に苦労なさっているのではないかと思うが、ぜひこれからも変わらぬ佇まいであってほしい。

 聖林寺から安倍文殊院(桜井市)までは、のどかな田舎道を30分ほど歩く。製材工場や杉玉を吊るした酒造所、古い自販機などの風景を楽しみながら。安倍文殊院に程近い「御門神社」は安倍晴明を祀る。この一帯は安倍(阿部)氏の本貫の地で、遣唐使の安倍仲麻呂、陰陽師の安倍晴明もここで生まれたという説がある。御門神社の名前は土御門家に由来するとのこと。

 安倍文殊院は、山号も安倍山。安倍(阿部)倉橋麻呂が建てた安倍寺に由来するそうで、近くに「安倍史跡公園」もあった。合格祈願とぼけ封じの祈祷寺として、善男善女の信仰を集めており、なんというか客あしらいがうまい。

 拝観をお願いすると、次の解説まで時間があったので、まず客殿でお抹茶の接待を受ける。五芒星のお干菓子つき。

 本堂は、外観からはそんなに大きい建物とは思わなかったが、中に入ると、拝殿の奥に新しい収蔵庫がつながっていて、広くて天井も高い。そして巨大な木造騎獅文殊菩薩の姿は、あたかも手を伸ばせばすぐそこにいらっしゃるかのように見える。拝殿でお寺の説明を聞いたあと、収蔵庫の入り口まで歩を進めて、あらためて騎獅文殊菩薩と一群のみなさん(渡海文殊群像)を拝する。善財童子が愛らしい。優填王はガタイがよくて、かなりこわもて。巨大な獅子を平然と威圧する文殊菩薩。怪物のようにデカいのに破綻なく美しいものをつくれるのが、仏師・快慶の趣味と力量である。素晴らしい。

 本堂には、このほか多様な仏像が集められていた。境内の西古墳(奈良時代)を覗き、池の上の金閣浮御堂で「七まいり」をして寺宝を拝観する。金谷の石仏の拓本があったのが興味深かった。

 バスで桜井駅に戻り、近鉄で大和西大寺へ。再びバスに乗って、最後の訪問地・秋篠寺へ向かう。今回の三寺の中では、秋篠寺だけはこのブログを書き始めて以降(2010年11月)に拝観した記録があった。9年ぶりの訪問だが、あまり雰囲気が変わっていなくてよかった。拝観券売り場のお姉さんは何かの原稿に朱を入れていて、美大か史学科の院生さんだろうか?と噂し合った。

  境内の石碑や樹木の名前も興味深く、のんびり過ごした。そのあとは大阪に出て、近鉄・難波の駅ナカの立ち呑みで打ち上げ。楽しい見仏旅行でした。私は翌日も大阪で観光。

コメント

根強い通俗道徳/生きづらい明治社会(松沢裕作)

2019-12-05 21:30:33 | 読んだもの(書籍)

〇松沢裕作『生きづらい明治社会:不安と競争の時代』(岩波ジュニア新書) 岩波書店 2018.9

 明治が大きな変化の時代であったことは言うまでもない。変化をチャンスとしてとらえ、果敢に行動して成功をつかんだ人もいる一方、不安に怯えて生きた人々もいた。その一例は、困窮した農民、また農村から都市に流入して日雇いの肉体労働などに従事する都市下層民である。1881-1886年(明治14-19年)の「松方デフレ」は、それまでの経済政策を大転換し、日本の経済発展の基礎を築いたと言われるが、一方で多くの困窮農民、負債農民騒擾を生み出した。

 江戸時代には、貧困者の救済は大名や幕府の代官・奉行、あるいは地域の富裕者によって各地でまちまちに行われていたが、明治になって、内務省が貧困者の救済を担当することになった。内務省は「恤救規則」を制定したものの、できるだけ制度の利用を制限し、「何らかの仕事のできる者」や「これまで隣近所で面倒を見てきた者」は救済対象として認めなかった。その理由は、政府に「カネがなかったから」である。

 なぜカネがなかったかというと、新政府の成立後も、領民の納める年貢は各藩の収入になっていた。廃藩置県によって、ようやく年貢が政府の収入になり、地租改正が行われた。しかし士族の反乱、農民反乱が相次ぎ、政府は大幅な減税を容認せざるを得なかった。つまり、クーデターによって成立した明治政府は、人々に信頼されていなかったので高い税金をとることができず、政府の財政を通じて富の再分配をすることができなかったのだ。公的扶助が期待できない「小さい政府」の下で、貧しい人々にできるのは「ひたすら自分でがんばる」ことだけだった。

 1894-95年の日清戦争に勝利した日本は、多額の賠償金を手に入れたが、その臨時収入は次の戦争に備える軍備増強に使われた。1899年、念願の地租の増税が行われたが、その使いみちは、強い軍隊、産業インフラ、学校などで、貧困者の救済には使われなかった。

 その背景には「通俗道徳のわな」があると著者は説く。「通俗道徳」というのは歴史学の用語なのだそうだ。誰もが必死にがんばらなければならない社会の中で、一握りの成功者は「成功するためには努力しなければならない」「失敗した者は努力をしなかったダメ人間である」という通俗道徳を吹聴する。それが社会に行き渡ると、ダメ人間のために税金を使うことに賛同する人々はいなくなる。なんだか明治の話ではなく、今の日本の話を聞いているような気がした。しかし明治時代は財産による制限選挙だったから、政治家が貧困救済に関心を持たなくても仕方ないが、普通選挙の今日でも貧困対策に抵抗が強いのは、よほどこの通俗道徳の縛りが大きいのだと思う。

 歴史学者の安丸良夫氏は、こうした通俗道徳が人々に広まったのは、市場経済が広まった江戸時代の後半だと考えている。それでも江戸時代には、豊かな人が必然的に貧しい人を助ける仕組み(村請制)があったのだが、明治以降は、完全に通俗道徳のわなにはまってしまうという。前近代の集団責任制には、もちろん負の面もあるが、いろいろ考えさせられる。

 この弱者に冷たい明治社会で、無理を強いられた人々として、本書は「女性」と「若い男性」について、それぞれ章を設けている。女性については、芸娼妓解放令によってタテマエでは自由になりながら、実質的には人身売買状態が続いたことが述べられている。そうそう、これは横山百合子さんの『江戸東京の明治維新』でも読んだ。男性も、職人、工場労働者など都市下層民の若い男性は社会の弱者だった。東京で何かの政治集会が開かれると、それをきっかけに暴動を起こすのはつねに彼らだった。ただし藤野裕子氏は、彼らの対抗文化(社会の主流文化に対抗する価値観)は、結局、通俗道徳の補完でしかないと論じている。このへんも、現代の政治状況、安保法制やヘイトスピーチをめぐるデモとの類似や差異を考える材料として興味深い。

コメント

中国内部の異世界/さいはての中国(安田峰俊)

2019-12-04 23:25:28 | 読んだもの(書籍)

〇安田峰俊『さいはての中国』(小学館新書) 小学館 2018.10

 続編『もっとさいはての中国』が面白かったので、さかのぼって読んでみた。序章は、中国系住民の増加により新たなチャイナタウン化が進む埼玉県西川口。あとはカンボジアのプノンペンと、カナダのトロントへ歴史問題の活動家に取材に行く2編があるが、他の9編は中国国内のルポルタージュである。ただし、一般の中国案内では、まず話題にならないような取材対象であるところが本書の眼目。

  私は特に巻頭の2編が面白かった。第1章は広東省深圳市。職業安定所のある「三和」地区一帯には、20~30代の貧しい若者が、ネカフェや安宿で多数暮らしている。金があるときはネトゲやオンラインカジノで遊び、なくなればデジタルガジェット工場の短期労働で稼ぐ。その繰り返しだ。人生の大部分をデジタルに支配された「サイバー・ルンペンプロレタリアート」。家族や故郷とのつながりを失い、底辺生活から抜け出せる希望もない。「絶望の中で欲望に負け続ける」という形容が、残酷だが、彼らの状況をよく表している。

 日本にも同様の貧しい若者はいるだろうが、これほど絶望的な状況が、これほど大量には発生していないのではないか。中国では、贅沢も貧乏も、どっちの方向も極端に突き抜けている。一方で、彼らは似た境遇どうしのつながりを求め、独特の符丁や隠語を駆使して、ネットで活発なコミュニケーションを取っている。著者はそこに、前近代の中国に存在した「会党」や「幇」との類似性を見る。

  また、彼らは出稼ぎ農民の子弟が圧倒的に多い。鄧小平時代に社会主義市場経済が本格化すると、農民夫婦がそろって出稼ぎに出るようになり、祖父母や親類に預けられる「留守児童」が増えた。不幸にしてネグレクト(育児放棄)状態に置かれるなど、満足な教育を受けられなかった子供たちの成長の果てが、三和の若者たちなのである。これは読んでいてつらかった。人は生まれてくる時代も家庭も選べないのだ。

  第2章は広東省広州市。広州はアフリカ系外国人が極めて多いことで知られており、公的には2万人、不法滞在を含めると10万~30万人にのぼると言われているのだそうだ。私は15年くらい前に広州に行ったことがあるが、当時は全くそんな気配はなかったので、激しい変化に驚いた。著者はナイジェリア人の集まる瑶台西街と、さまざまな国のアフリカ人が集まる小北地区を訪ねている。

  カルチャーギャップによる摩擦や反目も起きているようで、路上でマリファナを吸うとか酔っ払って大声で騒ぐとか、アフリカ人の行動に眉をひそめる中国人も多い。「連中は声が大きくて態度が傲慢だ。文化的な水準も低い。自国のルールだけで生きていて、中国の文化を尊重しない。なのに数ばかり増えやがって」という証言を読んだときは、申し訳ないが大笑いしてしまった。日本人が、日本の街で出会う中国系住民や旅行者に漏らす不満と、あまりにも瓜二つなので。

  さらに、国内問題の改善よりもアフリカ諸国へのバラマキを優先しているかに見える中国政府の政策の評判が悪いというのも、日本社会にたいへんよく似ている。中国はもともと庶民レベルでは黒人やイスラム教徒への差別感情が強いこともあって「アフリカ人に中国の女性が大勢レイプされている」みたいなデマがネットで拡散されていたりもするそうだ。このへんも一部の日本人の周辺アジア諸国に対する差別・偏見と似たところがある。中国社会に、人種差別をタブー視する人権意識が育ち、定着することを強く望む。もちろん日本も同様に努力しなければね。

  このほかでは、湖北省武漢市の中国共産党テーマパークの取材に関連し、なぜ習近平政権が個人崇拝と大衆煽動的なプロパガンダを重視するかという問いに対し、彼らは多感な十代に文化大革命を味わった世代で、毛沢東式の手法こそ「政治」の本質だと刷り込まれているから、という顔伯鈞氏の説を紹介していて興味深く感じた。大連市のラブドール(ダッチワイフ)工場のルポも面白かった。日本の成人向けラブドールに学びつつ、もっと広い市場開拓に意欲を燃やしており、市政府からイノベーション産業支援として多額の補助を受けているというのがすごい。あと、内モンゴル自治区と漢化しつつあるモンゴル民族のルポはちょっと悲しい。

コメント