見もの・読みもの日記

興味をひかれた図書、Webサイト、展覧会などを紹介。

もうすぐ深川八幡祭り2019

2019-08-09 21:44:17 | なごみ写真帖

門前仲町に住んで3年目の夏。今年も深川八幡祭りが近づいてきた。

今年は「蔭祭り」だが、神輿の飾られている街角もあり、今年ならではの「令和 奉祝御大典」の幟も並んでいる。

私の職場は週明けの2日間が夏季休業なので、明日の夕方から少し遠出の予定。お祭り(と縁日)が気になるが、いたしかたない。

来年は「本祭り」なので、仕事を休んでもガッツリ見たい! オリンピックと重なるけど大丈夫かな…。

コメント

都会の道端の百合

2019-07-11 21:56:59 | なごみ写真帖

近所に庭のあるような家が少ないが、道端のプランターで大きな百合を育てている家がある。

いまのアパートで暮らすようになって3年目。毎年、楽しませてもらっていたが、ようやく写真に撮ることができた。

純白の花弁に赤い花芯。カサブランカかな?

コメント

2019門前仲町の夕桜

2019-04-11 22:00:38 | なごみ写真帖

今年は3月末から4月にかけて、寒い日が続いたおかげで、長い期間、桜が楽しめた。

さすがに昨日あたりから葉桜。写真は1週間ほど前。

門前仲町に越してきた1年目の春は、新生活の準備で桜どころではなく、

2年目の去年は、週末に桜並木を歩いたが、夜桜を楽しむ余裕はなかった。

3年目の今年は、夕暮れ桜の美しさを発見。

しかし、まだやり残したことがある。私の部屋の前を流れる大横川では、毎年この時期に「お花見クルーズ」が運航されるのだが、残念ながら今年も乗り損ねてしまった。

来年こそは船の上から、この桜並木を眺めたい!

コメント

2019今年も門前仲町の桜

2019-03-23 22:29:52 | なごみ写真帖
今のアパートに越して来て2年目を迎えた。4月から職場が変わることが決まったが、同じ東京なので転居は不要。あと2年はここに住み続けることになった。今日、不動産屋さんで更新の手続きをしてきた。

窓の外の桜を眺めるのは3回目。一昨日の春分の日くらいから咲き始めた。





水面に近い低い枝は徐々に花が増えてきたが、大きな木なので全体としてはまだまだ。

やっぱり、出会いと別れの季節に桜があるのはいいものである。
コメント

クリスマスリース2018

2018-12-11 22:03:50 | なごみ写真帖
今年もこの季節になったので、いつもの花屋さんで購入したクリスマスリースをドアに飾る。

あまりクリスマスらしくないピンクのリース。よく見ると唐辛子が混じっているのだ。



引っ越していないのに、昨年とドアの色が違うのは、昨年末、アパートの大家さんが塗り直しをしてくれたため。

そして昨年のリースは捨てる機会を逸して、まだ取ってあるので、ドアの内側に飾ってある。

少しずつ、年末気分。
コメント

2018深川・富岡八幡宮の酉の市

2018-11-25 20:33:51 | なごみ写真帖
東京の酉の市と言えば、新宿の花園神社や浅草の鷲神社が有名だが、近所の富岡八幡宮にも市が立つ。去年は平日で行けなかったが、今年は三の酉が日曜に当たったので、はじめて行ってみた。

参道には熊手を売るお店が5、6軒。あとベビーカステラとわたあめの屋台を見たけど、ふだんの縁日のほうがずっとにぎやか。







でも、熊手を買った人にはちゃんと「お手を拝借」の手締めをしてくれるし、襟を抜いた着物姿のお姐さんも歩いていて、のんびりした中に江戸の風情が感じられた。

気が早いけど、来年もいい年になりますように。
コメント

さっぽろペンギンコロニーin東京でお買い物

2018-09-24 19:01:34 | なごみ写真帖
さっぽろペンギンコロニーin東京(2018年9月20日~24日、 自由帳ギャラリー@杉並区高円寺)に行ってきた。

「さっぽろペンギンコロニー」というのは、北海道でペンギンをテーマにした器や小物を作っている工藤ちえ奈さんを中心に、陶器、ガラス、真鍮、革、布小物などのクラフト作家が、ペンギンづくしの作品を持ち寄る展示販売イベントである。北海道内の作家さんが中心だが、最近は道外からの参加もあるらしい。

調べたら、札幌では2014年の秋から不定期に開催されているらしい。私は2015年の春まで札幌に住んでいたのだが、行く機会がなかった。本州に戻ってからネットで知って、行ってみたいなあと切望していた。しかし、なかなか私が北海道へ行くタイミングと合わなかった。そうしたら、なんと初の東京開催の情報が流れてきたので、この三連休の初日に行ってみた。



すでに品物はかなり売れてしまっていたけど、工藤ちえ奈さんのカップ(ラスいち!)と和泉まゆさんのブローチをゲット。どちらも使い勝手がよさそうで、すごくうれしい。大事にします。

※ばにきちさんのブログ:ペンギンモール
コメント

サルスベリの街路樹

2018-09-15 05:36:18 | なごみ写真帖
9月も中盤。東京は急に涼しくなって、夏が遠のいた感じがする。

去り行く夏を惜しんで、先月、上野駅近くで見たサルスベリの街路樹の写真を上げておく。





このゴージャス感。私はサルスベリを見ると、中国の夏を思い出すのだ。

※三連休は関西へ。
コメント

2018年7月関西旅行写真帖

2018-08-02 21:31:31 | なごみ写真帖
先月の関西旅行の写真から。



神戸市東灘区御影の香雪美術館に行ったついでに、隣りの弓弦羽神社に参拝してきた。その名前から、羽生弓弦選手のファンの「聖地」とされている神社である。私は、たぶん2010年頃(バンクーバー五輪より後)初めて香雪美術館に来てみたら、休館日でがっかりした記憶がある。そのとき、頼りにしていた携帯(まだスマホじゃなかった)の地図に「弓弦羽神社」という地名を見つけて、なんだこのステキな名前の神社は、と思って、興味津々、境内に足を踏み入れてみた。深い森に囲まれた神社だった。その後も一度、このあたりの観光に来て、阪急線の御影駅を目指して歩いていて、この神社に迷い込んだことがあった。



今回は、ようやくちゃんと参拝して、御朱印もいただくことができた。絵馬の奉納所には、羽生くんファンの「作品」と思われる、イラストや写真入りの手の込んだ絵馬が多数あって、楽しかった。



御祭神は、伊弉册神(イザナミノミコト)、事解男神(コトサカノオノミコト)、速玉男神(ハヤタマオノミコト)で根本熊野三所大神という、熊野三所権現とは違うのかな?熊野本宮大社と同じ、三本足のカラスをシンボルにしているようだ。

さて、大阪では文楽公演を見てきたのだが、幕間に技芸員さんたちがロビーに出て、西日本豪雨災害の義援金募金を呼びかけていた。



募金をして、吉田和生さんの遣うお姫さまと握手させてもらった。嬉しい。
コメント

鎌倉あじさい散歩2018

2018-06-29 23:13:07 | なごみ写真帖
先週末、鎌倉散歩に行ってきた。アジサイの季節には少し遅かったようで、心配したほど混んではいなかった。

鎌倉駅周辺をうろうろしたが、昨年と同じで、井上蒲鉾店前の歩道のアジサイにいちばん心惹かれた。









昨年は「花嫁のブーケになりそう」なんて書いたけれど、むしろティアラのようだ。

昨年と同じく豊島屋2階のカフェに寄って、小町通りで服を買って、おのぼりさんの鎌倉を楽しんできた。鎌倉国宝館と金沢文庫のレポートはあらためて。
コメント