生き生き箕面通信

大阪の箕面から政治、経済、環境など「慎ましやかな地球の暮らし」をテーマに、なんとかしましょうと、発信しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

生き生き箕面通信1159 ・バレンタインデーと児童労働

2012-02-10 06:48:15 | 日記

 おはようございます。
 生き生き箕面通信1159(120210)をお届けします。

・バレンタインデーと児童労働

 バレンタインデーというチョコレート商戦にのせられる日が近づい
てきました。恋人や親しい人にチョコレートを贈ってご自分の気持ち
を伝えるイベントは、それはそれで結構なことに違いありません。
ただ、その陰に児童労働があることにも、思いを馳せる必要があり
そうです。

 フェアトレードのお店「エスペーロ」の斉藤和子さんが、ガーナ
での児童労働の映像を配信してくれました。ガーナのカカオ農
園で働くアぺティ君(11歳)と弟のコフィ君(6歳)。高さ10mほど
の木にも登り、片手では握れないほど大きな実をねじり取る作
業。農園主が下から見張っており、「早く取れ。怠けるんじゃない」
と容赦なくせき立てる。アぺティ君の宝物は、ボロボロのボール
ペン1本。学校にも行けない。「ボク、学校に行きたいな」とつぶ
やくコフィ君。学校に通う子供たちの映像も。兄弟の母親も以前
同じ農園で働いていたのですが、身体を壊して田舎へ帰らざる
を得なかったので、今は兄弟が家計を支えているのです。

 日本が輸入するカカオの7割が、ガーナ産だそうです。それが
チョコレートやココアに加工される。兄弟は、チョコレートを見たこ
ともなければ、食べたこともない。

 児童労働は、アフリカばかりでなく、アジア、ラテンアメリカなど
広く行われ、世界的な問題でもあります。縫製工場、建設作業所、
パン屋、ホテル・レストランなどで幅広く行われています。スペイン
などでも問題になっています。以前、スポーツ用品などのナイキが
ベトナムなどでの児童労働による製品を売っていたことが指弾さ
れ、不買運動が根強く行われたことがありました。

 こうした低賃金の劣悪な児童労働をなくすためにも、フェア
トレード(公正な交易)には大きな意義があります。斉藤さんの
配信には、「フェアトレードのチョコレートは、児童労働のない
ボリビアのカカオ豆を使っています。今年はフェアトレードの
チョコレートを贈ってみませんか」とありました。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 生き生き箕面通信1158 ・日... | トップ | 生き生き箕面通信1160 ・「... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事