北大ボートblog

北大ボート部部員による不定期更新ブログ。

楽しんだもの勝ち!

2014-11-30 12:24:50 | 日記
こんにちは。
2年目cox、工学部の桶智輝です。

冬練始まり2週間、
EMのない生活に幸せを感じつつ、
物足りないものも感じています。
龍田の記事ではないですが、
睡眠時間は割と自由に取れます。
ただ、逆に僕は寝まくっています。
漕手なら褒めたものですが、
僕は時間を有効に使うべきですね…

去年は漕手として臨んだ冬練、
漕手のトレーニングを見ていると
どうしても去年の自分を重ねます。

個人的な話ですが、
僕は冬練を楽しんで乗り越えてました。
なぜかといえば、成長の比較対象が
乗艇だと他人になりがちですが
エルゴやウエイトなら自分の数字です。

こんな毎日練習してるのに
成長しないなんてはずはないです!

ただ周りの成長スピードが早くて
自分が止まってるような、
そんな気がする時もあります。
そんな時は自分を比較対象に、
成長を噛み締めながら練習していけば
やりがいも達成感も出てくるので
こんな風に考えるのもおすすめです。

なべけんに諭された気がしますが
やっぱり
″楽しんだ奴″
が1番伸びると思います。
しんどいだけの冬練なんかにせず
練習の中や自分の成長、また気分転換に
楽しさを見つけて冬も頑張りましょう!

文だけだと物悲しいので写真を一つ。
今朝の杉田です。
エルゴの代替としてバイクをしてます。
いやーいい脚になってきてるぜ…
今怪我してる人も焦る事なく出来る事を
一つ一つ積み重ねて欲しいですね!


それでは失礼します。
コメント (2)

栄養と睡眠

2014-11-28 13:16:32 | 日記


こんにちは。1年目漕手の龍田です。


冬練に入ってから、本日で2週間くらい経ちました。マシンローまで、残り約1週間。時間が過ぎ去るのが早くて、正直驚いています。残り日数はわずかですが、1スタンバイを大切にし、成長できるよう頑張ります。


昨日の放課後に、1・2年合同での「栄養講習」が開かれました。1・2年目が合同で栄養講習を受けるのは、今回が初めての試みだったそうです。1年目には新しいことを学ぶ機会に、2年目の先輩方には去年の復習の機会となりました。


今回は、主に「タンパク質」についての話でした。タンパク質は「アミノ酸」がたくさんつながったものらしいです。アミノ酸の働きについて聞いていると、高校で習ったことを思い出して、より理解が深まりました。高校の家庭科の授業でも、思わぬところで生かすことができるんですね。


講習会の最後には、自分に何が不足していて、何を過剰に摂取しているのか、そして強くなるためには何を改善したら良いか、についていろいろと考えました。一人暮らしだと、食事について考えるのは自分ひとりだけなので難しいです。お金とも相談しないといけません。しかし、こういった面でも成長できると考えると、やりがいがあると思います。練習もそうですが、それ以外の面でも、強くなるための工夫をしていきたいです。


私たちのために、わざわざお越しいただいた蜂谷さん、本当にありがとうございました。


最後に睡眠についてです。冬練になって茨戸へ行かなくなり、消灯時間も無くなりました。睡眠時間の管理は、個々人に任された状態です。私は、最近布団に入る時間がどんどん遅くなっています。朝練がまだ7時集合であるため、まだ6時間寝られるから良いのですが、もう少し早めに寝られるようにしたいです。授業中に寝てしまいそうなことも多々あります。私はよく空きコマの時間帯に、図書室で爆睡しています。同期と話していると、「今日も授業中睡魔に負けた」という声も聞きます。万全の状態で練習に参加し、しっかり授業も受けられるよう、みなさん睡眠もしっかりと取りましょう。


長々と失礼しました。
さようなら。
コメント (2)

サーキット

2014-11-26 22:07:26 | 日記
こんばんは。1年目漕手の杉田です。

今日は朝から部員全員が集まり、体幹を軸に鍛えるサーキットを行いました。

最近のスタンバイは各チームによって練習時間が異なるため、平日の練習で部員全員が集まるのはこのサーキットの時だけです。

疲れてくる中でも体を動かし続けるのはとてもしんどいですが、全員で声を出し合い、何とかやりきることが出来ました。

辛いメニューこそ、皆で頑張っていきたいです。


僕はつい先週の土曜日から、背中の左側の筋肉を痛めてしまいました。

そのため、エルゴでの練習には参加出来ず、代わりのメニューを行っています。

いつもエルゴ練習の時は、「エルゴを漕ぐ時間が早く終わって欲しいなあ・・・」という気持ちでしたが、いざ故障してエルゴが

漕げない状態になると、「一日でも早く、またエルゴを漕げるようになりたい!!」と感じました。

今は代替メニューに専念し、復帰できるまでに出来ることを精一杯やっていきます。

そして、約10日後に迫ったマシンローで自己ベストを更新します!

全員が各々のベストタイムを出せるよう、残りのスタンバイで着実に成長していきましょう!!

それでは、失礼します。
コメント

ergo

2014-11-25 23:30:25 | 日記
こんにちは。
2年目漕手の渡邉です。


今年も、エルゴの季節がやってきました。
冬練では特に大活躍のエルゴですが、そのキツさから誰もが一度はこう思うでしょう。

「エルゴなんて嫌いだ!」

さて先日、稲垣監督に、どんなものにも歴史があり、それを知ることが大切だと教えて頂きました。
僕もそう思います。
あるものについて、その歴史などを知ることで正しい認識をもつことができ、またそれは将来に生かせるからです。

そこで、今回はエルゴについて調べてみました。



エルゴメーターとは、「 筋肉運動によって得られる体力や体の機能を測定 する機械。または、トレーニング用の器具。自転車の形をした装置が代表的。「労作計」ともいう。 」
(出典:講談社 http://www.kodansha.co.jp/ )

つまり、エルゴメーターとは自転車型運動機械の総称みたいですね。
俗に言うエアロバイクも、実は正式名称はエルゴメーターだそうです。


また、エルゴメーターの語源は、行動することなどをあらわす“werg-”から来ているとのこと。


その歴史ですが、1981年に、オールでも馴染み深いコンセプト社のドライシンガー兄弟の手により、冬になると漕げなくなる選手たちの為に開発されました。
これがA型エルゴです。
すでに他にあった漕艇型運動機械に比べて優れたコストパフォーマンスや再現性、簡便性の高さから瞬く間に世界中に広まりました。

しかし当初は、大気という定量的測定が難しいものを抵抗としているため、うまく出力を測ることはできず、あくまでラップなどはわからないトレーニング機械という位置づけでした。

しかし、レート計でお馴染みNK社のニールセン・ケラーマン氏と組み、出力がわからないという技術問題は解決され、新たなエルゴが生み出されました。
これが1986年に開発された、B型エルゴです。
これ以降、エルゴは測定機械としても活用されるようになります。

この後、さらに開発を重ね、D型エルゴまで出ています。


現在、その普及ぶりはボート界のみならず、日本では高校野球の甲子園常連校や機動隊、米国ではNBAやメジャーリーグ、果ては英国の軍隊までもが正式採用してトレーニングに活用しているとのことです。

(参考 ・桑野造船株式会社 http://www.k-boat.co.jp/column/ergo.html
・株式会社スターラインジャパン http://www.starline.co.jp/sports/concept2/history.html)



さて、何かについて色々知ると、それを好きだと感じるようになると言います。
僕はここまでエルゴについて調べてきて、エルゴに愛着がわいてきたような気がします。

冬に漕げない選手の為に開発されたというエルゴ。
まさに私達のような人々のために出来たようなものです。


歴史も学んだところで、これからもどんどんエルゴを活用し、技術・体力とも高めていきましょう。
コメント

冬練が始まりました!

2014-11-25 16:20:09 | 日記
こんにちは!お久しぶりです、1年目漕手の阿部です。
最近はブログの更新が滞ってしまっていて申し訳ありません。

冬練が始まって一週間と少しが経ちました。
今はトレセンにてウェイトとエルゴでトレーニングを行っています。
納艇が終わってから茨戸に行っていないこと、もっと言えばヘッドオブバラトが終わってからボートを漕いでいないことがなんだか信じられません。
朝起きた時に太陽がもう昇っているのを見るときにシーズンが終わってしまったことを一番強く感じます。
しかし!漕ぎたい漕ぎたいと言っても漕げないことは変わりません!
だからこそ、この冬練期間を楽しく、かつ貪欲に過ごしていこうと思っています。
今はまだ冬練が始まったばかりですが、この先モチベーションが下がってくることもあるでしょう。
そんなときに周りを巻き込んで、盛り上げられるような雰囲気を作っていきたいです。
辛い練習も楽しんだもの勝ちです!


現在は女子組はほぼまとまってスタンバイを行っています。
私はこの女子組、すごく大好きです。(男子組が嫌いというわけではないですよ!勿論大好きです)
普段はとても仲が良くて楽しい仲間で、練習中もお互い励まし合い、競い合いしているのですが…
負けず嫌いが多いんです。きっとみんな絶対に同期に負けたくないと思っているでしょう。
私もそうです。
心から笑いあいながら、ギラギラした勝負ができる関係、とても貴重なものだと思います。
この関係を大切にしていきたいです。
これからも、どうぞ、よろしくお願いします。

相変わらずまとまりのない文章ですみません。
それでは。
コメント (2)