TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




 小泉内閣の第三次改造のメンバーを見て、「拍子抜け」気分を味わった人たちは多いだろう。サプライズどころか、留任組が多くてまた閣僚の横滑りも目立つ。女性枠も2人とさみしく、ワイドショーは「小泉劇場」を盛り上げることは出来ないだろう。  ただ、安倍晋三官房長官・麻生太郎外務大臣と聞いて「対アジア冷戦シフト」だと思った。安部氏は言わずと知れた「タカ派」であり「靖国派」だ。麻生氏は口先が軽く、日本の朝鮮 . . . 本文を読む


コメント ( 0 ) | Trackback ( 2 )




宮崎空港に降りたつと、チャイルドライン宮崎の後藤幾子さんが出迎えてくれた。総選挙で延期になった先週の沖縄に続いて、教育問題の行脚の一環だ。  昨日の地元・世田谷の学習会でも児童虐待防止法の改正後の課題が語られたが、今日のシンポでも児童虐待をする側の親をどう変えるのか、一度保護した子をどのように親の元に返すのか。また、親のもとには返せない子の進路の問題がテーマとなった。  チャイルドラインで子 . . . 本文を読む


コメント ( 0 ) | Trackback ( 2 )




 昨日は大勢の人がシンポジウムに来てくれた。斉藤貴男さんはアメリカ取材で参加できなかったが、森達也氏、石坂啓さん、辻元清美さん、辛淑玉さんと元気な女性たちが気炎をあげてくれた。自民党憲法改正案が発表された日に、「憲法」をめぐって熱論を闘わせた。  さて、42日間の国会の実質審議が終わった「共謀罪」。2年間のブランクもあっただけに、質問者として使い物になるかどうか不安だったので、準備には時間を費や . . . 本文を読む


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




短い会期の中で、凝縮して「共謀罪」を審議した。当初は、この特別国会で成立へと言われていたが、少数野党の奮闘と与党内の良識派の存在で、政府案のままでこの国会で成立という最悪のシナリオだけは免れた。 しかし、厚生労働委員会では「障害者自立支援法」が与党の参政多数で成立してしまった。国会議員会館には障害者の人たちが国会議事堂に向けて抗議の声をあげている。 「小泉劇場」は続いている。野党の存在感は . . . 本文を読む


コメント ( 0 ) | Trackback ( 8 )




国会もあわただしくなってきた。 いよいよ会期末だが、この国会は最後の最後まで質疑を続けなくてはならないようだ。明日は、夕方3時20分から法務委員会で共謀罪の質疑に立つ。 明日は、この歴史の曲がり角とも言える「自民党大勝」を受けた特別国会の総括をこめて私の応援団が国会報告とシンポジウムを企画してくれた。「憲法の危機の時代をどうたたかうか」と題して19時からシンポジウムがスタートする。 折 . . . 本文を読む


コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




障害者自立支援法の衆議院採決が近づいている。衆議院第2議員会館の前には、厳しい表情で障害者の人々や支援の人たちが朝早くから集まっている。 今朝の毎日新聞は、国から地方への税源移譲(三位一体改革)によって、住宅ローン減税が目減りし、年収500万円には82000円から164000円と税額倍増するとの試算を書いている。 年収500万円(借入金2446万円) 82000円→164000円 . . . 本文を読む


コメント ( 0 ) | Trackback ( 3 )




前回、目配せでも共謀罪が成立するという事実を明らかにした。実際は、目配せも行為である。言説なき暗黙の共謀、あるいは団体の一部の組織に犯罪行為があることを黙認してきた組織の長も共謀罪に問われることを今日の審議で明らかにした。 今日の論点は、政治家のつくる政治団体や選挙のための選挙対策本部が「団体」として位置づけられ、「組織」として犯罪を計画した時に、はたして共謀罪は成立するかどうか、であった。 . . . 本文を読む


コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




 沖縄から帰ってくると、早速質問の準備にとりかかる。共謀罪のどこが問題なのか。先週、金曜日の法務委員会での議論で私は「共謀」の定義を法務省の大林刑事局長に問うた。 保坂 共謀罪は独立して成立する「独立犯」か 局長 その通りです 保坂 独立して成立する犯罪であれば「既遂」があり「未遂」もありますね。 局長 共謀という行為によってただちに既遂に入るので未遂という概念はありせん「状態犯」という分類に . . . 本文を読む


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 ひさしぶりの沖縄滞在だった。21歳の時、1ヶ月の長旅で沖縄を訪れて以来、数え切れないほどこの島にやってきた。滞在した延べ日数も半年は超え、1年に迫る。永田町に来てからは1泊で帰ることが多くなった。日帰りも何度かある。今回は2日続きの講演会で自分史を振り返った。 沖縄に来ると東京でコマネズミのように動いている日常を客観的に観ることが出来るようになる。それは沖縄の風の心地良さなのか、それと . . . 本文を読む


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日までの共謀罪論議を離れて、今日は沖縄へやってきた。選挙でキャンセルした児童虐待をテーマにした講演会で話をさせてもらった。同じ会場の別の部屋で辛淑玉さんが講演会をしていたのにびっくり。世の中狭い。 . . . 本文を読む


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




法務委員会  1.日時:10月25日(火)13:30開始 場所:14委員室 2.案件:犯罪の国際化及び組織化並びに情報処理の高度化に対するための      刑法等の一部を改正する法律案(内閣提出22号)            *質疑 (4時間) 17:00~17:30 保坂展人 (質問30分間) 法務委員会  1.日時:10月26日(水)10:00開始 場所:14委員室 2.案件:犯罪の国際化 . . . 本文を読む


コメント ( 0 ) | Trackback ( 2 )




今朝、開かれた衆議院法務委員会理事会で、来週の審議日程が決まった。火曜日は、午後1時半より4時間。水曜日は午前・午後に分けて参考人質疑。人選・詳細はこれから決まる。 法案の問題点を浮き彫りにする意味で、今日の午後から始まる審議に全力をあげる。「皆さんの知恵を」と呼びかけたらメールで貴重な指摘や意見をいただいた。 自分では自覚しているつもりでも、多くの人々の視点に触れることで改めて認識を持つ事 . . . 本文を読む


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




めまぐるしく事態が動いている。今日の新聞各紙を見れば「共謀罪、今国会で与党断念」という記事が一斉に流れている。衆議院での採決も難しくなったということなのか。 何しろ、与党は圧倒的多数だ。その多数を持ってしても「慎重論」が少なくないほどに難のある法案なのだ。「国会はもともと立法府であり、法務省の提案するものを単に承認する機関であってはならない」(自民党・早川忠孝委員)との指摘は、与党内の空気を . . . 本文を読む


コメント ( 0 ) | Trackback ( 4 )




共謀罪反対で頑張って下さい! というメールが増えてきた。徐々に関心も高まっていると感じる。マスコミでは「与党、今国会成立を断念」(日経)などという情報も流れているが、気を緩めることは出来ない。 午後1時に開かれた法務委員会理事懇談会は、昨日の要求を受けて、外務省が文書回答を示した。民主党は「まことに不十分で納得できるものではないが、審議の中で正していく」と週末の審議入りを受け入れた。 与 . . . 本文を読む


コメント ( 0 ) | Trackback ( 4 )




 今日、文部科学委員会で文部科学大臣の所信に対しての質疑がある。14時10分から20分間、事件の背景と長崎県で続発する子どもたちの異常事態について議論を交わしてみたい。明日は、青少年特別委員会で「学童保育」をテーマとして参考人質疑を行う。「教育・子ども」を論じ始めるスタートラインだ。 注目の法務委員会理事懇談会は13時から再開される。私は、共謀罪の影で見えなくなっているが市民生活に重大な影響 . . . 本文を読む


コメント ( 0 ) | Trackback ( 3 )



« 前ページ