TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




再生可能エネルギーを底上げする工夫をせず、火山リスクも曖昧(あいまい)なまま、周辺自治体の反対の声も押し切って「原発再稼働」に突き進む姿は、「3.11」以前にこの国の「日常の風景」だったことを思い起こさせます。 . . . 本文を読む


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ヨーロッパを見ても、エネルギー転換は地方自治体が引っ張っています。都市部の電力消費地である世田谷区と、同じように住宅地を背後に抱えながら臨海工業部も持つ川崎市とで何ができるのか。おおいに語り合いたいと思います。 . . . 本文を読む


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今年も何人かの大切な人たちと別れなければならなかった。菅原文太さんとは、下北沢でよくお会いして、ゆっくり話す機会をいただいた。また、私の会にも何度か駆けつけてくれて、「脱原発」を力強く訴え、また激励してくれた。宮城県仙台市の同郷でもあり、文太さんの憤りと憂いを引き継いでいきたいと思う。 . . . 本文を読む


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




多摩川では64年前の1950年まで、両岸を渡し船がつないでいました。昨年、喜多見児童館の子どもたち25人が、「渡し船」に興味を持って調べ始めました。すると、世田谷区宇奈根の対岸には川崎市宇奈根があり、往来が活発だったことがわかりました。そして、渡し船に乗っていたという男性の存在を見つけました。 . . . 本文を読む


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




私が「子どもの声は騒音か」と問題提起してから2年。反響は広がり、この秋から東京都は環境確保条例の改正に向けた準備を始めている。「子どもの声」を騒音から外す方向で、世田谷区としても改めて意見表明をした。また意見募集も始めているが、ぜひ深い議論を尽くしたい。 . . . 本文を読む


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




世田谷事件のかなしみから14年、事件や事故で愛する人と永遠の別れを経験した人たちがつながり、ともに生きるサポートをする活動が始まっています。あの日、ヘリコプターがぶんぶん上空を飛び待っていたのを覚えています。報道陣が詰めかけている現場の近くを車で通り、「ここが事件現場なのか」と息苦しい思いをしたことを思い出します。 . . . 本文を読む


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「私は憲法と結婚したのよ」と冗談まじりに言っていた土井さんが、いちばん危惧していた憲法が軽んじられる政治状況が続いているだけに、その発言や肉声を未来永劫、聞くことができないのはのはきわめて残念なことです。 . . . 本文を読む


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )