TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




道路特定財源の行方はあまりに奥が深い。一言で言えば「融通無碍」というしかない。予算委員会での審議が大詰めになる中で、道路特定財源の使途をひとつひとつ調べている。すると、昨日の『日刊ゲンダイ』が報道した道路特定財源を原資とした国土交通省の融資事業から、愛知県名古屋市に地上12階建てのパチンコビルに15億円が貸し出されていることを伝えている。まったく驚くしかないが、天下り財団法人『道路開発振興センター』が「道路開発資金」という貸付制度を通して寺院の不動産ビジネスに融資されたようだ。記事をここに引用することにしよう。 . . . 本文を読む


コメント ( 0 ) | Trackback ( 12 )




昨日の夜、21時41分から始まった防衛省事務次官の記者会見は、22時55分にまで及んだ。実に74分にわたって語られた内容は、これまでの防衛省の説明が二転三転してきた根本原因を覗かせるものとなった。社民党は朝、常任幹事会で「石破大臣の罷免要求を強く求め、他の野党にもはたらきかけていく」ことを決めて、夕方には海上保安庁と防衛省を呼んで、ヒアリングを緊急に開催した。そのヒアリングの前に防衛省のホームページを見ていたら、事務次官会見概要 がアップされている。やや長い質疑応答で立往生する事務次官の様子がよくわかる。そして、今日のヒアリングと合わせて新たな謎が浮かびあがってきた。 . . . 本文を読む


コメント ( 0 ) | Trackback ( 10 )




昨日は、衆議院安保委員会で石破大臣が宙を見上げていた。あたごの衝突事故以後に、防衛省と自衛隊が秘密裏に行っていたことが次々と明らかになってきたからだ。その隣の委員会室が法務委員会だった。福田内閣でもっとも「問題発言」の多い鳩山大臣に対して質問に立った。「友達の友達はアルカイダ」の頃から不思議に思っていた「脱線トーク」があった。「環境省が昆虫採集を禁止したら、ブラックバスを各県に放つ会をつくってやろうと思っている」という3年前の発言が気になっていた。いったい何が言いたかったのか。 . . . 本文を読む


コメント ( 0 ) | Trackback ( 12 )




今日、法務委員会で鳩山法務大臣の「志布志発言」を追及した。鳩山大臣は、福岡県の自民党県連で「冤罪じゃない」発言は、「常日頃、法務・検察が言っていること」と説明した。委員会では、この点を質したが曖昧な答弁に終始した。法務省刑事局長に、法務大臣の語ったことを「常日頃伝えていた」となれば、大臣だけではなくて、刑事局長も謝罪すべきではないかと促したが、「反省」こそ語ったものの「謝罪」の言葉はなかった。法務省が答弁書を書いた国会答弁でも「冤罪とは有罪が確定した事件で真犯人が見つかった……」と法務大臣は語っていて、法務省として答弁書を決裁した責任はどうなるのかと追及した。 . . . 本文を読む


コメント ( 0 ) | Trackback ( 7 )




問題発言を続けている鳩山法務大臣に明日、法務委員会で質問をする。志布志事件について、また徳島刑務所問題について法務大臣としての見解を . . . 本文を読む


コメント ( 0 ) | Trackback ( 9 )




今から6年前の2002年(平成14年)6月29日午後3時、札幌東急ホテルで『みち普請戦略会議』が開かれた。主催は北の道普請を育てる会(事務局(財)北海道道路管理技術センター)だった。基調講演は谷口博昭国土交通省道路局企画課長(=当時。その後、近畿地方整備局長→道路局長→技監)が熱弁をふるっている。 . . . 本文を読む


コメント ( 0 ) | Trackback ( 7 )




先の衆議院本会議での記録が出来上がった。文責・保坂事務所作成で、質問の方は先日アップしていますが、福田総理、冬柴大臣の答弁とセットで全文を掲載することとする。ミュージカルに、「道の日イベント」の道フェア、「道路資料館」「道の相談室」などのコストを問う質問に、冬柴大臣が次々と答弁した。(正式な会議録は、後日、衆議院ホームページに掲載される予定) . . . 本文を読む


コメント ( 0 ) | Trackback ( 6 )




事故はいくつかの「予想外」「ありえないこと」が連鎖して起きる。イージス戦あたごと漁船清徳丸の衝突事故は、第一報から今にいたるまで防衛省の発表が二転三転している。「2分前」だったはずが、「12分前」に変更されたり、自動操縦を解除しないままに航行していたことが判明したり。どうやら、事実を率直に出すのをはばかって、「事実」を加工し隠すために必要以上の時間がかかったのではないかとも疑ってしまう。 . . . 本文を読む


コメント ( 0 ) | Trackback ( 16 )




先週から本腰を入れて取り組んでいる道路特定財源の「散財」ぶりは止まるところを知らない。国土交通省道路局御用達のミュージカルは平成15年から18年までで総計95所、5億7千万が支出されていた。また、8月10日を道の日として展開している『道路フェア』などの道路イベントは昨年、全国で29ヶ所で1億円をかけて行われていた。また、『道路資料館』とは全国に4ヶ所存在し、それぞれ3500万円で建設され、そのうちのひとつは年間1400万円の随意契約で運営を委ねている。さらに、『道の相談室』とは道路行政の相談窓口であり、全国に28ヶ所存在する。そのうち4ヶ所は業務委託しており、8730万円が支出されている。以上、衆議院本会議において冬柴国土交通大臣が明らかにした。 . . . 本文を読む


コメント ( 0 ) | Trackback ( 7 )




先週はミュージカルを取り上げたが、道路特定財源の使途は無限のようだ。いまだに政府・与党は、「道路建設に必要不可欠」というスタンスを崩していないが、 調査が進むにつれて驚きを超えて感嘆の境地に入りつつある。8月10日は「道の日」だそうで、全国各地で「道路に親しんでもらうため」のイベントが繰り広げられる。先に触れたように随意契約で代理店と契約しているのは、5~700万円だから 各都道府県で開催されたとすれば「億単位」の金となる。だが、どうやって道路に親しめというのか。 . . . 本文を読む


コメント ( 0 ) | Trackback ( 17 )




このところ久しぶりに国会論戦にそろえてインターネットを使った「検索活動」をした。検索エンジンは便利なものだが、万能ではないということをふまえて取りかかるというのが基本だ。各省庁とも、民間業者と契約し、また入札を行った結果や、入札によらない随意契約については、ホームページで「公表」している。ところが、この「公表」というのが曲者で、役所の部署名と民間業者名を検索エンジンに入れてみるとPDFファイルに300頁などというトンデモない量の一覧表が飛び出してくる。しかし、この検索に引っかからない情報がネット上で閲覧出来る。たとえば、随意契約に関しては役所のホームページのサイトマップてどからたどれば、容易に発見出来る。また、「検索エンジン」には引っかからないが、役所が公表している随意契約情報というものもある。 . . . 本文を読む


コメント ( 0 ) | Trackback ( 10 )




道路特定財源の融通無碍な使い道をチェックしているが、国土交通省近畿地方整備局の業務内容を調べていたら「道の相談室」という業務を近畿建設協会に4095万円で業務委託という項目に目が止まった。「道の相談室」とは道案内なのか? と調べてみると「道の相談室」とは道路行政の国民への窓口だったことがわかる。先週のTBS系列k ニュースでも取り上げられたようだ。 . . . 本文を読む


コメント ( 0 ) | Trackback ( 9 )




政府・与党が総力をあげて死守しようとしている「道路特定財源」。その詳細な使い道をチェックしてみると次から次へと驚くべき事実が登場してくる。昨日、公共事業への国民動員運動として『未知普請』というムーブメントが道路官僚によって推進されていることを紹介し、そのひとつが道路特定財源から5億2600万円を支出したミュージカル『みちぶしん』『カントリーレンジャー』だったことを指摘した。そして、「楽しみの中に正論を忍び込ませる工夫」の一貫としてミュージカルを考案したことを国土交通省道路局国道・防災課専門企画官寺本博明氏が告白している論文も紹介しておいた。その工夫のひとつとして国土交通省近畿地方整備局管内の道路事務所が主催するイベントに登場する水陸両用車『未知普請号』について考えてみたい。 . . . 本文を読む


コメント ( 0 ) | Trackback ( 6 )




米軍住宅がたった8棟で28億2千万円という佐世保道路の問題を衆議院予算委員会で冬柴大臣にぶつけてから、昨日までにインターネットで調査をかけてみた。そこで地方整備局のページに出てきたのが、『みちぶしん』(ふるさときゃらばん)というミュージカルだった。まさか、道路特定財源でミュージカルをやるわけないだろうと思ったが、すべて「入場無料」である。国土交通省道路局を呼んで聞いてみると「道路特定財源」から出ていると確認できたので、昨日の予算委員会で取り上げた。なんと、3年間で85ヶ所、5億2千万円の道路特定財源からこの実施費用が出ているとのことだ。 . . . 本文を読む


コメント ( 0 ) | Trackback ( 22 )




午前中、議員会館に電話があり、志布志事件の「冤罪被害者」の人たちが怒っているといういう。今日、予算委員会で質問を予定していることを話すと、鳩山大臣発言へのコメントと抗議声明を送付してくれた。議場で、最後に鳩山大臣に手わたした。 . . . 本文を読む


コメント ( 0 ) | Trackback ( 19 )



« 前ページ