事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

「宝島」真藤順丈著 講談社

2019-08-06 | ミステリ

第160回直木賞受賞作。同じ賞をとったからだけではなくて、わたしは東山彰良の「」「僕が殺した人と僕を殺した人」との相似を感じながら読んでいた。あの傑作と肩を並べるぐらいの熱量。

東山が出身地である台湾の近現代史を背景に、骨太のストーリーを語ったのと同様、真藤順丈は沖縄の戦後と少年少女の成長をシンクロさせて見せた。しかも真藤は沖縄出身ではない。いやあすごいです。

まず、題材がおそれいる。「戦果アギヤー」と呼ばれる米軍基地から物資を略奪する少年たちの疾走からドラマがスタート。略奪者たちのリーダーはオンちゃんという島の英雄(この作品の英語題名はHERO’s Island)、弟のレイ、親友のグスクらと基地に侵入した彼らは米兵に発見され、追いつめられる。

その過程でオンちゃんは行方不明になり、恋人のヤマコも含め、レイとグスクはオンちゃんのことを常に意識しながら生きることになる。

ヤマコは後に教師となり、沖縄返還運動に参加する。

グスクは琉球警察の刑事に採用され、その才能を発揮する。

そしてレイはテロリストとして……

琉球王朝が中国の朝貢国から薩摩藩に収奪されるようになり、沖縄戦で徹底的に軍部に見捨てられ、米軍統治下では特に女性たちが性暴力の犠牲となり、さあそれでは日本に返還されて沖縄は幸福になったのか……現状はご存じのとおり。

米軍が最も恐れた男」に登場した瀬長亀次郎やわたしの世代にはおなじみの屋良主席も登場するなど、沖縄戦後史の部分も確かにすばらしい。コザ暴動の描写にはうなる。しかしそれ以上に、ミステリとして

・密室である米軍基地からオンちゃんはどのようにして消えたのか

・この物語の語り手はいったい誰なのか

このふたつの謎がラストできちんと解明され、読者は驚愕し、感動させられる。おみごとです。

コメント

うまい店ピンポイント 夏休みラーメン祭り2019 寿々来(すずき)

2019-08-06 | 食・レシピ

とみ将チャーシュー麺篇はこちら

市役所外勤シリーズ第四弾!

先日開店したばかりの「寿々来」。中町のジェラートのお店「モアレ」のお隣。まっとうな夏休みをすごす善男善女はモアレで涼み、背脂が顔に出ているオヤジはラーメン屋に向かう。

花やの中町支店という存在。そちらで修行した人がやっているらしい。太麺と細麺が選択できます。

夜は居酒屋にもなるので、店内いたるところに日本酒やビールサーバーがある。事情があってわたしはいま禁酒中(ウチでは飲まないってだけだけど)なので、一種の拷問です(笑)

ちょっとしょっぱいかなあと思ったけれど、夜の酔客にはぴったりなのかもね。

五十嵐製麺篇につづく

コメント