葉月のブログ

新型コロナワクチンの開発を、『マンハッタン計画』と呼ぶ人たちがいた

日本 25歳女性妊婦 てんかんの基礎疾患があった方 硬膜静脈洞血栓症で死亡

2021-09-30 | 新型コロナワクチン被害



グーグル翻訳

硬膜静脈洞血栓症; 25歳の妊婦患者は、bnt162b2(COMIRNATY、注射液、ロット番号:報告なし、有効期限:報告なし)を筋肉内投与されました。これは、ファイザーの営業担当者から受け取った連絡可能な薬剤師からの自発的な報告です。 25歳の妊婦患者は、bnt162b2(COMIRNATY、注射用溶液、ロット番号:報告されていない、有効期限:報告されていない)、用量番号不明として筋肉内投与、COVID-19免疫化のために1回投与されました。予防接種前の体温、家族歴、病歴、および併用薬は報告されていません。不明な日に、患者は脳静脈洞血栓症を経験しました。不明な日に、患者は報告病院に入院しました。イベントの経過は次のとおりでした:患者は妊娠初期でした。日付は不明ですが、患者は筋肉内BNT162b2を投与された後、脳静脈洞血栓症を経験しました。不明な日に、患者は入院後に死亡した。報告薬剤師は、因果関係は不明であると報告した。報告している薬剤師は、このイベントを深刻(死亡)として分類し、イベントとBNT162b2との因果関係は不明であると評価しました。治療措置は、脳静脈洞血栓症の結果としてとられました。患者は不特定の日に死亡した。剖検が行われたかどうかは報告されていません。不明な日付で、イベントの結果は致命的でした。フォローアップの試みは不可能です。ロット/バッチ番号に関する情報を取得できません。送信者のコメント:ワクチンBNT162B2の既知の安全性プロファイルに基づいて、イベント間の時間的関係:妊娠中の脳静脈洞血栓症および母体曝露とワクチンの投与を除外することはできません。ファイザー製品のベネフィット/リスクプロファイルは、有害事象の集計データのレビューと分析を含む、安全性評価のためのファイザー手順の一部として評価されます。このレビューの一部として特定された安全上の懸念、およびそれに対応する適切な措置は、必要に応じて、規制当局、倫理委員会、および調査員に迅速に通知されます。報告されている死亡原因:硬膜静脈洞血栓症

1995年か1996年生まれですね
HPVワクチン打っている可能性ありますね



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

予定通りだったらしい

2021-09-30 | バージョン



岸田を取り上げた外交問題評議会は、
このグローバリストのピラミッドでは上から6層目にある



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

小泉進次郎は、総裁選の開票作業の長さを変えたかったらしい

2021-09-30 | バージョン

投票マシーンを取り入れたかったんだろうね

「ルールの中でやって負けた」けれど「ルールの外でやってれば勝てたはず」

英語で指図されたことそのまま日本語で話すから、ぼろが出る


8月31日に、スカル・アンド・ボーンズのジョン・ケリーと会談した時、何を話したのだろう
スカル・アンド・ボーンズは、このピラミッドの上から5層目にある


河野太郎が参加したCSISはピラミッドの最下層にあるもの
Manamiさんのブログ参照のこと

環境問題というのは、グローバリストたちが推し進める最大のアジェンダであって、世界中からお金を集めている。
喫緊の問題を作り出せば、怪しまれずにすぐに会談をもてるし、秘密裏に指令を通達できるのだろう。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本 29歳の女性 妊娠前にファイザーワクチンを1回接種 9週の胎児死亡

2021-09-29 | 新型コロナワクチン被害
日本でファイザーワクチン接種後に死亡したと報告されている胎児のケース


母親が妊娠する2か月前にワクチンを1回接種している



グーグル翻訳

患者の母親は妊娠しており、2021年8月3日に前の医師によって確認されました(患者の母親は2021年5月14日に最初の単回投与を受けました);胎児の心拍はありません。これは、COVID-19有害事象自己報告ソリューションを介して受け取った連絡可能な医師からの自発的な報告です。この医師は、母親と胎児の両方の情報を報告しました。これは胎児の報告です。性別不明の胎児患者は、2021年5月14日13時45分に左腕の母親に投与された経胎盤経路を介してBNT162B2(COMIRNATY;注射液;バッチ/ロット番号:EY2173;有効期限:2021年8月31日)を投与されました。 1、彼女の母親のためのCOVID-19免疫のためのシングル。患者の病歴は報告されていません。併用薬には葉酸が含まれていました。患者は9週と1日の胎児でした。患者の母親は29歳の女性でした。患者の母親は、COVIDワクチン接種前の4週間以内に他のワクチンを接種していませんでした。患者の母親は、ワクチン接種から2週間以内に葉酸サプリメントを摂取しました。予防接種の前に、患者の母親はCOVID-19と診断されていませんでした。ワクチン接種以来、患者の母親はCOVID-19の検査を受けていません。他の病歴には患者が含まれていました 』、母親は摂食障害を持っていました。患者は妊娠前の2021年5月14日の13:45に母親の曝露を経験した。患者の最後の月経期間 』は、母親が2021年6月16日から7日間でした。妊娠は排卵誘発薬を使用して確立されました。 2021年8月3日、患者の母親は妊娠しており、前の医師によって確認されました。患者のLMPの日付 』は、母親が2021年6月22日でした。 2021年8月17日、患者の母親は病院に紹介されました(最後の月経から8週間と6日に相当)。 GS(在胎嚢)は24.0mm(6週間と4日に相当)でした。 2021年8月26日08:45に、胎児の輪郭がぼやけ、胎児の心拍がありませんでした。中絶の失敗が確認され、患者の母親は2021年8月3日に前の医師によって妊娠が確認され、患者の母親は2021年5月14日に最初の単回投与を受けたと報告されました。報告されたイベントのために、患者は2021年8月26日に死亡した。剖検が行われたかどうかは報告されていません。送信者のコメント:時間的関係に基づいて、致命的なイベント「胎児の心拍なし」とCOMIRNATYの使用との関連を完全に排除することはできません。ファイザー製品のベネフィット/リスクプロファイルに対するこのレポートの影響は、有害事象の集計データのレビューと分析を含む、安全性評価のためのファイザー手順の一部として評価されます。このレビューの一部として特定された安全上の懸念、およびそれに対応する適切な措置は、必要に応じて規制当局、倫理委員会、および調査員に迅速に通知されます。リンクされたレポート:JP-PFIZER INC-202101134558 maternal /胎児の場合;報告された死亡原因:患者の母親は妊娠しており、2021年8月3日に前の医師によって確認されました(患者の母親は2021年5月14日に最初の単回投与を受けました);胎児の心拍はありません

同様に、妊娠前にワクチン接種で胎児死亡のケースは3例

妊娠中にコロナワクチンを接種して死亡したケースは47例

日本には、血の涙を流している医師がいる
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ジョージア州の選挙監査でも、不正が明らかになってきている

2021-09-29 | バージョン
ジョージア州の選挙監査

ある週末に、1か所の投票箱(街角に設置されているらしい)で、監視カメラでは24人しか投票していないのに、1900の投票用紙がカウントされていた。

この投票箱の会社に、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグが関与しているということ。






コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

本当のユダヤ人たちが、アシュケナージ系偽ユダヤ人の糾弾を始めている

2021-09-29 | バージョン
私たちが普段「ユダヤ人」として語っている人たちが、実は、ハザール王国出身で悪魔教信徒であり、ロシア王国の要請でユダヤ教を選び、その後、ウクライナを追われフランスに移住した人たちは、フランス国王の命令でキリスト教徒となったということでしたね。
その恨みを晴らすためにロシア革命やフランス革命で王家を滅亡させたという話でした。

情報局WAKEさんのツイッターで、以下のニュースを拾いました。

The State of Israel is a ‘direct rebellion against God.’ Not the words of online anti-Semites but of Orthodox Jews in #NewYork protesting against Israel. People held a demonstration in front of the UN's headquarters, holding banners accusing Israel of ‘oppression’ & ‘occupation.’

イスラエル国は「神に対する直接の反逆」です。オンラインの反ユダヤ主義者の言葉ではなく、イスラエルに抗議する#NewYorkの正統派ユダヤ人の言葉です。 人々は国連本部の前でデモを行い、イスラエルを「抑圧」と「占領」で非難する旗を掲げた。 


また、アシュケナージ系偽ユダヤ人は、正統派ユダヤ人に対しても、バアル神を選ばなかったことにたいして恨みをもっているという話です。

アシュケナージの英語表記 Ashkenazi の最後の4文字が Nazi ナチスであることは偶然ではないということ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NHKはなりふり構わずに国民を騙し始めている

2021-09-29 | 新型コロナ
ワクチンで22歳以下の死亡が4人Vaersに報告されており、ツイッターでの報告も含めると少なくとも5人が死亡している

一方、新型コロナで死亡した22歳以下は、厚労省に問い合わせた方の報告では2人だった。大阪と神奈川で、神奈川の方はワクチン1回接種していた。

バランスが悪いと思ったのか、NHKが本日、東京都で初めて10代の死亡確認というニュースを流した。

最後の方に目立たないように、事故で死亡した後に検査して陽性だったと白状している。


都のこれまでの発表で10代が亡くなるのは初めてです。
事故によって死亡したあと感染が確認されたということです。
ワクチンは接種しておらず、「感染経路は調査中」としています。 


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本 22歳男子大学生 ファイザーワクチン2回目接種の3日後に死亡

2021-09-29 | 新型コロナワクチン被害
Manamiさんのブログによると

新型コロナ感染で死亡した大学生以下は2人ということでしたが、

ワクチンで、大学生以下は、既に5人死亡しているのかもしれません

以下のVaers報告は、ワクチン分科会副反応検討部会でも報告済み 




グーグル翻訳
致命的な不整脈;心肺停止の患者;摂氏37.5度以上の発熱;これは、当局および規制当局から受け取った連絡可能な医師からの自発的な報告であり、規制当局の報告番号はv21117492です。患者は22歳と2ヶ月の男性でした。患者は、COVIDワクチン接種前の4週間以内に他のワクチンを接種しませんでした。予防接種の前に、患者はCOVID-19と診断されていませんでした。患者は、薬、食品、または他の製品に対するアレルギーを持っていませんでした。患者には他の病歴はありませんでした。患者は病歴も他のワクチンを含む薬に対するアレルギーも持っていませんでした。 2021年5月26日15:45に、患者は以前にCOVID-19免疫化(22歳)のために左腕の筋肉内にBNT162b2(COMIRNATY、注射用溶液、ロット番号EY2173、有効期限31Aug2021)の最初の単回投与を受けました。 )。 2021年6月16日15:45(ワクチン接種の日)に、患者は病院でCOVID-19免疫化のために左腕にBNT162b2(COMIRNATY、注射用溶液、ロット番号EY5422、有効期限31Aug2021)の2回目の単回投与を受けました。 (22歳で)。 2021年6月19日(ワクチン接種の3日後)に、患者は致命的な不整脈を経験しました。この事件は2021年6月19日に死亡した。イベントの結果は、治療なしで2021年6月19日に致命的でした。剖検が行われた。剖検で確認された死因は致命的な不整脈でした。ワクチン接種以来、患者がCOVID-19の検査を受けているかどうかは不明でした。経過は次のとおりでした。予防接種前の体温は摂氏36.8度(初回投与)と摂氏36.5度(2回目)であり、異常は認められなかったため、予防接種を受けることができたと考えられました。 2021年6月17日(2回目のワクチン接種の1日後)、患者は摂氏37.5度を超える熱を出しました。彼は学生で、その日にオンラインでクラスを受講しました。 2021年6月18日(2回目の予防接種の2日後)、彼はいつものように授業を受けるために学校に行きました。 2021年6月19日午前中(2回目の予防接種の3日後)、患者は起きなかったので、彼の家族は彼を起こしに行きました、彼の家族は患者が心肺停止状態にあるのを見つけ、救急車を呼んで彼は移送されました救急医療施設に運ばれ、救急車ですぐに病院に移送されたが、蘇生は効かなかった。記者は彼がその日に死んだと知らされた。 BNT162b2との因果関係を考慮して、彼の家族の同意を得て病院で剖検が行われました。記者は結果を直接受け取りませんでした。 2回目のワクチン接種後、彼は記者に副作用について尋ねなかった。予防接種の3日後、この症例は不幸な結果をもたらしたので、それが報告されました。報告する医師は、イベントを深刻(致命的な結果)として分類し、イベントとBNT162b2の間の因果関係を評価不能と評価しました。他の病気など、他に考えられる原因があったかどうかは報告されていません。フォローアップの試みは不可能です。バッチ番号に関する情報はすでに取得されています。剖検で決定された死亡原因:心肺停止の患者。致命的な不整脈
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本 15歳高校生男子 ファイザーワクチン1回目接種当日 心筋炎疑い

2021-09-29 | 新型コロナワクチン被害

接種直後に歩行困難を発症したにも関わらず、接種会場で1時間待機した後、車椅子で帰宅するよう指示された。救急車の要請を断られている。

「心理的要因による身体症状の可能性あり」と書いてある。


グーグル翻訳
心筋炎の疑い;胸痛;胸部の不快感;気分が悪い;頭痛;肌寒さ;摂氏37.3度の発熱;手足の脱力のために把握できませんでした。両下肢のしびれ/両足の裏側の感覚鈍麻;両方の下肢の不随意運動;両側前脛骨の痛み/両手足の脛骨全体の痛みは改善せず、継続しました。歩くのが難しい;これは、規制当局から受け取った連絡可能な他のHCPからの自発的な報告です。規制当局のレポート番号はv21124744です。患者は15歳7ヶ月の男性でした。予防接種前の体温は摂氏36.3度でした。患者には家族歴がありませんでした。小児期にインフルエンザワクチンを接種していたときに転倒した。 2021年8月22日11:00(ワクチン接種の日)に、患者はCOVID-19の単回投与として、不特定の投与経路を介してbnt162b2(COMIRNATY、注射用溶液、ロット番号FF2782、有効期限30Nov2021)の初回投与を受けました。免疫。 2021年8月22日11:15(ワクチン接種の15分後)に、患者は頭痛、発熱、手足の脱力、両下肢のしびれ、両側前脛骨痛、歩行困難、両足の後ろの感覚鈍麻、胸痛を経験しました。 、胸の不快感。 2021年8月24日(ワクチン接種の2日後)、イベントの結果は回復しませんでした。イベントの経過は次のとおりでした:ワクチン接種直後、症状(気分が悪い、頭痛、肌寒さ、37.3度の発熱、四肢の脱力、両下肢のしびれ、両下肢の不随意運動、両側前脛骨痛)現れた。予防接種施設に不満があったが、救助スペースに1時間しか滞在しなかったため、歩行困難な車椅子で帰宅するよう指示された。患者は支援病院を見つけられませんでした。両手足の脛骨の痛みは改善せず、継続しました。また、歩行中も脛骨の痛みが続いた。自宅では手足の脱力で把握できず、昨日から歩行可能な状態に回復したものの、両足の脛骨前部の痛みは緩和されなかった。さらに、患者は今日、胸の痛みと胸の不快感を訴えました。今日(2021年8月23日)、血圧99/75;パルス74; CPK 65; CPK-MB 6であり、明らかな増加はなく、心拍数は正常でした。心臓トロポニンの外部委託検査を提出。今日、膝蓋骨腱反射の増加や髄膜刺激は観察されませんでした。心筋炎が疑われ、検査を受けました。報告している他のHCPは、イベントを深刻(障害のリスク)として分類し、イベントとbnt162b2の間の因果関係を評価不能と評価しました。診察時に縁起の良い症状があり、心理的要因による身体症状の可能性もありますが、因果関係は否定できませんでした。他のHCPの報告は、次のようにコメントしています。患者はこの症状で帰宅し、翌日症状は確認されませんでした。地元の救急隊員は、私たちに伝えられた情報に基づいて、そのような場合に派遣の要請を拒否しないと通知されました。記者は、ワクチン接種時の対応と判断に問題があると考えました。記者は、正確な判断と対応を強く求めます。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本 18歳男性 モデルナワクチン1回目接種後、急性心筋炎

2021-09-28 | 新型コロナワクチン被害


急性心筋炎;この事件は、2021年8月27日にPharmaceuticals(参照番号:JP-TAKEDA-2021TJP084705)を介して受け取られ、2021年9月6日にModernaに転送されました。このケースは、最初に医師によってデバイスエージェンシー(DA)に報告されましたが、DAを介して受信されました(参照、v21124851)。不明な日に、患者はワクチンの最初の投与を受けました。日付不明、予防接種前の体温:摂氏36.4度。 2021年8月8日14時41分、患者は2回目のワクチン接種を受けました。 2021年8月10日、夕方、患者は軽度の胸痛を経験し、それがどうなるかを待ちました。 2021年8月11日01:00頃、患者は咽頭、胸部、上腹部の痛みの悪化を経験しました。患者は手元に経口鎮痛薬を服用し、様子見のアプローチを取りました。しかし、患者は朝まで呼吸困難を感じて横になれない状態のままであった。正午ごろ、患者は心筋炎の疑いで病院に来院し、別の病院に紹介された後、入院した。検査の結果、急性心筋炎と診断されました。点滴による治療を開始した。 2021年8月13日、治療過程が終了し、患者は退院した。不明な日に、患者は後遺症や活動の制限なしにイベントから回復しました。その後、患者はいつものように日常生活を送っていた。急性心筋炎の結果は解決したと報告されました。フォローアップ調査が行われます。会社のコメント:このイベントは、COVID-19ワクチンmRNA(mRNA 1273)の投与後に発生し、時間的な関係があります。記者のコメント:フォローアップ期間中を含め、ワクチン接種会場の患者に特別な異常はありませんでした。心筋炎はワクチンの副作用である可能性がありますが、それは不確かです。送信者のコメント:現在入手可能な情報と、製品の使用とイベントの開始日との間の時間的関連に基づいて、因果関係を排除することはできません。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本 15歳男子生徒、ファイザーワクチン2回目接種後の心膜炎、心筋炎

2021-09-28 | 新型コロナワクチン被害


少量の心嚢液貯留;心膜摩擦音;トロポニンTが増加しました。前胸部圧迫感/胸部圧迫感;心膜炎;心筋炎;沈滞;摂氏39度の発熱;これは、規制当局のレポート番号v21125861から受け取った連絡可能な医師からの自発的なレポートです。 15歳の男性患者は、covid-19のDOSE 2、SINGLE(15歳)として、14Aug2021(バッチ/ロット番号は報告されていません)に不特定の投与経路でbnt162b2(COMIRNATY)、用量2を投与されました。免疫。患者の病歴と併用薬は報告されていません。過去のワクチン接種には、covid-19免疫化のための2021年7月24日のbnt162b2の初回投与(COMIRNATY、ロット番号、および有効期限は提供されていません)が含まれていました。患者は、21:00に回復の結果を伴う16Aug2021に心膜炎、回復の結果を伴う21:00に16Aug2021に心筋炎、回復の結果を伴う17Aug2021に少量の心嚢液貯留、回復の結果を伴う14Aug2021の倦怠感、の発熱を経験した。回復の結果を伴う14Aug2021の39度のセンチグレード、回復の結果を伴う16Aug2021の前胸部圧迫感/胸部圧迫感、回復の結果を伴う17Aug2021の心膜摩擦、回復の結果を伴う17Aug2021のトロポニンtの増加。患者は、2021年8月17日から2021年8月20日までのイベントのために入院しました。イベントの経過は次のとおりでした:7月27日に、患者は最初の投与を受けました。 8月14日に、患者は2回目の投与を受けました。 8月14日のワクチン接種後、患者は摂氏39度の倦怠感と発熱がありました。 8月15日、発熱が続いた。 8月16日21:00に、前胸部圧迫感が徐々に発達し、約1〜2時間で消えました。 8月17日午前5時、胸部圧迫感で目が覚めたため、来院。心電図に異常は見られなかったが、心膜摩擦音が見られた。トロポニンTの増加が血液検査で観察されました。患者は心エコー検査を受け、少量の心嚢液貯留が見つかりました。念のため入院し、経過観察後、症状は回復し、8月20日に退院した。報告する医師は、イベントを重大ではないと分類し、イベントとbnt162b2の間の因果関係を評価不能と評価しました。他の病気のようなイベントの他の考えられる原因はありませんでした。報告医は次のようにコメントしました:心膜炎と予防接種の因果関係は不明でしたが、予防接種期間の副作用の可能性と見なすことができました。しかし、症状は軽度でした。ワクチンのロット番号BNT162B2は提供されておらず、フォローアップ中に要求されます。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本 17歳高校生女子 ファイザーワクチン2回目接種当日に脊髄出血

2021-09-28 | 新型コロナワクチン被害

最初はADEMが疑われたが、その後の検査で脊髄動静脈奇形が明らかになった。ワクチン接種が原因である可能性は否定できませんでしたが、因果関係はほとんど知られていませんでした。

(コロナワクチン接種で死亡された26歳医療従事者の女性が脳動脈瘤が見られるというCT初見から脳動静脈奇形があると言う初見に訂正されました。)


グーグル翻訳
脊髄の出血;感覚異常;腹痛;足のしびれ;移動できませんでした。両下肢の重度の対麻痺;排尿障害;脊髄動静脈奇形(AVM);急性多発性脊髄炎の症状;炎症性脱髄;多発性中枢神経系障害;運動麻痺;これは、規制当局から受け取った連絡可能な医師からの自発的な報告です。規制当局のレポート番号はv21124595およびv21125520です。患者は17歳10ヶ月(2回目のワクチン接種時の年齢)の女性でした。予防接種前の体温は摂氏36.6度でした。患者には家族歴がありませんでした。ワクチンスクリーニング質問票で考慮すべき点はありませんでした(過去1か月以内の原発性疾患、アレルギー、予防接種および病気、患者が服用していた薬、過去の副作用歴、成長状態)。病歴はありません。併用薬は報告されていません。 2021年8月20日午後13時30分(ワクチン接種の日)に、患者はbnt162b2の2回目の投与(COMIRNATY、注射用溶液、ロット番号EY0572、有効期限は2021年10月31日)を投与量2として、単回投与で受けました。 COVID-19免疫のための17歳の年齢。イベントの開始日は、2021年8月20日の20:00頃(ワクチン接種の同じ日)に報告されました。患者は入院した。イベントの経過は次のとおりでした:20Aug2021の13:30に、患者はbnt162b2の2回目の投与を受けました。 2021年8月20日20:00頃、患者は腹痛と足のしびれに気づきました。しばらく見守っていたが、次第に悪化し、動けなくなった。 2021年8月21日04:00頃、患者は家族に拘束され、自家用車で緊急病院を訪れていた。下肢の重度の対麻痺と排尿障害があり、精査のために入院した。報告する医師は、イベントを深刻な(入院中の)ものとして分類し、イベントがbnt162b2に関連していると評価しました。他の病気のようなイベントの他の考えられる原因はありませんでした。報告する医師は次のようにコメントしました:ワクチン接種後、急性多発性脊髄炎の症状がありました。他の病気の可能性は低かった。急性散在性脳脊髄炎のようでした。急性散在性脳脊髄炎(ADEM)調査フォーム:組織病理学的診断は実施されませんでした。臨床症状/所見は以下の通りであった:1。それは炎症性脱髄によって引き起こされたと推定された。これは最初のイベントでした(事前の予防接種の有無にかかわらず)。それは臨床的な多発性中枢神経系障害(イベント)でした。 2.中枢神経系に起因する可能性のある局所的または複数の発見に該当するすべての項目には、運動麻痺(しばしばびまん性または局所的、しばしば局所的)および感覚異常(感覚レベルの有無にかかわらず)が含まれます。それらは最初に20Aug2021に観察されました。患者は2021年8月21日に入院した。脊髄MRIの所見から急性散在性脳脊髄炎(ADEM)と診断され、ステロイド療法が行われたが、改善は不十分であった。 2021年8月26日に、繰り返されたMRIは脊髄に明らかな出血を示し、その後造影CTで流れのボイドが観察された。したがって、脊髄動静脈奇形(AVM)が疑われました。患者は2021年9月1日に別の病院に移送される予定でした。報告医は次のようにコメントした。最初はADEMが疑われたが、その後の検査で脊髄AVMが明らかになった。ワクチン接種が原因である可能性は否定できませんでしたが、因果関係はほとんど知られていませんでした。イベントの深刻さは、2021年8月21日から入院したと報告されました。イベントは緊急治療室の訪問につながりました。画像検査(磁気共鳴画像法(MRI)画像法)が2021年8月21日に実施され、脊髄に複数の病変があり、脳には病変がないことがわかりました。病気の経過:急性期であったため、判断できませんでした。脳脊髄液検査は2021年8月21日に実施され、細胞数1 / uL、糖53 mg / dL、タンパク質53.3 mg / dLであることが示されました。オリゴクローナルバンドテストが実行されていました。自己抗体検査抗AQP4抗体検査を行っていました。抗MOG抗体検査を行っていた。脊髄AVMのイベントの結果は回復せず、イベントの因果関係を評価できませんでした。他のイベントの結果は不明でした。フォローアップの試みは必要ありません。これ以上の情報は期待されていません。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

中国がブラックメールを使って日本の政治家や企業主を操っているという噂がありましたが

2021-09-28 | バージョン
スマートフォンをトイレや寝室に持ち込むと、盗撮されることは、ご存じでしょうか?
その写真が、ブラックメールとして使用される可能性があります。

新型コロナのパンデミックを煽っている人たちの中に、ブラックメールで動かされている人がいませんか?



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

世の中、何かおかしいと思いませんか?

2021-09-27 | 新型コロナ
無症状感染者が9割以上の感染症のために、ロックダウンして
死亡者がほぼゼロの若年層にワクチンを半義務化して
ワクチンで死者がでているのにまだワクチン接種を推奨していることが
おかしいと思いませんか?

ひと月ロックダウンしたら元に戻るとか、ワクチン接種したら元に戻るとか言われてその通りにしたら、ゴールがもっと遠くに移動して、ワクチンのブースターが必要だとか、コロナが変異したとか言われて、永遠に元には戻らないことに気が付きませんでしたか。

世界に目を向けて、この新型コロナという心理戦を指揮している人たちについて、ちょっと調べてみませんか。

例えば、情報局さんのツイッターやノートに手がかりがみつかるかもしれません。




日本の上層部も、このピラミッドの下の方にしっかりと組み込まれているので、誰がそのメンバーなのかを見つけ出してください。

例えば、Rockefeller Trilateral Commission というのは、情報局WAKEさんの以下の記事に日本語での説明があります。

USA-Japan-France-Germany Aspen Institute というのが下から2番目にあります。これは何なのでしょうか?


上のピラミッドには、ロシア、イスラム諸国、中国、東南アジア、アフリカの国々が参加していませんが、どうなっているのでしょうか?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

幼稚園で配っているらしい

2021-09-27 | 新型コロナ

キットの製造元の株価が、8月23日から上昇している

抗原検査キットのニュースが出たのは8月20日

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする