葉月のブログ

新型コロナワクチンの開発を、『マンハッタン計画』と呼ぶ人たちがいた

素人が除去食をする場合の危険

2015-07-30 | 治療法など

英国のアレルギー専門家の本から

 

重症のアトピー疾患を持つ子どもでは、アトピーの原因と思われるアレルゲンを除去している場合でも、

環境中のアレルゲンからの感作により、そのアレルゲンに対するIgE抗体が作り続けられることがあります。

 

重症のアトピーの患者の中で、20人に1人程度で、このアレルゲンを誤って食べてしまったり、

除去テスト中に、導入した場合には、アナフィラキシーとなるケースがあるということです。

 

IgEの関わるアレルギーの疾患が疑われる場合の除去食は、医師の指導の下に行うよう、

この本の中に何度も忠告してありました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

情報ください

2015-07-30 | 治療法など

子宮頸がんワクチンの後に、その副作用と思われる症状で、

大阪の小西統合医療内科の先生に治療してもらっている方、

もし症状などの変化について情報を他の被害者の方と共有してくださる方がいたら

どうかご連絡お願いします。

 

小西先生のブログを読むと、ワクチン副作用の症状と同じ病態の治療に成功なさっているようなのですが。

コメント (9)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Forbes のサイトへの被害者コメント

2015-07-28 | ガーダシル症例

Sarah Snyder

My daughter was 11 when she received her first shot of Gardasil. She started getting a migraine immediately and had severe spine pain, started having seizures, hip pain, extreme weakness and lethargy. She was perfectly healthy before the shot. She never had a headache nor did she ever complain about back pain or any of the new symptoms she had starting immediately after the injection. She is being seen by the Mayo Clinic in Rochester and the clinic had 9 other girls and one boy being treated for IDENTICAL symptoms after the Gardasil shot. They believe it is caused by the heavy metal adjuvants in the vaccines. They say at this point they think it is in the cellular level that the adjuvants adhere to the brain and internal organs (in my daughters case, her brain and her liver.) She is now diagnosed with Postural Orthostatic Tachycardia Syndrome, Hoshimotos Encephylopathy and Fibromyalgia. All the kids at Mayo had the same diagnosis. I met several sets of parents whose children died within 14 hours of the injection. It is so important to not just read the pamphlet in the vaccines boxes and really do some research talking to families who have children like mine who are now wheelchair bound and unable to attend school because the shot that was supposed to help her almost killed her. She is in AGONY every single day now. She is so weak she can rarely walk and is completely disabled. She never had any other health concerns before Gardasi. Merck has also had several doctors blow the whistle on this drug saying it causes infertility and many other severe problems. They said there was minimal research done and the wording in the pamphlets have been altered and worded to sound like they are “proven” vaccines. I am not anti vaccine, I am pro truth. Most kids have slow adverse reactions (which should be reported to VAERS vaccine adverse affect reporting system- so they can document they reactions. Merck makes over $40 BILLION dollars a year on this vaccine. That is incentive enough to push these shot on everyone possible. HPV is a very slow growing cancer. It takes YEARS to develop into cancer. If girls go to yearly exams (PAPs) it will be caught and can then be treated before it becomes cancerous.

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Forbes のサイトでワクチンを推奨する人たち

2015-07-28 | 資料

ガーダシル後の症状を、バックグラウンドに比較して、安全だと主張する

Gardasil HPV Vaccine Safety Assessed In Most Comprehensive Study To Date

 

子宮頸がんに罹患して亡くなった命を利用して、危険なワクチンを宣伝するフィルム

 

HPV Epidemic Documentary Filmmaker Discusses The Making Of His Film

 

フォーブスは、経済誌です。


苦しんでいる被害者を助けようとしない人たちも同じ穴のだと思いますよ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

狂っている

2015-07-28 | 犯罪の証拠

An Overview of Quadrivalent Human Papillomavirus Vaccine Safety - 2006 to 2015.

Pediatr Infect Dis J. 2015 Jun 22.

Abstract

 

Background: A quadrivalent human papillomavirus (HPV4) type 6/11/16/18 vaccine (GARDASIL/SILGARD(R)) has been licensed in many countries around the world for the prevention of cervical, vulvar, vaginal, and anal cancers and pre-cancers, as well as external genital warts causally related to HPV types 6/11/16/18. Across 7 phase 3 clinical trials involving more than 29,000 males and females ages 9-45, vaccination was generally well tolerated. Because of its expected public health benefit in reducing cervical cancer and other HPV-related diseases, the vaccine has been implemented in the national vaccination programs of several countries, with over 178 million doses distributed worldwide.

Methods: Extensive efforts to assess the safety of the vaccine in routine practice have been conducted over the past 8 years since licensure, including more than 15 studies in more than one million pre-adolescents, adolescents, and adults from various countries. Most have been performed in the general population though there have been some in special populations (pregnant women, human immunodeficiency virus infected individuals, and those with Systemic Lupus Erythematosus).

Results: We present a summary of the published, post-licensure safety data from active and passive surveillance. Only syncope, and possibly skin infections were associated with vaccination in the post-licensure setting. Serious adverse events such as adverse pregnancy outcomes, autoimmune diseases (including Guillain-Barre Syndrome and multiple sclerosis), anaphylaxis, venous thromboembolism, and stroke, were extensively studied, and no increase in the incidence of these events was found compared with background rates.

Conclusions: These results, along with the safety data from the pre-licensure clinical trials, confirm that the HPV4 vaccine has a favorable safety profile. Key policy, medical, and regulatory organizations around the world have independently reviewed these data and continue to recommend routine HPV vaccination.

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

重度のアトピーの患者は除去食の間にアナフィラキシーショックが起こる可能性がある

2015-07-26 | 治療法など

アレルギーの治療に除去食をしているとき、重度のアトピーのある場合は、除去していた食品を再び食べ始めるときに、アナフィラキシーショックがおこる可能性があるので、その場合に対処できる施設で食べ始めることが大切である。


Arch Dis Child. 1984 Oct; 59(10): 983–986.

Anaphylactic shock during elimination diets for severe atopic eczema.

Eighty patients with atopic eczema were treated with various elimination diets. Some or all foods were withdrawn then later reintroduced singly to the diet. In four patients reintroduction of a single food (soya, chicken, corn, cows' milk) caused anaphylactic shock. In two patients spontaneous recovery occurred but in two resuscitation and intensive care were required. Anaphylaxis is a definite hazard of these elimination diets. Other than warning the parents, practical precautions are difficult because of the unpredictability of violent reactions and uncertainty about the life saving efficacy of injected adrenaline.

 

 

April 2015, Pages 203–205

セリアック病の思春期の患者、グルテンフリーダイエットの後に小麦へのアナフィラキシーで死亡

Fatal anaphylaxis to wheat after gluten-free diet in an adolescent with celiac disease



重度のアトピー体質の人や、セリアック病の人が除去食をするときは、アレルギーの専門医の指導の下で行うことが大切です。

除去食により、アレルゲンに特異的なIgEが増えることがあるようです。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

サプリと注射

2015-07-26 | 治療法など

数日前にSanevaxに載ったニュージーランドのゲイル・ディクソンさんのガーダシル体験記から

 

The bloods he ordered showed that her iron levels were “depleted” – not even a number alongside – they’ve just recently gone up from 6 to 13 – the first time an iron supplement has actually absorbed within her since this whole mess started thanks to having them injected rather than taking oral supplements!

 

血液テストの結果、鉄がとても低い値で、サプリを飲んでいても効果がなかったけれど、注射をすることでやっと体が鉄を吸収できたという一文です。

 

ビタミンの専門家であるロンズデール先生は、ビタミン欠乏の症状がひどい場合は、静脈注射により投与するよう指示しています。

 

また、慢性疲労症候群の専門医であるマイヒル先生は、症状が重度の場合には、マグネシウムは注射で投与するよう指示しています。

 

逆に、ある有機酸が血液中に多いときは、高用量ビタミンIVは適応できないと、アメリカの被害者の方から教えてもらいました。

 

グルタチオンの静脈注射が合わないケースは複数、聞いています。

 

脂肪置換療法も、静脈がいいケースとサプリがいいケースがあるようです。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ウシ卵細胞における、NMDA受容体サブユニットの発現 (アメブロより転載)

2015-07-24 | 論文

Expression of N-Methyl-D-Aspartate Receptor Subunits in the Bovine Ovum: Ova as a Potential Source of Autoantigens Causing Anti-NMDAR Encephalitis

 

ウシ卵細胞における、NMDA受容体サブユニットの発現:卵細胞が抗NMDA受容体脳炎を起こす自己抗原となる可能性

 

抄訳

 

抗NMDA受容体抗体脳炎を発症した患者の、血清から単離したIgG抗体が、ウシの卵細胞の細胞膜に強く結合したという結果です。

 

解釈

 

これは、ウシの卵細胞あるいはそれと同様のものが、異物として人体に侵入したときに、免疫細胞が応答して、IgG抗体を作ると、それが、NMDA受容体にも結合する可能性があることを示唆しています。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ワクチンの隠れた成分

2015-07-23 | アレルギーという副作用

乾燥弱毒生麻しん風しん混合ワクチン

乳糖水和 物・ エリスロマイシンラクトビオン酸塩: ウシの乳由来成分。

TCM-199の成分 であるコレステロール:ヒツジの 毛由来成分



乾燥細胞培養日本脳炎ワクチン


乳糖水和物:ウシの乳由来成分



沈降ジフテリア破傷風混合トキソイド



なお、本剤は製造工程でウシの乳由来成分(ポリペプトン、スキムミルク、 ペプトン )、 心臓由来成分 ( ビーフハートインフュージョン )、肝臓、肉、肉 由来成分(牛肉消化液)、ブタの膵臓由来成分(パンクレアチン)、ブタの十 二指腸由来成分(パンクレアチン)及びウマの血液由来成分(血清)を使用 している

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ビタミンDのレベルが、HPVワクチンに対する抗体価に影響するのか?

2015-07-20 | 論文

Do Vitamin D Levels Affect Antibody Titers Produced in Response to HPV Vaccine?

ビタミンDは、免疫調整ホルモンである。

ワクチン接種前に、18歳から25歳の男性の血清中ビタミンDレベルを測定。

HPVワクチン3回目の接種1ヵ月後の抗体価を測定。

4つのすべてのHPV型で、ビタミンDのレベルが低いほど、抗体価が高かった。

また、年齢が低いほど、抗体価が高かった。

 

Abstract

In addition to its well-known effects on bone metabolism, vitamin D is an immunomodulating hormone. Serum vitamin D levels in males 18-25 years were measured at baseline, and HPV antibody titers were measured one month following the third quadrivalent HPV vaccine dose. Vitamin D levels were >30 ng/ml (normal) in 60 males and <30 ng/ml (low) in 113 males. Reverse cumulative distribution curves and scatter plots showed higher antibody titers with low vitamin D for all vaccine strains (P<0.05). In linear regression analyses, antibody titers for all HPV strains were significantly higher among those with lower vitamin D levels and among younger participants (P<0.05). These relationships add to the body of knowledge of the complex role of vitamin D in immunoregulation.

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Currently Approved Prophylactic HPV Vaccines

2015-07-19 | 資料

Currently Approved Prophylactic HPV Vaccines

Diane M Harper

Expert Rev Vaccines. 2009;8(12):1663-1679.

 

下の折れ線グラフ(対数グラフ)特に、最初の部分、3ヶ月後を比べると、

16型は、3000くらい、18型は、400くらいです。

 

また、18型に対する抗体価は、注射した女性の35%が3年以内に消失、

40%が5年以内に消失するということが、書いてあります。

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

子宮頸がんワクチンの問題点

2015-07-18 | 資料

(1) 治験において、対照として、生理食塩水ではなく、他のワクチンが使用されたこと

(2) 治験において、アレルギー体質の人を排除したこと

(3) 治験において、安全性は主として16歳から26歳の女性に対して試験されたが、10歳から15歳の少女に対する安全性は十分確認されずに、接種が実施されたこと

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ロビンソンさんからのメールから

2015-07-18 | 治療法など

( ガーダシルの接種です。)

 

多くの被害者が食品に対する過敏を発症しています。
ケイティは、グルテンとコーンを除去しています。
彼女は、カゼインに対する問題はありませんでした。

また、多くの人が、カビに対して敏感になっています。
ケイティは、カビに極端に過敏で、クエン酸を含む食品は絶対に食べないようにしています。

クエン酸は、商業的には、黒かびを砂糖に添加して製造しています。カビの毒素はクエン酸からろ過により除去されていますが、マイクロトキシンは残存します。


低用量ナルトレキソン(LDN)は、ヒスタミンへの応答も抑制します。

それは、免疫系を調整し、多くの患者がさまざまな自己免疫疾患を治療するために使用しています。

ケ イティは、自律神経障害・ポッツ(ケ イティの医師は、これは元来は自己免疫だと思っています)そして橋本病と診断されました。ケイティのポッツは、完全に なくなっています。橋本病もほとんど治癒しています。甲状腺抗体(甲状腺ペルオキシダーゼ(TPO) 抗体)は61です。通常の TPO は、0-26なので、ケイティは正常な範囲から35ポイント以内にいます。検査のたびに、抗体は下がっています。甲状腺の治癒に、低用量ナルトレキソンが 多大な貢献をしていると考えています。

 

ケイティの医師は、LDNを低用量でゆっ くりと導入しました。

 
キム・ロビンソン

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

米国ガーダシル被害者の女の子のお母さんからのメール

2015-07-17 | 治療法など

(ケイティは、ライム病や他の感染がわかり、ライム病のエキスパートの治療を受けましたが、この治療によっても、ガーダシル後の症状は改善しませんでした。)

今回の手紙

ケイティはIVビタミンCを 2014年9月29日から12月5日まで受けました。彼女は週に2回IVをしました。IVには、マグネシウム、ビタミンB複合体、微量のミネラルも入れました。ケイティは、IVグルタチオンには耐えられず、グルタチオンは彼女の治療には使用しませんでした。IVビタミンCは、ケイティの病状に、大きな改善をもたらしました。私たちが試したすべての中で、 ケイティはこのIV治療で最も改善しました。IVは彼女の症状と疼痛の多くを治しました。私たちは、他の症状(副腎疲労と橋本病)を、ナチュラルプロダク トで治療しました。現在、ケイティは、4.5ミリグラムの低用量ナルトレキソンと様々なビタミン、サプリメントを摂っています。ガーダシルの被害の後で、 今一番よくなっていますが、いくつかの症状は残っています。残っている症状は、継続する頭痛(彼女の頭痛は、ほとんどの時間、偏頭痛ほどの強さでした) と、両側の耳の激痛です。


キム・ロビンソン


(ケイティは、他にも、小麦とコーン、酵母由来の食品の除去をしています。)


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アラムアジュバントが 遺伝的に影響されやすい集団において IgEの合成をどうやって促進できるのか

2015-07-16 | アレルギーという副作用

How aluminum adjuvants could promote and enhance non-target IgE synthesis in a genetically-vulnerable sub-population.


アトピーの集団で、アラムがIgEの産生を促進することを研究した2013年の論文です。


アラムとIgEに関する研究は、徳島大学の山西先生がマウスを使った実験で報告しています。2003年


 

山西 倫太郎(Rintaro Yamanishi)教授

神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部栄養学科 

専門分野

食品科学
食品免疫学
栄養生化学



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする