葉月のブログ

中高生が死亡していたら河野太郎は総裁選落ちるよね、厚生科学審議会開かなかったのは忖度?

血管壁表面の糖鎖

2020-01-20 | 糖鎖


細胞性免疫と液性免疫の違い?

http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/ja/14495
糖タンパク質糖鎖に対するモノクローナル抗体を効率よくとるための免疫方法の検討をおこなった。抗原としては糖鎖のがん性変化のひとつであるbisecting N-acetyiglucosamine構造をもつオボムコイド(OVM)をとりあげた。OVM全分子を通常のフロインド完全アジュバントでくりかえし感作する方法では糖鎖を認識するモノクローナル抗体をとることはできなかった。またOVMをリポソームニ重膜に挿入する方法でも同様であった。これに対してOVMからプロナーゼ消化により糖ペプチドを調製し,アジュバント活性をもつリピドAを共存させたリポソームに共有結合した抗原を感作したマウスからは高率に糖鎖と反応するモノクローナル抗体をとることができた。しかしながらこれらの抗体はいずれもサブタイプはIgMであった。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

卵巣に高マンノース型糖鎖があるらしい

2019-12-11 | 糖鎖
卵巣細胞膜のタンパク質の糖鎖を示すマススペクトル
上が正常な卵巣表面上皮細胞系
下が卵巣がん細胞系



余談ですが、タミフルは、紫の菱形の糖の部分の切断を阻害するそうです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

サポニン・アジュバント

2019-11-26 | 糖鎖
MPL以外に、細胞免疫作用を示すアジュバントとして宣伝されているサポニンの資料です。



QS-21 elicits a robust antibody and cell-mediated immune response and is a potent activator of Th1 and CD8 T cells.
『QS-21は、抗体および細胞介在性免疫応答を強力に誘発し、Th1およびCD8T細胞の強力な活性作用を有する。』


『アルデヒドの部分がアジュバント活性サイトとして特定されている』

Structural differences in glycosylation or acylation patterns distinguish the saponins from one another and can affect their biological activities.

『糖鎖あるいはアシル鎖のパターンの構造の違いが、生物学的活性に影響を与えうる』

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

多発性硬化症とB型肝炎ワクチンについて考える

2019-10-11 | 糖鎖
多発性硬化症の患者の髄液中に、高マンノース型糖鎖に反応する抗体が検出されたという報告



高マンノース型糖鎖は、酵母(yeast)が作るタンパクに結合している。


ワクチンの抗原の生成に酵母を使ったワクチン、ガーダシルとB型肝炎ワクチン
多発性硬化症の有害事象報告突出




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

中途半端な技術を使用して作られたワクチン サーバリックス

2019-10-10 | 糖鎖

サーバリックスに使用されたHPVL1タンパク抗原の生成に使用されたタンパク発現系は、糖鎖のパターンと生産率に問題があるため、未だ改良が続けられています。

サーバリックスに使用された細胞は、Sf9細胞でしたが、SfSWT-4細胞は糖鎖のパターンが改良されています。

この論文では、生産率を改良するために、アポトーシスを阻害するタンパク質バンキリンを産生する遺伝子を組み入れています。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

62歳女性に思春期特有の症状、自己抗体強陽性

2019-10-06 | 糖鎖


抄録

症例は62歳の女性である.上気道感染後に急性発症の自律神経症状,感覚障害,四肢腱反射消失を認め,筋力低下を認めなかったことから,急性自律性感覚性ニューロパチー(acute autonomic and sensory neuropathy; AASN)と診断した.血清中の自己抗体の検索を行ったところガラクトセレブロシド(galactocerebroside; Gal-Cer)とリン脂質(phospholipidic acid; PA)の混合抗原に対する抗体が強陽性であった.AASNについては病態に関連した自己抗体が明らかでなく,病態を考える上で貴重な症例と考えられた.


上気道感染後の手足の感覚異常、歩行障害、尿閉、便秘。 
四肢の位置感覚の喪失による歩行障害、および起立性低血圧、便秘、膀胱障害に代表される自律神経障害。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

帯状疱疹ワクチンでのアナフィラキシーでα-Galと関連が示唆されるケース

2019-03-25 | 糖鎖

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0091674916314555

Anaphylaxis after zoster vaccine: Implicating alpha-gal allergy as a possible mechanism

帯状疱疹ワクチン接種後にアナフィラキシー反応が起こった患者が、米国南東部でダニに刺された後の牛肉や豚肉のアレルギーの原因として知られるアルファ・ガルに感作していたことで、これらに感作している人は、ゼラチンや他の家畜由来製品含有のワクチンにアレルギー反応を示すという機序を報告している2017年のレター

To the Editor: In the Southeastern United States galactose-a-1,3-galactose(alpha-gal) sensitivity has emerged as a cause of red meat allergy that is causally linked to bites from the lone star tick.1 Alpha-galsensitivity often presents with delayed anaphylaxis after con-sumption of red meat, with lesser degrees of reactivity to milkand gelatin. Gelatin and other nonprimate mammal–derived products are common excipient ingredients in several vaccines,2,3andit has been postulated that patients with alpha-gal allergy mightreact to these vaccines.4 A patient in our clinic with a documented history of red meat allergy since November 2008 required emergency department treatment and epinephrine administration on receipt of live

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

抗原は糖鎖だったのか?

2019-03-25 | 糖鎖

https://www.jacionline.org/article/S0091-6749(00)68940-6/fulltext

若かりし頃の中山先生の論文

MMRワクチンに含まれるゼラチンが原因でアナフィラキシー反応が発症する問題を、ウシ由来ゼラチンから、加水分解したブタ由来ゼラチンに変更して、アナフィラキシー反応が顕著に減少したという報告。

Change in gelatin content of vaccines associated with reduction in reports of allergic reactions

Anaphylactic reactions after administration of measles, mumps, and rubella combined vaccine were first identified as gelatin allergy by Kelso et al.1 Beginning in 1993, anaphylactic reactions were increasingly reported after administration with gelatin-containing vaccines in Japan.2, 3, 4 IgE antibodies against gelatin were detected most frequently from patients with anaphylactic reactions and less frequently from those with urticarial eruptions.4 We analyzed the prior immunization history of acellular pertussis vaccine combined with diphtheria and tetanus toxoids (DTaP) among patients with gelatin allergy and suggested that the gelatin-containing DTaP may have a causal relationship to the development of gelatin allergy.4 Among 6 manufacturers of DTaP in Japan, two have never used gelatin in the production vaccine. The remaining 4 manufacturers no longer use gelatin, and since February 1999, all DTaPs used in Japan are free of gelatin.

The current measles vaccine contains human serum albumin, gelatin, or both as a stabilizer. Kitasato has chosen to produce live attenuated vaccines by using gelatin as a stabilizer to avoid the potential risk of pathogenic contamination in human serum albumin. Concern over gelatin allergy, however, led Kitasato to change the gelatin from native bovine gelatin to hydrolyzed modified porcine gelatin (Prionex; Pentapharm Corp) in 1998. Prionex gelatin, porcine skin collagen hydrolyzed in the low pH solution and treated at 145°C for 1 hour, showed lower binding activity to IgE antibodies against gelatin (data not shown). Measles and mumps monovalent vaccines with Prionex were introduced in September 1998.

We analyzed the postmarketing clinical adverse reactions before (June 1994-August 1998) and after the introduction of vaccines with Prionex (September 1998-December 1999). The results of the number of reported patients with allergic reactions are shown in Table I.

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

遺伝子組み換えワクチンのどうしようもない欠点

2018-08-20 | 糖鎖

子宮頸がんワクチンの抗原を開発したZhouとFrazerによる1993年の論文

抗原のL1タンパク質の糖化についての考察

タンパク質の発現系として、CV-1細胞(サルの腎臓由来)とHaCaT細胞(ヒトの表皮角化細胞由来)で行ったもの

 

 

実際に使用されたワクチンの発現系は、酵母(ガーダシル)と昆虫細胞(サーバリックス)であった

糖化(glycosylation)は、哺乳動物細胞に比べて、酵母や昆虫細胞で発現したものは、性質が悪くなる

https://slideplayer.com/slide/10378410/35/images/79/FIGURE+10.15.jpg

 

例えば、C型肝炎ワクチンの抗原を、昆虫細胞で作ると、哺乳動物細胞で作るときに比べて抗原性が強くなるという報告がある。

Here, we report that a soluble form of HCV E2 (sE2) produced in insect cells possesses different glycosylation patterns and is more immunogenic, as evidenced by the induction of higher titers of broadly neutralizing antibodies (bNAbs) against cell culture-derived HCV (HCVcc) harboring structural proteins from a diverse array of HCV genotypes.

(J Virol. 2016 Nov 14;90(23):10486-10498.)

 

糖化が異なることで抗原性が変わるということは、糖化した部分がエピトープになっているということ

では、こうやってヒト以外で発現した抗原にたいする抗体が、果たして、実際にヒトを介して感染した病原体に有効なのかどうか。

 

 

基礎研究に従事するリウマチ膠原病内科医の先生のサイト

自己免疫疾患に対する糖鎖修飾治療という新たなフィールド

http://autoimmunedis.jugem.jp/?eid=29

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

一度に接種してよいタンパク質の量に制限はないのか?

2018-08-16 | 糖鎖

ガーダシル9に含まれるタンパク質の量は多すぎるのでは?

 

ADEMの自己抗体である抗MOG抗体のうちの病因となるものは、糖化エピトープを認識し、オリゴデンドロサイトの生理機能を乱獲する

Pathogenic myelin oligodendrocyte glycoprotein antibodies recognize glycosylated epitopes and perturb oligodendrocyte physiology

Marta CB, Oliver AR, Sweet RA, Pfeiffer SE, Ruddle NH.

Proc Natl Acad Sci U S A. 2005 Sep 27;102(39):13992-7. Epub 2005 Sep 19.

PMID:16172404


新型インフルエンザワクチンでナルコレプシーを起こしたものも、他に比べてタンパク質の量が多かった

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

TGN1412

2017-05-23 | 糖鎖

http://first.lifesciencedb.jp/wordpress/wp-content/uploads/2014/12/Sakaguchi-Science-14.12.19-Fig.1.png

 

治験が失敗した anti-CD28 superagonist TGN1412 を使うと、CD8+T細胞が活性化される

TGN1412は、マウス由来のヒト化抗体で、CHOで発現したらしいので、この記事のカテゴリーは糖鎖です。

 

ところで、白斑症は、自己抗原特異的T細胞による自己免疫疾患だそうですが、

患者の中には、CTLA-4の遺伝子の変異が見つかっている群があるようです

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15649153

CTLA-4は、末梢での免疫寛容を引き起こすときに制御性T細胞に発現するタンパク質で

免疫不応答のCD8+T細胞の表面にも発現している

自己免疫疾患の発症の抑制に大切なタンパク質らしい。

http://first.lifesciencedb.jp/archives/9634

子宮頸がんワクチンのような免疫賦活力の高いワクチンを打って、Toll様受容体を刺激して樹状細胞が成熟すると

自己抗原に特異的なCD8+T細胞が活性化されてしまい

T細胞が関与する自己免疫疾患の発症につながるのではないでしょうか

 

T-cell mediated autoimmune disease

乾癬

橋本病

多発性硬化症

セリアック

タイプI糖尿病

関節リウマチ

アジソン病

白斑症

円形脱毛症

全身性エリテマトーデス

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Glycan–protein interactions in viral pathogenesis

2017-05-19 | 糖鎖

http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0959440X16301671

The surfaces of host cells and viruses are decorated by complex glycans, which play multifaceted roles in the dynamic interplay between the virus and the host including viral entry into host cell, modulation of proteolytic cleavage of viral proteins, recognition and neutralization of virus by host immune system. These roles are mediated by specific multivalent interactions of glycans with their cognate proteins (generally termed as glycan-binding proteins or GBPs or lectins). The advances in tools and technologies to chemically synthesize and structurally characterize glycans and glycan–GBP interactions have offered several insights into the role of glycan–GBP interactions in viral pathogenesis and have presented opportunities to target these interactions for novel antiviral therapeutic or vaccine strategies. This review covers aspects of role of host cell surface glycan receptors and viral surface glycans in viral pathogenesis and offers perspectives on how to employ various analytical tools to target glycan–GBP interactions.

http://ars.els-cdn.com/content/image/1-s2.0-S0959440X16301671-gr1.jpg

 

Virology. 1993 May;194(1):210-8.

Glycosylation of human papillomavirus type 16 L1 protein.

Abstract

We examined glycosylation of the L1 capsid protein of human papillomavirus type 16, using HPV16 L1 protein expressed from various recombinant vaccinia viruses in CV-1 and HaCaT cells. A minority of L1 protein was N-glycosylated, and all four potential N-glycosylation sites appeared to be used. Glycosylation was of the high-mannose type, as shown by reactivity with biotin-labeled Concanavalin A and by exoglycosidase digestions. A series of mutant L1 proteins were used to establish that an N-terminal hydrophobic sequence, common to all sequenced papillomavirus L1 capsid proteins, was a major determinant of the proportion of L1 protein glycosylated, whereas C-terminus nuclear localization signal sequences were unimportant. Subcellular localization studies showed that whereas the majority of L1 protein was found in the cell nucleus, glycosylated L1 was retained in the endoplasmic reticulum and was neither exported from the cell nor translocated to the cell membrane or the cell nucleus. We conclude that glycosylated L1 is unlikely to be an important component of the papillomavirus virion, a finding of importance for the design of papillomavirus-specific vaccines.

???

L1の抗体作っても、意味がない?

 

https://image.slidesharecdn.com/multipexforpapillomavirus-130713023810-phpapp01/95/multipex-for-papillomavirus-3-638.jpg?cb=1373683192

表面は、L2の雲で覆われている?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

抗体医薬品の糖鎖解析について

2017-05-15 | 糖鎖

http://ars.els-cdn.com/content/image/1-s2.0-S0896841114001759-gr1.jpg

 

 

抗体医薬品の糖鎖解析について

http://chromsoc.jp/Journal/pdf/34-2_83.pdf

3.まとめ

抗体医薬品の糖鎖はエリスロポエチン等の糖鎖と比較すると、単純なように見えるが、様々な形で有効性及び安全性に直接関与しているため、医薬品の生産細胞、培養方法、作用機序、投与方法、投与量等様々なファクターを考慮した上で、特性解析を実施する必要がある。この特性解析には糖含量、糖鎖構造、糖鎖パターン、糖鎖結合位置、糖鎖結合率等の情報を含める必要がある。

 

「ワクチンでも、必要ですね」

「ワクチンでも、必要でしたね」

 

http://slideplayer.com/slide/3278336/11/images/8/Typical+Fc+region+oligos:+core+fucosylated+biantennary+oligos;.jpg

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

翻訳後修飾の重要性を語るエピソード

2017-05-13 | 糖鎖

橋本脳症

橋本病は1912年に日本人の橋本策氏によって見出された自己免疫性の慢性甲状腺炎である。橋本病には精神・神経症状(脳症)を伴うことがあり、多くは甲状腺機能低下症に伴う粘液水腫性脳症である。1966年英国の医師Brainらによって粘液水腫性脳症とは異なる橋本病に伴う自己免疫性脳症の1人の患者が報告された[10]。1991年に英国のShawらによって同様の5症例が報告されこのときはじめて橋本脳症(Hashimoto encephalopathy)という新しい疾患名が提唱された[11]。しかし橋本脳症は早期診断と治療によって軽快する疾患にもかかわらず、臨床徴候が多彩であるため診断は容易ではなかった[12]。そのため、独立した疾患単位としての異議が呈された時期もあった[13]。福井大学の米田らは血清中のバイオマーカーをプロテオミクスの手法を用いて自己抗体とその抗原を検索した[14]。臨床的に橋本脳症と考えられる患者血清が脳蛋白と特異的に反応するスポットを二次元電気泳動(SDS-PAGE/等電点)を用いて網羅的にスクリーニングし、抗原候補分子として解糖系酵素αエノラーゼを同定した。検証のため、全長αエノラーゼcDNAをヒト脳ライブラリーよりクローニングし、Hu抗原などで行われているように大腸菌で大量発現させ組み換え、全長αエノラーゼ蛋白を調節した。しかしこれを用いた免疫グロットでは橋本脳症患者と対照者で全く差がみとめられなかった。大腸菌と異なり真核生物では遺伝子が蛋白質に翻訳された後にリン酸化やメチル化などの翻訳後修飾が起こることがしられている。そこで翻訳後修飾が免疫反応性に影響している可能性を考慮してヒトの培養細胞を用いて全長αエノラーゼを調整したところ、橋本脳症患者血清と対照者で差が認められた。さらに患者と対照血清間での特異性を高めるためαエノラーゼをN末端、C末端、それ以外の中央部に分けて免疫反応性を検討した。橋本脳症患者血清はN末端のみに特異的に反応し、中間部とは反応せず、C末端部位は正常血清でも弱いながら反応することがわかった。米田らはこの橋本脳症患者の血清中にあるαエノラーゼのN末端領域に反応する自己抗体を抗NAE(NH2-terminal of alpha-enolase)抗体と命名した。このヒト培養細胞から合成・精製した組換NAE蛋白は、他のウイルス性脳炎、膠原病などの炎症性疾患や免疫性疾患患者の血清とは反応しないこともあきらかとなり橋本脳症の診断バイオマーカーとして有用であることが判明した[15]。αエノラーゼに対する自己抗体は全身性エリテマトーデスやベーチェット病の患者でも報告されている[16][17]。しかしこれらの報告で用いられているのは大腸菌で合成・精製された全長のαエノラーゼ蛋白でありNAE蛋白とは異なると米田らは主張している。また前述のようにαエノラーゼは様々な翻訳後修飾をうけることが知られている[18]。 なお抗NAE抗体以外の抗体の報告もいくつかある[19][20][21]

橋本脳症の臨床スペクトラムは抗NAE抗体陽性例で検討されている。注意するべき点としては抗NAE抗体は特異度90%、感度50%の診断マーカーであり抗体陰性であっても橋本脳症は否定出来ない。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ハイマンノース型糖鎖

2017-05-12 | 糖鎖
ガーダシルの副反応を発症した人の中に、橋本病の人が多い
サイログロブリンは、糖鎖で覆われている

中に、ハイマンノース型がある
これは、酵母が作れる糖鎖である

牛肉アレルギーの抗原は、ウシのサイログロブリンに含まれるα-galらしい
ウシのサイログロブリンは、α-galを含む糖鎖が豊富だと報告されている

Arch Biochem Biophys. 1996 Mar 1;327(1):61-70.

Glycosylation in human thyroglobulin: location of the N-linked oligosaccharide units and comparison with bovine thyroglobulin.

Abstract

The amino acid sequence established for human thyroglobulin (hTG) from its cDNA sequence contains 20 putative N-linked glycosylation sites. We have characterized the glycopeptides contained in a tryptic digest of hTG in order to determine which sites are actually linked to carbohydrate. In addition, the distribution of oligosaccharide type(s) at these confirmed sites of N-linked glycosylation has been examined. Glycopeptides were purified using gel permeation chromatography followed by several steps of HPLC. The purified tryptic glycopeptides were characterized by gas phase sequencing and carbohydrate analysis and located within the amino acid sequence of thyroglobulin. Each of the recovered glycopeptides contained a consensus sequence for N-linked glycosylation. Of the 20 putative N-linked glycosylation sites in the human thyroglobulin polypeptide chain, 16 were shown to be actually glycosylated in the mature protein. Eight of these confirmed glycosylation sites (at positions 57, 465, 510, 729, 797, 1696, 1754, and 2230) appear to be linked to complex-type oligosaccharide units containing fucose and galactose in addition to mannose and glucosamine. Five sites (at positions 1200, 1329, 1993, 2275, and 2562) contain high mannose type units and two sites (at positions 179 and 1345) are linked to oligosaccharide units containing galactose in addition to mannose and glucosamine but no fucose and may be either hybrid or complex structures. In addition, position 928 was found to be degenerate in oligosaccharide structure and very different oligosaccharide composition types were found associated with peptides containing the same amino acid sequence. A high probability of a beta turn which would include the glycosylated asparagine residue was predicted for the amino acid sequence found at 13 of the 16 sites. The glycosylation pattern in hTG was also compared with the data recently reported for bovine thyroglobulin (bTG) (27) and as has been recently reported for bTG, no oligosaccharides of the high mannose type were found in the N-terminal portion of hTG. Only four of the 20 putative sites the sequence of hTG, at asparagine residues 91, 477, 1849, and 2102 were not represented in the purified glycopeptide population and are presumed to escape significant glycosylation.

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする