葉月のブログ

新型コロナワクチンの開発を、『マンハッタン計画』と呼ぶ人たちがいた

スクリーニング参加率

2018-11-30 | 24.5歳の検証

英国で子宮頸がんワクチン接種世代の子宮頸がんが増加しているデータについて、スクリーニングが24.5歳からになったためだという論文ですが、あれ、やっぱり嘘だったみたいです。

過去5年間にスクリーニングを受けた20歳から24歳の女性は、2.2%

人口の変化がないとして、

2.2%すべてが24.5歳から25歳未満とすると、24.5歳以上25歳未満の女性の2割未満

 

https://www.statista.com/statistics/535504/women-screened-for-cervical-cancer-in-the-past-five-years-in-england/

青 less than 5 years

紺 less than 3.5 years

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

川崎病とワクチンの関連を考えるための資料 その11

2018-11-30 | 川崎病

グリコカリックス

細胞膜の外側には、あらゆる動物細胞がグリコカリックスと呼ばれる縮れたコートをまとっている。このコートは膜の糖脂質と糖タンパク質の炭水化物部分からなる。人によってグリコカリックスは異なり、一卵性双生児のみが科学的に同質のものを持つ。グリコカリックスは体が細胞や組織を識別するために使われ、自分自身の健康な細胞を、移植した組織、罹患した細胞、または侵入した生物と区別する。グリコカリックスはまた細胞接着分子も含み、胚発生の間、細胞がお互いに接着したり、細胞の動きを助けたりする。[2]グリコカリックスが毛細血管内に充満した赤血球の形を変えたり、血管系の他の多くの機能に重要であると思われることが研究で示され、現在も研究されている。[3]

 

多糖体に対する抗体を作るワクチン 肺炎球菌ワクチン、ヒブワクチン、髄膜炎菌ワクチン リンク

プレベナーの抗原 多糖体とタンパク

https://slideplayer.com/slide/6052082/20/images/20/Conjugate+vaccine+Polysaccharide+And+lipid+%28LPS%29+Pneumococcal.jpg

https://ars.els-cdn.com/content/image/1-s2.0-S0264410X17305790-fx1.jpg

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

斎藤先生、これってタイプリプレイスメントでしょうか?

2018-11-30 | 資料

 プレベナーワクチン導入前後での、侵襲性肺炎球菌感染症患者から検出された肺炎球菌の血清型

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

川崎病とワクチンの関連を考えるための資料 その10

2018-11-29 | 川崎病

この治療は、子宮頸がんワクチンの副反応の治療と同じですね。東京で治療ができたら良いですね。

川崎病に血漿交換や血漿交換とステロイドパルスで治療した例。

Cytokine. 2015 Aug;74(2):339-42. doi: 10.1016/j.cyto.2015.02.014. Epub 2015 Mar 19.

Kawasaki disease refractory to standard treatments that responds to a combination of pulsed methylprednisolone and plasma exchange: Cytokine profiling and literature review.

Author information

1
Division of Pediatrics, National Center for Global health and Medicine, 1-21-1 Toyama, Shinjyuku-ku, Tokyo, Japan. Electronic address: motohiro612@yahoo.co.jp.
2
Division of Pediatrics, National Center for Global health and Medicine, 1-21-1 Toyama, Shinjyuku-ku, Tokyo, Japan; Advanced and Specialized Medicine, Juntendo University Graduate School of Medicine, Japan.
3
Division of Pediatrics, National Center for Global health and Medicine, 1-21-1 Toyama, Shinjyuku-ku, Tokyo, Japan.

Abstract

We present a case of Kawasaki Disease (KD) that was refractory to plasma exchange (PE), but which finally responded to concurrent intravenous methylprednisolone pulse (IVMP) and PE treatment. To determine direct and indirect evidence for the efficacy of this combination therapy, we analyzed data of patients with refractory KD by review of the literature using medical databases and cytokine profiling. For literature searches, we used the Pubmed™ and Ichushi™ databases. Search terms used included "Kawasaki disease" and "plasma exchange" to extract articles that described KD cases treated with PE. For cytokine profiling, we measured interleukin (IL)-6, soluble tumor necrosis factor-α receptor (sTNF-αR) type 1 and type 2 before and after PE and PE with IVMP. Our search revealed 201 KD patients treated with PE, of which PE treatment was effective in 188 patients (93.5%), but not in 13 cases (6.5%). All 13 cases were treated successfully with additional treatment. Of the 13 cases, only six (2.5%) had recurrence during the PE treatment period. In our case, cytokine profiling showed PE treatment decreased IL6, while sTNF-αR type1 and type2 remained at high levels. PE and IVMP decreased IL-6 and sTNFα-R type 1 and type 2 levels.

CONCLUSION:

PE concurrent with additional anti-inflammatory treatment such as IVMP might be a very promising treatment option for PE refractory patients.

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

プレベナーは5歳以下の有害事象のチャンピオンとなる

2018-11-29 | 資料

Vaersの報告例、2010年以降で、5歳以下の有害事象報告は、肺炎球菌ワクチンのプレベナー13が一番多い

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

川崎病とワクチンの関連を考えるための資料 その9

2018-11-29 | 川崎病

https://www.cochranelibrary.com/cdsr/doi/10.1002/14651858.CD012448/full

TNF‐α blockers for the treatment of Kawasaki disease in children

コクランの森先生他が、IVIGの効かない川崎病の治療にTNFブロッカーを使用することが適当かどうかのシステマティックレビューをするよう呼び掛けている




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

川崎病とワクチンの関連を考えるための資料 その8

2018-11-29 | 川崎病

川崎病の発症に関わる「ORAI1遺伝子の多型」を発見 http://www.riken.jp/pr/press/2016/20160121_1/

-日本人に多い遺伝子多型が関与-

ORAI1タンパク質は細胞膜上のカルシウム(Ca2+)チャネル(Ca2+を選択的に透過する透過口)で、川崎病の発症や重症化に関わりが深いと考えられる「Ca2+/NFAT経路」の活性化に重要なタンパク質です。

http://www.riken.jp/~/media/riken/pr/press/2016/20160121_1/fig2.jpg




川崎病の発症に関わる3つの遺伝子領域を新たに発見 http://www.riken.jp/pr/press/2012/20120326_2/

-白人集団と遺伝的要因に違いがあることを示唆-

2007年にITPKC遺伝子、2010年にCASP3遺伝子が川崎病に関わっていることを発見しました。

(中略)

その結果、新たにFAM167A-BLKCD40HLAの3つの遺伝子領域が川崎病と強く関連することが分かりました。

FAM167A-BLKCD40の遺伝子領域については、成人期に見られる関節リウマチや全身性エリテマトーデスなど、自己免疫性疾患の発症との関連が知られている領域と一致していました。

http://www.riken.jp/~/media/riken/import/jp/info/release/press/2012/120326_2/image/02.gif





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

川崎病とワクチンの関連を考えるための資料 その7

2018-11-29 | 川崎病

(kikiさんのツイッター紹介のスライドから)

川崎病モデルマウス (藤本ら、2010). レンチナン(β‐グルカン)の腹腔接種で川崎病類似の病態が出現

 

レンチナン、多糖体(ポリサッカライド)

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/2/2c/Lentinan.svg/1200px-Lentinan.svg.png

藤本さんはがんの研究を進める中で、シイタケの抽出物で、抗がん作用があるとされるレンチナンをマウスに注射したところ、予想に反して早死にすることに着目。このマウスを解剖したところ、冠動脈瘤が形成され、冠動脈で血管の形状を保つ働きをする「弾性板」がボロボロに傷むなど、川崎病に酷似した症状が現れていることがわかった。リンク

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

DTPワクチンのPの効果がなかったという報告

2018-11-28 | 論文
DTPワクチンの効果がなく、接種率の高い集団で百日咳の流行があったという、1990年代日本での症例報告
43人中38人は3回以上接種、2人は2回接種、3人は接種していなかった
 
Acta Paediatr Jpn. 1995 Jun;37(3):321-4.

Outbreak of pertussis in highly immunized adolescents and its secondary spread to their families.

Abstract

An outbreak of pertussis was recognized in a highly immunized sixth-grade class of schoolchildren. Among 43 children aged 11-12 years in the class, 38 had been immunized with three doses or more of DTP containing whole-cell pertussis vaccine, two with two doses of DTP and three children were unimmunized. The last DTP vaccines had been given 6-10 years before the outbreak. A total of eight children with pertussis suffering paroxysmal coughing attacks for 3 weeks or more were identified, seven being fully immunized and one unimmunized. Among the eight cases, two were confirmed by both culture and serology and one by serology alone. The attack rate in fully immunized children was 18.4% (7/38). Secondary spread of pertussis was identified in five of the households from which the eight patients originated. A total of six cases of pertussis from these five households were identified, and two of these were culture-confirmed. These observations suggest that vaccine-induced immunity weakens considerably 6-10 years after vaccination, and that booster immunization with DTP instead of DT is therefore recommended for the control of pertussis.

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

川崎病とワクチンの関連を考えるための資料 その6

2018-11-28 | 川崎病

日本の症例報告、DPTワクチン接種後の川崎病

Pediatrics International. 54():119, FEB 2012

Issn Print: 1328-8067

Publication Date: 2012/02/01

Kawasaki disease after diphtheria-pertussis-tetanus (DPT) vaccination: a case report: P-183

Kensuke Oka; Wakamichi Shimamura; Hiroyuki Betsui; Mari Saitou; Masaru Hoshina; Yutaka Kikuchi

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

川崎病とワクチンの関連を考えるための資料 その5

2018-11-28 | 川崎病
韓国でも、18ヵ月の乳幼児がインフルエンザワクチン接種の24時間後に、川崎病発症。

Biomed Rep. 2018 Mar;8(3):301-303. doi: 10.3892/br.2018.1043. Epub 2018 Jan 16.

An infant presenting with Kawasaki disease following immunization for influenza: A case report.

Abstract

Kawasaki disease (KD) is a childhood vascular disorder of unknown etiology. Concerns have recently been raised regarding vaccinations as a potential risk factor for KD. In addition, various forms of vasculitis have been reported as adverse events following administration after various vaccines. Patients exhibiting post vaccination KD have previously been described; however, thus far, to the best of our knowledge, only one patient exhibiting post influenza vaccination KD has been reported in Japan. The present study describes a case of KD 24 h after immunization with influenza in an infant (age, 18 months) following 6 days of high fever, a body rash that had persisted for 2 days and nonsuppurative bilateral conjunctivitis. To the best of the authors' knowledge, this is the first reported case in Korea and the present study reviews various recent studies regarding vasculitis following vaccination and the causal association between them.

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

川崎病とワクチンの関連を考えるための資料 その4

2018-11-28 | 川崎病

最新の論文から 

Pediatr Int. 2018 May 5. doi: 10.1111/ped.13590. [Epub ahead of print]

Kawasaki Disease and Vasculitis associated with Immunizations.

Author information

1
Pediatrics Residency Program, University at Buffalo, State University of New York (SUNY).
2
Division of Pediatric Infectious Diseases, University at Buffalo, State University of New York (SUNY).

Abstract

The etiology and pathogenesis of Kawasaki Disease (KD) remain poorly understood. Amongst the diverse infectious and environmental factors examined to be triggers for, or be associated with KD, are immunizations. In this report, we first describe a Caucasian female who presented with classic KD shortly after receiving her routine 4 month vaccination series. Prior published case reports and large epidemiological studies, which explore potential associations between immunizations and KD and other vasculitides, are then comprehensively reviewed. The methodologic challenges which complicate analysis in this area are also considered. This article is protected by copyright. All rights reserved.

論文無料で読めます。日本の症例報告も参照しています。

 

オフィット氏のロタテックでは治験中に川崎病がプラセボの5倍発症していました。が、市場後調査では有意な上昇はなかったという結論になっています。(メルクですから調査の信頼性は劣ります)

Notably, KD was found at higher rates in those receiving RotaTeq (RV5; Merck, Whitehouse Station, NJ, USA) in the 42 days after vaccination compared with placebo, in phase 3 of clinical trials: unadjusted RR, 4.9 (5/36,150 vs 1/35,536).

 

この論文の結論は、ワクチン接種が、個々の小児で川崎病を含む血管炎と関連している可能性はあるかもしれない、特に新しく導入されたワクチンでは調査していくことが重要。

The current patient's first presentation after vaccination, with widespread rash and edema, was consistent with vasculitis; her second met the criteria for KD, and the prompt response to IVIG corroborated this diagnosis. The rapidity of symptoms after the second round of vaccinations suggested the possibility of antigen sensitization with her previous exposure and an immune‐mediated phenomenon. It is worth noting that the patient's personal contacts all lacked any illnesses around the time of diagnosis, and there were no other KD cases in the present hospital for 4 weeks before or after. Given an absence of issues after the 6 month immunizations when Rotarix was omitted, we suspect that this vaccine was the precipitating agent; nevertheless, an independent or combined effect with a concomitantly received immunization remains possible. In conclusion, vaccines may potentially be associated with vasculitides, including KD, in individual children, and ongoing, systematic surveillance of such events is warranted, particularly for newer immunizations.

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

肺炎球菌ワクチンの日本語ウィキペディア

2018-11-28 | 犯罪の証拠

日本では、小児用肺炎球菌ワクチンの販売会社であるワイス社は2007年に承認申請を行い、2008年にも同社のワクチンメディカルマネジャーである中村理子が、肺炎球菌ワクチンとHibワクチンとで細菌性髄膜炎を予防できるとして、日本での導入を訴えていた[8]。2009年にPCV7が承認され、またHibワクチンは2007年に導入され、島という条件が適した北海道での調査では2011年末までには髄膜炎の減少は観察されなかった[9]

この中村理子さんの部分が、村中璃子さんのウィキペディアのページにリンクしていないが残念。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

川崎病とワクチンの関連を考えるための資料 その3

2018-11-28 | 川崎病

抗原の比較

BCG

結核菌

https://www.zaikei.co.jp/files/general/2014090117341017.jpg

 

肺炎球菌ワクチン

ジフテリアタンパク(CRM197)結合型ポリサッカライド

http://embor.embopress.org/content/embor/3/8/728/F2.medium.gif

CRM197は以下の表の右端

https://image.slidesharecdn.com/quinvaxemdownload-140614031656-phpapp02/95/update-on-pertussis-with-special-reference-to-quinvaxem-in-india-35-638.jpg?cb=1402715948

髄膜炎菌ワクチン

ジフテリア毒素(CRM197)結合型莢膜多糖体抗原 

 

ロタウイルスワクチン

弱毒性

ロタテックの内容 https://www.fda.gov/downloads/biologicsbloodvaccines/vaccines/approvedproducts/ucm142290.pdf

5 live rotavirus strains (G1, G2, G3, G4, and P1).Sucrose, sodium citrate, sodium phosphate monobasic monohydrate, sodium hydroxide, polysorbate 80 and also fetal bovine serum.Parts of porcine circovirus (a virus that infects pigs) types 1 and 2 have been found in RotaTeq.Porcine circovirus type 1 (PCV-1) and porcine circovirus type 2 (PCV-2) are not known to cause disease inhumans.

ポール・オフィットのワクチン、不純物として、Porcine circovirusが入っている 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

川崎病とワクチンの関連を考えるための資料 その2

2018-11-28 | 川崎病

Vaersのデータから

川崎病が症状として報告されているもの

 

(1)ワクチンタイプ(複数同時接種のワクチンを含む)

 

 

(2)ワクチンタイプ(ワクチンのカウント1:複数同時接種のワクチンを含まない)

ワクチンのタイプ別では、肺炎球菌ワクチン、髄膜炎菌ワクチン、ロタウイルスワクチン接種後の報告が多い

 

(3)個々のワクチン(複数同時接種のワクチンを含む)

 

(4)個々のワクチン(ワクチンのカウント1:複数同時接種ワクチンを含まない)

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする