葉月のブログ

新型コロナワクチンの開発を、『マンハッタン計画』と呼ぶ人たちがいた

トレンデレンブルグ体位

2017-10-31 | 資料

メルク社資料

http://www.pmda.go.jp/drugs/2011/P201100122/170050000_22300AMX00600000_B100_1.pdf

処方情報の要点

40ページ

5 WARNINGS AND PRECAUTIONS (警告と注意事項)

5.1 Syncope (失神)

Because vaccinees may develop syncope, sometimes resulting in falling with injury, observation for 15 minutes after administration is recommended. Syncope, sometimes associated with tonic-clonic movements and other seizure-like activity, has been reported following vaccination with GARDASIL. When syncope is associated with tonic-clonic movements, the activity is usually transient and typically responds to restoring cerebral perfusion by maintaining a supine or Trendelenburg position.

ワクチン接種者は失神を起こすことがあり、時には傷害を負う可能性があるため、投与後15分間の観察が推奨される。 強直間代性運動や他のてんかん様発作を伴うこともある失神が、GARDASILによるワクチン接種後に報告されている。 失神が強直間代運動を伴う場合、発作は通常一時的であり、典型的には、仰臥位すなわちトレンデレンブルグ体位を維持することによる脳灌流の回復に応答する。

http://www.nursefrontier.com/wp-content/uploads/2016/01/trendel-pos.jpg


お嬢さん2人がガーダシル接種後脳炎となってしまったニューヨークの有名病院の腫瘍科の看護師さんが、ガーダシル接種後に失神した女の子たちをこの体位にしていればその後の重篤な症状は防げた可能性があったとインタービューで発言していました。

以下のリンクはダイジェスト版でこの事には触れていませんが、娘さんの不随意運動が写っています。

https://www.youtube.com/watch?v=A2ffyiZXGVw&t=9s


メルク社は資料としてこの体位の重要性を厚労省に伝えているようですが、この情報は接種した医師まで届いたのでしょうか?


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Remember Flumist

2017-10-30 | ブログ

久住英二氏 講演「なぜ日本では反 HPV ワクチン運動が盛んなのか」(第3回 多文化医療研究会 2017年 11月 25日) 抄録 (pdf ファイル)

https://pbs.twimg.com/media/DNY_Em6VoAAapLa.jpg:large

 

誠に残念ですが、フルミストの一件があるので、久住先生の見解には耳を貸すことはできません。

 

村中被告に至っては、インフルエンザが石鹸を介して感染するとか、HPVがトイレの便器を介して感染するとか言っていましたよ。

 

極めつけは、上氏のCIN2で治療。

 

網野先生は、この図をツイッターで拡散しました。矢印が一方通行。

実際には、矢印は両方向。上の図は製薬会社が出した資料でしょうか?

HPV感染の恐怖心を煽るために作られたのでしょうか?

製薬会社に洗脳された医師の見本でしょうか?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NETが関連する自己免疫疾患

2017-10-28 | 論文
 
 
Front Pediatr. 2016 Sep 13;4:97. doi: 10.3389/fped.2016.00097. eCollection 2016.

"The NET Outcome": Are Neutrophil Extracellular Traps of Any Relevance to the Pathophysiology of Autoimmune Disorders in Childhood?

Abstract

Neutrophil extracellular trap (NET) formation represents a form of cell death distinct from apoptosis or necrosis, by which invading pathogens are simultaneously entangled and potentially eliminated. Increased NET formation is observed in systemic lupus erythematosus (SLE), rheumatoid arthritis, antineutrophil cytoplasmic antibody-associated small vessel vasculitis, antiphospholipid antibody syndrome (APS), and psoriasis. NETs contribute to the pathogenesis of autoimmunity by exposing cryptic autoepitopes, which may facilitate the generation of autoantibodies, induce the production of interferons, and activate the complement cascade. In SLE, augmented disease activity and renal disease are associated with increased NET formation, so that NETs could serve as a marker for the monitoring of disease activity. NETs can additionally cause endothelial cell damage and death and stimulate inflammation in atheromatous plaques, adding to the accelerated atherosclerosis witnessed in autoimmune disease. Since NETs induce production of interferons, assessing the extent of NET formation might facilitate the prediction of IFN-alpha levels and identification of SLE patients with presumably better responses to anti-IFN-alpha therapies or other novel therapeutic concepts, such as N-acetyl-cysteine and inhibitors of DNase 1 and peptidylarginine deiminase 4 (PAD4), which also target NETs. In summary, the study of NETs provides a novel approach to the understanding of autoimmune disease pathogenesis in childhood and opens new vistas in the development of sensitive disease markers and targeted therapies.

KEYWORDS:

NETosis; NETs; SLE; biomarkers; juvenile idiopathic arthritis; neutrophils

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

9価ガーダシルと白血病 欧州の治験から

2017-10-28 | 資料

http://www.ema.europa.eu/docs/en_GB/document_library/EPAR_-_Public_assessment_report/human/003852/WC500189113.pdf

Finally, there were a total of 5 cases of leukaemia (4 exposed to 9vHPV and 1 exposed to qHPV) in a clinical safety database with 13,360 exposed to 9vHPV. There is a potential concern that the number of observed cases in the study populations could be greater than expected. It is acknowledged that the time to onset in 4-5 cases is prolonged (482-1285 days); however leukaemia may have a prolonged latent phase prior to clinical manifestation of symptoms. Data from the post-marketing experience with qHPV do not show evidence of a signal for leukaemia. However, due to the potential prolonged latency prior to presentation coupled with the underreporting inherent in passive surveillance systems, this might not be unexpected. Multiple reports generally show that infant vaccinations may reduce the risk of subsequent childhood leukaemia. However, these studies have been limited to vaccinations received by infants and young children in routine immunisation programs. There appears to be no report involving older children /adolescents and human papilloma virus vaccination.

Of the five cases of leukaemia, three cases were diagnosed as acute leukaemia and were reported in subjects less than 20 years of age at diagnosis in the 9vHPV groups of studies 001 and 002 (a total of 12,319 person-years) with a time to onset of 27, 482 and 705 days post-dose 3.

Background leukaemia incidence rates are fairly consistent across geographic regions. A reasonable lower and upper bound of acute leukaemia incidence (lymphoid and myeloid combined) in the 10-20 yearold age is approximately 2 to 4 per 100,000 person-years. Two of the cases below 20 years of age were acute myeloid leukaemia, while acute lymphoblastic leukaemia is expected to be the most common type in this age group. Time of onset is not very informative for causality assessment for this type of outcome, since long induction times have to be expected.

 

通常10歳から20歳までの急性白血病の発症率は、10万人あたり2~4人であり、9価ガーダシルでは13360人接種して5人が発症した。(10万人あたり37人発症したことになる)

 


実は僕は9価ワクチンに期待している。日本人に多いHR型HPVにも有効だから。最終報告で安全性に問題がないと報告あり。対照群にinactive placebo である生食を使用していない。既存ワクチンと比較して免疫原性が高く、副反応が起こりやすいかもしれないが、杞憂であってほしい。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

英国では子宮頸がん接種世代だけ癌が増加している

2017-10-28 | 資料

http://www.cancerresearchuk.org/health-professional/cancer-statistics/teenagers-and-young-adults-cancers/incidence#heading-Two

All Teenagers' and Young Adults' Cancers, European Age-Standardised Incidence Rates, Ages 15-24, UK, 1993-2014

http://www.cancerresearchuk.org/sites/default/files/cstream-node/inc_asr_uk_TYA_I14.png

 

All Children's Cancers, World Age-Standardised Incidence Rates, Ages 0-14, UK, 1993-2014

http://www.cancerresearchuk.org/sites/default/files/cstream-node/inc_asr_uk_child_I14.png

 

All Cancers Excluding Non-Melanoma Skin Cancer (C00-C97 Excl. C44), European Age-Standardised Incidence Rates, UK, 1993-2014

http://www.cancerresearchuk.org/sites/default/files/cstream-node/inc_asr_uk_all_I14.png

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コンジローマだけでなく、クラミジアも減っている

2017-10-27 | 資料

HPV ワクチン被害者の会の事務局長が、いまだに矢島局長の国会答弁を根拠にしていることに唖然とします。 科学的データは蓄積し、臨床試験でなく、検診データでワクチン接種世代の高度異形成が減るというデータが出ています。 事務局長のデマのせいでワクチンをうち逃し、子宮頸癌になる人がいます。

 

https://www.medicaljournals.se/acta/content/html/10.2340/00015555-1721

https://www.medicaljournals.se/acta/content_files/files/web/4038-web-resources/image/9302.png

Fig. 2. Chlamydia incidence per 1,000 men (A) and women (B) aged 15–34 during 2001–2011.

ワクチンの所為で体調悪くて遊べないだけ?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

接種部位での抗原さがし NMDA受容体

2017-10-27 | 論文
Biochemistry (Mosc). 2012 Feb;77(2):128-34. doi: 10.1134/S0006297912020022.

NMDA receptors in immune competent cells.

Abstract

This review presents analysis of literature data indicating the presence of NMDA-type glutamate receptors in several types of immune competent cells such as thymocytes, lymphocytes, and neutrophils. The possible role of these receptors in the function of these cells is discussed. The interaction of the receptors with certain ligands circulating in the bloodstream and their role in modulation of immune function is described. It is suggested that homocysteine acts as modulator of these receptors, and its toxicity is largely explained by hyperactivation of the NMDA-type glutamate receptors.

 

(補足)

アラムアジュバント(アルミ)が好中球細胞外トラップNETを誘発するという石井先生による説明

http://www.ifrec.osaka-u.ac.jp/jpn/research/upload_img/Ken%20Ishii_Nat%20Medicine%20%E8%A7%A3%E8%AA%AC.pdf

 

左の図が好中球が細胞の中身をぶちまけている様子

 

http://www.u-tokyo.ac.jp/content/400007878.jpg

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

暴かれた子宮頸がんワクチン禍の真相  (古賀真子)

2017-10-27 | 資料

 

計り知れぬ潜在被害者 暴かれた子宮頸がんワクチン禍の真相  (古賀真子) - オピニオンサイトiRONNA 白木4原則が紹介されている。4ページ目、非常に優れた論説である。皆様方に是非読んでいただきたい。

 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

本家より強力なコファクター

2017-10-26 | 論文

Detection of Merkel cell polyomavirus in cervical squamous cell carcinomas and adenocarcinomas from Japanese patients

Virology Journal20129:154

https://doi.org/10.1186/1743-422X-9-154

 

Merkel cell polyomavirus and human papillomavirus infections in cervical disease in Iranian women.

Archives of Virology

May 2015, Volume 160, Issue 5, pp 1181–1187


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

女の子をお持ちのお母さん、子宮頸がんワクチンについて ガールズちゃんねる

2017-10-26 | 資料

女の子をお持ちのお母さん、子宮頸がんワクチンについて ガールズちゃんねる 「夫が元、あの会社の社員です。 頸がんワクチンが日本に入ってくるけど、娘には絶対に打っちゃダメ。と言われていました。 当時既に海外でも副反応が確認…」

 

http://girlschannel.net/topics/1402461/2/

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

神経性α7 型ニコチン受容体の新しい生理機能

2017-10-25 | 資料

http://plaza.umin.ac.jp/JPS1927/fpj/topic/topic_122_5_456.htm

ニコチン受容体はイオンチャネル一体型リガンド作動性受容体である.ヒトにおいては, 6種(α1-7,α9-10 ,β1-4, δ,ε,γ)のサブタイプが報告されており,それらが, ホモもしくはヘテロ五量体を形成して,その組み合わせに よりそれぞれの構造に特異的な薬理学的特性を示す.神経 筋接合部のニコチン受容体と同様に神経性ニコチン受容体 も神経伝達物質アセチルコリンの神経伝達を司ることがその主要な機能である.

しかし,α7型ニコチン受容体(α7)の新たな機能として,血液細胞であるマクロファージに神経性ニコチン受容体が存在することが明らかとなり,免疫系において炎症調節因子として有用に働いていることが Nature 誌に報告(Nature. 2003;421:384)されたので紹 介する.Tumour-necrosis factor(TNF)の過剰遊離は,敗血症,関節リウマチ,炎症性消化器疾患の発症や致死率増加の要因となる.通常,正常人では免疫系の適切な調節により過剰な炎症を防いでいるが,神経系も「コリン性抗炎症機構」 と称する生理機構を介して,すなわち迷走神経活性化によるマクロファージからの TNF遊離抑制を介して炎症の拡大を防いでいる.

しかし,迷走神経刺激により活性化されるマクロファージのアセチルコリン受容体の種類は今まで明らかではなかった.Wang等は,マクロファージからのTNF遊離をアセチルコリンが抑制する機構に神経性α7が関与していることを発見した.その根拠は以下の通りで ある.

1)ヒトマクロファージの細胞表面にはFITC標識ブンガロトキシン(α-Bgt)が結合する.
2)哺乳類のα-Bgt結合性ニコチン受容体は,現在,α1,α7,α9とされているが,RT-PCR 解析よりヒトマクロファージには,α1,α7,α10の mRNA が存在したが,α9は確認できなかった.
3)Western blotting法により,ヒトマクロファージにはα7タンパクが確認されたが,α1タンパクは確認できなかった.4) α-Bgt 結合ビーズを用いて,ヒトマクロファージよりpull-down したタンパクは,PC-12細胞から pull-downしたα7と同じ分子量を持つタンパクであった.さらにヒトマクロファージが有するα7mRNAの全配列は,すでに知られている神経性α7の配列と一致した.
5)以上のことから,ヒトマクロファージ表面には,α-Bgt 結合性の神経性α7が存在する.


6)次にα1,α7,α10遺伝子に対するアンチセンスオリゴヌクレオチド(AS)でそれぞれ処置したマクロファージにおいて,α7ASで処置されたマクロファージのみ,lipopolysaccharide(LPS)誘発TNF遊離に対するニコチンの抑制作用が減弱したが,α1AS およびα10AS 処置では無影響であった.さらにα7AS 処置により,FITC 標識α-Bgt の表面結合が減弱した.このことは,マクロファージにおけるコリン性 TNF 遊離抑制機構にα7が特異的に必要であることを示している.
7)また,α7ノックアウトマウスにおいて,菌体内毒素投与後の TNF 血清レベルは,野生型と比較して有意に高値であった.さらに in vitro において,この動物由来のマクロファージに対する LPS 誘発 TNF 遊離は, アセチルコリンにより抑制されなかった.
8)さらにα7ノックアウトマウスと野生型の迷走神経を電気刺激した.野生型ではTNF遊離が有意に抑制されたが,ノックアウトマウスでは抑制されなかった.以上の実験結果から,α7はコリン性抗炎症機構においてサイトカイン遊離を抑制する重要な働きをすると結論している.

加えて著者等は,肥満細胞,ミクログリア,Kupffer cell などの免疫細胞もα7を有し,アセチルコリンの抗炎症効果に関与している可能性があること,さらに免疫細胞のα7をターゲットとしたコリン作動性薬物が TNF や他のサイトカイン遊離を抑制する抗炎症薬となる可能性を示唆している.現在,神経性α7は,大脳皮質,海馬において神経終末に存在し神経伝達物質遊離を促進する(Science.1995;269:1692),てんかん発症と関連する(Behav Brain Res.2000;113:57),アゴニストである GTS-21が認知行動を改善したので痴呆症に関連する(Brain Res.2000;113:169),GTS-21は精神分裂病に特徴的とされる sensory processing deficit を 改 善 す る(Psychopharmacology. 1998;136:320-327), 鎮痛作用がある(Neuropharmacology.2000;39:2785),など神経機能に関与することが議論されている.

しかし,神経系以外にも,血管内皮細胞の7刺激が血管新生を促進するとの報告(J Clin Invest. 2002;110:527)に加えて,このたび紹介した免疫系細胞にも機能していることは,α7タンパクが単にイオンチャネル作用のみならず,代謝型受容体のように振る舞い,様々な細胞内情報伝達に関与して いるのではないかとも推察できる.神経性α7の研究がさらに発展することを希望して止まない.

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

博士論文から

2017-10-24 | 資料

運動トレーニングによるマクロファージのβ_2アドレナリン受容体発現量の低下はLPS刺激で誘導されるIL-12産生を増強する

https://www.jstage.jst.go.jp/article/kyorinmed/36/4/36_KJ00004130830/_article/-char/ja/

 

運動している人は、サーバリックスのアジュバントAS04に含まれるMPL刺激でIL-12の産生量が増加する可能性

IL-12は、TNFの産生を促進するサイトカインでもある 

https://en.wikipedia.org/wiki/Interleukin_12

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

AS04アジュバントの威力

2017-10-23 | 論文

アルミニウムは90年以上ワクチンで使用されているから、子宮頸がんワクチンも安全だという方に捧げる論文

AS04は、普通のアルミニウムアジュバントの最大8.5倍の抗体を産生する

 

Vaccine. 2006 Aug 14;24(33-34):5937-49. Epub 2006 Jun 19.

Enhanced humoral and memory B cellular immunity using HPV16/18 L1 VLP vaccine formulated with the MPL/aluminium salt combination (AS04) compared to aluminium salt only.

Abstract

An effective virus-like particle (VLP) based prophylactic vaccine designed to protect against persistent infection with human papillomavirus (HPV) types 16 and 18 and subsequent lesion development will need to induce a strong humoral and cellular immune response capable of providing long-term protection. Our objective was to evaluate the ability of an HPV16/18 L1 VLP vaccine formulated with the AS04 adjuvant system (3-O-desacyl-4'-monophosphoryl lipid A (MPL) and aluminium salt) to induce an immune response of higher magnitude and persistence compared to a vaccine formulated with aluminium salt only. We demonstrated that MPL adsorbed onto aluminium salt retains its capacity to activate an innate immune response as assessed by the production of TNFalpha by human monocytes (U937). In addition, vaccination of mice, monkeys or human subjects with AS04 formulations induced higher total anti-L1 VLP16 and L1 VLP18 antibody responses (1.6-8.5-fold) than the aluminium salt only formulations. The enhanced antibody response induced by the AS04 vaccine formulation (1.6-4.1-fold) in monkeys and humans was shown to be targeted to functional neutralising L1 VLP16 and L1 VLP18 epitopes as assessed by V5/J4 specific ELISAs or HPV16 and HPV18 pseudo-neutralization assays. The enhanced immune profile observed with the AS04 formulation in terms of both total, V5/J4 specific and neutralizing antibodies was shown to persist for at least 3.5-year post-vaccination in human subjects. Finally, using the newly developed B cell ELISPOT assay we also demonstrated that the AS04 formulation elicited an increased frequency (2.2-5.2-fold) of HPV L1 VLP specific memory B cells when compared with the aluminium salt only formulations. These data strongly support the role of the AS04 adjuvant, which includes the immunostimulant MPL, in triggering a persistent vaccine-induced immune response of high quality.

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

タイにおける売春、コンドーム使用、子宮頸部浸潤扁平上皮癌

2017-10-23 | 論文

Prostitution, Condom Use, and Invasive Squamous Cell Cervical Cancer in Thailand

American Journal of Epidemiology, Volume 143, Issue 8, 15 April 1996, Pages 779–786, https://doi.org/10.1093/oxfordjournals.aje.a008815

Abstract

Cervical cancer is probably caused by a sexually transmitted agent. A case-control study was conducted in three hospitals in Thailand to investigate further the role of male sexual behavior, particularly regarding sexual contacts with prostitutes, in the development of this disease. Data were obtained from interviews with 225 married women with invasive squamous cell cervical carcinoma and 791 hospitalized controls, all of whom reported having only one sexual partner, and from interviews with their husbands. Risk of cervical cancer was strongly related to the women's husbands having visited prostitutes without using a condom when the husbands were less than 30 years old. A strong increasing trend in risk in relation to decreasing frequency of the husbands' condom use with prostitutes was observed, and a weaker increasing trend in risk with husbands' estimated lifetime total number of visits to prostitutes was found. The average latent period between the women's likely initial exposure to a sexually transmitted oncogenic agent and her diagnosis of invasive cervical cancer was about a quarter of a century. Regular use of condoms by customers of prostitutes could reduce the number of invasive cervical cancer cases in the general population of Thailand by at least one fourth. Am J Epidemiol 1996; 143: 779–86.

性交パートナーを1人だけ有する浸潤扁平上皮子宮頸がんの既婚女性225人と、他の入院患者791人と、彼女たちの夫をインタビュー調査したところ、子宮頸がんのリスクは、夫が売春婦を訪問しコンドームを使用しなかったことと強く関連していた。

性行為で感染する発癌物質に最初に暴露されてから浸潤がんと診断されるまでの期間は平均25年程度であった。

 

売春ツアー

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

いけにえの処女Ⅲ

2017-10-22 | ブログ

https://www.youtube.com/watch?time_continue=321&v=-FvYtPVgwMA

子宮頸がんワクチン、製薬会社2社に訴訟『Sacrificial Virgins III』(邦題未定/直訳:いけにえの処女Ⅲ)

 

* 今回の映画では、子宮頸がんワクチンによる健康被害をめぐる製薬会社2社への訴訟が報告される

* 日本、米国、欧州で集団訴訟を含む訴訟が起こっている

* 豪州では処方医の過失をめぐって法的措置が行われようとしている

 

 

20171019日。ロンドン、英国。現在問題になっているHPVワクチンのガーダシル(Gardasil)とサーバリックス(Cervarix)は、安全性の見地から接種の停止を求める声が広がっているにもかかわらず、世界中で日常的に接種されてきた。しかしこれらのワクチンの製薬会社に対し、世界各地で訴訟が行われようとしている。この話題の映画『A penny for your pain』(邦題未定/直訳:あなたの痛みを教えて)は、本日YouTubeで公開される。この映画は、遠く離れた日本とコロンビアで、重度の副作用による健康被害をめぐり、患者たちが大手製薬会社のメルク(Merck)とグラクソ・スミスクライン(GlaxoSmithKline)を相手に訴訟を起こしていく過程を描いている。また、米国、英国、スペインの患者団体を通して様々な症例を追うと共に、オーストラリ

アの処方医に対する法的措置にも焦点をあてている。

 

A penny for your pain』の中で、日本の著名な神経学者である別府宏圀(ひろくに)博士は、「現在日本では約120人が製薬会社に対し訴訟を起こしている。この訴訟は8都市で継続しており、他にも訴訟を起こそうと考えている人たちがいる」と話す。重度の副作用が相次いで報告されたため、「12歳~16歳の女児には子宮頸がん予防接種の推奨を控えるべきである」という2013年の日本政府の判断を受けて、訴訟が始まった。

 

ほかにも、スペインで2012年に2回目のHPVワクチン接種を受けた後に亡くなった少女の死について、高等裁判所が今年になってHPVワクチンとの因果関係を認めた経緯を報告している。また、コロンビアでの400人のHPVワクチンの被害者を代表する集団訴訟の準備の様子も伝えている。

 

今回の映画『A penny for your pain』は、YouTubeで公開中の三部作『Sacrificial Virgins』の第3部で、子宮頸がん発症の可能性が大きく軽減するという主張により、小児期におけるHPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンの接種に伴うリスクが正当化されるのかどうかを検証する。

 

このシリーズでは、副作用に関するデータを科学的に分析、検証し、ガーダシルやサーバリックスのワクチン接種を受けた後に重度の神経障害を発症した若い女性たちへのインタビューを通して、驚くべき結論に達している。

 

本映画の作家でナレーターのジョーン・シェントン(Joan Shenton)によれば「『Sacrificial Virgins』では、HPVワクチンは生命を脅かす可能性のある重篤な副作用を発症するリスクが、他の大量投与されているワクチンとは比較にならないほど高いと結論づけている。その一方で、がん予防の効果は証明されておらず、大量ワクチン接種を受けた何十年も後に、実際に子宮頸がんの発症の可能性が減少するという科学的根拠はない。それどころか、HPVが子宮頸がんを引き起こすという証拠さえもない。」

 

別府博士は「HPVワクチンは、リスクとベネフィットのバランスが非常に悪く、効果がない」と付け加えている。

 

個々の訴訟や集団訴訟は、世界中の患者たちの不満の表れである。世界保健機関(WHO)の2017年の記録では、副作用は100カ国で約17万件におよんでおり、その中には280の死亡件数も含まれている。同機関は、製薬会社や国の保健機関にこの問題を認めさせるには訴訟しかないとしている。

 

シェントンは以下のように結論づける。「これは1960年代のサリドマイド事件や、21世紀の子宮脱メッシュインプラント手術など、さまざまなスキャンダルを思い起こさせるものであり、後者のメッシュインプラントの損害賠償は、この数週間で5700万ドル(約639千万円)におよんでいる*。裁判所が突如問題を認めるまで、製薬会社は、問題は存在しないと何年間でも主張する。HPVワクチンは裁判所が問題を認める段階に向かっている」。

 

A penny for your pain』の最後は、2008年に予防接種を受け、その後健康被害を受けているオーストラリアのクリスティン・クルロさんの言葉で締めくくられている。「製薬会社の行為は道徳に反しています。製品の研究が必要です。人々は製薬会社により健康被害を受けているのだから、製品を市場から撤収し再調査すべきです。実際に私は脳の永久損傷を患いながら9年間生きてこなければならなかったのです」。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする