葉月のブログ

ファウチの威光のおかげで、ウイルス学のどこが真実なのかわからない

日本 18歳男性 モデルナワクチン1回目接種後、急性心筋炎

2021-09-28 | 新型コロナワクチン被害


急性心筋炎;この事件は、2021年8月27日にPharmaceuticals(参照番号:JP-TAKEDA-2021TJP084705)を介して受け取られ、2021年9月6日にModernaに転送されました。このケースは、最初に医師によってデバイスエージェンシー(DA)に報告されましたが、DAを介して受信されました(参照、v21124851)。不明な日に、患者はワクチンの最初の投与を受けました。日付不明、予防接種前の体温:摂氏36.4度。 2021年8月8日14時41分、患者は2回目のワクチン接種を受けました。 2021年8月10日、夕方、患者は軽度の胸痛を経験し、それがどうなるかを待ちました。 2021年8月11日01:00頃、患者は咽頭、胸部、上腹部の痛みの悪化を経験しました。患者は手元に経口鎮痛薬を服用し、様子見のアプローチを取りました。しかし、患者は朝まで呼吸困難を感じて横になれない状態のままであった。正午ごろ、患者は心筋炎の疑いで病院に来院し、別の病院に紹介された後、入院した。検査の結果、急性心筋炎と診断されました。点滴による治療を開始した。 2021年8月13日、治療過程が終了し、患者は退院した。不明な日に、患者は後遺症や活動の制限なしにイベントから回復しました。その後、患者はいつものように日常生活を送っていた。急性心筋炎の結果は解決したと報告されました。フォローアップ調査が行われます。会社のコメント:このイベントは、COVID-19ワクチンmRNA(mRNA 1273)の投与後に発生し、時間的な関係があります。記者のコメント:フォローアップ期間中を含め、ワクチン接種会場の患者に特別な異常はありませんでした。心筋炎はワクチンの副作用である可能性がありますが、それは不確かです。送信者のコメント:現在入手可能な情報と、製品の使用とイベントの開始日との間の時間的関連に基づいて、因果関係を排除することはできません。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 日本 15歳男子生徒、ファイ... | トップ | 日本 15歳高校生男子 ファ... »

コメントを投稿