葉月のブログ

ファウチの威光のおかげで、ウイルス学のどこが真実なのかわからない

日本 15歳男子生徒、ファイザーワクチン2回目接種後の心膜炎、心筋炎

2021-09-28 | 新型コロナワクチン被害


少量の心嚢液貯留;心膜摩擦音;トロポニンTが増加しました。前胸部圧迫感/胸部圧迫感;心膜炎;心筋炎;沈滞;摂氏39度の発熱;これは、規制当局のレポート番号v21125861から受け取った連絡可能な医師からの自発的なレポートです。 15歳の男性患者は、covid-19のDOSE 2、SINGLE(15歳)として、14Aug2021(バッチ/ロット番号は報告されていません)に不特定の投与経路でbnt162b2(COMIRNATY)、用量2を投与されました。免疫。患者の病歴と併用薬は報告されていません。過去のワクチン接種には、covid-19免疫化のための2021年7月24日のbnt162b2の初回投与(COMIRNATY、ロット番号、および有効期限は提供されていません)が含まれていました。患者は、21:00に回復の結果を伴う16Aug2021に心膜炎、回復の結果を伴う21:00に16Aug2021に心筋炎、回復の結果を伴う17Aug2021に少量の心嚢液貯留、回復の結果を伴う14Aug2021の倦怠感、の発熱を経験した。回復の結果を伴う14Aug2021の39度のセンチグレード、回復の結果を伴う16Aug2021の前胸部圧迫感/胸部圧迫感、回復の結果を伴う17Aug2021の心膜摩擦、回復の結果を伴う17Aug2021のトロポニンtの増加。患者は、2021年8月17日から2021年8月20日までのイベントのために入院しました。イベントの経過は次のとおりでした:7月27日に、患者は最初の投与を受けました。 8月14日に、患者は2回目の投与を受けました。 8月14日のワクチン接種後、患者は摂氏39度の倦怠感と発熱がありました。 8月15日、発熱が続いた。 8月16日21:00に、前胸部圧迫感が徐々に発達し、約1〜2時間で消えました。 8月17日午前5時、胸部圧迫感で目が覚めたため、来院。心電図に異常は見られなかったが、心膜摩擦音が見られた。トロポニンTの増加が血液検査で観察されました。患者は心エコー検査を受け、少量の心嚢液貯留が見つかりました。念のため入院し、経過観察後、症状は回復し、8月20日に退院した。報告する医師は、イベントを重大ではないと分類し、イベントとbnt162b2の間の因果関係を評価不能と評価しました。他の病気のようなイベントの他の考えられる原因はありませんでした。報告医は次のようにコメントしました:心膜炎と予防接種の因果関係は不明でしたが、予防接種期間の副作用の可能性と見なすことができました。しかし、症状は軽度でした。ワクチンのロット番号BNT162B2は提供されておらず、フォローアップ中に要求されます。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 日本 17歳高校生女子 ファ... | トップ | 日本 18歳男性 モデルナワ... »

コメントを投稿