葉月のブログ

新型コロナワクチンの開発を、『マンハッタン計画』と呼ぶ人たちがいた

ツイッターから

2017-09-29 | ブログ

https://twitter.com/kendalweymouth/status/202913152952844288

 

fainting in B block toilets after having the cancer jab and having to save me lol

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ツイッターから

2017-09-29 | ブログ

https://twitter.com/rezinatc/status/674733346942005248

 

remember the mass fainting of all girls in corridors at SGS after the cervical cancer jab

 

「子宮頸がんワクチンの後SGSの廊下で女の子たちみんな集団失神していたでしょう」

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ツイッターから

2017-09-29 | ブログ

Replying to

Glad you're feeling ok now! People fainting with blood reminds me of the cervical cancer jab at school and girls passing out everywhere 😂

 
 
 
「学校で子宮頸がんワクチンの集団接種があったとき、あちこちに失神した女生徒たちがいたことを思い出した」
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

薬害根絶フォーラム

2017-09-28 | ブログ

https://pbs.twimg.com/media/DKxzR1hVwAEng_v.jpg:large

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

抗グリアジン抗体陽性小脳失調症

2017-09-28 | 資料

ウィキペディアから

抗グリアジン抗体陽性小脳失調症(グルテン失調症)

グリアジンとは小麦粉に含まれている蛋白質であり、グルテニンと結合しグルテンを形成している。グルテンは粘りと弾性を形成する成分である。グリアジンに対する抗体は小麦アレルギー、小麦依存性運動誘発アナフィラキシー、セリアック病で認められる。神経障害については大脳萎縮、認知障害、てんかん、末梢神経障害、小脳性運動失調などが報告されている。1998年と2003年にHadjivassiliouらは抗グリアジン抗体の出現頻度を検討し、正常対称群は1200例中149例(12%)、家族性失調症では59例中8例(14%)、MSA-Cでは33例中5例(15%)であったのに対して孤発性運動失調症の群では132例中54例の41%と有意に高いことを見出した。これにより抗グルアジン抗体陽性の小脳性運動失調症は1つの疾患単位と推定し、これをグルテン失調症(またはグルテン運動失調)と名づけた[44][45]。 グルテン運動失調の臨床像は男女比に有意差はなく、慢性甲状腺炎を合併していることもある。また1型糖尿病の合併例の報告もある。小脳症状を発症した年齢は平均値で48歳であり24%に吸収不良を合併していた。ほぼ全例で歩行失調を示し、眼球運動障害や眼振も84%で頻度が高い、末梢神経障害(軸索ニューロパチー)の合併も45%にみられる。頭部MRIでは軽度の小脳萎縮を示すことが多く、抗グリアジン抗体(IgGまたはIgA)陽性であることで診断される。治療は無グルテン食が行われ、多くの症例である程度運動失調は改善し、長期的にも効果が持続する[46]。無効例には免疫グロブリン大量療法が行われ有効例もある。日本ではセリアック病の頻度が少なくグルテン運動失調症は注目されていなかった。しかし京都大学の猪原らは多系統萎縮症を除外した14例の原因不明の小脳性運動失調症について抗グリアジン抗体検査を行い5例(36%)で陽性、正常コントロール群では2%の陽性であったと報告した[47]。このことからも抗グリアジン抗体陽性小脳失調症は稀な疾患ではない可能性もある[48]。日本では抗グリアジンIgA抗体陽性例が多い。

HLA-DQ2とHLA-DQ8と強く関連している。日本ではHLA-DQ2を保有する人は1%のみであり欧米とは遺伝的な背景が異なる。南里らは日本のグルテン失調症の治療効果と剖検例に関して報告している[49]。58名の特発性小脳失調症患者のうち14人(24%)で抗グリアジン抗体または脱アミド化抗グリアジン抗体が陽性であった。免疫療法は12例中7例で有効であった。

プルキンエ細胞や顆粒細胞とグルテンペプチドの抗原性エピトープでは、抗体の交差反応があることが知られている。抗グリアジン抗体はプルキンエ細胞と反応する[50]。病理報告[51]では小脳皮質全域にPatchyなプルキンエ細胞の消失、Tリンパ球の広範な浸潤が認められる。小脳白質や脊髄の後索におもにTリンパ球、少数のBリンパ球やマクロファージなどの炎症細胞浸潤であるperivascular cuffingが認められた。また、小脳、脳幹に抗TG6抗体IgAが沈着していた。

 

 

Immune-mediated cerebellar ataxias: from bench to bedside

In GA, the first line of treatment is a gluten-free diet [14, 86]. Most patients with GA show good response after one year of gluten-free diet [14, 86]. Although there are reports that intravenous immunoglobulins (IVIg) are effective in patients resistance to gluten-free diet [87, 88], the main reason for lack of response is poor adherence to the diet or hypersensitivity to gluten in which a small amount of gluten is still contained in the commercially available gluten-free food [89, 90]. Such patients have high titers of anti-gliadin Ab [89, 90]. Thus, it is recommended that gluten-free diet should be monitored by repetitive measurement of anti-gliadin Ab titer. In patients with high titers, strict adherence to gluten-free diet or wheat-free diet should be considered [89, 90] so as to restrict antigens that can trigger autoimmune reactions.

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

子宮頸がんワクチンのエセ科学

2017-09-28 | 資料

血液を流れるIgAが粘膜上に分泌されるしくみ

IgGには、ここで使用されている機序はあてはまらない

Secretory IgA

The high prevalence of IgA in mucosal areas is a result of a cooperation between plasma cells that produce polymeric IgA (pIgA), and mucosal epithelial cells that express an immunoglobulin receptor called the polymeric Ig receptor (pIgR). pIgA is released from the nearby activated plasma cells and binds to pIgR. This results in transportation of IgA across mucosal epithelial cells and its cleavage from pIgR for release into external secretions.[13]

Production of sIgA against specific antigens depends on sampling of M cells and underlying dendritic cells, T cell activation, and B cell class switching in GALT, mesenteric lymph nodes, and isolated lymphoid follicles in the small intestine.[14]

Polymeric IgA (mainly the secretory dimer) is produced by plasma cells in the lamina propria adjacent to mucosal surfaces. It binds to the polymeric immunoglobulin receptor on the basolateral surface of epithelial cells, and is taken up into the cell via endocytosis. The receptor-IgA complex passes through the cellular compartments before being secreted on the luminal surface of the epithelial cells, still attached to the receptor. Proteolysis of the receptor occurs, and the dimeric IgA molecule, along with a portion of the receptor known as the secretory component, are free to diffuse throughout the lumen.[15] In the gut, IgA can bind to the mucus layer covering the epithelial cells. In this way, a barrier capable of neutralizing threats before they reach the epithelial cells is formed.

sIgA primarily acts by blockading epithelial receptors (e.g. by binding their ligands on pathogens), by sterically hindering attachment to epithelial cells, and by immune exclusion.[14] Since sIgA is a poor opsonin and activator of complement, simply binding a pathogen isn't necessarily enough to contain it—specific epitopes may have to be bound to sterically hinder access to the epithelium.[14]

Immune exclusion is a process of agglutinating polyvalent antigens or pathogens by crosslinking them with antibody, trapping them in the mucus layer, and/or clearing them peristaltically. The oligosaccharide chains of the component of IgA can associate with the mucus layer that sits atop epithelial cells.[14]

Clearance of IgA is mediated at least in part by asialoglycoprotein receptors, which recognizes galactose-terminating IgA N-glycans.[8]

 

https://images.nature.com/full/nature-assets/nri/journal/v15/n4/images/nri3819-f1.jpg

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ツイッターから

2017-09-27 | ガーダシル症例

杉葉山 SugihayamaさんがKirstenをリツイートしました

ガーダシル許せん 繊維筋痛症のトリガーとなったから

杉葉山 Sugihayamaさんが追加

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Vaxxed ガーダシル 米国 ローラさん 14歳

2017-09-27 | ガーダシル症例

さんがリツイート

 

EBウイルス 悪い意味で大活躍ですね。 自己免疫疾患の引き金となるウイルス因子を同定

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=eKwa_0ZTALI

data:image/jpeg;base64,/9j/4AAQSkZJRgABAQAAAQABAAD/2wCEAAkGBxMSEhUSExIVFhUVFxYYFRcYGBYXGBcbFxcWFxYYGBcYHiggGBolHRgXITEhJSkrLi4uFx8zODMtNygtLisBCgoKDg0OFxAQGi0dHR0rLS0rLSstLSstLS0tLy4rLS0tKy0tLS0tKy0tNS0rLS0tKy0tLSsrLS0rLSstLS0rLf/AABEIAMIBAwMBIgACEQEDEQH/xAAcAAABBQEBAQAAAAAAAAAAAAAAAwQFBgcCAQj/xABEEAABAwIDBAcFBAgGAQUAAAABAAIRAyEEEjEFQVFhBhMicYGRoTKxwdHwBxRCUmJygpKi0uHxFTNDssLiIxY0VGOT/8QAGQEAAwEBAQAAAAAAAAAAAAAAAAECAwQF/8QAJhEBAQACAgIBAwQDAAAAAAAAAAECEQMhEjFBBBNRIkJhcTKBkf/aAAwDAQACEQMRAD8Aw1CEIAQhCAEIQgBCEIAQhCAEIQgBCEIAQhCAEIQgBCEIAQhCAEIQgBCEIAQhCAEIQgBCEIAQhCA9Qt7xOwMsOpEE/ltPODo4boKjS4NOV9MCdez6xuT1+V+DFl4tQ21smmRmpHKQJncd27Tv9FX6GFlsuuSTPhb4JXovFT0K21tnA3FiN4hN7tOV47juPyS8i0rSFeNlUvaMcB71JZOSXkfizZCvWLZyS5Z2W6afAJ+RaZ8hXxwA9ogeHwSzGixABB7iPcjY0zxerTHMAJEDQLhtMcB5KM+TxmxpmyFqVDBzuClcPhmjcPJc2X1knwfixhC3jDYcEGwtG4byVaquymVMHRENzBgcLDQvvPmuji5ZyY+UKx8urxbVjaLmYytRyywBrmWH5GFwHnP91HbToD/MaBEw628BabJky9WpUHDgE9ZHAeSNnpkC8WysjgPJKCOA8kDTFkLbIHAeS7bHAeSZMQXsLcDHAeQVe2y0ASALPMf7h/uKqY7F6Zgha1ij2zpEAiw/HNT/AJx3ALlkcB5KvAtsnXi1kkcAuJHAKfEbZSharbgPJCNGt7mVsOe122i8CSP6JWviKNcQRHI/8SO/+i8G1zZtRsHeRIPG4+IRi8O2o3MHNE8IA8Rp7kf06FN6RYRzO1TdMA5gdYv4OCjMJT7Le6/jdSPSSlXpuMEOYRlJ4ZuyOe/mLpFjFlyfCKSNOy4w+ym16mV0gASSImxG8iE7iykejVCXvdHZDYJvAJO87pAN1lsnLdisa2GS087g986JhiKDmWcPHce4q5Pw/JRu06EU3xwP13olOxTcWUv+HwTevqneSbclogxrW3SfE+HJOtnYMtDRHM625TwunOHw1rCb6xwvpuhOcPhQ4gN7X5iDr+jc23Jnt4+gdeX17ks3DQpClRij5A87pMNJJgb1w/V56sgjyk1PKVAlGHw86wPRSVKhAm/hK8+3K/4zZnOz6ENJPEfFXTC0pwVE/wD10vWD8VTqNSGmd/181e9nUowlBpFxTog/wyvY+kwuPFJl1UVR62CcdpOZUaRTNNz2mI1pNbIPCQfJRe0NjdWwgizi4zqLlahjcKDD8sua2GnhmEO9ALb7KLxmAD6LQQLgmeBlbkxLEUjTflPh3JelUUn0kweV5adRcHxhQFOomaUbUSgqJgyolWvQezwVF2Hpo167a9VCOg9RO12TNwBLSSTpMiY36J+HqP2vof1fc4H4lXj7Tl6FavmdmAgENIHAZRlHlC9a+314/XNM6NSWt7gPLs/BKl6qphTOuXPSedeFySo9zoSWdeqQ0ZuOa/smDJ/EANee5I4vZW+mSCLkG3klPubHDs25gj3Jlim1aQPVv03f9TuS/t0qntivWNRtOoOzmEHccoJiRY6ei6hJOxj61UNe2CzMTreYAtu3p42msOW9oIOCvn2d4T/wVHke1UgdzWt+JKpFVtvrvWndCsNkwVL9LO4/tPcR6QphV1X2Q0mW27tPJQ219lP6t8CbWjVXJjL/AF71xWYFXiUrCtoUofEXm6cU8MS+AD+EaDS5mfNaB0r2PTLQ/KMwcL74vaeHJVqpTImIE93vKqRNN34RobAMmWyJ1HcF3TpZHOO9x0bMgHidfFc9eG2Lx5z7lxV2hTAIue5VrQSTHjJlJi47PIcT8ktSa0bvSdP7qvjbLR7NMeJJSeI6SVQLZW8IA+MpWY3uwLVVxTWe1laOLiGgeeqSO2KRGY1R2SfZJjhcb/FZ1iMc6pUBqFz3TYbh9clZcbsarWoMDezlvlnUneRxSuci8eO5eltweIZVg03NqCdARflw8FcdmbfNelUY1hZiGCeqqGJymWmR+EwJjSVjOwqIw9YDGUnBhP8AmsOV7OYIiQOF1qXVNDW1WPFQNaHUqrYzEcYG/cRzHGBnly2X+D+3/wBTHR3pJ1xNKs3q6rZDmEREaiO756aSb5k0nDiWnc4TccnCfiqnjsP97aytSLWYhjZDpADwLw4/H8PdIXVHbdSvTFPrDQrUng1JY17oAIMNdpctJ5TqCJ0l33GdmkN092e41Q8aZHz4SVn+PoxDhvF1p1fFOxLp7JDGV2vc0HK85QWvpuP4YFxuLokxJo22MGWAToWj1n5K4SFpvThr1HvlphLMqpjZ81yUa9Mm1Eo16YPA9NseMwA4yPNpRnXFZ2h4EHyIVQqYUXZRldMy4DfoTJ85XfWJPFv7R+tTPxSWZOpOM65NRIF64NRKqLF6E2L0JBqHVxBYSmm08W9jCSA6NxF/ND6rqbsrgQRu1Ubt/apayYkb4iQs5f8ATo2itn4nrnPeRGjRv4k+8KSA1UZsqpmaXx7Tp+HwUjSd9d11jnd5VLmutb2RQ6vD0WHVtKm08ZDROnNZVTo53sp/nc1v7xAWydXGiMSycMbdePOqWFM/Vv7pOtSVoU77RwfuNVzCQWlhkGPxtB96xh9eq43e7nf4hbr0yoZsHXG7IfeD8FiDaPaIVQI6vRJJMz3yuqe0X07O7TeevgU+fRTbHNGQyPo2VA8w2Na/2T4HULqk8OfyBgeMzHcPeoHBNuDw3p66sWt5mT8T7gPNTlDh/slvbL95JA7loOxM5AWcYbFdUwHfHJTGwtuVHODRqTDec2WPJjb26uLOY9Ncw+z2V6WV7A4EFU+hXds3FdSHZqLnNc0H8IcS145XI80nX6ZVMDWdTcAcpgtM2sOCiOmm36eKNGuwQTII4Gxn0Wcxvr4rTksu/wCGpYyi1rHim4tM56RH4SYI8CbRwPJQNLGNxozU4p4yjYjQPDZB7xy/DJ1BKg9ndI3OYyTYhzCeQcY9AoTH13Mr9Yxxa6ZBFjI3/wBO9Vwblsrn5ZLNtLwO2GvpFj2ZX05a5kRAcIPcLzb5ExXSfAAsHJrI53eNE32XtKnjMr83VYmnGciIewakDf3br7tJDauKp1/8t4Jptyu1HaBdIIPPf/VdTmZhtBsODSLmYPMaBNmOU1t7DgvpuH5gOfKfq6hsU2DPmqBZrkqCmTKiVFVAOg5c1TII5JEPXpcnsGWKqds+HuSOde4yxncR7rFNy9UkqXrgvSRcvMylRTMhJZkID6B+0LYzY65ojiRxWS9IcXkiRINp1W/9KaYdh3tPBfOHSBpbX6sjU24XKzaS9JfZzctNv6o+aeM3JNrbRpH18F2VhVJjolRz46gOD837gLh6gLZMv1/dZP8AZtSzYwv3MpOPi4ho9CVqXXK8fSaULQPqEhXHD68V6aySqVwATOgJ8gmSm7Y6QUq2GqtDXNc4ZQCBGo3g+9Zy7ZzCcxdHIDuTzpFiXUxlYcrePwlQeFquzzmJABnfqQiDR27C0Rr1nm3+VNcZs6k5pAc8T+qfgE5+8NmN/BN9tY4Nouy+17I5Tqe8KpSQv3IMLgHZoE6RpuNz3JpWMvaDwHrdP8FEX0gKPrMyvAOoMeE2SlXpbNk7NZUs6x3G3xUh0e2bTbjqYDgMjhJ+u9QeExGWD5rnBvLq3+Y1oJ1cYA71lq9uqXHrpqPSjoTTxNZ9ZpbnJlwIlrosDYgz4rPOm2wm4bLktN3C4E6WBuFfm4Y0KVKpRxZrZW5X3BDmyTLY3tnQqkfaBtJ1VzWakSSd6jDK+UiuTHGY2ojZWJPVx+ufOfmpTaomTNwZ8DHzUbsDDEvyxowHziPepTbbCwvMayI7i2PctP3ub9qPo1y1we0lrgZBG5WfB7QGJGdkMxDR2m6NqgRfkfrSIpvWLgYhzXhzSQRBBC6GC1HCiq9rw8jLUlzXFxvmuDM5Tu4KN2th8ryOcJ9s3abarmvdLajYzhoEVA2NBpMD6GiO0arajw5ujnkibETNj5oJW3yHEJRq42gC2qRB3e5FOo/dT8ymEhhsBUeAWix3z4KUw+wnRcCe9O+jrh93zOEdtw7pg/FSzarSYB3a2Ma8J4FI1F6T0TTc1p/S0/ZPvJUEaitXTwQWc/iP6KrNMkeCqUnBqcl51hSlWn2o+gvXMgjn5JDRHrF6u3U3G/yQg30r0j2lNIidQsK2g7NjGtP5rK+bbxT3A3ss32u8srtdMlpBWa1ke6/u+u9eOeBv+voBNxXD2hwMzf6+ty4bV46bljo2jfZXhc33irb/AE2/73H3hXqpSeN09xHxVZ+yujlwReP9Sq8+DQ1nvaVcHvjX3rSeiqJqhw1B8QfemG0MQercOIjz19JVjLvr+ygukpswb5J8hHxSojK9uYT71VFCjGfOKYJIABIe57jwgNYBxNXkoGrsmvhMR1LmiSWizg5pzGASQTF96d9Ky6liKzYjND28HA6j3jvCrDKz7hhNrmLQOfK6c9Ffay7NeRVZUfSFRrC2rUaR2S1k2cINiXNFxwlQ21gG0WsJGYObmGl7knzVx2fS6ym1zLDEFzAP0WND3A8O3PpwVS6R0Za18zmc31aTHgowz22+1uXL8I91SIPABI4ypMcRofdPFeYt0CO4eib1KkhaSM6m8O8PYD5hS+wtlue8ZG0iZ0eQJ8DZVfZ74upujWIuCR3KMo2wy+V+qYGnRaKvVNpvae2GOIY4GxlskHXvVa+8srOrnKCBF7ZgJA906cVFY7adaoMpeYTPYOKFKvDvZqQ13OSI8ZjxhZTC935aZ8kvSzdCWCo6q4Dt9W5obP5Mxpn0A8+KV6XUS+kKjQbkad2/08UnhGHCYixiQMrtJk9mfHUcuYSu0a0tcBZrjmaOBvbumR6o3+vyZ6/TYor3HcfBeNeZEpbHlubMDY6jgfimnXMkCTJ5FdkctPmVYMgkEXBClMNi+sIIjrLSNA+N44OUCa7R+ZK0MbSBBOeP0cs+psmSU247LWiwJYw+YI4cio2rtIt0gnuPySe0dpddV6wwIAaBMw0C195TR4abg+CeiaR0XnqDN5eHcPaptMfXFTToUD0cfU+708ozDK0g8LDfvT9tXEuN2NbfSL+Zd8FnaubQPT+mCxjuBHvd81SptMK7dNQ91LtQPZIi+8Az5hUYWESCbfUqpeipQEm8EnxSdQ396WoTxcATuXteh2gDe29wk6/0TImHmLEQhLDD8kINo1XFVC6GtB5G0phtDo86scz8E+fzU67B/C4FPMPtFmYZmugbxKmKe0sLH/uKjTzLzHnKwyumsm1Dq7CrUZFJmJa3WH021B+8w/BO9kbJr1ab3uyhrbCxDnGcsAHTXfxV6ZtTDkdnFieY/ouH4sOByVaVYtLXlrZYcrSDB7RNzF7KfIeK89HsGMNh6dEOBFMEZogGXFxdykknxUkHZhpbmoVmJqkAik0mxymoGeQyn1XrttVW+1gqve19F3veETODxqZFrAKE2yzM8CdAfX+yXw21mv8AwPbyPVz/AAPcm2NqBzpBtbWyw5+aTH9N7Xhh33EBtvYFKs3/AMgnL7JBhw4gEbjwVZxXR1gpPp0W9pwk6Zid3BXfEu7JuPNRAMOLg0dqxMxpACy+n5c8stVXJjJOlM2UzEYc/wCXmDW1crS4AtcS2i9w7ntiN6adKqByUs1M0yah7Jjc2AQWkjfxVmoNz4x7ZHZLHFs6Nl1Qn/8AQt4aHxrnS3bbX1DGRzfwXlzYABOUezJuLzZdsx7ROSzG4/FVDHUe0eaY1BEp9ja2h+u5I4mjIa5uhCvHbPJ7s/RTVN9lEYSwUhTepyaYejglMcVR7XdB8inTXJUYY1DDbRF45yY5qZ7Xl6TlGvUqMh3aDQS06lst9x94CQZtFrgM7bOlsjdoJPEKZwbA1rXdlsWLZvHd4fWqdP2ZQqkBvViSCcwc3xGVwJPgs/nR/G1FxuzX5iMs5tCLgyTcH6iLqAxTe0364LbtndGwRDajbF0xLohxBJEzz32VN6b/AGdYqiRVo0TVpXc40+0WaEyz2o10B+fRx5X5YcknwpBot4b0l1etgvBXXbK4vY6LZg8twCWd7JsBbz/qm5qBK/eBlywdNfNAaT0IfmwrOVvJT1Yadyo3RfMcMC10Rmm5H4nbhqp/qxrLvFxWOeWm09GnTRs0Hdx97T8Fm79Ff9tgupvYLHKRPERmvxVJ+5uibRfju8FWHcTlqOKNU5SBfznwK4pNuSRFrAi/elH4dzeC8bTMx9af2V9p6dU3iLkT4fNC5YyRMgIU6p7XjH48MbLHEOi2XVQFHb2NGuJqchYx6K2N2IKwOUgbgm9ToS8X6wH6lZ2xeqc9FcRXriars07yG/JWzZ2yqbagdlGZ0NmGj2iB+EDkoLojRdlBy5WiZk3OkCItEOvJm2kXtmCl1RgH5wfIz8FlkuJvaFEDtQ0k/mFvdKjKNcntCgzgOy5pgcstlJYisXWc0OG7s/8AaUwfQibOj9UfXFbpKtwFKqCXUWDm1zmnfwDSEx6hrAWNJygn2pcbHmpXCVADAp5Qd+V27nNlD0wHAOkgkAnvNzquL629SNuGd0jindn+keqYVK7RTJdEAXnxI9QpatRzCFS+l9XqqbWE3eZdG5oPZHqD9BZfRzdp810q3SHbFSq50OLWT7IMAwbTGpVVqFxngprENJER+IiU3GH5aL09OXZlRpGO0lmt3bk4yaJzQwmZGi2ZUsISZBjknb8I+bAEd4+KkcHQEwdUtWo5d6LjtUzsc4XANgTKmcJQAY5wtlFhG9MqDRlcZ3TzVg2dgicK/e4vRMZBlnaWwOCFWo2+uoI+SSwGEaMS+lWJfGkyLT8k52BVisANzb+aa9J39Xig/TO1w03iI96PGF5VbNkVA0dgAB/si8ANLmj3ExzCtOCx09kESNeA5cyqHRqlrm02+01tNoJ3DI0uPmSrBsqoA0QZBMf1nf3qtaLbN/tl6Lsw1ZmKpNDaeIJzgaCqLkgDTMJMcQ471nmH1I5L6D+0nAfedmVgBLqY65kXM0u04DvZmEc185vq3kcE4mlxBcbgDiSlalRnVkSJvbxsmOcLlxTGl26Eumg8cHOHpP8AyU/Qqy0TGg4Ku9CWZaTi4e08kd0NE+hVs6hh/A390LDkx21x9InaYBFSN7DEfqwq2+jqObv4mmPVW/aFJoaIaBe8dwUbVwTS+w/DTdys4z6Sr4upply3VisVWSJ5T/Ez+qZ3EkahocP2SxWDEUWhpaPw5ge8D/qop1OHR+amfdb1C0RKi6UwL7kIbUAtHFCFNr6I7MaGFxE77k/XorJ/hwyhzWOcT7QGvHsl1j3GJ4hRHQ8/+MZzNlPO2lJicscDrFr/ACXHle3TIUw+yGtBLwNTF5EbpBsDyv3pptJzaRa8BrAPZdvJkggiOBB14iEo7FyBJneJ38JHFRPSTEFzGCfzXtyG9VZLiXqntXpNhrZ+tdp7FOu8T+wCAboG16BP+XViBBLKwPk4BV3D1ACN1rlPfvAJEcIO6JF7HcBKPKnpK1dvMDSG06kOtNjryLp8gmGHrvN3E+g7vZATOu+/Zg8/TfoUqyrYKMpL77OdeknSuYk+Z04LOunFdr8U9gkin2TzzSSfAmPBXtlaDMxZZZtqoX1X1mH2nuPmdCr4sZL0jOmuBGZp3kH4AIfSXWxnTUeBYOgxwN5H1xTuvShxXQzN6eAOpCkaWEiHBP8AA0pZfUeiWdRPYbxPv/sgIiqzK8GLb1zGIewgsYy57UzImwDRpAgXO6VK4ykCSDru03LqhcZY+vBBIlrIZFy4kNkmTc+ngtBoUctING/68FTeqBrU28XifDtfBXmRlbvHh9TyQFZoVyyuHTwHM6c17t+qamIpNPH3xKabfwuRznBwImd1l1sU9bi6R3NAlBpTG44da9rfaLnDXc0lsd1irDsxwa1rJPZGnE6rP8Bi89V9W13EjxcT8fVW3ZRD3h976kzfuCAvFF/YvfiOW8HwWJbW6HUqNV9INENcQ2S6S38JkG/ZhbDg3gsNyd11l/2tYJ4rU8Q2oWtqUi1wnV9InRs3Ja5ugPs8kBXz0bozHVmeT6nzXn/p2k0z1LjyJeR5TdVpu0qzXEiq8G49r4HRLN6QYkf6zvEMPwS1RuLmykRHYMQeQGkCFPMggW3BZxh+lmKZfO18z7TRbTTLB3q5bJx1SpTpuhsFoveNO+VGWOlSnm1CGsHf8Cq9QxZc1r9M1OfKLepU7jA9whzRAMyD8FSGbU6hwpPZPVyLHURwI7vJVgjkm0oGDMQd5n95rj81GOZ7H6rvTMQuqe2aZNMmRlMOtNo1t4+a6FemSyHtt1gN73jLZaM5FfrmHOH6R95QvcYRndca+9CSm+bBM0wdLbjPjYI2g/KCS5xsSBpJEmJJ7vNYbT6dY9ogYggfqUv5UlW6ZY57szsS8mIuGwO4RAXPeO1vM217PxDazWVZLXDdvBgtc2+sGeVgk9ruAjXQkzJJMx8FjFHpjjWAhtciTJ7FPX91FbpjjXXdiCf2af8AKq8LrReTVOvITltYmTx3bljx6V4w/wCsf3Wfyr1vSzGDSuf3Wfypfbp+cbFQfe5TmnZYs3pfjR/rn91n8q6/9Z47/wCQf3af8qPt0vJsG1KpFCpe+RwHeQQPes+pEtJcAS38bd/OAq3X6V4x4h1dxHCGAeMC6b/47iJzdYZ7m/JXhjosrtaaEMxTHC7KgsfgeYTnpNXNPORY9mPE3VJO1qxIOe4MizdfJe4rbFap7dQumNzd2mgVypXPY9aszFU6bqudrmkukaCHesgea6xeMq1nVqravVsoOOTKIzEB1yRf8P8AEFSaO1qzH521DmiJgEx4hFLa9ZrHUw8hrzLhDb7tYlaTOe9Fpd8Vj65+7VCZbUcGOEDtdvKJ74OnBeM2w9pxNTN2Wdim20ZrtnSTuPiqY7bdcsYw1DlpmWCG9kyTMxJuTqkf8SqZSzOcpMkQLnvjki54/gaXfZGLeaT3ue41GGtlJJkZaNgDu7U+auvRDEudhKZe5xJe+STMgGBrzWLM2tWAcA8gOJJsLzruTzCdK8XSYGMrENEwMrDqSTq3iSjLOWWDS1bVxNTEVMTNR7eqzdWxuhgkAQDy15qd6GlzadSs/WnRfrxDXFuvgsrrbVrPeahecxMkgNF+4CE7pdJ8U1jqbaxDXiHDKy474lLLPfoSLvsnI1oDsxAgAD4ncrzsp5d+HuaNAPH3rCae3cQ3SqR4N+Sf0umuOb7OII/Yp/yqDfR2zz2YsY4aBVb7TMO9+zajmntUXscY1LHHq6gPKHAn9RZEz7Q9pDTFH9yl/Ik8R082g9j6bsSSyo0seMlK7XCCJyyO8JBGEryU2djHnV3oFycU47/QfJPZaPC70Vw2Rt/qqbWZSQGgcfFUL7w7j6D5JQY+p+b0HySvZzppY6TsMyCJG8G1uSpm2m5qzntktMGfC+qiP8Qqfm9B8l4cfU/N6D5JSaO9l5XQcmPXHj7kdcePuVbTpJik48PNCYDGv/N7vkhGxo3QhCRhCEIAQhCAEIQgBCEIAQhCAEIQgBCEIAQhCAEIQgBCEIAQhCAEIQgBCEIAQhCAEIQgBCEIAQhCAEIQgBCEIAQhCAEIQgBCEIAQhCAEIQgBCEIAQhCAEIQgBCEIAQhCAEIQgBCEIAQhCAEIQgP/2Q==

 

ガーダシルの後、疼痛と疲労感で学校に通えなくなった少女

あらゆる検査をしてEBウイルスの感染だけが陽性だったケース

頭痛と疲労感で何もできない状態

写真に撮られるのも不快(母親は証拠として残しておきたかった)

辛くても犬に癒される

その後、サプリメントとIVビタミン療法で回復中

笑顔が戻ってきた

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

子宮頸がんワクチンコンサート

2017-09-24 | ブログ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

テラエコロジーさんのコメントから

2017-09-21 | ブログ
線維筋痛症とSSRI (テラエコロジー)

柳沢桂子女史の疼痛(線維筋痛症)には99年以前から注目していました。それはNHKで放送された「尊厳死」で死を望む3人のひとりが柳澤さんで、その御顔に目の隈があったからです。目の隈や疼痛はアレルギーの特徴なのです。画面を見た直感で彼女は変わった化学物質過敏症ではないかとゾクゾクしたことを憶えています。

https://yahoo.jp/box/0eThWU
https://yahoo.jp/box/2iEDDB

そして「認められぬ病」「ふたたびの生」を読んで回復した薬がSSRIであり、処方したのが千葉の大塚明彦精神科医であることを知りました。
そのことを知ったほぼ同時期に、北海道の化学物質過敏症の「私の方法」の掲示板に大阪の医師の女性患者が私と同じ直感があったらしく、別の精神科医にその処方を受けたところ痛みが主訴の化学物質過敏症が治癒したとの驚きの掲示があったのです。やはりと思いました。

早速、大塚明彦氏の「その痛みは「鬱病」かもしれません」を読んでみると南伊豆に非難していた女性化学物質過敏症患者にその処方をするためにわざわざ往診して、治癒させている記事が載っていました。

化学物質過敏症に線維筋痛症が併発する患者は沢山います。でも間違っています、線維筋痛症の症状は実は化学物質過敏症の一部なのです。食物アレルギーでも現れるのです。そのことを河野泉医師は書いておられます。かなり前に化学物質過敏症発見者のセロン・G・ランドルフを検索していたら女性線維筋痛症患者がランドルフ医師の除去食を実践して治ったことに感謝して先生の遺影をサイトに掲げているのを見たことがあります。

子宮頸がんワクチン副反応の疼痛も何らかの物に対する反応と考えた方が良いと思います。

そしてその後、線維筋痛症で化学物質過敏症でもあった女性が顎節症の治療を行ったところ回復した症例に当たりました。化学物質過敏症患者で顎関節症の人、特に女性は多いです。

http://fmsjoho.in.coocan.jp/

ワクチンの前にみかりんさんの娘さんが空手の練習で顎関節にダメージがあったことが非常に気になったのです。去年かな、YOUTUBEにトゥレット症候群の少女が顎関節用のマウスピースをくわえた途端にチックが治まる映像が出ましたが関連があると思います。

上のサイトで説明されている「中枢感作」。感覚器から脳への入力、脳から感覚器への感度の調整。もしこの後者か脳の感覚する部位の神経がセロトニン系だとしたらSSRIが効果を示す理由なのかとも考えもしますが、はっきり言って分かりません。もしこの文を読んでいる方の何かの足しになればと書き込みます。原因不明の腰痛でも中枢感作と同じ概念が普及し始めています。

ホルモンとアレルギー (テラエコロジー)
2017-09-21 17:42:27

柳澤桂子氏が初期の痛みのころに出会った「周期性嘔吐症候群」ですが、確か生理と連動していたと記憶しています。アレルギーはホルモンによっても制御されています。

女性は半分夫の遺伝子である受精卵やお腹の胎児を自分の免疫から異物として攻撃されないように、その時期だけ黄体ホルモンに変化させて守ります。排卵や出産でその必要がなくなると元の卵包ホルモン優位となり、免疫は活発に活動を始めます。その揺り戻しがうまくいかない女性が月経前症候群や産褥期の病にかかるのです。産褥期は母体の栄養が枯渇した状況も強く影響しますが裏を返せばそれらはアレルギー症状であると考えられます。

鬱は食物アレルギーでも化学物質過敏症でも特徴的な症状です。ランドルフの有害な刺激(興奮)症状と離脱(抑制)症状の分類でもマイナスの極にあるのが大鬱です。

T.ランドルフによる 「食物及び化学物質による、有害な刺激(興奮)症状と離脱(抑制)症状」
http://ichikawashimin.web.fc2.com/t_tbl.html

臨床環境医学で行われる誘発中和療法の開発者ジョセフ・ミラー医師はそのような患者にホルモンで誘発中和療法を行うと著効があることを書いておられます。

ここにマタニティーブルーの病理があるのでないでしょうか。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

確か

2017-09-21 | ブログ

https://ameblo.jp/t-aaa-nya0126?utm_source=gamp&utm_medium=ameba&utm_content=general__t-aaa-nya0126&utm_campaign=gamp_headerInfo

たーにゃさんのブログから

「HPVワクチン薬害訴訟で被告側(主にMSD)から、

生涯に渡るカルテを提出して」
 
と言われています。
 
 
 
 
確か、学校の出欠日数で代用できる国があったような曖昧な記憶が。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

周期性嘔吐症候群 イギリス

2017-09-19 | ガーダシル症例

イギリスのガーダシル副反応の被害者、ホリーさん

イギリスのプレミアリーグ、ニューカッスル・ユナイテッドのジュニア部門に所属していたサッカーの選手でした。

ガーダシル接種直後に周期性嘔吐症候群を発症。

その後、ポッツと慢性疲労症候群の診断を受けています。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お気軽な医師

2017-09-19 | ブログ

ジャズと落語が大好きだそうです。

子宮頸がんワクチンの被害にあって、今まで大好きだったことを諦めた親たちに

ツイッターで「大きなお世話」を焼く医師です。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

周期性嘔吐症候群

2017-09-17 | ブログ

 
 
柳澤桂子博士の難病を調べてみて

http://h-kishi.sakura.ne.jp/kokoro-208.htm

柳澤:  そうでございますね。初めのうちは直ぐ治るだとうと思っていました。精々、二、三ヶ月だろうと思いながら、二、三年過ごしましたので、いよいよこれはそう簡単に治らないのではないかと思い始める迄に、かなり時間が経ってしまいました。
 
金光:  そうですか。その頃は痛みとか、或いは研究に差し支えるような、そうでない時間もあるでしょうけれども、さあ、これはやっぱり具合が悪いなあというような状況が周期的にくるわけなんですか。
 
柳澤:  周期的に参りました。初めのうちは月に一度とか、そうしますと、一週間位起きられなくなりますので、実験が思うように出来ませんし、だんだん身体を起こしているのも辛くなって参りまして、
 
金光:  そうですか。
 
柳澤:  吐いたり、腹痛が酷かったり、もう起きていられないんですけれども、検査しても何も分からない。病院を変えても分からない。結局、「どこも悪くないんですよ」と言われるんですけれど。
 
金光:  でも、痛いでしょう。
 
柳澤:  痛いし、
 
金光:  吐き気もあるでしょう。
 
柳澤:  それはやっぱり、「私が仕事が厭だから、登校拒否みたいな形でなる」とおっしゃったり、いろいろなわけですけれど、やっぱりほんとに困りましたね。
 
金光:  検査して出ないと、本人が、「痛い」とか、「吐き気がある」と言っても、病気じゃないんですね。
 
柳澤:  気のせいですね、早く言えば。自分で病気を作っている。それで心療内科なんかも行ってみましたけれども、そうすると心療内科の先生は、「これは身体の病気です」とおっしゃる。もう行き場が無くなって終いまして、症状だけ激しいし、仕事に差し支えるし、大変困りました。
 
金光:  でも、自分はこんなにお腹が痛いとか、こういう状況だのに行った病院で、それをまともに受け取って貰えないというのは、これは叶いませんね。
 
柳澤:  そうなんです。
 
金光:  しかも、「それはあなたの気のせいだ」とか、何とか。そんなお話を伺ってそう思いますけれども、
 
柳澤:  結局、病院を変えますね。そうすると、今度は、「ドクター・ショッピング」と言って、「病院を転々とする悪い患者」という汚名まで着せられますから、結局、益々こじれて参りますよね。
 
金光:  はい。カルテが付いて廻ると、「何だ、この患者は」みたいな先入観で見られます。
 
柳澤:  「この患者はどこも悪くないのに、あちこち行っている」ということになって終いますから、もう益々立つ瀬がなくなるというか、大変困りました。
 
金光:  お困りになって。でも、良くなればいいんですけれども、病院がそういう状況だと症状は良くなるよりも、むしろやっぱり悪くなりますよね。
 
柳澤:  悪くなって参りまして。
 
 
柳澤博士と同名の病気(脳幹の病気「周期性嘔吐症候群」)を、ガーダシル接種後発症した人の記事 ホルモンズマターから
 
 
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

11歳の少女2人、サーバリックス後に脱毛 イタリア

2017-09-14 | 資料

Telogen effluvium (休止期脱毛) following bivalent human papillomavirus vaccine administration: a report of two cases.

Tuccori M, et al. Dermatology. 2012.
 

Authors

Tuccori M1, Pisani C, Bachini L, Pardini M, Mantarro S, Antonioli L, Fornai M, Rubinelli M, Cirinei C, Blandizzi C.

Author information

  • 1Unit of Pharmacology, Tuscan Regional Center of Pharmacovigilance, University Hospital of Pisa, and Department of Internal Medicine, Interdepartmental Center of Research in Clinical Pharmacology and Experimental Therapeutics, University of Pisa, Pisa, Italy. m.tuccori@ao-pisa.toscana.it

Citation

Dermatology. 2012;224(3):212-4. doi: 10.1159/000337412. Epub 2012 May 11.

Abstract

We describe two cases of telogen effluvium occurring in two 11-year-old children following bivalent human papillomavirus (HPV) vaccine administration. The two children began to lose their hair following the second HPV vaccine dose. (2回目の接種後に脱毛が始まった) Alopecia worsened following the third vaccine dose and then resolved spontaneously within a few months. (3回目接種後に悪化し、数か月で自然に回復した) In both cases, laboratory analysis and psychiatric evaluation excluded causes other than anti-HPV vaccine. (両ケースで、ラボ検査と心因性評価により、ワクチン以外の原因が除外された)Social discomfort and isolation were associated with alopecia in the two children. The clinical presentation was consistent with a pattern of telogen effluvium. The identification of specific vaccine components responsible for triggering the adverse event remains difficult. In similar cases, suspension of immunization is not recommended, as it provides health benefits that overcome the possible adverse effect of transient telogen effluvium. Caregivers should ensure psychiatric support to their patients to manage the social and emotional distress that might be associated with hair loss. (一過性の脱毛の悪影響よりもワクチンの利益が上回るので、接種の中止は推奨されない

 

副反応が一過性であるなら、ワクチンの利益が本当にあるのなら、接種は中止されない

 

副反応が一過性でなく、ワクチンの利益が少ないなら、接種は中止されるべき

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする