葉月のブログ

中高生が死亡していたら河野太郎は総裁選落ちるよね、厚生科学審議会開かなかったのは忖度?

vCJDの発症に経口ポリオワクチンが疑われている

2020-01-03 | vCJD


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

英国政府のやり方 狂牛病の場合

2019-07-11 | vCJD
1970年代、サッチャー政権が公衆衛生の警告を無視し、リスクを高め
1979年から1990年、サッチャー政権はリスクを悪化させ、BSEへの対策を失速させ、BSEを蔓延させた背景を詳しく解説した英語記事です

 

すべては少数の個人の貪欲から始まり、犠牲になったのは善良な庶民でした

1980年代は、BSEに罹患した牛の脳や脊髄から作られた「牛肉」が、学校の給食に使用されたり、ペットフードとして販売されました。

水俣と同じく、最初にネコに症状が出たのが1990年でしたが、政府は依然として全頭処分の処置をとらず、英国産の牛肉が安全だと宣伝し続けました。

その5年後に、19歳の男性が、vCJDと診断されました。
その直後に、EUが英国産の牛肉輸入を禁止しました。


被害の詳細は、ジャーナリストで、vCJDで息子さんを亡くしたクリスティーン・ロードさんの本やサイトにまとめらています。



vCJDの最初の症状は、精神症状で、うつと診断され、抗うつ剤が処方された被害者が多数います。

地元の医師にvCJDと診断されても、政府の医師や学者から、診断を否定されたり、口外することを一切禁止された被害者も多数いました。

発症する数年前に献血した人からの輸血によって発症した人も5名確認されています。
* 50 year old mother from Wiltshire, Health Worker died October 2011 ( received blood transfusion in 2002)  

*Julie Dawn Allanson aged 32, Yorkshire, Mum of four (Received a blood transfusion during pregnancy/delivery). 

*Mark Buckland Aged 32, Brighton/Manchester, BT Research Engineer (Mark infected by contaminated blood/operation he was also a vegetarian) (Jewish faith) 

*Deryck Kenny Age 68, Bournemouth (Deryck infected via blood /operation for prostrate cancer) 

*Steven Lunt Aged 33, Stockport, Manchester, Father of three (Steven received blood and was also a blood donor)

リストの中には、海外の犠牲者の情報も含まれていますが、詳細は不明です
日本人
JAPAN *Unidentified Male, Age 48 (Spent time in Europe developed vCJD 11 years after spending one month in UK)

台湾人
TIAWAN *A 34 year old man who died of vCJD reported November 2010.  He lived in the UK during 1989-1997, the information about when and where he lived and stayed is once again sketchy. These factors would be significant in understanding incubation periods and clusters.

クリスティーン・ロードさんの本には、英国政府が如何に熱心にカバーアップしていたのかの詳細も明かされています。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ポリオ生ワクチンが狂牛病のプリオンで汚染されていた可能性があった 2000年

2019-07-08 | vCJD








コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

1990年代の英国産の生ポリオワクチンがプリオンで汚染されていた可能性

2019-03-24 | vCJD

FDAのサイトから

1990年代に英国で使われていた経口生ポリオワクチンが、狂牛病のリスクがあった当時の英国のウシの血清から作られていたという証拠があって、2000年10月に英国でこのワクチンがリコールされていたということ。

この会社は英国の健康省に英国のウシからの材料は使用していないと保証したが、この保証は不正確でありワクチンは回収された。

 

https://www.fda.gov/biologicsbloodvaccines/vaccines/questionsaboutvaccines/ucm143522.htm

If vaccines are safe why did the UK recall their polio vaccine?

The UK recalled the Evans/Medeva Oral Polio Vaccine in October, 2000. This vaccine has never been licensed for use in the US. The Medicines Control Agency (MCA) had requested and received assurances from drug companies that they were implementing guidance not to use UK-sourced bovine materials in the manufacture of injectable medicinal products. The recall was prompted by evidence that the Evans/Medeva vaccine was manufactured using fetal calf serum from the UK at a time when there was a risk of BSE in that country. This is in contravention of European Union guidelines. According to a statement from the Chief Medical Officer at the UK Dept. of Health (10.20.00) the company had assured the MCA of the UK that UK-sourced bovine materials were not used in the manufacture of the vaccine. However, these assurances were inaccurate, thus the vaccine was withdrawn.

 

1998年と1999年にアイルランドで使用された経口生ポリオワクチンは、ヒトの血清アルブミンを使用して製造されており、その血清アルブミンを提供したうちの一人が変異型CJDと診断されたと2000年12月アイルランド政府は発表。

What was the concern in the Republic of Ireland about polio vaccine and vCJD?

In December, 2000 the Irish Government issued a statement indicating that an oral polio vaccine distributed in 1998 and 1999 in Ireland had been manufactured using human serum albumin from a pool of donors, one of whom had since been diagnosed with vCJD. Evans/Medeva manufactured this oral polio vaccine. This vaccine is not licensed for use in the US.

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする