葉月のブログ

サタニズムの数6と9と原爆投下日が同じで悲しくなる

日本 22歳男子大学生 ファイザーワクチン2回目接種の3日後に死亡

2021-09-29 | 新型コロナワクチン被害
Manamiさんのブログによると

新型コロナ感染で死亡した大学生以下は2人ということでしたが、

ワクチンで、大学生以下は、既に5人死亡しているのかもしれません

以下のVaers報告は、ワクチン分科会副反応検討部会でも報告済み 




グーグル翻訳
致命的な不整脈;心肺停止の患者;摂氏37.5度以上の発熱;これは、当局および規制当局から受け取った連絡可能な医師からの自発的な報告であり、規制当局の報告番号はv21117492です。患者は22歳と2ヶ月の男性でした。患者は、COVIDワクチン接種前の4週間以内に他のワクチンを接種しませんでした。予防接種の前に、患者はCOVID-19と診断されていませんでした。患者は、薬、食品、または他の製品に対するアレルギーを持っていませんでした。患者には他の病歴はありませんでした。患者は病歴も他のワクチンを含む薬に対するアレルギーも持っていませんでした。 2021年5月26日15:45に、患者は以前にCOVID-19免疫化(22歳)のために左腕の筋肉内にBNT162b2(COMIRNATY、注射用溶液、ロット番号EY2173、有効期限31Aug2021)の最初の単回投与を受けました。 )。 2021年6月16日15:45(ワクチン接種の日)に、患者は病院でCOVID-19免疫化のために左腕にBNT162b2(COMIRNATY、注射用溶液、ロット番号EY5422、有効期限31Aug2021)の2回目の単回投与を受けました。 (22歳で)。 2021年6月19日(ワクチン接種の3日後)に、患者は致命的な不整脈を経験しました。この事件は2021年6月19日に死亡した。イベントの結果は、治療なしで2021年6月19日に致命的でした。剖検が行われた。剖検で確認された死因は致命的な不整脈でした。ワクチン接種以来、患者がCOVID-19の検査を受けているかどうかは不明でした。経過は次のとおりでした。予防接種前の体温は摂氏36.8度(初回投与)と摂氏36.5度(2回目)であり、異常は認められなかったため、予防接種を受けることができたと考えられました。 2021年6月17日(2回目のワクチン接種の1日後)、患者は摂氏37.5度を超える熱を出しました。彼は学生で、その日にオンラインでクラスを受講しました。 2021年6月18日(2回目の予防接種の2日後)、彼はいつものように授業を受けるために学校に行きました。 2021年6月19日午前中(2回目の予防接種の3日後)、患者は起きなかったので、彼の家族は彼を起こしに行きました、彼の家族は患者が心肺停止状態にあるのを見つけ、救急車を呼んで彼は移送されました救急医療施設に運ばれ、救急車ですぐに病院に移送されたが、蘇生は効かなかった。記者は彼がその日に死んだと知らされた。 BNT162b2との因果関係を考慮して、彼の家族の同意を得て病院で剖検が行われました。記者は結果を直接受け取りませんでした。 2回目のワクチン接種後、彼は記者に副作用について尋ねなかった。予防接種の3日後、この症例は不幸な結果をもたらしたので、それが報告されました。報告する医師は、イベントを深刻(致命的な結果)として分類し、イベントとBNT162b2の間の因果関係を評価不能と評価しました。他の病気など、他に考えられる原因があったかどうかは報告されていません。フォローアップの試みは不可能です。バッチ番号に関する情報はすでに取得されています。剖検で決定された死亡原因:心肺停止の患者。致命的な不整脈
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 日本 15歳高校生男子 ファ... | トップ | NHKはなりふり構わずに国民を... »

コメントを投稿