葉月のブログ

中高生が死亡していたら河野太郎は総裁選落ちるよね、厚生科学審議会開かなかったのは忖度?

日本 22歳男子大学生 ファイザーワクチン2回目接種の3日後に死亡

2021-09-29 | 新型コロナワクチン被害
Manamiさんのブログによると

新型コロナ感染で死亡した大学生以下は2人ということでしたが、

ワクチンで、大学生以下は、既に5人死亡しているのかもしれません

以下のVaers報告は、ワクチン分科会副反応検討部会でも報告済み 




グーグル翻訳
致命的な不整脈;心肺停止の患者;摂氏37.5度以上の発熱;これは、当局および規制当局から受け取った連絡可能な医師からの自発的な報告であり、規制当局の報告番号はv21117492です。患者は22歳と2ヶ月の男性でした。患者は、COVIDワクチン接種前の4週間以内に他のワクチンを接種しませんでした。予防接種の前に、患者はCOVID-19と診断されていませんでした。患者は、薬、食品、または他の製品に対するアレルギーを持っていませんでした。患者には他の病歴はありませんでした。患者は病歴も他のワクチンを含む薬に対するアレルギーも持っていませんでした。 2021年5月26日15:45に、患者は以前にCOVID-19免疫化(22歳)のために左腕の筋肉内にBNT162b2(COMIRNATY、注射用溶液、ロット番号EY2173、有効期限31Aug2021)の最初の単回投与を受けました。 )。 2021年6月16日15:45(ワクチン接種の日)に、患者は病院でCOVID-19免疫化のために左腕にBNT162b2(COMIRNATY、注射用溶液、ロット番号EY5422、有効期限31Aug2021)の2回目の単回投与を受けました。 (22歳で)。 2021年6月19日(ワクチン接種の3日後)に、患者は致命的な不整脈を経験しました。この事件は2021年6月19日に死亡した。イベントの結果は、治療なしで2021年6月19日に致命的でした。剖検が行われた。剖検で確認された死因は致命的な不整脈でした。ワクチン接種以来、患者がCOVID-19の検査を受けているかどうかは不明でした。経過は次のとおりでした。予防接種前の体温は摂氏36.8度(初回投与)と摂氏36.5度(2回目)であり、異常は認められなかったため、予防接種を受けることができたと考えられました。 2021年6月17日(2回目のワクチン接種の1日後)、患者は摂氏37.5度を超える熱を出しました。彼は学生で、その日にオンラインでクラスを受講しました。 2021年6月18日(2回目の予防接種の2日後)、彼はいつものように授業を受けるために学校に行きました。 2021年6月19日午前中(2回目の予防接種の3日後)、患者は起きなかったので、彼の家族は彼を起こしに行きました、彼の家族は患者が心肺停止状態にあるのを見つけ、救急車を呼んで彼は移送されました救急医療施設に運ばれ、救急車ですぐに病院に移送されたが、蘇生は効かなかった。記者は彼がその日に死んだと知らされた。 BNT162b2との因果関係を考慮して、彼の家族の同意を得て病院で剖検が行われました。記者は結果を直接受け取りませんでした。 2回目のワクチン接種後、彼は記者に副作用について尋ねなかった。予防接種の3日後、この症例は不幸な結果をもたらしたので、それが報告されました。報告する医師は、イベントを深刻(致命的な結果)として分類し、イベントとBNT162b2の間の因果関係を評価不能と評価しました。他の病気など、他に考えられる原因があったかどうかは報告されていません。フォローアップの試みは不可能です。バッチ番号に関する情報はすでに取得されています。剖検で決定された死亡原因:心肺停止の患者。致命的な不整脈
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本 15歳高校生男子 ファイザーワクチン1回目接種当日 心筋炎疑い

2021-09-29 | 新型コロナワクチン被害

接種直後に歩行困難を発症したにも関わらず、接種会場で1時間待機した後、車椅子で帰宅するよう指示された。救急車の要請を断られている。

「心理的要因による身体症状の可能性あり」と書いてある。


グーグル翻訳
心筋炎の疑い;胸痛;胸部の不快感;気分が悪い;頭痛;肌寒さ;摂氏37.3度の発熱;手足の脱力のために把握できませんでした。両下肢のしびれ/両足の裏側の感覚鈍麻;両方の下肢の不随意運動;両側前脛骨の痛み/両手足の脛骨全体の痛みは改善せず、継続しました。歩くのが難しい;これは、規制当局から受け取った連絡可能な他のHCPからの自発的な報告です。規制当局のレポート番号はv21124744です。患者は15歳7ヶ月の男性でした。予防接種前の体温は摂氏36.3度でした。患者には家族歴がありませんでした。小児期にインフルエンザワクチンを接種していたときに転倒した。 2021年8月22日11:00(ワクチン接種の日)に、患者はCOVID-19の単回投与として、不特定の投与経路を介してbnt162b2(COMIRNATY、注射用溶液、ロット番号FF2782、有効期限30Nov2021)の初回投与を受けました。免疫。 2021年8月22日11:15(ワクチン接種の15分後)に、患者は頭痛、発熱、手足の脱力、両下肢のしびれ、両側前脛骨痛、歩行困難、両足の後ろの感覚鈍麻、胸痛を経験しました。 、胸の不快感。 2021年8月24日(ワクチン接種の2日後)、イベントの結果は回復しませんでした。イベントの経過は次のとおりでした:ワクチン接種直後、症状(気分が悪い、頭痛、肌寒さ、37.3度の発熱、四肢の脱力、両下肢のしびれ、両下肢の不随意運動、両側前脛骨痛)現れた。予防接種施設に不満があったが、救助スペースに1時間しか滞在しなかったため、歩行困難な車椅子で帰宅するよう指示された。患者は支援病院を見つけられませんでした。両手足の脛骨の痛みは改善せず、継続しました。また、歩行中も脛骨の痛みが続いた。自宅では手足の脱力で把握できず、昨日から歩行可能な状態に回復したものの、両足の脛骨前部の痛みは緩和されなかった。さらに、患者は今日、胸の痛みと胸の不快感を訴えました。今日(2021年8月23日)、血圧99/75;パルス74; CPK 65; CPK-MB 6であり、明らかな増加はなく、心拍数は正常でした。心臓トロポニンの外部委託検査を提出。今日、膝蓋骨腱反射の増加や髄膜刺激は観察されませんでした。心筋炎が疑われ、検査を受けました。報告している他のHCPは、イベントを深刻(障害のリスク)として分類し、イベントとbnt162b2の間の因果関係を評価不能と評価しました。診察時に縁起の良い症状があり、心理的要因による身体症状の可能性もありますが、因果関係は否定できませんでした。他のHCPの報告は、次のようにコメントしています。患者はこの症状で帰宅し、翌日症状は確認されませんでした。地元の救急隊員は、私たちに伝えられた情報に基づいて、そのような場合に派遣の要請を拒否しないと通知されました。記者は、ワクチン接種時の対応と判断に問題があると考えました。記者は、正確な判断と対応を強く求めます。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本 18歳男性 モデルナワクチン1回目接種後、急性心筋炎

2021-09-28 | 新型コロナワクチン被害


急性心筋炎;この事件は、2021年8月27日にPharmaceuticals(参照番号:JP-TAKEDA-2021TJP084705)を介して受け取られ、2021年9月6日にModernaに転送されました。このケースは、最初に医師によってデバイスエージェンシー(DA)に報告されましたが、DAを介して受信されました(参照、v21124851)。不明な日に、患者はワクチンの最初の投与を受けました。日付不明、予防接種前の体温:摂氏36.4度。 2021年8月8日14時41分、患者は2回目のワクチン接種を受けました。 2021年8月10日、夕方、患者は軽度の胸痛を経験し、それがどうなるかを待ちました。 2021年8月11日01:00頃、患者は咽頭、胸部、上腹部の痛みの悪化を経験しました。患者は手元に経口鎮痛薬を服用し、様子見のアプローチを取りました。しかし、患者は朝まで呼吸困難を感じて横になれない状態のままであった。正午ごろ、患者は心筋炎の疑いで病院に来院し、別の病院に紹介された後、入院した。検査の結果、急性心筋炎と診断されました。点滴による治療を開始した。 2021年8月13日、治療過程が終了し、患者は退院した。不明な日に、患者は後遺症や活動の制限なしにイベントから回復しました。その後、患者はいつものように日常生活を送っていた。急性心筋炎の結果は解決したと報告されました。フォローアップ調査が行われます。会社のコメント:このイベントは、COVID-19ワクチンmRNA(mRNA 1273)の投与後に発生し、時間的な関係があります。記者のコメント:フォローアップ期間中を含め、ワクチン接種会場の患者に特別な異常はありませんでした。心筋炎はワクチンの副作用である可能性がありますが、それは不確かです。送信者のコメント:現在入手可能な情報と、製品の使用とイベントの開始日との間の時間的関連に基づいて、因果関係を排除することはできません。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本 15歳男子生徒、ファイザーワクチン2回目接種後の心膜炎、心筋炎

2021-09-28 | 新型コロナワクチン被害


少量の心嚢液貯留;心膜摩擦音;トロポニンTが増加しました。前胸部圧迫感/胸部圧迫感;心膜炎;心筋炎;沈滞;摂氏39度の発熱;これは、規制当局のレポート番号v21125861から受け取った連絡可能な医師からの自発的なレポートです。 15歳の男性患者は、covid-19のDOSE 2、SINGLE(15歳)として、14Aug2021(バッチ/ロット番号は報告されていません)に不特定の投与経路でbnt162b2(COMIRNATY)、用量2を投与されました。免疫。患者の病歴と併用薬は報告されていません。過去のワクチン接種には、covid-19免疫化のための2021年7月24日のbnt162b2の初回投与(COMIRNATY、ロット番号、および有効期限は提供されていません)が含まれていました。患者は、21:00に回復の結果を伴う16Aug2021に心膜炎、回復の結果を伴う21:00に16Aug2021に心筋炎、回復の結果を伴う17Aug2021に少量の心嚢液貯留、回復の結果を伴う14Aug2021の倦怠感、の発熱を経験した。回復の結果を伴う14Aug2021の39度のセンチグレード、回復の結果を伴う16Aug2021の前胸部圧迫感/胸部圧迫感、回復の結果を伴う17Aug2021の心膜摩擦、回復の結果を伴う17Aug2021のトロポニンtの増加。患者は、2021年8月17日から2021年8月20日までのイベントのために入院しました。イベントの経過は次のとおりでした:7月27日に、患者は最初の投与を受けました。 8月14日に、患者は2回目の投与を受けました。 8月14日のワクチン接種後、患者は摂氏39度の倦怠感と発熱がありました。 8月15日、発熱が続いた。 8月16日21:00に、前胸部圧迫感が徐々に発達し、約1〜2時間で消えました。 8月17日午前5時、胸部圧迫感で目が覚めたため、来院。心電図に異常は見られなかったが、心膜摩擦音が見られた。トロポニンTの増加が血液検査で観察されました。患者は心エコー検査を受け、少量の心嚢液貯留が見つかりました。念のため入院し、経過観察後、症状は回復し、8月20日に退院した。報告する医師は、イベントを重大ではないと分類し、イベントとbnt162b2の間の因果関係を評価不能と評価しました。他の病気のようなイベントの他の考えられる原因はありませんでした。報告医は次のようにコメントしました:心膜炎と予防接種の因果関係は不明でしたが、予防接種期間の副作用の可能性と見なすことができました。しかし、症状は軽度でした。ワクチンのロット番号BNT162B2は提供されておらず、フォローアップ中に要求されます。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本 17歳高校生女子 ファイザーワクチン2回目接種当日に脊髄出血

2021-09-28 | 新型コロナワクチン被害

最初はADEMが疑われたが、その後の検査で脊髄動静脈奇形が明らかになった。ワクチン接種が原因である可能性は否定できませんでしたが、因果関係はほとんど知られていませんでした。

(コロナワクチン接種で死亡された26歳医療従事者の女性が脳動脈瘤が見られるというCT初見から脳動静脈奇形があると言う初見に訂正されました。)


グーグル翻訳
脊髄の出血;感覚異常;腹痛;足のしびれ;移動できませんでした。両下肢の重度の対麻痺;排尿障害;脊髄動静脈奇形(AVM);急性多発性脊髄炎の症状;炎症性脱髄;多発性中枢神経系障害;運動麻痺;これは、規制当局から受け取った連絡可能な医師からの自発的な報告です。規制当局のレポート番号はv21124595およびv21125520です。患者は17歳10ヶ月(2回目のワクチン接種時の年齢)の女性でした。予防接種前の体温は摂氏36.6度でした。患者には家族歴がありませんでした。ワクチンスクリーニング質問票で考慮すべき点はありませんでした(過去1か月以内の原発性疾患、アレルギー、予防接種および病気、患者が服用していた薬、過去の副作用歴、成長状態)。病歴はありません。併用薬は報告されていません。 2021年8月20日午後13時30分(ワクチン接種の日)に、患者はbnt162b2の2回目の投与(COMIRNATY、注射用溶液、ロット番号EY0572、有効期限は2021年10月31日)を投与量2として、単回投与で受けました。 COVID-19免疫のための17歳の年齢。イベントの開始日は、2021年8月20日の20:00頃(ワクチン接種の同じ日)に報告されました。患者は入院した。イベントの経過は次のとおりでした:20Aug2021の13:30に、患者はbnt162b2の2回目の投与を受けました。 2021年8月20日20:00頃、患者は腹痛と足のしびれに気づきました。しばらく見守っていたが、次第に悪化し、動けなくなった。 2021年8月21日04:00頃、患者は家族に拘束され、自家用車で緊急病院を訪れていた。下肢の重度の対麻痺と排尿障害があり、精査のために入院した。報告する医師は、イベントを深刻な(入院中の)ものとして分類し、イベントがbnt162b2に関連していると評価しました。他の病気のようなイベントの他の考えられる原因はありませんでした。報告する医師は次のようにコメントしました:ワクチン接種後、急性多発性脊髄炎の症状がありました。他の病気の可能性は低かった。急性散在性脳脊髄炎のようでした。急性散在性脳脊髄炎(ADEM)調査フォーム:組織病理学的診断は実施されませんでした。臨床症状/所見は以下の通りであった:1。それは炎症性脱髄によって引き起こされたと推定された。これは最初のイベントでした(事前の予防接種の有無にかかわらず)。それは臨床的な多発性中枢神経系障害(イベント)でした。 2.中枢神経系に起因する可能性のある局所的または複数の発見に該当するすべての項目には、運動麻痺(しばしばびまん性または局所的、しばしば局所的)および感覚異常(感覚レベルの有無にかかわらず)が含まれます。それらは最初に20Aug2021に観察されました。患者は2021年8月21日に入院した。脊髄MRIの所見から急性散在性脳脊髄炎(ADEM)と診断され、ステロイド療法が行われたが、改善は不十分であった。 2021年8月26日に、繰り返されたMRIは脊髄に明らかな出血を示し、その後造影CTで流れのボイドが観察された。したがって、脊髄動静脈奇形(AVM)が疑われました。患者は2021年9月1日に別の病院に移送される予定でした。報告医は次のようにコメントした。最初はADEMが疑われたが、その後の検査で脊髄AVMが明らかになった。ワクチン接種が原因である可能性は否定できませんでしたが、因果関係はほとんど知られていませんでした。イベントの深刻さは、2021年8月21日から入院したと報告されました。イベントは緊急治療室の訪問につながりました。画像検査(磁気共鳴画像法(MRI)画像法)が2021年8月21日に実施され、脊髄に複数の病変があり、脳には病変がないことがわかりました。病気の経過:急性期であったため、判断できませんでした。脳脊髄液検査は2021年8月21日に実施され、細胞数1 / uL、糖53 mg / dL、タンパク質53.3 mg / dLであることが示されました。オリゴクローナルバンドテストが実行されていました。自己抗体検査抗AQP4抗体検査を行っていました。抗MOG抗体検査を行っていた。脊髄AVMのイベントの結果は回復せず、イベントの因果関係を評価できませんでした。他のイベントの結果は不明でした。フォローアップの試みは必要ありません。これ以上の情報は期待されていません。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本 23歳男性 ファイザーワクチン接種の3日後に死亡

2021-09-27 | 新型コロナワクチン被害
ワクチン分科会副反応検討部会報告済み

8月6日1回目接種
8月27日2回目接種
腕に違和感
8月29日ラインにて生存確認
8月30日死亡

死因と剖検結果は急性循環虚脱


グーグル翻訳

急性循環虚脱;彼の腕に違和感を覚える。これは、規制当局から受け取った連絡可能な医師(解剖学者)からの自発的な報告です。規制当局のレポート番号はv20106082です。 23歳9ヶ月の男性患者(ワクチン接種前の体温は36.1℃)は、不特定の投与経路を介して、BNT162B2(COMIRNATY、注射用溶液、ロット番号FF3620、有効期限30Nov2021)の2回目の投与を受けました。 、2021年8月27日、23歳9か月、単回投与、COVID-19免疫。病歴および併用薬は報告されていません。患者の家族歴は不明でした。ワクチンスクリーニング質問票で考慮すべき点はありませんでした(過去1か月以内の原発性疾患、アレルギー、予防接種および病気、患者が服用していた薬、過去の副作用歴、成長状態)。患者は以前に、COVID-19免疫化のために、2021年8月6日に、不特定の投与経路を介して、BNT162B2(COMIRNATY、バッチ/ロット番号、および有効期限は提供されていません)の初回投与を受けました。ワクチン接種後、摂氏38.0〜38.9度の発熱と倦怠感が2日間持続し、患者は市販の解熱薬を経口摂取しました。 2021年8月30日(ワクチン接種の3日後)に、患者は急性循環虚脱を経験しました。イベントの経過は次のとおりです。2021年8月27日(ワクチン接種の日)に、患者に2回目のBNT162b2を接種しました。患者は家族に、腕に違和感を覚えていると話しました(詳細は不明)。 2021年8月29日(ワクチン接種の2日後)の夜に、患者のライン(ソーシャルネットワーキングサービス)が読み取られました(患者が最後に生存していることが確認されたとき)。 2021年8月30日正午(ワクチン接種の3日後)に、患者は自分の部屋で死んでいるのが発見されました。イベント「急性循環虚脱」の結果は致命的であり、「腕の中で奇妙に感じる」というイベントの結果は不明でした。患者は2021年8月30日に死亡した。剖検が実施され、剖検結果が利用可能でした。死因と剖検結果は急性循環虚脱でした。報告する医師は、イベントを深刻(死亡)として分類し、イベントとBNT162b2の間の因果関係を評価不能と評価しました。その他の疾患など、その他の考えられる原因については、ワクチンとは関係のない発作性不整脈や心筋炎の可能性を報告時に否定することはできませんでした。報告した医師は次のようにコメントしました:これはワクチン接種の翌日に自宅で死んでいるのが発見された若い成人男性の症例でした。剖検が行われた。しかし、報告時に確認された所見は急性循環虚脱のみでした。組織学的検査は後日行われるため、ワクチン接種との因果関係は評価できませんでした。報告された死亡原因:急性循環虚脱;剖検で決定された死亡原因:急性循環虚脱
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本 21歳男性モデルナワクチン接種の8日後死亡

2021-09-27 | 新型コロナワクチン被害

8月29日に1回目接種
2日後に発熱、背痛、頭痛、吐き気を発症
8日後に死亡
死因として、出血性疾患の関与を示唆


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本 16歳の高校生男子がファイザーワクチン接種の6日後に心停止、22日後に死亡

2021-09-27 | 新型コロナワクチン被害

接種の6日、3時間、40分後に心停止
死因 心停止; 心肺停止; 非閉塞性腸間膜虚血





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ヨルダン 15歳の男の子、ファイザーワクチン接種の4日後に死亡

2021-09-27 | 新型コロナワクチン被害
詳細報告なし
8月9日午前9時、左腕に接種
8月13日金曜日午前4時30分、病歴なしで死亡



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コロナに感染すると、染毛剤にアレルギーを起こすらしい

2021-09-24 | 新型コロナワクチン被害
ワクチンのせいじゃないの?


英国の美容師たちは、コロナウイルスに感染した後、染毛剤に発疹や灼熱感などの新しいアレルギー反応を起こした客たちのケースを報告しています。

インペリアルカレッジの科学者たちは現在、他の病気と同様に、この病気が免疫系を再プログラミングする機序を研究しています。 

理容師と美容師を代表する業界団体は、法的措置に直面することを避けるために、追加のパッチテストを実施するよう警告しています。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

海外ではワクチン接種後中高生が死亡しているのは事実

2021-09-23 | 新型コロナワクチン被害
日本でも一名報告されている
ファイザーワクチン接種後 16歳 自殺既遂


韓国で54人に重篤な副反応がでて、高校生の両親が政府を訴えている

米国VAERSでは12歳から17歳の死亡が23件報告されている

ワクチン接種後の希死念慮について
HPVワクチン成人被害者の方のブログ

コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

HPVをどうしても打ちたい人たち

2021-09-22 | 新型コロナワクチン被害


子宮頸部の免疫は、抗体抗原反応じゃないって、確か慶応大学の先生が論文を出していたという記憶があるのだけど
βγT細胞や乳酸が関与していたのではないかと思うのだけれど、論文が見つからない


(こんな感じだった、バイオームだけど)



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本でも複数の高校生がワクチン接種後亡くなっている

2021-09-22 | 新型コロナワクチン被害



1人亡くなった後ろには、10人の重症な副反応があり、100人の軽症な副反応がある
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ワクチン一時中止を訴える医師、ブロックされる

2021-09-22 | 新型コロナワクチン被害
ワクチン接種には他の目的があるに違いない




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ワクチン接種後の免疫システム解析論文 リスト

2021-09-21 | 新型コロナワクチン被害
新型コロナのワクチンを接種した後に血液を解析して、どのような免疫反応が起きたかを自然感染した人と比較した論文がいくつかでています。

結論から言うと、接種前にほとんどの人は既にメモリーB細胞やT細胞ができていて、mRNAを注射するとこれらのメモリー細胞が刺激されて、細胞障害性T細胞や抗体が産生されているようでした。

ワクチン接種群で、新型コロナに罹患していないと思っている人も、既に無症状で罹患していたようです。

これは2020年の2月に既に特異的なIgGができているという米国からの報告や、2020年11月に日本人の4割程度に交差反応する特異的なT細胞があるという報告と矛盾していません。

ですので今さらワクチンを接種する意味がないということになります。

Rapid and stable mobilization of CD8 + T cells by SARS-CoV-2 mRNA vaccine 

SARS-CoV-2 mRNA vaccine elicits a potent adaptive immune response in the absence of IFN-mediated inflammation observed in COVID-19

Circulating SARS-CoV-2 Vaccine Antigen Detected in the Plasma of mRNA-1273 Vaccine Recipients

続く
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする