葉月のブログ

裁判は『公式』な記録が残るので、最重要。次に重要なのは政治に積極的に参加すること。米国のトランプ支持者たちから

繰り返し聞けば、新型コロナが何なのかわかってくる

2021-05-31 | 新型コロナ


テキサスA&M大学教授、内科医、心臓病専門医

2020年2月、武漢のウイルスの話を聞いた
テキサスのダラスでは2018年にエボラの発症があり、恐ろしい感染症にみな神経質になっていた
病院では医療従事者をどう守るかの話が先行し、患者や病気についての話は入ってこなかった、中国の情報は米国の医療と異なる部分が多く役に立たなかった

イタリアの医師から情報を得た
勇気あるイタリアの医師が解剖を行い、肺に微小な血栓が大量にできることがわかり、そこにウイルスの繁殖はなかった

スパイクタンパクが血小板と赤血球の両方を凝縮させている
65歳以下の健康は人は誰も重症化しなかった
肥満が特に重症化しやすかった

自分の父親が高齢者施設でアルツハイマーに罹患して、初期の頃の新型コロナの患者となった

CDCは治療については何も公表がなく、2週間様子をみるようにというアドバイスだった

患者を2週間放置するような感染症は今まで体験したことがなかった
患者と自分の父親を助けるため、ヒドロキシクロロキン、アジスロマイシン、亜鉛、ビタミンCとD、Circadin(?)を投与した

ケースによってはアスピリンや他の血栓予防薬も使用した

ヒドロキシクロロキンについてCDCは治験を行ったが、ランセットに載った論文はでたらめであった

アフリカの医師は、ヒドロキシクロロキンが盗まれ焼かれるといった
ヒドロキシクロロキンを世界で2番目に多く生産している台湾の工場で火事があった

アメリカで薬剤師が処方することが禁じられた
アメリカやフランスの医師は、医師免許を取り上げられた
後に、一人ずつ取り戻した

オーストラリアの医師はヒドロキシクロロキンを使用したら免許を取り消すと脅された

イベルメクチンを使用していた南アフリカの医師は実際に投獄された

イギリスではイベルメクチンが使用され良い結果が得られた
ヒドロキシクロロキンは感染初期にのみ有効であったが、イベルメクチンは進行したコロナでも有効であった

自分の経験では、感染症に一つの薬で対処することはない
エイズでも組み合わせて使用している

CDC、FDA、NIHは治療法を見つけるために動かなかった
悪化するまで放置するようにというアドバイスであった

わざと悪化させているのではと思われた
秋に自分もコロナになった、持病がありリスク患者になる
自分の提案した治療法を使って回復した

夏の時点で査読なしのコロナ関連の論文が2万以上も出ていたが
治療法を提案した論文は自分のが初めてだった

1月に紙版で発表されたとき反応がすごかったが
デューク大学、ハーバード大学、カリフォルニア大学の何人かの医師にこんな論文を発表してはいけないと言われた

12月から2月まで自分の患者にもワクチンを接種した

現在、米国で4千人以上死亡、重篤な副反応が1万人以上でており、ワクチンはもう誰にも推奨しない
妊婦にワクチンを打つのは、10年以上使用されて本当に安全であることが確認されてからだ

実際にコロナに罹患して、免疫ができている人にもワクチンを接種させている
今までのワクチンとは違う

治療法を確立しなかったのはワクチンを接種させるためだった

ワクチンの目的は、人々をコントロールするためなのではないか。
すでにワクチンを接種した人だけが、大学で教育を受けられるとか、レストランに行けることになっている場所がある

(この医師はコロナの存在を信じています。確かに何か感染症があったわけです。SARSもエイズも信じています。ワクチンが普通のワクチンではないことは気が付いています。CDCやNIH、WHO、ゲイツ財団などが患者のために動いていないことも理解しています。)
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ワクチン接種を進めるための大騒ぎ

2021-05-31 | 新型コロナワクチン被害
この人はどういう人なのだろう
ポンペオの日本版みたいな人なのか

日本のインテリジェンスの情報が入るひとなのか

真っ当なツイート


コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

VAERSの検索の注意点と、乳幼児への接種の事実

2021-05-31 | 新型コロナワクチン被害
VAERSで17歳のコロナワクチン副反応報告を調べると、3280件もあって驚くけれど、そのうちの2128件は「不適切な年齢の患者に接種された」というもので、コロナワクチンがこの年齢では緊急使用も認可されていない時期での接種だということで報告されているが、副反応はなし。

325人が眩暈を報告している。他のワクチンに比べて、強力であることは間違いなさそう。



モデルナのワクチンを1歳児が1月に接種しているのは事実のよう
保育園から発熱で帰宅したという記載がある
ロット番号からもモデルナワクチンであることが支持される


4月27日に1歳児の死亡ケースが報告されている
接種が4月8日、死亡が10日、発熱、けいれん発作、死亡となっている


ドイツの弁護士ライナー・フーミッヒさんの話だと、コロナのパンデミックは2030年に始まる予定で、それが繰り上げられたので、こんな副反応の多いワクチンになってしまったということでした。

でもワクチンの副反応がでたので、コロナの騒ぎがおかしいと気が付いた人が増えたのも事実です。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ワクチンがどうとか、もうそういう年じゃない

2021-05-30 | 新型コロナワクチン被害
コロナワクチンは600万回で85人死亡
インフルは5300万接種で6人死亡

高齢者は21日まで約200万人接種で40人以上死亡
5万人に1人

96歳のときの野上弥生子氏の言葉
「私はね、主治医が東京にいて、山ではほとんど病院にいったことがないの。でも医者がどうとか薬がどうとか、もうそういう年じゃないのよ」




高齢者は21日で1.74% 26日で2.86%




胸腺って高齢者になるとほとんどなくなってしまうんじゃなかった?

それに、過去にNL63に感染していたら新型コロナのスパイクに有効な特異的T細胞か抗体があるって論文があったはず。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

バージョン 0.23.15

2021-05-29 | バージョン
エプスタインが原因で離婚するのはゲイツ夫妻が最初ではなかった

アマゾンのベゾス夫妻も離婚している

英国の王室で関与しているのはアンドリューだけではないという話
この詳細はニュース・オブ・ザ・ワールドを英語で検索すると少しわかるかもしれないが、断言できるほど明白は証拠をみせてもらったわけではない

エプスタイン関連では、他の国の王室だけでなく政治家も含まれている
日本人の名前は伊藤穣一以外聞かないが、日本の米軍基地からクリントンと中国人を乗せてブルネイに飛んだという記録はある
韓国の政治家の名前はオバマ関連ででてくる

エプスタインが逮捕されたのが2019年7月6日、家宅捜査で大量の証拠が押収されている
刑務所内で死亡したのは8月10日

マクスウェルが逮捕されたのは2020年7月2日

コロナの騒動が単にエプスタインの事件から民衆の注目をそらすためだけだったとしても不思議ではないほどに、エプスタイン関連で犯罪を犯している人たちの権力は強大であり、その犯罪の凶悪度は高い

翻って新型コロナ
上海の論文で、他の感染症を除外するプロセスで、マイコプラズマのPCRの検査結果が抜けていたのはなぜだろうか

ゲノムの解析に150対のプライマーを用意して、最初の150対ではプライマー同士が結合して2か所のゲノムが解析できないのにそれが判明するのに1か月以上かかっているのはなぜだろうか

欧米でパンデミックがあったはずなのに、葬儀会社が平年並みだったと報告しているのはどうしてなのか?
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

バージョン 0.23.14

2021-05-29 | バージョン
本日のヤフーニュースで目を引いた言葉「血の入れ替え」





日本では野球界で使用されている表現のようだ



反グローバリズムの人たちの間では、マドンナが「血の入れ替え」の施術を受けていることが話題になっていた



この施術に関連して、RhマイナスのO型の人が誘拐されるとか、スイスにある血液会社をソロスやマグエレが所有しているという陰謀論が出回っている

あ、ビル・ゲイツとエプスタインの関係も陰謀論だったっけ?
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

医療従事者の優先接種はビルとメリンダ・ゲイツが決めたことだった

2021-05-28 | 新型コロナワクチン被害

2020年6月ごろ、ビデオでビルとメリンダ・ゲーツが、「ワクチンができたらまず医療従事者に、その次に黒人に提供する」と明言していた
(高齢者以外でコロナで死亡した人の中で有色人種の割合が高かったため)

今回報告された日本での死亡ケースに、医師と思われる方が何人か含まれている

ゴルフ中に死亡



夜勤明け?


この生物兵器は高血圧の人によく機能している
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新型コロナワクチンとは

2021-05-27 | 新型コロナワクチン被害
いかがわしい人たちが作ったワクチンである

2020年2月28日に、ビル・ゲイツはニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンに『コビッド19への対応、世紀に一度のパンデミックか?』というエッセイを掲載した

同日、アンソニー・ファウチらも『コビッド19、地図のない道をいく』
というエディトリアルを発表した

(オンラインでは同日に掲載したが、紙版では一月ずれて発表している)


2月28日には、武漢以外に流行している地域はなく、欧米で最初に流行したイタリアでの死者は21人であった

2月28日の時点で、WHOは『パンデミック』という言葉を使っていない

3月上旬イタリアで感染が広がっても、欧米の他の国では、イタリアからの帰国者を検査も隔離もせずに入国させ続け、感染者死亡者を意図的に増やしていた

WHOがパンデミックを宣言したのは3月11日だった

CDCの最初のPCRキットは試薬の不具合があるとういことで、2月中は検査ができない状態とさせて、3月になってから検査数を指数関数的に増加させて感染爆発を演出している

4月になってもコロナが単離されていないこと、PCRのCt値の設定の不備などに関して、大橋先生が毎日ビデオで解説してくださり、このパンデミックが嘘だということが一部の人たちに広がっていった

アメリカやドイツでもウイルス学者や医師たちが、新型コロナがパンデミックを起こしているというメディアのメッセージに疑問を投げつけそのビデオが拡散されていた

米国では、トランプ大統領の再選を阻止するために、パンデミックであることを理由に、対立候補のラリーをやらずにすませたり郵便投票で不正を行い、メディア主導で選挙の開票結果の公表が行われてバイデンが勝利したという幻想を作り上げてしまった

このパンデミックは、ビル・ゲイツやアンソニー・ファウチが主導して捏造したものであり、2020年12月から始まったワクチンを全世界の人に3回、あるいは6回打たせることでとりあえず終息させる予定らしい

そのビル・ゲイツが離婚することがNHKでも報道されている


残念ながら、NHKはエプスタインの名前を出さないでいるが、ニューヨークタイムズ紙は離婚の理由を、ビルとエプスタインの関係であると報道している


ビル・ゲイツはエプスタインのニューヨークの居宅を何度も訪問していたという

この居宅では、未成年の少女の売春が行われていたことは、イギリスのアンドリュー王子に関するニュースでも明らかになっている


2019年に逮捕されたエプスタインは自殺したことになっているが、エプスタインのハンドラーであったマクスウェルの裁判は進行中である

新型コロナワクチンとは、少女売春という犯罪を犯しているエプスタインと関係の深いビル・ゲイツが関与しているいかがわしいワクチンである

この事実を日本のマスコミはきちんと報道して、インターネットを使用していない高齢者にワクチンの「いかがわしさ」を伝えなければいけない
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

バージョン 0.23.13

2021-05-27 | バージョン
森喜朗氏が、事実を述べて、女性蔑視だと非難され降ろされた理由って、これだったのか?

グローバリストの特権領域に庶民の分際で踏み込んでしまったから

実際、家計のお財布を握っている日本の主婦の地位は、そうでない欧米の主婦よりよほど高いってご存じでしたか?



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ファイザーコロナワクチン接種後の死者数

2021-05-27 | 新型コロナワクチン被害
米国 2039人 リンク
欧州 5961人 リンク
英国   382人  リンク (1270万人接種、うち1050万人2回接種)
日本     85人 リンク (610万人接種、うち173万人2回接種)


カナダ リンク
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

報告医師が関連ありと評価しても、厚労省が「評価できない」と変えてしまったケース

2021-05-27 | 新型コロナワクチン被害
4月27日に接種して4時間後に死亡したと報告された91歳女性

心肺停止は2時間後で人工呼吸器を使用。
接種日の朝まで体調は良好だった。




880ページ







コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ファイザーコロナワクチン接種後の自殺 日本2例、米国14例

2021-05-26 | 新型コロナワクチン被害
そのうち若い男性のもの3件

日本人男性は、子どもの頃発熱後に異常行動があったが、基礎疾患なし







VAERSには10歳以上50歳以下の自殺が6件あり、男性5人、女性1人


テラエコロジーさんから(この記事のコメント欄参照)

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

英国人モデル、キプロスでアストラゼネカワクチン接種後死亡

2021-05-26 | 新型コロナワクチン被害


デュボイスさん(39歳)は、5月6日にキプロスでアストラゼネカコロナワクチンを接種してから重篤な血栓症状があり、12日後にフェイスブックで最後の投稿となった青あざの腕の写真をシェアした
「とても病気、今日あと2つの検査をする、今でも注射は嫌い、疲れている」

キプロスの保健機関の担当者は、彼女の死亡例について欧州薬品庁げ調査中であると述べた。
彼女の死亡がコロナワクチンと関連するとは今のところ確認されていない。

5月6日、1回目のワクチン接種後の投稿
「今日ワクチン接種しました、注射は大嫌い、今日も例外ではない、今とても気分が悪い、私に必要なのはピザを食べて眠ること」

5月14日、呼吸困難で入院、
「起きたとき、気分はよかった、1時間以内に身体じゅうが震え、関節が固まって、呼吸困難になり、身体の芯まで冷たく感じて、止まない頭痛と眩暈があった」
「母と父が来て、コロナの検査を受けいったが、うれしいことに陰性だった、だけど身体の不調を説明できない、先週のコロナワクチンにたいして遅延性の副反応なのかもしれない」

5月19日に昏睡状態となった
彼女の友人によると「昏睡から目覚めることはない」と言われた

地元の新聞は、脳出血で日曜日の午後死亡したと伝えた

「基礎疾患はなかった」とキプロスの保健機関担当者は発表した

「彼女の死亡がアストラゼネカワクチンと関連しているのか判明することはないかもしれない」と担当者はサン紙オンラインに答えた
「彼女の病状は大変まれなものである、ワクチンを打っていない人も血栓症血球減少症に罹患知ることはあり得る」
「接種と死亡に関連があるかどうかを知るには多くの更なる調査が必要である」
「欧州薬品庁にすべての所見を送付したが、彼らは一つの出来事に基づいて何かを結論することはないかもしれない、つまり、関連があるかどうかを知ることはないかもしれない」

3月にキプロスでは、欧州薬品庁が調査中、アストラゼネカワクチンの接種を中止した
ドイツ、フランス、他のEUも同様にしたが、3月18日再開した
キプロスでは、他に2人だけアストラゼネカワクチンで血栓を発症した
2人とも基礎疾患があったが死亡しなかった
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

東京オリンピックの開催を理由に、従順なお年寄りにワクチンを半強制的に接種させようとしている

2021-05-25 | 新型コロナワクチン被害

7月下旬までに、65歳以上の高齢者にワクチン接種を完了させるという目標で、東京と大阪に接種用の大会場を設置、そこで使用する目的でモデルナとアストロゼネカワクチンを認可した


米国VAERSでは、モデルナ接種後の死亡が、ファイザーを抜いてトップになっている

ファイザーのワクチンでも十分危険なのに、それ以上危険なモデルナを高齢者に打とうとしている(英国ではモデルナワクチンはほとんど使用されていない)



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

バージョン 0.23.12

2021-05-25 | 新型コロナワクチン被害
2020年の大統領選挙の再集計を行っているアリゾナ州マリコパ郡で、再集計を請け負っているグループの1つ、サイバー忍者のとりまとめ役、パトリック・バーン氏によると、すでに選挙が不正であったことを証明できる多くの証拠が得られており、9月の第1月曜日のレイバー・デー、遅くとも10月には米国民が再選挙の必要性をを納得できる形で発表可能であるということ


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする