葉月のブログ

新型コロナワクチンの開発を、『マンハッタン計画』と呼ぶ人たちがいた

ハイリスクHPVが in vitro で子宮頸部細胞を不死化すること

2015-06-29 | 論文

Human cervical cells immortalized in vitro with oncogenic human papillomavirus DNA differentiate dysplastically in vivo.

Abstract

Human papillomavirus (HPV) types 16 and 18 are associated with cervical dysplasia and carcinoma. In vitro integration of HPV-16 or HPV-18 DNA into cultured human cervical cells results in their immortalization. In this study, in vivo differentiation of human cervical cells immortalized with recombinant HPV-16 or HPV-18 DNA was studied by implanting confluent monolayers of HPV-16 and HPV-18 DNA immortalized cell lines under dorsal skin flaps of immunodeficient mice. Grafts of a human cervical cancer cell line (C4-1) and cultured normal cervical cells served as controls. Histologic analysis 2 to 3 weeks after grafting demonstrated dysplastic differentiation of the HPV-16 and HPV-18 cell lines as characterized by abnormal mitotic figures, nuclear pleomorphism, and loss of basal polarity. RNA in situ hybridization confirmed the presence of viral transcripts in the dysplastic grafts. G-banded chromosome analysis showed that both the HPV-16 and HPV-18 cell lines were aneuploid. Even after prolonged periods of implantation tumors did not form and invasion of underlying mouse stroma did not occur. Normal cervical cells differentiated normally and the C4-1 cell line formed tumors and demonstrated more pronounced nuclear abnormalities than the HPV immortalized grafts. Integration of HPV-16 and HPV-18 DNA into cervical cells leads to an indefinite growth capacity. These aneuploid cells differentiate abnormally in vivo, but do not form tumors or invade host tissue, consistent with a multistage theory of cervical carcinogenesis.

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

抗体価 性別 年齢別

2015-06-29 | 資料

ガーダシル9接種後 month 7 (3回目接種1ヵ月後) リンク

HPV 16 抗体価

 

9-15 歳 女子  6933.9 mMU/mL

9-15 歳 男子  8683.0 mMU/mL

16-26 歳 女性 3522.6 mMU/mL

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

私見

2015-06-27 | アレルギーという副作用

副作用の機序とそれに伴う食事療法について


(1)接種直後、IgEが大量に産生された場合


このIgEが、皮膚や粘膜組織にあるマスト細胞に結合して、マスト細胞が活性化される


食べ物からのヒスタミンの摂取、皮膚への刺激、精神的なストレスなどで
マスト細胞が脱顆粒して、ヒスタミンなどを放出し、アレルギー反応を起こす。


対処法、ヒスタミンの含有量の少ない食品を食べる、ストレスのない生活、



(2)接種時に、ワクチンに含まれる微量成分に対するIgGまたはIgEが産生された場合


サーバリックスの微量成分の可能性は牛乳   対処法: 乳製品はすべて除去

ガーダシルの微量成分の可能性は酵母   対処法: イーストを使用したものすべて除去

ガーダシルの成分のポリソルベート80  対処法:ポリソルベート80を含むもの除去、食品、化粧品など

同時期に接種した他のワクチンの成分



(3)接種後のサイトカインストームや活性化された免疫細胞(好酸球など)で、リーキーガットが生じた場合


当時食べていた食品が、腸で十分消化されずに、その食品に対してIgG、IgA, IgEが産生されている可能性がある

対処法: 自分が好きでよく食べていた食品の中で、消化の悪いものを除去する 特にタンパク質



(4)リーキーガットで、必要な酵素が産生できなくなっている場合


油脂等の消化にも注意



(5)副反応発症から時間がたって、身体の中が常時炎症している場合


炎症性の食品を控える




(6)食事療法と同時に必要なこと


必要なビタミン、微量金属、栄養素などを補給する

腸を整える

血液のpHを弱アルカリ性にすること (これは、スイスのクリニックの考えで、赤み肉の除去)

痛みの管理

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

デンマークでのIV点滴

2015-06-22 | 治療法など

デンマークでIV点滴療法をしている医師は、定年退職した医師で、

治療費は、点滴剤の購入価格の実費だけです。

 

もちろん、交通費などはかかりますが、

ワクチンの被害者から利益を貪るような料金は発生していません。

 

どうか、日本の治療者の方も、経済的に困窮している被害者の生活を守るために

最善をつくしてください。

 

被害者の中には、タクシーによる移動しかできない状況の方もいます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ハイリスクHPVはどんどん増えていく

2015-06-20 | 資料
 
 
少し古いデータだと
 
 
上の表でハイリスクになっている73と82は、未分類になっていますね。
 
HPVは永遠に変異し続けるでしょうし、ハイリスクに分類される型は増え続けるでしょう。
 
子宮頸がんの予防は、まず、良いパートナーを見つけること。
そして、パップテストを受けること。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

発酵を利用して製造した食品添加物

2015-06-19 | 犯罪の証拠

クエン酸、グルコン酸は、カビを使用して製造しているので

ガーダシルで酵母への抗体ができてしまった人は使用しないでください。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

治験のトリック

2015-06-13 | 資料

日本での成人女性752人の治験結果です。

サーバリックスが375人

エイムゲンが377人

重篤有害事象がそれぞれ11人と16人になっています。

 

 

 

 

エイムゲンの成分

不活化A型肝炎ウイルス抗原
(HAV抗原)
0.5μg
乳糖水和物 25.0mg
D-ソルビトール 5.0mg
L-グルタミン酸ナトリウム 0.5mg
L-アルギニン塩酸塩 0.5mg
ポリソルベート80 0.01mg
塩化ナトリウム 4.0mg
リン酸水素ナトリウム水和物 0.58mg
リン酸二水素カリウム 0.1mg
塩化カリウム 0.1mg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サーバリックス群  エイムゲン群
重篤有害事象合計     
# participants affected / at risk     11/375 (2.93%)     16/377 (4.24%)  
血液及びリンパ系障害     
播種性血管内凝固症候群 *    
# participants affected / at risk     1/375 (0.27%)     0/377 (0.00%)  
先天性、家族性および遺伝性障害     
心室中隔欠損 *    
# participants affected / at risk     0/375 (0.00%)     1/377 (0.27%)  
肝胆道系障害     
胆石症 *    
# participants affected / at risk     0/375 (0.00%)     1/377 (0.27%)  
感染症および寄生虫症     
虫垂炎 *    
# participants affected / at risk     0/375 (0.00%)     1/377 (0.27%)  
乳腺炎 *    
# participants affected / at risk     0/375 (0.00%)     1/377 (0.27%)  
インフルエンザ肺炎 *    
# participants affected / at risk     0/375 (0.00%)     1/377 (0.27%)  
マイコプラズマ肺炎 *    
# participants affected / at risk     0/375 (0.00%)     1/377 (0.27%)  
臨床検査     
眼圧上昇 *    
# participants affected / at risk     1/375 (0.27%)     0/377 (0.00%)  
筋骨格系および結合組織障害     
成人発症型スティル病 *    
# participants affected / at risk     0/375 (0.00%)     1/377 (0.27%)  

良性、悪性および詳細不明の新生物(嚢. 胞およびポリープを含む) 

   
良性卵巣腫瘍 *    
# participants affected / at risk     0/375 (0.00%)     1/377 (0.27%)  
神経系疾患     
多発性硬化症 *    
# participants affected / at risk     1/375 (0.27%)     0/377 (0.00%)  
Pregnancy, puerperium and perinatal conditions      
Abortion missed *    
# participants affected / at risk     2/375 (0.53%)     3/377 (0.80%)  
Foetal distress syndrome *    
# participants affected / at risk     0/375 (0.00%)     2/377 (0.53%)  
Premature separation of placenta *    
# participants affected / at risk     2/375 (0.53%)     0/377 (0.00%)  
Abortion spontaneous complete *    
# participants affected / at risk     1/375 (0.27%)     0/377 (0.00%)  
Abortion spontaneous incomplete *    
# participants affected / at risk     0/375 (0.00%)     1/377 (0.27%)  
Ectopic pregnancy *    
# participants affected / at risk     0/375 (0.00%)     1/377 (0.27%)  
Foetal growth restriction *    
# participants affected / at risk     0/375 (0.00%)     1/377 (0.27%)  
Gestational hypertension *    
# participants affected / at risk     1/375 (0.27%)     0/377 (0.00%)  
Intra-uterine death *    
# participants affected / at risk     1/375 (0.27%)     0/377 (0.00%)  
Premature labour *    
# participants affected / at risk     0/375 (0.00%)     1/377 (0.27%)  
Threatened labour *    
# participants affected / at risk     1/375 (0.27%)     0/377 (0.00%)  
精神疾患     
境界性パーソナリティ障害 *    
# participants affected / at risk     1/375 (0.27%)     0/377 (0.00%)  
呼吸器、胸郭および縦隔障害     
アレルギー性肉芽腫性血管炎 *    
# participants affected / at risk     1/375 (0.27%)     0/377 (0.00%)  
皮膚および皮下組織障害     
蕁麻疹 *    
# participants affected / at risk     1/375 (0.27%)  

  0/377 (0.00%)  

 

サーバリックスとエイムゲンの有害事象は、数だけ比べると、11人と16人で、サーバリックスがより安全なのかと考えてしまいますが、有害事象の内容を細かくみると、

 

エイムゲンでは、一過性の感染症が、4件、また遺伝によるものが1件含まれています。

これらと妊娠に関する部分を除くと、

エイムゲンでは、

胆石症

成人発症型スティル病

良性卵巣腫瘍

 

サーバリックスでは、

播種性血管内凝固症候群

眼圧上昇

境界性パーソナリティ障害

アレルギー性肉芽腫性血管炎

蕁麻疹


となります。今、副作用に苦しんでいる人たちの症状と重なりませんか?

重篤有害事象として、数だけ比べると、

長期にわたって障害となる副作用が隠れてしまいます。

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

治験に参加する人の除外基準

2015-06-12 | アレルギーという副作用

Exclusion Criteria:

  • Pregnant or breastfeeding. Women must be at least 3 months post-pregnancy and not breastfeeding to enter the study.
  • A woman planning to become pregnant or planning to discontinue contraceptive precautions during approximately the first nine months of the study (Months 0-8).
  • Previous administration of components of the investigational vaccine.
  • Use of any investigational or non-registered product (drug or vaccine) other than the study vaccine(s) within 30 days preceding the first dose of study vaccine, or planned use during the study period.
  • Chronic administration of immunosuppressants or other immune-modifying drugs within six months prior to the first vaccine dose.
  • Planned administration/administration of a vaccine not foreseen by the study protocol within 30 days before and 30 days after (i.e. days 0-29) each dose of vaccine. Administration of some routine vaccines up to 8 days before each dose of study vaccine is allowed. Enrolment will be deferred until the subject is outside of specified window.
  • Previous vaccination against human papillomavirus (HPV).
  • History of vaccination against Hepatitis A or a known clinical history of Hepatitis A disease.
  • History of having had colposcopy or has planned a colposcopy to evaluate an abnormal cervical cytology (Pap smear) test.
  • Any medically diagnosed or suspected immunodeficient condition based on medical history and physical examination.
  • History of allergic disease, suspected allergy or reactions likely to be exacerbated by any component of the study vaccines.

(アレルギー疾患、アレルギーの疑いのあるもの、または治験ワクチンの成分のいずれかにより悪化しそうな反応の履歴のあるもの)

  • Hypersensitivity to latex.
  • Known acute or chronic, clinically significant pulmonary, cardiovascular, neurologic, hepatic or renal functional abnormality, as determined by previous physical examination or laboratory tests.
  • History of chronic condition(s) requiring treatment.
  • Received immunoglobulins and/or blood product within 90 days preceding enrollment. Enrollment will be deferred until the subject is outside of specified window.
  • Acute disease at the time of enrolment.
  • Heavy bleeding (menstruation or other) or heavy vaginal discharge in which a pelvic exam cannot be performed. Enrollment will be deferred until condition is resolved according to investigator's medical judgement.

(重度の出血(生理またはその他)または重度の膣分泌物のあるもの、婦人科内診が不可能であるため。)

 

アレルギー体質の人や、生理の重い人は、治験から除外されていました。

本来なら、これらに該当する人には、接種すべきではなかったではないでしょうか。

治験の安全性の評価には、バイアスがかけられていたのではないでしょうか。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マジックマッシュルーム

2015-06-12 | 治療法など

昨日見たテレビで、脳の話をしていました。

マジックマッシュルームの活性成分を飲んで、脳がどうなっているのか、調べたのですが、

脳の「自分が自分であることを認識する部分」の血流が悪くなっていました。

この部分にある受容体に、活性成分が結合して、本来結合すべき物質が結合できないためらしい。


そこで、脳の受容体について調べてみたのですが、

セロトニンは、脳内で、生体リズム・神経内分泌・睡眠体温調節 などの生理機能と、気分障害・統合失調症・薬物依存などの病態に関与しているほか、ドーパミンノルアドレナリン などの感情的な情報をコントロールし、精神を安定させる働きがある。

ホルモン としても働き、消化器系や気分、睡眠覚醒周期、心血管系、痛みの認知、食欲などを制御している。

 

 

脳内でセロトニンを合成するのに必要なトリプトファンは

 

血液脳関門の通過にあたり、他のLNAAs(large neutral amino acids)(バリンロイシンイソロイシンフェニルアラニンチロシンメチオニン )と共通の輸送体を使って脳内に入る。

 

そのため、高たんぱく食などLNAAsが多い環境ではトリプトファンは脳へ取り込まれにくくなり、脳内セロトニン合成の律速段階 となる。

 

脳内の機能に、食事が関与することを支持する記述でした。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

HPVワクチンの効果は、1回の接種でも十分だったという報告

2015-06-11 | 犯罪の証拠

リンクへ

 

The Lancet Oncology に報告された2つの第3相臨床試験の結果をまとめたとうことです。

 

High vaccine efficacy in the women, followed for 4 years on average, was seen against HPV-16/18 infections, regardless of the number of doses received:

  • Three doses produced 77% efficacy (among over 22,000 women receiving the full schedule)
  • Two doses gave 76% efficacy (among over 1,100 women)
  • One dose produced 86% effectiveness (out of over 500 women).

平均4年間追跡した女性において、接種回数にかかわらず、HPV16と18型感染に対するワクチンの有効性が高いことがわかった。

 

3回の接種では77%の有効性 (全スケジュールを接種した女性22000人以上のデータから)

2回の接種では76%の有効性 (1100人以上のデータから)

1回の接種では86%の有効性 (500人以上のデータから)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マスト細胞活性化症候群 (アメブロより転載)

2015-06-11 | アレルギーという副作用

マスト細胞(肥満細胞)の異常による疾患には、


(1)マスト細胞症 

遺伝的なもので、マスト細胞の数や形が異常である



(2)IgEが関与するマスト細胞活性化症候群

アレルギーに関与するIgEが、マスト細胞の表面にある受容体に結合した状態で、
マスト細胞が、過敏になっており、ちょっとした刺激で、アレルギー反応などを起こす。



(3)IgEが関与しないマスト細胞活性化症候群

マスト細胞の表面にある受容体で、IgE以外の物質と結合するものによって、
マスト細胞が過敏になり、刺激で反応を起こすもの。



このうち(2)と(3)は、電磁波過敏症とか、圧力や、音がトリガーとなることがあります。


英語のスライド で、説明しているものがあります。

かなり新しい概念の病態です。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

堪忍袋の緒

2015-06-10 | 犯罪の証拠

7月ごろ

連絡会の人からぼろ雑巾のように捨てられたと

突然、メッセージをいただきました。

 

去年の8月から、小さいことが、少しずつ少しずつ溜まっていたのですが、

それでも、被害者の子達がよくなる治療法が発表されると期待して

応援してきました。

 

ワクチンの秘密がわかったから、その論文を翌日メールで教えると、

2004年ごろの東大の論文ということでしたが、

それから数週間連絡がありませんでした。

(検索して、M細胞標的ワクチンであることがわかりましたが、

これが子宮頸がんワクチンと関係があるとはとても考えられませんでした。)

このとき、隠さずにメールしてくれたら、子宮頸がんワクチンの各成分について

説明できたかもしれません。

タンパク質発現系とかは基本的なことなので、まさかご存じないとは思いませんでしたが。

 

ドイツのオステロパスのPlothe博士が治療に成功しているという話があると

白人はみな人種差別するとかツイートしてました。

 

(その後、メルクがイギリスの会社で、ガーダシルは旧植民地のオーストラリアで最初に始められたとかいうツイートまで)

メルクは今はアメリカの会社、起源はドイツです。

 

11月にホルモンズマターに回復例が載ったあと、

選ばれたとか、アメリカの医学誌だとか吹聴していましたが、

それにも眼をつぶっていました。(証拠1)

 

このとき、具体的な治療を隠すので、マーズさんはかなり不信になっていました。

この記事は9月に用意できたのに、なぜか11月まで待たされたました。

 

1月ごろ、フィリピンの女の子がフィジオセラピーでよくなったことを訳したら、

そんなこと書いたらみなフィジオに行ってしまうと、非難を受けました。

 

また、この頃、もう、新しい情報は出さなくてもいいでしょうといわれました。

 

2月に、機序のごく一部を知らされて、科学者として?????となり、

もうあまり期待せずに、傍観する予定で、このブログも閉めました。(証拠2)

 

2月に、ガーダシルの被害を受けたサラちゃんに、除去食のリストをくれました。

このリストは、サラちゃん用に特別に考えられたものでしょうか。それともガーダシル用でしょうか。

(もちろん、私はこのリストの内容をサラちゃんのお母さん以外には伝えていません、将来も伝えません)

 

 

3月に、ツイッターで、私が伝えた真実(テレビ局の編集)が、嘘(やらせ)に作り変えてられて伝えられ、

数人の人がそのことをツイッターしていたので、

そのことを注意するために、ブログに書き込みました。

ツイッターはすぐに削除されました。(証拠3)

 

まだこの頃は、機序の根幹は正しいのだろうと期待していましたので、

応援していました。

 

そして、4月に教えていただいた、機序がもう???????????の状態でしたので

最初は「理解不能です」と、お伝えしたら、

「わざと間違いを残している」とツイッターで何度かいっていました。(証拠4,5)

 

これは、世界中の被害者をバカにしているとしか思えない発言でした。

藁にもすがりたい思いで、皆情報を集めているのです。

 

それでも、機序はだめでも、治療法は応援する予定でしたが、

お友達のサポーターの unknown さんのコメント欄の書き込みを読んで

もうこの類の人々には関わるのは止めることにしました。(証拠6)

 

ブログもツイッターも読まないようにしているのですが

誰かがリツイートしたものが眼に入ってしまうことがあります。

今日は、お味噌の構造とか。

今後は、細心の注意を払って、ツイートなどみないようにしますのでご安心ください。

 

系統立てできなくて、どうやって世界標準の治療法になるのでしょうか。

 

機序を聞いて嗚咽をもらしたのは、どの部分でしょうか。

それでも完治するのでしょうか。

治療法が確立したのは去年の7月ですか。

それから1年間、世界中の被害者の女の子たちは毎日痛みに苦しんでいますよ。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Facebook ガーダシル被害者のグループから

2015-06-05 | ガーダシル症例

コロンビアの女の子が、5月22日に亡くなったそうです。

ガーダシル接種後の自己免疫疾患ということ。

 

https://pompiliomartinez.wordpress.com/2015/06/04/karen-duran-cantor-a-colombian-girl-and-gardasil-victim-dies/

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

誤植の指摘

2015-06-01 | 犯罪の証拠

1番おかしい部分ですが、

「サルモネラ菌内毒素遺伝子組み換え」

が成分として使用されているという部分です。

 

サルモネラ菌内毒素(変異株)を原料として、

アジュヴァントAS04の成分であるMPL(モノホスホリルリピドA)を調製したというのが正しい解釈だと思います。


2番目


イラクサギンウワバ(蛾)由来の体内で培養

 

これは、小さな間違いですが、体内で培養ではなく、

イラクサギンウワバの卵細胞で培養しています。

 

3番目


「TOLL様受容体の樹状細胞にて抗原提示をし、マクロファージの強い反応を引き起こし、」

 

この文ですが、実際には、Toll様受容体は、樹状細胞表面に存在します。

また、マクロファージは、抗原を提示される細胞ではなく、抗原を提示する細胞で、マクロファージもToll様受容体を持っています。


4番目

 

「TOLL様受容体は細胞表面にある受容体たんぱく質でパターン認識を行う。

そして自然免疫を作動させる機能がある。

ここでの抗原提示だから、被接種者で副反応に遭っている方は

自然免疫が改変させられたようなモノではないだろうか。」

 

 上の文ですが、何度も読み直しましたが、

「ここでの抗原提示だから」の部分が理解できません。

 

抗原提示は、Toll様受容体ではなく、MHC分子で行われますが、

自然免疫とToll様受容体の話なら、抗原提示は関係ないし、

自然免疫が改変されたというのは、食細胞に異常がでるということでしょうか?

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

参考までに 不可解

2015-06-01 | 犯罪の証拠

子宮頸がんワクチンの作用機序の発表をするにあたり

2014-12-10 21:43:52
テーマ:

再三お伝えしている、子宮頸がんワクチンの被害者を回復させている、柔道整復師・カイロプラクターの林(リン)先生の記事。


ひとつの事実~ HPVワクチンの副反応被害者がカイロプラクティックで回復した記事の日本語訳


HPV(子宮頸がん)ワクチン・ガーダシルの副反応から回復したモモカさんの手記(追記あり)



既に施術と食餌制限などの指導で、被害の苦しむ方6名を回復させ、年内にあと2名ほど、来年頭には2名で合わせて10名ほど回復する模様である。


先日の日曜日に、僕は神戸の林先生に会いに行き、会食をしながら今後の展開を伺ったところ、いよいよ作用機序について発表するということであった。


発表媒体や方法、時期などは詳細が分かり次第お伝えするが、そう遠い日ではない事はお伝えしておく。


また、林先生のフェイスブックで拡散要請があったので掲載する。

自分もこの何ヶ月、林先生と毎日のように連絡のやり取りをしながら被害者を取り巻く魑魅魍魎の情報、組織の動きを聞き、また組織へ直接アプローチし、「闇」を見てきた。


また先生から作用機序、回復に向けて何が必要であるか逐一聞いてきているが、林先生のフェイスブックの内容にあるように、嗚咽を漏らしながら聞いてきた。

このワクチンに関してネットを中心に人口削減や不妊ワクチン、アルミニウム説、アジュバント、デトックスで解毒等の陰謀論や噂が飛び交っていますが、それらを一蹴するような衝撃をもたらす内容であると言える。


そして、なぜこの回復の情報が、日本ではなく、ホルモンズマターというアメリカの医学誌のサイトで発表されたのか。


これらも追って明かされることになろう・・・


林先生のフェイスブックより転載


近々、子宮頸がんワクチンの作用機序を
発表するのだが、
既にあちこちで信用毀損する書き込みやら
イタズラ電話や妨害が入っている。


医者より先にたどり着いた、
この事実を一番槍として、
世界中で確定させたい。

寄り添って来たはずの医⚫︎の連中に
赤っ恥を掛かす為にも、
治療法は別日に発表しようと思う。


記事を読みながら、
我が娘に何が起きているのかを想い、
嗚咽を漏らしながら
読んで貰えば良い。


の道、あちこちから下らないツッコミやら
真摯な質問疑問が投げかけられるだろう。
真摯な質問には、応えようと思うが、
私ごときより、相応しい機関がたくさんある。


私はこの手に握った一発の玉を
確実に命中させ、
地球を揺らさなければならない。


※シェアフリーです。


(転載おわり)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする