葉月のブログ

サタニズムの数6と9と原爆投下日が同じで悲しくなる

日本 15歳高校生男子 ファイザーワクチン1回目接種当日 心筋炎疑い

2021-09-29 | 新型コロナワクチン被害

接種直後に歩行困難を発症したにも関わらず、接種会場で1時間待機した後、車椅子で帰宅するよう指示された。救急車の要請を断られている。

「心理的要因による身体症状の可能性あり」と書いてある。


グーグル翻訳
心筋炎の疑い;胸痛;胸部の不快感;気分が悪い;頭痛;肌寒さ;摂氏37.3度の発熱;手足の脱力のために把握できませんでした。両下肢のしびれ/両足の裏側の感覚鈍麻;両方の下肢の不随意運動;両側前脛骨の痛み/両手足の脛骨全体の痛みは改善せず、継続しました。歩くのが難しい;これは、規制当局から受け取った連絡可能な他のHCPからの自発的な報告です。規制当局のレポート番号はv21124744です。患者は15歳7ヶ月の男性でした。予防接種前の体温は摂氏36.3度でした。患者には家族歴がありませんでした。小児期にインフルエンザワクチンを接種していたときに転倒した。 2021年8月22日11:00(ワクチン接種の日)に、患者はCOVID-19の単回投与として、不特定の投与経路を介してbnt162b2(COMIRNATY、注射用溶液、ロット番号FF2782、有効期限30Nov2021)の初回投与を受けました。免疫。 2021年8月22日11:15(ワクチン接種の15分後)に、患者は頭痛、発熱、手足の脱力、両下肢のしびれ、両側前脛骨痛、歩行困難、両足の後ろの感覚鈍麻、胸痛を経験しました。 、胸の不快感。 2021年8月24日(ワクチン接種の2日後)、イベントの結果は回復しませんでした。イベントの経過は次のとおりでした:ワクチン接種直後、症状(気分が悪い、頭痛、肌寒さ、37.3度の発熱、四肢の脱力、両下肢のしびれ、両下肢の不随意運動、両側前脛骨痛)現れた。予防接種施設に不満があったが、救助スペースに1時間しか滞在しなかったため、歩行困難な車椅子で帰宅するよう指示された。患者は支援病院を見つけられませんでした。両手足の脛骨の痛みは改善せず、継続しました。また、歩行中も脛骨の痛みが続いた。自宅では手足の脱力で把握できず、昨日から歩行可能な状態に回復したものの、両足の脛骨前部の痛みは緩和されなかった。さらに、患者は今日、胸の痛みと胸の不快感を訴えました。今日(2021年8月23日)、血圧99/75;パルス74; CPK 65; CPK-MB 6であり、明らかな増加はなく、心拍数は正常でした。心臓トロポニンの外部委託検査を提出。今日、膝蓋骨腱反射の増加や髄膜刺激は観察されませんでした。心筋炎が疑われ、検査を受けました。報告している他のHCPは、イベントを深刻(障害のリスク)として分類し、イベントとbnt162b2の間の因果関係を評価不能と評価しました。診察時に縁起の良い症状があり、心理的要因による身体症状の可能性もありますが、因果関係は否定できませんでした。他のHCPの報告は、次のようにコメントしています。患者はこの症状で帰宅し、翌日症状は確認されませんでした。地元の救急隊員は、私たちに伝えられた情報に基づいて、そのような場合に派遣の要請を拒否しないと通知されました。記者は、ワクチン接種時の対応と判断に問題があると考えました。記者は、正確な判断と対応を強く求めます。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 日本 18歳男性 モデルナワ... | トップ | 日本 22歳男子大学生 ファ... »

コメントを投稿