葉月のブログ

#parentpower

過ちては改むるに憚ること勿れ

自閉症の犯人捜し 水銀、アルミ、グリフォセート、DNA?

2018年04月24日 09時08分30秒 | 資料

サーバリックスの治験でコントロールとして使用されたワクチンには、ヒト胎児由来のDNAが不純物として含まれている可能性がある


Dr Theresa Deisher

世界的に有名な遺伝学者が、自閉症とワクチンに不純物として含まれるヒトの胎児由来のDNAの関係、白血病との関係などを説明しているビデオです。彼女の息子さんも、ワクチン接種後に白血病を発症し亡くなりました。


Dr Theresa Deisher - Worldwide Autism Epidemic & Human Fetal Manufactured Contaminated Vaccines

同じ遺伝学者が、2014年の自閉症の学会で発表した講演


査読論文

Deisher TA, Doan NV, Koyama K, Bwabye S.

Issues Law Med. 2015 Spring;30(1):47-70.

 

Jarzyna P, Doan NV, Deisher TA.

Issues Law Med. 2016 Fall;31(2):221-234. No abstract available.

 

 

ガーダシル後のリンパ腫(ガーダシルはヒト胎児由来細胞の使用はなし)

VaxXed Stories: Hannah Ruschen Gardasil Injury in Boise, Idaho

ガーダシル2回目接種の2日後に、ふくらはぎ、首、背中にリンパ腫が現れ、ふくらはぎのリンパ腫のみ手術除去し、その数年後に病院にカルテをもらいにいったら、記録がすべてなくなっていたという体験を語る女性

 

 

CDCのサイト ワクチン成分一覧

https://www.cdc.gov/vaccines/pubs/pinkbook/downloads/appendices/B/excipient-table-2.pdf

 

MRC-5 human diploid cells とは? 英語のウィキペディアサイト

https://en.wikipedia.org/wiki/MRC-5

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

IgE検査結果 海外の少女も2000を超えている

2018年04月23日 18時36分36秒 | 資料

 
返信先: さん

My daughter broke out in hives and went into anaphylactic shock 4 times following the since diagnosed with PoTS, chronic spontaneous urticaria with anaphylaxis, auto immune thyroidism, ige score 2360, EDS III, chronic fatigue, possible MCAS.


HPVワクチン後、娘は、蕁麻疹が発症、4回アナフィラキシーショックがあった、その後の診断は、ポッツ、アナフィラキシー併発慢性特発性蕁麻疹、自己免疫甲状腺炎、IgEスコア2360、EDSIII(エーラース・ダンロス症候群タイプIII)、慢性疲労、おそらくマスト細胞活性化症候群

https://twitter.com/NicolaSwann1/status/988399234117505025


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベン・ゴールドエイカー氏もHPV治験結果の公表を監視しているという朗報

2018年04月23日 08時07分12秒 | 資料

オクスフォード大学の医師で、ガーディアン紙のコラム執筆者、「デタラメ健康科学」や「悪の製薬」などのベストセラー作家であるベン・ゴールドエイカー氏のツイート

「HPVの治験の中に、まだ結果を公表していないものがある。もう2018年だ。(治験のデータを隠しているという)この問題は解決する必要がないのだと装っている人たちには、うんざりしている」

 

アマゾンUKのサイトから

Ben Goldacre is a doctor and science writer who has written the ' Bad Science ' column in the Guardian since 2003. His work focuses on unpicking the evidence behind misleading claims from journalists, the pharmaceutical industry, alternative therapists, and government reports. He has made a number of documentaries for BBC Radio 4, and his book Bad Science reached Number One in the nonfiction charts, has sold over 500,000 copies, and is available in 22 countries.

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミクログリアのカンナビノイド受容体 CB2

2018年04月20日 07時56分11秒 | 治療法など

Vaccines & Immunoexcitotoxicity - Dr. Russell Blaylock

ワクチンと免疫興奮毒性

https://www.youtube.com/watch?v=HYV8laCbNSE

ブレイロック医師は、グルタミン酸塩、水銀、アルミの脳毒性について警告していますが、

このビデオでは、この毒性が、ミクログリアの興奮によるものであることを説明しています。

 

 

Cannabis helps autisum

自閉症の治療での大麻の使用

https://www.youtube.com/watch?v=XbH1gpz4Yxw

Dr Bogner is an Obstetrician and father of a child with vaccine-induced autism. He has much knowledge to impart regarding the healing power of cannabis, the difference between THC and non-THC sources, autism, glyphosate, epilepsy, and more.

ボグナー医師は、産科医で、息子がワクチン接種後の退行性自閉症になったことで、自閉症の治療の研究を始めました。

ワクチンに含まれる神経毒となる物質、特に、モンサントのグリフォセートがミクログリアの受容体CB2を活性化したままの状態にしていて、自閉症では脳の局所的な炎症(特に小脳)が続いていると説明しています。

腸を治癒することで体の自然の解毒作用を回復して、同時に大麻によって受容体に結合しているグリフォセートを追い出し、身体から排出することで自閉症が治っていくといことです。(正確には、この時点から、言葉を覚えることができるようになる)

遺伝子組み換え作物では、グリフォセートを作物収穫の直前にも散布しているということで、アメリカの食品のなかで、大豆やトウモロコシや牛乳が原料になっているものにはグリフォセートが含まれているものが多く、ワクチンでは、MMRワクチンが特にグリフォセートの量が多いと話しています。

 

ボグナー医師が、2017年のオーティズムワンの会議で行った講演でも同様の説明があります

https://www.youtube.com/watch?v=y6fjnq2G0r4

 

自閉症だけでなく、アルツハイマーやパーキンソン病でも同じことが起こっているのではないかとブレイロック医師もボグナー医師も話しています。

てんかんの対処に使用している大麻とは違う成分が自閉症の治療には重要だということで、てんかんの治療用では自閉症は悪化するが、てんかんと自閉症が併発しているケースでは、より慎重な試行錯誤をしているということです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界中の被害者団体

2018年04月18日 07時58分27秒 | 資料

さんがリツイート

こんなにある、世界中の の被害者団体。 日本だけが騒いでいるというのは、ワクチンビジネスをやってる人達の嘘

https://pbs.twimg.com/media/Da_kmW2U8AAX8eU.jpg

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新型インフルエンザワクチンとナルコレプシー

2018年04月17日 14時48分17秒 | 論文

ワクチンが自己免疫疾患を発症させることを証明している事例

https://www.youtube.com/watch?v=o22LMmEsEXg

スタンフォード大学のLarry Steinman の講義

元となる論文

https://www.researchgate.net/publication/279846916_Antibodies_to_influenza_nucleoprotein_cross-react_with_human_hypocretin_receptor_2

 

2009年の『新型』インフルエンザパンデミックの時に使用されたグラクソスミスクラインのパンデムリックスにより引き起こされたナルコレプシーの原因解明の研究

脳にあるハイポクレチン受容体2(=オレキシン2受容体)に対する抗体が産生されていること

ハイポクレチン受容体2が、インフルエンザH1N1の核タンパク質と相同性が高いことによる分子擬態

このインフルエンザに感染した場合にも、ナルコレプシーが発症したケースが中国であったこと

パンデムリックスには、この核タンパク質の量が他のワクチンに比べて多かったこと

同じアジュバントAS03を使ったワクチンでも、カナダ産のものではナルコレプシーは少なかったこと

ナルコレプシーを発症した患者のHLAハプロタイプは、HLA-DQB1*0602であったこと

北欧では、このHLAを持つ人が30%いること

血液脳関門を通り抜けた理由として、抗体が大量にできていたせいか、あるいは、他の感染(連鎖球菌)による炎症があったのではないかと提案

質疑応答では、細胞傷害性T細胞ができていてそれが血液脳関門を超えるときに、抗体も一緒に超えたのではないかという提案もある

 

追加情報

https://www.fhi.no/en/news/2017/narcolepsy-after-swineinfluenza/

ノルウェーの研究では、ワクチン接種後のナルコレプシー発症は、平均8カ月

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MSD開催のシンポジウム

2018年04月17日 10時34分22秒 | 資料

こりこさんのツイッターから

https://pbs.twimg.com/media/Da7-qkHVwAMziqr.jpg

FACT ONLINE のサイトから

 

日本産科婦人科学会 平成25年度第4回常務理事会議事録より

 

第2回シンポジウムには三原じゅん子議員も参加

http://www.miharajunco.org/katsudou/katsudou2013/

 

第3回は、ロイ・ファウチ事務所も後援

https://www.hospital.or.jp/pdf/04_20141000_01.pdf

②第3回シンポジウム「命の選択 がん予防を考える」(ロイ・ファウチ事務所)の後援

がん予防シンポジウム組織委員会(ロイ・ファウチ委員長)

 

第2回シンポジウムに参加した衆議院議員安藤高夫様のブログから

https://ameblo.jp/ando-takao/entry-11709667318.html

その後、ロイ・ファウチさん主催の第2回シンポジウム「命の選択 がん予防を考える」とレセプションに行ってまいりました。

当日の講演者とテーマをご紹介いたします。
「Fear,Fiction,and Fact-Addressing the HPV Vaccine Controversy by Epidemiology」
リー・ライリー  カリフォルニア大学バークレー校公衆衛生大学院
            感染症・ワクチン学部門 教授・部門長
「日本における予防接種の重要性―日本小児科医会の立場から―」
  松平隆光  日本小児科医会 会長
「子宮頸がん0期を経験して」
  内山由紀  女性特有のガンのサポートグループ オレンジティ スタッフ
「小児のCRPS」
加藤実
    日本大学医学部 麻酔科学系麻酔科分野 診療教授
「4価HPVワクチンの安全性プロファイル」
  白沢博満  MSD株式会社 副社長執行役員 グローバル研究開発本部長
  村上恭子  MSD株式会社 グローバル研究開発本部
ファーマコビジランスMD
「子宮頸がん予防ワクチンを取り巻く諸課題」
  今村定臣  日本医師会常任理事

 

 

第4回の開催の情報がみつかりませんでした。

 

2016年5月には、女性=健康プロジェクト 第3回シンポジウム「女性のための予防医療」

(第1回と第2回と第4回の情報がみつからないという第3回シンポジウム)

https://pbs.twimg.com/media/Cl9foa0UsAAkUVr.jpg

(写真は、中年になってから子宮頸がんワクチンを接種した網野幸子先生のツイッターから無断拝借)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

CDCはブラックなのか

2018年04月17日 08時58分37秒 | 資料

今年の2月に自殺したCDCの疫学研究者、ティモシー・カニンハム氏のポッドキャスト。

2011年7月28日 子どもがインフルエンザにかからないための方法

discusses ways help prevent young children from getting the flu. Created: 7/28/2011

https://www2c.cdc.gov/podcasts/player.asp?f=8234277

2歳以下の乳幼児にインフルエンザワクチンを推奨する内容

2012年以降、2歳以下のインフルエンザワクチン単独で死亡した例がVAERSに10件程度報告されている

同時接種での死亡報告は30件程度ある。

 

また、ティモシー・カニンハム氏の研究は、黒人と白人の疾患罹患率等の相違

Vital Signs: Racial Disparities in Age-Specific Mortality Among Blacks or African Americans — United States, 1999–2015

Cunningham TJ, Croft JB, Liu Y, Lu H, Eke PI, Giles WH.

MMWR Morb Mortal Wkly Rep. 2017 May 5;66(17):444-456. doi: 10.15585/mmwr.mm6617e1.

 

情報リテラシー 番外編

MMRワクチンと自閉症は、黒人の男の子だけをみると、接種と発症の明らかな相関があったが、この研究結果はCDCからは公表されず、10年以上経ってから内部告発者によって公表された。

黒人は貧困層に多いこと、あるいは、高緯度に居住する場合ビタミンDは食事からとるしかないことが関連しているかと推測されている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年のShoenfeld教授が主催した会議 その5

2018年04月14日 20時02分51秒 | 資料

https://www.youtube.com/watch?v=T8zzA--wkV8

羊ASIA症候群における新たな洞察:実験的に誘発した動物における臨床

New Insights in Ovine ASIA Syndrome: Clinicpathological Changes in Experimentally Induced Animals

Lluis Lujan, DVM, PhD, Dipl, ECVP スペイン

2008年、世界的に羊のブルータングウイルスワクチンが導入され、羊におけるアルミ入りワクチンにより誘発されたASIAが観察された

 

数日後の急性の発症 3%以下に発症 ほとんどが回復、数匹死亡 

運動失調、衰弱、刺激に無応答

重度の無菌性髄膜脳炎

道に迷う、人間から逃げないなどの奇妙な行動

慢性の発症 ワクチンの数か月後に発症、より多くの羊に発症 冬に多く発症 脊髄の病態

体重減少、弱る、毛皮の質が劣る

運動失調、昏睡、死亡

神経細胞の壊死

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワクチン関連肉腫

2018年04月14日 09時41分46秒 | 資料

獣医さんにとっては、ワクチンが悪性腫瘍を起こすことは常識

Vaccine-associated sarcoma

From Wikipedia, the free encyclopedia

A vaccine-associated sarcoma (VAS) or feline injection-site sarcoma (FISS) is a type of malignant tumor found in cats (and rarely, dogs and ferrets) which has been linked to certain vaccines. VAS has become a concern for veterinarians and cat owners alike and has resulted in changes in recommended vaccine protocols. These sarcomas have been most commonly associated with rabies and feline leukemia virus vaccines, but other vaccines and injected medications have also been implicated.[1]

 

Pathology

Inflammation in the subcutis following vaccination is considered to be a risk factor in the development of VAS, and vaccines containing aluminum were found to produce more inflammation.[7] Furthermore, particles of aluminum adjuvant have been discovered in tumor macrophages.[8] In addition, individual genetic characteristics can also contribute to these injection-site sarcomas.[9] The incidence of VAS is between 1 in 1,000 to 1 in 10,000 vaccinated cats and has been found to be dose-dependent.[1]

 

獣医に連れていかれたネコ

http://themetapicture.com/media/funny-cat-vet-scared-hiding.jpg

 

犬が獣医に連れていかれることを理解した瞬間

 

https://i.pinimg.com/originals/fe/e3/53/fee3536527892d10a85993540e886848.jpg

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HPVワクチン後のSLE 日本と英国

2018年04月13日 12時27分20秒 | 資料

4月10日

Human papillomavirus(HPV)ワクチンの接種後に SLE を発症した一例


イギリスの Lupus.UK のサイトで

https://healthunlocked.com/lupusuk/posts/130786169/my-daughter-has-developed-sle-lupus-after-taking-the-cervical-cancer-vaccine.-has-anyone-suffered-the-same-fate

My daughter has developed SLE Lupus after taking the cervical cancer vaccine. Has anyone suffered the same fate?

娘が子宮頸がんワクチン接種後にSLEの診断を受けた投稿があった

そのコメントに、うちの娘も同じというコメントが何件も寄せられている


投稿の数年後に、「今どうしている」という質問があって、

その1年後に、最初の投稿の娘さん自身がコメントして、

I am the daughter she was talking about. i was unaware she ever sought out help for these things. my mom i awesome. I am 23 now and still have my issues, i have a heart issue as she mentioned before and my bones and joints sound like rice krispies but i am doing ok. I have successfully had 2 sons and am getting married i got all 3 shots so please never let her get all 3 if i could go back i'd stop myself from getting them it was the 1st year it was released and it wasn't as widely known about.

今23歳で、心臓の問題があって、骨と関節がライスクリスピーみたいな音がするけれど、何とかやっています。

2人の息子を生んで、結婚するところ。私は3回接種した。どうか、娘さんには3回接種させないで。

もし時間を戻せるなら、接種しない。導入の最初の年で、よく知られていなかった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムスカリン受容体について

2018年04月13日 11時03分36秒 | 資料

ムスカリン受容体抗体についての資料

 

https://www.amazon.es/Autoantibodies-Organ-Specific-Autoimmune-Diseases/dp/3958533485#reader_B078HM552K

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HPVワクチン後のループス 症例報告3例 フィリピン

2018年04月13日 09時44分49秒 | 論文

http://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/0961203311429556?journalCode=lupa

Volume: 21 issue: 2, page(s): 158-161

Article first published online: January 10, 2012; Issue published: February 1, 2012

University of Santo Tomas, Manila, Philippines

症例1 17歳 2回接種の2か月後に発症

arthralgias with pruritic rashes on both lower extremities, later accompanied by livedo reticularis, bipedal edema with proteinuria, anemia, leucopenia, hypocomplementemia and high titers of anti-nuclear antibody (ANA) and anti-double-stranded DNA (anti-dsDNA). Kidney biopsy showed International Society of Nephrology/Renal Pathology Society Class III lupus nephritis. She was started on high dose steroids followed by pulse cyclophosphamide therapy protocol for lupus nephritis, and subsequently went into remission.

症例2 45歳 2回接種後、11年寛解であった関節リウマチが再燃。4ヶ月後、ループス発症。

developed fever accompanied by arthritis, malar rash, oral ulcers, recurrent ascites with intestinal pseudo-obstruction, and behavioral changes. Cranial MRI showed vasculitic lesions on the frontal and parietal lobes. Laboratory tests showed anemia with leucopenia, hypocomplementemia, proteinuria, ANA positive at 1:320, and antibodies against dsDNA, Ro/SSA, La/SSB and histone. She improved following pulse methylprednisolone with subsequent oral prednisone combined with hydroxychloroquine.

症例3 58歳 2回接種の3カ月後、8年寛解であったループスが再燃。入院翌日に死亡。

Three months later, she was admitted to emergency because of a 1-week history of fever, malar rash, easy fatigability, cervical lymph nodes, gross hematuria and pallor. Laboratory exams showed severe anemia, thrombocytopenia, active urine sediments, and hypocomplementemia. Despite pulse steroid therapy, blood transfusions, intravenous immunoglobulin and aggressive resuscitative measures, she expired a day after hospital admission

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

独り言

2018年04月13日 08時51分02秒 | 資料

サーバリックスのアジュバント AS04 の MPL は、TLR4 を介した炎症反応を起こさせるもの。

TLR4のクラシカルなシグナル経路には、p50が必須。

p50をノックアウトしたマウスを使って、サーバリックスの実験を行うことは、

AS04 の MPL のアジュバント効果を故意に抑制したデザインとなっている。

 

にもかかわらず他のワクチンに比べて「若干高いかな」程度の自己抗体誘発を示したことは驚異である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年のShoenfeld教授が主催した会議 その4

2018年04月12日 19時10分05秒 | 資料

Molecular Mechanisms in Vaccine Induced Autoimmunity

Darjan Kanduc, PhD イタリア

https://www.youtube.com/watch?v=G1Yo8yZ33Ck

ウイルスやバクテリアのプロテオーム(遺伝子の中でタンパク質を作る配列)と人のプロテオームを比較し、ウイルスやバクテリアと人に共通するタンパク質を免疫賦活剤(アラムなど)と一緒に注射することで、自己免疫疾患を発症させるという分子擬態の研究


彼女の研究を紹介したハンフリーズ医師のビデオ

「ワクチンと自己免疫」

https://www.youtube.com/watch?v=cCl-1c5XWT8

コメント
この記事をはてなブックマークに追加