goo

病院の朝

病院の朝は早い。

入院中は決まって6時起床、即採血だけど、検診も、8時にはもうたくさんの患者さんが

来ている。


K病院の場合は、受付してしばらくして処置室に呼ばれ、採血と同時にへブスブリンの点滴、

そして診察を待つ、という流れ。

効率的。



そして今日は、なぜだかあまり混んでない。

なので、処置室内を移動させられながら、看護師さん方によるベッドマットの取り替え。


これも看護師さんがやるんだ。

H大病院は業者さんだったのに。


色々大変です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

エスカレーター歩くな問題

H大病院に行くと、診察カードで受付した後、まず、正面のエスカレーターを使って2階の採血コーナーへ行く。

これがいつもの行動。




確か一昨年、その日も同じように受付の後エスカレーターに乗っていたら、背後に嫌な予感。

足音。

エスカレーター上で足音って、そう、すたこらと誰か昇って来て、追い抜いていく。

おいおい、身体、ぶつかってますけど。

病院のエスカレーターで歩いて昇るとか、歩いて降りるとか、あり得ないんですけど。



実際、まだ上りだったから良かったけれど、もし下りだったらバランスを崩して転倒、ってなってたかもしれない。



そもそも大前提として、病院だろうが店舗だろうが駅だろうが、エスカレーター、歩いちゃいけない、もちろん走るのは論外。

エスカレーター自体が、歩いて昇り降りできる構造になっていないんだから。




いつからなんだろう、片側を歩行者の為に空けておくのがエチケット、とかなったの。それが礼儀みたいな。

関東は右側で関西は左側を空けるのが習慣、とか。

バッカじゃないの。





今日の道新、コラム欄に載っていた。

「JR東日本など、昨年末から、エスカレーターで歩かず2列で乗るよう呼びかけを本格化している」と。



今さら?


もう何年前から騒がれているんだろう。

ホンと、まじ、急ぐ人は階段を使え、って話し。





って言っても、きっと簡単にはなくならないんだろうな。

でもでも、病院だけは本当に止めてほしい。

片手だけしか使えない人、いるし。

やっと立って乗ってる人、いるし。

身体から管類出している人、周りからわからないかもしれないけど、その人たちにしたらもはや恐怖だし。

そもそもエスカレーター走って、何秒変わるんだ?

やっぱり、急ぐ人は階段を。どうぞ。





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

騒音と震動~その1

雪国の現在の風物詩、除雪。

積雪量の少ない地域の方には想像がつかないかもしれないけれど、公道やスーパーの駐車場など、大型除雪車が巧みに動き回る姿は壮観でもある。



うまく体制ができていて、自治体主導で公費で道路を除雪するものと、町内会主導で一定の道路で行われるものと、何年もかけて出来上がったものだ。

36号線など、主要幹線道路は、雪のせいで車を走らせることができなくなる、ということが今ではほとんど無い。



夜を徹して頑張ってくれている作業員の方々には、本当に感謝、感謝。




だけど、

我が家の隣、民間の、一事業所の、しかも従業員駐車場、ここはどうなんだ?

まず間違いなくほとんどの方が寝静まっている、まだ真っ暗の早朝、時には真夜中、2時頃というのもあった。


この駐車場、広い。

道路と違って、その広い駐車場を大型除雪車がこれでもかと動き回る。

音はもはや騒音と呼べるレベル。しかも震動も。家の揺れを感じるくらい。



これって、どうなの?

除雪、っていうことで我慢しなければならない範疇なのだろうか。




公道ではない。不特定多数の人が利用するスペースでもない。

一事業所の、従業員駐車場。


隣なので日常生活の中で利用状況が分かる。

早朝、夜中、やる必要性が、ない。




当然、開業時からのことで、ここ数年、何度か時間をもう少し考えるように相談してきた。

その返答は、

常に、

「他人事」

この三文字。




そりゃ他人事でしょうよ。

自分ら、隣に住んでないんだから。





何度か電話でお願いしていると、何故かこちらが悪者のような気がしてくる。

既に健康被害、受けてるんですけど。

これって、我慢しなきゃいけないことなんだろうか。

「従業員が出社してくるまでに」って、

周辺住民よりも、そんなに従業員が大事なんだろうか。


ご近所の皆さん、

夜中や早朝に除雪機使う人、一人もいないけど。

子供から80過ぎのご老人まで、時間かかて、スコップとママさんダンプでせっせと除雪、してますけど。


どうなの?






続く...
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今、村下孝蔵。

GOLDEN☆BEST 村下孝蔵ベスト・セレクト・ソングズ
クリエーター情報なし
Sony Music Direct(Japan)Inc.






冬の今、一番聴いていたいのが、

村下孝蔵さん。



「初恋」

「踊り子」

「春雨」


ヒット曲はいっぱいある。




「少女」は聞いていて泣きそうになる。

「ゆうこ」の高音は半端ない。

「ソネット」...




一番好きなのは、

「春雨」

かなぁ。


一度、生で聴いてみたかった。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

マリウス、戻った!

左足をひねった上に強く打ち付けている様子だけど、戻って踊ってる。



絶対どこか痛いはず。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

新年おめでとうございます。

皆さま、本年もよろしくお願いいたします。





ジャニーズのカウントダウン、マリウス、大丈夫か?
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

あと少し...

あと2時間と少し。

また来年も、元気に頑張りましょう。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ブラックアウト

9月6日の大地震、我が家は実質的な被害は多くなかった。

今は雪に埋もれてしまったけれど、我が家の周囲は、歩いても行ける所で、簡易な補修だけ済ませ来春からの本格的な改修を待つか所が

たくさんある。



来春ってことは一冬越すということ。

今までより、むしろ雪解け時期が心配。



雪の重さもそう、雪解け水の浸透もそう。



振り返って、やっぱり感じるのは、北海道の家は丈夫。

地盤の沈下、隆起による損壊や土石流はもうどうしようもない。

でも、ご近所の地盤沈下でも、基礎が破損したり亀裂が入ったりしても、家自体が崩れたり壊れたり、というのはあまり見ない。


実際、市の判定で一部損壊が、再申請で全損に変わる例が多いという。

つまりは、一見、大きな損傷がない、様に見える。



それでも、大きな被害のあった地域は、この冬、きっと大変な年越しになる。

まったく言葉がない。





今も雪、降り続いている...





生活にあまり影響はなかった我が家、

ところが仕事が結構大変で。


あるお客さんからは、はっきりと、

「地震の影響で...」

と言われ、受注予定が1か月半の延期 。


だからかあれも延期、これも延期。




同業者に聞いても同じ答えで、どうやら1月から3月位にかけてはどこも大変なことになりそう。




お先真っ暗で、ブラックアウト!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

加湿器 on ORANGINA

乾燥の季節、乾ききった室内。

ORANGINA!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

女々しい。

先日、何かのTV番組で、歌手のDAIGOさんが奥さんのことを話していて、


女優の北川景子さんが、

なんでもかんでもシュレッダーにかけてしまって、ついには過去の自分自身の写真までもシュレッダーしていて驚いた、っていう

話しで、

「わたしに過去はいらない」

と言い放ったとか。



それ程、好きな方の女優さんでなかったけれど、この話しを聞き、ファンになってしまいました。

男前!



それに比べるのもなんだけど、このブログなんて、何年も前のことをグダグダグダ言ってるわけで、女々しいと言えば女々しい。

まぁでも、自分の経験談を何かの参考に、と少しだけでも思ってくれる人がいることを願いつつ、死ぬまでグダグダグダ言ってやろうと

思っているわけです。




女々しい、と言えば、我が奥さま、まさにその対極、北川さんほどではないけれど、性格は男前だ。

あと、だからというわけでもないけど、観察眼が鋭い。




最近も次男くんと、

「お母さん、性格は男だよね。」

と、意見が合致。



あと、最近、次男くんによく言って聞かせるのが、

「男と女、人種が違う」

ってこと。





それぞれがそれぞれの方を一方的に見ると、そりゃ絶対理解できない。

だからやっぱり男前性格がいい。


共有時間が長くなればなるほど、そこが大事。




さて、次男くん、お母さんの様な「男前」な人を見つけれるか...
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

創業記念日

12月12日、今日は一応創業記念日。

新卒で入った会社に6年半、転職した先で4年半、そして自力で手続きして起こした

今の会社。

会社って言っても従業員がいるわけでもなく、ただ「法人化」しただけのもの。


節税対策、みたいな。



今となっては、法人化した方が良かったのかどうなのか。


それでも、もう24年になる。

それだけやってこれたってことは、とりあえず成功かなとも思うけど。



その間には病気で空白の1年半があり、収入も無いのに税金を払わされたり、

たくぎんの破産で北海道が大変なことになったり、リーマンショックなんてのもあった。



歳を取ってくると、今度はその仕舞い方を考えなくてはならなくなる。


それこそ動けるうちに。



本来なら、まだまだ、まさにこれからっていう歳かもしれない。

でも自分は違うと、そこはちゃんと自覚しているつもりなのです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

インフルエンザワクチン

ここ数年、ずっと同じ内科でインフルエンザの予防接種を受けてきて、でもそこは予約のできない所。

毎年、接種可能な曜日と時間を電話で確認、で今年も早目に確認したら、今年はまだやってない、今後の予定もわからない、という返事。


しばらく経って、もう一度確認してみても同じ返事。


何かの理由があって、今年はやらないのだろうか。

もしかしていつぞやみたいにワクチン不足か、とも考えたけど、どうもそうではなさそう。


子供たちは違う病院でさっさと済ませたけれど、自分はまだ受けていない。



迷うことなく子供たちが受けた病院で、という気にもなれない。


今年は受けなくてもいいかな、とも思っている。



去年、ワクチン接種とともに風邪をひき、3か月治らなかった。

そのイメージが強くて。




そもそも、肝臓の担当医からは、メリットとデメリットを比べて、接種しないデメリットの方が大きいから、という理由だけで、受ける様に

言われている。

ようはインフルエンザに罹らなければいいわけで、今年はもうそこに全力を注ごうと思っている。



だからマスク必須、手洗いうがいは当然、外出も控えめ、家中では加湿器フル稼働、あとは...なんだ?





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

年次検診

今年最後の検診は、年に一度のフル検診。


今年は最初の検査が9月。

眼科も含めて長い長い検査の連続だった。




それも今年は今日で無事終わり。

うん?

無事?


決まったわけではないけど、なんかそんな気がする。




そだね~。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「そだねー」と「ご飯論法」

今年は2月から流行語大賞が決まっていた、と言ってもいいんじゃないかと。



「そだね~」




ロコソラーレ、メダル獲得に始まり、本当に良かった。





でもでも、

毎年、訳がわからないのが入る。

狙ってるの?審査員。




「ご飯論法」

って、今年、一回も聞いたこと無いんですけど。

わたしだけ?



「そだね~」





あと、

「ボーっと生きてんじゃねーよ!」

って、

自分が言われているような気が...

じゃぁいっか。

って、よくないわ。




「そだね~」

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

本当の始まり

3か月の潜伏期間を経て、次男くん、今日大阪へ旅立って行った。

今度は本当の始まり。

8か月の研修の後、来年夏、最初の赴任先が決まる。

きっと、あっという間の8か月。

大変だとは思うけど、これから色々なことが始まり、色々な経験をしていけるのだと思うと、正直、羨ましい。

35年前の自分...
子ども達の成長は、自分たちの成長でもあるのです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ